2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「インペリオアスール」の196件の投稿

2020年1月22日 (水)

16日に栗東・渡辺厩舎へ帰厩しています。☆インペリオアスール

2019031700

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉2月9日・和布刈特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「帰厩に備えてこの中間から坂路で15-15を開始しています。年末年始は特に変わった様子もなく、順調そのものでしたし、動きも力強さが出てきましたよ。調教を進めていても、気が張ることもなく落ち着いていましたので、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は527キロです」(1/10近況)

⇒⇒16日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(15日・最新情報より)

・在厩場所:16日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:小倉2月9日・和布刈特別

渡辺師「放牧に出した後も順調に進められていたようなので、16日の検疫でトレセンにお戻しさせていただきました。前走は1400mを試させていただきましたが、明らかについて行くのに精いっぱいでしたし、小回りコースのダ1700mなら追走に苦労することはないでしょう。それに2月9日の小倉・和布刈特別はハンデ戦でもありますから、条件的には良いと思いますので、そこを目標に仕上げに入っていきたいと思います」(1/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早くから年明けの小倉開催での出走を目指してきたインペリオアスール。疲れ等を覗かせることなく淡々と乗り込んできましたが、目標のレースへ向けて16日に栗東へ戻ってきています。

個人的にはダ1400mで差す競馬を覚えて欲しいのですが、小回りのダ1700mでJRAでの初勝利をゲット。今のところは1番成績を残しやすい舞台とは言えます。ただ、2勝クラスで好勝負へ持ち込むには更なるスピードと精神面のタフさを備える必要があります。現在のところ、このクラスでの最高着順が前走の9着。勝ち馬とタイム差は平均して1秒8ちょっと。このクラスで通用していくのは正直簡単ではありません。前へ行って粘り込むだけでは味気ないので、通用する戦法を見い出して、インペリオアスールの新たな1面を覗かせて欲しいものです。

2020年1月 3日 (金)

次走は来月9日の小倉・和布刈特別を予定しています。☆インペリオアスール

201912_20200103041301

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉2月9日・和布刈特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「この中間も週に2~3回坂路でハロン16秒のペースで登坂していますが、変わりなく進められていますし、順調そのものですよ。次走の予定について渡辺師と相談したところ、翌年2月9日の小倉・和布刈特別を目標にトレセンへ帰厩させる方向で話し合いました。ハンデ戦でもありますし、条件としては良いと思います。まだ少し時間がありますので、段階を踏みながら負荷を掛けて行きたいと思います。馬体重は521キロです」(12/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年が明ければすぐ帰厩するのかなと見ていたインペリオアスールですが、次走の目標が来月9日の小倉・和布刈特別に決定。現状このクラスでは荷が重い結果が続きますが、ハンデ戦でどこまで前進が見込めるか。スピードは良いものがあるので、小回りのダ1700mで積極的に進めてもらえればと思います。

おそらく帰厩はレース3週間前。あと1~2週は牧場で過ごすことになると思うので、帰厩後すぐに追い切りへ移行できるように状態を上げていってもらえればと思います。

2019年12月25日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上・本州牧場組)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:2020年京都都1月25日・睦月賞
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「こちらに移動後は脚元にやや疲れが見られましたが、大したことはなく、今週から調教を開始しています。現在は坂路で16-16のペースで乗り込んでいますが、このまま負荷を掛けても問題なさそうなので、週末から15-15を開始していきます。馬体重は516キロです」(12/20近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元や歩様には良い意味で変わりありませんでした。現在は週3回坂路コースで乗り込んでいますが、国枝調教師は短期で戻すことも検討しているということですから、このまま緩めないように進めていきたいと思います。馬体重は550キロです」(12/20近況)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:2020年・第1回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間は坂路で16-16までペースを上げています。その後も疲れを見せることはありませんし、このまま帰厩に向けて徐々に負荷を掛けて行っても問題なさそうです。馬体重は519キロです」(12/20近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:2020年・第1回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースを週に2回行っていますが、力強い動きで登坂していますし、この馬なりに逞しくなっていますよ。しっかりするのはもう少し先だと思っていましたが、こちらが思っていた以上に良くなってきましたから、この後も良い状態で送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は531キロです」(12/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは少し脚元に疲れが見られたようですが、大事には至らず。時間の経過と共に回復しています。約1ヶ月後には出走となるので、緩めることなくコツコツ乗り込んでいってもらい、年明け早々に良い状態で戻ってきて欲しいです。

ウォリアーズクロスは牧場へ移動後も脚元等に異常は見受けられず。再度、中山・ダ1200mに使うなら、1月13日に初春Sという番組があるので、そこを目指してくることになるのでしょう。来年7歳になりますが、これまでのキャリアは15戦のみ。もっとコンスタントに使えるようになって欲しいです。

インペリオアスールは予定している年明けの小倉戦へ向け、順調に乗り込み中。ただ、2勝クラスのレースでは思うような結果を出せていない現状です。差し・追い込みに脚質転換を視野に入れても良いのかもしれません。

冬場は少し絞り辛そうなボンディマンシュですが、週2回15-15の調教をこなしつつ、充実ぶりを発揮。現状はダ1400mがベストでしょうが、精神面で大人になってくれば1ハロン距離を縮めてみても面白いかもしれません。

2019年12月17日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:2020年・第1回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も問題なく進められています。この中間も坂路で17-17のペースで登坂していますが、特に問題ないですし、週末あたりから徐々に負荷をかけていきたいと考えています。翌年の第1回小倉開催を目標に置いているとのことですから、いつ移動の声が掛かっても良いように調整していきたいと思います。馬体重は519キロです」(12/13近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本

厩舎長「この中間から坂路で徐々に負荷を掛けるようにしていますが、前走の疲れもなく、いい状態を保っていますよ。具体的な予定はまだ決まっていませんが、近いうちにトレセンへ帰厩させたいとのことですから、いい状態で送り出せるように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は516キロです」(12/13近況)

⇒⇒17日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(16日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールは先週と変わらないメニューをこなしていますが、近日中にハロン15秒を開始する模様。歩様の硬さも気にならないようですし、この馬なりに良い状態をキープしています。1月の小倉開催が目標ということなので年明け早々には帰厩することになると思うので、それまでコツコツ乗り込みながら、心身の成長を促していってもらえればと思います。

順調に調教の負荷を高めてきたダイアトニックは本日(17日)にトレセンへ戻ることに。競馬ブックの情報では次走は京都・金杯を予定しているとのこと。G1ではちょっと歯が立ちませんでしたが、G3のマイル戦でどこまでやれるか。勿論、新年早々期待したいですが、詰めの甘い結果に終わるなら、1200mへ使うことを真剣に検討してもらわないと。少し大げさに言うと、ダイアトニックの将来を左右するレースになってくるかと思います。

2019年12月13日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「この中間も坂路で14-14からラスト1ハロン13秒まで脚を伸ばしていますが、この馬なりにしっかり動けていますし、状態としては問題ないですよ。年内、もしくは年明けのレースを予定しているとのことですから、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は507キロです」(12/6近況)

⇒⇒13日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(12日・最新情報より) 

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに移動後も問題ありませんでしたので、今週から調教を開始しています。年明けの小倉開催を目標に置いているとのことですので、馬体が緩まない程度に乗り込んでいきたいと思います。馬体重は509キロです」(12/6近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本

厩舎長「乗り出した後も順調に進められており、今週から坂路で乗り出していますが、その後も歩様の硬さは感じられませんし、コンディションも良いですよ。もう少し進めてみて、このまま問題なければ、今後の予定について安田隆師と相談したいと思います。馬体重は510キロです」(12/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調に乗り込むことが出来ていたも、年内出走が微妙な感じになっていたナイトバナレット。この中間も順調そのもので、あとは声が掛かるのみでしたが、本日13日に栗東・矢作厩舎へ戻ることに。番組表を見ると、おそらく28日の中山・ベストウィッシュCを目指すことになりそうです。

インペリオアスールはNFしがらきへ移動してまもないですが、順調に回復が進み、普通キャンターで登坂を開始。また、次走は年明けの小倉を予定しているとのことですが、牧場では調整というだけでなく、力を付ける為に鍛えていってもらいたいです。

ダイアトニックもひとまず順調ですが、次走の予定がハッキリしていないので、無理のない範囲で乗り込んでいます。順調に行くなら次走は年明けの京都金杯が有力かなと思いますが、個人的には次走からスプリント路線への参入を希望します。

2019年11月29日 (金)

好発を決めるも芝スタートでモタモタ。それが尾を引く形で道中の追走も慌ただしくなってしまう。4角でゴチャ付く場面もあって大敗を覚悟するも、直線で外へ持ち出すとジワジワと盛り返して9着へ。ダ1700mが1番レースはしやすそうも、このクラスで通用していくにはこの距離が1番可能性を残すように思う。★インペリオアスール

2019111400_20191128105201

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

土曜京都8R 3歳上2勝クラス(ダ1400m) 9着(13番人気) 西村淳J

まずまずのスタートを切りますが行き脚が付かず、道中は後方からのレースになります。直線ではジリジリとした脚しか使えず、9着に敗れています。

西村淳也騎手「前走は楽に行けたものの、今回は芝スタートが良くなかったのか、思ったよりも行き脚が付きませんでした。この距離でも何回か使って慣れてくれば対応できないことはないのでしょうが、今日は道中も少し忙しい感じがありましたね。でも、走りには変にモタれたりだとか、力んだりということはなく、馬自身は前走よりも良くなっていると感じましたよ」

渡辺調教師「前走の1800mだと長く感じたので、今回は1400mを使わせていただきましたが、少し忙しいように感じましたし、その間の距離くらいが良いのかもしれません。でも、4コーナーで少しスムーズに行かない部分があった割には、直線では一脚使ってくれたように、頑張って走ってくれたと思います。この後は、トレセンでの状態を見てから検討させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/28日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

渡辺師「トレセンに戻って状態を確認したところ、目立った疲れは見られませんが、予定通り一旦牧場へお戻しさせていただく予定です。1800mだと距離が少し長く、1400mだと追走で一杯でしたから、現状は1700mぐらいが丁度良いのかもしれません。次走の予定につきましては牧場での状態にもよりますが、順調に進められるようなら、年明けの小倉開催を考えています」(11/27近況)

⇒⇒28日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(28日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ワンターンのダ1400mで新たな1面を見い出して欲しかったインペリオアスール。スタートは互角以上に出てくれたのですが、脚捌きの硬い馬なので芝を気にしたのかスピードの乗りが一息。そこでモタモタしてしまったのが道中の行きっぷりにも影響と個人的には思います。ですので、この距離が一概に忙しいというのは早計かなと。また、3角過ぎから4角でゴチャ付くところがありながら、直線で外へ持ち出すとジワジワと挽回。昇級2戦は二桁着順に終わっていましたが、今回は9着に食い込んで一応着順は前進できてはいます。

確かにこれまでのレースぶりからダ1700mが1番レースを組み立てやすいと思います。しかし、出入りの激しい競馬→揉まれる競馬で最後の踏ん張り・集中力を欠いてしまいそう。下級クラスのような楽な展開は見込めません。このクラスで通用することを第一に考えれば、ダ1400mに慣れていくことが最善策かなと思いますが…。

レース後のインペリオアスールですが、見た目にクタッとした感じはなし。ただ、今後は予定通りにここで一息入れることに。しっかり英気を養ってもらい、右回りのダ1700mで改めてどこまでやれるかを確認してもらえればと思います。

2019年11月23日 (土)

今回は右回りに戻す。ダ1400mは初挑戦ながら、スピードを生かしたいこの馬には最適な舞台かも。芝スタートにしっかり対応できれば、二桁着順のここ2走からガラッと変わってきても…。★インペリオアスール

201908_20191122102701

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

土曜京都8R 3歳上2勝クラス(ダ1400m) 8枠15番 西村淳J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計

渡辺師「20日に坂路コースで追い切りを行いました。いつでも出走可能な態勢は整っていますし、単走で終いサッと脚を伸ばすイメージで行いましたが、動きは最後までしっかりとしていて良かったですね。元々ある歩様の硬さも、悪化することなく調整することが出来ています。選択肢を広げる目的で、24日の東京・シャングリラ賞にも特別登録させていただきましたが、当初の予定通り23日の京都・ダ1400mに西村淳也騎手で投票させていただきました」(11/21近況)

助 手 17栗坂良 59.5- 43.1- 28.2- 13.8 馬なり余力
助 手 20栗坂良 54.9- 39.7- 25.6- 12.7 末強め追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回京都7日目(11月23日)
8R 3歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走13:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 スマートアルタイル 牡4 57 武豊
1 2 ライナス 牡4 57 池添謙一
2 3 ダイメイギンガ 牝4 55 松若風馬
2 4 タガノプレトリア 牡4 57 藤岡康太
3 5 ホノカ 牝5 55 柴山雄一
3 6 クリノサンレオ 牡6 56 森裕太朗
4 7 シアワセデス 牝6 55 幸英明
4 8 メイショウバイタル 牡4 55 斎藤新
5 9 サニークラウド 牡3 56 O.マーフィー
5 10 デロングスター 牝5 53 岩田望来
6 11 ソリストサンダー 牡4 57 岩田康誠
6 12 ミスティック 牝4 52 団野大成
7 13 グトルフォス 牡3 56 鮫島克駿
7 14 メラン 牡3 56 吉田隼人
8 15 インペリオアスール セ5 56 西村淳也
8 16 メイショウハナモリ 牡3 56 和田竜二

○渡辺師 「1800mは少し長かった。1400mには対応できると思うし、使って状態も上向き」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昇級2戦目となった前走はデビュー戦以来の1800mに加え、初めての左回りの競馬。新潟ダ1800mは先行力が生きるコースなので、スピードを生かしての粘り込みを期待したのですが、他馬が速かったこともあり、インペリオアスールは外目の4・5番手を追走することに。道中の折り合いに関しては問題なかったと思いますが、初めの左回りということで1角を回る時からぎこちない走りで外へ逃げ気味。その後もコーナー毎にスピードが鈍ったりと不慣れなところを覗かせてしまいました。そして外目を追走していたことによりスタミナを浪費。直線半ばまではこの馬に頑張っていましたが、残り1ハロンでパタンと失速。終わってみれば、インペリオアスールには1800mは微妙に長く、不器用な馬なので初めての左回りでスムーズさを欠いてしまいました。

前走後は在厩調整を行い、10日の福島放送賞に出馬投票を行うも除外。矛先をこのレースへと変えてきました。そして今回も除外の可能性はありましたが、滑り込みでセーフ。まずは予定通りに使えるのが何よりです。

ダ1400mは初めての挑戦。ローカルのダ1700mに相性の良い馬は中央場所のダ1400mを得意とする馬が多いですし、コーナーリングが下手なこの馬にはワンターンの競馬は好材料。スピードはそれなりにあるので追走に戸惑うことはないでしょうし。昇級後の2戦は二桁着順ですが、今回はガラッと変わってくる可能性はあるのかなと…。ただ、捌きに硬さのある馬なので、スタート地点の芝でスピードに乗れずに終わってしまう可能性も持ち合わせています。中間の調整に関してはひと叩きしてグッと良くなってきた感じは窺えないも、馬なりオンリーから今回は終いを少し気合を付けることが出来ています。

歩様に硬さが残るようにまだまだ体質面で弱さを残すインペリオアスール。キャリアも地方含めて12戦と少ない馬。それ故、まだまだ伸びシロを残していると思うので、距離短縮をキッカケに再浮上できるように願っています。

2019年11月18日 (月)

シルクなお馬さん(5歳上・入厩組)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都11月23日・ダ1400m(西村淳J)

渡辺師「14日にCWコースで追い切りました。単走で最後の直線だけしっかり伸ばしておきましたが、反応・動きともに良かったですよ。歩様の硬さは良い意味で変わりないですし、それ以外の状態も問題ありません。11月23日の京都・ダ1400mに出走を予定していますが、優先出走権を持っていないことから、入るかどうかは何とも言えないですね。ジョッキーは西村淳也騎手に依頼しています」(11/14近況)

助 手 14CW良 86.8- 69.7- 53.7- 39.5- 12.5 直強め余力
助 手 17栗坂良 59.5- 43.1- 28.2- 13.8 馬なり余力

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:11月30日の中山・ステイヤーズS(G2)

手塚師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はモンドインテロが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばして、最後は同入しています。外目を回って全体時計が68秒1と、まずまずのタイムで走れていると思いますし、動きの質についても夏に札幌競馬場で調整した時よりも良いように感じますね。ただ、まだ息遣いを聞いても重め残りではありますから、あと2週しっかりと調整を行い、状態を整えていきたいと思います」(11/14近況)

助 手 10美坂良 58.5- 42.9- 28.0- 14.2 馬なり余力
助 手 13南W良 68.1- 52.6- 38.7- 12.4 強めに追う ロークアルルージュ(古馬1勝)一杯の内0.6秒追走同入
助 手 17美坂良 53.4- 38.9- 25.9- 13.1 馬なり余力

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都11月23日・高雄特別(荻野極J)

斉藤崇師「13日にCWコースで追い切りました。先週に引き続き荻野極騎手に感触を確かめてもらったところ、今回は少しハミにモタれ掛かったような走りで、その分伸び切れなかったようです。ただ、動きそのものは悪くなかったですし、この中間の気配は良い意味で変わりないですから、来週の競馬まで良いところで抱えられるように調教を行っていきたいと思います」(11/13近況)

荻野極 13CW良 84.9- 68.4- 53.4- 39.4- 12.6 馬なり余力 アランチャアミーゴ(新馬)一杯の外1.5秒先行0.2秒先着
助 手 15栗坂良 59.9- 44.3- 29.2- 14.6 馬なり余力
助 手 17CW良 72.2- 56.0- 40.8- 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールは土曜日の京都ダ1400mを引き続き西村淳Jで予定していますが、今週は2場開催ということで出走枠に入れるかは微妙なところ。そういうこともありJC当日の東京・シャングリラ賞に特別登録を行っています。硬さが和らぐことはありませんが、酷くならないように日々のケアを入念に行ってもらいたいです。レースでは距離短縮で何か明るい兆しを見い出したいです。

モンドインテロは坂路とWコースを使える美浦トレセンは調整がしやすそう。まだ馬体に余裕があるので、動きはピリッとしていませんが、本数を重ねていけば大丈夫でしょう。脚元が落ち着いているのも何よりです。

ヴィッセンは今週末の京都・高雄特別を予定。体調自体は良さそうですが、動きにモタモタしたところがあるのは少し馬体が立派なのかもしれません。13日の追い切りの後、15日と17日も時計を出しているのでその点に解消の見込みが出ていれば良いのですが、まだピリッとしていなければ、最終追いは馬なりではなく強め以上の負荷を掛けて良い刺激を与えて欲しいです。

2019年11月 9日 (土)

シルク&ロードなお馬さん(今週・出走除外馬)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:京都11月23日・ダ1400m

渡辺師「10日の福島・福島放送賞を予定していましたが、非抽選で除外となってしまいました。除外確実でしたので、6,7日は時計を出さず普通キャンターで調整しました。硬さは先週と変わらないですし、状態としては良い意味で変わりないです。節が足りるかどうか分からないですが、このまま厩舎で調整させていただき、11月23日の京都・ダ1400mを目標に進めていきたいと思います」(11/7近況)

⇒⇒10日福島12R・福島放送賞に佐久間Jで出馬投票しましたが、非抽選で除外となっています。

Photo_6 ロードヴァンドール

2019.11.07
11月10日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mを除外されました。11月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.1-65.8-50.7-37.8-12.6 8分所を稍一杯に追っています。併せ馬では稍一杯の相手の外を0秒9追走して首遅れ。短評は「道中掛かり気味」でした。目標を切り替えて11月16日(土)京都・アンドロメダS(L)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

2019.11.06
11月10日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mに横山武Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位19番目、同順位1頭で除外対象です。11月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.1-65.8-50.7-37.8-12.6 8分所を稍一杯に追っています。併せ馬では稍一杯の相手の外を0秒9追走して首遅れ。追い切りの短評は「道中掛かり気味」でした。

○昆調教師 「11月6日(水)はウッドへ入れました。これだけのタイムが出れば十分。さすがに絶好調とまでは言い切れぬものの、七夕賞当時ぐらいには戻った印象です。ただ、どうやらゲートインは厳しそう。除外の場合は来週の京都へ回りましょう」

≪調教時計≫
19.11.06 太 宰 栗CW良 81.1 65.8 50.7 37.8 12.6 稍一杯追う 道中掛かり気味 スワーヴシールズ(2歳新馬)稍一杯の外0秒9追走首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

登録はしていましたが、事前に除外になることが確実・濃厚だった2頭。

インペリオアスールは除外になるのが見えていたので、追い切りを課さずに微調整。目標を23日の京都・ダ1400mへ切り替えています。ここも使えるかどうかは分かりませんが、スピードを生かすには1400mは合っていると思うので、結果は二の次で出走が叶って欲しいです。

ヴァンドールは1頭回避が出れば、抽選での出走が可能だった為、追い切って備えていましたが、残念ながら出走枠に入らず。来週のアンドロメダSへ回ることに。そこでは久々に太宰Jとのコンビが予定されているので、浮上のキッカケとなるレースになって欲しいです。滑る馬場は良くないですが、時計の掛かる馬場は合っていると思います。また、個人的にはそろそろ1度ダートを試して欲しいです。

2019年11月 6日 (水)

初めての左回りでコーナーリングでスムーズさを欠き、外々を回ることになったことでスタミナをロス。距離も幾分長かった感じで見せ場なく12着に沈む。★インペリオアスール

201910_20191106222701

Photo_3 インペリオアスール(セ・渡辺)父エンパイアメーカー 母アビ

日曜新潟12R 鳥屋野特別(ダ1800m)12着(10番人気) 西村淳J

互角のスタートから外目6,7番手を追走します。3コーナー過ぎから押し上げて行き、最後の直線で脚を伸ばそうとしますが、残り200mで力尽き、ズルズル後退して12着でレースを終えています。

西村淳也騎手「スタートは悪くなく、二の脚も付きましたので、そのまま好位でレースを運ぼうと考えていましたが、最初の1コーナーで手前を上手く変えることが出来ずに外へ膨れ気味になり、そこでポジションが悪くなってしまいました。3~4コーナーも同じような感じでしたし、最後の直線では一瞬は伸びようとしたものの、残り200mでバッタリ止まってしまいました。距離は1400~1700mぐらいがベターだと思いますし、現状は右回りコースの方が良いかもしれませんね、乗り味が良く、条件が合えばもっとやれそうな感触はありましたよ」

渡辺調教師「短期放牧明けでしたが、牧場でしっかり乗り込んでもらっていたこともあって、順調に仕上げることが出来ましたし、いい状態でレースに向かうことが出来ました。最後の直線に差し掛かるところまで理想通りのレース運びが出来たものの、ラストひとハロンでバッタリ止まってしまいましたね。ジョッキーの話ではコーナーで外に張り気味だったと言っていましたから、初めての左回りコースに戸惑ってしまったところもあったのかもしれません。ダ1800mに2度出走させていただきましたが、これまでのレース内容から1700mまでなのかもしれません。優先出走権が獲れなかったですが、もし出走が叶うなら11月10日の福島・福島放送賞に出走させたいと考えていますので、トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで、相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。ペースが落ち着いたこともあり、好位直後で少し行きたがる、馬群が固まり、外を回されるロスも大きかった。4角で一杯。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:福島11月10日・福島放送賞

渡辺師「新潟からトレセンに戻って馬体のチェックを行いましたが、歩様の硬さはレース前と変わりないですし、それ以外も目立った疲れは見られませんでした。今週いっぱい状態を確認させていただき、それでも問題なければ続戦させたいと考えています。ただ、優先出走権を獲れなかった為に、11月10日の福島・福島放送賞に入るかどうか微妙なので、来週の想定を見て除外確実であれば、節を空ける為に一旦牧場へ戻すことも考えています」(10/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~

強い相手に揉まれていく必要があると感じていたも、クラス2戦目での前進を密かに期待していたインペリオアスール。レースでは互角以上のスタートからスッと好位を確保することが出来たのですが、1角を回る時にぎこちない走りで外へ膨れ気味。他馬を怖がっているというよりは左回りに戸惑っていたのでしょう。コーナー毎に減速してしまっており、膨れることで自然と外々を回される形に。4角手前で勢いが怪しくなって、直線では段々と遅れていく格好に。ガス欠になった後は無理に追うのは止めて、最後は流し気味でのゴールとなりました。

終わってみれば脚抜きの良い馬場でそれなりの高速決着。エンパイアメーカーの仔は脚抜きの良い馬場で好印象を持っていましたが、同じ産駒ではインペリオアスールは時計面の限界があってこういう決着は苦手。今の実力をしっかり受け止め、このクラスの厚い壁を感じることになってしまいました。この距離は微妙に長そうですし、コーナーリングの拙さを考えると、ワンターンのダ1400mを近々試してもらいたいです。

レース後のインペリオアスールはクタッとした感じはないも、歩様に硬さが残っている様子。結果は伴いませんでしたが、この馬なりに力を出し切ったので相応の疲れを感じます。中1週で今週の福島競馬への参戦を予定していますが、状態がもう1つなら無理に使う必要はないかなと。使ったことによる更なる疲れ・反動が心配ですから。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ