最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ロードクエスト」の179件の投稿

2018年8月12日 (日)

多頭数+重賞の舞台で前走で披露した正攻法の競馬を継続して見せることが出来るかどうか。そして通用するのか。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月12日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに三浦Jで出走します。8月8日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.6-39.7-13.3 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して0秒2先着。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「8月8日(水)は54秒6を記録。もう1周走りそうな勢いを見せるなどヤル気に満ち溢れている他、調教前の歩様がスムーズだった点も好材料です。今は切れよりも直線で脚が持続する感じに。マイルでも前目に付けて真っ向勝負が可能だと思います」

≪調教時計≫
18.08.08 助手 美南W稍 54.6 39.7 13.3 馬なり余力 アルジ(3歳未勝利)馬なりの内0秒6追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟6日目(08月12日)
11R 関屋記念(G3)
サラ 芝1600メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ベルキャニオン 牡7 56 石橋脩
2 2 フロンティア 牡3 53 福永祐一
2 3 スターオブペルシャ せ5 56 内田博幸
3 4 エイシンティンクル 牝5 54 和田竜二
3 5 ショウナンアンセム 牡5 56 田辺裕信
4 6 リライアブルエース 牡5 56 戸崎圭太
4 7 ジョーストリクトリ 牡4 56 田中勝春
5 8 ロードクエスト 牡5 56 三浦皇成
5 9 チェッキーノ 牝5 54 杉原誠人
6 10 ワントゥワン 牝5 54 M.デムーロ
6 11 チャンピオンルパン 牡7 56 石川裕紀人
7 12 プリモシーン 牝3 51 北村宏司
7 13 ウインガニオン 牡6 58 津村明秀
8 14 ヤングマンパワー 牡6 57 大野拓弥
8 15 ロッカフラベイビー 牝6 54 柴田善臣

○土明助手 「短期放牧を挟んで7月14日に帰厩。順調に乗り込み、今回は硬さもなくていい雰囲気です。短距離を続けて使った効果で前回は前で正攻法の競馬で好走。更に1ハロン延長しますが、折り合いには問題ないタイプですからね。重賞を勝っている舞台で期待したいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のパラダイスSは宣言通り、ゲートを出て前目のポジションを取りに行ったロードクエスト。それでいて折り合いが付いたのは大収穫。勝ち馬がマイペースで運んだこともあって、直線は詰め切れませんでしたが、クエストなりに渋太い脚を使って2着。陣営が普段の調教から取り組んできたことが形になったのはホント良かったと思います。

ただ、それは相手の落ちるOPの1戦だったから出来たことかもしれません。今後は再度マイル戦を主戦場にしていくことでしょうし、多頭数の重賞で前走のような走り・結果が出ないとニュー・ロードクエストとは言えません。

前走後は一旦千葉ケイアイファームへ放牧に出してリフレッシュ。暑さに格別強いということはありませんが、毛ヅヤが冴え、雰囲気は良好。状態は確実に上がっていると思います。そして新潟のマイルは2歳時に重賞制覇した舞台。好走できる条件は整っています。

あとは単純に他馬との力関係。前々でレースの流れに乗れたとして、早目に外から被せられる形になったら辛いかもしれません。如何にスムーズにマイルの距離を走ることが出来るかどうか。そこはずっと手綱を取ってくれている三浦Jの手腕に託すのみです。

今後を占い意味で大事に1戦になってきますが、まずは今回も前走で披露した好内容の走りを継続して出来るかどうか。結果も欲しいところですが、その点を重視して見守りたいと思います。

2018年8月 7日 (火)

週末の関屋記念へ向けて着々と。1ハロン延長+多頭数の競馬で前走のような立ち回りが出来るかどうか。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月2日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン55.1-40.5-13.0 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を1秒8追走して0秒2遅れ。短評は「折り合いスムーズ」でした。8月12日(日)新潟・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「整体治療に加えてショックウェーブを打ち、右トモの具合は徐々に良化を示しています。8月2日(木)はゴール板を気にせず、踏ん張って後肢を使わせて欲しい・・・と指示。ジョッキーが手応えを掴んでいた通り、来週にピッタリと仕上がりそうです」

≪調教時計≫
18.08.02 三 浦 美南W良 55.1 40.5 13.0 馬なり余力 アルジ(3歳未勝利)馬なりの内1秒8追走0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードクエスト5番手以内で競馬したい/関屋記念(日刊スポーツより)

日曜新潟メインはサマーマイルシリーズ第2弾、関屋記念(G3、芝1600メートル、12日)が行われる。

注目されるのがマイル重賞2勝を誇るロードクエスト(牡5、小島)だ。4走前から1200メートルを使われ、前走1400メートルのパラダイスS(2着)では好位を取れるようになり、差しタイプが脚質に幅を広げた。

小島師は「1600メートルに戻しても大丈夫。速い時計を持続できる馬で、悪くても5番手以内で競馬をしたい」と話す。新潟2歳S(G3)を制した新潟マイル戦で、1年11カ月ぶりの勝利を狙う。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末の関屋記念への出走を予定しているロードクエスト。この中間、右トモに極めて小さなレベルの違和感が出ましたが、整体治療とショックウェーブ治療で対応。悪化は認められず、徐々に良化を遂げていっているようです。

1週前追い切りは三浦Jが跨ってWコースでサッと。時計を出すよりも大きく体を使うことを重視した感じ。折り合いも付いていたようですし、さすがに手の内に入れてくれています。

前走から1ハロン延長+多頭数の競馬でも、前走のような正攻法で一旦抜け出すことが出来るかどうか。クエストの将来を左右する大事な1戦になってくるのかなと見ています。

2018年8月 1日 (水)

ロードなお馬さん(5歳・入厩組)

Photo_3 ロードプレミアム

7月26日(木)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン84.8-69.0-54.0-40.5-12.7 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒8追走して同時入線。短評は「動き軽快」でした。8月4日(土)新潟・信濃川特別・混合・芝2000mに大野騎手で予定しています。

○斎藤調教師 「7月26日(木)も暑さを考慮してセーブ気味な内容。1週前だったものの、速さを追求するよりはコンスタントに乗って作る部分を心掛けています。本数を積む毎に馬自身はしっかり。確かな良化を遂げている印象で、予定通りに態勢が整いそうです」

≪調教時計≫
18.07.26 助手 美南W良 84.8 69.0 54.0 40.5 12.7 馬なり余力 メルトポイント(3歳未勝利)馬なりの内0秒8追走同入

Photo_3 ロードクエスト

7月26日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.8-40.2-12.7 7分所を馬なりに乗っています。短評は「順調に乗り込む」でした。8月12日(日)新潟・関屋記念(GⅢ)・国際・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「7月26日(木)は私自身が跨りました。追い切りの雰囲気は非常に良い感じながら、事前に行なった軽目のハッキングで右トモに極めて小さなレベルの違和感。痛めている様子とは異なるだけに、整体師に触ってもらって改善を促そうと考えています」

≪調教時計≫
18.07.26 調教師 美南W良 54.8 40.2 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末の新潟・信濃川特別への出走を予定しているプレミアム。暑さを考慮し、追い切りではビシビシやられていませんが、動き自体は良好。牧場でもしっかり乗られていたので、最終追いできっちり仕上がると思います。また、相手関係もありますが、速い時計の決着に対応できるかどうかがレースでは1つ鍵になってくると思います。

クエストは順調に乗り込みが進んでいると思いきや、右トモに疲れが残っている様子。極めて小さな違和感ということで大きな心配には至らないと思いますが、悪化しないように注意してもらいたいです。整体治療で改善されてくることを願うばかりです。

2018年7月25日 (水)

14日に美浦・小島茂厩舎へ戻っています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

2018.07.18
7月18日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン56.4-41.0-13.3 9分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。8月12日(日)新潟・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「先週末に美浦へ戻し、7月18日(水)は56秒7を記録。外ラチ沿いをゆったりと走らせました。帰厩後の初時計だった割には上手に駆けていた・・・と騎乗担当者は好感触。この調子で徐々にピッチを速め、関屋記念(G3)へ向けて態勢を整えましょう」

≪調教時計≫
18.07.18 助手 美南W良 56.4 41.0 13.3 馬なり余力

2018.07.17
7月14日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「最後までハロン18秒のキャンターを入念に消化。小島調教師からの連絡を受け、7月14日(土)にこちらを離れています。暑さに滅法強いタイプとは思いませんが、高温が続いてもなかなか具合は良さそう。無事にバトンタッチが叶って何よりです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

正攻法の競馬で2着に頑張った前走のパラダイスS後、短期放牧に出されていたロードクエストですが、14日に美浦へ。次走に予定している関屋記念へ向けて調教を開始しています。

状態に関して、特別良いとは思いませんが、暑い時季を得意とする馬らしく活気は十分。これから追い切りを重ねていけば、状態は確実に上向いてくれると思います。ただ、今年の暑さは例外的。油断することなく、日々の状態を気に掛けながら進めてもらえればと思います。

2018年7月17日 (火)

ロードなお馬さん(5歳・関東馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。7月4日(水)測定の馬体重は523キロ。

○当地スタッフ 「先々週にそれなりのペースで走らせた後はセーブ気味な内容。気温の高い日が続いているとは言え、馬自身は暑さに対して弱い面を見せていません。むしろ、元気な様子が目立っており、順調そのものでしょう。検疫が取れた段階で移動の予定です」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。7月4日(水)測定の馬体重は468キロ。

○当地スタッフ 「7月4日(水)に角馬場へ連れ出し、6日(金)には広いダートコースで普通キャンターを行なっています。引き続き、脚元や背腰に気掛かりな点は浮かんでいない他、夏負けの症状も無し。遠からずに美浦トレセンへ帰る可能性が高いと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは検疫が取れ次第、厩舎へ。状態は高いレベルで安定していると言えますが、暑さを考慮して調教はややセーブ気味。まあ、これで良いと思います。洋芝の北海道シリーズへの参戦も有りかと思いますが、前回の更新時に挙げた8月4日の新潟・信濃川特別へ向かっていくのでしょう。

クエストは暑い時季を得意とするので元気一杯。速いところは乗っていませんが、特に不安を感じる点はなし。理想を言えば、もう少し馬体を増やして厩舎へ戻れるように努めてもらえればと思います。

2018年7月10日 (火)

ロードなお馬さん(5歳馬)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月26日(火)に15-15を行ない、29日(金)には5ハロン69秒8、ラスト12秒8のタイムを出しました。人間の指示通りにスッと動き、1本ずつ内容も良くなっています。斎藤調教師と帰厩時期を相談。遠からずに声が掛かるかも知れません」

Photo_6 ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)。

○当地スタッフ 「キャンターを3200mまで延長。僅かながら運動量を増やしています。コレと言って気に掛かる点も浮かばぬ感じ。ここまでは順調と言えるでしょう。遠からずに坂路コースへも連れ出す予定。緩み過ぎないように注意を払って行きたいですね」

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「移動後も心身に問題は認められず、通常の放牧後と大きく変わりません。2、3週間程度でトレセンへ戻るプランが濃厚。様子を見ながら今週中に跨り始める予定を立てていますが、ビシビシと攻めるよりも疲れを取る部分がメインになるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは帰厩を意識して調整へ入っていますが、動きはマズマズ。暑さに参っている感じはありません。番組を見ていくと、8月4日の新潟・信濃川特別が次走の候補かなと思います。

ヴァンドールはキャンターの距離を延ばしていますが、ピッチは変わらず。意識してスローな調整に止めているので、心配は要りません。今後もゆっくり攻めを強化していってもらいたいです。

クエストは短期放牧でリフレッシュ。大きなダメージはなさそう。牧場ではリラックスに努め、馬体を大きくして厩舎へと送り届けてもらえればと思います。

2018年6月30日 (土)

宣言通りの先行策で久々の2着に奮闘。多頭数や右回りでもこういう競馬が出来れば本物ですが、結果が出てホッと一安心。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月24日(日)東京11R・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦Jで出走。10頭立て3番人気で3枠3番からスローペースの道中を2、3、2番手と進み、直線では中央を通って0秒4差の2着でした。馬場は稍重。タイム1分22秒1、上がり33秒7。馬体重は増減無しの460キロでした。

○三浦騎手 「結構出して行って前々で進めても折り合いは大丈夫。リズム良く走っており、直線では長く脚を使ってくれました。1200mを経験して来た部分がプラスに働いている点に加え、追い切りで跨った時からフレッシュだったのも好材料だったように思います。陣営の努力が実を結びつつあるだけに、今ならマイルでも安定感を増すのではないでしょうか」

○小島調教師 「前が残ってしまったとは言え、概ねイメージ通りのレースでした。あとは頭数が多くなった時に同様に運べるかが大事。また、1400mではあまり溜めが利いておらず、後ろから来てくれてラストまで頑張っていた印象です。マイル向きのスタミナを持つ馬。1600mでガツンと掛かるのを上手く我慢させれば、終いの伸び方が変わると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。五分のスタートから好位へ。遅いペースでも折り合いは付いていた。直線はしっかりと伸びて、何とか2着を確保。今日は勝ち馬のレース。戦法に幅が出たことは収穫。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2018.06.28
レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は6月29日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

2018.06.27
レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○小島調教師 「多少の硬さが認められるとは言え、戻ってからも脚元に心配は無さそう。今回のレースで一定の成果が得られただけに、次はマイルの番組を選ぶつもりです。実績を持つ新潟コースの関屋記念(G3)が有力。状況に応じて短期放牧を挟むかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまでと違う競馬の形・先行策を示唆されていたロードクエスト。以前よりも操縦性が良くなり、追い切りの雰囲気も良好。あとはこれまで教え込んできたことを実戦で発揮するのみでした。ただ、レースへ行くと良くも悪くも気持ちが入るので、思惑どおりに競馬を進めることが出来るかどうかは正直半信半疑でした。

そのレースぶりですが、ゲートは普通に出ましたが、二の脚が一息。その位置で折り合いに専念するのかなと見ていましたが、促し促して2番手へ。少し行きたがる感じは窺えましたが、鍛錬の成果でグッと我慢。これまでとは違うクエストの走りに競馬ファンはビックリしたかもしれません。

道中、遅い流れでも、リズム良く追走できていたクエストは最後の直線へ。あとはどれくらい伸びることが出来るかでした。ただ、勝ったショウナンアンセムはマイペースの逃げ。近走内容も充実しているところを見せつけられ、最後は逆に突き放される格好に。これにはちょっと不満ですが、差してきたアイラインが迫ってくるともうひと頑張り。OP特別の少頭数と競馬はしやすかったんでしょうが、久々の2着と踏み止まってくれました。あとは多頭数の競馬・右回りの競馬・マイル戦で今回のようなレースが出来るなら本物です。

今後は昨年同様に新潟・関屋記念を目指すことに。力を出し切った分、疲れはあるようですが、時間の経過と共に解消できるレベル。脚元の無事を確認したクエストは千葉・ケイアイファームに一旦放牧に出されています。

2歳時から頑張ってくれているロードクエストですが、前回の勝利からほぼ2年勝てていません。その間、色々思案して進め、今回ようやく復活の兆しを見せてくれました。この良い流れを継続し4勝目を挙がることが出来る日を待ち望んでいます。

2018年6月24日 (日)

手頃な頭数+馬場の悪化は有利な材料。以前よりも操縦性が良くなってきたことで今回は好位からの競馬を試す予定。この挑戦が良い方に出てくれることを願って…。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月24日(日)東京11R・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦Jで出走します。6月20日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.8-53.7-39.5-13.1 4分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「久々も好仕上がり」でした。発走は15時30分です。

○小島調教師 「6月20日(水)は内を通って5ハロン66秒4。イメージ通りのデキで本番へ臨めそうです。行きたがる面を上手く抑えながら前で運び、好位から抜け出す・・・そのような競馬を1400mで試す考え。最終的にはマイルで実践しようとも考えています」

≪調教時計≫
18.06.20 助手 美南W稍 69.8 53.7 39.5 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京8日目(06月24日)
11R パラダイスS
サラ 芝1400メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アイライン 牝6 54 北村宏司
2 2 タガノブルグ 牡7 56 柴田大知
3 3 ロードクエスト 牡5 57 三浦皇成
4 4 キングクリチャン 牡9 56 石川裕紀人
5 5 ショウナンアンセム 牡5 56 津村明秀
6 6 ミッキージョイ 牡6 56 横山典弘
7 7 ブラヴィッシモ 牡6 56 柴田善臣
7 8 スターオブペルシャ せ5 57 内田博幸
8 9 トーセンデューク 牡7 56 大野拓弥
8 10 トウショウドラフタ 牡5 56 田中勝春

○土明助手 「いい頃の毛ヅヤにはもうひとつだが、帰厩後は調教本数を重ね順調な仕上がり。1200mを使ってきたので、ポジションは取りやすくなるが、それよりも、今回はスタートから出していって前、前で競馬をしてもらうつもり。これまでにない走りを期待している」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のオーシャンSは7着に終わったとはいえ勝ち馬とコンマ2秒差。引っ掛かるのを恐れ、これまではゲートをソロっと出して1200m戦へ挑んできましたが、前走ではある程度、レースの流れに付いていって最後まで渋太い脚を繰り出せたのは○。調教や実戦で教え・試してきたことをクエストなりに学習してくれているのかなと思います。

その後は千葉・ケイアイファームで充電。暑い時季が得意な馬ですから早い夏休みといった感じでしょう。ゆっくり立ち上げ、淡々と調教を積んできました。

GW明けに厩舎へと戻ってきたロードクエスト。個人的には前走の悪くない走りから、サマースプリント路線を歩んで欲しかったのですが、厩舎の考えは違っていて1400mのここから再出発。前走でレースの流れに乗って競馬をすることができたことから、この距離で好位からの競馬を試みたい様子。年齢とキャリアを重ね、以前のような切れ味が薄れてきているのでしょう。思惑通りに事が運ぶかは実戦へ行ってみないと分かりませんが、帰厩後の追い切りを見ると、以前とは違い、かなり操縦性が良くなっています。

OP特別で10頭と手頃な頭数はプラス。天候の悪化で馬場が渋るのも大歓迎。復活を手助けする材料は整ったかなと思います。あとは目的を持って進めてきた好位からの競馬を実践するのみです。この挑戦が良い方へ出てくれることを願うばかりです。

2018年6月18日 (月)

ロードなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードクエスト

6月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.2-39.3-12.8 5分所を馬なりに乗っています。短評は「時計以上の動き」でした。6月24日(日)東京・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「6月14日(木)もウッドで追い切っています。それなりに速くなっても構わない・・・と伝えたものの、既にビュッと動ける感じで十分に良い状態・・・とのジョッキーのジャッジ。楽に回って来ました。まだ毛ヅヤは一息ですが、ここまでは順調でしょう」

≪調教時計≫
18.06.14 三 浦 美南W良 53.2 39.3 12.8 馬なり余力

Photo_6 ロードヴォラーレ

2017.06.14
6月14日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.1-38.6-25.4-13.0 強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒5追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。7月1日(日)中京・3歳未勝利・芝1600mに荻野極騎手で予定しています。

○中内田調教師 「父の産駒らしいヤンチャな面が目立つように。いざ走り始めれば問題ないのですけどね。実質1本目なのと全体が速かったのも手伝い、6月14日(木)はラストが苦しい感じに。番組上、再来週のマイル戦へ間に合わせたいな・・・と思います」

≪調教時計≫
18.06.14 助手 栗東坂良1回 53.1 38.6 25.4 13.0 強目に追う ダノンレーザー(古馬1600万)馬なりを0秒5追走同入

2017.06.12
6月8日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「最終的に15-15を行なった際も無難なフットワーク。その後も目立ったダメージを残さず、十分にエネルギーを蓄えた状態で送り出しました。調教で跨っていても能力の感じられる1頭。今度は勝ち上がってから休養に来てくれれば・・・と思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは今週末の東京・パラダイスSを予定。1週前追い切りは久々に三浦Jが跨ってくれましたが、派手なアクションはなくスムーズな走り。力む面がなくなってきたのはクエストにとっても良い傾向だと思います。レースへ行っても、リラックスしていてくれれば。

帰厩後、丹念に時計になるところを乗っていたヴォラーレ。14日の追い切りは少し負荷を高め、格上相手に食い下がる内容。最後は苦しくなったようですが、悪い内容ではありません。むしろ1本目とすれば上々でしょう。引き続きソエには注意が必要ですが、ひと追い毎に動ける態勢を整えていってもらえればと思います。

2018年6月11日 (月)

ロードなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードクエスト

6月7日(木)重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.2-40.0-13.3 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6追走して同時入線。短評は「変わりなく順調」でした。6月24日(日)東京・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「6月7日(木)は私自身が跨り、競馬を意識した内容を消化。前半に幾らか出し、パートナーの後ろや横で気持ちを我慢させながら脚を溜めています。追い切りでは乗り易く、事前のイメージと動きが一致。来週は三浦騎手に確かめてもらう予定です」

≪調教時計≫
18.06.07 調教師 美南W重 54.2 40.0 13.3 馬なり余力 ハイチーズ(古馬500万)馬なりの外0秒6追走同入

Photo_6 ロードエース

6月6日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.5-69.8-55.0-41.2-12.8 8分所を一杯に追っています。短評は「気配今ひとつ」でした。6月17日(日)阪神・箕面特別・混合・ダ1200mに幸騎手で予定しています。

○松下調教師 「6月6日(水)は上がり重点の内容。馬場へ出ればグッと気持ちが入りますね。一方、全体的に硬さが窺える印象。480キロで数字は大きく変わらぬものの、もう少しトモに丸みも欲しい感じです。予定は来週。何処まで上向くか・・・でしょう」

≪調教時計≫
18.06.06 助手 栗CW不 86.5 69.8 55.0 41.2 12.8 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースまで少し時間があるクエストはサラッと追われていますが、以前よりも操縦性が良くなっている様子。これがレースでの結果に結び付くかは何とも言えませんが、悪いことではないでしょう。また、今週の追い切りに三浦Jが騎乗するとのことで、どういう感触を持ってくれるか注目したいです。

エースは今週末の阪神・箕面特別を予定。意欲的に追われていますが、動きは平凡。硬さが目立ち、良い頃と比べると物足りない様子。このひと追いで上昇を遂げてくれるでしょうが、この感じだと8分程度のデキが精一杯かも。まずは古馬に揉まれて経験を積んでいくことが求められます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ