2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ブロードアリュール」の191件の投稿

2019年12月13日 (金)

シルクなお馬さん(3歳上・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:舎飼

担当者「先週のエコー検査の結果を受けて、この中間は舎飼で様子を見ています。曳き運動を出来ない程度ではありませんが、やはり患部には腫れがありますし、熱感もありますから無理をさせていません。また、運動を止めていますので、体重が大きく増えてしまっていますが多少は仕方ないでしょう。馬体重は521キロです」(12/6近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「予定通り、この中間からはトレッドミルでキャンターを開始しています。ダクの時はあまり感じませんでしたが、キャンターを行うとやはり重苦しさが目立ちますね。腹回りを中心に緩みがあり、そこを解消してからスピードを上げていきたいと思います。馬体重は584キロです」(12/6近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「先週は曳き運動で進めていましたが、脚元の状態が良好なことからトレッドミルで常歩を開始しました。メニューが変わったことで多少の戸惑いはありますが、日を重ねる毎に慣れてきたようですね。去勢した効果で以前よりも落ち着きを保てている点は良いのですが、この中間は体重が大きく増えてしまっていますので、そこは注意していきます。馬体重は499キロです」(12/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは曳き運動を開始していましたが、患部に腫れ・熱感が依然残ることから舎飼で様子を見ることに。回復具合が思わしくないのは悩ましい限り。次の検査で少しでも良い兆候が見られるように取り組んでもらいたいです。

ジーナアイリスは予定通り、トレッドミルでキャンターを開始。1歩前進と言えますが、馬体を持て余して動きは重苦しく。もう少しの間、無理のない範囲でトレッドミルを乗ってもらい、幾らかでも馬体をスッキリ見せるようになってくれればと思います。その後に負荷を高めていって欲しいです。

ブロードアリュールに関しては順調に回復中。この中間からトレッドミルで常歩を開始。少し戸惑いはあったようですが、疲れ・反動等は見受けられず。馬体重は少し増えてしまいましたが、トレッドミルでの負荷を高めていけるようになれば解消できるでしょうから、気にし過ぎることはないのかなと見ています。

2019年12月 2日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:曳き運動

担当者「今週から獣医の許可の下、曳き運動を始めています。多少ぎこちなさは有りますが、久々に運動している分でしょうから、心配は要りません。1歩前進出来たのは良かったですし、今後も脚元の状態を見ながら進めていきます。馬体重は488キロです」(11/29近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「こちらでもエコー検査を行いましたが、左前脚の状態に良化が見られませんね。この感じですと、しばらくは最小限の運動で様子を見ていくことになるでしょうから、上体が重くならないよう気をつけていきます」(11/29近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン14秒ペースですとややパフォーマンスが落ちてしまいますが、この馬なりに徐々に良化は見られます。もう少し乗り込んでいけば、更に良くなってくると思いますし、トモをしっかり使えた走りをしてくれそうです。馬体重は464キロです」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールはこの中間から曳き運動を開始。これでストレスを溜め込むことはないでしょう。1歩前進は出来たので、ウォーキングマシンでの運動→トレッドミルでの運動と着実に前進していってもらえればと思います。

パラダイスリーフはこの中間に屈腱炎を発症した箇所を再検査。正直、患部は思わしくなく、時間がかなり掛かりそう。今後も1ヶ月単位で検査を行うと思うので、何とか少しでも良い兆候が見られることを願うばかりです。逆に良化が見られなければ、進退問題へと発展してしまいます。

パーフェクトルールは調教の負荷が高まるにつれ、馬体重は減少傾向。特に細くなっているということではなく、一時期太り過ぎていたのでしょう。年内は北海道で過ごすことになりそうですが、年明け早々にはNFしがらきor入厩できるように更に負荷が高まっても、クタッとすることなく、踏み止まってもらいたいです。

2019年11月28日 (木)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「引き続き舎飼で様子を見ています。この馬なりには落ち着きを感じますし、良い精神状態を保てていると思います。また、運動を行っていないものの、体重があまり変わってきませんから、その点も良いですね。そろそろ曳き運動を行えそうです。馬体重は486キロです」(11/22近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「この中間からは曳き運動を開始しています。まだ運動時間は少ないものの、前向きに取り組む姿勢を感じますし、飼い葉もしっかり食べてくれていますから、体調に関しては良好ですね。引き続き脚元に気を付けて進めていきます」(11/22近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「引き続きメニューに変わりはありませんが、運動時間を増やしています。両前膝の状態に関しては、依然として問題ありませんし、先週より更に捌きは柔らかくなってきたと思います。あとはもう少し体が絞れてくれれば、より素軽くなってくるでしょう。近々、トレッドミルでの運動を開始する予定です。馬体重は580キロです」(11/22近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「先週は少し力強さが足りないと感じていましたが、乗り進めていく内にしっかり登坂出来るようになりました。徐々にパワーが付いてきて、終いも良い手応えで上がってきています。全体的に緩さも無くなりつつありますから、この調子で進めていきたいですね。馬体重は470キロです」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは引き続き厩舎で静養していますが、ストレスを溜め込んだ様子はなく、落ち着きがあるのが何より。次のステップへ行くために今の良い雰囲気を維持してもらえればと思います。

パラダイスリーフはひとまず曳き運動を開始。体を動かすことが良いリフレッシュとなっている感じです。あとは患部の回復がどうなのか。1ヶ月に1回は詳しく検査をすることになるでしょうから、そこで回復が思わしくなければ厳しいジャッジがもあり得ます。それは回避したいので、復帰へ向けて良い兆候を示してくれることを今から願っています。

ジーナアイリスは引き続き慎重なスタンスで進めていますが、骨折した両膝の状態は問題なし。少しずつ絞れて来ていた馬体重がちょっと戻ってしまったのは誤算でしたが、トレッドミルでの運動を開始するために整えていってもらえればと思います。

パーフェクトルールは継続して乗り込むことで地道に良化を遂げていくのみ。良い方向へ向かっているのは確かなので、それと併行する形で気性面での成長も見せていってくれればと思います。

2019年11月18日 (月)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「先日行われた手術から1週間以上経ちましたが、概ね体調面含めて変化はありません。術後すぐは少し食いが細いと感じましたが、今は全く問題ありませんね。この調子で曳き運動開始を目標に進めていきます。馬体重は487キロです」(11/15近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:舎飼

担当者「先週の木曜日にこちらへ入場してきてからは、これまでの調教や輸送による疲れがありますので、無理に動かしていません。エコー検査では、浅屈腱炎の診断を受けたとのことですし、今後も状態に合わせて進めていきます。馬体重は503キロです」(11/15近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は両前膝のレントゲン検査を行いました。最近は歩様が安定している通り、順調に回復しているようですし、獣医の触診でも痛みはありません。このまま進められれば、予定通り今月中に次のメニューに向かえそうですね。馬体重は576キロです」(11/15近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「少しずつ走りが安定して、動きも良くなってきましたので、この中間からはペースを上げています。週1回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、先週よりもやや力強さに欠けるところがありますから、しばらくはこのペースで進めていった方が良いでしょう。それでも、手応えは悪くないですし、慣れればもっと動きは良化してくると思います。馬体重は476キロです」(11/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは手術後、カイ食いが少し細くなったようですが、時間の経過と共に元気は回復。食欲も戻っています。今後は患部が落ち着くまでは舎飼の生活が続きます。ストレスを溜め込まないように注意していってもらいたいです。

パラダイスリーフは輸送による疲れがあったので、現在はそれを取り除くことを優先中。回復すれば、牧場でも1度脚元の検査を行って欲しいです。全兄ゼーヴィントも屈腱炎になりましたが、患部の良化が思わしくなかったことで牧場時に引退となりました。全弟のこの馬にはそういうことがないように願うばかりです。

ジーナアイリスは骨折した両脚をチェック。ここまで少し時間を要してしまいましたが、触診でも痛みはないまでに回復。そろそろトレッドミルで軽く動かしていけるかと思います。

パーフェクトルールはジリジリ前進中。負荷を高めながら馬体が引き締まってきています。今年もあと1ヶ月ちょっとですが、丹念に乗り込んでいって芯が入って来てくれれば思います。

2019年11月11日 (月)

1日にNF空港に到着。6日に関節鏡手術を無事終えています。★ブロードアリュール

201909_20191109041301

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

・在厩場所:29日に福島県・NF天栄へ放牧

尾関師「その後は日を追う毎に腫れは引いてきましたし、歩様も改善されてきました。牧場へお戻し出来る状態になりましたから、29日にNF天栄へ放牧に出させていただきました。また、向こうでの状態次第で、更に北海道・NF空港へ移動することになるでしょう。まだまだ使い減りしていない馬ですから、来年また元気な姿で戻ってきて欲しいですね」(10/30近況)

⇒⇒1日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。(1日・最新情報より)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「1日にこちらへ入場してきましたが、輸送による多少の疲れは見られたものの、飼い葉食いは安定していました。それに、日を追う毎に活気が出て状態も上がってきましたので、6日に社台ホースクリニックにて関節鏡手術を行いました。種子骨周囲の軟骨に傷みがありましたので、その周辺組織のクリーニングを行い、無事に終了しています。今月下旬までは舎飼で様子を見つつ、ひと月後のレントゲン検査の結果を見ながら、今後の進め方を検討していきます」(11/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前種子骨の骨折が判明して全治9ヶ月の診断が下ったブロードアリュールですが、NF天栄を経由して今月1日にNF空港へ到着。慌しく移動したこともあり、少し輸送による疲れは見受けられたようですが、数日楽をさせてあげると元気が戻ってきてくれました。そしてクリニックの都合が付いた6日に関節鏡手術という技法で無事手術を終えています。

当面、舎飼で回復に努めながら、月単位でレントゲン検査を行いながら、進め方を考えていくとの事。種子骨周辺の軟骨もクリーニングしたとのことで当初の診断より長引くかもしれませんが、数を使っていない分だけ、馬体はまだまだ若々しいです。ですので、何とかこの怪我から立ち直って、もう一花咲かせて欲しいです。

2019年10月28日 (月)

3回目のレントゲン検査の結果、種子骨に骨折線が判明。全治9ヶ月以上の診断が下りました。★ブロードアリュール

201909_20191028061901

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

尾関師「その後は左前の触診反応は無くなり、歩様も安定してきましたが、腫れは依然として残っています。消炎剤を入れていることで、経過は順調なものの、もう少しこちらで様子を見させていただきます。優先出走権を持っている内に、再度東京開催で出走させたい気持ちはありますが、今の状態で出走させても良い結果は望めないでしょうから、ここは無理をさせずにいったん牧場へお戻しさせていただく公算が高いです」(10/23近況)

・在厩場所:美浦トレセン

尾関師「27日に3回目のレントゲン検査を行ったところ、種子骨に骨折線が入っていることが判明し全治9か月以上の診断がされました。徐々に触診反応がなくなり、歩様も安定してきていただけに、このような結果が出てしまって残念に思います。ただ、年齢の割にはまだそれほどレース数を使っている馬ではありませんし、ようやく去勢の効果を感じられるようになってきているので、ここで諦めたくはないですね。いったんノーザンファーム空港へお戻しさせていただいて、状況を確認してもらおうと思います」(10/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前球節の腫れが発覚し、週末の東京・河口湖特別への登録を見送っていたブロードアリュール。腫れは残るも歩様は安定し、消炎剤による効果で良い方向へ向かっていると見ていたのですが、27日のレントゲン検査で種子骨に骨折線が入っていることが判明してしまいました。この検査で良好な経過を確認して放牧に出る予定だったと思うのですが、まさかの骨折が判明して放牧に出ることに。まあ、時間をおいて判明することが多いので、受け入れるしかありません。全治9ヶ月以上ということですが歩様の硬さの残るこの馬には1年ぐらいの休養期間になるでしょうか。あとは復帰へ向けての過程のところで無駄な頓挫を繰り返さないようにお願いします。

2019年10月22日 (火)

左前球節に熱感と腫れを確認。すぐに調教を再開出来る状態ではないことから、27日の東京・河口湖特別への登録は見送ることに。★ブロードアリュール

201909_20191022060201

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:10月27日の東京・河口湖特別もしくは11月3日の東京・ダ1400m

尾関師「その後は軽めの調整で様子を見ていますが、歩様には多少の硬さがあるものの、元々そういったところがある馬ですし、動かしていれば解れてくるくらいのレベルですから、大きな心配は要りません。来週の東京・河口湖特別、もしくは11月3日の東京・ダ1400mを次走の候補としていましたが、あまり調教をやり過ぎて傷みが出てきてしまってもいけませんし、今のところ来週の河口湖特別に向けて調整していきたいと考えています。今週は2本時計を出す必要もないですし、18日に追い切りを行う予定にしています」(10/17近況)

助 手 18南W稍 70.8- 55.0- 40.3- 13.3 馬なり余力

・在厩場所:美浦トレセン

尾関師「日曜日の調教後は大丈夫だったのですが、午後から左前球節に捻った感じの腫れが出て歩様も悪くなってしまいました。すぐに消炎剤を入れて様子を見ているのですが、月曜日もまだ触診反応がある状況です。念のためレントゲン検査を行ったところ異常は見られなかったのですが、すぐに調教を再開出来る状態ではないので予定していた河口湖特別への登録は見送らせていただくことになりました。もう少し様子を見てから今後について判断させていただきたいと思います」(10/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

18日に前走後の初時計をマークし、今週末の東京・河口湖特別へ着実に進めていたブロードアリュールですが、20日の午後になって左前球節に腫れ・熱間が判明。歩様も悪くなってしまうことに。念のためにレントゲン検査を行った結果、骨折等の異常は見受けられないも、調教再開のメドが立っていないことから、今週末の出走は到底無理です。

また、今後についてはもう少し様子を見てから最終されるようですが、無理をした結果、大きな怪我に繋がっては目も開けれません。適切な処置を済ませて腫れが引いてくれば、NF天栄へ移して再調整を行ってもらえればと思います。

2019年10月11日 (金)

結果的に人気を裏切る3着に終わるも、馬群で揉まれる競馬でもそれなりに辛抱出来ましたし、速い時計の決着の中で最後は目立つ伸びを披露。良い経験を積むことが出来たと思うので、もっともっと上を目指していって欲しい。☆ブロードアリュール

201908_20191010045101

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

土曜東京12R 3歳上2勝馬クラス(ダ1400m)3着(1番人気) 内田J

引き続きブリンカーとシャドーロール着用。スタートはそこまで速くないものの、二の脚利かせて中団での競馬になります。4コーナー辺りから追い出しに掛かり、2着馬とコンマ1秒差の3着で終えています。

内田騎手「スタートしてから、少しモタモタしたところがありましたね。気合をつけてはいますが、つけ過ぎると難しさを出す予感がしたことから、ある程度の位置が取れたところで、この馬のリズムに徹しました。ただ、若干周りに気を使うような走りで、手応えもそこまで良くなかったです。そんな中でも直線では良い脚を使ってくれていますし、前半流れていれば勝ち切るところまであったと思いますから、このクラスでも十分戦えると見て良いでしょう」

尾関調教師「今日の走破時計を見たら、この馬なりに頑張ってくれていますね。しぶとく脚は使っており、流れ次第では届きそうな感じでしたが、やや周りに気を使ったような走りに見えました。それが原因で、道中はあまり収まりが良くなかったように思いますし、手応えも今一つだったのではないでしょうか。優先出走権を手にしましたので、トレセンでの状態を見て続戦するか決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ブリンカー。シャドーロール。テンションは高いが、丸みのある体つきで好仕上がり。中団から。手応えがもうひとつで、4角手前ではステッキが入っていた。エンジンがかかったのは残り200メートル。終始、渋かった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:10月27日の東京・河口湖特別もしくは11月3日の東京・ダ1400m

尾関師「レース後はこちらに戻り、馬体を確認させていただきました。脚元を含めて特に問題は無く、疲れもそれほど感じませんね。また、優先出走権も獲れましたから、このまま馬の状態に変わり無ければ、続戦させたいと考えています。前走の競馬からも距離に関してはこれくらいで合っていると思いますので、10月27日の河口湖特別、ないしは11月3日のダ1400m戦を検討しています」(10/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5日のダートは重からのスタート。旧1000万下で3着という実績はあるも、これまでの戦いっぷりから、速い時計への対応に課題を残しているブロードアリュールには逆風。当日のお昼には稍重まで回復しましたが、走破時計は軒並み速かったと思います。そしてその傾向はブロードアリュールが出走した最終Rまで続くことに。

結果を知ってから、レース映像を見ることになりましたが、まずまずのスタートから中団よりやや前目での追走となったブロードアリュール。本当は馬群の切れたところで気分良く追走して欲しかったのですが、他馬のキックバックを浴びたり、周りを囲まれることで追走に余裕がなく、自分から止めてしまっても不思議ではない雰囲気。最後の直線は前に壁が出来、追い出しを待たされてフワフワ走っていましたが、じわじわ外へと切り替えていって、残り200mで馬場の広いところへ出ると、ひと追い毎にグングン上昇。最後の最後でようやく脚を使ってくれると、2着馬にクビ差迫ったところがゴールでした。

3着という結果はちょっと残念ですが、馬群で揉まれることになってもまずまず辛抱が利いていましたし、最後は目立つ脚を繰り出しての結果なので、レース内容の濃い1戦だったと言えるでしょう。この経験が今後に役立ってくれれば、もっともっと上を目指していけるでしょう。高い経験値を与えてもらいました。

レース後のブロードアリュールですが、相応の疲れは残っているでしょうが、見た目は元気一杯。歩容の硬さも許容範囲なんでしょう。今後は放牧を挟まずに在厩調整で次走へ。番組は東京・ダ1400mにこだわっていく様子。ひと叩きしたことで良い意味でピリッとしてくると思うので、次走でクラス突破を決めることが出来るように、今からコツコツ準備を進めてもらいたいです。

2019年10月 5日 (土)

ブリンカー装着+馬体重を絞って臨んだ前走は不調を一変する走り。昇級戦で改めてどこまで通用するかですが、追い切りの動きは前走以上に素晴らしい動きを披露。仕上がり&状態は文句なしに良さそう。☆ブロードアリュール

2019061400_20191003031801

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

土曜東京12R 3歳上2勝馬クラス(ダ1400m)4枠7番 内田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計

尾関師「2日に南Wコースで追い切りを行いました。G1にも出走経験のある、古馬3勝クラスのロサグラウカとの併せ馬でした。霧の影響で道中の形は見えませんでしたが、直線に入ってからの動きは良かったと思いますよ。騎乗した内田騎手も好感触を持ってくれましたし、何より歩様がそこまで良いタイプではないですから、予め調教で乗ってもらえたことはプラスに働くでしょう。ここまで勝ち鞍は全て東京コースで挙げており、2勝クラスでも元々善戦していた馬ですから、今週のレースが非常に楽しみですね。また、前走と同様に、ブリンカーを着用して出走予定です」

内田騎手「2日の追い切りに乗せていただきました。尾関師からは攻め駆けする馬だと聞いていましたが、その通りとても良い動きを見せてくれました。並ばれてからグッと感情を出すところがあり、その点はレースでも良い方向に働いてくれればと思います。レース前にこの馬の癖を掴んでおくことができて良かったですし、最高の結果が出せるように頑張ります」(10/2近況)

助 手 29南W良 71.3- 55.8- 41.5- 13.7 馬なり余力
内田博 2南W良 キリ 馬なり余力 ロサグラウカ(古馬3勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京1日目(10月05日)
12R 3歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヤマイチジャスティ 牝6 53 木幡育也
1 2 アイアムジュピター 牡5 56 武藤雅
2 3 リスペクタブル 牡4 57 石川裕紀人
2 4 デピュティプライム セ6 57 M.デムーロ
3 5 ララパルーザ 牡6 57 大野拓弥
3 6 フィルムフランセ 牝5 52 岩田望来
4 7 ブロードアリュール セ5 57 内田博幸
4 8 イチゴミルフィーユ 牝3 53 伊藤工真
5 9 キングスヴァリュー せ4 57 石橋脩
5 10 コウエイアンカ セ4 57 戸崎圭太
6 11 クールリフレイン 牡4 57 太宰啓介
6 12 ザディファレンス 牡3 54 野中悠太郎
7 13 カゼノドリーム セ7 57 武士沢友治
7 14 コスモビスティー 牡4 57 柴田大知
8 15 ドゥラリュール セ6 57 横山典弘
8 16 ローレルジャック 牡6 57 松岡正海

○尾関師 「以前3着しているように、このクラスが壁になることはないはず。体質が強くなってきたし、仕上がりもいいので、ヒケは取りません」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

旧500万下でも9着→10着と低迷期を送っていたブロードアリュール。正直、そこから立ち直るのは難しいと見ていましたが、体質強化&気性面の改善を図る為に去勢手術を行ったり、歩様の硬さを気にするあまり手緩い調整にもなっていたので、坂路調教を取り入れて鍛えていく方針に切り替えるなど手は尽してきました。

前走では新たな試みとしてブリンカー装着でレースへ臨んだブロードアリュール。スタート良く、前目の位置でレースの流れには乗れていたも、道中の手応え・反応は今イチに見えたのですが、直線でやや強引に外へ持ち出したら戦闘モードに。ひと追い毎に前との差を詰めていくと、その勢いは鈍ることなく約2馬身差の完勝劇。馬体重が大きく減っていましたが、結果を見れば、それも良かったんでしょう。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。一生懸命走り切ったことで歩様の硬さが和らぐのに時間を要してしまいましたが、トレッドミルを併用して少しずつ負荷を高めていくことに。そろそろ軌道に乗っていくかなと見ていたところ、今度は何かの拍子に驚いて、馬房の中で額に外傷を負ってしまうアクシデントが発生。場所が場所だけにペースダウンは避けられず、結局は実績のある秋の東京を目指して、じっくり進めていくこととなってしまいました。ただ、馬場での騎乗運動を再開後は順調に乗り込むことが出来、動きも上昇を遂げてきました。

9月12日に美浦へ戻って来てからも、歩様に硬さは残るものの、丹念に追い切りを積み重ねてきました。元々、攻めは動く馬ですが、2週にわたって日曜日の京都大賞典に出走予定のグローリーヴェイズを煽る動きを披露。去勢した馬体に気持ち等がフィットしてきて、体質強化が図られていると思います。最終追いはパートナーを変えましたが、引き続き活気ある動きを見せてくれていたようです。久々は全く気にしないので、あとは2勝クラスでどこまで通用するかです。

確かに旧1000万下で3着はありますが、その時の3着はあまり褒められた感じではなく、何とか3着に最後上がれた感じ。速い時計への対応力に課題があった馬なので、3勝挙げている好相性の舞台といえ過信は禁物でしょう。その一方でその当時とは馬のデキが違うと思いますし、体質強化で十分な負荷を与えてきた今なら時計を詰めたりと伸びシロはあります。連勝できれば勿論嬉しいですが、まずはこのクラスで通用するメドの立つ走りをしっかり示してくれればと思います。内田Jは追い切りで感触を確かめてくれているので、それを実戦でしっかり役立てて乗ってきてもらいたいです。

2019年9月27日 (金)

シルク&ロードなお馬さん(5歳上関東馬・入厩組)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Wコースで時計
・次走予定:10月5日の東京・ダ1400m(内田J)

尾関師「26日に南Wコースで追い切りを行いました。先週と同様で、京都大賞典を予定しているグローリーヴェイズとの併せ馬でしたが、道中はブロードアリュールが先行して、直線では大外に持ち出されると、いったん並びかけられた後、再度突き放してゴールしています。先週末に少し疲れが出ていたので、今週しっかり動けるか心配していましたが、全く心配の要らない走りでしたね。元々攻め駆けするタイプとは言え、これだけ動けていれば来週のレースが非常に楽しみです。引き続き疲れを溜め過ぎないよう、気を付けて進めていきます」(9/26近況)

助 手 22南W良 70.9- 55.8- 41.4- 13.1 馬なり余力
助 手 26南W良 66.5- 51.6- 38.0- 12.1 強めに追う グローリーヴェイズ(古オープン)直一杯の外0.6秒先行0.2秒先着

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで時計
・次走予定:10月6日の東京・六社S(北村宏J)

武市師「25日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。馬場があまり良くなかったので、思っていたよりも時計は出ませんでしたが、終いは12秒6まで脚を伸ばせており、動きは良かったですよ。先週よりも走りが綺麗で、良い時のグランドサッシュという感じですね。年齢的なズブさこそ出てきましたが、決して衰えている感じでもありませんし、緩さも徐々に解消されてきていますから、来週のレースまでこの調子を維持していきたいと思います」(9/25近況)

調教師 22美坂良 55.3- 40.7- 27.0- 13.5 馬なり余力
調教師 25美坂良 53.4- 38.5- 25.2- 12.6 叩き一杯

Photo_3 ロードクエスト

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この中間も至って順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。また、9月26日(木)良の美浦・坂路コースで2本目に63.0-46.0-29.7-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月26日(土)京都・スワンS(G2)・国際・芝1400mに予定しています。

○小島調教師 「9月25日(水)は坂路で普通キャンター。良い意味で具合は安定しており、このまま美浦で作って臨みましょう。マイルチャンピオンシップ(G1)とのセットで騎乗が可能な乗り役を選ぶべきか否か・・・。鞍上の決定までにはもう少し時間をください」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定しているブロードアリュールは22日の追い切り後に少し疲れが出たようですが、すぐに持ち直した様子。26日の追い切りでは先週同様にグローリーヴェイズとの併せ馬を敢行。映像で見ることが出来ましたが、直線を向いた時の反応・手応えはそれほど良く見えませんでしたが、直線半ばからはエンジンが掛かってきて逆に圧倒する動きを披露。元々、攻めは動く馬ですが、前走の勝利が良い方へ導いてくれています。

グランドサッシュも来週の競馬を予定していますが、可もなく不可もなくという状態。25日の追い切りは馬場がタフな状態になっていたようで、脚色から余力はなかったと思いますが、硬さ等を気にすることなくしっかり脚を使えたのは○。このひと追いでガクッと疲れや反動が出ることなく、更なら状態アップへと繋がっていって欲しいです。

次走のスワンSへ向けて順調に始動することが出来ているロードクエスト。スワンS前から栗東に滞在して欲しかったですが、美浦で調教・追い切りを重ねて臨むことになりました。レース後は栗東に入ってマイルCSへ向かうことになるでしょう。鞍上に関してはスワンSのみならM.デムーロJが乗れそうな雰囲気ですが、マイルCSはペルシアンナイトで決まっているのでしょう。セット騎乗となると、栗東の騎手を手配するのかな? 個人的には久々に池添Jとのコンビを見てみたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ