2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「インペリオアスール」の188件の投稿

2019年11月 9日 (土)

シルク&ロードなお馬さん(今週・出走除外馬)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:京都11月23日・ダ1400m

渡辺師「10日の福島・福島放送賞を予定していましたが、非抽選で除外となってしまいました。除外確実でしたので、6,7日は時計を出さず普通キャンターで調整しました。硬さは先週と変わらないですし、状態としては良い意味で変わりないです。節が足りるかどうか分からないですが、このまま厩舎で調整させていただき、11月23日の京都・ダ1400mを目標に進めていきたいと思います」(11/7近況)

⇒⇒10日福島12R・福島放送賞に佐久間Jで出馬投票しましたが、非抽選で除外となっています。

Photo_6 ロードヴァンドール

2019.11.07
11月10日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mを除外されました。11月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.1-65.8-50.7-37.8-12.6 8分所を稍一杯に追っています。併せ馬では稍一杯の相手の外を0秒9追走して首遅れ。短評は「道中掛かり気味」でした。目標を切り替えて11月16日(土)京都・アンドロメダS(L)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

2019.11.06
11月10日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mに横山武Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位19番目、同順位1頭で除外対象です。11月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.1-65.8-50.7-37.8-12.6 8分所を稍一杯に追っています。併せ馬では稍一杯の相手の外を0秒9追走して首遅れ。追い切りの短評は「道中掛かり気味」でした。

○昆調教師 「11月6日(水)はウッドへ入れました。これだけのタイムが出れば十分。さすがに絶好調とまでは言い切れぬものの、七夕賞当時ぐらいには戻った印象です。ただ、どうやらゲートインは厳しそう。除外の場合は来週の京都へ回りましょう」

≪調教時計≫
19.11.06 太 宰 栗CW良 81.1 65.8 50.7 37.8 12.6 稍一杯追う 道中掛かり気味 スワーヴシールズ(2歳新馬)稍一杯の外0秒9追走首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

登録はしていましたが、事前に除外になることが確実・濃厚だった2頭。

インペリオアスールは除外になるのが見えていたので、追い切りを課さずに微調整。目標を23日の京都・ダ1400mへ切り替えています。ここも使えるかどうかは分かりませんが、スピードを生かすには1400mは合っていると思うので、結果は二の次で出走が叶って欲しいです。

ヴァンドールは1頭回避が出れば、抽選での出走が可能だった為、追い切って備えていましたが、残念ながら出走枠に入らず。来週のアンドロメダSへ回ることに。そこでは久々に太宰Jとのコンビが予定されているので、浮上のキッカケとなるレースになって欲しいです。滑る馬場は良くないですが、時計の掛かる馬場は合っていると思います。また、個人的にはそろそろ1度ダートを試して欲しいです。

2019年11月 6日 (水)

初めての左回りでコーナーリングでスムーズさを欠き、外々を回ることになったことでスタミナをロス。距離も幾分長かった感じで見せ場なく12着に沈む。★インペリオアスール

201910_20191106222701

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

日曜新潟12R 鳥屋野特別(ダ1800m)12着(10番人気) 西村淳J

互角のスタートから外目6,7番手を追走します。3コーナー過ぎから押し上げて行き、最後の直線で脚を伸ばそうとしますが、残り200mで力尽き、ズルズル後退して12着でレースを終えています。

西村淳也騎手「スタートは悪くなく、二の脚も付きましたので、そのまま好位でレースを運ぼうと考えていましたが、最初の1コーナーで手前を上手く変えることが出来ずに外へ膨れ気味になり、そこでポジションが悪くなってしまいました。3~4コーナーも同じような感じでしたし、最後の直線では一瞬は伸びようとしたものの、残り200mでバッタリ止まってしまいました。距離は1400~1700mぐらいがベターだと思いますし、現状は右回りコースの方が良いかもしれませんね、乗り味が良く、条件が合えばもっとやれそうな感触はありましたよ」

渡辺調教師「短期放牧明けでしたが、牧場でしっかり乗り込んでもらっていたこともあって、順調に仕上げることが出来ましたし、いい状態でレースに向かうことが出来ました。最後の直線に差し掛かるところまで理想通りのレース運びが出来たものの、ラストひとハロンでバッタリ止まってしまいましたね。ジョッキーの話ではコーナーで外に張り気味だったと言っていましたから、初めての左回りコースに戸惑ってしまったところもあったのかもしれません。ダ1800mに2度出走させていただきましたが、これまでのレース内容から1700mまでなのかもしれません。優先出走権が獲れなかったですが、もし出走が叶うなら11月10日の福島・福島放送賞に出走させたいと考えていますので、トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで、相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。ペースが落ち着いたこともあり、好位直後で少し行きたがる、馬群が固まり、外を回されるロスも大きかった。4角で一杯。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:福島11月10日・福島放送賞

渡辺師「新潟からトレセンに戻って馬体のチェックを行いましたが、歩様の硬さはレース前と変わりないですし、それ以外も目立った疲れは見られませんでした。今週いっぱい状態を確認させていただき、それでも問題なければ続戦させたいと考えています。ただ、優先出走権を獲れなかった為に、11月10日の福島・福島放送賞に入るかどうか微妙なので、来週の想定を見て除外確実であれば、節を空ける為に一旦牧場へ戻すことも考えています」(10/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~

強い相手に揉まれていく必要があると感じていたも、クラス2戦目での前進を密かに期待していたインペリオアスール。レースでは互角以上のスタートからスッと好位を確保することが出来たのですが、1角を回る時にぎこちない走りで外へ膨れ気味。他馬を怖がっているというよりは左回りに戸惑っていたのでしょう。コーナー毎に減速してしまっており、膨れることで自然と外々を回される形に。4角手前で勢いが怪しくなって、直線では段々と遅れていく格好に。ガス欠になった後は無理に追うのは止めて、最後は流し気味でのゴールとなりました。

終わってみれば脚抜きの良い馬場でそれなりの高速決着。エンパイアメーカーの仔は脚抜きの良い馬場で好印象を持っていましたが、同じ産駒ではインペリオアスールは時計面の限界があってこういう決着は苦手。今の実力をしっかり受け止め、このクラスの厚い壁を感じることになってしまいました。この距離は微妙に長そうですし、コーナーリングの拙さを考えると、ワンターンのダ1400mを近々試してもらいたいです。

レース後のインペリオアスールはクタッとした感じはないも、歩様に硬さが残っている様子。結果は伴いませんでしたが、この馬なりに力を出し切ったので相応の疲れを感じます。中1週で今週の福島競馬への参戦を予定していますが、状態がもう1つなら無理に使う必要はないかなと。使ったことによる更なる疲れ・反動が心配ですから。

2019年10月27日 (日)

昇級戦の前走でスピードは通用するところを見せたも、経験不足な面が多く、強い相手に揉まれながら地力を養っていかないとダメ。ひとまず昇級2戦目でレース内容にどこまで進展が見られるか…。★インペリオアスール

2019041700_20191024045201

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

日曜新潟12R 鳥屋野特別(ダ1800m)7枠12番 西村淳J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路コースで追い切り

渡辺師「23日に坂路で追い切りました。自ら跨って感触を確かめてみたところ、捌きの硬さはあるものの、最後までしっかり伸びてくれましたから、良い仕上がりでレースに向かえそうです。昇級戦の前走は思うようなレースが出来ませんでしたが、クラスに慣れていけば対応できるだけの力を持っている馬ですし、良い競馬をしてくれるはずです。それに今回は斤量が54キロと軽くなるので、ハンデ差を活かせられると思いますし、1800mなら追走も楽になるでしょうから、それでどれだけ良い競馬をしてくれるか楽しみにしています。一番良い頃の状態と比較すると一歩手前というところですが、以前のように脚元を気にすることなく調整することが出来ましたから、後はガッツのある西村騎手の手綱捌きに期待したいと思います」(10/24近況)

調教師 23栗坂良 55.5- 40.8- 26.2- 13.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟6日目(10月27日)
12R 鳥屋野特別
ダ1800メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走16:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サトノファイター 牡3 54 鮫島克駿
2 2 マイネルボルソー 牡8 53 柴田大知
2 3 キクノフェリックス 牡5 55 藤田菜七子
3 4 ベバスカーン 牡6 54 勝浦正樹
3 5 オールウェイズゼア 牡5 53 木幡育也
4 6 トレジャートローヴ 牡6 55 柴山雄一
4 7 ダイシンインディー 牡3 54 吉田豊
5 8 スリーパスポート 牡6 52 三津谷隼人
5 9 レンジストライク 牡4 54 横山武史
6 10 ラスティユース 牡4 54 田中勝春
6 11 エブリバディ 牡4 53 菅原明良
7 12 インペリオアスール セ5 54 西村淳也
7 13 オワゾードール 牡4 53 西田雄一郎
8 14 ドゥラリュール セ6 55 丹内祐次
8 15 ナムラキヌ 牝4 53 石川裕紀人

○渡辺師 「しっかり乗り込んできた。休ませて歩様も良くなっている。先行してどこまでやれるか」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春の福島で待望のJRAでの勝利をマークしたインペリオアスール。昇級戦となった前走は縁起の良い未勝利勝ちの舞台へ狙いを定め、仕上がり良くレースへ臨めたと思うのですが、厳しくなったハナ争いに参戦してしまい、3角過ぎから追走に余力がなくなってきて直線はアラアラに。10着と大きく敗れましたが、スピード自体は2勝クラスでも通用するところは示せたかなと思います。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。当初は夏の小倉への転戦を視野に入れていましたが、歩様の硬さがなかなか解消し切れずに断念。予定を白紙に戻し、状態の立て直しを優先してきました。そして今月頭に帰厩して、ここへ向けて調教・追い切りを重ねてきました。仕上がりについては良さそうですが、追い切りを重ねることが歩様に硬さが窺えるのはやや心配。まあ、元々そういうところがある馬なので、日々のケアを入念に行ってもらい、その硬さが許容範囲で治まるように気に掛けていって欲しいです。

昇級2戦目となる今回は新潟のダ1800m。この距離に使うのはデビュー戦以来となりますが、どちかというとスピードが勝った馬なので100mだけ延びるのもプラスとは言えません。ただ、新潟コースは小回りなので、中央場所のダ1800mと違って粘り込める余地も。ハナを奪えるなら先手を主張してもらっていいですが、この枠なら揉まれることなく進めることが出来そう。前走で砂を被っても大丈夫だったみたいなので、西村淳Jには決め打ちせず、柔軟に作戦を組み立ててもらえればと思います。ハンデ戦とはいえ上と下との差は少ない1戦ですが、インペリオアスール自身は前走から3キロ減。幾らでもプラスに働いてくれるでしょう。

まあ、冷静に現状を見直すと、このクラスで通用するスピードは秘めていると思うも、まだまだ厳しい競馬を経験していないので、強い相手に揉まれながら力を付けていく必要が求められます。ひとまず昇級2戦目でレース内容にどこまで進展が見られるか。それを冷静に見守りたいと思います。

2019年10月22日 (火)

シルクなお馬さん(3歳上関西馬・入厩組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り
・次走予定:新潟10月27日・鳥屋野特別(西村淳J)

渡辺師「17日にCWコースで追い切りました。終い重点でしたが、反応は良かったですし、最後までしっかり伸びてくれました。本数を重ねて動きがピリッとしてきた反面、歩様の硬さが若干出てきましたね。でも、骨瘤はスッキリしていますし、それ以外も気になるところはないので、レース1週前としては順調に仕上がってきていると思います。来週は新潟までの輸送が控えていますので、坂路で反応を確かめる程度に抑えるつもりです」(10/9近況)

助 手 17CW良 86.1- 69.2- 54.0- 39.6- 12.3 馬なり余力 ヴァルディゼール(古オープン)馬なりの内0.6秒先行同入
助 手 20栗坂重 56.4- 40.9- 27.0- 13.6 馬なり余力 リュウグウハヤブサ(新馬)馬なりを0.4秒追走同入

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月27日・ダ1400m(亀田J)

中内田師「17日にCWコースで追い切りました。相手がダノンプレミアムでしたので、その相手にどれだけ食らいつけるか確認してみましたが、併せている間はヨレたりすることもなく、集中して走ってくれました。これが抜け出したり、置かれたりして横に馬がいなくなった時に気難しいところを見せてしまうので、その辺りには今後も気を付けて進めていかないといけませんね。この馬なりにはしっかり動けていますし、1週前としては十分仕上がってきていますよ」(10/17近況)

亀 田 17CW良 82.2- 66.4- 51.2- 37.8- 12.1 強めに追う ダノンプレミアム(古オープン)強めの外0.3秒先行アタマ先着
助 手 20栗P良 55.8- 38.6- 11.8 馬なり余力

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り
・次走予定:福島11月3日・芝2000m・若手(団野J) 

斉藤崇師「17日にCWコースで追い切りました。レースまでまだ少し時間がありますので、今回は先行し、最後の直線で併せる形を取りました。後ろの馬が近づき過ぎて、アマネセールは若干力んでいましたが、引っ掛かるほどでもなく折り合いはついていました。コンディションは良いですし、再来週のレースに向けて徐々に負荷を掛けていきたいと思います。ジョッキーは前走に引き続き団野大成騎手で向かいたいと思います」(10/17近況)

助 手 20栗P良 58.8- 43.2- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールとボンディマンシュは今週末の出走を予定。

インペリオアスールは丹念に時計こそマークしていますが、馬なりばかり。それでいて歩様に硬さが出てきているようなのが…。良い雰囲気で帰厩してきたと見ていたのですが、今の雰囲気では苦戦は免れそうにありません。ひとまず最終追いの内容・時計に注目したいです。

ボンディマンシュはヴェロックスの調教パートナーを務めたと思ったら、17日は何と厩舎の大看板ダノンプレミアムとの併せ馬。馬体が接しているときは真面目に駆けていましたし、鞍上が幾分軽い分、手応え・脚色は良好。レースでもゴール前ギリギリで頭・クビほど出る形が合っていそうです。あとはやや危険をはらむも、ラチを頼りに走らせた方が良さそうです。クラス2戦目+広いコースのダ1400mでどこまで巻き返すことが出来るか。

アマネセールの脚元は落ち着いている様子も、1度使ったことでテンションは幾分高め。ビシビシやれない分、丹念に時計を出すことで負荷を掛けていくことになりそうです。個人的にはプール調教を取り入れ、落ち着き+心肺機能の強化に努めるのも1案かなと思います。

2019年10月16日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上牡馬・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで追い切り
・次走予定:10月26日 京都・スワンS(G2)・C.スミヨン

安田隆師「9日に坂路で追い切りました。追走し、途中から併せに掛かりましたが、軽く促しただけでスッと交わして先着しました。涼しくなってきたのと同時にコンディションが上がってきていますし、それに伴って調教の動きに活気が見られるようになってきましたよ。ロードカナロア産駒は暑い時期はもう一つ良くない馬が多いですし、この馬もその内の1頭ですね。これから調子は更に上がってくるでしょうから、再来週のレースに向けてピッチを上げていきたいと思います」(10/10近況)

助 手 6栗坂良 59.1- 42.4- 27.4- 13.6 馬なり余力
助 手 9栗坂良 53.0- 38.6- 25.1- 12.7 馬なり余力 カズマークセン(古馬1勝)一杯を0.7秒追走0.2秒先着
助 手 14栗坂稍 54.8- 39.4- 25.6- 12.6 馬なり余力

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで追い切り
・次走予定:新潟10月27日・鳥屋野特別(西村淳J)

渡辺師「9日に坂路で追い切りました。馬なりでサッと時計を出しましたが、動きとしては悪くなかったですし、レースまであと2週あることを考えれば十分の内容でした。硬さはあるものの、以前と比べてもかなりマシな方だと思いますし、脚元はスッキリしているので、インペリオアスールなりに状態は良いですよ。1800mはやや距離が長い印象を受けますが、ハンデ戦でもありますし、今の状態なら対応してくれるのではないかと思っています。ジョッキーは西村淳也騎手に依頼しています」(10/9近況)

助 手 6栗坂良 57.9- 42.2- 27.7- 13.9 馬なり余力
助 手 9栗坂良 55.9- 40.5- 26.5- 13.6 馬なり余力
助 手 14栗坂稍 59.9- 43.5- 28.2- 14.1 馬なり余力 リュウグウハヤブサ(新馬)馬なりを1.4秒追走同入

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月27日・ダ1400m(亀田J)

中内田師「10日にCWコースで追い切りました。亀田Jに感触を確かめてもらったところ、前走で見せた内にモタれるところが調教でも見せるようになりましたね。前回は苦しいところに左鞭を打ったことによってモタれたものだと思っていましたが、今回の感じだと馬が分かって内ラチに寄って行こうとしていますね。前走後は違うジョッキーを起用するつもりで考えていましたが、騎乗経験がない騎手だと余計にリスクが高くなるかもしれません。それなら少しでも癖を分かっている亀田Jの方が前走の反省を活かして最後まで気を抜かずにレースをしてくれるはずなので、もう一度チャンスを与えようと思います。依然捌きの硬さがあるものの、以前より馬は逞しく育っているので、もう少しレース経験を積みながら育ててきたいと考えています」(10/10近況)

助 手 6栗坂良 52.9- 38.4- 24.8- 12.6 一杯に追う
亀 田 10CW良 82.7- 67.3- 52.9- 39.5- 11.8 馬なり伸る ヴェロックス(古オープン)直強めの外1.0秒先行同入
助 手 14栗坂稍 54.5- 39.9- 25.9- 12.9 馬なり余力 オメガ(古馬1勝)馬なりに0.1秒先着

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:9日に坂路コースで追い切り

担当助手「9日に坂路で時計を出しました。強め1本目でしたが、追ってからの反応は悪くなかったですし、まずまず動いてくれましたよ。まだ馬体は太目ですが、本数を重ねていけば締まってくるでしょうし、すぐ態勢が整うでしょう。10月20日の東京・鷹巣山特別、もしくは10月26日の東京・神奈川新聞杯あたりを考えていますが、同日の新潟にも柏崎特別があるので、相手関係や追い切りの動きを確かめながら検討していく予定です」(10/10近況)

助 手 9栗坂良 55.2- 40.1- 26.0- 13.4 一杯に追う カフジジュピター(古馬1勝)馬なりを0.6秒追走アタマ遅れ
助 手 14栗坂稍 54.8- 38.8- 25.6- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックはひと追い毎に動きに素軽さが出てきていますし、これから涼しくなる一方なので着実に状態を上げていってくれるでしょう。相手はG2戦でかなり強力になりますが、名手を背に現状の力でどこまで通用するかを確かめたい1戦です。

インペリオアスールはレースまで少し時間があるので、坂路で軽めの追い切りを重ねています。歩様の硬さは仕方ないので日々のケアで補っていくしかないでしょうし、それを気にし過ぎて甘やかす調教では力を付けていくことは出来ません。多少のリスクを背負っても攻めの調教を課していって欲しいです。

ボンディマンシュは引き続き亀田Jとのコンビに。右へモタれる面が目立ってきているのは矯正しないとダメですが、10日の追い切りでは鞍上の体重差があったとはいえ、菊花賞で1番人気に支持されそうなヴェロックスを煽る動きを披露。脚力自体は良いモノを持っているだけにそれを発揮する気性面の改善を改めて考えていく必要があります。内へモタれる面に関してはチークピーシズや片ブリンカーなど馬具を試してもらえればと思います。

帰厩後の初時計となった9日の坂路追いはやや平凡な動きに映るナイトバナレットですが、ビシッとやれたように体調は問題ないのでしょう。あとは本数を重ねていって馬体重が絞れて来てくれれば時計・動きも変わってきてくれるでしょうか。出走レースに関しては騎手の手配・相手関係を吟味しながら、最適な舞台をチョイスして欲しいです。

2019年10月 4日 (金)

2日に帰厩。次走は27日の新潟・鳥屋野特別を予定しています。☆インペリオアスール

201908_20191003033101

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

・在厩場所:2日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:新潟10月27日・鳥屋野特別

渡辺師「7月の福島・天の川特別の後は、牧場に戻して鍛え直してもらっていましたが、その後も順調に進められていましたので、2日の検疫でトレセンへお戻しさせていただきました。3日から調教を開始し、順調に進められるようであれば10月27日の新潟・鳥屋野特別に向かいたいと思います。前走は思うような競馬が出来なかったですが、昇級戦でもありましたし、後は2勝クラスのペースに慣れていけば、調教の感じから良い競馬をしてくれるようになると思っています」(10/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の福島戦(10着)を戦った後、夏の小倉への転戦を予定していたインペリオアスールでしたが、歩様の硬さがなかなか抜け切らず、首から肩にかけて張りが残った為、予定を一旦白紙に戻して回復を促すことに専念。その後はウォーキングマシン→トレッドミルでの運動と段階をしっかり踏みながら負荷を高めていったので歩様が硬くなることはなく、コツコツ乗り込んできたことで体調も頗る良さそうです。軽度の蓄膿の症状で少しペースを緩めたりしましたが、今はその不安もありません。

前回の更新では次走予定が決まり、あとは厩舎から声が掛かるのを待つのみでしたが、2日の検疫で栗東・渡辺厩舎へとやってきました。前走は昇級戦で苦い1戦となりましたが、スピードが通用することは証明。この経験を糧に次走でどこまで変わってきてくれるか前向きに期待したいです。

2019年10月 1日 (火)

シルクなお馬さん(5歳牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も順調に進められており、脚元の状態も変わりありません。次走の予定を渡辺師と相談したところ、このまま問題なく進められるようであれば、10月27日の新潟・鳥屋野特別を目標にトレセンへ戻すこととなりました。歩様はこれまでになく良いですし、今の状態を維持しながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は517キロです」(9/27近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「この中間は帰厩に備えて、より負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。現在は坂路で14-14からラスト1ハロンは13秒まで負荷を掛けていますが、最後まで良い手応えで登坂していますし、コンディションは良いですよ。脚元の状態も変わりありませんし、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきます。馬体重は501キロです」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

歩様が硬くなることなく、しっかり乗り込むことができているインペリオアスール。2勝クラスで通用するにはもう少し時間は必要でしょうが、体質が強化されつつあるのは好材料。その分だけでも伸びシロはあると思います。

ナイトバナレットは熱心に乗られていますが、前走で負った外傷もぶり返すことなく、脚元は落ち着いた状態を保っていますし、体調に関しても頗る良好。2週間から10日での厩舎滞在でレースへ臨めるように声が掛かるまで意欲的に攻めていってもらえればと思います。タフはナイトバナレットの長所の1つですから。

2019年9月24日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間は坂路で15-15から、ラスト1ハロン14秒までペースを上げています。負荷を掛けた後も問題なく進められており、脚元の状態も変わりありません。このまま登坂回数を重ねていけば、目途も立てられるようになると思いますので、この調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は511キロです」(9/20近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ここまで体調に合わせて無理をしない程度に進めてきましたが、涼しくなってきたことで元気が戻ってきましたし、走りに対して前向きさも見られるようになってきました。週半ばに坂路で15-15からラスト1ハロン14秒まで負荷を掛けてみましたが、走りっぷりは悪くなかったので、この調子で帰厩に向けてピッチを上げていきたいと思います。馬体重は527キロです」(9/20近況)

⇒⇒24日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(23日・最新情報より)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も坂路で15~14秒のペースで登坂していますが、いい意味で変わりないですし、体調も安定していますよ。脚元の外傷はもう気にならないですし、暑さの影響も受けませんでしたので、この調子で帰厩に備えて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は495キロです」(9/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールはこの中間から坂路でラストは14秒台まで伸ばすように。ジワッと負荷は高めましたが、スムーズに対応してくれています。あとは帰厩へ向けて本数を重ねていけば、今後の予定が決まってくると思います。

暑さの影響で覇気が欠けることがあったダイアトニックですが、脚元等の故障に繋がらなかったのは何より。本調子を取り戻せばハロン15秒の調教はサラッとこなしてくれて当然です。そして23日の最新情報で本日24日に帰厩する運びに。公式サイトでは発表されていませんが、次走はスワンSを予定しているので、約1ヶ月、逆算しながら良い状態へと持っていってもらいたいです。

ナイトバナレットは夏の新潟戦では結果を残すことが出来ませんでしたが、体調は高いレベルで安定していますし、牧場での調整は頗る順調。これが結果に繋がらないのはもどかしいところですが…。あと、関東圏のレースに使うことが多いので、それなら関東の若手厩舎へ転厩してみるのも1つ手なのかなと個人的に思います。

2019年9月18日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「鼻の状態はもう心配ないので、この中間から坂路で15-15までペースを上げています。負荷を掛けた後も脚元などの状態は変わりありませんし、このまま帰厩に向けて進めて行っても問題なさそうです。もう少し乗り込んでから渡辺師と次走の予定について相談したいと考えています。馬体重は516キロです」(9/13近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「残暑が続いていることもありますので、状態には気を付けながら進めていますが、ここまで順調に進められています。ここにきて涼しくなってきましたし、それと同時に調子が上向いてくるでしょうから、状態を確認しながら負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は516キロです」(9/13近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も問題なく進められています。この中間も週3回坂路で17-17のペースで登坂しており、今のペースなら問題なく対応してくれます。今後のペースアップに備え、下地をしっかり固めたうえで、徐々にペースを上げていきたいと考えています。馬体重は508キロです」(9/13近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路で15-15を開始し、週半ばには1ハロン14秒まで脚を伸ばしました。負荷を掛けてもしっかり対応していますし、調子は上がってきていますよ。脚元の外傷は問題ありませんし、それ以外も気になるところはありません。第4回東京開催を目標に帰厩することになっていますので、いつ声が掛かってもいいようにしっかり乗り込んでいきたいと思います。馬体重は493キロです」(9/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軽度の蓄膿という診断が下っていたインペリオアスールですが、その不安が解消したことでこの中間からハロン15秒の調教を開始。歩様に硬さが出ることなく、状態はだいぶ上がってきたと言えるでしょう。もうすぐローカル開催も始まるので、急ピッチで仕上げに入っていってもらえればと思います。

暑さにやや悩まされているダイアトニック。朝夜はだいぶ涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続きます。暑い時間帯は涼しい馬房で英気を養い、涼しい時間帯を利用してコツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。涼しくなってくれれば、動きにもピリッとしたところが出てきてくれると思います。

ボンディマンシュは先週と変わらないメニューですが、普通キャンターをコツコツ乗り込み中。これぐらいのペースなら難なくとこなしてくれていますが、今は下地作りを優先。気性面で幼いところが残る馬ですし、この機会に心身の成長を促すことが出来ればと思います。

ナイトバナレットはこの中間から更に1歩攻めを強化。特に疲れ・反動は見受けられず、着実に態勢が整ってきています。具体的な番組は未定も、次の東京開催での出走を予定しているようなので、馬体が緩まないように注意しつつ、状態を上げていってもらえればと思います。

2019年9月10日 (火)

シルクなお馬さん(5歳上・NFしがらき組)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:坂路コースでハロン16~17秒

厩舎長「こちらに移動後はレースの疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、回復が早く体調も問題ないことから、今週から調教を開始しています。現在は坂路でハロン16~17秒のペースで2本乗っていますが、運動後も変わりないので、このまま帰厩に向けて徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は491キロです」(9/6近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も休まず調教を続けていますが、鼻の状態が少し気になったので、獣医師に診てもらったところ、軽度の蓄膿の症状が見られました。ただ、休ませるほどではないので、治療を行いつつ、これまで通りの調教メニューで進めていく予定です。馬体重は517キロです」(9/6近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神9月29日・兵庫特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「いつ声が掛かっても良いように乗り込みを続けていますが、今週は坂路で14-14から、ラスト1ハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。ヴィッセンなりに元気いっぱいに調教が行えており、良い状態を保っています。来週には帰厩することになると思いますので、移動に備えてコンディションを整えておきたいと思います。馬体重は520キロです」(9/6近況)

⇒⇒10日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(9日・最新情報より)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神9月28日・戎橋特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

騎乗スタッフ「この中間も坂路でハロン14秒のペースで乗り込んでいますが、疲れを見せることもなく、最後まで元気よく登坂していますよ。高野師から来週の検疫でトレセンへ帰厩させたいと連絡を受けていますので、今の状態を維持しながら移動に備えたいと思います。馬体重は500キロです」(9/6近況)

⇒⇒10日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の新潟2戦が案外な結果に終わってしまったナイトバナレットですが、NFしがらきでは暑さに負けることなく元気一杯。油断すると馬体が緩み、太りやすい馬なので、帰厩の声が掛かるまでは意欲的に乗り進めてもらえればと思います。

インペリオアスールは鼻の状態をチェックしたところ、軽度の蓄膿症という診断。以前も鼻水が出やすかったりしたので、軽度とはいえここでしっかり完治できるようにお願いします。歩様の硬さも心配ですが、運動前にじっくり解すことを怠らずにお願いします。

ヴィッセンとインヘリットデールは今開催の最終週での出走を予定していることから、予定では本日10日に仲良く帰厩している筈。牧場での調整ぶりから体調の良さは明らかなので、それを結果に結び付けられるにバトンを受け取った厩舎スタッフに尽力してもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ