出資馬一覧

カテゴリー「(引退)ロードブルースカイ」の39件の投稿

2014年12月30日 (火)

今年の引退馬・ロード編

厳密に言えば、ロードカナロアも今年の引退ですが、それはちょっと除外して、ズラッと計8頭の引退馬が出てしまいました。

Photo_6 ロードオブザリング

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

ロードの入会時に出資した1頭。それだけに思い入れの強い馬だったので引退は残念でしたが、OP・重賞で厳しい結果が続いていたので致し方なかったと思います。OPまで出世してくれてありがとうと改めて言いたいです。

Photo_6 ロードランパート

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年5月に美浦・高柳厩舎へ転厩しましたが、それまでは栗東・池江寿厩舎に所属。良い脚は一瞬しか使えない+背腰の弱さと弱点があり、成績は上がりませんでしたが、この有力厩舎でも数は使ってくれていました。ただ、適距離がハッキリしないまま現役を終えてしまったのがちょっと残念。

Photo_6 ロードエアフォース

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年初戦となった寿S7着後に左前脚がモヤモヤと。打撲という診断で乗り出したのは速かったのですが、患部の腫れはなかなか引かず。結局、再度スローダウンしてケアを優先。それでも夏前には態勢が整っていたのですが、何故か声が掛かれずに8月末の帰厩へズレ込むことに…。

ようやく9月28日のムーンライトHで復帰することが出来たのですが、このレースと大原Sの凡走であっけなく引退になってしまいました。

準OPではなかなか自分の形に持ち込めないでいましたが、テンが緩みやすい長距離ならそのチャンスがあるかなと思っていたので、引退前に芝2400m以上を1度試して欲しかったです。

Photo_6 ロードシュプリーム

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦を12着と凡走し、お手上げ状態でしたが、刺激を与える意味で障害練習に着手。そのまま障害馬としてデビューすることになりました。自分から止める面があったので、障害でも厳しいかなと当初見ていましたが、非凡なセンスを発揮。3戦目で障害初勝利を飾ってくれました。ちなみにその時の2着がのちに中山大障害の覇者となるレッドキングダムです。

OP入り後も即2着に頑張ってくれ、新天地での活躍に更に期待が高まったのですが、障害5戦目の清秋ジャンプSで12着に敗れ、その後の放牧で左前脚屈腱部に張りが判明。帰厩して詳しい検査を受けた結果、屈腱炎という診断が下りました。

競走馬として浮き沈みは激しかったですが、2勝馬ながら記憶に残る馬となりました。

Photo_6 ロードクラヴィウス

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦の瀬戸特別を12着と大敗し、500万下に降級してから出直しかなと思っていたら、次走の1000万下の平場戦11着後に左前脚に屈腱炎を発症。

セールで高額で取引、デビュー勝ちなど期待の高かった馬でしたが、時計面で限界がある+メリハリの利く走りができないという弱点を克服できませんでした。

Photo_6 アンビータブル

⇒⇒再度の右前脚球節の剥離骨折。そのまま引退することに。

昨年9月に右前脚球節の剥離骨折を発症して全治3ヶ月という診断を受けていたのに、良化スローで倍の6ヶ月を経過。ようやく坂路で調教をできる段階まで戻ってきてくれたのですが、坂路入りした途端に再度の剥離骨折。人災とも言える何ともお粗末な終幕となってしまいました。

現在はケイアイファームで繁殖生活をスタート。来春オルフェーヴルの仔が産まれる予定です。

Photo_6 ロードスパーク

⇒⇒スーパー未勝利への優先権を確保できず、JRAの登録を抹消することに。

募集DVDでは良く見えたのですが、実際の姿はちょっと違っていましたし、気性面の難しさが最後までネックに。この弱点はこの母の仔にはつきものですね。結局、1度も掲示板に乗ることができずにスーパー未勝利前に登録抹消となってしまいました。

Photo_6 ロードブルースカイ

⇒⇒調教後に左前脚の骨折が判明。その程度が大きく、競走能力喪失の診断。

動きの良化が見られないということで、昨年末外厩へ出されて立て直しを図ったのですが、体質の弱さはほとんど改善されず。ある程度乗り込むと、どこかしらに痛いところが出ていました。4月10日に帰厩が叶ったのですが、次の日の調教後に左前脚の骨折が判明。その程度は大きく競走能力喪失の診断が下るほどでした。

牧場自体はコンスタントに乗られていたコメントでしたが、実際は違っていたんでしょうね。ロード馬には時々こういう馬がいます。また、浅見厩舎とは真逆で千田厩舎へ入る馬は体質の弱い馬が多いように思います。

2014年4月13日 (日)

10日に帰厩するも、11日の調教後に左前脚に大きな骨折が判明。競走能力喪失で引退することに。★ロードブルースカイ

Photo_6 ロードブルースカイ(牡・千田)父ディープスカイ 母ラパシオン

2014.04.11
ここに来て左前脚に腫れが認められます。レントゲン検査を受けたところ骨折で競走能力喪失の診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間、ご支援を下さいまして誠にありがとうございました。

○千田調教師 「4月11日(金)に坂路1本を普通キャンターで乗りました。その時点で特に違和感は無し。ところが、午後に馬房を覗くと左前脚を地面に付けぬ状態でした。管骨から球節まで骨折の範囲が広く、競走能力喪失との診断に。ちょっと前に育成場でスムーズさを欠いた際、何か大きな問題が生じていたのかも・・・。本当に申し訳ありません」

2014.04.10
4月10日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「そろそろ厩舎へ・・・と思っていたら疲れが見られ、幾らかスケジュールを延ばしました。だいぶ回復したのを踏まえて4月10日(木)にトレセンへ。明日11日(金)より跨り始めましょう。これまでの経過も踏まえると、少しずつ進めるのが良いかも」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10日にようやく帰ってきたと思っていたら、翌日の調教後に骨折判明→競走能力喪失による引退と呆気に取られてしまいました。せめて1、2戦は競馬に出てきて欲しかったです。

前脚の造り・冴えない顔つきと不安を感じていましたが、馬っぷりの良さを信じて出資。また、育成時の独特のフットワークなど惹かれるものがありました。牧場のコメントでも、“コンスタントに15-15を実施。余力十分に駆けている”など良い感じかと思ったのですが…。

入厩後、ゲート試験中心で坂路でなかなか時計が出ない時点で怪しい雰囲気は漂っていましたが、ゲート試験合格後のCWコースでの初時計で正直愕然とすることに。まったく体力が備わっていないことを知りました。

その後は右前脚の打撲もあって、ヒルサイドSでじっくり立て直されることに。乗り込んできた成果は徐々に出てきていましたが、コズミやすい体質の弱さが解消することはありませんでした。

馬の本質を見極められなかった自己責任ですが、調教動画のないクラブだけに難しいところです。現2歳馬にも実際には体力が伴っていなかったという馬が出てこないことを願うしかありません。

2014年4月 9日 (水)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードスパーク

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着後すぐにショックウェーブ治療を実施。そして先週後半より軽く跨り始めています。ひとまずは周回コースを緩やかなペースで。今のところ大きな問題は見当たらず、近日中に坂路へも連れ出す予定です。具合を探りつつ徐々に進める方針」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「どうも右トモに疲労が溜まり、それが対角へ影響を及ぼしていた可能性も。坂路でコンスタントに乗り込んで来ましたからね。でも、現在は触診に対して嫌がる反応も無し。先週後半から登坂を再開しており、もう殆んど歩様も気に掛かりません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両前のソエで立て直し中のスパーク。適切な処置を施して、馬場で軽めの乗り運動を行っています。ソエの状況を確認しながらも、できるだけ馬体が緩まないように注意してもらいたいです。

ブルースカイの左肩の出が悪いのは、対角の右トモに弱点がある様子。治療を施して、現状は落ち着いているようですが、状況に応じて3度目の筋肉注射を実施するなど適切な処置をお願いしたいです。何とかピッチを上げて行ってもらわねば…。

2014年4月 4日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・ヒルサイドS調整組)

Photo_6 ベルフィオーレ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

〇当地スタッフ 「これまでのテンションが高い感じと異なり、良い意味で気合いが乗り始めた印象。大きなフォームで駆けており、動きにも迫力を増していますね。毛艶も良化。具合が上向いているのは確かでしょう。このまま同様のパターンを繰り返せばOK」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)。

〇当地スタッフ 「3月28日(金)に2度目の治療を実施。まだ完全にOK・・・とは言い切れぬものの、だいぶ身のこなし等にスムーズさを取り戻していますよ。念の為に現在も多少セーブ気味の内容。でも、今週半ばぐらいから再び坂路コースへも連れ出す予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルフィオーレの気性に関しての報告が1週ごとに良かったり悪かったり。レースへ行けば、勝負根性へと繋がってくれるのでしょうが、神経質な面が和らいでくれないと、素質開花へと繋がらないと思います。いずれは半姉・全姉に負けないような活躍を見せてもらわないと…。

ブルースカイは2度目の筋肉注射を実施。少しずつ回復してくれているようですが、コズミやすい体質は今後もネックになるでしょうね。暖かい季節を迎えて、少しでも体質が強化されてくるのを願うしかありません。再度、入厩態勢が整うのは、1ヶ月ちょっと掛かるのかな?

2014年3月27日 (木)

左肩の出が悪くなった為、帰厩予定を見合わせることに…。★ロードブルースカイ

Photo_6 ロードブルースカイ(牡・千田)父ディープスカイ 母ラパシオン

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)。

○当地スタッフ 「左肩の出に幾らか窮屈さが感じられ、獣医師のチェックを受けています。どうやら疲れが原因の様子。筋肉注射を打ったら随分と解消し、大きな心配は不要でしょう。ただ、千田先生と意見を交換。ひとまず今週一杯は経過を観察する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ようやく帰厩かと思っていたブルースカイですが、左肩の出が悪いということで、治療後の経過を見守ることになりました。

2歳時に厩舎で調整していた時、コズミ気味で体質の弱さが目立っていた馬なので、牧場での調整中に、このようなこと(馬体を硬くする)が起こってしまうのは想定していましたが、このタイミングは痛いです。

ヒルサイドSで乗り込まれて体力・体質強化に努めてきましたが、まだ弱さがつきまといます。現状のようだと、厩舎でレースへ向けての仕上げに入った時に同様の不安が出てしまう可能性も相当高いでしょう。

まあ、今は大きな落ち込みにならないように、無理を控えて回復に努めてもらいたいです。

2014年3月20日 (木)

ロードなお馬さん(3歳・ヒルサイドS調整組)

Photo_6 ベルフィオーレ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。飼い葉もキッチリ食べており、ここまでは概ね順調だと思います。幾らか気の強い面は窺えるものの、そのあたりも恐らく走る原動力に。手を煩わせるようなレベルとは違うだけに、過度な心配は不要でしょう」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。脚元を含めて特に不安は生じておらず、相変わらず順調だと思います。ウチへ来て約3ヶ月。コツコツと鍛錬を重ね、トレセンでの稽古に耐え得る下地は出来たでしょう。近日中に帰厩の段取りが組まれそう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルフィオーレとブルースカイは同じメニューを消化。それぞれに無難に対応できているように、それなりの下地は整っています。

ベルフィオーレは牝馬らしいピリッとしたところが走る原動力かもしれませんが、そういう面が解消されてこないと、馬体のパワーアップへと繋がって行きません。良血馬らしい素質は十分あるでしょうから、もう少し時間をかけて成長を遂げてもらいたいです。

ブルースカイは移動の連絡は届いていませんが、今週末には帰厩できることを願っています。体力が幾分備わって、追い切りの動き・時計がどこまで前進してきてくれるのか…。非力なタイプでしょうから、直線平坦+軽い芝の京都か新潟でデビューしてもらえればと思います。

2014年3月12日 (水)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 デルフォーノ

茨城・松風馬事センター在厩。ウォーキングマシン90分、角馬場でダク20分+ハッキング20分、ダートコース・キャンター3200m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「直近の馬体重が464キロ。残さずに食べて2週連続で二桁プラスを示しています。外見に加えて数値の裏付けが取れたタイミングで調教内容を刷新しました。全体的な硬さが取れ、トモもすっかりと癒えた印象です。徐々にピッチを上げるつもり」

Photo_6 ベルフィオーレ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ちょっとテンションが高め。時間が経つに連れて少しずつ落ち着いては来たものの、もう少しの間はリラックスを心掛けるのが良いかも知れません。強い稽古は不要。体力アップを求めて運動量に重点を・・・との指示を藤原先生より頂いています」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「入念に乗り込みながらも疲れた素振り等は無し。体力アップが図れていると思います。だいぶトモの具合も良化。じっくり取り組んだ成果が随所に感じられるでしょう。現状キープを心掛けつつ、あとは移動の連絡を待つばかり。準備OKです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体の回復を心配したデルフィーノですが、疲れが抜けてフックラしてきたのは○。それを受けて、キャンターの距離を伸ばしています。この馬の気性を考えると、牧場で速いところは不要だと思うので、コツコツと距離を乗り込んで体力強化を図ってもらえればと思います。

ベルフィオーレは少しテンション高めと、周囲に敏感な面を残しています。こういう面も時間が解決してくれるとは思いますが、普段からメンコをつけて調整するなど臨機応変に対応してもらいたいです。デルフィーノ同様に普通キャンターをしっかり乗って、体力強化+馬体重アップを進めて行って欲しいです。

ブルースカイは引き続き順調に乗り込み中です。さすがに以前と比べると、だいぶしっかりしてきて、水準くらいの体力は備わってきたのかなと思います。ただ、弱い面は解消しきれていないでしょうから、以前とガラッと変わった動きを見せるとは…。まだまだ不安の大きい馬ですが、頓挫なく調整を続けてもらいたいです。

2014年3月 6日 (木)

3月中には厩舎へ戻る予定に。☆ロードブルースカイ

Photo_6 ロードブルースカイ(牡・千田)父ディープスカイ 母ラパシオン

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「馬自身の行く気に任せて、ハロン16秒ぐらいまでペースを速める場合も。しっかり動けています。登坂2本目でも余力十分。着々と態勢が整いつつある印象です。この1、2週の間で厩舎へ・・・との話。いつ声が掛かっても対応できるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年12月20日に厩舎を離れて、ヒルサイドSへと移ってきたロードブルースカイ。右前の打撲による腫れはすぐに治まり、運動量に重点を置いて調整してきました。

その甲斐あって、この馬なりに体力強化は進んでいる様子。ようやく下地が整いつつあるのでしょう。以前のコズミやすい点も解消してきてくれれば…。

ただ、在厩していた頃の動きがサッパリだったので、現段階ではまだまだ不安で一杯です。コメントから遅かれ3月中には厩舎へ戻るようなので、時計で変わり身を見せてもらえればと思います。また、非力なタイプでしょうから、春の京都開催の開幕週ぐらいを目標に進めて行って欲しいです。

2014年2月27日 (木)

ロードなお馬さん(3歳関西馬・牧場組)

Photo_6 ロードストーム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「だいぶ本数を重ねて来ただけに、ちょっとテンションが上がり気味。そんな様子を踏まえて最近はポリトラックも使い始めました。息を入れながら、緩やかなペースで周回。これで気持ちが落ち着くでしょう。どうやら今週中には厩舎へ戻りそう」

Photo_6 ベルフィオーレ

滋賀・栗東ホース具楽部在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター500m×4~5本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。何処か特定の箇所に不安を抱えている状況とは違い、トレセンでの稽古に耐え得る全体的な逞しさを備えるのが目標です。先日、藤原調教師が視察に。寒さが峠を越えてから厩舎へ・・・と話されていましたよ」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。脚元を含めて特に不安は生じておらず、順調に来ていると思います。真面目に稽古へ取り組むタイプ。ただ、もう少し前向きさが出れば更にベターですね。そこは速いペースで行くに連れて徐々に改善するはず」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードストームは今週末に帰厩となりそうです。状態は問題ないと思いますが、帰厩間近になって、煩い面を指摘するのは何ともやらしい感じです。約3ヶ月の充電期間を設けましたが、それほど大人になってきてくれていないんでしょうね…。

ベルフィオーレは馬体のボリュームアップ+非力さの解消が当面の課題。長い距離を地道に乗り込むことが必要です。目に見えて良くなってくるまで、焦らずにお願いします。

ロードブルースカイは休まず乗れていますが、15-15へは踏み出せていません。まだまだひ弱さな面が目立つからでしょう。ただ、時間も限られてくるので、1度ペースを速めて、感触を確かめてみても良いのではないでしょうか。

2014年2月21日 (金)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードストーム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「結構な降雪に見舞われ、先週末から周回コースの使用を制限。でも、本馬は坂路中心のメニューですからね。屋根付きだけに、影響は殆んど無し。予定通りに乗り込めていますよ。状態はキープ。そう遠からずに声が掛かると思うのですが・・・」

Photo_6 ロードブルースカイ

滋賀・ヒルサイドステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、タペタコース・ダク800m→キャンター1600m(1ハロン22~25秒ペース)、タペタ坂路コース・キャンター1000m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ウチへ来て約2ヶ月。当時と比べればトモに随分と力強さが備わり、稽古後の息の入りにも着実に良化の跡が窺えます。段々と下地が整いつつある感じ。あとは更にピッチを上げた際に我慢が利けば・・・。ここからの更なる頑張りに期待ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

“そう遠からずに移動の段取り…”と言われて約1ヶ月。ストームに帰厩の声が届きません。どこを目標にするか思案しているのだと思いますが、調子の良い内に次のステップへと進めてもらいたいです。

ブルースカイはヒルサイドSでコツコツと鍛錬中です。あと2ヶ月くらいで帰厩へと進めてもらえればと思いますが、まずは後退・停滞しないように馬体のケアは入念にお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディグニファイド トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (屈腱炎療養中)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ