2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「ロードヴァンドール」の113件の投稿

2017年5月28日 (日)

ロードなお馬さん(4歳OP馬)

Photo_3 ロードクエスト

5月25日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.9-39.0-13.4 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を1秒6追走して0秒1遅れ。短評は「変わりなく順調」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○小島調教師 「5月25日(木)は戻って来て初めての併せ馬。終始リラックスしたまま駆けていた部分に好感を持っています。秋に大舞台へ送り込む為には、夏季開催中の賞金加算が重要。その点を意識しつつ、具合を見ながら慎重にローテーションを組みましょう」

≪調教時計≫
17.05.25 助手 美南W良 52.9 39.0 13.4 馬なり余力 ユニゾンデライト(古馬500万)末強目の内1秒6追走0秒1遅れ

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ショックウェーブと揉み針の効果でトモの具合は随分楽に。この中間にペースアップを図っており、遠からずに15-15も始められそうな感触です。夏さながらの暑い日が続くだけに、些細なコンディションの変化にも注意を払いながら接したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは帰厩後初めての併せ馬を消化。無理させず少し遅れましたが、昨年と比べてムキになる面が緩和されてきたのは良いことかなと思います。この良い雰囲気を維持していって欲しいものです。

ヴァンドールはクタっとしていたトモはだいぶ良化。色々治療・ケアを施してくれた成果です。ただ、暑さに強いタイプではないと思うので、体調の変化には十分気を遣ってもらいたいです。

2017年5月17日 (水)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「ハロン20秒のキャンターを入念に繰り返す形。競馬を終えて1ヶ月半が経ち、着実にリフレッシュが叶っていると思います。ピッチを上げる準備が整いつつある印象。引き続き、昆調教師のアドバイスを参考に戦列復帰へ向けて進めて行きましょう」

Photo_3 ロードギブソン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着直後はピリピリしていたものの、すぐに落ち着いた雰囲気に。ウチには何度も来ており、リラックス出来たのでしょう。一方、まだ馬体重は微増・・・と言ったところ。見た目にも幾らか細く映るだけに、回復を促しつつ行こうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここにきてロード馬の帰厩が相次ぎ、牧場に滞在中なのがヴァンドールとギブソンの2頭。その近況をまとめて。

ヴァンドールは回復に時間を要しましたが、だいぶリフレッシュが叶った様子。調教のペースを上げるのはもう少し先で良いと思うので、現メニューを淡々と乗ってもらえればと思います。

ギブソンは他馬を気にする面がネック。それなのに内枠しか当たりません。もう少し運が味方してくれれば成績は上がってくるはずなのですが…。東京への往復があった為、現在は馬体の回復がスロー。落ち着きは戻っているので、今しばらくは馬体の回復・リフレッシュを重点的にお願いします。

2017年5月11日 (木)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「先週末にハロン15秒のラップを刻みました。息遣いにこそ休養明けらしい部分を覚えたとは言え、本馬にとってはこのぐらいは楽々と言った様子ですね。5月8日(月)に小島厩舎の担当スタッフが来場。5月中旬の帰厩プランが浮上していますよ」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。5月3日(水)測定の馬体重は515キロ。

○当地スタッフ 「緩み過ぎない程度に乗っていますが、馬自身の内面が休んでいる感じに。気が抜けて来たと同時にトモの疲れがより鮮明になって来ました。計画に沿って先週末に2回目のショックウェーブを実施。今後もケアを施しつつ状態アップを叶えたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近日中にペースアップを図ると言われていたクエストですが、早速ハロン15秒台の調教を敢行。そう慌てる必要はないかと思いますが、動きは良好。このあたりはさすがです。次走についてはまだ分かりませんが、早ければ来週中に帰厩となりそうです。

ヴァンドールは軽めに乗ってはいますが、連戦の疲れが抜け切っていない様子。昆調教師と相談しながら、適切な治療を行っていって欲しいです。焦らずじっくり立て直していきましょう。

2017年5月 6日 (土)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに20-20を消化できています。相変わらず脚元に悪い兆候は認められないだけに、近日中にペースアップを図りましょう。これまで通りに無理は避ける考え。ただ、馬自身の雰囲気や跨った感触を見る限りはドンドン進められそうです」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「順当にダメージが取り除けている様子。ここに来てハロン20秒のキャンターを交えています。次のステップへ移ってから気になるポイントは浮かんでいないだけに、様子を窺いつつ更に先の段階を見据えたいです。飼い葉についても心配要りません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄のトラブルで春競馬に間に合わなくなってしまったクエストですが、4月から騎乗運動を再開。ひとまず無理のないペースで慎重に進められていますが、着実に良化を遂げている印象。あとはどのタイミングでペースを上げていくかです。

ヴァンドールは少しクタッとしてしまいましたが、楽をさせて疲れは徐々に解消へ。脚元に疲れ・反動は出ていないだけに体調・馬体が戻ってくれば、ペースアップは可能でしょう。ただ、復帰戦はもう少し先を予定しているようなので、意識的にゆっくり進めてもらえればと思います。

2017年4月28日 (金)

ロードなお馬さん(4歳・千葉ケイアイファーム組)

Photo_3 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「日によって後半の4ハロンを目安にハロン20秒まで速める場合も。引き続き、問題は浮上していません。動きそのものに目を移すと、休んでいた分の緩さや硬さが段々と取れて来た感触。この先も慎重に様子を確かめながらメニューを組み立てます」

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング3600m。

○当地スタッフ 「ショックウェーブ治療を済ませた後は2日間ほど楽をさせ、再び人間を背に迎えました。適度に気持ちが入っており、週を追う毎に身体も回復。この分ならば進められるでしょう。昆調教師のアドバイスを参考に、少しずつペースを上げて行きます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは脚慣らし程度の乗り込みですが、問題なく消化。この感じだと、スムーズにペースアップは叶っていくでしょうが、まずはしっかり土台を築くことが大事。今しばらくは我慢の調整を。

ヴァンドールは適切な処置+休養を挟んで、ダメージの回復が進みました。ただ、再始動は夏の後半から秋競馬だと思うので、昆調教師と連携を取ってコツコツ鍛えていって欲しいです。また、精神面もこの機会に大人へと変貌を遂げてもらいたいです。

2017年4月20日 (木)

ロードなお馬さん(関西馬・牧場組)

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「この中間にハッキングを取り入れたところ、両トモがクタッとした感触。特に右側にダメージが溜まっている模様です。早期の改善を図る為にショックウェーブ治療を実施。一旦はトレーニングに制限を掛けたものの、近日中に改めて跨る予定です」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。でも、ボリュームの減少は認められませんね。先週一杯はウォーキングマシンのみ。そして4月17日(月)より軽く跨り始めています。今回も滞在は短期間の見込み。様子を探りながら少しずつ乗り進めましょう」

Photo_3 ロードレジスタ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここ最近は脚元の具合も落ち着いており、普通キャンターをコンスタントに消化できている状況です。動きを見ながら調教の強化を図る方針。早ければ今週中に15-15を取り入れられるかも知れません。移動時期を考えるのはもう少し先でしょう」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「強目の内容を積み重ねることで、前向きさがかなり出て来た感じ。フットワークに若干の重さが窺えるとは言え、牧場レベルでは及第点を与えられるデキでしょう。池江調教師に現状の報告を行ない、帰厩のタイミングを話し合っているところです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨秋からコンスタントに使われてきたヴァンドール。移動当初は疲れている感じは見受けられませんでしたが、時間の経過と共にクタッと。まあ、このあたりは仕方ないところでしょう。適切な処置・ケアをすることで、回復に努めてもらえればと思います。

プレステージは短期放牧でリフレッシュ中。牧場では軽く乗る程度で十分でしょう。昇級戦となった前走の走りだと1000万下では辛そうですが、クラスに慣れることで前進を図って欲しいです。

レジスタは球節の傷腫れも良化し、普通キャンターまで到達。状態は特に変わりありません。このままペースアップを図っていって、1日でも早い帰厩をお願いします。

プレミアムは帰厩を意識できるレベルに到達。個人的には春の新潟開催・最終週に間に合って欲しいなあと見ています。帰厩後、スムーズに調整が進むように、引き続き強めの調教を消化していって欲しいです。

2017年4月15日 (土)

ロードなお馬さん(昆厩舎)

Photo_6 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「輸送熱にも見舞われずに無事到着。先週末より管理を任されています。相応の疲労が認められるとは言え、大きな問題は見当たらない状態。環境の変化にもすぐに順応してくれました。ひとまずはウォーキングマシン内の歩行運動を繰り返しましょう」

Photo_6 ロードバリスタ

4月12日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に55.6-40.3-26.8-13.7 馬なりに乗っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒1追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○藤野調教助手 「先週末に戻ったばかり。また、コース状態も悪かったですからね。4月12日(水)はパートナーの動きに合わせた程度。このぐらいの内容ならば息も乱れませんよ。馬体が成長を遂げた感じ。去勢して萎まなかったのは喜ばしい部分でしょう」

≪調教時計≫
17.04.12 助手 栗東坂不1回 55.6 40.3 26.8 13.7 馬なり余力 レッドゼノン(3歳未勝利)叩一杯を0秒1追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは8日に無事千葉ケイアイファームへ。ずっと使ってきた相応の疲れは感じられるようですが、馬体面で特に心配するような点はなし。当面はウォーキングマシンのみの調整に止め、回復をしっかり促してもらえればと思います。

バリスタは8日無事帰厩。さっそく坂路で軽めの時計をマークしています。馬場が悪くても、まだまだ余裕な感じです。去勢したことによる気性面の変化は?ですが、馬体は減っていないようですし、逆に成長を感じるとのこと。脚力は非凡なモノがあるので、追い切りと実戦が結びつくようになってくれさえすれば…。

2017年4月 6日 (木)

勝負どころで後ろから迫ってくるキタサンブラックの圧力にビビってしまう。その結果、最下位に敗れてしまうも、この経験を今後に生かして欲しい。★ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆厩舎)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

4月2日(日)阪神11R・大阪杯(G1)・国際・芝2000mに太宰Jで出走。14頭立て10番人気で5枠8番から平均ペースの道中を2、2、2、2番手と進み、直線では最内を通って2秒5差の14着でした。馬場は良。タイム2分01秒4、上がり37秒0。馬体重は6キロ減少の498キロでした。

○太宰騎手 「具合は前走時よりも良かったぐらい。ペース自体も楽だったでしょう。ただ、今日は周囲を気に掛けて3コーナーでの加速が思うように叶わず・・・。キタサンブラックの圧力が本当に凄くて、並ばれてからも全く抵抗できませんでした。最後はフワフワした感じのままゴールへ。申し訳ないです」

○昆調教師 「無理に競り掛ければ共倒れに。先頭へ立てるぐらいの勢いながら、控えたのは妥当な判断でしょう。最近は2、3番手から運んでも我慢が利いたものの、さすがにG1のメンバー相手だと誤魔化しは利かぬ感じ。ロードヴァンドール自身も気を遣わずに走れ、道中のスピードの乗りが全く違いますからね。やはり理想はハナ。それを改めて確認できただけに、今後に生かしたいですね。事前に伝えていた通り、ここで休養を与える予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は4月8日(土)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○昆調教師 「無事に栗東へ。見た目には大きな問題も窺えません。週末にトレセンを離れて育成場へ。長らく頑張って来ただけに、まずは十分に休ませたいですね。この期間で更に成長を遂げてくれたら・・・。復帰プランは移動後の様子に応じて考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

テンのスピードの違いでマルターズアポジーのハナを叩けませんでしたが、2番手からスムーズな競馬はできていたと思うロードヴァンドール。ただ、今回は3角からモタモタしてしまう誤算。ここで前との差を詰めることが出来なかったのは痛く、4角でキタサンブラックに交わされてしまいました。この時点でギブアップ。最後の直線ではフワフワしてしまい、最下位に沈んでしまいました。

今回に関しては展開云々よりも、後ろからじわじわ迫ってきたキタサンブラックのオーラにビビり、最後は我を見失った感じ。馬同士の見えない力関係があるのでしょう。相手に力を出させないのも、G1馬の底力なんでしょう。

残念な結果に終わってしまいましたが、改めてG1の壁を認識。まずは重賞を手にして、再チャレンジできればと思います。今は今回の経験が今後に繋がってくれることを強く願うのみです。

レース後のヴァンドールはひとまず異常なし。今後は同厩のバリスタと入れ替わりで千葉・ケイアイファームへ放牧に出される予定です。昨秋からコンスタントに使われてきたので、この休養でしっかり疲れを癒して欲しいところ。そして更にパワーアップできるように鍛えていってもらいたいです。

2017年4月 2日 (日)

初めてのG1の舞台で力試しの1戦。臆することなく自分の競馬を貫いて欲しい。☆ロードヴァンドール

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆厩舎)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

4月2日(日)阪神11R・大阪杯(G1)・国際・芝2000mに太宰Jで出走します。3月29日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.9-66.8-51.2-37.3-12.0 9分所を一杯に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手の外を1秒4先行して0秒4先着。追い切りの短評は「元気一杯」でした。発走は15時40分です。

○昆調教師 「3月29日(水)も終いはビシッと。連戦で間隔も詰まるものの、しっかり攻められましたよ。この様子ならば大丈夫。ゴーサインを出せるでしょう。今回はG1で強力な先行馬も。デキ自体は維持しているだけに、どのぐらい現状で戦えるか・・・」

≪調教時計≫
17.03.29 太 宰 栗CW良 84.9 66.8 51.2 37.3 12.0 一杯に追う マテンロウハピネス(古馬1600万)叩一杯の外1秒4先行0秒4先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神4日目(04月02日)
11R 大阪杯(G1)
サラ 芝2000メートル 4歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ミッキーロケット 牡4 57 和田竜二
2 2 アングライフェン 牡5 57 岩田康誠
3 3 スズカデヴィアス 牡6 57 藤岡佑介
3 4 ステファノス 牡6 57 川田将雅
4 5 キタサンブラック 牡5 57 武豊
4 6 サクラアンプルール 牡6 57 横山典弘
5 7 サトノクラウン 牡5 57 M.デムーロ
5 8 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰啓介
6 9 ディサイファ 牡8 57 四位洋文
6 10 モンドインテロ 牡5 57 内田博幸
7 11 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢友治
7 12 アンビシャス 牡5 57 福永祐一
8 13 ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一
8 14 マカヒキ 牡4 57 C.ルメール

○昆師 「加減して勝負になるほどG1は甘くないし、最後もしっかりやった。スピードはいいモノを持っているし、G1馬と同じような形になったとしても、自分の競馬をするだけ。それでどこまで通用するか、楽しみを持って臨む」(土曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【大阪杯】(8)ロードヴァンドール しぶとい粘り腰で金星狙う(スポニチより)

ロードヴァンドールはこの日、坂路を駆け上がり体を動かした。コンスタントに使われているが「疲れがあったのも乗り越え、調子はいいですね。馬体の感じもいいと思う」と昆助手。元気いっぱいで充実の明け4歳を迎えている。

初のG1チャレンジにも楽しみ。「前走(2着)はよく頑張ってくれた。スムーズに前に付けてくれれば」。この冬の上がり馬が、しぶとい粘り腰で金星を狙う。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨秋からコンスタントに使いつつ、『もう1丁、もう1丁』と続戦を繰り返してきたロードヴァンドール。どこかのタイミングで疲れの症状を見せるかなと心配しましたが、1戦ごとに馬は充実。OPまで駆け上がり、前走では重賞で連対するまでに。まあ、前走は展開に恵まれた面はありましたが、直線での粘り腰は胸を張れます。

そして今回は遂にG1の舞台に。こういう舞台に来れる馬になるとは出資時は想像もしていませんでした。ただ、今回に関しては力試しの1戦。キタサンブラックなどG1馬がいますし、これまで先着を許してきた馬の顔がチラホラ。実績を残している馬ばかりです。それに対して、ロードヴァンドールはこれから実績を積んでいく・残していく立場。臆することなく強豪に立ち向かっていってもらえればと思います。

今回もマルターズアポジーにハナを叩かれそうですが、小倉大賞典とは内外が逆ですから、ハナへの主張はしっかりして欲しいところ。そして強引に来るようなら、引けば良いのですから。また、おそらくキタサンブラックが早めに前を潰しに来る筈。ヴァンドール&太宰Jにはそれよりもワンテンポ速い形でマルターズアポジーへ並びかけ、交わしに行ってほしいです。そして、最後の直線は少しでも長い間、キタサンブラックと馬体を併せて叩き合うことが出来れば…。

まあ、今回の厳しく辛い経験は今後に大きく繋がる筈ですから、自分の競馬スタイルを貫いて欲しいです。ヴァンドールにはこの大舞台にビビらず、臨んでもらいたいです。

2017年3月28日 (火)

大阪杯を予定している2頭の1週前情報。☆モンドインテロ&ロードヴァンドール

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで23日に時計
・次走予定:4月2日の阪神 大阪杯(G1)・芝2000m(内田J)

手塚師 「23日に内田騎手が騎乗して、南Wコースで時計を出し、併走馬を追走し内に併せて同入しました。いい動きでしたね。ジョッキーが乗ったということもありますが、時計的には過去最高ではないでしょうか。これで内田騎手もいいイメージを持って、競馬に臨めるでしょう。大阪杯に入らない場合に備えて、念のため今週の日経賞にも特別登録をしておきましたが、大阪杯に間違いなく入りそうなので、予定通り来週行きます」

内田騎手「いいフットワークをしていますし、さすがにオープン馬という走りをしますね。来週が楽しみです」(3/23近況)

内田博 23南W稍 66.8- 52.0- 38.3- 12.8 G前仕掛け オデュッセウス(古オープン)直強目の内を1.0秒追走同入
助 手 26南坂良 58.3- 42.2- 27.5- 13.6 馬なり余力

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆厩舎)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この中間も至って順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月2日(日)阪神・大阪杯(G1)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「獣医師のチェックを受けたところ、すぐにでも再びレースに使えそう・・・との話。前走のダメージは少ない感じです。大阪杯(G1)へ向けて調整。ただ、僅かでも体調等に不安を覚えれば無理は強いません。慎重に見極めて出否を判断しましょう」

≪調教時計≫
17.03.26 助手 栗東坂良1回 56.9 40.0 25.4 11.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月2日の大阪杯を予定している2頭の1週前の情報です。

フルゲート割れということで出走できるのは確定済み。状態はそれぞれ良いのですが、実績的には格下。重賞を勝ててませんからねえ。まあ、失うものはないので、強豪相手に揉まれた経験を次走以降に生かしてもらえればというのが本音です。

また、両馬の脚質を踏まえ、上位に来る可能性があるのはモンドインテロかなと見ています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ