出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードプレミアム」の113件の投稿

2017年7月21日 (金)

ロードなお馬さん(4歳上関西馬・牧場組)

Photo_3 ロードプレミアム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「競馬を走り終えたばかり。到着後は余裕を持たせています。近日中に軽く跨る予定。そこでの感触を踏まえつつ、以後のメニューを組み立てる方針です。ただ、どうやら滞在は短期間の見込み。ひとまずは回復優先に考えるのが妥当でしょう」

Photo_3 ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。近日中に函館競馬場へ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「調教内容を強化。登坂を始めると共に15-15の稽古も交えています。着実にステップアップが図れているように、ここまでは概ね順調と言えるのでは・・・。早ければ今週末にも函館へ向かう予定。しっかりと準備を整えておきたいと思います」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。背腰の具合も悪くないですね。この感じならばピッチを上げても大丈夫そう。近日中に坂路へ連れ出そうと思います。どちらかと言うと疲れが溜まり易いタイプ。そのあたりに注意を払いつつ進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはグリーンウッドへ移動して1週間も経っていませんが、見た目に大きなダメージはなさそう。今後については跨ってみての感じで方針を決めるとのこと。ただ、短期で戻すようなので、次走は新潟を考えているのかな?

ヴァンドールはおそらく週末の検疫で函館競馬場へ入るのでしょう。馬体の回復に多少不安はありますが、調整は順調ですし、体調は何ら問題ないのでしょう。あとはG1の大阪杯で最下位に敗れた精神的なダメージ・後遺症がないことを願うばかりです。

プレステージは日々の調教を無難にクリア。状態は問題なさそうですが、暑い時季はそんなに得意ではないと思います。鍛えても上昇度は乏しいので、まずはリフレッシュが叶った状態で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

2017年7月13日 (木)

最後は決め手のある馬に屈してしまうも、積極的な立ち回りで最後まで渋太さを発揮。高速決着に対応できたのは収穫大です。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

7月9日(日)中京10R・有松特別・混合・芝1600mに川田Jで出走。10頭立て4番人気で7枠8番から平均ペースの道中を6、5、3番手と進み、直線では内を通って0秒1差の3着でした。馬場は良。タイム1分32秒8、上がり34秒5。馬体重は10キロ減少の490キロでした。

○川田騎手 「コース内側が荒れていたものの、苦にする素振りも見せずにスイスイと。そこでロスを避けるべくインを突きました。前回に比べて後肢の具合がグンと良い感じに変わった反面、連戦で全体的に幾らか疲れ気味な印象も。そんな中でも最後まで頑張ってくれたでしょう。1600mは全く問題なし。フレッシュな状態を取り戻せば更に走れるのでは・・・」

○池江調教師 「切れる脚は使えぬタイプ。決め手を持つ馬には負けてしまいます。とは言え、レコード決着で僅差3着。力を付けている印象です。以前に距離を延ばして失敗した経験も。短縮される分には大丈夫・・・と見込んでいたものの、実際に結果が伴った事で選択肢も広がるでしょう。次走を優位に選べる立場。ただ、ちょっと回復の時間を設けるべきかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。7月12日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して夏以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○池江調教師 「脚元等は大丈夫そう。喉の具合も安定しています。ただ、全体的に多少クタッと。一旦リフレッシュさせましょう。7月12日(水)にトレセン近郊の牧場へ。移動後の様子と経過を確認しつつ復帰プランを検討するのがベターかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2勝目を挙げた前走から更に状態を上げているようだったので、昇級戦でも格好を付けて欲しいと思っていたロードプレミアム。負けはしましたが、想像以上のパフォーマンスを見せてくれました。

初めてのマイル戦でレース序盤は戸惑いを感じさせる走りでしたが、スッと押し上げて行って好位をキープ。4角を回ってくる時は追っ付け気味で余裕はなかったですが、直線で追われると実に渋い伸びを発揮。2着馬がスッと抜け出しに掛かるも、プレミアムは内から抵抗するような粘り腰。最後の最後で勝ち馬が大外を強襲して決め手の差が出てしまいましたが、負けて強しの競馬で胸を張れると思います。

また、前走に引き続き、速い時計への決着に対応できたのも大きいでしょう。これならクラスが上がっていっても、経験を積めば対応していってくれるでしょう。今回の競馬から、マイラーとしての資質・適性は確かなものだと思います。

レース後、脚元&喉は大丈夫そうですが、全力を出し切ったことでクタッと。優先権を取ることは出来ましたが、ここは放牧が妥当でしょう。個人的には夏のローカル開催での復帰は見送り、秋の阪神へ直行して欲しいです。

まだまだ緩さ・内面の弱さが解消できていないプレミアム。この点が良くなれば、まだまだ進化出来る筈。ここ2走で掴んだ好感触を今後にしっかり役立てていって欲しいです。

2017年7月 9日 (日)

毛ヅヤが冴えて体調は頗る良さそう。初めてのマイル戦も魅力。あとは昇級しての力関係だけで…。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

7月9日(日)中京10R・有松特別・混合・芝1600mに川田Jで出走します。7月5日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.7-38.8-12.2 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒6追走して0秒2先着。追い切りの短評は「脚いろで勝る」でした。発走は15時00分です。

○兼武調教助手 「7月5日(水)は川田騎手の手綱で。トモの踏み込みに良化の跡が窺える・・・と感想を述べたように、状態は更に上向きと言えるかも知れません。ハンデ54キロは好材料ながら、昇級に加えて初めてのマイル戦。そのあたりがポイントでしょう」

≪調教時計≫
17.07.05 川 田 栗CW不 53.7 38.8 12.2 馬なり余力 エアカミュゼ(障害未勝利)一杯の内0秒6追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京4日目(07月09日)
10R 有松特別
サラ 芝1600メートル 3歳上1000万下 指定 混合 ハンデ 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オーマイガイ 牡4 55 岩崎翼
2 2 イレイション 牡5 56 藤岡佑介
3 3 ジルダ 牝5 53 和田竜二
4 4 シンダーズ 牝5 53 松山弘平
5 5 ミリッサ 牝3 52 福永祐一
6 6 カイザーバル 牝4 55 M.デムーロ
6 7 ブラウンカイ 牡6 52 酒井学
7 8 ロードプレミアム 牡4 54 川田将雅
7 9 サントノーレ 牝5 50 高倉稜
8 10 タガノカムイ 牡5 55 国分優作
8 11 ラインハーディー 牝6 53 幸英明

○池江寿師 「切れるタイプではないので、前回のように早目の競馬が合いますね。状態は悪くないし、距離もいいと思いますが、昇級戦なので楽ではないでしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で久々の2勝目を掴み取ってくれたロードプレミアム。最後のひと押しに欠ける競馬が続いていましたが、スタートを決め、早めの立ち回りが出来たことで後続を何とか振り切ることが出来ました。スパッと切れない馬なので、こういう形の競馬が合っていると思います。

その後は在厩調整を続けてここへ。中3週のローテですが、毛ヅヤが冴え、体調自体は頗る良さそう。最終追いもしっかり先着してくれました。デキに関しては胸を張れるので、あとは昇級しての力関係です。

元々、相手なりに走る馬ですし、それなりに強い相手と競馬はしてきました。今回もまずは前走のような競馬が出来るかどうかが1つポイントだと思います。マイル戦は初めてですが、個人的にはこの距離に1度使って欲しかったので、不安よりも期待が大きいです。

まあ、相手関係を見ると、人気を集める馬たちは決め手上位。真っ向勝負では分が悪いので、積極策で粘り込みを。54キロの恵量がプレミアムを後押しして欲しいです。

2017年7月 2日 (日)

ロードなお馬さん(4歳・来週出走予定馬)

Photo_3 ロードプレミアム

6月29日(木)良の栗東・ニューポリトラックコースで5ハロン70.2-55.3-41.6-13.4 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の外を通って同時入線しています。7月9日(日)中京・有松特別・混合・芝1600mに川田騎手で予定しています。

○池江調教師 「6月29日(木)はポリトラックをサッと。続けて使っているのに加え、間隔も詰まりますからね。ひとまずは十分。前走後も良いデキを維持しており、依然として喉も違和感を覚えません。このまま無事に次週まで持って行ければ・・・でしょう」

≪調教時計≫
17.06.29 助手 栗東P良 70.2 55.3 41.6 13.4 馬なり余力 トゥザクラウン(3歳未勝利)末強目の外同入

Photo_3 ロードセレリティ

6月29日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン66.7-51.5-37.3-12.7 6分所を直線一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒8追走して0秒6先着。短評は「追走先着に好感」でした。7月8日(土)中京・豊明S・混合・芝1400mに幸騎手で予定しています。

○高柳調教師 「6月29日(木)は攻め駆けしない僚馬が相手でしたが、後ろから追い掛けてしっかりと先着を果たしています。内にモタれ気味な点と幾らか重い部分があるとは言え、京都で使った際の1週前よりも状態は良いです。ここまでは順調そのものでしょう」

≪調教時計≫
17.06.29 伴 美南W稍 66.7 51.5 37.3 12.7 直一杯追う ロードシャリオ(古馬1600万)一杯の内0秒8追走0秒6先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の中京戦を予定している2頭の近況をまとめて。

プレミアムは日曜日に前走後の初時計をマークして、29日はポリトラックでサラッと。疲れを残さない意味でポリトラックを選んだんでしょう。動き自体はマズマズ。マイルの距離は魅力も、次走は昇級戦。現状の力でどこまで通用するか、まずは見てみたいです。

セレリティはレース1週前ということでしっかり負荷を掛けられています。良い感じに仕上がってきていると思いますが、凡走している条件への出走。暑さに強いタイプでもないので、走ってくれれば儲けものぐらいの気持ちです。

2017年6月24日 (土)

ロードなお馬さん(父ディープインパクト・入厩組)

Photo_3 ロードプレミアム

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月9日(日)中京・有松特別・混合・芝1600mに川田騎手で予定しています。

○池江調教師 「中京2週目を目指して仕上げを進める方針。ここまでは優先的に出走が叶いますね。クラスが上がるだけにハンデ戦なのもベターでは・・・。6月21日(水)は普通キャンター。時間は十分に残されており、すぐに時計を出す必要も無いでしょう」

Photo_3 ロードレジスタ

6月22日(木)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.6-68.0-52.7-38.7-12.1 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒8先行して0秒3遅れ。短評は「追い比べで見劣り」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「6月22日(木)も水準の時計を記録しています。落ち着きを増しているのも好材料。来週ぐらいにはゴーサインを出せるかも知れません。ただ、続けて使う為には初戦から少なくとも5着以内を得ないと。番組も含めて慎重に判断しましょう」

≪調教時計≫
17.06.22 和田竜 栗CW稍 83.6 68.0 52.7 38.7 12.1 一杯に追う レオナルド(古馬500万)一杯の外0秒8先行0秒3遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で待望の2勝目を挙げたロードプレミアム。今はまだ軽めの調整を続けていますが、体調は何ら心配なし。次走に関してですが、優先権の効果がある来月9日の中京・有明特別へ向かう予定となっています。引き続き、川田Jが乗ってくれるのは嬉しいです。ただ、昇級戦ですから、ここでの好走を臨むのはちょっと酷かも。1000万下に慣れていく必要があるでしょう。マイルは案外合うと思います。

レジスタは先週同様にCWコースで併せ馬をビシッと。先週は追走という形でしたが、今週は先行という形。実戦を想定して色々教えている最中でしょうが、追ってからが一息。同期のディープインパクト産の牡馬は既に2頭とも勝ち上がっていますが、レジスタに関しては期待よりも不安な気持ちが強くなってきています。能力的に遜色ない存在だと思うのですが…。

2017年6月15日 (木)

4角で先頭に立つ積極策が嵌る。直線も鞍上の叱咤に応えて待望の2勝目。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

6月10日(土)阪神12R・3歳上500万下・芝1800mに川田Jで出走。11頭立て4番人気で6枠6番から平均ペースの道中を4、4、1番手と進み、直線では内を通ってタイム差無しで優勝。2勝目を飾りました。馬場は良。タイム1分45秒8、上がり33秒7。馬体重は4キロ減少の500キロでした。

○川田騎手 「トモの緩さが目立つ状態。返し馬から思うように入って来ませんでした。ゲート裏で入念にダクを踏むと幾らか解消。それで何とかスタートを切れたのでしょう。道中は軽く促しつつ、その上で姿勢を起こしながら・・・と言った感じ。現状では上手くフォームを保たないと難しい部分を残すかも知れません。ペースが遅かったのに加え、瞬発力勝負だと分が悪いかな・・・と。自分から早目に動いて行ったものの、最後まで辛抱してくれましたね」

○池江調教師 「いつもゲートでモサッと。ピリッとさせてから臨んで欲しい・・・と川田騎手に伝えました。スタートが決まった分、好位で運べた格好。普通ならばゴール前で交わされるパターンでも、そこから踏ん張れたのはジョッキーの技量も大きいでしょうね。一叩きの効果で具合も上向き。クラス再編前に勝てれば更に良かったものの、無事に勝利を飾れて一安心です。レース後の状態と番組を確認した上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

軽く促して先行2頭の後ろ、半マイル標から動き出し、3ハロン標で先頭に並びかけると、直線では抑えたまま先頭に立っていた。そこから踏ん張ってトリオンフの追撃をクビ差抑えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○池江調教師 「川田騎手からも喉に関しての指摘は特に無し。手術が上手く行った事例かも知れませんね。無事に栗東トレセンへ。変わらぬ様子で過ごしており、厩舎で調整を続ける予定です。約1ヶ月は優位にレース選択可能。その間で目標を定めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後の直線でジリジリ伸びる競馬が続いていたプレミアム。それ故、差し切るのは難しいのかなと見ていましたが、今回は鞍上のファインプレーが光りました。

モサッと出るゲートを五分にこなし、いつもより前目の位置で追走。大型馬で器用な脚を使える馬ではないので、ペースが上がる前に自分から動いて行ったのは大正解。ただ、4角先頭はちょっと早かったと思いますが、ラチを上手に頼っての粘り込み。外から2着馬トリオンフが急追してきましたが、クビ差ほど差が詰まったところで再加速。鞍上の技術+プレミアムの根性で凌ぎ切ってくれました。まあ、川田Jも直線で差されることは覚悟していたでしょうが、最終的に全てが噛み合ったというか嵌りました。

レース後のプレミアムですが、喉の状態を含めて特に異常なし。このまま厩舎に滞在して昇級戦へ臨むようです。

初勝利から1年ちょっとが経過しての2勝目。喉の手術等があって、成績は低迷し、巻き返しは難しいのかなと見ていただけに嬉しいと同時にビックリもしました。“昇級して即通用”は?ですが、相手なりに走れるタイプ。今回のような積極策で渋太さを生かしていって欲しいです。そして何れは1000万下を卒業できるようにプレミアムには頑張って欲しいです。

2017年6月10日 (土)

喉の手術明けの1戦を叩いて上昇。馬を動かせる川田Jとのコンビでそれなりの結果を出して欲しい。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

6月10日(土)阪神12R・3歳上500万下・芝1800mに川田Jで出走します。6月7日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に52.5-38.8-24.8-12.3 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒4先行して0秒2遅れ。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は16時10分です。

○兼武調教助手 「6月7日(水)は終い重点。レース間隔も考慮した内容です。動き自体は申し分なし。喉も気に掛かりませんね。先週以降は頭数が落ち着いており、どうやら希望通りに出走が叶いそう。スムーズな競馬が出来れば好勝負が可能だと思います」

≪調教時計≫
17.06.07 助手 栗東坂良1回 52.5 38.8 24.8 12.3 強目に追う キロハナ(古馬1600万)一杯に0秒4先行0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神3日目(06月10日)
12R 3歳上500万下
サラ 芝1800メートル 指定 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サウンドパラダイス 牝4 55 菱田裕二
2 2 ヒルノマレット 牡5 55 荻野極
3 3 トリオンフ せ3 54 和田竜二
4 4 タガノガジュマル 牡4 57 高倉稜
5 5 ナンヨーマーズ 牡3 54 福永祐一
6 6 ロードプレミアム 牡4 57 川田将雅
6 7 ミスズダンディー 牡5 57 秋山真一郎
7 8 ロワール 牝4 52 富田暁
7 9 オブリゲーション 牡4 57 中谷雄太
8 10 アンペラール 牡4 57 松山弘平
8 11 ゼンノタヂカラオ 牡4 57 武豊

○兼武助手「前回はノドの手術明け。内容は悪くなかったと思います。使った後もノドの状態は問題なく、上積みを感じますからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術を経て、久々の出走となった前走。直前の動きが良く、クラス再編成前の2勝目を期待したのですが、最後の直線は伸び切れず。前々走でも少し太く思っていたので、それからプラス6キロの出走となった前走は馬体に余裕があったんでしょう。

そこを叩いて臨む今回。中2週と間隔が詰まっているので、直前は坂路での仕上げ。先行して遅れていますが、相手が素質馬のキロハナですし、プレミアム自身は多少余力を残してもの。思っているほど絞れて来ていない感じですが、1度使った効果で内面の強化は見込める筈。手術した喉は特に問題は出ていません。

相手関係を見ると、軽量の3歳馬も侮れませんが、やはり上のクラスで頑張っていた降級馬2頭(ゼンノタヂカラオ・オブリゲーション)が強敵。終いの脚は堅実で、タフな阪神は合いそうです。

プレミアム自身は最後ワンパンチ足りない競馬が続いています。ただ、そこは馬を動かして、しっかり追える川田Jとのコンビでひと押しを。500万下なら十分通用する筈ですから。また、手足の長い馬なので良馬場で競馬が出来ることを願っています。今回はそれなりの結果(3着以内)が欲しい1戦です。

2017年6月 2日 (金)

ロードなお馬さん(4歳・関西馬)

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週末に5ハロンからハロン15秒のタイムを出しました。この程度の稽古は余裕綽々。流石はオープン馬ですね。管理を任されてもうすぐ2ヶ月が経ちますが、来た当初に考えていたよりも回復が早い印象。良いリフレッシュが叶っているのでしょう」

Photo_3 ロードプレミアム

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、6月10日(土)阪神・3歳上500万下・芝1800mに予定しています。

○池江調教師 「5月31日(水)は角馬場で十分に身体を解してから坂路を軽く1本。一度レースを使って上積みが見込めそうです。週末より再びペースを速める予定。ゲートインを果たせるか・・・は分からぬものの、次週に組まれた芝1800m戦も候補でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールはしっかり軌道に乗ってきました。長めから速いところを乗っても、難なく対応してくれています。この感じだと秋競馬を待たずに復帰できそうです。ただ、前走最下位に敗れているので走るのが嫌にならないように精神面のケアをしっかり行ってもらいたいです。

プレミアムはひとまず来週の芝1800mを予定。ただ、来週まで2場開催で優先権を逃しているので、出走できるかどうか微妙。また、クラス再編成でレベルの高い4歳馬の降級馬が出てくるでしょうから、楽な競馬にはならないでしょう。1度使ったことによる上積みには期待したいですが…。

2017年5月25日 (木)

喉の手術明けで幾分余裕のある造り。直線は大外からジリジリ差を詰めるも6着まで。★ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

5月21日(日)新潟10R・高田城特別・混合・芝1800mに秋山Jで出走。16頭立て3番人気で6枠12番から平均ペースの道中を10、11、11番手と進み、直線では外を通って0秒3差の6着でした。馬場は良。タイム1分46秒2、上がり34秒0。馬体重は6キロ増加の504キロでした。

○池江調教師 「ちょっと消極的な競馬に。もう少し強気に運んでも良かったでしょう。ただ、最後は伸びそうで伸びず・・・と言った感じ。今のところ息遣い云々の話は届いていないだけに、久々の分が幾らか影響を及ぼしたのかも知れません。ここを使って上向いて欲しいところ。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好馬体も余裕残し。後方の外。直線は大外を通って伸びてきたが、届かず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○池江調教師 「無事に栗東へ。変わらぬ様子で過ごしており、今のところ大きなダメージも窺えません。ただ、5着を外す結果に。厩舎で調整を続ける予定ながら、どのぐらいの間隔が必要か・・・。今週から2場開催。動向も確認しつつ狙いを定めたいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

休み明けでもスッキリ仕上がっている感じだったのですが、実際はプラス6キロでの出走。やはり少し重めが残っていたのでしょう。レースは直線大外から差を詰めるロードプレミアム。ジリジリ来ているのですが、まとめて面倒見るところまでは行かず。喉の手術明けでコンマ3秒差の6着は悪くないのですが、やはり物足りなさは残った1戦です。

これまで芝1800mを中心に使われてきましたが、どうしても伸びあぐねるところを見ると、この距離は微妙に長いのかも。1400m~1600mを1度試して欲しいところ。後方でなく好位・中団で脚を溜める競馬を見てみたいです。

レース後のプレミアムですが、状態は特に変わらず。久々を使った反動・疲れは大丈夫そう。500キロを超える大型馬なので叩いた上積みも見込めます。内面も強化されるでしょうし。次走で改めて真価を問う競馬となるでしょう。素軽さを増して、ガラッと変わってきてくれることを願っています。

2017年5月21日 (日)

喉の手術明けで半年ぶりの実戦。まずはレースに行っても、息遣いに問題がないことを願って。☆ロードプレミアム

Photo_3 ロードプレミアム(牡・池江寿)父ディープインパクト 母インディアナギャル

5月21日(日)新潟10R・高田城特別・混合・芝1800mに秋山Jで出走します。5月17日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.3-67.5-52.4-38.3-12.4 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒8追走して同時入線。追い切りの短評は「フットワーク軽快」でした。発走は14時40分です。

○池江調教師 「5月17日(水)は馬なりで。身体も絞れて来ており、これで十分に態勢が整ったでしょう。調教では喉も問題なし。実際にはレースを走らないと分からぬものの、手術が上手く行ったのでは・・・と思っています。休み明けでも初戦から期待です」

≪調教時計≫
17.05.17 秋 山 栗CW良 83.3 67.5 52.4 38.3 12.4 馬なり余力 グランパルファン(古馬500万)馬なりの内0秒8追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回新潟8日目(05月21日)
10R 高田城特別
サラ 芝1800メートル 4歳上500万 混合 定量 発走14:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トーセンカナロア 牡5 57 伴啓太
1 2 シンボリタピット 牡5 57 石橋脩
2 3 ゴールドサーベラス 牡5 57 木幡初也
2 4 キングナポレオン せ6 57 坂井瑠星
3 5 ブライアンジョー 牡4 57 勝浦正樹
3 6 ウイングチップ せ5 57 丸田恭介
4 7 ローズクランス 牡4 57 津村明秀
4 8 モンテエベレスト せ7 57 菊沢一樹
5 9 トルセドール 牡6 57 丸山元気
5 10 メイショウフェイク 牡5 57 嘉藤貴行
6 11 ヨカグラ せ4 57 藤岡康太
6 12 ロードプレミアム 牡4 57 秋山真一郎
7 13 フィールドシャルム 牡4 57 横山和生
7 14 ミスズダンディー 牡5 57 菱田裕二
8 15 インターンシップ 牡6 57 吉田隼人
8 16 ブライティアスター 牝6 55 丹内祐次

○兼武助手 「喉の手術明け。もともと力は持っているので、息さえもてば楽しみはある」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ローカル場所の未勝利を勝ち上がったとはいえ、これまで戦ってきた相手+レースぶりから500万下で力が足りない筈はないと思っていたロードプレミアム。ただ、昨秋2戦は着差こそ僅かも、6→7着と連続して掲示板を外す結果に。また、前走で手綱を取ったルメールJによると、“息遣いが今一つ”とのこと。追って案外なのは、どうも喉の具合に影響があるのではという見解でした。そしてその後、内視鏡検査を行うと、喉の神経が幾らか麻痺していることが判明。症状は軽いようでしたが、協議の結果、喉の手術を行っています。

年が明けてから、徐々に乗り運動を進めてきたプレミアム。調教の内容を高めても、喉の具合は今ところ気になる点はない様子。早めの手術は一応功を奏したように思います。

今回は約6ヶ月ぶりの実戦。大型馬で緩慢なところがある馬なので、1度叩いた方が良いタイプだと思いますが、帰厩後の追い切りは軽快な動きを披露。最近、更新された上記の画像は思いのほかスッキリ仕上がっていますし、馬体の張りは良好。背も幾らか伸びたように思いますし、この休養で馬体に実が入ってきたかもしれません。これならいきなりから走れるかも。

クラス再編成の時期が迫っているので、即結果が出ればベストですが、まずは実戦でも、喉の具合に問題がないことが分かれば。能力は秘めているので、コンスタントに使っていければ、いずれ結果は伴ってくると思います。本当はこのクラスでウロウロされては困る1頭ですから。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ