最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ヴィッセン」の343件の投稿

2019年6月22日 (土)

シルクなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日にEコースで時計
・次走予定:中京6月30日・木曽川特別(中谷J)

斉藤崇師「19日に坂路を1本登坂した後に、ゲートから時計を出しました。先週はレースの疲れを取る為に軽めの調整で体調を整えましたが、ヴィッセンなりに元気があって良い状態を保っていますよ。昨年末に同条件に出走した時は、着差ほど負けていなかったですし、自分の形に持ち込めば良い競馬が期待できると思うので、次走もこのままの状態で向かえるように調整していきたいと思います。ジョッキーは中谷騎手に依頼しています」(6/20近況)

助 手 19栗E良 14.1- 15.3 ゲートなり
助 手 21栗坂良 58.0- 43.2- 28.2- 13.8 馬なり余力

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第3回中京開催
・調教内容:19日に坂路コースで時計

高野師「19日に坂路で15-15ぐらいの時計を出しました。馬の雰囲気としては前走後も変わりなく気配は良いですし、コンディションも良好です。馬体を見ると芝でもやれそうかなと思わせますが、普段の調教で自ら跨って感触を確かめると、フットワークはやはりダート馬らしい走りっぷりでした。見合った筋肉が身に付けば、より力強さが増してくるでしょうし、そのあたりはもう少し成長を促して行く必要がありますね。具体的な番組はまだ決めていませんが、来週か再来週の中京で出走させたいと考えています」(6/20近況)

助 手 19栗坂良 60.4- 43.7- 28.9- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは引き続き荻野極Jに乗って欲しかったですが、この夏は北海道で頑張るようなので仕方ありません。中谷Jは昨年末の中京で見せ場たっぷりの競馬をしてくれたので、今回もそれに近いイメージで乗ってくれればと思います。ただ、ジメジメした気候に強くない馬なので、レース当日まで良い雰囲気を保てるかどうかが1つ鍵でしょうか。追い切りはサラッとやる程度で十分かなと思います。

クレッセントムーンは繋ぎが立っている馬ではないので芝でもやれそうな感じはするも、フットワークはダート向きとのこと。馬体がガッチリしてくると距離適性は短い方へシフトしていくのかなと思います。デビュー戦の凡走はソエを気にしていたのが大きいので、今なら左回りも問題ない筈。前走で持ち時計を詰めましたし、次走でも間違いなく好勝負だと思いますが、期待はその次の小倉・ダ1700mかなと個人的には見ています。

2019年6月13日 (木)

条件替わりとハンデは魅力があったも、このメンバー相手では今回も苦戦することを覚悟。特殊な流れになったアドバンテージは大きかったも、積極的な立ち回りで直線を向くと後続を待つことなく早目にスパート。残り200mあたりでは押し切り態勢だったも、最後に力尽きて惜しい2着。☆ヴィッセン

201906_13

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神9R 三田特別(芝2400m)2着(11番人気) 荻野極J

今回もブリンカーを着用しています。まずまずのスタートから3番手に取り付け、後ろを大きく突き放す展開となります。前半1000mを60.8秒で通過し、3コーナーを過ぎたあたりで先頭に並び掛け、直線で抜け出してそのまま粘り込みを図りますが、ゴール手前で差し切られ、惜しくも2着に敗れています。

荻野極騎手「少しペースが速いかなと思っていましたが、消極的なレースだけはしたくなかったので、前2頭を見る形でレースを運びました。普通なら早々に止まってもおかしくない流れでしたが、渋太く頑張ってくれていたので、これなら後続馬を凌いでくれると期待しました。ただ、坂を上がったところでバッタリ止まってしまいましたね。でも、厳しい流れでも2着に踏ん張ってくれましたし、この馬の持久力を存分に活かすことが出来たと思います」

斉藤崇調教師「さすがにペースが速いなと思って見ていましたが、あの展開でも良く2着に粘ってくれましたね。この馬の持ち味を活かすには、これしかないという競馬をしてくれましたし、前走のように控えて持ち味を活かせないまま終わるのだけは嫌だっただけに、荻野騎手の積極策を褒めたいですね。8歳馬でも若々しく、力を出し切ればこれだけの競馬をしてくれますし、今後も良い状態でレースに向かえるように努めていきたいと思います。今後の予定につきましては、トレセンに戻って状態を確認したうえで検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

3番手から。4角では先頭へ並びかけ、早目スパートで自分のレースができたことが大きい。残り1ハロンでは3馬身ほどのリードがあった。ラストサトノガーネットに交わされたが、持久力勝負で持ち味は出している。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:中京6月30日・木曽川特別

斉藤崇師「トレセンで状態を確認しましたが、目立った疲れもなく、体調は変わりありません。このまま続戦しても問題なさそうなので、今週いっぱいは軽めの運動でコンディションを整えたいと思います。乗り出して特に問題なければ、6月30日の中京・木曽川特別に向かいたいと考えています」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レコード決着となった前走の京都・芝2200mから阪神・芝2400mへの条件替わりはプラス。追い切りはそれほど良くは見えませんでしたが、1キロ減の53キロも魅力的。ただ、抜けた存在はいないも、粒の揃ったメンバー構成だったので、8歳を迎えて上積みは見込めないヴィッセンにとっては今回も厳しい結果に終わることを覚悟。結果は二の次で、積極的な立ち回りで見せ場を作れれば良い方かなと見ていました。

スタートはそれほど速くなかったも、1角までじわじわ促しながら外目の3番手をキープ。ヴィッセンにとって都合が良かったのは積極的に引っ張ってくれる馬が他にいたこと。3頭で後続を少し引き離す形になりましたが、そこでは必要以上に追い詰めることはしなかったも、ペースを落とさせないように突くことが出来ました。そして3角過ぎに逃げていた馬が脱落すると、今度はヴィッセンとシャイニーゲイルの2頭で変わらぬ感じでリード。4角での手応えはヴィッセンに分があったので『オッ』と力が入りました。

そして直線では後続が迫ってくる前に早目スパート。シャイニーゲイルを競り落とすと、残り200mあたりではそのまま押し切りそうな雰囲気。ただ、最後の急坂はさすがに応えたようで見た目にも一杯に。勝ち馬にはアッサリ交わされてしまいましたが、2着は最後まで死守してくれました。条件替わりがピタッと嵌ったとはいえ、ヴィッセンは強い競馬を見せてくれました。荻野極Jとも手が合うのでしょう。

レース後のヴィッセンですが、激走による疲れ・反動を危惧しましたが、クタッとすることなく元気一杯。もう少し様子を見てからの決定となるようですが、状態面に変わりがなければ、30日の中京・木曽川特別(芝2200m)を予定しています。定量戦となりますが、引き続き積極的に立ち回ってもらえればと思います。また、出来れば荻野極Jに乗って欲しいですが、夏場は北海道へ行っているのかな?

今回も良いところがなければ年齢的にも嫌な感じでしたが、引退の2文字を遠ざける走りを見せてくれたヴィッセン。また、今回のような競馬が1番マッチしていることが証明できたと思うので、騎手が替わったとしてもやることは1つです。他馬の動向に左右されることなく、1歩早目の仕掛け・スパートでどこまで粘り通せるかだけ。優れている持久力を存分に生かしていってもらえればと思います。今回はホント良く頑張ってくれました。

2019年6月 9日 (日)

レコード決着となった前走とは違い、今回は力を出せる条件は整う。ただ、それだけで好走が期待できるかとなると…。結果は二の次で積極的な立ち回りで見せ場はしっかり作って欲しい。★ヴィッセン

201904_36

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神9R 三田特別(芝2400m)4枠6番 荻野極J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り

斉藤崇師「5日にCWコースで追い切りました。荻野騎手に感触を確かめてもらいましたが、想定した時計より少し速くなってしまったものの、併せた相手は3歳オープン馬でもありましたし、最後までしっかり負荷が掛かった良い追い切りが行えました。8歳になっても若々しく、更に元気の良さが見られるようになっているので、それだけ状態が良い証拠だと思います。前走は時計が速くなり、ヴィッセンにとってはかなりきつい流れになってしまいました。前々走の淡路特別では入れ替わりの激しい展開でも4着に来てくれたように展開次第ではチャンスがあると思うので、スムーズな競馬を心掛けてもらいたいですね」(6/5近況)

助 手 2栗坂良 55.7- 40.6- 26.3- 13.2 馬なり余力
荻野極 5CW良 82.3- 67.2- 52.9- 39.1- 12.2 一杯に追う ノーヴァレンダ(古オープン)一杯の外2.4秒先行0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9R 三田特別
サラ 芝2400メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ケンシュナウザー 牡5 53 古川吉洋
2 2 サトノガーネット 牝4 54 坂井瑠星
3 3 エイシンクリック 牡5 55 岩田康誠
3 4 ウインルチル 牝4 51 西村淳也
4 5 ミラクルブラッド 牝4 52 北村友一
4 6 ヴィッセン 牡8 53 荻野極
5 7 フォーラウェイ 牡6 55 酒井学
5 8 アロマドゥルセ 牝5 54 川田将雅
6 9 レイエスプランドル 牡4 55 藤岡康太
6 10 ヒルノアトラーニ 牡5 53 太宰啓介
7 11 ミスマンマミーア 牝4 53 四位洋文
7 12 タイセイモナーク 牡3 52 和田竜二 
8 13 シャイニーゲール 牡5 55 菱田裕二
8 14 エイシンレーザー 牡4 54 石橋脩

○斉藤崇師 「前走はレコード決着だったからね。時計勝負になると厳しい。先週の競馬を見ると適度に時計が掛かっているようだし、ハンデが1キロ軽くなるのもいい。舞台を替えて前進があれば」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

走る前から分かっていましたが、高速決着では分が悪すぎるヴィッセン。実際、前走は芝2200mのレコード決着になり、ヴィッセン自身は大した見せ場を作れぬまま、直線でジリジリ後退。頑張ってはくれたと思いますが、これが現実です。

その前走から一息入れて臨むヴィッセン。リフレッシュは叶ったと思いますが、追い切りの動きは可もなく不可もなく。それなりにスタミナはあるので、前走からの距離延長はプラスですし、時計の掛かる阪神へのコース替わりも○。ハンデ戦が1キロ減って53キロというのは確かに魅力。ただ願わくば、昨日までの雨でもっと馬場がタフさを増して欲しかったところ。ヴィッセンにとっては雨が少なすぎました。

相手関係に目をやると、特別戦ということで粒の揃ったメンバー構成。それらにしっかり力を出し切られるとヴィッセンの出番はないのかなと…。まあ、結果は後から付いてくるものなので、ヴィッセンには前々で積極的に運んでもらい、Sペースからの瞬発力勝負を回避して持久力勝負に持ち込んで欲しいところ。

8歳という年齢から、停滞が続くようなら引退の文字が出てきてしまうので、走れる条件が揃った今回は見せ場をしっかり作り、まだまだやれるという姿をアピールしてもらいたいです。

2019年6月 1日 (土)

シルクなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神6月8日・舞子特別もしくは東京6月9日・江の島特別

矢作師「29日の追い切りは安田記念に出走するモズアスコットと併せました。相手が49秒台でしたから、見た目には大きく遅れていますが、ナイトバナレット自身も全体時計は出ていると思います。放牧から帰って来て体調は良さそうですし、今週の動きならそれほど時間を掛けずに出走しても大丈夫でしょう。来週のいずれかのレースへ出走を考えたいと思います」(5/30近況)

助 手 29栗坂重 51.6- 38.0- 25.0- 12.5 馬なり余力 モズアスコット(古オープン)一杯に1.2秒先行0.8秒遅れ

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:30日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神6月8日・生田特別、もしくは阪神6月9日・芝1800m

友道師「30日にCWコースで追い切りました。単走でしっかり負荷を掛けておきましたが、反応良く最後までしっかり伸びてくれました。前走の仕上がりが良かっただけに、結果が案外だったのは不満ですが、今回はそれ以上の手応えを感じるだけに、この馬の良さを引き出せるように、手を尽くしたいと考えています。どちらの番組に向かうかは、来週の想定が出てから検討したいと思っています。また、どちらも岩田騎手に空けてもらっています」(5/30近況)

助 手 26栗坂良 57.6- 42.4- 28.7- 14.9 馬なり余力
助 手 30CW稍 95.9- 80.9- 65.8- 51.1- 37.4- 12.1 一杯に追う

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日にPコースで追い切り
・次走予定:阪神6月9日・三田特別(荻野極J)

斉藤崇師「29日は坂路を1本上がってからポリトラックコースで追い切りました。うちの厩舎に来てから主にCWコースで追い切りを行って来ましたが、いつも同じコースでやっているとダラダラ走ってしまうので、先週末から気持ちの面での変化を求めてポリトラックコースにしてみています。単走での追い切りでしたが脚捌きはスムーズでしたし、年齢的に体調に大きな変化はないものの、いい状態をキープしていると思います。来週の競馬へ向けてしっかり仕上げて行きたいと思います」(5/29近況)

助 手 26栗P良 44.9- 14.5 馬なり余力
助 手 29栗P良 84.2- 68.9- 54.2- 40.4- 12.9 馬なり余力
助 手 31栗P良 88.7- 73.1- 57.8- 42.8- 13.4 馬なり余力

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神6月8日・ダ1800m(川田J)

高野師「29日の調教は坂路コースで併せ馬を行いました。先行する形でしたがそのまま抜かれることなくゴールしました。背中の動きがとてもスムーズで走りに苦しさがまったくなく、手先の軽いフットワークで走り抜けてくれました。今は結果が出ているのでダート戦でいいと思いますが、この走りからするといつかは芝の走りを見てみたいですね。来週の競馬を予定していますが、古馬相手でも好勝負をしてくれると思います」(5/30近況)

助 手 26栗坂良 59.7- 43.2- 27.2- 12.8 馬なり余力 グランソード(障未勝)馬なりに0.1秒先行同入
助 手 29栗坂重 54.7- 39.6- 26.0- 12.6 馬なり余力 カワイアラ(古馬1勝)一杯に0.3秒先行0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは帰厩して最初の追い切りが安田記念に出走するモズアスコットとの併せ馬。先行して豪快に遅れていますが、これはこの馬のペースで走らせただけですし、ナイトバナレット自身の時計は上々の部類。牧場でしっかり負荷を掛けてきた効果は感じられます。また、次走に関してですが、早速来週の競馬を予定。個人的にはそろそろ1度ダートを試して欲しいのですが。

ピボットポイントは中2週のローテで来週の競馬を予定していますが、1週前にこれだけハードに追われたのはビックリ。それに応えてピボットポイントも上々の時計をマークしています。ただ、これが結果に即決しないのが悩ましいところ。前々で流れに乗るのは良いのですが、後続が迫ってくるとギアが上がらない感じになるので、前々で進めるのなら勝負どころでハナヘ立つぐらいの積極性が欲しいですし、距離損を覚悟で勝負どころから自分のリズムで外々を捲っていくしかないと思います。個人的には活路を見い出すのなら後者のスタイルだと見ているのですが。

ヴィッセンはややソフトな仕上げですが、丹念に時計をマーク。来週のレースへ向けて仕上がりは進んでいるとは思いますが、グッとくる感じがなく活気が乏しい感じ。まあ、年齢的なものもあるでしょうし、暑さが得意ではないので徐々に応えてきているのかもしれません。

クレッセントムーンは坂路で軽快な動きを披露。ソエの不安がなくなってきたのがやはり大きいでしょう。来週のレースへ向けて態勢はほぼ整ったと思いますが、あとは実戦へ行ってスムーズに手前を替えてくれるかどうか。替えてくれれば先行策でも最後のひと押しがきっちり利いてくれると見ています。低調な我が3歳勢を引っ張っていける存在になって欲しいです。

気が付けば、4頭共に来週の競馬を予定し、それぞれに状態を高めていっています。

2019年5月26日 (日)

シルクなお馬さん(4歳上関西馬・入厩組)

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:東京6月8日・障害未勝利、もしくは東京6月15日・障害未勝利、もしくは阪神6月16日・障害未勝利

荒川師「福島、新潟と長距離輸送が続いたので、次走は少し間隔を空けて出走させようと熊沢騎手と話し合いました。今のところ、6月8日・15日の東京、もしくは6月16日の阪神の障害未勝利戦あたりを目標にして調整しています。レースの疲れそのものはしっかり取れているので、後はメンバーなど少しでも有利な番組を狙って投票していきたいと思います」(5/23近況)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神6月9日・三田特別(荻野極J)

斉藤崇師「前回はハミに少し乗っかかるようなフォームでしたし、気持ちの面でも走りに集中し切れていないところがありましたが、今回はバランスよく走れていますし、走りに対しても集中しています。22日にCWコースで時計を出しましたが、最後までいい手応えで走っていましたし、状態は良いですね。このまま再来週のレースに向けてしっかり仕上げていきたいと思います。ジョッキーは荻野騎手に依頼しています」(5/23近況)

助 手 18栗B良 60.2- 45.1- 13.4 馬なり余力
助 手 22CW良 85.2- 68.1- 52.6- 38.4- 11.9 強目に追う サマーセント(三500万)馬なりの外0.7秒先行アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツはローカル場所を転戦して3着→2着。平地時代と同様に最後のひと押しで見劣っているのはもどかしいですが、さすがにそろそろ順番が回ってくると思います。ただ、目に見えない疲れがあるかもということで、次走へは少し間隔を空けることに。3鞍予定されていますが、今度は中央場所での未勝利戦。最後の直線はダートになると思うので、詰めの甘さを補えればと思います。ただ、飛越が雑になると、今度は落馬が怖くなってきます。

ヴィッセンは一息入ったことで精神面のリフレッシュが叶い、調教でも集中力が戻ってきた様子。時計が平凡なのは攻め駆けしないので特に気にする必要はありません。あとは予定しているレースへ向けてじわじわ状態を上げていってもらえればと思います。

2019年5月19日 (日)

16日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:16日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:阪神6月9日・三田特別

斉藤崇師「前走後は牧場に戻してコンディションを整えてもらっていましたが、乗り出した後も問題なく進められていましたので、16日の検疫でトレセンに戻させていただきました。6月9日の阪神・三田特別を予定していますので、週末から時計を出し始めていきたいと思います」(5/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は時計の速過ぎる決着になったことで見せ場すらなく9着に敗れてしまったヴィッセン。その後、NFしがらきで再調整してきましたが、レースで力を出し切っていない分、元気一杯。緩まないように即ハロン15秒の調教を課すなど、早々に予定が組まれた来月9日の阪神・三田特別に備えてきました。そして好調をキープしたまま16日に栗東へ戻っています。

次走の予定が決まっているので、あとはそこへ向けて態勢を整えていくのみ。週末から徐々にピッチを上げていってもらえればと思います。

2019年5月12日 (日)

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神6月9日・三田特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「この中間も良い状態を維持していますし、体調はすこぶる良いですね。来週か再来週には帰厩する予定になっていますので、この中間は坂路でハロン14秒からラスト1ハロンは13秒まで脚を伸ばすようにしています。ヴィッセンなりにしっかり最後まで動いていますし、今の状態を維持しながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は512キロです」(5/10近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も週に3回坂路で15-15を行っていますが、依然緩さはあるものの、動きは登坂回数を重ねて良くなってきていますよ。目立って悪いところもなく、コンディションが良いですし、飼い葉もよく食べて元気いっぱいです。馬体を引き締める為にもう少し乗り込みを続けて、帰厩する頃には良い体付きで送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は510キロです」(5/10近況)

Photo_3 インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で15-15までペースを上げた後も順調に進められています。脚元の状態は変わりありませんし、良いコンディションを保っていますよ。このまま変わりなければ次の阪神開催で復帰させたいとのことですので、乗り込みながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は496キロです」(5/10近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回福島開催
・調教内容:角馬場、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間は気分転換を兼ねて坂路でハロン15-15までペースを上げてみました。動きそのものは悪く無かったですし、調子は変わらず良いですね。飼い葉食いが良く、コンディションも良さそうなので、今の状態を維持しながら進めていきたいと思います。馬体重は516キロです」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走が来月9日の阪神・三田特別と決まっているヴィッセンは早ければ来週の帰厩を予定。この中間はハロン15秒の調教から更に踏み込んだ内容の調教を消化していますが無難に対応できています。あとは直前のトラブルに見舞われないように注意してもらえればと思います。

ナイトバナレットは食欲が旺盛な分、しっかり攻めをこなすことが出来るのは良いのですが、旺盛過ぎるので馬体の締まりが出てくるのが遅れているのが悩ましいところ。まあ、体調自体は頗る順調なので十分な運動量を確保・課していってもらえればと思います。ただ、5週連続・東京でのG1が開催中+まもなく2歳新馬が開幕と、この馬の優先順位は下がっていると思うので、厩舎としっかり連携を取って、オーバーワークに繋がらないように調教メニューを組んでいってもらえればと思います。

インヘリットデールはハロン15秒の調教を重ねて着実に良化。脚元の心配もなさそうですから、次の阪神開催へ向けて出走態勢を整えていってもらえればと思います。距離を縮めていくことで詰めの甘さが幾らかでも和らぐことを願っています。

インペリオアスールは予定を早めに出走させて良いのかなというぐらい体調・状態は良さそう。調教メニューをふと高めてみても、難なく対応できています。ただ、状態維持に努めるよりも、次は1つクラスが上がることですし、意欲的に鍛え上げていって欲しいです。

2019年5月 8日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神6月9日・三田特別 
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「こちらに移動後も状態は変わりなかったので、先週末から乗り出しています。今月中にはトレセンに戻る予定なので、緩まないように現在は坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいますが、元気よく登坂していますよ。今の状態を維持しながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は510キロです」(5/3近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の乗り込みを継続していますが、良い頃と比較するとまだ馬体に緩さが目立ちますね。その点は時間を掛けて乗り込んでいけば解消されると思うので、余計な怪我などしないように細心の注意を払っていきたいと思います。馬体重は509キロです」(5/3近況)

Photo_3 インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「脚元の状態には気を付けながら調教を行っていましたが、坂路で乗り出した後も問題なく進められています。現在は坂路でハロン15秒まで脚を伸ばすようにしていますが、ペースを上げた後も脚元の状態は変わりありません。この調子で登坂回数を重ねながら馬体を引き締めるとともに、動きも良くしていきたいと思います。馬体重は495キロです」(5/3近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回福島開催
・調教内容:角馬場、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「第2回福島開催まで少し時間があるので、ペースは上げずにコンディションを整える程度に乗り込んでいます。硬さはまだ少し残っていますが、こちらに戻ってきた時よりは良化が窺えます。体調そのものは良いので、トレセンに送り出す頃には良い状態に戻っているでしょう。馬体重は512キロです」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

高速決着の京都では全く見せ場がなかったヴィッセンですが、レース後の反動・疲れが少なかったのは幸い。NFしがらきへ移動し、早速坂路での乗り込みを開始しています。このまま次走へ向け、調子を上げていってもらえればと思います。

ナイトバナレットはこの馬なりに順調に乗れていると思うも、緩みが残って良化度が一息。状態が落ちている感じはないのですが…。まあ、G1が続くこの時期は優先度が低いでしょうから、怪我には気をつけながらマイペースで進めてもらえればと思います。

状態が上がってきた時に軽い捻挫で一息入るなどチグハグだったインヘリットデールですが、ようやく坂路でハロン15秒を開始。ひとまず反動はなさそうですが、久々に速いところをやったので動き自体はまだまだ。これから丹念に本数を重ねていってジンワリ状態を上げていってもらえればと思います。

インペリオアスールはまだ少しレースでのダメージを引きずっていますが、次走までまだまだ時間があるので焦ることはありません。ダメージ自体も時間と共に解消されてくるでしょうし。あとはレースまでの時間を逆算しながら調教の負荷を高めていってもらえればと思います。

2019年4月25日 (木)

前が飛ばす特殊な流れで、終わってみれば日本レコードが出る超高速レースに。ただでさえ時計が速くなると辛いのに、ここまでとは…。追走に手一杯で見せ場を作れぬまま9着に敗れる。★ヴィッセン

201904_24

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都9R 比良山特別(芝2200m)9着(9番人気) 松山J

今回もブリンカーを着けて出走しています。五分のスタートからポジションを上げていこうとしますが、流れが速い為に中団に控えます。3~4コーナーあたりから押し上げて行こうとするも、なかなか前との差が詰まらず、最後の直線も大きく脚を伸ばすことが出来ず9着に敗れています。

松山騎手「2,3番手あたりに取り付けていこうと考えていましたが、前の2頭がかなり飛ばしていったので、それにつられて行ってしまうと終いが甘くなってしまうと思い、あれ以上無理をさせませんでした。道中では脚を溜める程の余裕がなく、3コーナー手前では更にペースが上がり、ついて行くので精一杯でした。最後は止まっているわけではないですが、外々を回っていたこともあり、大きく脚を伸ばすことが出来ませんでした。早め早めの競馬を心掛けていましたが、これだけ全体の時計が速いとこの馬にはきつかったですね」

斉藤崇調教師「最初から最後まで時計が速過ぎましたね。さすがにこの形になると、この馬の持ち味を活かせなかったです。本来なら逃げ馬の後ろにつけてジワッと押し上げて行く形が理想ですが、あれだけ時計が速いと追走で一杯一杯でしたね。状態としてはこれまでになく良かっただけに、馬にとっては可哀そうなレースになってしまいました。展開が嵌れば差のないレースをしてくれる馬なので、次走に気持ちを切り替えたいと思います。この後はこれまでの疲れを取る為に一旦牧場へ戻す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:阪神6月9日・三田特別

斉藤崇師「トレセンで状態を確認いたしましたが、大きなダメージはなく、体調も変わりありません。近日中にNFしがらきへ放牧に出す予定ですが、その後も問題がなければ、6月9日の阪神・三田特別を目標にトレセンに戻したいと考えています」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初ブリンカー着用となった前走は勝負どころでスッと動くことが出来たヴィッセン。今回はより積極的にレースを進めて欲しいと期待したのですが、大逃げする馬が出て、レースは特殊な展開。序盤多少力んだ走りに見えたヴィッセンですが、折り合いを欠くところまでは行かず。マズマズ良い感じで進んでいるように見えたのですが、実際は淀みない流れに付いて行くのが精一杯の状態。脚が溜まるような場面がなく、3角過ぎから更にペースアップするとジリジリ遅れ出す感じに。『オッ』と一瞬力の入った前走とは大違いで4角で早くも諦めの境地に。直線では手応えの割に食い下がったと思うも、9着に終わりました。

結局、終わってみれば日本レコードの決着となった超高速レースに。ただでさえ時計が速くなると苦しくなるのに、ここまで速いとは…。一息入れて好仕上がりでしたが、無難に開幕週の出走は避けた方が良かったなあとちょっと後悔しました。

レース後のヴィッセンですが、超高速決着になった疲れ・反動は大丈夫そう。続戦できるレベルにあるとは思いますが、短期でリフレッシュさせ、6月9日の阪神・三田特別を目標に進めていくこととなりました。

暑さは得意ではありませんが、タフな馬場になりやすいのは大歓迎。今回の結果は度外視し、持ち前のジリ脚+渋太さが生きるレースを見せ、次走では巻き返してもらいたいです。

2019年4月21日 (日)

開幕週で時計が速くなり過ぎると辛いも、ブリンカー着用で勝負どころでの反応が良化したことを味方に前走以上に積極的な仕掛けを。着順は二の次で見せ場を作って欲しい。★ヴィッセン

201903_18

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都9R 比良山特別(芝2200m)8枠13番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り

斉藤崇師「17日にCWコースで追い切りました。先行し、直線で併せる形を取りましたが、最後まで持ったままの手応えで同入しています。前走後は短期放牧を挟みましたが、良い意味で状態は変わりありませんし、コンディションは良いですよ。ブリンカーを着けた前走では、これまでになくスッと反応してくれたので、今回も着用することにしました。入れ替わりの激しい展開でも4着に来たように、自分のリズムでレースが出来れば上位争いも期待出来ると思うので、今回も前々でレースを運びつつ、この馬の持ち味を活かしてもらいたいですね」(4/18近況)

助 手 13CW良 86.9- 70.1- 55.1- 41.0- 12.0 馬なり余力 ダッシングブレイズ(古オープン)馬なりの外1.0秒先行同入
助 手 17CW良 85.0- 68.3- 54.0- 39.9- 11.9 馬なり余力 ダッシングブレイズ(古オープン)馬なりの外0.5秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都2日目(04月21日)
9R 比良山特別
サラ 芝2200メートル 4歳上1000万下 指定 混合 ハンデ 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 チャロネグロ 牡5 56 C.ルメール
2 2 ブラックオニキス 牝5 54 坂井瑠星
3 3 サウンドバーニング 牡7 54 浜中俊
4 4 ブラックジルベルト 牡4 54 藤岡佑介
4 5 スマートアエロ 牝4 52 国分優作
5 6 ショパン 牡6 56 幸英明
5 7 ネプチュナイト 牡4 55 A.シュタルケ
6 8 アドマイヤアゼリ 牡5 55 北村友一
6 9 ジャストコーズ せ6 54 酒井学
7 10 スペクター 牝5 52 武豊
7 11 メイショウロセツ 牡4 54 川田将雅
8 12 トーホウアルテミス 牝4 53 松若風馬
8 13 ヴィッセン 牡8 54 松山弘平

○斉藤崇師 「前走はブリンカーを着けて、自分のタイミングで動いていけたことが良かったです。引き続きハンデ戦。面白いと思いますよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の淡路特別ではゲートを出てスッと先行することは出来ませんでしたが、中団の位置で競馬を進めたヴィッセン。いつもは勝負どころでズブさを出してモタモタする馬ですが、ブリンカーを装着したことでスッと反応。勝ち馬に並ぶようにして4角を回ってきた時はちょっとビックリするような手応え。直線ではワンパンチ足りず4着に終わりましたが、見せ場を作ることは出来たと思います。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。一生懸命走った割にクタッとするところがなかったので、ここへ間に合うことが出来ました。帰厩後の追い切りはビシビシとはやられていないも、CWコースで6ハロンの追い切りを4本消化。大きく先行しているとはいえ遅れずに併入できているのは好感。前走のデキは確保できていると思いますし、暖かくなったことで体調は上がっているのかなと想像します。

開幕週ということで時計が速くなり過ぎると辛いですが、最後に急坂のある阪神から今度は直線平坦の京都へ替わることで最後の粘りは多少違ってくる筈。まあ、前走より相手が揃っているので、着順を落としてしまうかもしれませんが、今回もレースプランとすれば1歩早目の仕掛けを意識し、4角を先頭で回ってくるぐらいの積極性を見せて欲しいです。

最後に差されてしまうのはそれは単純に相手の力が上といいうこと。掲示板に乗ることができれば嬉しいですが、今回もしっかり爪跡を残してくれることを期待しています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ