2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードクエスト」の261件の投稿

2020年3月27日 (金)

ロードなお馬さん(7歳馬)

Photo_6 ロードクエスト

3月24日(火)良の美浦・坂路コースで2本目に58.5-43.4-29.0-14.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、3月25日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン68.9-54.2-40.8-13.4 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して同時入線。短評は「変わりなく順調」でした。4月4日(土)阪神・コーラルS(L)・国際・ダ1400mに岩田望来騎手で予定しています。

○小島調教師 「3月25日(水)は折り合いを意識し、前に目標を置いて我慢させる形。直線でスーッと抜け出しました。身体については問題無いだけに、あとは本番までに心肺機能の向上を叶えたいところ。2年目でも乗れている岩田望来騎手とのコンビで臨みます」

≪調教時計≫
20.03.24 助手 美南坂良2回 58.5 43.4 29.0 14.5 馬なり余力
20.03.25 調教師 美南W良 68.9 54.2 40.8 13.4 馬なり余力 ルックスマート(古馬2勝)馬なりの内0秒6追走同入

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「3月18日(水)にトレーニングをスタート。角馬場で軽く乗った際に気になる点は浮かばず、23日(月)よりトラックでハロン20秒程度のキャンターを消化しています。煩いぐらいに元気一杯な印象。具合を探りつつ、段々と負荷を高めたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは馬なりながら丹念に時計をマーク。昨年のスワンS後、しっかり休ませましたし、暖かくなってきたことで硬さは軽減されてきていると思います。未定だった鞍上は岩田望Jに決定。ちょっと意外な選択でしたが、今年は乗れているので、クエストの差し脚を上手に引き出してもらえればと思います。

プレミアムはこの中間から乗り運動を開始。角馬場で感触を確かめた後、ダートでの走りを確認しています。レース後は疲れが生じていて、次走まで少し時間が掛かるという調教師の判断でしたが、この雰囲気から早めに戻せるかも。中山開催が行われている間に使って欲しいです。

2020年3月22日 (日)

ロードなお馬さん(7歳馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「斎藤調教師よりレース後の状態に関する説明を受けてバトンタッチ。ひとまずは脚元等に問題は認められず、見た目にはそこまでのダメージも感じられません。もうしばらくの間は楽をさせる方針。細かな部分については跨ってから分かると思います」

Photo_6 ロードクエスト

3月19日(木)良の美浦・坂路コースで1本目に50.9-37.8-25.0-12.7 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を1秒2追走して0秒4先着。短評は「坂路コースで入念」でした。4月4日(土)阪神・コーラルS(L)・国際・ダ1400mに予定しています。

○小島調教師 「3月19日(木)は引っ掛かってこそいませんが、途中から力んでアンバランスなフットワーク。トモをしっかりと使った走りが最後まで持続すれば尚良いと思います。ジョッキーに関しては思案中。今回は栗東へ滞在せず、こちらで作り込む予定です」

≪調教時計≫
20.03.19 助手 美南坂良1回 50.9 37.8 25.0 12.7 末強目追う アウトライアーズ(古馬オープン)馬なりを1秒2追走0秒4先着

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは千葉へ戻って来て約1週間。脚元等に悪い変化は見受けられませんが、ウォーキングマシンのみの運動で回復を優先中。楽をさせ過ぎると春の中山開催に間に合わなくなってくるかも。成績は上がっていないも、東京開催での出走も視野に入れているのかな?

クエストは順調に時計を出し始めていますが、力みが目立ってアンバランスな時計に。トモの入りも一息な感じ。今のところ坂路だけで追い切っているという影響があるのかもしれません。まあ、調整自体は順調だと思うので、本数を重ねていって走りのバランスを整えてもらえればと思います。ダートの適性に関しては実戦へ行ってみないと未知な部分が多いかなと見ています。

2020年3月13日 (金)

7歳にしてダートの可能性を探ることに。来月4日の阪神・コーラルSへの出走を予定します。☆ロードクエスト

201905_20200313045001

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

2020.03.11
3月10日(火)良の美浦・坂路コースで1本目に66.8-48.0-30.9-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。現在は美浦トレセンで厩舎周辺等の歩行運動を消化。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月4日(土)阪神・コーラルS(L)・国際・ダ1400mに予定しています。

○小島調教師 「先週末に戻っており、3月10日(火)に15-15を消化。同日に整体治療を施し、現在は歩行運動とプール調教のみです。次開催の阪神に組まれるコーラルS(L)へ向けて仕上げを進める方針。新たな可能性を探る為にダートレースを試そうと思います」

≪調教時計≫
20.03.10 助手 美南坂良1回 66.8 48.0 30.9 14.9 馬なり余力

2020.03.10
3月6日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。3月5日(木)測定の馬体重は504キロ。

○当地スタッフ 「3月3日(火)にハロン15秒ペースを消化。ラストの1週間も計画に沿って調教メニューをこなし、6日(金)にトレセンへ向かいました。こちらを離れる直前が504キロの数値。適度に余裕の感じられる馬体でバトンタッチが叶ったと思います」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連覇を狙ったスワンSで不発に終わった後、千葉・ケイアイファームでじっくり立て直してきたロードクエスト。先週の予告どおり6日に美浦・小島茂厩舎へ帰厩。10日に坂路でサラッと時計を出し、整体治療や歩行運動などから現在の状態をチェックしています。

ただ、目標(次走)が分かりにくいタイミングでの帰厩だったので、どこを目指しているのかなと思っていたら、このタイミングでダートの適性を図ることに。来月4日の阪神・コーラルS(L)への出走を目指して調整を進めて行くことになりました。

攻め駆けしますし、岩手で活躍した母マツリダワルツは芝だけでなくダートでも勿論勝ち鞍があります。闘争心のある馬なので砂を被っても嫌がったりしないでしょうし。個人的にはもう少し早い時期に試しておいて欲しかったなあというのが率直なところですが、ダートで可能性が広がってもらいたいです。

2020年3月 9日 (月)

6日に美浦・小島茂厩舎へ帰厩しています。☆ロードクエスト

201910_20200307101001

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。3月6日(金)に美浦トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「2月25日(火)に15-15を行なった際も終始スムーズな走り。十分な休養を経て狙い通りの充電が図れており、普段から活気に満ち溢れています。3月6日(金)にこちらを離れるスケジュールが決定。最後まで気を引き締めて送り出すのみです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年が明けてからも丹念に普通キャンターを乗り込み、約1ヶ月前からピッチを上げてきたロードクエスト。この馬らしい活気が出てきている様子。その後も問題なく調教をこなすことが出来ていれば、6日に美浦・小島茂厩舎へ帰厩しているかと思います。

次走に関しては特に情報はないですが、帰厩時期から推測すると、昨年も出走した中山・ダービー卿CTあたりになるのかなと思います。鞍上はM.デムーロJor三浦Jでしょうか。7歳になってしまいましたが、活力は漲っているので、ロードヴァンドールのようにアッサリ引退するのではなく、少しでも長く現役を全うしてもらいたいです。

2020年2月29日 (土)

ロードなお馬さん(7歳馬)

Photo_6 ロードプレミアム

2月26日(水)重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.6-52.8-38.7-12.5 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒6先行して0秒4先着。短評は「手応え十分」でした。3月8日(日)中山・4歳上2勝クラス・混合・芝1600mに石川裕紀人騎手で予定しています。

○斎藤調教師 「2月26日(水)は長目から走らせ、終いに幾らか気合いを付ける形。いつも真面目な姿勢でトレーニングに励んでおり、高いレベルでコンディションは安定しています。このリズムで本番へ向かえば大丈夫。今回は石川騎手と初コンビを組みましょう」

≪調教時計≫
20.02.26 助手 美南W重 67.6 52.8 38.7 12.5 馬なり余力 シャンデリアムーン(古馬3勝)一杯の外0秒6先行0秒4先着

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月21日(金)もハロン15秒ペースをこなす格好。乗り込むに連れて背腰が幾らか硬くなって来ただけに、22日(土)に消炎剤を用いたケアを済ませました。来週か再来週にはトレセンへ戻る可能性が高そう。しっかりと具合を整えておきましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の中山マイル戦を予定しているプレミアム。攻めは動く方ですが、帰厩後は早くから上々の時計&動きを見せてくれています。リフレッシュの効果は十分と言えますが、どのくらいの馬体重で出走できるかが1つポイントに。牧場時は540キロ台まで増えていたので、長目から追い切りを行ったりして、当日までにどこまで引き締めることが出来るのかなあ…。また、次走では石川Jを新たに鞍上に迎えることに。乗りやすい馬ですが、最終追いに跨って1度感触を掴んでおいてもらいたいです。

クエストは早ければ来週にも美浦へ。定期的に速いところも乗れているようですし、状態はグングン上がってきている様子。ただ、しっかり負荷を掛けている分、背腰が張り気味なので、これからはオーバーワークを避けて状態維持に努めてもらえればと思います。元々仕上がり早な馬ですし、あとは厩舎に任せてもらえれば。

2020年2月25日 (火)

ロードなお馬さん(5歳上・牧場組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月14日(金)に15-15を消化。長目からでも最後まで余裕を持って駆け、翌日以降にダメージも生じていません。コンディションは良さそう。小島調教師とは定期的に意見交換を行なっており、今のところは3月上旬の帰厩が検討されています」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「引き続き、入念に18-18を繰り返すパターン。蓄積していた疲労は完全に取り除けている様子で、ペースアップが可能でしょう。馬自身のコンディションも上々なだけに、そろそろ美浦トレセンへの移動を検討できそう。厩舎サイドの指示を仰ぎます」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「計画に沿ってハロン17、18秒ペースのキャンターをこなしていす。少し前に松下調教師と話し合った結果、来週か再来週に栗東トレセンへ向かうことに。大まかなスケジュールが決まっただけに、帰厩へ向けた最終的な仕上げに取り掛かりましょう」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「気持ちが入り過ぎないように角馬場と広いダートコースを併用。この中間も飼い葉を食べており、ネガティブな変化は生じていません。去年の9戦に加えて1月も走った経緯を踏まえ、もう少しの間はリラックスを意識しながら充電を図りましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは定期的にハロン15秒の調教を行っていますが、重賞勝ち馬なのでこれぐらいの調教は悠々。疲れ・反動は勿論出ていません。3月上旬には帰厩するとのことなので、しっかり立て直した効果が次走で見られれば嬉しいのですが。

ダヴィンチは普通キャンターでコツコツ乗り込み中。状態は上がってきているので、速いところは厩舎へ戻ってからで十分でしょう。中山だけでなく中京での復帰も視野に入れて欲しいです。

エースも無理せず普通キャンターで丹念に乗り込み中。帰厩の予定がハッキリ決まれば、直前に1・2本は速いところを乗るかもしれませんが、良い雰囲気のまま状態を上げて行くことに重きを置いて欲しいです。

シグナライズはスイッチが入らないように角馬場で入念な調整。そしてストレスを溜め込まないようにコースでサラッと動かすという日々を過ごしています。丈夫さは魅力ですが、働きづめで前向きさが足りないと思うので、4月頃の復帰を目指し、もう少しの間はリラックス重視で行きましょう。

2020年2月15日 (土)

ロードなお馬さん(7歳馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は543キロ。

○当地スタッフ「この中間もハロン17、18秒のキャンターを継続。中山前半のマイル戦を視野に戻す方向・・・との指示が斎藤調教師より届いており、そのプランに沿って態勢を整えましょう。実際にどの段階で声が掛かっても対応が可能。気になる部分は皆無でしょう」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は503キロ。

○当地スタッフ 「2月4日(火)と7日(金)にハロン15秒程度で走らせる形。キャリア豊富なオープン馬だけに、このぐらいはスムーズに対応できています。心身共に気になる部分は無し。7歳シーズンを迎えたと言っても、加齢による衰えは一切感じられません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは中山前半のマイル戦を予定ということなので、番組表で確認すると8日の芝1600m(平場)のことでしょう。状態の良さは伝わってくるのですが、6日付の馬体重が543キロというのは増え過ぎ。汗を掻きやすい夏場ならそう深刻に捉えることはないでのすが、絞り辛い時季ですから。カイバの量を少し考えてもらいたいです。

クエストも少し馬体重が増え過ぎですが、こちらは7歳になっても前向きさは豊富ですし、代謝の良いタイプ。仕上げモードに入れば、自然と馬体は整ってくると思います。同世代のOP馬・ロードヴァンドールは衰えを理由の1つとして現役を終えましたが、クエストはまだまだ健在。気持ちの若さは今後もずっと維持し続けてもらえればと思います。

2020年2月 7日 (金)

ロードなお馬さん(7歳・関東馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに普通キャンターを消化。ここまでは何の問題も生じておらず、理想的なリフレッシュ期間を過ごせているでしょう。緩まない程度に乗りながら新たな指示が届くタイミングを待つイメージ。厩舎サイドと情報を共有して取り組みます」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「計画に沿って順調に18-18を消化できています。こちらに在厩する重賞ウイナー同士でトレーニングに励む格好。相変わらずコンディションも良好と言えるでしょう。あと1ヶ月程度でトレセンへ戻る見通し。少しずつピッチを速めて行きたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは普通キャンターよりも少し軽めを乗り込み中。緩まない程度で調整を進めているという感じです。プレミアム自身の状態は良さそうです。

クエストは意識的にじっくり進めてきましたが、ショックウェーブ治療を行ったあたりからグングン状態が上がってきている様子。あとは帰厩予定が決まれば、それを逆算して態勢を整えていってもらえればと思います。

2020年2月 4日 (火)

ロードなお馬さん(7歳・牧場組)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ「1月22日(水)にトレーニングへ着手しました。23日(木)まで角馬場でしっかりと状態の把握に努め、24日(金)から広いダートコースへ通う流れ。27日(月)に18-18を交えた際も気になる点は無く、中山開催を視野に準備を整えましょう」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間もハロン17、18秒ペースのキャンターを継続。フットワーク等に課題は何も浮かばず、今のリズムを保っておけば大丈夫でしょう。また、飼い葉を残さず食べ切り、冬場にしては毛ヅヤも冴えている方。健康面についても心配は要りません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは角馬場で馬体を解した後、騎乗運動を開始して現在は普通キャンターまで悠々と到達。体調の良さは感じるので、次の中山開催での出走へ向けて状態をグングン上げていってもらえればと思います。

クエストは普通キャンターで引き続き乗り込み中。昨年の疲れを取り除くことが出来、ここに来て状態はグングン上がってきています。仕上がり出せば早い馬なので、帰厩のメドが立ってくるように攻めて行きましょう。

2020年1月27日 (月)

ロードなお馬さん(7歳・関東馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「こちらへ辿り着いてからも十分な元気を有しており、今のところは脚元等にダメージも感じられません。長い時間を掛けずにトレセンへ戻る見通しなだけに、今週中に軽く跨り始めるつもり。引き続き、厩舎サイドと連絡を取り合いながら進めます」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに18-18を交える格好。入念にトレーニングを積んでいる効果で、不自然な硬さが窺えずに具合も良さそうです。ここまでは無難に運んでおり、ピッチを速めるタイミングを考えたいところ。7歳シーズンも頑張ってくれると思います」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはレースを使ってまもないですが、前走時のデキが良かったことから疲れ・ダメージは少ない様子。緩めると馬体重が増えてしまうので、短期でトレセンへ戻る予定でもそれまではしっかり負荷を掛けていってもらいたいです。

クエストは普通キャンターまでは行かないも、だいぶリズムを取り戻してきた感じ。じっくり進めている効果でしょう。ハロン15秒の調教はトレセンへ戻ってからで良いぐらいでしょう。引き続き、コツコツ乗り込みながらジワ~ッと状態を上げていってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ