出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードクエスト」の163件の投稿

2018年4月23日 (月)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

2018.04.17
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「先週半ばに跨り始める形。徐々にハッキングの距離を延ばしているように、今のところは心身に気掛かりな点は浮かんでいません。タイミングを見計らって広いダートコースも使いたいところ。引き続き、与えた飼い葉をしっかり食べ切っています」

2018.04.10
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「4月7日(土)に獣医師に覗いてもらい、薬の効果も手伝って喉の炎症はすっかり治まっていました。同時に騎乗許可が下りた為、近日中に角馬場へ連れ出そうと思います。十分に楽をさせて疲れも取り除けただけに、少しずつ進めて行きたいです」

Photo_6 ロードクエスト

2018.04.17
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000~4000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「真面目な態度でトレーニングに取り組んでいる他、跨った際の雰囲気も上々。引き続き、順調そのものだと思います。厩舎サイドは具体的な始動レースを検討中の模様。どのタイミングで声が掛かっても対応できるように準備を整えておきたいです」

2018.04.10
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000~4000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「4月5日(木)も18-18ぐらいの内容を交えています。普段は角馬場で入念に乗り込むスタイルで運動量は豊富。不必要に身体は緩んでいませんよ。この先も小島調教師と打ち合わせを重ね、大まかな帰厩時期が決まった段階で進めようと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは喉の炎症が治まり、騎乗運動を再開。ひとまず体慣らし程度ですが、特に気になるところはなし。このまま段階を踏んで攻めを強化していけると思います。また、喉については、定期的に検査をして異常がないかどうかをチェックしてもらえればと思います。

クエストは気温の上昇と共に確実に状態アップ。もう少しゆっくり進めていくのかなと思っていましたが、そろそろ次走の予定が決まりそうな雰囲気です。厩舎との連携を密にして、仕上がり過ぎないように逆に注意して欲しいくらいです。

2018年4月 7日 (土)

ロードなお馬さん(5歳・関東馬)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000~4000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。3月29日(木)測定の馬体重は485キロ。

○当地スタッフ 「3月28日(水)にダートでハロン17、18秒のキャンターをサッと消化しました。と言っても、これは気分転換を兼ねたメニューの為、基本的には角馬場でのダク、ハッキングを中心に据えたまま。コンディションを維持しながら取り組みましょう」

Photo_6 ロードプレミアム

4月4日(水)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン81.0-66.1-52.1-38.7-13.5 7分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒5追走して0秒4遅れ。短評は「末の粘りひと息」でした。4月15日(日)中山・鹿野山特別・混合・芝2000mに三浦騎手で予定しています。

○斎藤調教師 「レースの1週前追い切りと言うこともあり、4月4日(水)はウッドで長目からしっかり。普段とは異なる追走するパターンで、気持ちを十分に引き出す内容でした。着実に良化を辿っている印象。このまま具合をキープしながら進めようと思います」

≪調教時計≫
18.04.04 助手 美南W良 81.0 66.1 52.1 38.7 13.5 一杯に追う モレッキ(古馬500万)馬なりの内0秒5追走0秒4遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは引き続き控え目な乗り込み。気温の上昇と共に動きは良くなっていますが、再始動はまだまだ先のようなので、心身のリフレッシュをまだまだ促してもらえればと思います。

プレミアムは意欲的に追われていますが、動きは正直物足りません。馬体が重いのと気持ちの問題なのかな? もう少しやれていい馬なので、チークピーシズやブリンカーの装着、離し気味に逃げてみるなど戦術の工夫が欲しいです。

2018年4月 2日 (月)

ロードなお馬さん(5歳・関東馬)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000~4000m。

○当地スタッフ 「この中間もリラックスに重点を置いた調整を繰り返す形。連戦のダメージを隅々まで取り除いてから再始動を掛けましょう。暖かい季節を迎えて体調が上向いており、毛艶もピカピカに。得意の夏競馬へ向けて良い充電になるように努めるのみです」

Photo_6 ロードプレミアム

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月15日(日)中山・鹿野山特別・混合・芝2000mに三浦騎手で予定しています。

○斎藤調教師 「順調に通常メニューへ移り、3月25日(日)に15-15を消化。28日(水)は坂路で普通キャンターを行ないました。競馬の疲れは取り除けており、このままピッチを上げられそう。三浦騎手とのコンビを継続し、中山最終週の芝2000mへ向かいましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは引き続き控え目な乗り込みも、暖かい季節を迎えて体調はグンと上昇。着実に良い方へ向いているので、ピッチを上げるまでに状態をもっとリフレッシュさせて欲しいです。

プレミアムは再度芝へ出走することになりますが、2000mは幾分長そう。色々試すのは悪くないのですが、これまでの戦績からマイルがベストというのは明らか。迷走はまだまだ続きそうです。

2018年3月23日 (金)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「そこまでのダメージは感じられません。ただ、今回は普段よりも長く休ませる模様。昨秋以降はコンスタントに使われていただけに、目に見えない部分までの疲労を取り除いてあげましょう。しばらくの間はウォーキングマシンを続けるつもりです」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「時折、馬房でテンションの高い面を覗かせる程度。その他に変わった様子は認められませんし、日が経つに連れて落ち着いた雰囲気を取り戻すはずです。厩舎サイドから報告を受けた喉の荒れについては、獣医師と相談しながら対策を講じましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「3月13日(火)にハロン15秒のメニューを実施。その後も反動は生じておらず、予定通りに普通キャンターも交えました。少しずつ息遣いが良くなっており、右前脚のソエも我慢が利いている感じ。今週末もしくは来週中の出発が示唆されています

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストはレースでの疲れはほぼ解消できていると思いますが、今回はじっくり休ませるということで、ウォーキングマシンでの運動のみに止めています。意識的にゆっくりさせ、良い頃の活気を取り戻してもらえればと思います。

ダヴィンチは先週末に移動してきたばかり。少しテンションは高いようですが、輸送での体温上昇はなかった様子。喉の荒れについては獣医師の診断・アドバイスを元に、まずは適切な処置をお願いします。

ヴォラーレはハロン15秒のところを乗ってみましたが、その後の反動は大丈夫。懸念材料のソエも我慢が利いています。遅くても来週には帰厩ということなので、それまで無理のない範囲で乗り進めてもらえればと思います。

2018年3月18日 (日)

ロードなお馬さん(5歳馬)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「そこまでのダメージは感じられません。ただ、今回は普段よりも長く休ませる模様。昨秋以降はコンスタントに使われていただけに、目に見えない部分までの疲労を取り除いてあげましょう。しばらくの間はウォーキングマシンを続けるつもりです」

Photo_6 ロードヴァンドール

3月14日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン78.5-63.5-50.3-38.1-12.7 8分所を叩き一杯になっています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って同時入線。短評は「脚いろ見劣る」でした。3月24日(土)中山・日経賞(G2)・国際・芝2500mに横山典弘騎手で予定しています。

○昆調教師 「レースの1週前。3月14日(水)はウッドでビシッと攻めました。タイムも示す通り、申し分ない内容。結構なレベルまで持って来れたでしょう。中山への輸送が控えるだけに、来週は上がり重点でOKかも。このまま無事に進めば楽しみですね」

≪調教時計≫
18.03.14 助手 栗CW良 78.5 63.5 50.3 38.1 12.7 叩き一杯 マイスタイル(古馬オープン)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9日に千葉ケイアイファームへ移動しているクエスト。今年既に3戦しましたが、そのダメージは思いのほか少なさそう。ただ、今回は夏競馬での復帰を目指しているので時間はあります。ひとまず軽めの調整で心身のリフレッシュを図り、状態が上がってくるのを気長にまってもらえればと思います。

いよいよレースが翌週に迫ってきたヴァンドール。前走からここまで逆算しながら上昇カーブを描いてくれています。今週は相手が動き過ぎて見劣る感じになってしまいましたが、時計は優秀。このひと追いで態勢は整ったと思うので、来週は息を整える程度で余力を持たせて欲しいです。初めての中山競馬場となるので色んなことに神経をつかわせないようにお願いします。

2018年3月 8日 (木)

結果は7着も、勝ち馬とはコンマ2秒差。レースの流れに乗って最後まで脚を繰り出せたのは大きな収穫。ゲートでのロスを少なくしていければ…。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

3月3日(土)中山11R・オーシャンS(G3)・国際・芝1200mに三浦Jで出走。16頭立て11番人気で8枠16番からハイペースの道中を9、10、9番手と進み、直線では外を通って0秒2差の7着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分08秒5、上がり34秒0。馬体重は6キロ減少の460キロでした。

○小島調教師 「大外枠を引いた点を踏まえ、序盤からできる限り積極的に運んで欲しい・・・と指示。着順は今一つでも差は僅かだったように、内容は悪くなかった印象です。この先に1200mで結果を残す為には、課題のスタートを普通に出る必要があるはず。まだまだ変わる余地を残していると思います」

○三浦騎手 「一歩目こそ遅かったとは言え、可能な範囲で流れに乗ることができました。中間の調整の効果が得られているようで、今までの中では1番グッと来るところがあった印象。あとは自然に位置を取れるように変わって来れば、1200mの重賞でも上位争いが可能だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は3月9日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○小島調教師 「レースを終えた後も脚元等に異常は認められませんが、立て続けに使って来たなりの疲労は溜まっているはずです。このタイミングで休養を挟もうと考えており、近日中に千葉のケイアイファームへ移す方針。リセットを掛けて夏競馬を目指しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、ピリッとした脚を見せることなく、不甲斐ない負けを喫していたロードクエスト。再度8枠を引き当てたことで見せ場なく敗れてしまうことを覚悟していました。

今回7着という結果は素直に喜べないですが、レースぶりは進化の兆し。ゲートは早くなかったですが、中団やや後方で追走。今回も外を回されましたが、スムーズにレースの流れに乗れたことが大きな収穫に。直線を向いてから、往年の迫力はなかったですが、この馬なりに最後まで懸命に頑張ってくれました。そして勝ち馬にコンマ2秒差ならそれほど悲観することもないでしょう。また、時計の掛かる今の中山がクエストとって良いアシストとなりました。

こういう競馬を重ねていくことで、クエストには1200m仕様のレース運びを習得していってもらえればと思います。そしてもっとスッと中団に付けることが出来れば、自然と差のない結果を得ることができるでしょうし。陣営には根気よく接してもらい、スプリンターとしての進化を続けていって欲しいです。

レース後のクエストですが、既に今年3走したということで放牧の予定。見た目にクタッとした感じは窺えないも、疲れは蓄積している筈。また、精神的にピリピリしているでしょうから、時間をしっかり設けて心身のリフレッシュにまずは努めてもらえればと思います。

2018年3月 3日 (土)

今年3戦目も状態は問題なさそう。ただ、今回も試練の大外枠。ポジションを取りに行くのに脚を使い過ぎると、前走のように最後伸びあぐねてしまうことに。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

3月3日(土)中山11R・オーシャンS(G3)・国際・芝1200mに三浦Jで出走します。2月28日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に52.6-38.7-25.3-12.7 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒3追走して同時入線。追い切りの短評は「手応え抜群」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「2月28日(水)は行く気を我慢させ、横に並ぶ時に若干フワッとした部分を見せました。でも、それは得意ではない坂路だからかも。特に問題はありません。全体的にパワーアップを遂げている他、今回の調整方法はレースに上手く繋がると思います」

≪調教時計≫
18.02.28 調教師 美南坂良1回 52.6 38.7 25.3 12.7 馬なり余力 サンベンド(3歳新馬)馬なりを0秒3追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中山3日目(03月03日)
11R オーシャンS(G3)
サラ 芝1200メートル 4歳上OP 指定 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フミノムーン 牡6 56 国分優作
1 2 ラインミーティア 牡8 56 西田雄一郎
2 3 アルティマブラッド 牝6 54 津村明秀
2 4 ビップライブリー 牡5 56 戸崎圭太
3 5 ジューヌエコール 牝4 54 北村友一
3 6 ブレイズアトレイル 牡9 56 森泰斗
4 7 キングハート 牡5 56 北村宏司
4 8 リエノテソーロ 牝4 54 吉田隼人
5 9 ネロ 牡7 56 F.ミナリク
5 10 ダイメイフジ 牡4 56 M.デムーロ
6 11 スノードラゴン 牡10 57 大野拓弥
6 12 ラインスピリット 牡7 56 森一馬
7 13 ナックビーナス 牝5 54 横山典弘
7 14 エポワス セ10 56 田辺裕信
8 15 レーヌミノル 牝4 55 和田竜二
8 16 ロードクエスト 牡5 56 三浦皇成

○土明助手 「中間は馬を1200メートル仕様にするため、馬を怒らせる感じで稽古方法を変えてきました。馬体を併せてからのハミの取り方がいい頃の感じに戻ってきましたね。掛かるくらいの行きっぷりを我慢させ、終いの脚を生かしたいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年になって早くも3戦目となるロードクエスト。マイル戦に別れを告げ、スプリント路線へ参入しましたが、ここ2走は明暗を分ける走りに。距離短縮+レースが流れることで折り合いを気にすることはなく攻めの競馬が出来るようになりました。それが噛み合えば、前々走のように最後まで脚を繰り出せます。

ただ、フルゲートの競馬になってくると、距離ロスを生じますし、ポジションを取りにいくと追走に手一杯で最後に脚を残すことが難しく。まさに前走はそういう競馬になり、17番枠が響きました。

消化不良の1戦となった為、ロードクエストは短期放牧を挟んでここへ。常に攻めは動くので、状態の良し悪しを把握しづらいですが、デキ落ちということはない筈。

ただ、今回も試練の大外枠。中山の芝1200mは流れやすい分、前走より競馬はしやすいでしょうが、小出しに脚を使わされると伸びあぐねてしまうでしょう。三浦Jには前走の経験・結果を踏まえて乗ってくれるでしょうが、色々考えさせられると思います。

個人的にはゲートを出たなりで進め、あまりポジションを意識しない方が良さそうに思います。まずは自分のリズムで追走し、3角過ぎから徐々に仕掛けてもらえれば。決め手はここでも通用するモノを秘めている訳ですし。仮に結果が良くなくても、最後までしっかり脚を使って伸びてくる姿を今回見せて欲しいです。

2018年2月25日 (日)

ロードなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードヴァンドール

2月21日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.7-38.6-24.5-12.2 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を1秒3追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。3月24日(土)中山・日経賞(G2)・国際・芝2500mに横山典弘騎手で予定しています。

○昆調教師 「2月21日(水)も軽快な動き。順調ですよ。まだ目標レースは1ヶ月先。ちょっと良化が早過ぎるかも知れませんね。とは言え、ここでブレては駄目。当初の計画通りに日経賞(G2)へ備えます。今しばらくは坂路中心に、じっくり乗り込む方針」

≪調教時計≫
18.02.21 助手 栗東坂良1回 53.7 38.6 24.5 12.2 末強目追う ヒルノドンカルロ(古馬1000万)馬なりを1秒3追走同入

Photo_6 ロードクエスト

2月22日(木)重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.7-40.6-12.9 7分所を強目に追っています。併せ馬では直線強目の相手の内を通って同時入線。短評は「直線の伸び良」でした。3月3日(土)中山・オーシャンS(G3)・国際・芝1200mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「完全にスプリント仕様に変える為には、もう少し怒らせてハミを強く掛けたい感じ。そこで、2月22日(木)は意図的に遅い内容に止め、走る気持ちを促しました。跨った三浦騎手も抑えるのに苦労していたように、狙い通りの調教ができた印象です」

≪調教時計≫
18.02.22 三 浦 美南W重 54.7 40.6 12.9 強目に追う アストラエンブレム(古馬オープン)直強目の内同入

Photo_6 ロードイヒラニ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月10日(土)中山・3歳500万下・芝1600mもしくは3月10日(土)中京・フローラルウォーク賞・混合・芝1600mもしくは3月11日(日)阪神・3歳500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「再来週は特別競走も含めて1600m戦が3レース組まれています。ここを狙う方針。コース形態やジョッキーとの兼ね合い、相手関係も踏まえて絞り込みましょう。幾らか時間に余裕が持てる状況。日程を逆算しつつピッチを上げればOKですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは活気ある動きから予定を早めたくなりそうですが、そこはグッと堪えて中山・日経賞1本へ。今まさに力をつけていっている段階だと思うので、心身のバランスを整えながら、上昇カーブを描いていってもらいたいです。

クエストは結局三浦Jとのコンビで来週の中山・オーシャンCへ。追い切りでは常に動きますが、試行錯誤しながらスプリント戦へしっかり対応できるように作り上げて欲しいです。ただ、繊細な気性なので、多頭数の競馬だと厳しいものがあるようにも感じています。

イヒラニは再来週のマイル戦を予定。3場のどこへ向かうかは未定ですが、個人的には1番中山→2番中京→3番阪神の優先順位です。決め手にどうしてもかけるので、先行力を生かせる舞台を重視したいです。自分の競馬に徹してこの500万下でどこまで通用するのかを見極めたいです。その中で厳しい結果に終わるなら、早めにダートへ矛先を向けて欲しいです。

2018年2月17日 (土)

9日に帰厩。次走は中山・オーシャンSを予定しています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

2018.0215
2月14日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に58.8-42.9-28.2-13.8 馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。また、2月15日(木)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.4-52.9-38.7-12.3 2分所を一杯に追っています。短評は「1ハロンの伸び目立つ」でした。3月3日(土)中山・オーシャンS(G3)・国際・芝1200mに予定しています。

○小島調教師 「2月15日(木)はウッドで追い切りました。思ったより速いタイムだったのは内を通った部分が大きく、オープン馬であれば時計の掛かる状況でもこの程度は出るはずです。再来週のオーシャンS(G3)が目標。ジョッキーの最終調整を行なっています」

≪調教時計≫
18.02.14 助 手 美南坂良1回 58.8 42.9 28.2 13.8 馬なり余力
18.02.15 杉 原 美南W良 67.4 52.9 38.7 12.3 一杯に追う

2018.02.13
2月9日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「最終的にはリラックスした雰囲気で18-18を消化。体調を整える部分を重視していただけに速い時計は出していませんが、リクエスト通りの流れで進められた感じです。小島調教師からの連絡を受け、2月9日(金)に美浦トレセンへ戻っています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクロードS10着後、千葉・ケイアイファームへ短期放牧に出ていたロードクエストですが、9日に美浦へ。今後は先にスポーツ紙等で報じられていた来月3日の中山・オーシャンSへ向けて調整を開始しています。

状態に関しては早速Wコースで良い時計が出ているように不安なし。ただ、重賞だと多頭数は避けられないので、馬群の外々を回される形になると、最後の直線で伸びあぐねるかもしれません。

1200mは次走で3戦目。良かった前々走に悪かった前走。今回はどのような結果が待っているのか。また、現在調整中の鞍上は誰に決まるのかも注目です。

2018年2月 8日 (木)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。2月2日(金)に美浦トレセンより移動しました。

○当地スタッフ 「2月2日(金)にこちらへ移りました。心身のダメージは少ない印象。ただ、立て続けに短距離レースを使った影響が出ているのか、いつもに比べて幾らか煩い素振りが目立っています。1、2週間の放牧を予定。可能な範囲で回復を促しましょう」

Photo_6 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「跨り始めた当初に硬さが感じられたのは、恐らく続けてレースを使った影響でしょう。だいぶ解れて来たように、回復へ向かっている印象。ペースアップへ向けて下地は整ったと思います。今週中には15-15も交え、仕上げに取り掛かる予定」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。2月2日(金)測定の馬体重は464キロ。

○当地スタッフ 「馬場状態と相談しながら2月1日(木)に乗り出す形。最初にダクで入念に感触を確かめた上でハッキングへ移り、5日(月)以降は広いダートでハロン20秒のキャンターを交えています。休養を与えてすっかり回復。ソエはもう大丈夫そうです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは2日に千葉ケイアイファームへ。少しテンションが高いのは気がかりですが、馬体に関しては大丈夫そう。公式ページでは未発表も、次走は中山・オーシャンSへ向かうようです。

ゼストは仕上げに取り掛かる予定ということなので、今週から始まる小倉開催への参戦がより濃厚に。おそらく芝2600mの番組に使ってくるでしょうが、出来れば1頭でも頭数が少ないレースを選んで欲しいです。距離は2000mでも対応できるでしょうし。

ヴォラーレは慎重を期しながら、馬場入りを果たし、5日からハロン20秒のキャンターを開始。ひとまずソエは大丈夫そうですが、まだまだ油断することなく、ケアは続けていって欲しいです。そして乗り込みを継続しながら、馬体重を増やしていってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ボンディマンシュ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ