出資馬一覧

カテゴリー「グランドサッシュ」の242件の投稿

2017年8月19日 (土)

中2週で再度の新潟遠征。馬体重を維持できるかどうかが最大のポイント。力を出せる状態ならOP入りのチャンス大。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜新潟11R 日本海S(芝2200m)6枠6番 岩田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで16日に時計

武市師「16日に坂路コースで時計を出しました。レース間隔が詰まっていることもあり、そこまで速い時計は必要ないので単走でサラッと終い流す程度で行いましたが、動きに問題はありませんでしたよ。ここ最近は涼しかったこともあり、飼い葉もしっかり食べていますし、前走から状態は維持できています。前回のレースでは何度か切り返す不利がありながらも、差のない3着まで差を詰めてくれましたし、今回も崩れずに頑張ってくれると思いますよ」(8/17近況)

助 手 16南坂重 54.2- 39.3- 25.8- 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟7日目(08月19日)
11R 日本海S
サラ 芝2200メートル 3歳上1600万下 特指 混合 定量 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゼウスバローズ 牡6 57 戸崎圭太
2 2 ペンタトニック 牡6 57 吉田隼人
3 3 ダイシンブラック 牡8 57 吉田豊
4 4 グランアルマダ 牡5 57 石橋脩
5 5 マイネルラフレシア 牡4 57 柴田大知
6 6 グランドサッシュ 牡6 57 岩田康誠
7 7 トレジャーマップ 牡6 57 丸田恭介
8 8 メイショウコルノ 牡6 57 大野拓弥

○武市師 「涼しい気候が続いているのが何より。今回は内回りに替わるのが鍵になるが、昨年のこのレースでは3着に好走。その時のように流れにうまいこと乗りたい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の新潟への長距離輸送でガクッと馬体重が減ってしまうことを懸念しましたが、前走は調整を工夫した結果か460キロで競馬へ臨めたのが全て。直線で外へ切り返すロスはありましたが、最後までしっかり脚を繰り出してくれました。岩田Jとは久々のコンビ結成でしたが、手が合うところを見せてくれたし、左回りはこの馬なりに安定しています。

その前走から中2週で臨む今回。中間の調整は馬体の維持に主眼を置いて軽めの内容。上積みはないでしょうが、デキ落ちを心配する必要もないでしょう。ただ、今回も馬体重を維持して臨めるかが大きなポイントです。

また、今回は新潟・内回りの芝2200m。器用さが求められる舞台なのでスッと良い位置につけたいところでしょう。ただ、頭数は8頭と少ないですし、前目で競馬をしたい馬が多い組み合わせ。前走のように出たなりの位置で折り合い、脚を溜めた方が確実かなと思います。そして人気を集める戸崎Jのゼウスバローズを徹底マークでお願いします。まあ、そういう点は岩田Jも考えてくれていることでしょう。

待望のOP入りには今回は大チャンス。競馬で力を発揮するにはまずは良い状態で臨めるかどうか。暑さに強くないグランドサッシュには楽ではないでしょうが、何とかこの1戦、踏み止まってチャンスをモノにして欲しいです。

2017年8月12日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・厩舎滞在組)

Photo_3 マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:9日に坂路で追い切り

橋口師「9日に坂路で追い切りました。先週末の追い切りでもまずまず動いてくれましたが、今回はそれ以上の動きで、最後まで余力が残っていました。確実に力を付けてきているのがよくわかりますし、レース内容もだいぶ形が出来てきているだけに、あとは1200mの番組に使えるかどうかですね。小倉の5週目あたりを考えていますが、もし来週使えそうなら投票してもいいと思っています。態勢はほぼ整いつつありますし、どちらになっても対応できるように調整していきたいと思います」(8/9近況)

助 手 6栗坂良 54.8- 40.2- 26.5- 13.1 馬なり余力 ミッキーラブソング(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 8栗坂不 60.5- 43.9- 28.8- 14.6 馬なり余力
助 手 9栗坂稍 54.6- 39.4- 25.6- 12.5 馬なり余力 ミッキーラブソング(古オープン)馬なりに0.9秒先行アタマ先着

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Aコースでキャンター
・次走予定:8月19日の新潟・日本海S(岩田J)

武市師「この中間も変わりなく順調です。先週はこの時期にしては涼しかったこともあり、馬体回復・疲労回復はスムーズでした。ただ今週はまた暑さがぶり返してきましたので、バテないように気を付ける必要があるでしょう。11日に時計を出す予定です」(8/10近況)

調教師 11南坂稍 54.8- 39.6- 26.0- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マンボビートは丹念に時計を出して調整を進めています。ただ、どれぐらいで節が足りるかハッキリせず、芝1200mのレースに使えるかも。適条件なら勝ち上がる力はあるのですが…。何とか運が向いてくれることを願うばかりです。

グランドサッシュは来週の競馬を予定。気温の変化に体調が左右されるところのある馬ですが、とにかく馬体の回復を最優先に。脚元の加減もあるので追い切りは無理する必要はありません。

2017年8月 2日 (水)

馬体重を維持してレースへ臨めたのが3着好走の最大の要因。最後まで渋太く脚を繰り出しています。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜新潟11R 佐渡S(芝2000m)3着(6番人気) 岩田J

まずまずのスタートを切るも行き脚が付かず、後方2、3番手の内から追走します。3,4コーナーも内で脚を溜め、直線は外目に進路を取って懸命に追われるとジリジリと差を詰め、勝ち馬からコンマ1秒差の3着でゴールしています。

武市調教師「レース前、岩田騎手とは『中団より前に付けたい』と話していましたし、スタート後はそのつもりで少し出して行ってくれているのですが、この距離ではどうしてもあの位置取りになってしまいますね。ただ流れが速くなりましたし、上位の馬が後方からだったことを考えると、結果的に位置取りは悪くなかったと思います。直線で1,2着の馬が外から上がっていきましたが、一度はその内を狙ったものの、スッと反応できる脚がないので入ることができず、結局さらにその外に持ち出すことになりました。それでもそこからジリジリと伸びて、よく差を詰めてくれましたね。馬体も減らすことなく輸送もクリアしてくれました。レース後の馬体・脚元との相談になると思いますが、続戦できる状態でしたら、新潟4週目の日本海ステークスに向かいたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出脚ひと息で後方から。道中は動かずにジッと我慢して、勝ち馬のあとから動くような競馬。直線半ばでは2着もありそうだったが、あと1歩及ばなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:8月19日の新潟・日本海S(岩田J)

武市師「美浦トレセンに帰ってからも特に問題はなく、馬体重は466キロとすぐに回復しました。脚元もやや熱感がありますが、競馬の前と比べても悪くはなっていませんので、新潟4週目の日本海ステークスに向かいたいと思います。次走も岩田騎手にお願いしました」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ライブでパドック・レースは見れていないのですが、レース前に懸念した馬体重は460キロ。450キロを下回ることも想像していたので、陣営の努力・工夫の賜物でしょう。そしてそれがレースでの好走に繋がってくれました。

ゲートをドスンと出てしまったグランドサッシュ。本来はもう少し前目で流れに乗りたかったんでしょうが、人気馬が近くにいたこともあって一転脚を溜める形に変更。岩田Jの得意な形で折り合い良く、追走できていたと思います。

そして直線では上位2頭に来た内を突く作戦。進路はあったのですが、少し内へモタれたのか反応は一息。するとだんだん進路が塞がってしまい、最後は上位2頭の外へ持ち出すことに。素早くギアは上がりませんでしたが、最後まで渋太い脚を繰り出し、3着に食い込んでくれました。脚元の不安が解消されない中、ホント頑張ってくれています。岩田Jとも手が合うんでしょう。

レース後のグランドサッシュですが、脚元にやや熱感はあるも、それほど深刻なものではなさそう。新潟まで往復しましたが、馬体の回復も早い方だと思います。今後は中2週のローテで再度の新潟遠征を予定。鞍上は岩田J。馬体を維持できれば、チャンスは出てくると思うので、今回の長距離輸送を良い教訓にして次走へ臨んでもらえればと思います。

2017年7月29日 (土)

ハンデ差を生かして渋太く食い下がって欲しいも、新潟への輸送で大幅に馬体重が減ってしまいそうなのが心配。450キロは下回らないで欲しい。★グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜新潟11R 佐渡S(芝2000m)5枠5番 岩田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで26日に時計

武市師「26日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。時計的には目立つものではありませんでしたが、馬場が重かった分もありましたし、最後まで脚取りしっかりと走れており、動き自体は悪くありませんでしたよ。飼い葉も残さず食べており、状態はいいですし、今回も自分の力を出せれば崩れず頑張ってくれると思います。馬体重は現在464キロで、輸送で多少減ってしまうと思いますが、出来る限りこれくらいを維持して出走させたいところです」(7/27近況)

調教師 23南坂良 58.3- 43.0- 28.3- 14.0 馬なり余力
調教師 26南坂重 54.0- 39.9- 26.3- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟1日目(07月29日)
11R 佐渡S
サラ 芝2000メートル 3歳上1600万下 指定 混合 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 シャドウウィザード せ7 54 吉田隼人
2 2 マローブルー 牝6 54 内田博幸
3 3 ケンホファヴァルト 牡4 56 柴田善臣
4 4 ロイカバード 牡4 57 横山典弘
5 5 グランドサッシュ 牡6 55 岩田康誠
6 6 ウインオリアート 牝6 50 菊沢一樹
7 7 サンマルホーム 牡7 53 西村太一
7 8 ロッカフラベイビー 牝5 52 戸崎圭太
8 9 クリノラホール 牝4 55 佐藤友則
8 10 レッドルーファス 牡7 56 大野拓弥

○武市師 「昨年は夏バテしたが、今年は今のところ大丈夫。ハンデは魅力だが、開幕週の馬場で前が残る流れになるとちょっと心配。(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の繋ぎ部分に不安を残すグランドサッシュですが、前走は距離不足の芝2000mで、勝ち馬のヴォージュにコンマ3秒差の5着。他に強豪がいましたし、渋太く食い下がってくれました。

その後は、新潟開催での復帰を視野にNF天栄で再調整。脚元の不安は何とか我慢が利いて、予定通り1週目の佐渡Sへ間に合うことが出来ました。追い切りは引き続き坂路オンリーですが、動きはマズマズ。直前は輸送を考慮して軽めにとどめています。

今のところ、暑さにクタッとしている素振りは感じませんが、報告された馬体重から細くなってように感じます。長距離輸送も得意じゃないだけに、どれくらいの馬体重でレースへ臨めるかが1つ鍵に。450キロは何とか維持して欲しいものです。

今回の相手関係ですが、前走より幾らか恵まれた印象。ただ、人気を集める4・5頭は実力が接近。その後にグランドサッシュらが続く感じでしょう。55キロの斤量は他馬と比較すると悪くありません。

おそらく序盤は後方からの競馬になるでしょうが、道中で少しポジションを上げて最後の直線を迎えて欲しいです。岩田Jが乗って東京で勝った時はスパッと切れましたが、年齢を重ねて、今はそういう脚は使えません。スタミナはあるので、渋太さを生かす乗り方で今回も食い下がってもらいたいです。

2017年7月21日 (金)

来週の出走へ向けて坂路でビシッと。鞍上は岩田Jに決まりました。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで19日に時計
・次走予定:7月29日の新潟・佐渡S(岩田J)

武市師「19日に坂路コースで時計を出しました。動きはいいですし、上がりの息の入りもよく、いい状態を維持できています。予定通り来週の新潟・佐渡Sに向かいますが、鞍上は岩田騎手に依頼しました」(7/20近況)

調教師 16南坂良 53.8- 39.0- 25.9- 12.8 馬なり余力 マイネルポーチカ(新馬)強目を2.6秒追走同入
調教師 19南坂良 52.7- 38.5- 25.4- 12.6 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出走までもう少し時間があるイメージでしたが、実際は来週の新潟戦に登場予定のグランドサッシュ。脚元の問題で坂路オンリーの調整ですが、動きは良好。暑さが応えているような仕草もありません。

また、未定だった鞍上は岩田Jに決定。約2年ぶりのコンビとなりますが、実際にグランドサッシュで勝ってくれている騎手なので楽しみ。ただ、脚を溜めても、スパッとは切れないので、早め先頭で渋太さを生かすような積極性を見せて欲しいです。

2017年7月15日 (土)

14日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:14日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:7月29日の新潟・佐渡ステークス
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は脚元を考慮し、トレッドミル併用で進めていましたが、動き自体はいつもと変わりないですし、脚元の状態は前回送り出した時よりも落ち着いています。短期でしたが、順調に馬体回復、疲労回復を図れましたし、上手く調整できたと思います。馬体重は481キロです」(7/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次開催の新潟・開幕週での復帰を予定しているグランドサッシュは14日に帰厩。脚元の不安は解消できていませんが、悪くもなっていないので、厩舎でも念入りなケアを施してもらいたいです。

また、レースまでそう時間は残されていないので、今週末から時計を出して、出走態勢を整えていってもらいたいです。

2017年7月11日 (火)

シルクなお馬さん(牡馬・NF天栄組)

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も変わりなく順調に来ています。坂路では年齢を感じさせない活気のある動きを見せています。黒岩先生からは来週中に移動させると連絡を受けていますので、それまで状態維持に努めていきます。馬体重は489キロです」(7/7近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:7月29日の新潟・佐渡S
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースに入れてハロン14秒ペースの調教を始めましたが、その後も脚元に変化はありません。目標の新潟1週目に間に合うと思いますので、これから更にピッチを上げていきます。馬体重は473キロです」(7/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクドリーマーは今週中の帰厩を予定。馬体重が絞れていますし、この感じなら戻ればすぐに速いところをやれると思います。やはり暑い時季は得意です。

グランドサッシュは坂路入りを開始。懸念の左前脚の繋ぎ部分はひとまず我慢は利いている様子。現在の馬体重は473キロ。この馬とすれば、もう少しフックラした方が良いのかも。暑さに負けないように踏ん張ってもらいたいっです。

2017年7月 3日 (月)

シルクなお馬さん(関東牡馬・新潟予定組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックで軽めの調整
・次走予定:7月29日の新潟・佐渡ステークス

天栄担当者「競馬の後ですが、大きなダメージはなく、脚元も落ち着いています。武市先生からは、問題なければ新潟1週目に向かいたいと連絡を受けているので、これから状態をよくチェックしながら進めてみたいと思います。馬体重は476キロです」(6/30近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整されています。徐々に硬さも取れてきて状態は上がってきています。ただ新潟1週目だと、少し急になってしまいますし、2週目には障害未勝利戦が組まれていないので、早くても3週目になると思います。馬体重は520キロです」(6/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースを使ってまもないグランドサッシュは軽めの調整。懸念箇所の脚元も我慢が利いているので、新潟1週目の佐渡Sへ向けての調整が進んでいくものと思います。あとは体調を崩さないように注意して欲しいです。

リミットブレイクも新潟開催で復帰予定。こちらは3週目を予定しているとのことで、硬さは徐々に解れてきている様子。この調子でどんどん進めて行って欲しいです。

2017年6月23日 (金)

昨年同様に5着に終わるも、良い状態でレースへ臨めれば、まだまだ頑張れることを証明。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜東京10R ジューンS(芝2000m)5着(9番人気) 大野J

まずまずのスタートから無理せず、道中は後方3番手からの追走、直線は内目を通ってジワジワと差を詰め、5着まで追い上げたところでゴールしています。

大野騎手「この距離ですし、あまり二の脚が速いタイプではないので、あの位置からの競馬になるのは想定内でした。道中は折り合いも問題なくスムーズに追走することができましたが、直線は押し込められて内々を通らされる可哀想な形になってしまいました。気にならない馬であれば大丈夫な程度でしたが、やはり内に比べると外の方が馬場は良かったですからね。それに前目で運んだ2頭で決着してしまいましたし、前半でもう少しペースが流れてくれれば良かったのですが・・。それでも崩れずによく頑張って走ってくれていると思いますし、馬の雰囲気は良かったですよ」

武市調教師「スタートはまずまず出てくれましたし、その後も良いリズムで運べていたと思います。直線に向いた時のコースをそのまま最後まで通ってこられたら良かったのですが、前にいた馬が内へ内へと張ってきたために、その馬たちの更に内に進路を取る形になってしまったのが痛かったですね。今日の東京の馬場はラチから3頭分くらいまでは馬場が良くなくて、その外を通ってきた馬たちで決着している形が目に付きましたから、一番馬場状態が良くないところを終始通らされる形なってしまいました。それでも最後まで脚が上がることなく差を詰めてくれましたし、よく頑張ってくれたと思います。この後は福島開催はパスして、新潟開催を目標にしていきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

後方からになったが、内に入れて距離ロスのない競馬。直線も内から差を詰めたように馬場状態も外伸び一辺倒ではなくなっていた。コース取りの差で掲示板へ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:21日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第2回新潟開催

武市師「20日に軽く跨って状態を確認しましたが、使ったなりの疲れはあるものの、馬体に大きな問題は見られませんでした。この後は予定通り、福島開催はパスして新潟開催を目標にしたいと思っていますが、一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、牧場で馬体をケアしてもらおうと思います。天栄での状態次第になりますが、出来れば新潟1週目から使っていきたいと考えています」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

よくよく振り返れば、昨年もジューンSに大野Jで出走していたグランドサッシュ。結果も同じ5着に終わりました。

ただ、今年は重賞勝ち馬や重賞連対馬など実績馬が揃った1戦。レベルは数段上だったと思います。その中でグランドサッシュは正直良く頑張ってくれたと思います。年齢を重ねてズブさを増しているでしょうし、脚元の不安を抱えたままでの出走。馬場の内に押し込まれたのはちょっと痛かったですが、最後までジリジリ脚を伸ばしてくれました。

まあ、このクラスを勝つのは年齢や脚元の状態から難しいとは思いますが、今回のように掲示板確保を続けてくれれば、非常に有難いです。1戦ごとに放牧を挟んでリフレッシュな状態でレースへ臨むようにすれば、まだまだ頑張ってくれそう。

レース後のグランドサッシュですが、馬体に大きな異常はなし。21日にNF天栄へ放牧に出ています。今のところは時間が経過して左前の繋ぎ部分に痛みが出てこないことを願うばかりです。次走については、順調に回復・調整が進めば、夏の新潟開催の開幕週から使っていきたい様子。7月29日に佐渡S(芝2000m・ハンデ)という適鞍が組まれています。

現在6歳のグランドサッシュ。シルクドリーマーのような老いて盛んな面はありませんが、状態が良ければ、まだまだ良い走りが出来ます。今後はより大事に使っていって欲しいです。

2017年6月17日 (土)

左前脚の繋ぎ部分に不安が残る現状。強力な降級馬もいて、今回は苦戦必至のレースに。★グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜東京10R ジューンS(芝2000m)6枠7番 大野J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで14日に時計

武市師「14日に坂路コースで追い切りを行い、併走馬を追走し、終始楽な手応えで先着しました。反応のいい、素晴らしい動きを見せていましたよ。今回は久々となりますし、中間は脚元のために坂路コースでしか時計を出していないので、その辺りが実戦に行ってどうかとの心配はありますが、普段の調教ではフラットコースを長めにじっくり乗っているので、息遣いは悪くありません。見た目には少し太く映りますが、久々ということを考えると、良い意味で余裕残しの作りになっていると思います。とにかく雰囲気は凄く良いですよ。相手関係は楽ではないですが、調教の動きのよさが競馬に繋がってくれればいいですね」(6/14近況)

調教師 11南坂良 54.9- 40.0- 26.2- 12.5 馬なり余力 マイネルエフォート(三未勝)末強目を1.8秒追走同入
調教師 14南坂稍 52.8- 38.9- 25.8- 12.9 馬なり余力 マイネルエフォート(三未勝)一杯を1.2秒追走0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京5日目(06月17日)
11R ジューンS
サラ 芝2000メートル 3歳上1600万下 特指 混合 定量 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 プロディガルサン 牡4 57 C.ルメール
2 2 パワースラッガー 牡6 57 柴田善臣
3 3 トーセンマタコイヤ 牡6 57 戸崎圭太
4 4 サトノスティング 牡6 57 吉田豊
5 5 ヴォージュ 牡4 57 内田博幸
6 6 ブラックバゴ 牡5 57 石橋脩
6 7 グランドサッシュ 牡6 57 大野拓弥
7 8 トレジャーマップ 牡6 57 丸田恭介
7 9 コウエイワンマン 牡6 57 津村明秀
8 10 スモークフリー 牡5 57 横山典弘
8 11 ドレッドノータス せ4 57 中谷雄太

○武市師 「坂路中心の調整だが、久々でもいい雰囲気になってきた。速い流れになれば、終いは脚を使ってくれそうな感じがする」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走へ臨むにあたり、左前の繋ぎの内側に不安発症+下顎の前歯が全部折れてしまうという痛々しいアクシデントがあったグランドサッシュ。レースではその影響はなかったと思いますが、調整自体が急仕上げ。トモの入りが悪く、硬さが目立つ身のこなし。レースで思うように動かすことは出来ませんでした。久々の横山典Jの騎乗で期待したのですが、肩透かしにあったかのような凡走でした。

その後はトモの状態が一息ということでNF天栄で立て直し。時間の経過と共にその不安は解消していったのですが、左前脚の繋ぎに熱感が残り、こちらへのケアに時間を要することになってしまいました。そして今も触診反応があるので、不安を抱えたままでの出走となっています。

帰厩後の追い切りはそういう状態を踏まえて坂路オンリー。動き自体は良く、一息入れたことで活気は戻っています。体調に関しては前走とは雲泥の差でしょう。

ただ、今回は重賞・OPで結果を残してきた降級馬が厄介な存在。特にブロディガルサン・トレッドノータスは準OPで走ること自体が反則でしょう。また、5歳以上の馬は前走でこのクラス突破のメドを立てている馬がズラリ。

それらと比較すると、脚元に不安を抱え、勢いにかけるグランドサッシュ。レースへ臨む雰囲気は良さそうなんですが…。単にこのメンバーを相手するには力不足かも。正直、苦戦は避けられませんが、まずは無事に走ってきて欲しいです。そしてその中で次走へ希望が持てる内容を示してくれることを願っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ