2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードグレイス」の74件の投稿

2018年4月23日 (月)

【川崎・7戦目】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

4月5日(木)川崎12R・サラ系C2一組・ダ1600mに矢野Jで出走。14頭立て3番人気で7枠12番から道中を3、3、1、2番手と進み、直線で後退して3秒6差の14着でした。馬場は良。タイム1分48秒3、上がり44秒1。馬体重は8キロ減少の455キロでした。なお、競走成績等を踏まえた上で再募集を取り止める運びとなりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で最下位に敗れていたロードグレイス。長期休養明けをひと叩きして変わってくるかなと期待したのですが、今回も暴走気味に追走して、直線は余力なく後退。今回も最下位に終わってしまうことに。この結果を受け、再募集を取り止めることになってしまいました。

馬っぷりの良さに惹かれて出資した同馬でしたが、早い段階での脚元の故障+気難しい面を持っていたことが響きました。これはこの母系の特徴だと思うので、脚元云々よりもこの母の仔に出資する時は仔馬の顔立ちには注目していく必要があるのかなと思います。

2018年3月20日 (火)

【川崎・6戦目】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

3月14日(水)船橋7R・サラ系C2一組・ダ1600mに矢野Jで出走。14頭立て2番人気で4枠6番から道中を2、2、2、2番手と進み、直線で後退して1秒6差の11着でした。馬場は稍重。タイム1分46秒7、上がり42秒2。馬体重は6キロ増加の463キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

地方での初勝利を挙げてから約10ヶ月。情報がなく、レースから遠ざかっていたロードグレイスですが、この14日に久々の出走。出馬表を見ると、セン馬になっていました。

レース映像を見ると、久々で力みながらの追走。最後の直線で一瞬、先頭を窺う場面はあったも、すぐに失速。残念ながら11着に沈んでいます。

久々を使って、ガス抜きは出来てくると思いますが、1600mはやはり微妙に長い印象も。良いスピードはあるので、距離を思い切って詰めていった欲しいです。

2017年5月19日 (金)

【川崎・第5戦】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

5月17日(水)川崎8R・サラ系C1六七組・ダ1500mに矢野Jで出走。12頭立て5番人気で7枠10番から道中を3、3、2、1番手と進み、直線で突き放して1秒0差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は稍重。タイム1分36秒7、上がり38秒8。馬体重は5キロ減少の457キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の2月に最下位に敗れて以来、レースから離れていたロードグレイス。その後、川崎・佐々木仁厩舎へ転籍となっていました。

1戦ごとにレースぶりが悪くなっていたので、これ以上走らせるのはどうかとさえ思っていましたが、地方5戦目で初勝利。前走からガラッと変わってきました。単に相手関係に恵まれただけかもしれませんが、後からレース動画を見ると、3番手の外で溜めの利いた走りが出来ていました。そして直線で追われると、後続を突き放す強い内容。今回から着用したシャドーロールが利いたのかな?

まあ、真価が問われるのはこの次でしょう。次走でも強い競馬が出来るなら、ちょっと楽しみになってきます。

2017年2月14日 (火)

【船橋・第4戦】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

2月7日(火)船橋9R・サラ系C1四組五組・ダ1600mに張田昂Jで出走。14頭立て6番人気で4枠6番から道中を8、4、5、7番手と進み、直線で後退して5秒7差の14着でした。馬場は良。タイム1分51秒2、上がり47秒1。馬体重は3キロ増加の462キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

地方へ出てから1戦ごとにレース内容が悪くなっているロードグレイス。そして第4戦目となる7日のレースはよもやの最下位。スタートを煽り気味に出て、馬群での追走。3角すぎから手応えが怪しくなり、4角では既にアラアラ。そして直線は見事に失速してしまいました。

距離は長いのでしょうが、やはり気性面の難しさがネック。悪いレースを重ねることで難しさが増長。この惨めな現状から良くなってくることは難しいと言わざるを得ません。

2017年1月14日 (土)

【船橋・第3戦】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

1月10日(火)船橋10R・サラ系C1四組五組・ダ1200mに張田昂Jで出走。12頭立て5番人気で6枠8番から道中を2、2、2番手と進み、直線で後退して1秒8差の7着でした。馬場は不良。タイム1分16秒9、上がり40秒4。馬体重は3キロ減少の459キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離を1200mに戻して、巻き返しを期待したのですが、レースぶりは変わらずじまい。サッと前へ行ける脚はあるのですが、地方の競馬場はコーナーがキツいのか、口向きの悪さを出して、スムーズさを欠く感じに。ハナへ行き切れば、結果はちょっと違うのかもしれませんが、番手からの競馬だと、直線でひと伸びがありません。追ってからホント味がありません。

今回で地方3戦目となりますが、初めて掲示板を外す大敗。レースぶりも1戦ごとに悪くなっているので、JRAへの再登録は更に険しくなってしまいました。

2016年12月23日 (金)

【浦和・第2戦】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

12月19日(月)浦和9R・サラ系C1六組・ダ1400mに森泰斗Jで出走。12頭立て1番人気で8枠11番から道中を2、2、1、1番手と進み、直線で交わされて0秒6差の5着でした。馬場は稍重。タイム1分31秒8、上がり40秒9。馬体重は3キロ減少の462キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

浦和に遠征しての地方第2戦目。動画を見たところ、外枠でスムーズな競馬は出来たと思いますが、速いペースを追走した為か、最後の直線は伸びあぐねてラスト100mあたりで失速。良いスピードは見せているのですが、追ってからが案外。口向きに課題があるので、タメが利かないでしょう。角居厩舎のスタッフでも改善できなかった悪癖です。

これで地方2戦を終えましたが、現状ではJRA再転入は高い壁に。仮に戻ることが出来ても、中央の1勝馬クラスだと荷が重そう。過度の期待は控えて、これからのレースを見守ろうと思います。

2016年12月 7日 (水)

【船橋・第1戦】ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス

12月5日(月)船橋10R・サラ系C1六七組・ダ1200mに張田昴Jで出走。12頭立て2番人気で3枠3番から道中を2、2、2番手と進み、直線で交わされて0秒5差の4着でした。馬場は重。タイム1分16秒6、上がり40秒3。馬体重は9キロ増加の465キロでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

船橋の齊藤敏厩舎に移籍してJRA再転入を目指しているロードグレイスの地方初戦が5日にありました。

距離のダ1200は初めてでしたが、スピードタイプなのでこれは悪くなかったと思います。内枠からレースの流れに乗って競馬を進めていましたが、直線を向いて追い出してからの伸びが一息。2着馬とは差はなかったですが、4着と遅れを取ってしまいました。

敗因とすれば、幾らか馬体が重かったのと、ハナへ行き切れなかったことかなと思います。追ってから案外なのは口向きの悪さがやはり影響しているのでしょう。ひと叩きした次走は変わってくるかと思いますが、復帰への道は険しいかもしれません。

2016年9月22日 (木)

今回もハナを奪って積極的にレースを運ぶも、目標にされることにもなってしまい最後は決め手の差が出てしまう。★ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス(牡・角居)父Distorted Humor 母グラシャスギフト

9月18日(日)阪神4R・3歳未勝利・ダ1400mに浜中Jで出走。16頭立て1番人気で7枠13番からハイペースの道中を2、1、1番手と進み、直線では最内を通って1秒1差の3着でした。馬場は不良。タイム1分27秒1、上がり40秒3。馬体重は10キロ増加の456キロでした。

○浜中騎手 「連戦で苦しかったのかも。今日は馬場入りの際からイレ込みがキツくて・・・。でも、スタートはポンと。最初は横並びだったものの、主張したら上手く先手を奪えました。決め手に欠けるタイプだけに、なるべくセーフティーリードを奪えれば・・・と。イメージ通りの競馬は出来たでしょう。ただ、勝ち馬は強かった感じ。このペースで付いて来て、ラストで更に伸びるのですからね。もうワンパンチが足りずに残念」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

10キロ増で馬体フックラ。外からジンワリ先行し、3角で先頭を奪って自分のペースに持ち込む。直線を向いて一旦は完全に抜け出したのだが、最後は上位2頭の決め手に屈する。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

しっかり攻めを積んでプラス10キロでの出走。グレイスの状態は悪くなかったと思いますが、パドックで煩い素振り。それが馬場入りでも解消されずじまい。ずっと使ってきていたので気持ちがいっぱいいっぱいだったんでしょうねえ。

レースはポンと好発を決めて前へ。内の馬の動向を見ながら、やはり今回もハナを奪うことを選択。ペースは速かったのですが、外から捲ってくる馬もなく、先頭で直線へ。

直線では一瞬伸びる素振りを今回も見せてくれたのですが、余裕十分で追走できていたメイショウヤクシマの伸びが一枚上。そして道中不利があったメイショウオルソも目立つ伸びを見せて2着に上がってきました。グレイスはパタッと止まってはいないのですが、口向きの悪さが残るので追ってからの伸びが案外。馬券圏内に踏み止まるのがやっとでした。先行力はあるので、1200mを使えていれば、結果は違ったのかもしれませんが…。

馬っぷりの良さ+血統的な魅力。そして初めての角居厩舎ということでダートでの活躍を思い描いていたのですが、未勝利に終わってしまうとは予想にもしていませんでした。同期ではセレリティ・グレイスはそれなりに計算できると見ていました。ただ、2度目の動画更新で尻尾を振って少し気の悪さを感じたのですが、そのウィークポイントが牧場で解消できていなかったのが痛かったと今にして思います。まあ、脚元の不安で悩まされ、それどころではなかったのかな?

今後は一旦、地方競馬に転籍した上で中央競馬への再登録を目指すことが決定。決め手が足りない感じはしますが、まだまだ心身の幼さを残す分の伸びシロはありそう。まずはしっかり状態を立て直してから再出発を切って欲しいです。脚元さえ無事なら中央へ戻ってくることはできるでしょう。ただ、その時は角居厩舎ではなく他の厩舎になるでしょうねえ。今のところは再募集に応じるつもりです。

2016年9月18日 (日)

生き残りを賭けたラストチャンス。距離短縮はプラスもレースの流れは速くなりそう。そんな中で最後まで踏ん張り切れるかどうか…。☆ロードグレイス

Photo_6 ロードグレイス(牡・角居)父Distorted Humor 母グラシャスギフト

9月18日(日)阪神4R・3歳未勝利・ダ1400mに浜中Jで出走します。9月13日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に60.6-44.5-29.4-14.7 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。また、9月14日(水)良の栗東・芝コースで5ハロン66.3-50.4-36.3-11.8 3分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「口向きの悪さ見せ」でした。発走は11時25分です。

○辻野調教助手 「グリップの利くコースだとフォームが安定。そのあたりを踏まえて9月14日(水)は本馬場で追い切っています。状態はキープ。ちょっと集中力を欠く場面が見受けられるのを考えれば、1400mに距離が短縮されるのは好材料かも知れません」

≪調教時計≫
16.09.13 助 手 栗東坂良1回 60.6 44.5 29.4 14.7 馬なり余力
16.09.14 森 一 栗東芝良 66.3 50.4 36.3 11.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回阪神4日目(9月18日)
4R 3歳未勝利
サラ ダ1400メートル 指定 馬齢 発走11:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アスクノメガミ 牝3 54 福永祐一
1 2 アンカー 牡3 56 森一馬
2 3 メイショウエガオ 牝3 54 小牧太
2 4 インペリアルスピア 牡3 56 藤岡佑介
3 5 ラフェデビジュー 牝3 54 岩田康誠
3 6 エイシンイジゲン 牝3 54 酒井学
4 7 エイシンシエル 牝3 54 和田竜二
4 8 エンジェルユー 牝3 54 古川吉洋
5 9 エランドールシチー 牡3 56 内田博幸
5 10 オリエンタルポリス 牡3 56 秋山真一郎
6 11 エターナル 牡3 56 藤岡康太
6 12 メイショウオルソ 牡3 56 太宰啓介
7 13 ロードグレイス 牡3 56 浜中俊
7 14 メイショウヤクシマ 牡3 56 武豊
8 15 リュウキンカ 牝3 53 鮫島克駿
8 16 テイエムタービン 牝3 54 松田大作

○前川助手 「体質はしっかりしてきましたよ。1400mの方が踏ん張りが利きそう。上位争いを」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫あった前走は状態だけでなく距離への不安も感じていましたが、レースではポンとハナを奪い、マイペースの競馬に持ち込んだロードグレイス。最後の直線で後続を突き放しかけた時には『おっ、勝てる!』と力が入ったのですが、ラスト100mで甘くなってしまったところを差されてしまいました。

そこから中2週で臨む阪神スーパー未勝利戦。デビュー4戦目でそろそろ疲れが心配な時期ですが、追い切りの過程を見ると大丈夫そう。今回はいつもと違い日曜日に速いところをビシッとやって、直前は負担が少ないようにサラッと追われています。この馬なりに攻めた調教だと思います。

レースに関してですが、距離が1700mから1400mに短縮されるのは勿論プラスでしょう。口向きの悪さが課題なのでワンターンの競馬も悪くないでしょう。ただ、スーパー未勝利はペースが速くなるでしょうから、乗り方が難しそう。勝ちに行くならハナへ行くのがベストかなとは思いますが…。そこは浜中Jの感覚・手腕に任せたいと思います。

勝てなかった場合は再募集という形になるとは思いますが、名目上は今回がラストチャンス。調整に厩舎の工夫を感じますし、何とかここをモノにして欲しいところ。グレイスにはこれらの期待に対して好結果(1着)で応えて欲しいです。

2016年9月10日 (土)

ロードなお馬さん(3歳・厩舎調整組)

Photo_6 ロードグレイス

9月7日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に56.6-41.3-27.3-13.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。9月18日(日)阪神・3歳未勝利・ダート1400mに浜中騎手で予定しています。

○辻野調教助手 「さほどソエは気に掛からぬように。9月7日(水)に15-15よりもペースを速めて乗っていますよ。週末、来週と時計を出せば予定通りにレースへ向かえるはず。未勝利戦に使えるラストチャンスですからね。しっかり態勢を整えたいところ」

≪調教時計≫
16.09.07 森 一 栗東坂稍1回 56.6 41.3 27.3 13.7 馬なり余力

Photo_6 ロードレシタール

9月7日(水)良の美浦・坂路コースで1本目に56.6-41.2-26.8-13.3 叩き一杯になっています。併せ馬では末強目の相手に0秒1先行して0秒1遅れ。短評は「太目残り」でした。9月24日(土)中山・3歳未勝利・ダ1800mもしくは9月25日(日)中山・3歳未勝利・混合・ダ1800mに予定しています。

○高柳調教師 「9月7日(水)は坂路で一杯に追って最後は余力を失う格好。パートナーに置かれてしまいました。先週との比較で動き自体は大きく変わっていませんが、脚元に悪化の兆候が窺えない部分を前向きに捉えたいと思います。更に本数を重ねるのみです」

≪調教時計≫
16.09.07 助手 美南坂良1回 56.6 41.2 26.8 13.3 叩き一杯 サーキット(2歳新馬)末強目に0秒1先行0秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の阪神ダ1400mで初勝利を狙うグレイス。心配されたソエは落ち着いているようですし、1週前に軽めでも時計を出せたことは評価できます。未勝利を勝ち上がれなかった我が出資馬のロードセレリティ・イリデッセンスとは違い、良い状態でラストチャンスに臨めそうなのは大きいです。

レシタールはコンスタントに時計を出せるようになってきたのは好感。ただ、その動き自体は重め残りを感じさせるもの。さすがに残された時間は僅かですし、8割ぐらいのデキへ持っていくのがギリギリのところでしょうか。また、レースへ行って、脚元の辛抱が利くかどうかも気になります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ