出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードヴァンドール」の130件の投稿

2017年9月25日 (月)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_3 ロードクエスト

9月21日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.4-39.3-12.5 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を1秒4追走して同時入線。短評は「力強い脚捌き」でした。10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに池添Jで予定しています。

○小島調教師 「9月21日(木)は久々に直接跨りました。一頃に比べてダクやハッキングの感じが良くなった一方、現状は楽をしている分もあってフットワークが幾らか小さい印象。残り1ヶ月でじっくり作りましょう。今回も池添騎手とのコンビが決まっています」

≪調教時計≫
17.09.21 調教師 美南W良 53.4 39.3 12.5 馬なり余力 プロレタリアト(古馬オープン)馬なりの内1秒4追走同入

Photo_3 ロードヴァンドール

9月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.9-39.1-25.0-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○藤野調教助手 「栗東へ戻った直後は幾らか疲れが感じられました。でも、時間が経つに連れて順当に回復。馬体に張りも出ているように、ここに来て具合が上向きなのは確かでしょう。9月21日(木)は約55秒で登坂。着実に調教のピッチも上がっています」

≪調教時計≫
17.09.21 助手 栗東坂良1回 54.9 39.1 25.0 12.5 馬なり余力 ヒルノケープタウン(3歳未勝利)一杯に0秒1先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは池添Jとのコンビで富士Sへ向かうことが決定。今は少し楽をさせて影響があるようですが、これから調教を重ねていって良い頃の動きに近付けていって欲しいです。

ヴァンドールは21日に坂路でサラッと。馬体減+前走の疲れはさすがに大丈夫そう。レースまであと1ヶ月になってくるので、クエスト同様に追い切りでの負荷を高めて万全の状態へ持っていってもらいたいです。

2017年9月14日 (木)

ロードなお馬さん(4歳馬)

Photo_3 ロードクエスト

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ目標のレースまで十分な時間が残されており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「9月13日(水)は坂路で普通キャンターを消化しました。目標までの間隔を考慮し、プール、ウォータートレッドミルを併用。運動ルートを日によって変更するなど、馬自身が飽きないように取り組んでいます。具合を探りながらピッチを上げましょう」

Photo_3 ロードヴァンドール

9月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に57.9-41.0-26.3-12.5 末強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「9月13日(水)は序盤を15-15。そして終いだけスッと伸ばしています。良い感じ。馬体重も500キロに戻っており、ここまでは概ね順調な経過です。徐々に出走予定馬が増えて、天皇賞(G1)はボーダーラインに。動向にも注意を払いましょう」

≪調教時計≫
17.09.13 助手 栗東坂稍1回 57.9 41.0 26.3 12.5 末強目追う

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間も普通キャンターをコンスタントに消化しています。息遣いはマズマズと言えそう。現状の課題を挙げるならば、外見が幾らか緩んでいる部分でしょうか。今のリズムで乗り込みを重ねることで、しっかりと引き締まって来ると思いますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

目標を富士Sへ切り替え、調整中のクエスト。週末に時計は出しましたが、水曜日は軽めの調整。プールなどを併用してリラックスに努めています。

ヴァンドールは栗東へ戻ってきて、初めて坂路で時計をマーク。馬体も良い感じに戻ってきているようで状態は良さそう。ただ、直行予定の天皇賞・秋への出走が叶うかどうか微妙なラインに。現段階でボーダーラインなら、出走できる可能性は低いように思います。ダメな場合は同日の京都・カシオペアS(芝1800m)へ回ることになるのかな?

暑さが落ち着き、プレミアムの状態は安定してきていますが、楽をさせた影響で馬体に緩みが目立つ現状。今月いっぱいは淡々と乗り込んでいく必要がありそうです。まあ、11月の京都あたりで復帰は可能でしょう。

2017年9月 8日 (金)

ロードなお馬さん(昆厩舎)

Photo_3 ロードヴァンドール

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ目標のレースまで十分な時間が残されており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「順当に数字も増加傾向。良い方向へ進んでいるのは確かでしょう。とは言え、9月6日(水)も普通キャンターまで。まだ時間は十分に残されており、急ぐ必要は無いですからね。馬自身のコンディションとスケジュールを照らしながら進めます」

Photo_3 ロードバリスタ

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月18日(月)阪神・3歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。

○昆調教師 「栗東へ戻ってからも特には変わらぬ様子。大きな問題は無さそうですよ。番組的に次走は来週の芝1800mへ。ちょっと厳しいローテーションながら、選択肢が限られていますからね。何とか踏ん張って欲しいところ。まずは回復を優先しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールはレースがまだ先なので、引き続き馬体の回復を最優先。今のところは良い感じに来ていると思います。

バリスタは変則日程ながら中1週で阪神・芝1800mへ。状態をキープするのに精一杯というところでしょうが、使ったダメージは想定内。まあ、仮に勝てなくても、連続して良い脚を使えれば、先々への希望は繋がります。

2017年9月 3日 (日)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_6 ロードヴァンドール

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「輸送熱等にも見舞われず、無事に栗東へ着いた模様です。軽く跨り始めているものの、当面は馬体の回復を最優先に。十分にボリュームアップを図った上で、再び鍛え込んで行きましょう。収得賞金を考えれば、出走自体は大丈夫だと思いますよ」

Photo_6 ロードクエスト

8月31日(木)稍重の美浦・坂路コースで1本目に55.9-41.2-27.7-14.1 馬なりに乗っています。短評は「順調に乗り込む」でした。9月10日(日)中山・京成杯オータムH(G3)・国際・芝1600mもしくは10月21日(土)東京・富士S(G3)・国際・芝1600mに予定しています。

○小島調教師 「順当な回復が叶っており、坂路調教をスタート。8月31日(木)は自然に流す感じで55秒台の時計を出しています。ようやく気持ちが乗って来た印象。今週末までの様子を見極めた上で、京成杯オータムH(G3)に登録するか否かを判断する考えです」

≪調教時計≫
17.08.31 調教師 美南坂稍1回 55.9 41.2 27.7 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは無事栗東へ戻っていますが、まずは前走で減ってしまった馬体の回復が最優先。次走の天皇賞・秋まで時間があるので腰を据えて調整していって欲しいです。

クエストは京成杯AHを見送るのかなと見ていましたが、木曜日に坂路でサラッと。今のところ出否は五分五分でしょうが、登録をすれば前向きに出走へ向かうように思います。昨年勝っているレースで何とか浮上のキッカケを掴んでもらいたいです。

2017年8月26日 (土)

良い頃のデキには戻り切っていなかったも、自分の競馬に徹して最後の直線も渋太く食い下がる。悪くない競馬は出来ました。★ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

8月20日(日)札幌11R・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰Jで出走。13頭立て5番人気で4枠4番から平均ペースの道中を1、1、1、2番手と進み、直線では最内を通って0秒4差の6着でした。スタート直後に躓いて1馬身の不利を受けました。また、スタート直後に接触する不利を受けました。馬場は良。タイム2分00秒8、上がり36秒1。馬体重は16キロ減少の482キロでした。

○太宰騎手 「好枠が当たり、望み通りにハナへ。後続に脚を使わせる意味でも、あれ以上はペースを落とさないのがベターですね。馬体重が減少を示していただけに、交わされたらズルズル下がってしまうのかな・・・と。それでも4コーナーで前へ出られてからも、そこから渋太く盛り返していますからね。ブリンカーに劇的な効果こそ窺えぬものの、久々で良化途上なのを考えれば悪くない競馬。以前に比べると操縦性も増しており、調子が戻れば楽しみが広がるでしょう」

○昆調教師 「帰厩時で500キロぐらい。しっかり稽古を積んだのに加え、どうしても輸送で減ってしまいますね。それでも見た目にガレた印象は無し。飼い葉も食べており、走れる状態でしたよ。勝てなかったとは言え、実績上位馬と僅差で入線。食い下がっていたように、悲観する内容とも違うでしょう。ここを使って上向くはず。この後は栗東へ戻しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

16キロ減でも細い感じはなし。内目の枠を生かしてハナに立ち、平均ペースでの逃げ。マイネルにピタッと来られて4角では一杯一杯にも映ったが、そこからが意外に渋太かった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。8月22日(火)に函館競馬場を出発。栗東トレセンへ移動中です。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月29日(日)東京・天皇賞・秋(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「脚元を含めて特に問題は無さそうです。函館競馬場を経由して、既に栗東へ向けて出発。8月23日(水)にトレセンへ到着を果たすと思います。次は天皇賞(G1)へ。時間的に十分な余裕が持てるだけに、まずは身体を戻すことから始めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

函館競馬場へ移動後、丹念に乗り込んできたロードヴァンドールでしたが、一息入ったことで完調手前のデキ。そして誤算はマイナス12キロでの出走。思い起こせば、昨年も札幌に参戦した際、マイナス10キロでの出走に。小倉・福島に参戦した際はそういうことはなかったので、暑い時季というのが影響しているのかなと思います。

そういう状態の中、レースへ臨んだ訳ですが、6着という結果はそう悲観するものではないでしょう。ハナヘ行くヴァンドールの競馬が出来ましたし、今回は最後の直線でも渋太く粘ることが出来ていました。ブリンカーの効果は劇的なモノではなかったですが、集中力の維持には役立ったと思います。

1度叩いたこと+気候が涼しくなれば、馬体も膨らんできて、充実していってくれると思います。それによって、最後の粘りは強化される筈ですから。

レース後のヴァンドールですが、特に異常なし。予定どおりなら既に栗東へ戻ってきていると思います。そして次走は天皇賞・秋を予定。賞金的に出走できるか微妙かもしれませんが、今のところ直行の予定です。好走を臨むのは難しいかもしれませんが、強い相手と競馬をすることで地道に力をつけていってもらいたいです。

2017年8月20日 (日)

チークピーシズからブリンカーへ馬具を変更。力を出し切るにはハナへ行く必要あり。まずは自分のスタイルに持ち込めるかどうかが1つポイントに。★ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

8月20日(日)札幌11R・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰Jで出走します。8月16日(水)稍重の函館・ウッドチップコースで5ハロン67.1-52.1-38.5-12.7 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒4追走して同時入線。追い切りの短評は「力強い脚捌き」でした。なお、ブリンカーを装着します。発走は15時45分です。

○昆調教師 「8月16日(水)はジョッキーの手綱で。リフレッシュ効果が窺える・・・と感想を述べていました。さすがに絶好調とは言えぬものの、相応の仕上がりで送り出せそう。混戦で強力な先行馬も見当たらぬ模様です。ここでも十分に戦えるのでは・・・」

≪調教時計≫
17.08.16 太 宰 函館W稍 67.1 52.1 38.5 12.7 馬なり余力 アルドーレ(2歳新馬)一杯の外0秒4追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌2日目(08月20日)
11R 札幌記念(G2)
サラ 芝2000メートル 3歳上OP 特指 国際 定量 発走15:45 
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サクラアンプルール 牡6 57 蛯名正義
2 2 ナリタハリケーン 牡8 57 藤岡康太
3 3 ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一
4 4 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰啓介
4 5 マウントロブソン 牡4 57 J.モレイラ
5 6 タマモベストプレイ 牡7 57 吉田隼人
5 7 サウンズオブアース 牡6 57 横山典弘
6 8 ツクバアズマオー 牡6 57 勝浦正樹
6 9 ディサイファ 牡8 57 四位洋文
7 10 サングラス 牡6 57 藤岡佑介
7 11 アングライフェン 牡5 57 福永祐一
8 12 マイネルミラノ 牡7 57 丹内祐次
8 13 エアスピネル 牡4 57 C.ルメール

○昆助手 「連戦続きで前回はギリギリの状態でしたし、今後へ向けてのいい経験になったかと思います。欲を言えばもう少し体が増えて欲しかったければ、調教が進むに連れて、食いが良くなり、気持ちも乗ってきました。強力な同型もいない今回は自分の形に持ち込めそうですし、チークピーシズからブリンカーに換えたので、その効果にも期待しています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

展開の鍵を握るロードヴァンドール(牡4、昆)はハナを奪う構えだ。(日刊スポーツより)

木曜に函館から札幌へ輸送。この日朝は角馬場でじっくりと体をほぐした。手綱をとった太宰騎手は「落ち着いているし、休み明けとしてはできている。いい枠が当たったし、自分の競馬をしたい」と腹をくくっていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コンスタントに使われながら、地力をつけていったロードヴァンドール。金鯱賞で2着に好走して前走の大阪杯で初めてのG1挑戦へと駆け上がってきました。

ただ、その舞台では力を出し切れず。ハナを奪えなかったですし、真後ろで構えられたキタサンブラックの圧力に委縮してしまい、最後の直線はフワッとして集中力を欠いてしまいました。一生懸命頑張ってくれましたが、初めてのG1挑戦はホロ苦い結果に終わってしまいました。

今回はそれ以来、約4ヶ月半ぶりの実戦。千葉のケイアイファームで英気を養い、北海道のケイアイファームを経由して函館入り。休む前とさほど変わってきていないのはちょっと不満ですが、ここへ向けての調整は計画通りに進んできました。まあ、絶好調とは行かないも、十分力を出し切れる状態にあると思います。

また、今回はこれまでのチークピーシズからブリンカーへ馬具を変更。前走の後遺症を拭うために替えてきたんだと思います。最終追いを見る限り、効果はそれなりに感じられます。

前走に比べると、相手関係は少し楽になったと思いますが、それでも多士済々の好メンバー。一筋縄ではいかないでしょう。ただ、ヴァンドールとすれば、やることはただ1つ。ハナを主張して気分よくレースを引っ張るのみ。最後の直線で他馬に捕まろうとも、まずは自分のスタイルを貫き通して欲しいです。そして経験値を上げていくことが先々へと繋がっていくでしょうから。

2017年8月11日 (金)

追い切りでブリンカー装着の感触を確かめる。最終的な判断はこれからも、レースでそのまま使うかもしれません。☆ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

8月9日(水)重の函館・ウッドチップコースで5ハロン66.4-50.9-37.7-12.5 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒8追走して0秒8先着。短評は「渋太さ目につき」でした。8月20日(日)札幌・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰Jで予定しています。

○昆調教師 「下級条件ならば控える競馬でも勝てたものの、トップクラスの相手と渡り合うには自分の形を確立しないと。8月9日(水)にブリンカーを試すと、集中して走れている様子でした。思っていた以上のタイムに。相応の効果が感じられたでしょう」

≪調教時計≫
17.08.09 助手 函館W重 66.4 50.9 37.7 12.5 一杯に追う アルドーレ(2歳新馬)一杯の外0秒8追走0秒8先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ復帰戦の札幌記念が来週に迫ってきたロードヴァンドール。先週までは良い頃と比べると物足りなさを感じましたが、9日の追い切りでは2歳馬相手とはいえ追走して大きく先着。ようやくこの馬らしさが戻ってきました。ビシッとやれたことで更に良くなってくれるでしょう。

また、この追い切りではブリンカーを装着。集中して走れていたようですし、この好時計。効果は十分見込めるでしょう。最終的な判断はレース直前になるかもしれませんが、個人的には使う方針で進めてもらいたいです。

2017年8月 7日 (月)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_3 ロードヴァンドール

8月2日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン70.3-54.4-39.1-12.6 9分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して0秒2遅れ。短評は「久々で完調手前」でした。8月20日(日)札幌・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「8月2日(水)も最後まで殆んど手綱を抑えた状態で回って来ました。休養前よりも全体的に多少しっかり。もう少し馬体に張りが出れば・・・と思うものの、調教施設も制限される状況下では仕方ない部分かも知れません。順調なのは確かですよ」

≪調教時計≫
17.08.02 助手 函館W良 70.3 54.4 39.1 12.6 G前仕掛け トップヴォイス(2歳新馬)馬なりの外0秒6先行0秒2遅れ

Photo_3 ロードプレステージ

8月3日(木)良の栗東・ダートEコースで7ハロン98.7-81.8-64.9-51.1-37.4-11.6 7分所を強目に追っています。短評は「幾分上向くも」でした。8月13日(日)新潟・麒麟山特別・混合・ダ1800mに予定しています。

○杉山調教師 「気性面も考慮して、攻め過ぎぬように・・・と指示。8月3日(木)は終い重点の内容です。それでも相応のタイムを記録。状態の良さが窺い知れるでしょう。ウッドでは引っ掛かるものの、ダートコースだと折り合いもOK。順調だと思います」

≪調教時計≫
17.08.03 助手 栗東E良 98.7 81.8 64.9 51.1 37.4 11.6 強目に追う

Photo_3 メロウハート

8月2日(水)稍重の美浦・坂路コースで1本目に54.5-39.6-25.5-12.6 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒8先行して同時入線。短評は「馬体持て余し」でした。2回新潟を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「ペースアップを図ってからも脚元は我慢が利いている感じ。8月2日(水)は余裕を持って54秒5を記録しました。再び軌道に乗ってくれたものの、元々の特徴を差し引いても動きに硬さが認められる印象。もう少し乗り込んでから競馬へ向かいたいです」

≪調教時計≫
17.08.02 助 手 美南坂稍1回 54.5 39.6 25.5 12.6 馬なり余力 アプト(古馬500万)馬なりに0秒8先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースがいよいよ近づいてきたヴァンドール。順調に追い切りを重ねることは出来ていますが、動き自体は一息。1度使えばガラッと変わってきそうな雰囲気はありますが…。復帰戦の札幌記念は相手が揃いますし、ちょっと厳しいかもしれません。

プレステージは日曜新潟・麒麟山特別への出走を予定していますが、登録が32頭。除外になることは十分想定しておく必要がありそう。3日の追い切りはダートコースで7ハロン追い。良い時計が出ていますし、陣営の意気込みは感じられます。

メロウハートは一頓挫後、初めて本格的な時計をマーク。脚元は我慢が利いているようですが、身のこなしに硬さが感じられる様子。態勢が整うには今しばらく時間が掛かるでしょう。スーパー未勝利の1戦に賭けることになってきそうです。

2017年7月29日 (土)

23日に函館競馬場へ入厩しています。☆ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

2017.07.26
7月26日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン69.2-54.0-40.4-12.2 9分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では強目の相手の外を通って同時入線。短評は「追い不足も動き良」でした。8月20日(日)札幌・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「結構な期間を休んでいただけに、相応に緩んでいるのかな・・・と。でも、思ったよりは心身共にピリッとしています。7月26日(水)は余力十分にラスト約12秒0。1本目としては上々ですね。この感じならば大丈夫そう。仕上げを進めましょう」

≪調教時計≫
17.07.26 助手 函館W良 69.2 54.0 40.4 12.2 G前仕掛け トップヴォイス(2歳新馬)強目の外同入

2017.07.25
7月23日(日)に函館競馬場へ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、8月20日(日)札幌・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに予定しています。

○当地スタッフ 「7月21日(金)で通常メニューを終えて、22日(土)は余裕を持たせる形。そして夜に馬運車へ積み込みました。短期間の滞在だっただけに、ウチでは微調整ぐらいの内容。でも、なかなか良い雰囲気で送れたでしょう。頑張ってくれるはず」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の近日中に函館競馬場へ移動することが示唆されていたロードヴァンドールでしたが、23日に無事到着。早速、26日にはWコースで初時計をマークと意欲的に進められています。

元々、攻めで動くタイプなので、久々でもこれぐらいの時計は出るのかもしれませんが、活気を感じるのは何より。実戦勘は薄れていないと思うので、追い切りを重ねていけば、更に目覚めてくれるでしょう。まあ、何はともあれ、このまま順調に進んでいって欲しいです。

2017年7月21日 (金)

ロードなお馬さん(4歳上関西馬・牧場組)

Photo_3 ロードプレミアム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「競馬を走り終えたばかり。到着後は余裕を持たせています。近日中に軽く跨る予定。そこでの感触を踏まえつつ、以後のメニューを組み立てる方針です。ただ、どうやら滞在は短期間の見込み。ひとまずは回復優先に考えるのが妥当でしょう」

Photo_3 ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。近日中に函館競馬場へ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「調教内容を強化。登坂を始めると共に15-15の稽古も交えています。着実にステップアップが図れているように、ここまでは概ね順調と言えるのでは・・・。早ければ今週末にも函館へ向かう予定。しっかりと準備を整えておきたいと思います」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。背腰の具合も悪くないですね。この感じならばピッチを上げても大丈夫そう。近日中に坂路へ連れ出そうと思います。どちらかと言うと疲れが溜まり易いタイプ。そのあたりに注意を払いつつ進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはグリーンウッドへ移動して1週間も経っていませんが、見た目に大きなダメージはなさそう。今後については跨ってみての感じで方針を決めるとのこと。ただ、短期で戻すようなので、次走は新潟を考えているのかな?

ヴァンドールはおそらく週末の検疫で函館競馬場へ入るのでしょう。馬体の回復に多少不安はありますが、調整は順調ですし、体調は何ら問題ないのでしょう。あとはG1の大阪杯で最下位に敗れた精神的なダメージ・後遺症がないことを願うばかりです。

プレステージは日々の調教を無難にクリア。状態は問題なさそうですが、暑い時季はそんなに得意ではないと思います。鍛えても上昇度は乏しいので、まずはリフレッシュが叶った状態で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ