出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードスパーク」の105件の投稿

2014年12月30日 (火)

今年の引退馬・ロード編

厳密に言えば、ロードカナロアも今年の引退ですが、それはちょっと除外して、ズラッと計8頭の引退馬が出てしまいました。

Photo_6 ロードオブザリング

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

ロードの入会時に出資した1頭。それだけに思い入れの強い馬だったので引退は残念でしたが、OP・重賞で厳しい結果が続いていたので致し方なかったと思います。OPまで出世してくれてありがとうと改めて言いたいです。

Photo_6 ロードランパート

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年5月に美浦・高柳厩舎へ転厩しましたが、それまでは栗東・池江寿厩舎に所属。良い脚は一瞬しか使えない+背腰の弱さと弱点があり、成績は上がりませんでしたが、この有力厩舎でも数は使ってくれていました。ただ、適距離がハッキリしないまま現役を終えてしまったのがちょっと残念。

Photo_6 ロードエアフォース

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年初戦となった寿S7着後に左前脚がモヤモヤと。打撲という診断で乗り出したのは速かったのですが、患部の腫れはなかなか引かず。結局、再度スローダウンしてケアを優先。それでも夏前には態勢が整っていたのですが、何故か声が掛かれずに8月末の帰厩へズレ込むことに…。

ようやく9月28日のムーンライトHで復帰することが出来たのですが、このレースと大原Sの凡走であっけなく引退になってしまいました。

準OPではなかなか自分の形に持ち込めないでいましたが、テンが緩みやすい長距離ならそのチャンスがあるかなと思っていたので、引退前に芝2400m以上を1度試して欲しかったです。

Photo_6 ロードシュプリーム

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦を12着と凡走し、お手上げ状態でしたが、刺激を与える意味で障害練習に着手。そのまま障害馬としてデビューすることになりました。自分から止める面があったので、障害でも厳しいかなと当初見ていましたが、非凡なセンスを発揮。3戦目で障害初勝利を飾ってくれました。ちなみにその時の2着がのちに中山大障害の覇者となるレッドキングダムです。

OP入り後も即2着に頑張ってくれ、新天地での活躍に更に期待が高まったのですが、障害5戦目の清秋ジャンプSで12着に敗れ、その後の放牧で左前脚屈腱部に張りが判明。帰厩して詳しい検査を受けた結果、屈腱炎という診断が下りました。

競走馬として浮き沈みは激しかったですが、2勝馬ながら記憶に残る馬となりました。

Photo_6 ロードクラヴィウス

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦の瀬戸特別を12着と大敗し、500万下に降級してから出直しかなと思っていたら、次走の1000万下の平場戦11着後に左前脚に屈腱炎を発症。

セールで高額で取引、デビュー勝ちなど期待の高かった馬でしたが、時計面で限界がある+メリハリの利く走りができないという弱点を克服できませんでした。

Photo_6 アンビータブル

⇒⇒再度の右前脚球節の剥離骨折。そのまま引退することに。

昨年9月に右前脚球節の剥離骨折を発症して全治3ヶ月という診断を受けていたのに、良化スローで倍の6ヶ月を経過。ようやく坂路で調教をできる段階まで戻ってきてくれたのですが、坂路入りした途端に再度の剥離骨折。人災とも言える何ともお粗末な終幕となってしまいました。

現在はケイアイファームで繁殖生活をスタート。来春オルフェーヴルの仔が産まれる予定です。

Photo_6 ロードスパーク

⇒⇒スーパー未勝利への優先権を確保できず、JRAの登録を抹消することに。

募集DVDでは良く見えたのですが、実際の姿はちょっと違っていましたし、気性面の難しさが最後までネックに。この弱点はこの母の仔にはつきものですね。結局、1度も掲示板に乗ることができずにスーパー未勝利前に登録抹消となってしまいました。

Photo_6 ロードブルースカイ

⇒⇒調教後に左前脚の骨折が判明。その程度が大きく、競走能力喪失の診断。

動きの良化が見られないということで、昨年末外厩へ出されて立て直しを図ったのですが、体質の弱さはほとんど改善されず。ある程度乗り込むと、どこかしらに痛いところが出ていました。4月10日に帰厩が叶ったのですが、次の日の調教後に左前脚の骨折が判明。その程度は大きく競走能力喪失の診断が下るほどでした。

牧場自体はコンスタントに乗られていたコメントでしたが、実際は違っていたんでしょうね。ロード馬には時々こういう馬がいます。また、浅見厩舎とは真逆で千田厩舎へ入る馬は体質の弱い馬が多いように思います。

2014年8月14日 (木)

スーパー未勝利を前に優先出走権を確保できず。JRAの競走馬登録抹消へ。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

レース後も特に異常は認められません。3歳未勝利戦の終了が差し迫った状況を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○吉村調教師 「栗東へ戻って一通り馬体をチェック。左前脚が多少ソエっぽい印象ながら、それ以外に大きな問題は無さそうです。登録抹消に必要な所定の手続きを行ない、8月14日(木)に厩舎を離れる予定。満足な結果を得られず、本当に申し訳ありません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

あと1戦、ギリギリ使えるかもしれないと見ていましたが、変わりないレースぶりを踏まえて、ロードスパークは中央競馬の登録を抹消することになってしまいました。5着以内までに入ることが遠い現状だったので、妥当な判断かと思います。

募集DVDの歩様の良さ、配合的に大物が出てもおかしくないと期待して出資した1頭でしたが、実際に成長したスパークの姿はイメージとはちょっと違っていました。馬っぷりは良かったですが、力強さが思ったほどなく、精神面の幼さが目立つものでした。

時間の経過と共に、心身の成長は見込めるだろうという期待は持っていましたが、ホント思ったほどの成長が見られなかったのは残念ですし誤算でした。

改めて馬選びの難しさをロードスパークに教えさせられました。少しでも良い余生を送ってくれることを願っていますし、馬選びの良い教訓としてしっかり記憶に刻んでおきたいです。

2014年8月10日 (日)

速い脚に欠けるので脚抜きの良い馬場では到底厳しく…。11着に敗れる。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

8月10日(日)小倉3R・3歳未勝利・混合・ダート1700mに田辺Jで出走。16頭立て8番人気で4枠7番から平均ペースの道中を11、10、13、13番手と進み、直線では外を通って2秒7差の11着でした。馬場は重。タイム1分48秒1、上がり39秒2。馬体重は2キロ減少の476キロでした。

○吉村調教師 「以前に比べれば上達したものの、決して速いとは言えぬスタート。また、コース状態を踏まえて他馬も序盤から積極的に運んでいましたからね。良いポジションを取れず、道中も追走で手一杯。締まった馬場は向かなかったかも知れません。掲示板を外してしまい、もう未勝利に使えぬ可能性が高そう。そのあたりも考慮して今後の判断が必要でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

仕上がり自体は悪くなかったと思いますが、脚抜きの良い馬場で決め手のなさ、機動力のなさが今回も如実に結果に出たかなと思います。

田辺Jも追っ付けて良い位置でレースの流れに乗せようと努力はしてくれたのですが、時計が掛かってくれないことには出番がないのかなと感じました。

今回でキャリア7戦目。スーパー未勝利前に1度使えるか使えないか微妙でしょうが、これまでの成績を振り返ると、勝ち負けできるところに到達していないのは明らかで…。どういう判断をされるかを静かに待ちたいと思います。

2014年8月 9日 (土)

右回りで変わり身を期待も相手が揃った1戦。苦戦は免れない印象で…。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

8月10日(日)小倉3R・3歳未勝利・混合・ダート1700mに田辺Jで出走します。8月7日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.7-39.6-25.4-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では強目の相手に0秒5先行して同時入線。追い切りの短評は「ハミ受けひと息」でした。発走は11時00分です。

○吉村調教師 「8月7日(木)も坂路へ入れました。あまり全体の時計は目立たぬものの、これは後方から来るパートナーを待った分も含まれるはず。仕上がり的には何ら問題ないでしょう。残されたチャンスは僅か。積極策で少なくとも5着以内が欲しいですね」

≪調教時計≫
14.08.05 助 手 栗東坂良1回 65.0 47.1 29.8 15.1 馬なり余力
14.08.06 助 手 栗東坂良1回 65.8 47.9 30.9 14.9 馬なり余力
14.08.07 畑 端 栗東坂良1回 54.7 39.6 25.4 12.5 馬なり余力 ボクノナオミ(2歳オープン)強目に0秒5先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回小倉4日目(8月10日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ1700メートル 指定 混合 馬齢 発走11:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フドーシン 牡3 56 熊沢重文
1 2 ペールヴィサージュ 牡3 56 国分恭介
2 3 シゲルヒタチ 牡3 56 酒井学
2 4 ワイエムポーター 牡3 56 藤岡佑介
3 5 カシノシュウセイ 牡3 56 小牧太
3 6 メイショウライウン 牡3 53 岩崎翼
4 7 ロードスパーク 牡3 56 田辺裕信
4 8 サンライズアルブル 牡3 53 松若風馬
5 9 ダイシンロイ 牡3 56 川田将雅
5 10 サトノネビュラ 牝3 54 小坂忠士
6 11 トリビューン 牡3 56 和田竜二
6 12 タイキジェダイト 牡3 56 藤懸貴志
7 13 アサカファルコン 牡3 56 松山弘平
7 14 ニホンピログリーン 牝3 51 義英真
8 15 スタートレイル 牡3 56 川島信二
8 16 メイショウオイワケ 牡3 56 浜中俊

○吉村師 「左回りが合わないようで、前走はフワフワしていました。小倉1700mで変わり身を」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は左回りが合わなかったかもしれませんが、積極的な競馬をしたことで揉まれ込む形になったのが響いたように思います。レース序盤から前に取り付くよりは、向正面で押し上げていくなど被されないように形がベターに思います。半兄シュプリームに何度も騎乗している田辺Jはこの母系の難しさを体感しているので、気分良く走れるように努めてくれるとは思いますが…。

既にキャリア6戦。あと1戦使える可能性があるかもしれませんが、ここで掲示板を確保できないようなら、スパークの立場は窮地になります。

そんな中、今回はなかなか粒の揃った1戦。ここまで勝てていない馬たちばかりですが、スパークとちょっとレベル差があるような…。追い切りの短評から、相変わらずの乗り難しさを見せているようですし、脚抜きの良い馬場での速い時計決着も苦しいでしょうね。

馬っぷりが良く、期待値の高かった1頭ですが、気性面で顕著な成長が窺い知れないのはホント残念です。右回り+兄をよく知る田辺Jとのコンビでどこまで上位に食らいつくことができるかでしょうね。

2014年8月 1日 (金)

先月25日に栗東へ。そして早速来週の日曜小倉・ダ1700m出走へ。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

2014.07.30
7月30日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.9-39.5-25.7-12.8 末強目に追っています。併せ馬では末強目の相手に0秒1先行して頭先着。短評は「坂路コースで入念」でした。8月10日(日)小倉・3歳未勝利・混合・ダート1700mに田辺騎手で予定しています。

○吉村調教師 「7月30日(水)は朝一番の綺麗な馬場で追い切っています。最近の坂路は速いタイムが出る傾向。でも、動き自体も及第点ですね。来週にゴーサインを出せそう。2鞍のダート1700m戦が組まれるものの、田辺騎手が乗れる日曜日を予定しましょう」

≪調教時計≫
14.07.30 助手 栗東坂良1回 53.9 39.5 25.7 12.8 末強目追う エアルナ(2歳新馬)末強目に0秒1先行頭先着

2014.07.29
7月25日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「移動の段取りが組まれ、先週末にトレセンへ向かっています。背腰を中心にケアを施し、無事に送り出せてホッと一安心。最後まで速いペースでは乗らなかったものの、あとは厩舎で仕上げて下さるのでしょう。ぜひとも頑張って欲しいところ」

≪調教時計≫
14.07.26 助手 栗東坂良1回 65.5 48.4 30.3 14.8 馬なり余力
14.07.27 助手 栗東坂良1回 54.4 40.8 26.5 13.1 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエよりも背腰のダメージが心配だったスパークですが、順調な回復を遂げ、先週の金曜日に栗東へ戻ってきていました。早速、坂路でビシッとやれているので、良い状態で帰ってきてくれたと思います。

ただ、もう少し乗り込んでからの出走を想像していましたが、来週の日曜小倉・ダ1700mを既にスタンバイ。半兄シュプリームの騎乗経験のある田辺Jに依頼できたことは歓迎ですが、結果次第で次走で終了の可能性を秘めているので、もう少し慎重さが合っても良いのかなと…。仮にダメでも、もう1回使える見込みが立っているのかな?

稽古ではだいぶ動けるようになっているので、あとは気性面での問題。著しく成長している感じはないので、変身を見込むのはやはり難しいか…。

2014年7月25日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 デルフィーノ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「日によって15-15を交えるように。フットワーク等には何ら不満は覚えませんよ。もう少しピッチが上がった段階で厩舎サイドと移動プランの確認を行なうつもりながら、実際の時期に関しては8月に入ってからが濃厚。今後も鍛練に励むのみです」

Photo_6 ロードスパーク

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「治療の効果も手伝い、ダメージ回復が図れている印象。そんな様子も踏まえ、ここに来て登坂を始めました。今のところ反動は大丈夫。徐々に調教レベルを高めて行けるでしょう。ただ、滞在は短期間の見込み。無理の生じぬ範囲でOKかも・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デルフィーノは早ければ7月帰厩ということでしたが、さすがにそれは早すぎた模様。現在は15-15を交えるようになった段階なので、週2本きっちりそれを行えるレベルに達してから、札幌競馬場への移動と進めてもらいたいです。あとはボリュームのある馬体はしっかり維持できるかも注目せねばなりません。

ソエよりも背腰の疲れが懸念されていたスパークは早めの治療が功を奏した様子。坂路での乗り込みを開始していますし、早めの帰厩に向けてドンドン進めていってもらいたいです。

2014年7月16日 (水)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 デルフィーノ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン18~20秒ペース)。6月30日(月)測定の馬体重は472キロ。

○当地スタッフ 「先月よりも6キロのプラスを記録。外見的には大分ふっくらと見せるように変わっています。運動量を増加しながらの数字である部分に加え、馬体の回復が課題だっただけに大歓迎でしょう。現在は坂路コースを2本。少しずつ態勢が整って来ました」

Photo_6 ロードスパーク

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。先週一杯は余裕を持たせました。7月14日(月)から馬場へ。ひとまずは具合を探る程度の内容です。どちらかと言うと、脚元よりも背腰の疲れが気に掛かる感じ。必要に応じて筋肉注射等の処置を行ないましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デルフィーノのプラス体重は良い傾向だと思いますが、調教のピッチを上げるとカイバを食べなくなる可能性もありますし、新しい環境に移動後、一気に馬体を減らしてしまう可能性もあります。ですので、もっともっとカイバを食わし込みながら、パッと見で太目だなあと思うくらいまでボリュームアップを進めてもらいたいです。減ることを見越しての貯金が欲しいです。

ストームは右前のソエで再調整となりましたが、懸念したソエ以外の場所にもダメージが…。ひとまず馬場での運動を始めていますが、来週になって“一旦ストップして馬体の回復に努めています”という近況・コメントは勘弁して欲しいです。

2014年7月13日 (日)

右前脚のソエの治療の為、9日にグリーンウッドへ放牧に。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

レース後の右前脚に幾らかソエの症状が認められます。7月9日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して2回小倉での戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○吉村調教師 「右前脚が多少ソエっぽい感じ。深刻なレベルとは違うものの、馬自身も幾らか気に掛けています。中京は見送って、右回りの小倉へ備える方針。7月9日(水)に一旦グリーンウッドへ移し、当地でケアを施しながら態勢を整えるのがベターですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利終了の期日が迫ってくる中、レース後に右前脚にソエの兆候が。脚抜きの良い馬場で走りぬいた反動が残念ながら出てしまいました。

症状自体は軽い様子ですが、牧場へ移動してからの回復スピードがやはり心配。前回のように帰厩が長引くようだと、次走に今後の運命が委ねられることに。掲示板を確保できなければ、続戦できる可能性は限りなくゼロに近くなるでしょうから…。今回は出来る限りの手を尽くして、早期の帰厩を成し遂げてもらわねばなりません。

2014年7月 6日 (日)

初めて積極的にレースに参加できるも、周囲からプレッシャーを受けて気の悪さを出してしまう。★ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

7月5日(土)中京3R・3歳未勝利・ダート1800mに浜中Jで出走。15頭立て8番人気で7枠12番から平均ペースの道中を6、6、6、6番手と進み、直線では内を通って1秒6差の8着でした。馬場は不良。タイム1分53秒8、上がり38秒7。馬体重は6キロ減少の478キロでした。

○浜中騎手 「何とかゲートは出られたものの、その後に多少フラフラと。道中もフワフワしていたように、ちょっと気の悪さが窺えました。また、ずっと内へモタれ通し。右回りの方がベターなのかも知れません。幾らかテンションが高いだけに、ブリンカーを着けたらパニックに陥る危険も。もう少し落ち着いて、レースに集中できれば・・・ですね」

○吉村調教師 「速いとは言えぬものの、五分に近いスタート。7月4日(金)に練習した成果が多少は認められたでしょう。馬場状態も考慮し、無理してでも先団へ・・・とジョッキーに注文。良い位置に付けられたと思います。ただ、どうも走りにスムーズさを欠いていた様子。左回りが駄目なのか、間隔を詰めて使うのが合わないのか・・・。そのあたりも踏まえて新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

懸念材料のスタートを決め、内へ切れ込みながら好位を取ることが出来たのですが、4頭雁行状態の後ろにつけ、周囲からプレッシャーを受ける形になったのが気の悪さに繋がったのかな? 内へモタれ通しの原因は左回りよりというよりは精神的なモノでしょうね。砂を嫌がる素振りはなかったですが、周囲を気にしてズブさを見せる格好に。3角手前で浜中Jの鞭が入っていたほど。4角で追っ付けて前に食らいついたのですが、直線でひと伸びする余力はありませんでした。

結果論ですが、揉まれる競馬を避けて外を回ってきた方が良かったかなと思いますし、今回も外して臨んだチークピーシズを着用すべきだったかなと思います。また、レースの進め方ですが、ゲートから出して行って前々で競馬をするよりは、ペースが落ち着いたところでスーッと外を進出していく形の方がよりベターかなとも思います。

中1週でマイナス6キロでの出走でしたが、馬体が引き締まり、馬自身にも活気はありました。ひと叩きして状態は上向いていたのは間違いないと思うのですが、気性面の問題が足を引っ張ってしまいました。

なかなか噛み合ってくれませんが、6戦目にして競馬に参加することが出来、上位を窺わせる瞬間はありました。中1週・脚抜きの良い馬場で厳しい競馬をした反動は心配ですが、今回の競馬が良い経験となってくれれば嬉しいのですが…。

2014年7月 5日 (土)

ダート2戦目。直線での失速を恐れず、積極的なレース運びを見せて欲しい。☆ロードスパーク

Photo_6 ロードスパーク(牡・吉村)父タニノギムレット 母ジャックカガヤキ

7月5日(土)中京3R・3歳未勝利・ダート1800mに浜中Jで出走します。追い切りの短評は「馬体は上々」でした。発走は11時05分です。

3回中京1日目(7月5日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ1800メートル 指定 馬齢 発走11:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジョウイチロウ 牡3 56 国分優作
2 2 カツラッシュ 牡3 53 松若風馬
2 3 リーサムケンケン 牡3 53 義英真
3 4 グランドリビエール 牡3 56 北村友一
3 5 シゲルヒタチ 牡3 56 酒井学
4 6 シーリーヴェール 牡3 56 福永祐一
4 7 メイショウセイウン 牡3 56 武幸四郎
5 8 モズノハナミチ 牡3 56 小牧太
5 9 シゲルタンゴ 牝3 54 国分恭介
6 10 ワイレアタヤス 牡3 56 幸英明
6 11 ネオヴァーチェス 牝3 54 藤懸貴志
7 12 ロードスパーク 牡3 56 浜中俊
7 13 エイシンゴーイング 牡3 56 高倉稜
8 14 セフィーロ 牡3 56 熊沢重文
8 15 アスタースカイ 牡3 56 田中健

○吉村師 「金曜朝にゲート練習を。スタートを決めて前、前で運べれば、もっとやれそうです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

想定の段階では抽選対象でしたが、無事浜中Jとのコンビで土曜中京・ダ1800mへの出走が決まったロードスパーク。中1週での出走となりますが、デキ落ちの心配はいらないでしょう。まあ、叩いて大幅に上昇ということもないのですが…。

前走、勝ち馬とはちょっと差をつけられましたが、直線はジワジワと脚を繰り出して7着。ダートの走り自体は悪くなかったですが、勝負どころから4角でポジションを押し上げていくことが出来なかったのが響きました。また、砂を嫌がった素振りはなかったですが、再度チークピーシズを着用した方が集中力は増すのではないかなと感じました。

今回はダート2戦目。慣れは見込めますが、道中の行きっぷりに変化が見られるかがポイント。外目の偶数枠が当たったので、スタートを決めることが出来れば、スッと好位を取れるかもしれません。金曜日にゲート練習をした効果があって欲しいで。スタートを決めることが出来なかった場合は向正面で積極的にポジションを押し上げていってもらえればと思います。

これまで5戦。追走に余裕がなく、直線を迎えた時点で勝負ありの競馬ばかり。直線で失速しても構わないので、勝ちに行く厳しい競馬を経験させることが残り少ない今後のレースに生かすことができればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ