出資馬一覧

カテゴリー「ロードクエスト」の137件の投稿

2017年10月16日 (月)

目立つ動きではないも、良い雰囲気を保って週末のレースへ臨めそう。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

10月12日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.7-39.1-13.0 9分所を馬なりに乗っています。短評は「好馬体目につく」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添Jで予定しています。

○小島調教師 「10月12日(木)は半マイル53秒7、ラスト13秒0を記録しました。担当したスタッフの感触も上々。手前をしっかりと替えるなど、特別な課題は思い浮かびませんよ。具合は良好。現在の雰囲気を維持しながらレース本番まで持って行きましょう」

≪調教時計≫
17.10.12 助手 美南W良 53.7 39.1 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この土曜の富士Sへの出走を予定しているロードクエスト。京成杯AHを自重し、このレースに備えてきたこともあって状態は良さそう。やはり詰めて使うよりは間隔を空け、リフレッシュしながらの方が良いタイプなのは確か。

ただ、マイルCSの前哨戦の1つということで、イスラボニータ・グランシルク・エアスピネルなど強豪が出走予定。現状の勢いに欠けるだけにどこまで食い込めるか。天候・馬場の悪化があれば、浮上の目は出てくるのですが。

2017年10月 8日 (日)

久々に追い切りに池添Jが騎乗。着実に良くなってきています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

10月4日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.3-51.5-38.0-12.6 6分所を馬なりに乗っています。短評は「乗り込み入念」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添騎手で予定しています。

○小島調教師 「10月4日(水)は池添騎手を背にウッドでサッと流す形でした。稽古で跨るのは久々だったジョッキー自身も好感触を得ていたように、この中間も至って順調に運んでいます。目標へ向けて計画通り。今週末から追い切りの強度を更に高める考えです」

≪調教時計≫
17.10.04 池 添 美南W良 67.3 51.5 38.0 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大井のレディスプレリュード出走する為、美浦入りしていたマイティティーの追い切りに騎乗する為、美浦入りしていた池添J。タイミングが合ったので4日のロードクエストの追い切りにも跨ってくれています。

クエストとすれば、サラッとやった程度ですが、動き自体は良好。京王杯AHをパスして富士Sへ備えてきた効果は十分伺えます。今後は攻めを強化していくようなので、万全の態勢で次走へ臨めるようにお願いしたいです。

2017年10月 3日 (火)

ロードなお馬さん(4歳・入厩組)

Photo_3 ロードクエスト

9月27日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に61.5-45.3-29.8-14.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、9月28日(木)不良の美浦・芝コースで5ハロン64.5-49.9-37.4-12.9 1分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒7先行して0秒1遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添騎手で予定しています。

○小島調教師 「大雨だった9月28日(木)は本馬場を舞台に3頭で併せました。道悪が得意なこともあり、最も楽な手応えで周回。気負う面もありません。明らかにコンディションが上向いている点からも、京成杯オータムH(G3)をパスして正解だったと思います」

≪調教時計≫
17.09.28 調教師 美南芝不 64.5 49.9 37.4 12.9 馬なり余力 アストラエンブレム(古馬オープン)馬なりの内0秒7先行0秒1遅れ

Photo_3 ロードヴァンドール

9月27日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.2-38.2-24.9-12.6 一杯に追っています。併せ馬では強目の相手を0秒9追走して0秒6遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「9月27日(水)も余力十分にコース頂上へ達しています。動き、身のこなしは前走時よりも確実に良化。身体つきには更に上昇の余地が窺えるものの、まだビッシリ攻めていませんからね。時間は残されているだけに大丈夫。ここまでは順調です」

≪調教時計≫
17.09.27 助手 栗東坂良1回 53.2 38.2 24.9 12.6 一杯に追う ヒルノケープタウン(3歳未勝利)強目を0秒9追走0秒6遅れ

Photo_3 ロードセレリティ

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この中間も至って順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月14日(土)東京・白秋S・混合・芝1400mに岩田騎手で予定しています。

○高柳調教師 「着実な回復が叶い、馬場入り再開後も至って順調だと思います。新たな目標までの期間を考慮すると、時計を出すのは尚早。様子を見ながら徐々にピッチを上げるべきでしょう。未勝利戦で乗っている岩田騎手へスイッチ。久々にコンビを組む予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは徐々にペースアップ中。良くなってきた感触は掴めませんが、ひとまず厩舎のプラン通りに調整は進んでいるのでしょう。

ヴァンドールは毎日王冠に登録してくるかなと見ていましたが、やはり天皇賞・秋1本。特別登録が出ないと、賞金的にどの位置にいるかハッキリしません。出走が叶わなければ、地道にOPを使って行って、賞金加算を優先してもらいたいです。

セレリティの次走の鞍上は岩田Jに。東京の芝1400mは前々で立ち回ることができれば優位ですが、本質的には差し・追い込みで長く脚を使った方が良さが生きると思うんです。地方へ一旦移籍することになったキッカケのレースで逃げて大敗させた岩田Jならその経験等を踏まえて、乗り方を考えてくれると思うのですが…。

2017年9月25日 (月)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_3 ロードクエスト

9月21日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.4-39.3-12.5 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を1秒4追走して同時入線。短評は「力強い脚捌き」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添Jで予定しています。

○小島調教師 「9月21日(木)は久々に直接跨りました。一頃に比べてダクやハッキングの感じが良くなった一方、現状は楽をしている分もあってフットワークが幾らか小さい印象。残り1ヶ月でじっくり作りましょう。今回も池添騎手とのコンビが決まっています」

≪調教時計≫
17.09.21 調教師 美南W良 53.4 39.3 12.5 馬なり余力 プロレタリアト(古馬オープン)馬なりの内1秒4追走同入

Photo_3 ロードヴァンドール

9月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.9-39.1-25.0-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○藤野調教助手 「栗東へ戻った直後は幾らか疲れが感じられました。でも、時間が経つに連れて順当に回復。馬体に張りも出ているように、ここに来て具合が上向きなのは確かでしょう。9月21日(木)は約55秒で登坂。着実に調教のピッチも上がっています」

≪調教時計≫
17.09.21 助手 栗東坂良1回 54.9 39.1 25.0 12.5 馬なり余力 ヒルノケープタウン(3歳未勝利)一杯に0秒1先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは池添Jとのコンビで富士Sへ向かうことが決定。今は少し楽をさせて影響があるようですが、これから調教を重ねていって良い頃の動きに近付けていって欲しいです。

ヴァンドールは21日に坂路でサラッと。馬体減+前走の疲れはさすがに大丈夫そう。レースまであと1ヶ月になってくるので、クエスト同様に追い切りでの負荷を高めて万全の状態へ持っていってもらいたいです。

2017年9月14日 (木)

ロードなお馬さん(4歳馬)

Photo_3 ロードクエスト

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ目標のレースまで十分な時間が残されており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「9月13日(水)は坂路で普通キャンターを消化しました。目標までの間隔を考慮し、プール、ウォータートレッドミルを併用。運動ルートを日によって変更するなど、馬自身が飽きないように取り組んでいます。具合を探りながらピッチを上げましょう」

Photo_3 ロードヴァンドール

9月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に57.9-41.0-26.3-12.5 末強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「9月13日(水)は序盤を15-15。そして終いだけスッと伸ばしています。良い感じ。馬体重も500キロに戻っており、ここまでは概ね順調な経過です。徐々に出走予定馬が増えて、天皇賞(G1)はボーダーラインに。動向にも注意を払いましょう」

≪調教時計≫
17.09.13 助手 栗東坂稍1回 57.9 41.0 26.3 12.5 末強目追う

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間も普通キャンターをコンスタントに消化しています。息遣いはマズマズと言えそう。現状の課題を挙げるならば、外見が幾らか緩んでいる部分でしょうか。今のリズムで乗り込みを重ねることで、しっかりと引き締まって来ると思いますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

目標を富士Sへ切り替え、調整中のクエスト。週末に時計は出しましたが、水曜日は軽めの調整。プールなどを併用してリラックスに努めています。

ヴァンドールは栗東へ戻ってきて、初めて坂路で時計をマーク。馬体も良い感じに戻ってきているようで状態は良さそう。ただ、直行予定の天皇賞・秋への出走が叶うかどうか微妙なラインに。現段階でボーダーラインなら、出走できる可能性は低いように思います。ダメな場合は同日の京都・カシオペアS(芝1800m)へ回ることになるのかな?

暑さが落ち着き、プレミアムの状態は安定してきていますが、楽をさせた影響で馬体に緩みが目立つ現状。今月いっぱいは淡々と乗り込んでいく必要がありそうです。まあ、11月の京都あたりで復帰は可能でしょう。

2017年9月 7日 (木)

登録のあった京成杯AHへの出走は見送り。次走は富士Sを予定しています。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

9月6日(水)重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン55.2-39.8-12.6 6分所を馬なりに乗っています。短評は「追い不足も動き良」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「一応は今週も登録を済ませ、9月6日(水)の追い切りを終えるまで可能性を残しました。ただ、今朝の様子からも良化途上の印象。また、適任のジョッキーが見当たらず、富士Sの方が斤量が手頃です。このまま厩舎に置いて調整を続けます」

≪調教時計≫
17.09.06 助手 美南W重 55.2 39.8 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週サラッと時計を出し、特別登録をしてきたので、出走へ傾いたかなと見ていたロードクエストですが、ハンデ+適当な鞍上が見つからない等を考慮し、出走を見合わせることになりました。まあ、中間の調整が手緩いですし、妥当な判断でしょう。

今後は富士Sへの出走を目指して調整を進めていくことに。あと1ヶ月ちょっと時間はあるので、徐々にピッチを上げていって万全の態勢でレース当日を迎えてもらいたいです。

2017年9月 3日 (日)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_6 ロードヴァンドール

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「輸送熱等にも見舞われず、無事に栗東へ着いた模様です。軽く跨り始めているものの、当面は馬体の回復を最優先に。十分にボリュームアップを図った上で、再び鍛え込んで行きましょう。収得賞金を考えれば、出走自体は大丈夫だと思いますよ」

Photo_6 ロードクエスト

8月31日(木)稍重の美浦・坂路コースで1本目に55.9-41.2-27.7-14.1 馬なりに乗っています。短評は「順調に乗り込む」でした。9月10日(日)中山・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mもしくは10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「順当な回復が叶っており、坂路調教をスタート。8月31日(木)は自然に流す感じで55秒台の時計を出しています。ようやく気持ちが乗って来た印象。今週末までの様子を見極めた上で、京成杯オータムH(G3)に登録するか否かを判断する考えです」

≪調教時計≫
17.08.31 調教師 美南坂稍1回 55.9 41.2 27.7 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは無事栗東へ戻っていますが、まずは前走で減ってしまった馬体の回復が最優先。次走の天皇賞・秋まで時間があるので腰を据えて調整していって欲しいです。

クエストは京成杯AHを見送るのかなと見ていましたが、木曜日に坂路でサラッと。今のところ出否は五分五分でしょうが、登録をすれば前向きに出走へ向かうように思います。昨年勝っているレースで何とか浮上のキッカケを掴んでもらいたいです。

2017年8月29日 (火)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_3 ロードクエスト

美浦トレセンでウォーキングマシン内の歩行運動を消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は無理の生じぬ範囲で調整を続けます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月10日(日)中山・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mもしくは10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「騎乗トレーニングの再開後に結構な疲れを確認。全体的に張りが認められた為、8月18日(金)にショックウェーブ治療を行ないました。現在は気分転換を図る目的でウォーキングマシンとウォータートレッドミルが中心。具合に応じて進めましょう」

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月2日(土)小倉・3歳未勝利・芝1800mもしくは9月3日(日)小倉・3歳未勝利・混合・芝2000mに予定しています。

○昆調教師 「8月23日(水)も普通キャンターまで。体調は安定しており、具合は変わりなさそうです。次週に組まれた芝の2鞍を見据えながらの調整。ただ、確実に使えるかは分からないので・・・。想定表で動向を確認しつつ、調教を加減して行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは京成杯AHへの出走を視野に入れていますが、関屋記念の疲れが見られるので、おそらく富士S1本に備えることになりそう。まずはレースの疲れをしっかり拭い去り、秋競馬へ挑んでもらいたいです。

バリスタは今週の小倉戦を予定。ただ、節が微妙なようで出走が叶うかどうかは木曜日にならないとハッキリしないかも。また、これまでの走りから正直芝では辛いと思います。

2017年8月18日 (金)

展開&枠に泣かされるも、直線では一瞬目立つ伸びを披露。悲観するレース内容ではなかったも…。★ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月13日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに池添Jで出走。16頭立て2番人気で7枠14番からスローペースの道中を9、8、8番手と進み、直線では外を通って0秒3差の6着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分32秒5、上がり33秒3。馬体重は8キロ減少の454キロでした。

○池添騎手 「雰囲気が凄く良かった部分を踏まえ、いつもより攻めました。出して行って中団の馬の後ろで我慢させる形。マイルCS(G1)の時に掴んだ乗り方を実践し、良い感じで道中を進められたと思います。大外を回さないようにだけ注意して直線へ。しっかりと脚を使ってくれたとは言え、結局は先行勢が全く止まらない流れが厳しかったでしょう。脚質的にもあれ以上は序盤に位置を取るのは難しいはず。距離についてはマイルがやはり合っている印象です」

○小島調教師 「馬場と展開を踏まえた運び方。ジョッキーは十分に考えて乗ってくれたでしょう。ただ、コースの内側から乾き始めていた他、先行グループに有利な流れ。1番枠だった5着馬が追い込んだとは言え、こちらはインへ潜り込むのは難しかったと思います。賞金加算が叶わなかっただけに、今後のローテーションをじっくり検討したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気配良化。スタートひと息。ジワッと中団へ。少し行きたがる場面があった。直線は外からグイッと伸びたが、残り100メートルで脚色が鈍る。ペースに泣いたし、外枠も応えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月10日(日)中山・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mもしくは10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「相応の負荷を掛けてレースへ。でも、思ったよりダメージは少ない感じ・・・と跨った助手が話した通り、脚元等に問題は生じていません。今のところは厩舎に置いたまま調整を続ける方針。2鞍を新たな候補に考えており、双方に使う可能性もあります」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここを目標に良い状態でレースに臨めたのは確かでしょうが、先行していた馬たちが上位3頭を独占。そして馬場の内側をロスなく立ち回って粘りを発揮しました。

それに対して、ロードクエストはいつもより前目の位置で追走。この馬とすれば我慢は利いていたと思います。そして最後の直線は馬場の真ん中からしっかり反応。残り200mでは2着に上がりそうな勢いはあったのですが、そこからワンパンチが利かず。ジリっぽくなってしまい6着に終わってしまいました。

結果については残念ですが、レースぶりに関してはそれほど悲観することもないでしょう。ただ、勝ち切る・上位争いに持ち込むには展開の味方が必要。これぐらいのメンバー相手では地力で捻じ伏せるのは難しくなっています。成長度が物足りないのは仕方ないかな。

レース後のクエストですが、大きなダメージはなし。このまま厩舎に滞在して昨年勝っている京王杯AHを目指すことになりそう。サマーマイルシリーズ・最終戦なので、メンバーは今回とほぼ同じ顔触れでしょう。トリッキーな中山だとHペースが予想されるので、その流れを味方に上位進出を。そろそろ収得賞金を加算したいところです。

今回のレースは物足りなさと運のなさを感じました。ただ、レース運び等は悪くなかったと思うので、舞台が変わっての巻き返しに期待は持ちたいです。

2017年8月13日 (日)

前走使う前からココが目標。圧勝経験のある新潟マイルで復活の狼煙を上げて欲しい。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

8月13日(日)新潟11R・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに池添Jで出走します。8月9日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.6-39.4-13.1 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「丹念に乗り込む」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「8月9日(水)も気負わないように注意し、サラッと流しました。今朝は非常に暑かっただけに、先週、先々週の涼しい時にビシッと追うことができたのは大きいでしょう。申し分の無いデキ。得意と思われる新潟で結果を出して秋を迎えたいですね」

≪調教時計≫
17.08.09 調教師 美南W稍 53.6 39.4 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟6日目(08月13日)
11R 関屋記念(G3)
サラ 芝1600メートル 3歳上OP 特指 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ダノンプラチナ 牡5 56 蛯名正義
1 2 レッドレイヴン 牡7 56 北村宏司
2 3 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治
2 4 トーセンデューク 牡6 56 小崎綾也
3 5 ロサギガンティア 牡6 57 大野拓弥
3 6 メートルダール 牡4 56 M.デムーロ
4 7 ショウナンバッハ 牡6 56 柴田善臣
4 8 オールザゴー 牡3 53 内田博幸
5 9 クラリティスカイ 牡5 56 横山典弘
5 10 ダノンリバティ 牡5 56 松若風馬
6 11 ヤングマンパワー 牡5 57 石橋脩
6 12 ブラックムーン 牡5 56 川田将雅
7 13 マイネルハニー 牡4 56 柴田大知
7 14 ロードクエスト 牡4 56 池添謙一
8 15 ウインガニオン 牡5 57 津村明秀
8 16 ウキヨノカゼ 牝7 55 吉田隼人

○土明助手 「先週末にしっかりやったので、今週の調教は整える程度にしました。動きは良かったですし、状態は前走より確実にいいです。条件もベストですし、期待しています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【関屋記念】ロードクエスト、新潟で圧勝再現へ丹念仕上げ(スポニチより)

ロードクエストは先週とは一転して軽め。はるか前を行く僚馬を追うアクションは最初からなく、単走馬なりでゴール。4F53秒6〜1F13秒1。弾むような脚さばきに休み明けのパラダイスS(5着)を叩いた効果が歴然としている。

騎乗した小島茂師は「暑い時季なので、一度どこでやろうかと考えていた。先週が涼しかったので週中(2日)と週末(5日)に負荷をかけることができた。なので、今日はそんなに必要ないと思ったので、気分良くリズムを守って走らせた」と理路整然と説明した。なるほど、先週2日の美浦は19度で秋のような涼しさ。逆にこの日は追い切り後の午前8時で30度超えの酷暑。気温にも細心の注意を払い、丹念に仕上げた。

前走を使う前から、関屋記念は今夏最大の目標。指揮官は「使った効果は確実にある。新潟は坂がない分、この子には向いている。暑さにも比較的強いタイプ」と力を込めた。今回の新潟マイルは新潟2歳Sを制した思い出舞台。2年前と同じ圧勝劇でG1戦線返り咲きが陣営の願いだ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前脚蹄冠部の内側に傷を作った為、春競馬を棒にしてしまったロードクエスト。その為、前走のパラダイスSは約7ヶ月ぶりの実戦に。追い切りは丹念に乗られ、状態は良かったと思ういますが、その前走時からココを目標に据えていたので、前走は勝ち負けよりも先を見据えた試運転。道中は折り合いに専念し、最後の直線で末を伸ばす競馬に徹しました。

5着という結果は確かに物足りなさはありますが、上位2着馬はそのまま中京記念でもワン・ツー。緩い流れで最後まで脚を使っていたことは評価したいです。あとはこの経験が今回に生きてくれるかどうか。それに尽きます。

前走から中6週のローテで臨む今回。厩舎に滞在して調整を進め、時計になるところを丹念に乗ってきました。1週前には坂路でビシッと追われ、調整に狂いはないと思います。最終追いは幾らかセーブした方が良い結果を出していますし。

ただ、今回は夏の重賞とはいえ、かなり粒の揃ったメンバー構成で16頭という多頭数の競馬。追い込み一辺倒のクエストには難しいところ。最後の直線で大外をぶん回しているようでは届かないでしょう。新潟2歳Sのような大胆なコース取りが必要と思います。そこは陣営と池添Jの判断にお任せします。

新潟のマイル戦は圧勝した実績のあるコース。まあ、その当時とは相手のレベルが全く違いますが、復活の狼煙を上げるには最適の舞台ではあります。逆にここで好勝負出来ないようなら、低迷は続くことでしょう。ここはホント試金石の1戦。クエストらしい末脚を繰り出し、収得賞金を加算して秋競馬へ駒を進めてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ