2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「ソーディヴァイン」の110件の投稿

2017年5月19日 (金)

初めての長距離輸送を無事クリア。今回も強い競馬はしていますが、あと1歩及ばずの3着。レース後に脚元に疲れが出てしまったのは心配で…。★ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)3着(1番人気) 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路で追い切り

好スタートを切るも無理せず、道中は好位の3番手を追走、そのままの態勢で直線に向き追い出されますが、なかなか前との差が詰まらず、最後は外から脚を伸ばしてきた2着馬にも差され、3着でゴールしています。

川田騎手「それほど緩い流れではなかったですし、2番手の馬も結構行きたがっていたので、前を見ながらレースを進めました。道中はスムーズに運べましたし、良い雰囲気で直線に向けたのですが、最後は勝った馬に思った以上に粘られてしまいましたね。また返し馬の時から、今日はいつもよりも少し前捌きが硬い印象を持ちました。もしかするとその分、掴まえ切れなかったところがあったのかもしれません。それでも昇級してからも遜色ない競馬を見せてくれていますし、良い状態を保ってレースに向かえれば、いずれはこのクラスでもチャンスはあると思いますよ」

西村調教師「東京競馬場までの輸送も上手くいきましたし、あとはゲートさえ五分に出てくれれば勝負になると思っていました。好位で上手く脚を溜めながらレースができましたし、最後も手応えは良く見えたので、先行馬を交わしてくれると思っていましたが、このクラスになるとなかなか前が止まらないですね。早い段階で交わしにかかると、ソラを使う馬なので、川田騎手もその点には気を付けて慎重に追い出したのかもしれませんが、準オープンになると早めに仕掛けて行くぐらいの方が丁度良いのかもしれません。体調面がまだ本調子ではないように感じていただけに、それを考えれば良く頑張ってくれたと思います。長距離輸送の後ですし、この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:17日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
・調教内容:軽め調整

西村師「トレセンに戻って状態を確認したところ、レースの反動から右前の球節付近に疲れが見られました。レントゲン検査では骨に異常はありませんでしたが、靭帯の炎症が窺えるようなので、さすがに無理させるわけにはいきませんから、放牧に出してケアしてもらおうと思います。この中間、トモに甘いところがあった経緯がありましたから、その反動で前脚に負担が掛かってしまったのかもしれません。準オープンでもすぐ勝ち負けしてくれる馬ですから、この休養期間にしっかり立て直していい状態で復帰できるようにしたいと思います。17日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての関東圏への長距離輸送、ダート地点でのスタートを心配しましたが、それらの課題を難なくこなしてくれたソーディヴァイン。状態は良い頃と比べると一息だったかと思いますが、レースでは好位の外を手応え十分に追走。最後の直線は交わせそうな勢いでしたが、勝ったシュテルングランツの渋太さが1歩上。また、初めてのダートの実戦で適性の高さを示したリスペクトアースに交わされてしまい今回も3着に。勝ち切れなかったのは残念ですが、強い競馬はしていると思います。

ただ、レース後のソーディヴァインですが、脚抜きの良い馬場で激走した反動が見られます。球節・靭帯に腫れ・熱感がある様子。詳しい症状は分かりませんが、年内に復帰できれば良い方なのかもしれません。

まあ、怪我は付き物なので仕方ありませんが、患部だけでなく、馬体全体のメンテナンスをこの機会にお願いしたいです。もう一つ馬体に芯が入ってくれば、上のクラスを目指せる馬です。少し長引くかもしれない休養期間を有意義なものにして欲しいです。

2017年5月14日 (日)

前走でこのクラスに一応のメドを立てるも、今回は初めての東京戦。長距離輸送など自分との戦いに勝つ必要があって…。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)6枠11番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路で追い切り

西村師「トモの状態は乗り込んでいく毎に良くなってくれたので、7日に坂路で時計を出しましたし、10日の追い切りでは終い重点で行いましたが余力十分でした。動きに関しては言うことありませんが、馬体に皮膚病が少し見られるので、そのあたりが少し気になりますね。飼い葉はしっかり食べていますし、馬体はふっくらとしているので、見映えさえ気にしなければ問題ないと思いますが、内面がまだ完調ではないのかもしれません。前走でクラスの目途は付きましたし、手が合っている川田騎手に引き続き騎乗してもらえるのは強みなので、スタートさえ五分に出れば良い競馬をしてくれると思います」(5/11近況)

助 手 7栗坂良 57.9- 39.8- 25.3- 12.0 馬なり余力 メイクグローリー(三500万)末強目に2.7秒先行0.2秒先着
助 手 10栗坂良 57.1- 40.8- 26.3- 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京8日目(05月14日)
12R BSイレブン賞
サラ ダ1400メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クワドループル 牡5 57 柴田善臣
1 2 ビービーサレンダー 牡4 57 内田博幸
2 3 ワンダーサジェス 牝4 55 武豊
2 4 コスタアレグレ 牡7 57 吉田隼人
3 5 アチーヴ 牡7 57 大野拓弥
3 6 シュテルングランツ 牡6 57 C.ルメール
4 7 ゴールドスーク 牡6 57 四位洋文
4 8 リュクサンブール せ6 57 田中勝春
5 9 トウショウカウント 牡5 57 田辺裕信
5 10 エルフィンコーブ 牝4 55 戸崎圭太
6 11 ソーディヴァイン 牝4 55 川田将雅
6 12 ナンヨーマーク 牡6 57 柴山雄一
7 13 ベック 牡6 57 横山典弘
7 14 ショウナンカサロ 牝5 55 吉田豊
8 15 ヨシオ 牡4 57 木幡巧也
8 16 リスペクトアース 牡4 57 江田照男

○西村師 「ソラを使うのでクラスが上がった方が競馬がしやすいね。前走後は短期放牧に出して、ここを目標に調整。今回は長距離輸送になるけど、それほどイレ込む馬じゃないから問題ないと思うよ。初めてのオールダートの競馬になるから、うまく二の脚がつけばいいけどね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

以前は脆さを出して意外な大敗を喫することがあったソーディヴァインですが、ここにきてだいぶ我慢が利くようになってきています。また、昇級してすぐ3着に好走したようにこのクラスで通用するスピードは持ち合わせています。

その前走後、短期放牧を挟んで臨む今回。追い切り本数は足りていますが、デキ自体はやや良化途上かも。少し前走の疲れが尾を引いた影響かもしれません。今回は底力に期待することに。

また、今回は初めての東京戦。イレ込みは大丈夫そうも、初めての長距離輸送で細くなってしまうかも。牝馬らしい繊細さを持っている馬なので。馬体重の増減・雰囲気を確かめる必要があるでしょう。

レースに関しては、揉まれない位置で前々での競馬。先頭に立つとフワッとするので、脚の使いどころは難しいでしょうが、ラチを頼りにした走りに持ち込んで、粘り込みを図って欲しいです。脚抜きの良い馬場は可もなく不可もなくといった感じ。スピードがより生きてくれれれば。また、東京・ダ1400mはダートからのスタート。ゲートの出はそう速くなく、芝部分での二の脚が利いて、前へ行けているので、この微妙な違いがどう出るか。西村師もこの点は気にされているようですね。

このクラスを勝てる力はありますが、今回は初めての体験が多く、走ってみないと分からない面も。自分との戦いに勝って、これまでのような競馬が出来れば、大崩れすることはないのでしょうが。逆に悪いことが重なってしまうと、よもやの大敗となっても仕方ないかもしれません。

2017年5月 8日 (月)

シルクなお馬さん(4歳牝馬)

Photo_3 タイムレスメロディ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「この中間も周回コースでじっくり乗り込んでいますが、だいぶ活気が戻ってきましたし、走りもしっかりしてきました。飼い葉食いも安定していることで、乗り込んでいても馬体重の増減はありませんし、ここまで順調そのものです。もう少し時間を掛けていけば更に良くなってくるでしょうから、引き続き長めに乗り込みながら良化を促していきたいと思います。馬体重は449キロです」(5/5近況)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3日に坂路で追い切り
・次走予定:東京5月14日・BSイレブン賞

西村師「先週から坂路で時計を出していますが、良い頃の動きからすると少しトモが上手く使えていない感じがしたものの、ひと追いしたことで、3日の追い切りではだいぶピリッとしてきました。今回の追い切りで更に良くなってくると思いますが、念のためにトモのケアを入念に行っておこうと思います。来週は東京までの移動が控えているので、週末にしっかり行って来週に備えるつもりですが、トモの状態次第では、週末は普通キャンターで調整して来週の追い切り1本にするかもしれません」(5/4近況)

助 手 3栗坂良 54.6- 38.8- 25.3- 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

タイムレスメロディはマイペースな調整。じっくり乗ることで馬自体に活気が出てきたのは○。4歳の春を迎えて、幾らかでも馬体がパンとしてくれれば。500万下で停滞している現状を何とか打破したいです。

ソーディヴァインは今週末の東京戦へ。準OPでも通用するスピードを持っている馬ですが、初めての関東圏への長距離輸送、直線の長い東京コースがどう立ちはだかるか。また、現状はやや急仕上げで追い切りの動きも一息。状態がどこまで上がってくるかも注目です。

2017年4月29日 (土)

25日に栗東・西村厩舎へ戻っています。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

・在厩場所:25日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:坂路でキャンター
・次走予定:東京5月14日・BSイレブン賞

西村師「25日の検疫で帰厩いたしました。疲れが出る前に一息入れたこともあって、放牧先ではすぐに乗り出すことが出来ていましたから、いい状態でこちらに戻ってきています。このまま順調に仕上がるようであれば、5月14日の東京・BSイレブン賞を予定したいと思います」(4/26近況)

助 手 27栗坂重 55.8- 40.3- 26.5- 13.3 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で帰厩を示唆されていたソーディヴァインは25日に栗東へ。そして早速27日に坂路で時計をマークと状態は良さそう。その一方で動きは少し重苦しいですが、これから追い切りを重ねていけば素軽さを増してくれるでしょう。

揉まれ弱さは少しずつマシになっているので、直線の長い東京コースでもスンナリ前へ行けるようなら。スピードは十分通用します。あとは初めての長距離輸送をクリアできるかがどうかが、1つポイントになってくるでしょうねえ。

2017年4月21日 (金)

シルクなお馬さん(NFしがらき調整組)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都5月20日・平安S(G3)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「来週の検疫で帰厩する予定ですから、今週からピッチを上げて、ハロン15秒の調教を週に3回に増やしています。じっくり乗り込んだことで、状態もリフレッシュできたと思いますし、毛艶も見映えが良くなり、良い頃の雰囲気に近づいてきました。あとは厩舎で時間を掛けてもらえば、動きが更に良くなってくると思います。鼻出血の影響もなく、順調に乗り込めたので、いい状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は514キロです」(4/21近況)

Photo_3 タイムレスメロディ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

騎乗スタッフ「トレッドミルで運動を行っていましたが、だいぶ状態が上向いてきたことから、今週から周回コースで調教を開始しています。だいぶ活気が戻ってきましたし、馬体もいい具合にフックラしてきているので、このまま徐々に乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は447キロです」(4/21近況)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京5月14日・BSイレブン賞
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「この中間も順調に坂路でハロン15秒の調教を行っています。来週の検疫で帰厩する予定になっているので、週末にビッシリ速いところを行って態勢を整えておこうと思います。いいリフレッシュ期間になったと思います。馬体重は554キロです」(4/21近況)

Photo マンボビート

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路で16秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン16秒の調教を行っています。周回コースでは体全体をしっかり使って走っていますし、以前よりだいぶいいキャンターをするようになりました。まだ具体的な予定は決まっていませんが、このままハロンペースをあげて、動きが良くなったところで相談することになっています。馬体重は476キロです」(4/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトとソーディヴァインは来週の帰厩を予定。それぞれ状態は上がってきていますが、更に上昇を遂げるように攻めの調整を続けています。良い状態で戻れそうなのは何よりです。

タイムレスメロディは今週から乗り運動を開始。じっくり立て直した効果はありそう。これからピッチを上げていって、どのタイミングで帰厩できるか。クラス再編成前にもう1戦できれば良いのですが…。

マンボビートは少しずつ力をつけていっていますが、勝ち負けできるレベルにはまだまだ。次走は芝の短距離を予定していますが、時計勝負に対応できるのかな? 洋芝の北海道に活路を見い出すことも検討してもらえればと思います。

2017年4月17日 (月)

シルクなお馬さん(父キンシャサノキセキ)

Photo パブロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「入場時に比べると、左トモの歩様はだいぶよくなってきたので、トレッドミルで軽めの運動を始めました。ただ、右前脚の腫れ・熱感はまだ残っているので、もう少しトレッドミルの運動だけで様子を見たいと思います。馬体重は461キロです」(4/14近況)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京5月14日・BSイレブン賞
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「放牧後は軽めのメニューで様子を見ていましたが、特に状態は変わりありませんでした。先週末から周回コースで乗り出しを開始しましたが、その後も変わりなかったことから、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。良い頃の状態と比較すると一歩手前かもしれませんが、このまま乗り込んでいけば良くなってくると思います。西村調教師と次走について相談したところ、5月14日の東京・BSイレブン賞に向けて進めていくことになりました。月末に帰厩する予定になりましたので、このままピッチを上げていきたいと思います。馬体重は540キロです」(4/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの違和感はだいぶ和らいだようですが、右前脚の繋靭帯に腫れ・熱感が残るパブロ。ひとまず軽めの調整に止めて、様子を見ていくしかありません。入念なケアをお願いします。

ソーディヴァインは来月14日の東京・BSイレブン賞を予定。初めての東京コース・長距離輸送が今から心配ですが、これをしっかり克服できれば、先々への展望が広がります。月末の帰厩日まで乗り込みを強化していって欲しいです。

2017年4月 7日 (金)

クラスが上がってもスピードは十分通用。揉まれ強くなれば、クラス突破が見えてきそう。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜阪神12R 鳴門S(ダ1400m)3着(3番人気) 川田J

モッサリしたスタートでしたが、二の脚を活かし2番手でレースを運びます。道中の手応えも良く、追い出しをギリギリまで我慢し、残り200m手前あたりから追っ付けていきましたが、ジリジリとしか脚を伸ばせず、3着でゴールしています。

川田騎手「中1週の競馬とあって、苦しさからゲートの中で嫌々していた分、ゲートの出がモッサリでした。ただ、以前と違ってゲートが怖くて出遅れているわけではなく、精神的な疲れが影響していたと思うので、いい状態でレースに臨めば前走のように上手くスタートを決めてくれると思います。道中は前走ほどの手応えではありませんでしたが、外からプレッシャーを掛けられても、以前のように大きくバテることはなかったですし、最後までよく辛抱してくれたと思います。勝ち馬が逃げ切っているように、先行馬有利の流れでしたから、結果的にもう少し早く仕掛けて行けば良かったのかもしれません。抜け出すとソラを使ってしまうので、じっくり追い出して行きましたが、このクラスなら余程流れが速くならない限り、早めに仕掛けて行くぐらいの方が良いかもしれませんね」

西村調教師「中1週でしたから、どれだけテンションが上がるか心配していましたが、競馬場に到着した後も変わりなく、パドックでも落ち着いて周回してくれました。地下馬道でテンションが上がり気味になってしまったものの、返し馬はスッと入っていけましたから、競馬に向かうまで上手くいったと思います。前走のようにスッとゲートを出ることができませんでしたが、駐立はだいぶ辛抱できるようになり、物怖じしなくなってきているように感じます。流れがそこまで速くなかったので、もう少し早く仕掛けていくのが良かったのかもしれませんが、抜け出すとソラを使ってしまいますから、こればかりは仕方ありません。このクラスでも通用することが分かりましたし、良い状態でレースに臨めばすぐチャンスがあるでしょう。トレセンで状態を確認した後は、リフレッシュを兼ねて一息入れるつもりです」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

昇級戦でも2番手につけてスムーズな競馬ができた。追い比べでひと踏ん張りを欠いたが、クラスには十分メドが立った。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:4日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

西村師「レース後も状態は変わりありませんでしたが、これまでの疲れを取る為に一息入れることにしました。疲れが出る前に一息入れてあげれば、そこまで間隔を空けなくても済むと思います。次走に関しては放牧先での状態を確認したうえで検討したいと考えています。4日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」(4/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昇級戦で3着なら上出来ですが、直線で追い出すのを敢えて待ったのがちょっと勿体なかったかと。追い出しを待っても、スパッと切れることはなかったので、それなら早めに並びかけにいって渋太さ比べに持ち込みたかったです。まあ、これはタラレバなので、次走への教訓にしてもらえればと思います。

また、道中は揉まれ弱さを知っている福永J騎乗のダノンフェイスからプレッシャーを与えられる形での追走。手応えをなくして失速するシーンが頭をかすめるも、完全に外から被せられる形でなかったのが良かったのか、ソーディヴァインも直線でそれなりに脚を使っています。今後、更に揉まれ強くなってくれれば、準クラス突破が見えてきます。また、スピードがあるので、ダ1200mでも面白そう。出来れば早いタイミングで距離を試して欲しいです。

レース後のソーディヴァインは早々にNFしがらきへ。レースで少し苦しいところを見せていたので、まずはしっかりリフレッシュを。出来れば、クラス再編成前にもう1度使えればと思いますが、時期的にちょっと微妙かな?

1000万下でちょっと壁を感じることがありましたが、それを乗り越えてくれたソーディヴァイン。今後も大敗を喫することもあるでしょうが、それも糧にして、地力をつけていってもらえればと思います。

2017年4月 2日 (日)

準OPでの第1戦。好走条件が噛み合えば通用しても不思議ではないも、脆さも残るので、まずは現段階でどこまで能力が通じるか。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜阪神12R 4歳上1000万下(ダ1400m)4枠8番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路で追い切り

西村師「前走から中1週での出走となるので、29日の追い切りは坂路で感触を確かめる程度で行いました。引き続き状態は変わりありませんし、動きに関しては前走以上の手応えですから、あとは準オープンの相手にどこまで対応してくれるかだと思います。前走のように自分の競馬に徹して、最後まで競り合う形になればしぶとい馬ですし、昇級初戦ではありますが、強い相手と戦う方がこれまでのレース内容を考えても競馬はし易くなると思います」(3/30近況)

調教師 29栗坂良 56.6- 39.4- 25.5- 12.6 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神4日目(04月02日)
12R 鳴門S
サラ ダ1400メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ナンヨーカノン 牝7 55 浜中俊
1 2 チェリーサマー 牡5 57 松山弘平
2 3 メイショウアイアン 牡7 57 鮫島克駿
2 4 ヒロブレイブ 牡4 57 内田博幸
3 5 コパノチャーリー 牡5 57 藤岡佑介
3 6 カネトシビバーチェ 牝6 55 岩田康誠
4 7 スズカシャーマン 牝6 55 横山典弘
4 8 ソーディヴァイン 牝4 55 川田将雅
5 9 ダノンフェイス 牡4 57 福永祐一
5 10 ビナイーグル 牡4 57 和田竜二
6 11 イクラトロ 牡6 57 中谷雄太
6 12 ヨシオ 牡4 57 川又賢治
7 13 アチーヴ 牡7 57 四位洋文
7 14 ロードフォワード 牡6 57 M.デムーロ
8 15 プレスティージオ 牡4 57 C.ルメール
8 16 ペプチドウォヘッド 牡5 57 富田暁

○西村師 「スピードはかなりあるし、ソラを使うので、クラスが上がった方がレースがしやすいと思う。前走でも外の馬を見たらもう一度伸びたからね。根性もあるよ。今はスタートが良くなったし、精神面でも成長している。昇級でも楽しみだね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

揉まれ弱さへの改善が見られないので、1000万下を突破するのはもう少し時間が掛かるかなとも見ていましたが、待望の外枠+そんなに速くない流れ+川田Jの好騎乗と条件が重なった前走。直線で抜け出してからソラを使い、外から交わされそうになるも、ソーディヴァインには珍しく、そこから差し返す根性を発揮。再度先頭に立つと、後続の追撃を凌ぎ切っての3勝目。能力を出せば十分通用するということを証明してくれました。

その前走から中1週での昇級戦。スピードはここでも通用すると思いますし、直線で先頭に立つとソラを使うように余裕を感じさせる走り。クラスが上がった方が走りやすいというのは私も合っているかなと思います。

また、相手関係を見ると、先行馬に有利な流れになりそうな組み合わせ。おそらくコパノチャーリーがハナへ行くでしょうが、前走ぐらいのスタートを切ってくれれば、その外へ付けることは可能でしょう。あとは外から被せられないように注意しながら進めてもらえれば。まあ、この辺りは川田Jに任せておけば大丈夫でしょう。

前走のように全てが噛み合えば、昇級戦でも馬券に絡む以上の走り・結果は期待できます。ただ、前走で根性を見せてくれたとはいえ、揉まれ弱さは解消できていません。目標にされ、早めに潰しに来られたりすると、直線で失速しての大敗も。

まあ、これから更に強い相手と競馬をしていくことになるので、大敗してもそれが今後の良い経験・糧となっていってくれればと思います。まずはどこまで能力が通用するか。

2017年3月24日 (金)

揉まれない競馬で実力を発揮。最後の直線は内から渋太く伸びて後続の追撃を封じての3勝目。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜阪神12R 4歳上1000万下(ダ1400m)優勝(3番人気) 川田J

抜群のスタートを決めると、先行馬を見ながら2番手を追走。勝負どころも手応え良く立ち回り、直線に入って満を持して追い出しにかかると、ソラを使って外の馬に一旦は抜け出されるものの、ゴール手前でもう一度差し返して、待望の3勝目を挙げています。

川田騎手「リフレッシュの効果でしょうか、これまでにないぐらいの好スタートでした。道中の手応えは抜群でしたし、折り合いを欠いて行きたがっていたわけではなく、もっと走りたいという気持ちの方が強く感じましたよ。追い出しにかかり、先頭に立つとソラを使って反応が鈍くなりかけましたが、外の馬が来るともう一度やる気を出して脚を伸ばしてくれました。これまではゲートの出がひと息だったために、追っ付けながら位置を取りに行っていましたが、今回のようにスッとスタートが決まれば相手なりに走ってくれる馬ですから、上のクラスでも良い競馬をしてくれると思います」

西村調教師「一息入れたことで体調が良くなり、見映えが良くなっていました。揉まれると良くないのは川田騎手も分かってくれているので、丁度良いポジションでレースを運んでくれました。4コーナーに差し掛かるまで手応え抜群でしたから、そのまま押し切ってくれないかと思っていましたが、やはり先頭に立つとソラを使ってしまいますね。スピードが鈍る前に外から来てくれたことで、もう一度やる気を見せてくれましたし、今回のような接戦の方が最後まで力を出し切ってくれますから、上のクラスでも頑張ってくれると思います。休養明け初戦でしっかり勝ち上がってくれましたし、このまま続戦させたいと思いますが、トレセンに戻って状態をしっかり確認してから、今後の予定を検討したいと思っています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。揉まれぬ2番手でスムーズな競馬。4角は楽な感じで前に並びかけ、直線はスッと抜け出す。最後は際どく詰め寄られたものの、何とか押し切った。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整
・次走予定:阪神4月2日・鳴門S(川田J)

西村師「毛艶が良く、体調面がとてもしっかりしていたので、これなら休養明けから力を出してくれると思っていましたが、ゴール手前まで競り合う形になったのも良かったですね。相手が強くなれば強くなるほど、集中力を切らさずに走ってくれるでしょうし、準オープンに昇級しても良い競馬をしてくれると思います。レースの疲れは見られませんし、状態も変わりないので、4月2日の阪神・鳴門Sに向かいたいと思います。川田騎手から次走も騎乗したいとオファーがありましたので、引き続きお願いしています」(3/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ2走は揉まれ弱さを見せ、結果を残せなかったソーディヴァイン。今回、待望の外枠を引き当て、改めてどこまでやれるか注目していましたが、抜群のスタートからスッと先行策。レースの流れも速くならなかったことが功を奏し、4角を回ってくるときは手応え上々。

ただ、直線で先頭に立つと、ややモタモタし、2着馬が外から捉えられそうな時には沈みそうな印象も。しかし、余力があったのか、最後の急坂で内から再加速。差し返してからは抜かせずにゴールへ駆け抜けてくれました。

力を出し切れば通用するものを持っている馬ですが、ここで勝ってくれたのはちょっとビックリ。日曜日は3鞍とも川田Jが乗ってくれたのですが、どのレースも完璧な立ち回り。鞍上の手腕に大いに助けてもらいました。

レース後のソーディヴァインは特に変わりなし。早速来週の阪神・鳴門Sで腕試しとなります。枠順・展開に注文は付きますが、良いスピードはあるので、自分の競馬が出来れば、そこそこ通用する筈。そしていずれはOPへ辿り着いてもらいたいです。

2017年3月19日 (日)

今回は待望の外枠をゲット。本来の好位から押し切る競馬で改めてどこまで通用するかを見てみたい。☆ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜阪神12R 4歳上1000万下(ダ1400m)6枠12番 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日に坂路で追い切り

助手「15日に坂路で追い切りました。中間の時間帯で行いましたが、全体・終いの時計ともに言うことありませんでした。気候が温かくなってきたことで、毛艶・体調が上向いてきましたし、傷腫れの症状もここ最近は見られなくなりました。前走は少し消極的なレースになってしまいましたから、改めてこの馬本来の好位から押し切るレースを期待したいですね。手が合っている川田騎手に戻るのも好材料ですから、休養明け初戦から頑張ってほしいところです」(3/16近況)

助 手 15栗坂良 52.1- 37.5- 24.4- 12.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神8日目 (03月19日)
12R 4歳上1000万下
サラ ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リバータイキ 牡8 54 藤田菜七子
1 2 カラパナビーチ 牡5 57 北村友一
2 3 レッドヴェルサス 牡4 57 C.ルメール
2 4 ルイカズマ 牡6 57 藤岡康太
3 5 メイショウタラチネ 牝5 54 小崎綾也
3 6 エイシンビジョン 牡4 57 岩田康誠
4 7 ハラペーニョペパー 牝5 55 松山弘平
4 8 アグネッタ 牝4 55 吉田隼人
5 9 アバンサル せ6 57 国分恭介
5 10 ヤマニンメンヒル 牡8 57 川須栄彦
6 11 キングライオン 牡4 55 坂井瑠星
6 12 ソーディヴァイン 牝4 55 川田将雅
7 13 タマモユウトウセイ 牡6 57 池添謙一
7 14 ウォーシップマーチ 牡7 57 小牧太
8 15 ペプチドアルマ 牡5 57 畑端省吾
8 16 ネオアトラクション 牡5 57 福永祐一

○西村師 「前走は結果こそ出なかったが、揉まれる形で運んだのはいい経験になったと思う。その後はリフレッシュして、いい状態で帰厩。中間の動きも悪くない。3走前はソラを使いながら2着に来ているように、このクラスでは能力上位。緒戦から期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1000万下でいきなり2着に来た時は、このクラス卒業は時間の問題で、更に上のクラスを目指していけそうな手応えでしたが、その後の2戦が期待を裏切る内容。以前から懸念している揉まれ弱さがモロに出た感じ。このクラスで通用するスピードを持ち合わせている反面、好走するには枠・展開に恵まれる必要があります。また、喉の手術をしているように、乾燥しやすい冬場はあまり良くないのでしょう。

NFしがらきで立て直されたことで、活気が戻ってきたソーディヴァイン。絶好調の動きではないですが、それなりの時計は出ています。力は出せるデキにはあるでしょう。

今回も多頭数の競馬になりますが、待望の外枠を引き当てました。隣のタマモユウトウセイは同型ですが、それ以外の外枠の馬は追い込みタイプ。おそらく揉まれ込まずに競馬を進めることは出来るでしょう。あとは流れが少しでも落ち着いてくれれば。

先々を睨むと、揉まれ弱さ対策を講じて欲しいところですが、この馬らしい競馬が出来る条件は整っているので、改めてどこまでやれるかを今回見極めたいです。結果が伴わなければ、馬具の工夫・脚質転換に取り組んでいってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ