2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「ロードクエスト」の116件の投稿

2017年5月19日 (金)

12日に美浦・小島茂厩舎へ帰厩しています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

2017.05.18
5月18日(木)良の美浦・坂路コースで1本目に54.1-40.6-27.4-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

≪調教時計≫
17.05.18 助手 美南坂良1回 54.1 40.6 27.4 14.1 馬なり余力

2017.05.17
美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小島調教師 「帰厩後も変わった様子は無し。相変わらずヤンチャな面を残しますが、半年の休養を経て身体がしっかりしましたね。入念に乗り込みを重ねた上で、あくまでも状態に応じて目標を決める方針。従って、安田記念(G1)への参戦は全く考えていません」

2017.05.16
5月12日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「移動へ向けた最終的な確認を兼ねて5月9日(火)も15-15を行なう格好。前回同様に難無く対応できていましたよ。順調に良化を辿っている状況を踏まえ、12日(金)にトレセンへ出発。トップレベルの舞台で改めて頑張って欲しいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で帰厩が近いことは分かっていましたが、半弟よりも一足先に厩舎に入ったロードクエスト。すぐに坂路で時計を出しているので、蹄は問題なく、体調自体も良いのでしょう。

今後の予定については、もう少し乗り込みを進めてから検討するとのことですが、安田記念には行かないとのこと。まあ、普通に考えれば、7月23日の中京記念か福島テレビOPが有力なのかなと思います。

春競馬は棒に振ってしまいましたが、重賞・OPで結果を出して、秋の大舞台に戻ってきて欲しいです。

2017年5月11日 (木)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「先週末にハロン15秒のラップを刻みました。息遣いにこそ休養明けらしい部分を覚えたとは言え、本馬にとってはこのぐらいは楽々と言った様子ですね。5月8日(月)に小島厩舎の担当スタッフが来場。5月中旬の帰厩プランが浮上していますよ」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は515キロ。

○当地スタッフ 「緩み過ぎない程度に乗っていますが、馬自身の内面が休んでいる感じに。気が抜けて来たと同時にトモの疲れがより鮮明になって来ました。計画に沿って先週末に2回目のショックウェーブを実施。今後もケアを施しつつ状態アップを叶えたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近日中にペースアップを図ると言われていたクエストですが、早速ハロン15秒台の調教を敢行。そう慌てる必要はないかと思いますが、動きは良好。このあたりはさすがです。次走についてはまだ分かりませんが、早ければ来週中に帰厩となりそうです。

ヴァンドールは軽めに乗ってはいますが、連戦の疲れが抜け切っていない様子。昆調教師と相談しながら、適切な治療を行っていって欲しいです。焦らずじっくり立て直していきましょう。

2017年5月 6日 (土)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに20-20を消化できています。相変わらず脚元に悪い兆候は認められないだけに、近日中にペースアップを図りましょう。これまで通りに無理は避ける考え。ただ、馬自身の雰囲気や跨った感触を見る限りはドンドン進められそうです」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「順当にダメージが取り除けている様子。ここに来てハロン20秒のキャンターを交えています。次のステップへ移ってから気になるポイントは浮かんでいないだけに、様子を窺いつつ更に先の段階を見据えたいです。飼い葉についても心配要りません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄のトラブルで春競馬に間に合わなくなってしまったクエストですが、4月から騎乗運動を再開。ひとまず無理のないペースで慎重に進められていますが、着実に良化を遂げている印象。あとはどのタイミングでペースを上げていくかです。

ヴァンドールは少しクタッとしてしまいましたが、楽をさせて疲れは徐々に解消へ。脚元に疲れ・反動は出ていないだけに体調・馬体が戻ってくれば、ペースアップは可能でしょう。ただ、復帰戦はもう少し先を予定しているようなので、意識的にゆっくり進めてもらえればと思います。

2017年4月28日 (金)

ロードなお馬さん(4歳・千葉ケイアイファーム組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「日によって後半の4ハロンを目安にハロン20秒まで速める場合も。引き続き、問題は浮上していません。動きそのものに目を移すと、休んでいた分の緩さや硬さが段々と取れて来た感触。この先も慎重に様子を確かめながらメニューを組み立てます」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング3600m。

○当地スタッフ 「ショックウェーブ治療を済ませた後は2日間ほど楽をさせ、再び人間を背に迎えました。適度に気持ちが入っており、週を追う毎に身体も回復。この分ならば進められるでしょう。昆調教師のアドバイスを参考に、少しずつペースを上げて行きます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは脚慣らし程度の乗り込みですが、問題なく消化。この感じだと、スムーズにペースアップは叶っていくでしょうが、まずはしっかり土台を築くことが大事。今しばらくは我慢の調整を。

ヴァンドールは適切な処置+休養を挟んで、ダメージの回復が進みました。ただ、再始動は夏の後半から秋競馬だと思うので、昆調教師と連携を取ってコツコツ鍛えていって欲しいです。また、精神面もこの機会に大人へと変貌を遂げてもらいたいです。

2017年4月20日 (木)

ロードなお馬さん(関東馬・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「キャンターに移ってからも悪い変化は無し。右前脚の蹄が更に伸びるのを待つと共に、徐々に身体を作ろうと思います。ここまでの経緯を踏まえると、安田記念(G1)を目指すのはなかなか難しい状況。馬自身の具合に応じて慌てずに進めましょう」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「4月14日(金)に5ハロンから15-15を行ないました。大幅にウェイトが増えた分の影響に加えて単走だった部分もあり、幾らか動きが鈍かった印象。次は併せ馬で攻めましょう。ここまでは順調そのもの。本数をこなすに連れて上向くはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは無難に乗り進めていますが、右前脚の蹄が万全じゃないのと、休んでいた期間が長いので、慎重なスタンス。やはり安田記念に間に合わすのは難しそう。この感じだと、夏の関屋記念あたりが目標になってくるのかなと思います。

セレリティは重めの造りということで動きはモッサリしていたようですが、15-15の調教へ。状態に関しては何ら不安はありません。この感じだと、クラス再編成前に準OPでもう1戦出来るでしょう。

2017年4月16日 (日)

ロードなお馬さん(4歳・関東馬)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1800m。4月6日(木)測定の馬体重は484キロ。

○当地スタッフ 「先週半ばよりダートへ通い始めるように。トレーニングの内容そのものは大きく変わっていませんが、広いコースの方が明らかに走り易い様子。以前よりしっかりと駆けています。また、4月9日(日)に装蹄を実施。順調な回復が確認されました」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。4月6日(木)測定の馬体重は519キロ。

○当地スタッフ 「体重が減り易い面を最初は心配していましたが、週を追う毎にボリュームアップが叶っている状況。更にプラスの数字を記録しています。身体に余裕が出て来た他、背中に張りも認められません。もう一歩踏み込んだメニューを視野に入れましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

角馬場での乗り運動からダートでの調教と1歩前進したクエスト。負荷はまだまだ軽いですが、蹄は順調に回復しているので5月になれば速いところへと踏み出せるでしょう。ただ、安田記念に間に合わせるのはちょっと厳しいのかな?

セレリティは順調に馬体回復。ただ、帰厩して追い切りを始めると、減るのが早そうなので、牧場では意識的にもっとフックラ作ってもらえればと思います。また、馬体のケアもしっかりお願いしたいです。

2017年4月 7日 (金)

当初の予定通り、4月から騎乗運動を再開しています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m+ハッキング600m。

○当地スタッフ 「計画に沿って人間を背に迎えており、角馬場でハッキングを行なっている段階です。久々だったこともあり、最初の2日間は元気一杯にはしゃいでいたものの、週が明けてからは落ち着いた態度。立ち上げ段階としては合格でしょう。慎重に進めます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄を痛めてしまい、春の予定が狂ってしまったロードクエスト。ただ、回復に専念してジワジワ復調。獣医師の診断に基き、4月から騎乗運動を開始しています。

当面は慎重に進める必要があるでしょうが、軌道に乗れば仕上がり早なタイプ。順調なら安田記念に間に合うかと思います。ダメならサマーマイルシリーズに目標を切り替えてもらえれば。昨秋は尻すぼみの成績に終わったので、この馬本来の末脚を何とか取り戻してもらいたいです。

2017年4月 3日 (月)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン90~120分。

○当地スタッフ 「ここ最近は運動時間を更に延長。午前、午後、夕方の3回に分けてじっくりと歩かせています。3月26日(日)に装蹄師が来場し、不安が生じた箇所の治り具合をチェック。4月から乗り始めて様子を見ましょう・・・とのゴーサインが示されました」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「徐々にペースを速め、先週末より普通キャンターを始めました。埒に頼ることが可能な右回りは割とスムーズ。でも、事前に聞いていた通りに左回りの場合は若干外へ張る特徴が認められます。人間が上手くカバーしながら乗り進めて行きましょう」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「3月24日(金)に半マイルから15-15を行ないました。馬なりでサラッと走らせる形。ペースアップを図った後も喉の具合に違和感を覚えないのは何よりでしょう。同様のパターンを繰り返し、態勢を整える方針。少しずつ素軽さも増すはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

乗り運動を控えているクエストですが、その分ウォーキングマシンでの運動を豊富に。思っていたより怪我の影響が出てしまいましたが、4月からの騎乗運動再開にはGOサインをもらっています。これから1つ1つ段階を踏んでいってもらえれば。

セレリティは普通キャンターで運動を再開。左回りだとやはりスムーズさを欠くようですが、チークピーシズを着けたらどこまで改善できるかを試しておいて欲しいところ。

プレミアムは実戦を想定した調教を取り入れ、喉の具合等を確認。これぐらいの調教でも特に問題はない様子。あとは厩舎へ戻って、追い切りを掛けた時にどう影響があるかでしょう。

2017年3月27日 (月)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン75分。

○当地スタッフ 「馬房とマシンを往復する生活パターンに変更は無し。ただ、今までは右前脚の痛めた箇所に熱を持つ場合が多々あったものの、この1週間は全く感じられませんでした。明らかなプラスの兆候。蹄も順調に伸びており、既に知覚部を越えていますよ」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「お預かりした後も変わった様子は認められず、脚元にも不安は生じていません。ただ、レースを使いながら馬体重が減少。細くは見えないものの、お釣りが無い状態でしょう。減った分をまずは戻す方針。様子を窺いながらメニューに手を加えます」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「馬格に恵まれたタイプで、ダクやハッキングの際の動きが緩慢。でも、普通キャンターではしっかり動けているだけに、問題視するような部分とは違うでしょう。日に日にコンディションが上向いており、そろそろ15-15を取り入れられると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは患部に関しては落ち着いた状態。ただ、3月いっぱいは楽させる方針です。まあ、元々仕上がり早な馬なので、何とか安田記念に間に合えば。

セレリティはレースを使ったばかりなので軽めの調整。まずは減りつつあった馬体重をしっかり戻ることが先決です。焦らずにゆっくり立て直していってほしいです。

プレミアムはこの馬なりに順調。馬体を持て余し気味なのは速いところをやり出せば変わるでしょう。あとは喉の手術をした効果が大きいことを願うばかりです。

2017年3月14日 (火)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン75分。

○当地スタッフ 「3月12日(日)の装蹄師によるチェックで良好な経過を確認。一般的には動かせる状況に到達しました。ただ、重賞勝ち馬で煩い面を覗かせるタイプ。念には念を押して、3月下旬の次の装蹄まではウォーキングマシン内の運動を継続する方針です」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ハロン17、18秒までペースアップを果たしました。引き続き、息遣いに違和感を覚えない状態。普通の馬と全く変わらないでしょう。十分な覇気が漂っているものの、北海道ではビシビシ乗っていませんからね。今しばらくは鍛える時間が必要です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

不安を発症していた蹄は良好な回復。一般的にはもう動かして大丈夫みたいですが、煩い面が残るクエストはもう少しの間、慎重を期す予定。また、馬房で暴れたりしないように気を配ってもらいたいです。

プレミアムは普通キャンターを乗り込み中。今のところ息遣いは問題なさそう。手術の効果が窺えるのは何よりです。ただ、馬体は大きく緩んでいるでしょうから、しばらくの間は丹念に乗り続けて欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ