出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「今週の出走馬」の244件の投稿

2019年5月16日 (木)

今週の出走馬(5/18-19)

<土曜日>

Photo ロードアブソルート

京都5R・3歳未勝利・芝1800mに福永Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ヴェルトゥアル

新潟8R・4歳上500万下・若手・ダ1800mに伴Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ピボットポイント

京都8R・4歳上500万下・芝2000mに岩田康Jとのコンビで出走します。

Photo_2 アマネセール

京都9R・メルボルンT・芝2400mに石橋脩Jとのコンビで出走します。

Photo ロードエース

京都10R・シドニーT・ダ1200mに川田Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 エレンボーゲン

新潟5R・3歳未勝利・牝馬・芝2000mに大塚Jとのコンビで出走します。

Photo_2 シングルアップ

京都10R・鳳雛S(L)・ダ1800mに藤井Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は久々に7頭もの出資馬がスタンバイ。今月はまだ未勝利なのでここらで1つ勝っておきたいところです。

アブソルートの前走は道悪とポジション取りの拙さが響いて少し脚を余した感じで5着。勿体ない結果でしたが、追ってからしっかり脚を使えましたし、気難しい面は見せませんでした。今回も上位争いしてくれるでしょうが、1ハロン延長がプラスに出るかマイナスに出るか。

ヴェルトゥアルは前走連闘した疲れ・反動が少し残りましたが、時間と共に解消。帰厩後は格上のグレンツェントに胸を借りる形で追い切りを重ね、動きは良好。ここも中団から後方の位置で待機して末脚勝負に徹するのみ。新潟のダ1800mは追い込みが効き辛いですが、伴Jと息を合わせてまずは掲示板入りを。ただ、それ以上となると、乱ペースによって展開が向く+人気馬の凡走が必要となってくるかと思います。

ピボットポイントは1月の中京戦で凡走後、レース間隔を空けて、心身の成長促してきました。そのおかげで馬体面に関しては成長の跡を感じさせてくれますが、馬体を併せる形になるとフッと気持ちが切れるなど精神面の課題は相変わらずの様子。ガラッと変わってくるのは難しいでしょうが、10頭と少頭数の競馬はプラスなので、勝負どころから外を回す競馬でどこまで食い込むことが出来るか。

前走で左前脚の中筋を痛めてしまったアマネセール。正直、もう少し休養が長引くことを覚悟していましたが、この時期に戻れたことは良かったです。また、前走でこの距離を経験していますが、本質的にはもう少し短い距離に適性がある筈。正攻法の競馬だと最後甘くなるでしょうから、序盤は折り合いに専念する形で後方待機。長く良い脚を使える長所を存分に生かす乗り方を石橋脩Jには期待したいです。

ロードエースは除外の可能性を残していましたが、無事に抽選をクリア。前走で先着を許していたテーオージーニアスが除外になったのも好都合ですが、それでも相手関係は多彩で粒の揃った1戦に。善戦はしてくれても、勝ち切るとなるとどうか。実際、一息入った今回は完調手前の動き。そろそろ暑さも応えてくるでしょうし。川田Jの手腕に期待するも、大きく沈んでしまう可能性までありそう。

エレンボーゲンは一気の距離延長となった前走はゲートで後手を踏んで後方からの競馬になり、見せ場を作れないまま終わってしまいましたが、やはり2600mはこの馬には長すぎた様子。今回は牝馬限定戦で3キロ減のジョッキーを起用。芝2000mなら辛抱してくれないかなあ。ゲートが開く音にビクッとするので今回も出遅れるでしょうが、その際は向正面でスーッと外目を動いて行って欲しいところ。ハナまで行っていいくらいでしょう。決め手のなさを補う為にとにかく積極的に動いて欲しいです。

シングルアップは新たな可能性を探る意味合いで葵Sへ向かう予定を変更してここへ。ダートは兵庫ジュニアグランプリで良いところなく惨敗していますが、あれは小回りコースが響いた感じ。中央の広いコースでノビノビ走らせてあげれば変わってくる可能性も。ただ、気難しい馬なので砂を被ったりして嫌気が差すともうダメ。過度の期待はやはり控えた方が良いのかなと見ています。

2019年5月10日 (金)

今週の出走馬(5/11-12)

<土曜日>

Photo ロードイヒラニ

京都7R・4歳上500万下・芝1600mに岩田康Jとのコンビで出走します。

Photo ロードクエスト

東京11R・京王杯SC(G2)・芝1400mにM.デムーロJとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 ブライトクォーツ

新潟4R・障害未勝利・障2890mに熊沢Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ウォリアーズクロス

東京12R・BSイレブン賞・ダ1400mに石橋脩Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週はバラエティに富んだロード馬2頭・シルク馬2頭の計4頭がスタンバイ。そろそろ5月の1勝を狙いたいところです。

イヒラニは中1週での出走となりますが、疲れ・反動等は大丈夫そう。あとは枠番がどこに当たるかが大きなポイントに。個人的には外枠でも先行せずに、脚を溜める競馬で末脚を生かして欲しい。まあ、内枠で揉まれ込まなければ大崩れはないでしょう。

クエストは大崩れせずに頑張ってくれていますが、結果はワンパンチ足りない現状が続いています。前走から1ハロン短縮は問題ないも、この条件だとなかなか前が止まりません。今回も善戦止まりかなと思うも、クエストと相性の良いM.デムーロJとのコンビ。何故かこのコンビだと終いの切れが増すので、そこに淡い期待を。

ブライトクォーツはまだまだ飛越毎にスピードが緩みますが、経験を積む毎に前進は見込める筈。実際2戦目の前走では3着と結果を残すことが出来ました。今回はちょっと相手関係に恵まれたと思うので、ここは初勝利のチャンス。ただ、スピードが生きる新潟の障害コースは合っているとは言えませんが。

ウォリアーズクロスは鼻出血で2月の予定をキャンセル。昨年11月以来の実戦となります。追い切りの動きは結構軽快ですが、鼻出血明けを意識してビシビシやることが出来ていません。重目残りでの出走になっても仕方ないかも。まずは無事に走り終えて欲しいですが、それでもこの条件は得意なので、内枠を引き当て、前々で競馬が出来れば、ノーチャンスではないと見ています。

2019年5月 3日 (金)

今週の出走馬(5/4・5)

<土曜日>

Photo_6 プレミアムギフト

京都5R・3歳500万下・牝馬・ダ1800mにM.デムーロJとのコンビで出走します。

Photo ロードザナドゥ

新潟8R・4歳上500万下・ダ1800mに鮫島駿Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 シングルアップ

京都10R・橘S(L)・芝1400mに松山Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

GWの後半戦はちょっと寂しい3頭のスタンバイ。

ワンペースで芝ではひと押し・ふた押しが足りなかったプレミアムギフトでしたが、鼻出血明けでじっくり乗り進められたことでの良化+ダート替わりで前走は一変。牝馬限定戦とはいえソコソコ相手は揃っていた印象も、前々でスムーズにレースの流れに乗ると、4角まで手応え十分。直線で追われて更に加速とは行かなかったも、最後まで渋太く伸びての完勝でした。この勝ちっぷりなら昇級しても牝馬同士ならいきなり楽しみはあると思いますが、ここは16頭立てでタフなレースになりそう。ここで結果が出るようだと、先々への期待は広がります。

前走のロードザナドゥは4角まで良い雰囲気でレースを進めることが出来たと思いますが、直線での伸びが一息。本質的に前々で粘り込むという作戦が合っているとは思えないのですが、ピリッとした脚も使えていないので、こういう形で着を拾う感じになってしまっています。目標とすれば、5着以内で次走への優先権獲得です。

シングルアップは気性面の危うさを抱えていますが、現在の調整法がしっくりきているので追い切り等に支障をきたすことはありません。一息入りましたが、仕上がりは良好。重賞では荷が重かったですが、リステッドなら見直したいところ。ただ、ここは頭数も揃っていますし、力量差が拮抗しているイメージ。頑張って欲しいですが、過度の期待はちょっと酷かも。

2019年4月26日 (金)

今週の出走馬(4/27・28・29)

<土曜日>

Photo ロードアブソルート

新潟5R・3歳未勝利・芝1600mに岩田康Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 ロイヤルアフェア

東京8R・4歳上500万下・ダ2100mに石川Jとのコンビで出走します。

Photo ロードヴァンドール

京都11R・天皇賞・春(G1)・芝3200mに横山典Jとのコンビで出走します。

<月曜日>

Photo ロードイヒラニ

京都8R・4歳上500万下・芝1600mに松山Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は変則の3日間開催。頭数は4頭と少なくなりましたが、それぞれに好走・好結果を願っています。

ロードアブソルートは既走馬相手に3着と健闘。内々で窮屈な競馬を強いられながら、最後まで渋太く頑張ってくれました。その前走から中2週での今回。新潟への輸送+テンションが上がりやすい面を考慮して最終追いはサラッと。動き自体はマズマズ。マイルへの1ハロン延長はこなしてくれそう。あとは1度実戦を経験したことで気の悪い面が目立たなければ良いのですが。

ロイヤルアフェアはJRAへ戻ってきたの1戦目。それなりにスタミナはあるので、これぐらいの距離は大丈夫。ただ、笠松時代でもちょっとレベルの高い相手と走ったら見劣っていたので、まずはどこまで通用するのかを冷静に見守りたいです。

ロードヴァンドールは3度目のG1挑戦となりますが、期待度は1番。ただ、勢いのある4歳馬の牙城はかなり強固かなと思います。大外枠が当たりましたが、13頭立てなのでそう心配することはなさそう。内のヴォージュの出方を見ながら、進めていってもらえればと思います。そして今回はブリンカーを外してきました。追い切りの映像を見ると顔の輪郭をなぞるような大きなチークピーシズを着用。この馬具の変更がプラスと出るのかマイナスに出るのか。興味深いです。

ロードイヒラニは気分良く進めてどこまで通用するか。気性面で幼いので他馬が気になると集中力を欠いてしまいます。その点を踏まえれば、2走前に完璧な競馬でイヒラニを導いてくれた松山Jに戻るのはプラス。ただ、時計の速い決着になると分が悪そう。悪くても次走への優先権を確保したいです。

2019年4月18日 (木)

今週の出走馬(4/20・21)

<土曜日>

Photo_2 ジェラーニオ

東京6R・3歳未勝利・芝1800mに武藤Jとのコンビで出走します。

Photo_2 パラダイスリーフ

東京9R・新緑賞・芝2300mに川田Jとのコンビで出走します。

Photo_6 シグナライズ

東京12R・4歳上1000万下・牝馬・芝1400mにM.デムーロJとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_6 マカリカ

東京4R・3歳未勝利・芝1400mに藤岡康Jとのコンビで出走します。

Photo ロードラウレア

京都5R・3歳未勝利・芝1800mにA.シュタルケJとのコンビで出走します。

Photo_2 ヴィッセン

京都9R・比良山特別・芝2200mに松山Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は土・日で各3頭ずつ計6頭がスタンバイ。シルク馬とロード馬の割合もピッタリ同じとちょっと珍しい週末になりました。そして顔ぶれを見ると、半分(ジェラーニオ・マカリカ・ロードラウレア)が3歳未勝利での出走となります。未勝利終了までまだ猶予はありますが、3頭共に掲示板に1度も乗っていないので、最低限の目標として未勝利突破への足がかり・メドの立つ走りを見せてほしいです。3頭ともに距離短縮はプラスだと思います。

パラダイスリーフは3歳勢で数少ない新馬勝ちした馬ですが、正直3月の新馬戦ということで低調なメンバー構成。パラダイスリーフの走りも幼さ全開でしたから、恵まれた部分は大きかったと思います。この中間は1度NF天栄へ放牧に出されて再教育。帰厩後の追い切りはデビュー前と比較すると、だいぶ動けるようになっています。まあ、これからの馬ですが、1勝馬同士の競馬でどこまでやれるか不安よりは楽しみの方が大きいです。

シグナライズはここでも通用する力はあるのですが、気難しいというか走ることに気持ちがないのか原因はハッキリしませんが、凡走続き。今回も苦戦濃厚でしょうが、唯一の希望の光がM.デムーロJが乗ってくれるという点。ひょっとしたらガラッと変わってくるかもしれません。

初ブリンカー着用で臨んだ前走の内容が良かったヴィッセン。今回も前々で立ち回って粘り込みを図りたいところ。ただ、時計面で限界のある馬なので、開幕週で時計の速い決着を要求されると辛いでしょうねえ。距離はこれぐらいが1番合ってそうに思います。

2019年4月11日 (木)

今週の出走馬(4/13・14)

<日曜日>

Photo_2 ブライトクォーツ

福島4R・障害未勝利・障2750mに熊沢Jとのコンビで出走します。

Photo ロードザナドゥ

福島8R・4歳上500万下・若手・ダ1700mに鮫島駿Jとのコンビで出走します。

Photo_2 インペリオアスール

福島8R・4歳上500万下・若手・ダ1700mに川又Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は3頭の出走に落ち着いたのに、ロード・シルクの出資馬対決が1鞍あります。

ブライトクォーツは障害2戦目。スタミナは豊富なのですが、実戦へ行って集中し切れていない面も。それ故、飛越のバラつきが目につきます。1度実戦を経験した慣れを見込みますが、ガラッと変わってくるところまではどうか。また、今週の追い切りでゴール後に落馬するアクシデント。この影響がレースに出なければ良いのですが。

前走のロードザナドゥは中団追走から悪くない競馬運びでしたが、直線で追われてからピリッとせず。休み明けで幾分急仕上げだったのも応えましたが、1800mは長いと思います。その点、小回りの1700mは中央場所のダ1400mで好走する馬と相性が良かったりするので、100mだけの距離短縮ですが、それは間違いなくプラスでしょう。ただ、今回は逃げ粘りの競馬を試みる様子。ダートを使っていくなら、こういう形でしか着は拾えないのかなと思いますが、個人的にはこの戦法は合っていないと思います。

インペリオアスールは速い時計の決着と内で窮屈な競馬を強いられた分、前走では着順を落としてしまいましたが、渋太い走りを見せていたのは○。去勢したことで気難しい面はだいぶ緩和されました。展開・条件が嵌れば、前々走ぐらい走れると思うので、時計の掛かる馬場でスムーズな競馬が出来れば。引き続き川又Jが乗ってくれるのは有難いです。

2019年4月 5日 (金)

今週の出走馬(4/6・7)

<土曜日>

Photo ロードアブソルート

阪神4R・3歳未勝利・芝1400mに福永Jとのコンビで出走します。

Photo_2 エレンボーゲン

福島8R・3歳未勝利・芝2600mに津村Jとのコンビで出走します。

Photo_2 グランドサッシュ

中山10R・湾岸S・芝2200mに石川裕Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 フロントライン

中山1R・3歳未勝利・ダ1200mに大塚Jとのコンビで出走します。

Photo_2 アンブロジオ

阪神10R・阪神・大阪―ハンブルクカップ・芝1400mに石橋脩Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週はドバイでアーモンドアイが頑張ってくれましたが、国内組にもう少し頑張って欲しかったなあという気も・・・。月が変わって今週は5頭がスタンバイ。その内、3頭が3歳未勝利戦に出走します。出来れば1頭は勝ち上がって欲しいのですが、果たしてどうなるか。

ロードアブソルートは喉の疾患と膝の故障で2度デビュー予定が流れ、3度目の正直でようやくデビューへ。水準の時計は出ていますが、アドミラル・ラウレアの惨敗を経験している身とすれば、期待よりも不安・心配な気持ちが先に来てしまいます。末脚を生かす競馬でどこまでやれるか。

2歳秋に3戦するも、見せ場を作るところまで行かずに敗れてしまったエレンボーゲン。その為、冬場の出走は控え、NF天栄で地道に乗り込んできました。正直、成長力が乏しく、ガラッと変わってきたところはないので苦戦は免れませんが、細身の馬なので意外とスタミナはあるかも。ローカルの芝2600mで新味が出てくれることを願っています。

グランドサッシュは年齢から来る硬さ・衰えは免れませんが、レース間隔が空いたことで、それなりに回復は果たせたと思います。8頭立ては非常に魅力ですが、中山・芝2200mは微妙に忙しくて。これが中山・芝2500mなら1発あるかもと期待できるのですが・・・。最低限の目標として掲示板確保(5着以内)はお願いしたいです。

デビュー戦、C.ルメールJ騎乗で人気を集めたフロントライン。芝スタートから良いスピードは見せてくれたのですが、残り200m弱から脚色が怪しくなって失速。止まり方を見ると、明らかに距離が長かったと思います。今回の舞台は中山・ダ1200m。距離はベストだと思うので、1度実戦を経験した慣れも見込んで好勝負を期待。ただ、2戦目の鞍上は今年デビューの大塚J。ここまで未勝利で尚且つ5着以内もありません。心配は尽きませんが、このチャンスを生かせれば状況がガラッと変わってくると思うので、追い切りで掴んだ感触をレースにしっかり生かしてもらいたいです。

前走のアンブロジオは実績のある東京・芝1400mでよもやの10着。雪で順延になったことや57キロの斤量が応えました。その後、放牧に出して立て直されたことで良い仕上がりでレースへ臨めます。ただ、今回も57キロを背負いますし、課題の残る右回り。また、今回のレースで初めて関西圏への輸送が待っています。準OPで実績を残しているように力は足りるのですが、レース条件は正直厳しいもの。前走に引き続き二桁着順で負けるようなことだけは避けて欲しいです。

2019年3月29日 (金)

今週の出走馬(3/30・31)

<土曜日>

Photo ロードラウレア

阪神4R・3歳未勝利・芝2000mに池添Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ダイアトニック

中山11R・ダービー卿CT(G3)・芝1600mに北村友Jとのコンビで出走します。

Photo ロードクエスト

中山11R・ダービー卿CT(G3)・芝1600mに三浦Jとのコンビで出走します。

<日曜日(土曜深夜)>

Photo_2 アーモンドアイ

メイダン7R・ドバイターフ(G1)・芝1800mにC.ルメールJとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は4頭の出走にとどまりましたが、その内3頭が重賞に挑戦と力の入る週末になります。

やはり何といっても土曜深夜のドバイターフのアーモンドアイが主役。出発前は牝馬らしい難しさを覗かせていましたが、何頭かでドバイ参戦というのがリラックス材料になっているのか、現地入りしてからは日に日に普段のアーモンドアイに戻ってきてくれています。動きの良さは海外のメディアにも驚きの目で見られている様子。あとはレースでもう1度海外のメディア、競馬ファンを驚かす、素晴らしいパフォーマンスを期待しています。

土曜日の中山・ダービー卿CTではダイアトニックとロードクエストが激突。ダイアトニックはOP入りして即重賞挑戦。さすがにちょっと荷が重いかな?と思いますが、元々相手なりに駆けるタイプ。54キロのハンデは恵まれています。ただ、ここ2連勝は手頃な頭数での1戦。厳しいレースを経験してこなかったのがどう響くかでしょう。ロードクエストの57キロは背負い慣れた斤量。実績を考えると、もう少し背負わされても不思議ではなかったので恵まれたとも言えるでしょう。重賞だとワンパンチ足りない現状ですが、差のないところまではホント良く頑張ってくれています。上がりの掛かる中山マイルは合っていると思うので、今回も内目の枠をまずは引き当てたいです。

未出走同士の方が楽ということでデビュー戦でダートを選択したロードラウレア。最終追いもまずまず動けていたので大いに期待したデビュー戦でしたが、砂を被る形になって若さというか脆さを露呈。レースに全くなりませんでした。2戦目は芝のレースを選択。スムーズなレースが出来れば、巻き返しは可能かと思いますが、デビュー戦が負け過ぎだけに不安の方が大きいです。まずは掲示板確保が目標です。

2019年3月22日 (金)

今週の出走馬(3/23・24)

<土曜日>

Photo プレミアムギフト

阪神1R・3歳未勝利・牝馬・ダ1800mに川田Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.4-39.6-25.5-12.4 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手と同時入線。追い切りの短評は「この一追いで良化」でした。発走は9時55分です。

○高野調教師「3月20日(水)もラップ的には上々。手応えの割にラストで伸び切れない・・・と乗り手は感想を述べていたものの、ここまで無事に調整を進められましたからね。体調も良さそう。決め手に欠ける部分を、ダート替わりで補えれば・・・でしょう」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良2回 54.4 39.6 25.5 12.4 一杯に追う イルフェソレイユ(3歳未勝利)一杯と同入

Photo ロードザナドゥ

阪神8R・4歳上500万下・ダ1800mに岩田康Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に52.3-37.9-24.7-12.6 強目に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒8追走して0秒2先着。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は13時50分です。

○橋田調教師 「福島開催を考えていたものの、3月20日(水)が十分な動き。息の入りもOKです。この様子ならば今週のレースへ行っても大丈夫そう。ここを使って転戦・・・がベターかも知れません。想定表を参考。乗り役の兼ね合いも含めて決めましょう」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 52.3 37.9 24.7 12.6 強目に追う ムギ(3歳未勝利)叩一杯を0秒8追走0秒2先着

Photo ロードイヒラニ

中京10R・刈谷特別・芝1600mに幸Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.6-39.4-12.2 8分所を強目に追っています。併せ馬では末一杯の相手の外を通って同時入線。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は14時50分です。

○千田調教師 「3月20日(水)は半マイルをサッと。間隔は詰まるものの、馬自身は元気ですね。見た目にも気に掛かる点は無し。この様子ならば大丈夫でしょう。同じ1600mでも幾らかトリッキーなコース形態。スタートを決めて、上手く立ち回れれば・・・」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗CW良 53.6 39.4 12.2 強目に追う 活気十分 タガノアヴァンス(3歳未勝利)末一杯の外同入

Photo シグナライズ

阪神10R・天神橋特別・芝1600mに加藤祥Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-39.5-25.1-12.4 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒3先行して0秒2遅れ。追い切りの短評は「あまり変わり身無」でした。発走は15時00分です。

○田代調教助手 「中1週だけに3月20日(水)はサッと。テンションも上がっておらず、状態キープと言えるでしょう。軽ハンデは喜ばしい材料ながら、藤岡佑介騎手は52キロだと騎乗不可。鞍上を替えて投票を行ないます。斤量差を生かして前進できれば・・・」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 55.5 39.5 25.1 12.4 末強目追う ビックピクチャー(3歳500万)馬なりに0秒3先行0秒2遅れ

Photo_2 ディグニファイド

中京11R・名古屋城S・ダ1800mに中谷Jとのコンビで出走します。

斉藤崇師「20日に坂路で追い切りました。テンから引っ掛からないように気を付けましたが、上手くまとまった時計で登坂してくれました。この馬なりに良い動きだったと思いますし、良い仕上がりでレースに向かうことが出来そうです。前回はゲートで後手を踏んでしまい、この馬本来の持ち味を活かせないままレースを終えてしまいました。準オープンに上がってからは厳しいレースが続いていますが、五分にスタートを切って自分のリズムでレースを運べばもう少しやれると思っています。距離は前走のレース内容から1800mがギリギリのような気がするので、なるべくロスなく立ち回ってほしいですね。ゲートを五分に出てくれるか心配ですが、中間は入念にゲート練習を行いましたし、その成果が競馬に出てくれることを期待しています(3/21近況)

助 手 17栗坂良 54.7- 40.4- 26.8- 13.7 馬なり余力
助 手 20栗坂良 53.3- 39.3- 25.9- 13.0 馬なり余力

<日曜日>

Photo ロードプレミアム

中山9R・両国特別・芝1800mに三浦Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン83.3-68.3-53.4-39.0-12.8 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して同時入線。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は14時15分です。

○斎藤誠調教師「順当に回復を遂げており、跨り始めてもスムーズに進行。3月20日(水)はウッドへ入れて長目に追い切りました。ここから大きな上積みを望むのは難しいかも知れませんが、中1週続きでも高いレベルで状態を維持。改めて好勝負が可能だと思います」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 美南W良 83.3 68.3 53.4 39.0 12.8 馬なり余力 活気十分 キングスバレイ(3歳500万)馬なりの外0秒6先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週9頭の出資馬が出走したので今週は少なくなるかなと見ていたら、珍しくロード馬が大挙出走して計6頭がスタンバイ。出来れば今月の初勝利をこのメンバーの中から出て欲しいところ。

プレミアムギフトは鼻出血明けのレース。幸い、楽をして回復に努めた後はその影響は見られず、良い感じで乗り込むことが出来、仕上がりは良好。ワンペースの走りなのでダート替わり+牝馬限定戦でワンパンチ利けば。体格+血統からダートはこなせる余地は十分あります。

ロードザナドゥは一息入りましたが、追い切りで軽快な動きを披露。いつもより乗り込み量は少なくですが、仕上がりは悪くありません。本当は改めて芝に挑戦して欲しかったですが、今回もダ1800mへ。前走は逃げる形になりましたが、出来れば差し・追い込みの形でまずは見せ場を作って欲しいです。

ロードイヒラニは最後キレ負けしましたが、芝に戻して2着と結果を出すことが出来ました。今回も揉まれない位置で競馬が出切れば大崩れはなさそう。ただ、勝ち負けするには1400mが合っている感じはしています。詰めの甘さをどう補うか。

シグナライズは力を秘めている筈なのですが、ここ2走が案外。走る方へ気持ちが向いていません。今回は1ハロン延ばしてマイル戦に挑戦。中1週でも一応のデキはキープできているも、変わり身の兆しが窺えず。52キロのハンデは魅力ですが…。

ディグニファイドは障害転向を諦め、平地で頑張っていくことになりましたが、準OPでは早くも頭打ち。1000万下でも安定した成績を残すことが出来ていない中、相手関係&展開に恵まれた1000万下での勝利だったので、1つ上のクラス(準OP)で通用しないのは当然です。

ロードプレミアムは再度中1週での出走。追い切りは悪くない動きですが、気持ちの強い馬ではないので目に見えない疲れがあるばコロッと凡走してしまうかも。まあ、今回も相手関係を気にすることなく、後方からじっくり競馬を進めるのみ。そして最後の直線を向くまで出来る限り、脚の温存を。そうすれば一瞬でも良い脚を使ってくれますから。上位へ食い込んで欲しい。

2019年3月15日 (金)

今週の出走馬(3/15・16)

<土曜日>

Photo_2 ブロードアリュール

中京9R・4歳上500万下・ダ1400mに田辺Jとのコンビで出走します。

Photo_2 インヘリットデール

中山9R・鎌ヶ谷特別・芝1600mに石橋脩Jとのコンビで出走します。

Photo ロードエース

阪神10R・なにわS・ダ1200mに川田Jとのコンビで出走します。

Photo_2 シングルアップ

中京11R・ファルコンS(G3)・芝1400mに中谷Jとのコンビで出走します。

<日曜日>

Photo_2 クレッセントムーン

阪神6R・3歳上500万下・ダ1800mにA.シュタルケJとのコンビで出走します。

Photo_2 タイムレスメロディ

中京7R・4歳上500万下・牝馬・ダ1200mに城戸Jとのコンビで出走します。

Photo_2 ヴェルトゥアル

中京8R・4歳上500万下・若手・ダ1800mに伴Jとのコンビで出走します。

Photo ロードダヴィンチ

中京8R・4歳上500万下・若手・ダ1800mに岩田望Jとのコンビで出走します。

Photo ロードヴァンドール

阪神11R・阪神大賞典(G2)・芝3000mに横山典Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週はシルク・ロードから満遍なく9頭もの大挙出走へ。3場で平場から重賞挑戦までバラエティに富んでいます。

ブロードアリュールは去勢明けの1戦。500万下は1度勝っているように地力上位なのですが、だんだんと気難しくなってきていた気性がどう改善されてきたのか注目。ただ、動きはまだまだ重苦しいんで、期待は1度使ってからかも。それでも恥ずかしい競馬はしないで欲しいです。

インヘリットデールはデビュー戦以来のマイル戦。使える脚が短くなってきたので1400mぐらいでも良いとは思うのですが、立ち回りの良さを生かせる中山のマイルは合いそう。出来れば内枠を引き当てたいところ。あとは中山への長距離輸送でテンションが上がり過ぎなければ良いのですが。

前走Hペースを追い掛けた分、最後甘くなってしまったロードエース。内容は誇れるものですし、このクラスでも力は十分通用。状態面の上積みは少ないも、追い切りの動きを見る限り、目立ったデキ落ちはなし。良い意味で充実しています。今回は乗れている川田Jとの初コンビ。何とか詰めの甘さを補って勝ちたい1戦ですが、今回も大崩れはなさそう。

シングルアップはひと叩きして重賞挑戦へ。1400mの方がレースの流れに乗りやすいとは思います。ただ、今回は頭数が揃っていますし、相手も強力。前走で1つ結果が出たとはいえ、更なる前進となると正直難しいかも。このメンバー相手に現状の力でどこまで通用するのかを冷静に見守りたいです。

クレッセントムーンは未勝利勝ち以来の1戦。ソエの影響で少し間隔が空きましたが、成長を促す意味では却って良かった感じ。追い切りの動きも力強く、状態は良さそう。あとは1つ勝っている馬同士でどこまでやれるか。力量的には十分通用する筈。この充電期間で気性面でも成長してきてくれていれば。

タイムレスメロディはほぼほぼ今回が引退レース。ここ数走は中京・ダ1200mを走って来ているので、馬自身がこのコースを知り尽くしている感じ。一息入りましたが追い切りの動きは上々。2勝目を挙げて、最後の花道を飾ってあげたいです。

ヴェルトゥアルはチグハグな内容が目立った前走。消化不良の競馬だったことから、連闘で中京の若手限定戦を狙ってきました。鞍上は伴Jに戻ります。地力で他馬を捻じ伏せる力は現状ないので、まずは自分の競馬に徹して、あとは展開等が向くかどうかだけ。

ロードダヴィンチは岩田望Jとのコンビ。シグナライズと違って、気難しさはないので乗りやすい筈。ただ、大型馬で機敏な動きは出来ないので、道中は動きやすい位置で折り合い、勝負どころから自らジワジワ動いていって欲しいところ。休み明けが1番走る馬ですが、追い切りでは好時計をマーク。叩き3走目の今回が1番動けるかも。

ロードヴァンドールはじっくり立て直して、状態・動きは確実に良化。だいぶ動けるようになってきましたが、本当に良くなるのはここを使ってからかも。また、2400mはこなしているも、さすがに3000mとなると距離がちょっと長いかも。ここ2走とは違う粘り腰を見せて欲しいところですが…。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Poetic Richesの17 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マイティースルーの17 マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ローブティサージュの17 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ