出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「グランドサッシュ」の269件の投稿

2018年2月23日 (金)

21日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:21日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:3月10日の中山・サンシャインS(芝2500m)

武市師「21日に帰厩しました。前走後も大きな疲れはなく、放牧先ではすぐに坂路調教も開始していたようですので、目標のレースに向けてこちらでも継続して進めていきます」(2/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月10日の中山・サンシャインSへの出走へ向け、近々帰厩する予定だったグランドサッシュは21日に美浦へ。時計を出すのは週末になるのかなと思いますが、放牧を挟んだことで順調な回復は遂げていると思います。

年齢を重ね、瞬発力に衰えを感じなくはないですが、バテない強みでスタミナは豊富。準OPを勝ち上がる可能性は極めて低いでしょうが、堅実に掲示板入りできるように渋太い競馬を心掛けていってもらいたいです。そして1戦でも多くレースを使って欲しいです。

2018年2月20日 (火)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月24日の中山・日経賞(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週3回の坂路調教の内、週2回は2本ずつ登坂し、1本目は14-14、2本目は14-13のペースで調整を続けています。運動量を増やしたことにより、太目感は徐々に解消されてきました。近日中に帰厩することになると思いますので、今後も乗り込みを続け更に状態を上げていきたいと思います。馬体重は527キロです」(2/16近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月10日の中山・サンシャインS
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も順調に調整を続け、一日置きに坂路調教を行っています。競馬の疲れは取れましたし、状態は維持できています。来週中には帰厩すると思いますので、それに備えて調整していきます。馬体重は476キロです」(2/16近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月17日の中京・障害オープン
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に乗り込みを続けています。競馬まであと一月ほどとなりましたが、状態としては何も問題はありませんので、帰厩の声がかかるまで、今後も引き続き状態維持に努めていきたいと思います。馬体重は548キロです」(2/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼーヴィントは月曜日の最新情報で20日に美浦へ帰厩が決まっています。調整は順調に積んでいますが、馬体にはまだ余裕のある現状。いつもより早めの帰厩なので、厩舎でしっかり調整し、復帰戦の日経賞へ臨んでもらいたいです。

グランドサッシュも近々帰厩の筈。準OPを勝ち上がるにはワンパンチ欲しいところですが、既に7歳なので、1戦でも長く現役を続けてもらえればと思います。今後も2400m以上の距離でコツコツ頑張って欲しいです。

リミットブレイクは順調に乗り込み中。レースまで1ヶ月を切り、態勢は整いつつあるでしょうから、これ以上のハードワークは控えて、声が掛かるのを待ってもらえればと思います。OPで通用するにはまだまだ力をつけないとダメですが、レース数をこなすので地道にレベルアップしていって欲しいです。

2018年2月12日 (月)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月24日の中山・日経賞(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整を続けています。まだ太いことは太いですが、ここまでの乗り込みで動きは順調に上向いてきました。この調子で行けば、3月24日の日経賞までに何とか態勢が整うと思います」(2/9近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月10日の中山・サンシャインS
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「背腰に若干の疲れがあるぐらいで、競馬のダメージは少ないです。脚元も落ち着いた状態を維持していますので、すぐに調教を開始し、坂路コースにも入れています。短期の予定ですので、緩めないように調整して送り出したいと思います」(2/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼーヴィントは正式に日経賞での復帰を目指していくことに。調教で順調で動きも上向いてきていますが、太目解消はまだまだ叶わず。骨折休養によるブランクも考えると、いつもより早く厩舎に戻して、レースへ備えてもらいたいです。また、トレセンへ戻れば、プールが使えるので、太目解消・心肺機能の強化の為に取り入れて欲しいです。

前走後、NF天栄へ移動して調整中のグランドサッシュですが、その後も大きな疲れ・反動は見当たらず。早速調教を開始し、坂路に連れ出すことも出来ています。おそらくあと1、2週間ほどで厩舎へ戻るでしょうから、緩めない程度のソフトな仕上げで声が掛かるのを待ってもらえればと思います。

2018年2月 2日 (金)

やや仕掛けが早かったかなと思うも、先着を許した顔ぶれを見ると納得の6着。短期放牧を挟んで次走は中山・サンシャインSを予定。★グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

日曜東京10R 早春S(芝2400m)6着(6番人気) 津村J

まずまずのスタートから促され、道中は好位の3番手を追走、4コーナーから徐々に仕掛けていき、直線でいったんは先頭に並び掛けたものの、上位とはジリジリと差を付けられ、6着でゴールしています。

津村騎手「切れる脚を使えるタイプではないですし、出来れば前に付けたいと考えていました。スタートしてから少し促していった分、やや力むところはありましたがすぐに収まって、道中はいいリズムで追走することが出来ました。ただ今日の馬場が固かったこともあって、最後は瞬発力が求められる形になってしまったのは分が悪かったですね。でも前にいける分、長めの距離はいいと思いますし、瞬発力を求められる東京コースよりはジワジワと脚を使える中山の方がこの馬の持ち味が活きてきそうです」

武市調教師「今日は前残りの競馬が目立っていましたし、ペースも落ち着くと思っていたので、前にいった津村騎手の判断は良かったと思います。道中もリズム良く運べていたと思いますし、4コーナーで早めに踏んでいってくれてこのまま粘ってくれないかと思ったのですが、最後は瞬発力の差が出てしまいました。それでも最後まで脚が上がることなく頑張って走ってくれていますし、芝の長めのレースだと安定して力を発揮してくれて、やはりこの条件が良いと思います。この後は中山開催を目標にしたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気配上々。今日は積極的に出して3番手。道中は折り合いスムーズ。4角から早めに動いて見せ場は作ったが、直線の追い比べで見劣った。脚の使いどころが難しいタイプ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:3月10日の中山・サンシャインS

武市師「1日から軽く跨ってみましたが、背腰に少し反動があるものの、いつものレース後という感じで、特に大きな問題はありませんでした。脚元にも変化はありません。次走は中山3週目のサンシャインSを目標にしたいと思いますが、短期でも放牧を挟む方が回復が早いので、今回も2週間ほど天栄に放牧に出させていただきます」(2/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の騎乗となった津村Jは切れる脚がない分、グランドサッシュのバテない強みを生かした積極策を試みてくれましたが、結果的に早仕掛けになってしまった感じ。広い東京コースならゲートから出していく必要はなかったですし、縦長の展開になったので、グランドサッシュが芝2000m時に見せるやや追走に手間取った走りになっていれば、展開・流れがピタッと合ったのかもしれません。

まあ、それでも今回先着を許した馬はOPへ行ける力を秘めていると思うので、グランドサッシュの6着はある意味順当な結果なのかもしれません。交わされてからもパタッと止まらず、現状の力は出し尽くしてくれたように感じています。

レース後、厩舎で状態を確かめたグランドサッシュですが、背腰を中心にダメージが残っているようですが、左前球節は落ち着いているようで大きな問題はなし。時間の経過と共に回復が進むでしょう。ただ、放牧を挟んだ方が回復が早いということなので、近日中にNF天栄へ移動する予定です。そして2週間ほどの放牧を経て、次の中山・サンシャインSへ向かいます。今回、ゲートから出していったことが小回りの中山で生きてくることを願っています。

2018年1月28日 (日)

勢いのある4歳馬が強力も、東京・芝2400mはベストの舞台。勝負どころからエンジンを吹かしていき、最後の直線はバテない強みを生かし切って欲しい。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

日曜東京10R 早春S(芝2400m)5枠5番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで24日に時計

武市師「24日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。馬場が重い中、最後までしっかり追いましたが、それに応えて力強く駆け上がっていました。トモの感じは悪くないですし、いい状態で競馬に向かえると思います。東京の芝2400mはグランドサッシュにとって最適な条件だと思いますし、力を出し切ることができれば今回も良い競馬をしてくれると思います」(1/25近況)

調教師 21南坂良 56.9- 41.7- 27.5- 13.2 馬なり余力
助 手 24南坂重 54.9- 39.9- 26.1- 12.7 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京2日目(01月28日)
10R 早春S
サラ 芝2400メートル 4歳上1600万下 指定 混合 ハンデ 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マイネルヴンシュ 牡4 55 柴田大知
2 2 ポポカテペトル 牡4 56 岩田康誠
3 3 ネイチャーレット 牡5 55 野中悠太郎
4 4 フレンドスイート 牝7 50 江田照男
5 5 グランドサッシュ 牡7 55 津村明秀
6 6 ワールドレーヴ 牡8 54 北村宏司
6 7 トレジャーマップ 牡7 53 松岡正海
7 8 ヴィーナスアロー 牝4 51 武藤雅
7 9 チェスナットコート 牡4 54 蛯名正義
8 10 エクセレントミスズ 牡5 54 内田博幸
8 11 ホウオウドリーム 牡4 55 戸崎圭太

○武市師 「今回は実績のある左回りの2400メートル。ヨーイドンの競馬だと分が悪いので、ある程度、流れて欲しい。そこを自分のタイミングで上がっていければいいね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の中山・グレイトフルSはモタれ癖のある右回りの1戦。また、中間に左前球節に腫れが出て順調さを欠き、不安要素ばかりのレースになりました。相手も揃っていたので、見せ場なく終わっても仕方ないかなと見ていましたが、勝負どころで一旦反応が鈍くなるも、そこから再度気合を付けていくとじわじわ挽回。上位争いに食い込むまでは行きませんでしたが、グランドサッシュらしいバテない強みを生かして4着へ。V.シュミノーJがホント上手に乗ってくれましたが、グランドサッシュも鞍上の叱咤激励に応え、頑張ってくれました。

その後、激走の反動を懸念しましたが、放牧先のNF天栄で順調に回復が進み、ベスト条件の東京・芝2400m+ハンデ戦のココへ予定どおりの参戦。厩舎へ戻ってからの調整ですが、坂路オンリーでなく1週前の追い切りはWコースでビシッと行われ、まずまずの動き。絶好調とは行きませんが、前走とは違い、順調に来ているのが何よりです。

また、相手関係に目をやると、11頭と手頃な頭数に落ち着いたのは○。ただ、前走のグレイトフルSで先着できたポポカテペトルとマイネルヴンシュは菊花賞好走の反動が大きかったでしょうし、馬場の広いコース向き。今回は巻き返してくるでしょう。そして血統馬のホウオウドリーム。前々走の500万下勝ちが強かったですし、この舞台は3戦3勝。勢いがありますし、血統から来る伸びシロも十分。これらを相手に決め手比べでは7歳のグランドサッシュには太刀打ちできそうにありません。

力を出し切るには平均ペース以上で流れ、最後の我慢比べという展開が理想のグランドサッシュ。エンジンの掛かりは遅いも、スピードに乗ってくるとバテない強みで渋太い脚を繰り出してくれます。津村Jは久々の騎乗になりますが、グランドサッシュに乗って勝っていますし、意識的に早目に動いて行って、持ち味を最大限に引き出して欲しいです。

2018年1月19日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上関東馬・来週出走予定組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで17日に時計
・次走予定:1月28日の東京・早春S(芝2400m)

武市師「先週こちらへ帰厩させていただきましたが、戻ってきた翌日に跨った時は少しトモに甘さを感じたものの、週末に坂路で一本時計を出してからは特に気になることもありませんね。脚元の状態にも特に問題はないことから、17日には南Wコースで時計を出しました。単走で行いましたが、最後まで活気のある走りで動きは良かったと思いますよ。今の感じであれば来週の早春Sには態勢が整うと思いますので、いい状態で向かえるようこのまま調整していきたいと思います。鞍上に関しては現在調整中です」(1/18近況)

調教師 14南坂良 56.5- 41.5- 27.1- 13.0 馬なり余力
調教師 17南W良 86.9- 70.7- 55.4- 41.2- 12.9 一杯に追う

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで18日に時計
・次走予定:1月28日の東京・ダ1400m(戸崎J)

尾関師「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はブロードアリュールが追走し、直線は外に併せて最後は同入しています。ゴールまで脚取りはしっかりしていましたし、大きく外目を回って全体で68秒台をマーク出来ており、1週前としてはしっかりと負荷を掛けたいい追い切りを消化できたと思います。ここまで体調面に大きな問題は見られませんし、引き続き来週のレースに向けて調整を続けていきたいと思います」(1/18近況)

助 手 14南D良 53.6- 38.5- 11.8 強目に追う
黛 18南W重 68.4- 53.6- 38.7- 13.0 強目に追う ダノンポピー(三未勝)馬なりの外を1.0秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは12日に美浦へ戻りましたが、14日早速坂路で時計を出し、1週前追い切りにあたる17日はWコースでビシッと。コースで追うことが出来ているので、持病の左前球節の腫れは落ち着いているのでしょう。動き自体も悪くありません。

ブロードアリュールは歩様を硬くしやすいですが、週2本時計をマーク。しっかり負荷を掛けていますし、状態・脚元は問題ないのでしょう。あとは太目残りが解消してきてくれれば。ここまで予定通りに来ていると思うので、この雰囲気をレース当日まで維持して欲しいです。

2018年1月13日 (土)

12日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:12日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:1月28日の東京・早春S(芝2400m)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「12日に美浦トレセンへ帰厩しました。ここまでとても順調に進められてきましたし、良い状態を維持してきました。良い形で送り出すことができたと思います。馬体重は479キロです」(1/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末の中山・グレイトフルSを使ってまもないグランドサッシュですが、レース前に不安を生じた左前球節がぶり返すことなく順当な回復。今月末の東京・早春SへGOサインが出たので、それに備える形で12日に厩舎へ戻っています。馬体重も良い意味でフックラしているのは好感です。

レースへ向けての調整は坂路オンリーになってくるでしょうが、丹念な乗り込みで動ける態勢を作ってもらえればと思います。次走予定の早春Sは最適な舞台(東京・芝2400m)なので、前走4着からの前進を大いに期待しています。

2018年1月 5日 (金)

次走は東京・早春Sに決定。近日中に帰厩することになりそう。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:1月28日の東京・早春S(芝2400m)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「競馬のダメージはそれほどなかったので、すぐに乗り出し、今は坂路コースでハロン14秒から終い13秒ペースの調教を行っています。脚元の状態も落ち着いており、このまま進めていけそうなので、武市調教師と相談し東京1週目の早春Sを目標にすることになりました。近日中に帰厩することになると思います」(1/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、NF天栄へ移動して調整を進めてきたグランドサッシュですが、懸念材料の脚元は良い意味で我慢が利いていて、坂路で既に速いところを乗り込んでいます。

そして、これならすぐ使っていけるということになり、28日の東京・早春Sを次走の予定へ。東京・芝2400m+ハンデ戦はベスト条件。直線の長い東京コースですが、勝負どころから強気に外を捲っていく機動力を見せて欲しいです。エンジンが掛かってしまえば簡単にバテないグランドサッシュの長所を生かし、前走以上の結果を期待したいです。

2017年12月28日 (木)

勝負どころで反応が鈍くなるも、徐々に盛り返していって最後まで渋太く脚を使う。課題の右回りで4着へ食い込む。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜中山11R グレイトフルS(芝2500m)4着(10番人気) V.シュミノーJ

まずまずのスタートから促して行き、道中は6番手あたりを追走、2周目の3コーナーあたりから徐々に鞍上の手が動き始め、4コーナーでは10番手あたりまで位置を下げましたが、直線は馬群の間を割って脚を伸ばし、4着まで追い上げたところでゴールしています。

V.シュミノー騎手「ある程度の位置で競馬がしたいと思っていて、スタートも上手く決まりましたし、道中は思った通りにいい感じで運ぶことが出来ました。2周目の3コーナーで少し手応えが鈍るところがありましたが、促して行くとそこでズルズル下がることなく踏ん張ってくれました。4コーナーで狭くなる場面がありましたが、それでも最後まで諦めずに脚を使ってくれてよく頑張ってくれましたね。道中は少し内にモタれるところはありましたが、大きな問題になるほどではありませんでした。前走は追走に苦労するところがありましたし、やはりこれくらいのゆったりとした距離の方がこの馬には向いていて良いと思います」

武市調教師「シュミノー騎手には勝負どころで早めに上がって行くような、積極的な騎乗をして欲しいと伝えていましたが、その通りに乗ってくれたと思います。要所要所で少し右にモタれるところはあったようですが、レースに大きな影響が出るほどではなかったようですし、見ていてもこれまでに比べると上手に走れていたと思います。ゴールを過ぎてからまだ伸びそうな雰囲気はありましたし、シュミノー騎手も言っていましたが、これくらい距離があった方がグランドサッシュにとって競馬がしやすくていいのでしょう。あまり詰めて使っていいタイプではありませんし、この後はいったん放牧に出させていただきたいと思います」(レース結果)

⇒⇒25日(月)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(25日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

歩様は相変わらずだったが、休ませた馬体は良くなっていた。好位馬群を追走していたが、一旦置かれる。それでも内目をロスなく通ると、再び伸びてきた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース間際で左前球節に熱感を生じるトラブル+内へモタれる癖が目立つ右回りでの1戦ということで、レースへ行って凡走してしまうことも覚悟していたグランドサッシュ。

ゲートはさほど速くなかったですが、じわじわ押していってポジションを確保。折り合いも付いて、序盤から中盤は手応え良く追走できていました。ただ、ペースが上がった2週目の3角あたりで反応が一息に。このままズルズル下がっていきそうでしたが、ズブさを覗かせただけで徐々にポジションを挽回。直線を向いて前がゴチャ付く場面はありましたが、すぐに内へ進路を切り替えて大きなロスを回避。エンジンが掛かってしまえば渋太く伸びるグランドサッシュの良いところが出て、最後は4着まで盛り返してくれました。

上位3頭とは少し差があり、馬券圏内を賑わす走りではなかったですが、改めてこれぐらいの距離だと追走が楽になりますし、渋太く伸びるグランドサッシュの良さが活きてきます。また、トモの状態が良ければ右回りでも十分やれることが分かったのも収穫でしょう。

レース後のグランドサッシュは早速NF天栄へ放牧。不安を生じながらの出走だったので、脚元への反動・ダメージは大きいでしょうから、まずはしっかり休ませ、馬体のケアを入念にお願いします。年が明けると7歳となるグランドサッシュ。OP入りは難しいでしょうが、目先の1戦をこれからも大事に使っていってもらいたいです。

2017年12月23日 (土)

左前球節に熱感が出るアクシデント。幸い大事には至りませんでしたが、モタれる不安の残る右回り+粒の揃ったメンバー相手では正直辛そうで…。★グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜中山11R グレイトフルS(芝2500m)5枠10番 V.シュミノーJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで20日に時計

武市師「20日に坂路コースで追い切りを行いました。終いだけ気合を付けて一杯に追いましたが、モタれることなくまっすぐに走っていましたし、元気があって自分から前に向かおうとする気持ちがありました。息遣いも良かったですし、状態はとてもいいと思います。先週・先々週とダートコースで時計を出してきましたが、この中間に持病の左前球節に熱感が出ました。獣医師によると問題ない程度ということでしたが、念のため先週末と今週は坂路コースで追い切りました。今は熱感も取れて脚元の状態は落ち着いています。以前は坂路コースでも右にモタれていたのが、今回はトモの嵌りがいいのか全くそういうところがありません。競馬でどうなるか分かりませんが、調教の感じでは右回りの心配はないのではないかと思っています」(12/20近況)

助 手 17南坂良 57.5- 42.0- 27.5- 13.4 馬なり余力
調教師 20南坂良 52.6- 38.7- 25.5- 12.5 叩き一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山7日目(12月23日)
11R グレイトフルS
サラ 芝2500メートル 3歳上1600万下 混合 ハンデ 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パフォーマプロミス 牡5 56 戸崎圭太
1 2 ペンタトニック 牡6 55 北村宏司
2 3 セセリ 牡6 53 江田照男
2 4 ワールドレーヴ 牡7 54 蛯名正義
3 5 ウインブルーローズ 牡5 53 丹内祐次
3 6 メイショウキトラ 牡6 53 鮫島良太
4 7 サトノケンシロウ 牡4 56 柴田善臣
4 8 カラビナ 牡4 55 吉田隼人
5 9 バイオンディップス 牡5 53 三浦皇成
5 10 グランドサッシュ 牡6 55 V.シュミノー
6 11 レイズアスピリット 牡6 55 石橋脩
6 12 ポポカテペトル 牡3 55 内田博幸
7 13 マイネルヴンシュ 牡3 54 柴田大知
7 14 ステイパーシスト 牡4 55 田辺裕信
8 15 リッジマン 牡4 55 松岡正海
8 16 デルマサリーチャン 牝6 51 武藤雅

○井垣助手 「前走は距離不足だったし、ヨーイドンの瞬発力比べで分が悪かった。今回の距離延長はプラスだが、右回りだとモタれる面がある。うまく流れに乗りたいが」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は距離不足+瞬発力勝負が応えて11着に敗れましたが、勝ち馬とはコンマ5秒差。やはり左回りの舞台が合うことは証明できたグランドサッシュ。ただ、その一方で勝ち切るのはなかなか難しくなってきているのも実感しています。

前走後はNF天栄へリフレッシュ。早くからここを目標に立て直し、良い感じで帰厩出来ました。ここ最近は坂路オンリーの調整でしたが、ダートでも追い切ることが出来ていました。ただ、この中間に持病の左前球節に熱感のアクシデント。幸い大事には至りませんでしたが、坂路に切り替えての追い切りへ。ビシッとやれているので心配なさそうですが、冬場の硬い芝を気にしなければ良いのですが…。

また、今回はモタれる面が残る右回りへ。距離延長は歓迎ですが、実戦へ行っての不安は残ります。そして今回はメンバーが強力。菊花賞3・4着馬を中心に今後OP・重賞でも通用していきそうな馬が揃っています。微妙に順調さを欠き、不安の残る右回りでの1戦ですから、余計に辛いと見ています。

それ故、今回に関しては結果云々よりも、右回りでもスムーズに走れるかどうかに注目したいです。そして少しでも上位へと顔を覗かせてくれれば。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | ボンディマンシュ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンフォーローズの16 | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ