出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードクエスト」の121件の投稿

2017年6月25日 (日)

OP特別で恥ずかしい競馬は出来ないも、爪の不安でブランクがありますし、まずはこの馬らしい末脚を見せてくれれば。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月25日(日)東京11R・パラダイスS(OP)・混合・芝1400mに池添Jで出走します。6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.0-53.1-39.1-13.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を1秒8追走して同時入線。追い切りの短評は「抜群の脚捌き」でした。発走は15時30分です。

○小島調教師 「6月21日(水)は思い通りに手前を替えられなかった点を除けば、ほぼ完璧と言える内容。息遣いに休養明けらしさを残しますが、先週よりも良くなっているでしょう。1400mの流れには乗せず、脚を溜める予定。次走へ繋がるレースを試みたいです」

≪調教時計≫
17.06.21 調教師 美南W良 69.0 53.1 39.1 13.0 馬なり余力 メイスンウォー(古馬1600万)末強目の内1秒8追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京8日目(06月25日)
11R パラダイスS
サラ 芝1400メートル 3歳上OP 特指 混合 別定 発走15:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ノットフォーマル 牝5 54 江田照男
2 2 ウインガニオン 牡5 57 津村明秀
3 3 ショウナンアチーヴ 牡6 56 内田博幸
4 4 タガノブルグ 牡6 56 大野拓弥
5 5 グランシルク 牡5 56 戸崎圭太
6 6 コスモドーム 牡6 56 柴田大知
7 7 アルマワイオリ 牡5 56 石橋脩
8 8 ダイワリベラル 牡6 57 菊沢一樹
8 9 ロードクエスト 牡4 57 池添謙一

○土明助手 「息遣いは休み明けかなといった感じですが、本数は乗っていますし、久々でも走れる馬ですからね。OP特別では力が上なのは間違いないですし、あとは自分の競馬に徹するだけです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【パラダイスS】ロードクエスト気配上々(サンスポより)

蹄の外傷で昨秋のマイルCS(9着)のあと休養していたロードクエストが、関屋記念(8月13日、GIII、新潟、芝1600メートル)のステップ戦に挑む。

美浦Wコースでメイスンウォー(古馬1600万下)と併せて、馬なりのまま無理をせず、5F69秒9-53秒7-39秒7-13秒5で内から併入した。行きっぷりの良さ、フットワークの軽さに久々の感じはない。

「本数、内容からしてもう息はできている。ただ、夏の本番はマイルの関屋記念だし、1400メートルに合わせた慌てさせるような競馬はさせない」と小島茂調教師。ここも自分の形(後方一気)にこだわるようだ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【パラダイスS】美浦レポート~ロードクエスト

25日(日)に東京競馬場で行われるパラダイスステークス(オープン・芝1400m)に出走予定のロードクエスト(牡4、美浦・小島茂之厩舎)について、追い切り後小島茂之調教師のコメントは以下の通り。

「マイルCSの後は放牧先でゆっくりさせていて、安田記念に向けてどうやって行こうかと相談していた所でしたが、そこで馬がどこかではしゃいだみたいで、爪の上の方を怪我してしまったんです。大事な馬ですし、無理せず、慌てずやりましょうという事で、この時期の復帰になりました。

厩舎に帰って来てからも、変わらないと言えば変わらないですね。相変わらず子供っぽい、やんちゃな面はありますが、それでいてちゃんと我慢出来る所もある、いつものロードクエストという印象です。

この中間は、復帰するレースを決めずに、夏の目標は関屋記念を勝たせる事に置いていました。そこに向けて一度競馬を使うか、使わないかはあくまで馬の状態を考えてということで。関屋記念が目標ではあっても、その前の目標はぼかしながらやってきました。(ここでの復帰については)エプソムカップやこのレース、先週の米子ステークスと選択肢があった中で、ある程度しっかり調教の本数をこなせて、休み明けでもそれなりの状態で使える週に、たまたま1400mのレースがあったという所ですね。ここが馬が一番気持ちよく、力まずに走れるかなと考えて選択しました。

時間をかけて丁寧に調教して来られて、先週末の段階である程度できている感はあったので、今週は微調整程度にしましたが、休み明けとしては良い状態で出せると思います。休み明けで初めての1400mですから様子を見つつという所はありますが、当然期待している馬ですし、期待されている馬ですからね。願わくばきちんと勝つ、という結果を出してくれて、出来れば強い勝ち方をしてくれれば良いな、と思っています」

※ラジオNIKKEI・ウェブサイトより

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイルCSでは良いところを見られず、失意の敗戦となってしまったロードクエスト。その後は休養にじっくり時間を取り、1から立て直しを進めてきました。そしてそろそろ調教の負荷を高めようとしていた2月。馬房で何らかの拍子で暴れ、自分で右前脚蹄冠部の内側に傷を作ってしまいました。

スポーツ紙では春の始動戦がダービー卿CTと噂されている中、結果的にこの怪我で予定は白紙に。状態が良くても、蹄が伸びるのを待つ必要があり、乗り出してからも焦ることなく慎重を期してきました。今はその怪我の後遺症などもなさそうです。

5月12日に帰厩したロードクエストはひとまず目標を定めずマイペース調整。感触を確かめながら追い切りを重ねてきました。ビシビシとはやられていないも、動きの質はさすが。今夏の最大目標・関屋記念を設定し、検討の結果、OPのパラダイスSから始動することになりました。

芝1400mは初めての距離。ただ、今回はそれを意識せずじっくり脚を溜める競馬になりそう。その中でどこまで上位へ食い込めるか。恥ずかしい競馬はして欲しくありませんが、目標は次なので、勝ちに行くよりもレース内容が重視される1戦です。約7ヶ月ぶりの実戦ですし、まずはクエストらしい末脚を見せてくれればと思っています。また、この休養期間を経て、心身の成長が感じられることを願っています。

2017年6月18日 (日)

鞍上は引き続き池添Jに決定。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月15日(木)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン80.0-66.2-52.6-39.2-12.9 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒2追走して同時入線。短評は「気合乗り上々」でした。6月25日(日)東京・パラダイスS(OP)・混合・芝1400mに池添騎手で予定しています。

○小島調教師 「6月15日(木)は終始馬なり。5ハロン約66秒の時計が出ていたでしょう。1周半の距離を走って最後は若干疲れた感じでしたが、この一追いで更に上向いてくれるはずです。来週へ向けて順調そのもの。池添騎手とのコンビ継続が決まっています」

≪調教時計≫
17.06.15 調教師 美南W良 80.0 66.2 52.6 39.2 12.9 馬なり余力 スズカヴァンガード(古馬1000万)一杯の内1秒2追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

復帰戦がいよいよ来週となったロードクエスト。レース1週前追い切りにあたる15日は6ハロンから意欲的な内容。馬場の外目を回ってこの時計はさすがの脚力です。帰厩後、ビシビシとはやられていないも、このひと追いでグッと上向いてくれるでしょう。

発表されていなかった次走の鞍上は池添Jに決定。クエストへの期待・思い入れはあるでしょうし、改めて結果を出してG1戦線へ絡んでいってもらいたいです。

2017年6月12日 (月)

25日の東京・パラダイスSで復帰することが決まりました。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

6月8日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン54.3-39.9-12.9 9分所を馬なりに乗っています。短評は「シャープな脚捌き」でした。6月25日(日)東京・パラダイスS(OP)・混合・芝1400mに予定しています。

○小島調教師 「6月8日(木)もリラックスを意識。息遣いはまだ重い状態とは言え、動きは大分良くなりました。仕上がりを見ると来週は早そう。また、復帰戦に中京記念(G3)を選んだ場合、賞金加算を狙う関屋記念(G3)までの間隔が狭まります。まずは東京最終週の芝1400mで一叩きしましょう」

≪調教時計≫
17.06.08 調教師 美南W良 54.3 39.9 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関屋記念が1つ目標になるのは薄々感じていましたが、その前にどこを使うか分からなかったロードクエスト。この度の更新で25日の東京・パラダイスSでの復帰が決まりました。

追い切りの動きはまだまだ物足りませんが、気の良いタイプなので実戦へ行けば、それなりに力は発揮してくれると思います。また、1度使っておけば、良い意味でガス抜きも出来るでしょうし。

レース当日、阪神で宝塚記念が行われます。引き続き、池添Jとのコンビで臨むのか、新たなパートナーを選択するのか。ちょっと注目したいです。

2017年6月 5日 (月)

ロードなお馬さん(4歳・関東馬)

Photo_3 ロードクエスト

5月31日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン70.6-54.6-41.3-13.3 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って0秒4遅れ。短評は「順調に乗り込む」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小島調教師 「少し前に発疹が認められました。全体に出た症状も徐々に引き、今は首に残っている程度。久々のトレセンの環境にストレスを受けているのでしょう。5月31日(水)も落ち着いて走る部分を重視。並んで力むよりは・・・と考え、後方のまま終えています」

≪調教時計≫
17.05.31 調教師 美南W良 70.6 54.6 41.3 13.3(8)馬なり余力 メイスンウォー(古馬1600万)馬なりの内3F併0秒4遅れ

Photo_3 ロードセレリティ

2017.06.01
レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は6月2日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して7月8日(土)中京・豊明S・混合・芝1400mへ向けて態勢を整えます。

○高柳調教師 「地方の1200mで勝っているものの、中央の流れでは1400~1600m向き。スプリント仕様に作り変えることもできるとは思いますが、距離を戻す時に簡単には行かないでしょう。今後は小休止を挟んで中京へ。負けた際はハイペースに加え、幾らか調子が落ちていたのかも知れません。秋まで右回りや東京開催を待つよりは再挑戦を選びたいです」

2017.05.31
レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高柳調教師 「先週はありがとうございました。戻ってからも問題は無さそうです。勝ってすぐに降級。東京にマイル戦が組まれるとは言え、中1週が合うタイプとは違うでしょう。また、阪神には適鞍が組まれていません。放牧も含めて新たなプランを検討します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは蕁麻疹が出て、トレセンの環境にストレスを感じているようですが、しばらくのんびりしていたことも影響あるのでしょう。調教自体は順調に消化。こちらはスイッチを入れないようにマイペースを貫いています。まあ、焦ることなく、じっくり進めてもらえれば。

レース後のセレリティですが、状態は安定。暑い時季は得意じゃないと思うので、この後は充電生活で良いかなと思うのですが、来月8日の中京・豊明Sへ向かうことに。正直、あまり良い選択とは思いません。また、1400mがベストだと思いますが、上限がこの距離かと。流れ云々より、ピッチ走法ですから。

2017年5月28日 (日)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_3 ロードクエスト

5月25日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.9-39.0-13.4 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を1秒6追走して0秒1遅れ。短評は「変わりなく順調」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小島調教師 「5月25日(木)は戻って来て初めての併せ馬。終始リラックスしたまま駆けていた部分に好感を持っています。秋に大舞台へ送り込む為には、夏季開催中の賞金加算が重要。その点を意識しつつ、具合を見ながら慎重にローテーションを組みましょう」

≪調教時計≫
17.05.25 助手 美南W良 52.9 39.0 13.4 馬なり余力 ユニゾンデライト(古馬500万)末強目の内1秒6追走0秒1遅れ

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ショックウェーブと揉み針の効果でトモの具合は随分楽に。この中間にペースアップを図っており、遠からずに15-15も始められそうな感触です。夏さながらの暑い日が続くだけに、些細なコンディションの変化にも注意を払いながら接したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは帰厩後初めての併せ馬を消化。無理させず少し遅れましたが、昨年と比べてムキになる面が緩和されてきたのは良いことかなと思います。この良い雰囲気を維持していって欲しいものです。

ヴァンドールはクタっとしていたトモはだいぶ良化。色々治療・ケアを施してくれた成果です。ただ、暑さに強いタイプではないと思うので、体調の変化には十分気を遣ってもらいたいです。

2017年5月19日 (金)

12日に美浦・小島茂厩舎へ帰厩しています。☆ロードクエスト

Photo_6 ロードクエスト(牡・小島茂)父マツリダゴッホ 母マツリダワルツ

2017.05.18
5月18日(木)良の美浦・坂路コースで1本目に54.1-40.6-27.4-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

≪調教時計≫
17.05.18 助手 美南坂良1回 54.1 40.6 27.4 14.1 馬なり余力

2017.05.17
美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小島調教師 「帰厩後も変わった様子は無し。相変わらずヤンチャな面を残しますが、半年の休養を経て身体がしっかりしましたね。入念に乗り込みを重ねた上で、あくまでも状態に応じて目標を決める方針。従って、安田記念(G1)への参戦は全く考えていません」

2017.05.16
5月12日(金)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「移動へ向けた最終的な確認を兼ねて5月9日(火)も15-15を行なう格好。前回同様に難無く対応できていましたよ。順調に良化を辿っている状況を踏まえ、12日(金)にトレセンへ出発。トップレベルの舞台で改めて頑張って欲しいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で帰厩が近いことは分かっていましたが、半弟よりも一足先に厩舎に入ったロードクエスト。すぐに坂路で時計を出しているので、蹄は問題なく、体調自体も良いのでしょう。

今後の予定については、もう少し乗り込みを進めてから検討するとのことですが、安田記念には行かないとのこと。まあ、普通に考えれば、7月23日の中京記念か福島テレビOPが有力なのかなと思います。

春競馬は棒に振ってしまいましたが、重賞・OPで結果を出して、秋の大舞台に戻ってきて欲しいです。

2017年5月11日 (木)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「先週末にハロン15秒のラップを刻みました。息遣いにこそ休養明けらしい部分を覚えたとは言え、本馬にとってはこのぐらいは楽々と言った様子ですね。5月8日(月)に小島厩舎の担当スタッフが来場。5月中旬の帰厩プランが浮上していますよ」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は515キロ。

○当地スタッフ 「緩み過ぎない程度に乗っていますが、馬自身の内面が休んでいる感じに。気が抜けて来たと同時にトモの疲れがより鮮明になって来ました。計画に沿って先週末に2回目のショックウェーブを実施。今後もケアを施しつつ状態アップを叶えたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近日中にペースアップを図ると言われていたクエストですが、早速ハロン15秒台の調教を敢行。そう慌てる必要はないかと思いますが、動きは良好。このあたりはさすがです。次走についてはまだ分かりませんが、早ければ来週中に帰厩となりそうです。

ヴァンドールは軽めに乗ってはいますが、連戦の疲れが抜け切っていない様子。昆調教師と相談しながら、適切な治療を行っていって欲しいです。焦らずじっくり立て直していきましょう。

2017年5月 6日 (土)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに20-20を消化できています。相変わらず脚元に悪い兆候は認められないだけに、近日中にペースアップを図りましょう。これまで通りに無理は避ける考え。ただ、馬自身の雰囲気や跨った感触を見る限りはドンドン進められそうです」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「順当にダメージが取り除けている様子。ここに来てハロン20秒のキャンターを交えています。次のステップへ移ってから気になるポイントは浮かんでいないだけに、様子を窺いつつ更に先の段階を見据えたいです。飼い葉についても心配要りません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄のトラブルで春競馬に間に合わなくなってしまったクエストですが、4月から騎乗運動を再開。ひとまず無理のないペースで慎重に進められていますが、着実に良化を遂げている印象。あとはどのタイミングでペースを上げていくかです。

ヴァンドールは少しクタッとしてしまいましたが、楽をさせて疲れは徐々に解消へ。脚元に疲れ・反動は出ていないだけに体調・馬体が戻ってくれば、ペースアップは可能でしょう。ただ、復帰戦はもう少し先を予定しているようなので、意識的にゆっくり進めてもらえればと思います。

2017年4月28日 (金)

ロードなお馬さん(4歳・千葉ケイアイファーム組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「日によって後半の4ハロンを目安にハロン20秒まで速める場合も。引き続き、問題は浮上していません。動きそのものに目を移すと、休んでいた分の緩さや硬さが段々と取れて来た感触。この先も慎重に様子を確かめながらメニューを組み立てます」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング3600m。

○当地スタッフ 「ショックウェーブ治療を済ませた後は2日間ほど楽をさせ、再び人間を背に迎えました。適度に気持ちが入っており、週を追う毎に身体も回復。この分ならば進められるでしょう。昆調教師のアドバイスを参考に、少しずつペースを上げて行きます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは脚慣らし程度の乗り込みですが、問題なく消化。この感じだと、スムーズにペースアップは叶っていくでしょうが、まずはしっかり土台を築くことが大事。今しばらくは我慢の調整を。

ヴァンドールは適切な処置+休養を挟んで、ダメージの回復が進みました。ただ、再始動は夏の後半から秋競馬だと思うので、昆調教師と連携を取ってコツコツ鍛えていって欲しいです。また、精神面もこの機会に大人へと変貌を遂げてもらいたいです。

2017年4月20日 (木)

ロードなお馬さん(関東馬・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「キャンターに移ってからも悪い変化は無し。右前脚の蹄が更に伸びるのを待つと共に、徐々に身体を作ろうと思います。ここまでの経緯を踏まえると、安田記念(G1)を目指すのはなかなか難しい状況。馬自身の具合に応じて慌てずに進めましょう」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「4月14日(金)に5ハロンから15-15を行ないました。大幅にウェイトが増えた分の影響に加えて単走だった部分もあり、幾らか動きが鈍かった印象。次は併せ馬で攻めましょう。ここまでは順調そのもの。本数をこなすに連れて上向くはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは無難に乗り進めていますが、右前脚の蹄が万全じゃないのと、休んでいた期間が長いので、慎重なスタンス。やはり安田記念に間に合わすのは難しそう。この感じだと、夏の関屋記念あたりが目標になってくるのかなと思います。

セレリティは重めの造りということで動きはモッサリしていたようですが、15-15の調教へ。状態に関しては何ら不安はありません。この感じだと、クラス再編成前に準OPでもう1戦出来るでしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ