2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「ヴィッセン」の240件の投稿

2017年5月19日 (金)

決め手に欠けるので高速決着ではこれが精一杯。この馬なりに最後まで頑張ってくれました。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都9R 蹴上特別(ダ1900m)6着(6番人気) 浜中J

まずまずのスタートを決めると無理せず、道中は8番手辺りで脚を溜めていきます。3コーナー手前辺りから徐々に前を窺いに掛かり、直線ではロスなく内に入れて追い出しに掛かると、ジリジリと脚を伸ばしますが、上位馬に詰め寄ることができず、6着でゴールしています。

浜中騎手「前走同様に状態が良いのがこちらに伝わってきましたし、今回も前半は馬のリズムを大事にしながら追走していきました。不良馬場でしたから、前もなかなか止まらない展開になると思ったので、外を回して勝ち切れるほどスパッと切れる脚を持っていないだけに、最後の直線はできるだけロスのないように内目に入れて追い出しに掛かりました。ジリジリと脚を伸ばしてくれましたが、この馬場では6着が精一杯でした。掲示板にくる力は持っている馬なので、条件さえ嵌れば堅実に走ってくれると思います」

石坂正調教師「不良馬場でかなり時計が速くなってしまいましたから、後ろから行く馬にとっては厳しい流れになってしまいましたね。中1週での出走となりましたが、前走同様に気合い乗りも上々でしたし、良い状態でレースに向かうことができました。付いていくことができなくても、前半はできるだけ馬のリズムを大事にしてほしいと伝えていましたが、この馬場でも思いのほか付いていくことができたのは、状態の良さからきているのかもしれませんね。ただ、ロスのないように立ち回ってくれましたが、それでも6着が精一杯でしたから、パサパサの馬場の方が力を活かせるのだと思います。6月の阪神開催から、クラス編成で準オープンから降級してくる馬がいることで、相手関係が強くなりますから、ここでいったん一息入れて7月の中京開催で復帰させようと思います。ノーザンファームしがらきへ放牧に出して、いつでも戻せるように調整してもらおうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:14日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・次走予定:7月の中京開催

石坂師「トレセンに戻って状態を確認したところ、特に疲れは見られませんが、状態の良いうちに一息入れてあげれば、すぐに乗り出して行けると思うので14日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました。クラス再編成後は降級馬がいることで相手関係が強くなりますから、6月の阪神開催はパスして、7月の中京開催あたりで復帰させたいと思います」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

直線は内を選択し、進路を見い出すのに時間を要しましたが、最後までジリジリ脚を伸ばしたヴィッセン。雨が降り、脚抜きの良い馬場になった時点で、こういう結果は予測できました。結果は残念なものになりましたが、自分の力は出し切ってくれたと思います。レースの流れにも乗れていましたし、直線を向くまで手応えは十分。これで時計の掛かる馬場なら、上位に差し込むことが出来たんでしょうが、速い脚がないのが悩ましい限りです。

また、見事な結果論ですが、予定通り中2週で今週の競馬に使っていれば、好走以上の結果が期待できたかもしれません。手頃な頭数で相手も非常に手薄なので。個人的には連闘をしても良かったかなと思いますが、ヴィッセンは14日にNFしがらきへ放牧済。降級馬が幅を利かす6月の阪神は自重して、その次の中京開催での復帰をひとまず予定しています。

一時期、停滞した時期があったヴィッセンですが、その不調は脱した様子。気持ちの強い馬ではないので、暑さが増すとクタッとする可能性は高いですが、状態は上がってきています。好走するには一定の条件(パサパサ馬場+差し・追い込み馬に有利な流れ)が必要な馬ですが、実戦できっちり自分の力は出し切れるようになっていって欲しいです。

2017年5月13日 (土)

中1週の競馬でもデキ落ちはなさそう。ただ、雨で脚抜きの良い馬場になってしまうと、明らかに分が悪くて…。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都9R 蹴上特別(ダ1900m)7枠8番 浜中J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路で追い切り

石坂正師「10日に坂路で追い切りました。クラウディオスと併せて行いましたが、相手のペースに合わせた程度なので、最後も余力を持って登坂してくれました。特別戦はメンバーが揃うと思い、来週の平場を予定していましたが、先週末の登録の際、思いのほか頭数が落ち着いていたので念のために蹴上特別に登録しました。メンバーを見てもそこまで揃っておらず、これなら十分勝ち負けできると思いますし、浜中騎手も空けてくれていたので、予定を繰り上げて今週使うことにしました。前走のように流れが落ち着けば、自分のリズムで走れることで最後まで頑張ってくれますし、浜中騎手も前走で手応えを掴んでくれていると思いますから、良い競馬を期待したいですね」(5/10近況)

助 手 10栗坂良 54.0- 40.0- 27.0- 14.1 一杯に追う クラウディオス(古1600万)一杯を0.2秒追走0.8秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9R 蹴上特別
サラ ダ1900メートル 4歳上1000万下 指定 混合 定量 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タイマツリ 牡6 57 森裕太朗
2 2 ジョーダンキング 牡4 57 鮫島良太
3 3 モンドシャルナ 牡6 57 福永祐一
4 4 ウエスタンパレード 牡6 57 和田竜二
5 5 ソルプレーサ 牡5 57 石橋脩
6 6 コウユーアンドレ 牡7 57 太宰啓介
6 7 トウカイエクレール 牡4 57 武豊
7 8 ヴィッセン 牡6 57 浜中俊
7 9 ジョースターライト 牡4 57 国分優作
8 10 ガンコ 牡4 57 小牧太
8 11 リゼコーフィー 牡6 57 松若風馬

○石坂師 「前走は道中の手応え通り、ラストはしっかり伸びた。いい内容だったね。1900mに延びるのは好材料。今回も楽しみある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ数走、ふがいない競馬が続いていたので、年齢を加味して、正直頭打ちかなあと思っていたヴィッセン。そんな低評価をあざ笑うかのように前走は出たなりの位置で折り合い、4角でも手応え十分。そして直線では手応え通りに脚を使っての3着。展開に恵まれたところはあったでしょうが、久々に内容のあるレースだったと思います。浜中Jの好リードも光りました。

その前走から中1週での今回。当初は来週の平場戦を予定していましたが、手頃な頭数ということで前倒し。ひと叩きしての上昇度は薄いと思いますが、デキ落ちという感じでもありません。まあ、今回も自分の競馬に徹するのみでしょう。

ただ、今回は100m延びて、前有利な条件。また、土曜日は雨模様なので脚抜きの良い馬場になってしまうかもしれません。そうなると、展開は向かないでしょうし、速い時計の裏付けがないヴィッセンには苦しい競馬に。浜中Jは馬場に応じた乗り方をしてくれるでしょうが、道中で脚を使うと最後の伸びを欠く可能性が高いでしょう。

前走が好内容だったので今回も期待はしていますが、冷静に見ると、ちょっと足りない印象。また、連続して好走するようなタイプでもありません。逆に今回も内容のある走りが出来るなら、一皮剥けたと言えるでしょう。

2017年5月 5日 (金)

冴えない近走成績から期待はしていなかったも、鞍上の好リード・展開などが噛み合って3着とまだまだやれるところを示す。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都12R 4歳上1000万下(ダ1800m)3着(8番人気) 浜中J

まずまずのスタートを決めると、道中は中団からやや後方の14番手辺りで脚を溜めていきます。勝負どころから徐々に進出を開始し、直線に入って懸命に追い出しに掛かると、上がり最速の脚を使って上位馬に差を詰め寄りましたが、惜しくも3着でゴールしています。

浜中騎手「返し馬の雰囲気が良かったですし、良い状態だなと感じました。道中も流れが遅かったことから、自分のリズムでゆったり追走することができたので、徐々に促していくとしっかり反応してくれました。直線に入って追い出しに掛かると、グッとハミを取って脚を伸ばしてくれたので、勝ち馬を差し切るのは難しいと思ったものの、何とか2着に上がりたいと必死に追っ付けましたが、アタマ差及びませんでした。流れが速い展開だとどうなるか分かりませんが、状態が良ければこれぐらいは走ってくれる馬だと思うので、展開次第でチャンスはあると思います」

石坂調教師「前走の東京とは違い、今回はパドックから活気がありましたし、明らかに状態の良さがこちらに伝わってきました。返し馬も気合い乗り抜群でしたし、浜中騎手には馬のリズムを大事にしながらレースをして欲しいと指示を出していました。その通り、前半は良いリズムで追走することができましたし、勝負どころも離されずに上がって行けましたから、これなら終いまで頑張ってくれると思いました。流れが緩かったのも良かったのかもしれませんが、何より状態が良ければどのような展開になっても頑張ってくれるのだと思います。優先出走権を獲ることができましたから、トレセンで状態を確認して変わりないようであれば、このまま続戦させたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整
・次走予定:京都5月21日・ダ1800m(浜中俊J)

石坂師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、飼い葉をしっかり食べて元気いっぱいの様子です。中1週で京都・蹴上特別がありますが、中2週空けて5月21日の京都・ダ1800mに向かいたいと思います。そこなら前走に引き続いて浜中騎手空いているのでお願いしました」(5/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冴えない近走成績、年齢を重ねてズブさが増している現状から、巻き返すことができるとは正直思ってもいなかったのですが、浜中Jの好騎乗もあって2着馬と頭差の3着に健闘。出資馬なのに軽視しすぎて、ヴィッセンに申し訳なかったです。

改めてレースを見返すと、馬のリズムを大事にし、余裕を持って追走できたのが大きかったです。4角を回ってくる時も追い通しという感じではなく、直線を向くまで仕掛けを待てるほど。直線ではヴィッセンなりに鋭い脚を見せてくれました。さすがに浜中Jは上手です。

追い切りの動きは目立ちませんでしたが、暖かい季節を迎えてヴィッセン自身の体調もアップしていた様子。適度に時計が掛かる決着になったのも、味方してくれたと思います。

ここ数走は“出走→放牧”を繰り返していましたが、3着で優先出走権を確保。これでようやく続戦ことができます。ただ、間隔を詰めて使うことは得意ではありません。今回良かったからといって、次走も同じような結果が期待できるとは限りません。むしろ成績を落とすことが多かったこれまでのヴィッセン。次走で成績を下げる可能性は高いと思いますが、引き続き浜中Jが乗ってくれるのは心強いです。ヴィッセンの好走パターンを築いていって欲しいです。

2017年4月29日 (土)

持ち時計がないので上位進出が叶わない現状。良かった頃のデキでもなく、今回も厳しい結果は免れそうになく…。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都12R 4歳上1000万下(ダ1800m)7枠13番 浜中J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路で追い切り

石坂師「26日に坂路で追い切りました。この中間は馬場で長めから時計を出して仕上げてきましたので、最終追い切りは坂路で反応を確かめましたが、動きも良かったですし、いい具合に仕上がっていると思います。時計のかかる馬場でも力強く先着してくれましたし、ここ最近の中ではだいぶしっかり動いてくれました。活気もありますし、近走はもうひとつ結果を出すことが出来ていませんが、展開が上手く嵌れば終いはしっかり脚を伸ばしてくれる馬ですから、状態の良さで変わり身を見せてほしいところです」(4/27近況)

助 手 26栗坂良 54.8- 40.4- 26.7- 13.5 強目に追う サンライズワールド(古1000万)一杯に0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都3日目(04月29日)
12R 4歳上1000万下
サラ ダ1800メートル 指定 混合 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タイマツリ 牡6 54 森裕太朗
1 2 ガンコ 牡4 57 小牧太
2 3 ロイヤルパンプ 牡5 57 松若風馬
2 4 フィエルテ 牝5 53 城戸義政
3 5 サンライズワールド せ7 55 荻野極
3 6 モルゲンロート 牡4 57 古川吉洋
4 7 トウショウコマンチ 牡4 57 鮫島良太
4 8 ワンダーアビルマン 牡4 57 和田竜二
5 9 ダノンレーザー 牡4 57 川田将雅
5 10 スマイルフォース 牡5 57 松山弘平
6 11 ロバストミノル 牡4 57 池添謙一
6 12 マイネルボルソー 牡6 57 幸英明
7 13 ヴィッセン 牡6 57 浜中俊
7 14 メイショウバッハ 牡4 57 藤岡康太
8 15 ディグニファイド 牡5 57 川島信二
8 16 カフジナイサー 牡4 54 富田暁

○石坂師 「リフレッシュして、体調はいいよ。末脚の生きる展開なら上位に来てもおかしくないが」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

持ち時計がないので、速い決着を要求されると、どうしても着を落としてしまうヴィッセン。また、年齢・キャリアを重ねたことでズブさが以前よりも増しています。

それ故、前走のダ2400mという距離は魅力に映ったのですが、後方から少し着順を押し上げただけの12着。気の小さいところがあるので、どうしても関東へ輸送すると、馬体を大きく減らしてしまいます。そろそろ慣れても良いのですが…。

前走後はNFしがらきへ。節を稼がないと使えないので、凡走してしまうと、1戦だけで即放牧に出されてしまいます。負の連鎖です。レースで力を出し切っていないので、それほどダメージはないとは思うのですが、状態が戻り切っていないように思います。今回に関しても、同じようなことが言えます。ビシビシやれていないし、最終追いの坂路は先着したとはいえ地味な内容。トーンは上がってきません。

『末脚の生きる展開なら…』ということですが、目立つ脚を使える馬ではないですから、勢いのある差し・追い込み馬には叶わない筈。展開だけでなく人気馬が揃って凡走してくれないと、上位進出は厳しいと言わざるを得ません。何か次走以降に繋がる爪痕を残して欲しいのですが…。

2017年4月20日 (木)

シルクなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都4月29日・ダ1800m(浜中J)

担当助手「19日にCWコースで追い切りました。先週に引き続き長めからしっかり時計を出しましたが、追い出すまではフワッと折り合い付いて、仕掛けに入るとグッとハミを噛んでしっかり反応してくれました。重い馬場でも堪えることなく良い動きをしていましたし、1週前としてはとてもいい具合に仕上がってきていると思います。短期放牧を挟んだことで、馬体も回復していますし、今度は輸送が短い京都ですから、いい状態で競馬に臨めると思いますよ」(4/19近況)

助 手 19CW重 82.7- 68.0- 53.8- 40.4- 12.5 馬なり余力 ブルベアバック(三未勝)一杯の外クビ先着

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター
・次走予定:東京5月7日 NHKマイルカップ・G1(中谷J)

矢作師「賞金的にNHKマイルカップに使えるかどうか微妙なラインなので、相手の動向をチェックしていますが、今の段階ではギリギリ入りそうな感じです。急に回ってくる馬も出てくるかもしれませんが、何とか入ってほしいところです。この中間も状態は変わりありませんし、使いつつ気配は上向いてきているので、何とか一発を狙いたいですね。週末あたりから時計を出し始めていきたいと思います」(4/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の京都戦を予定しているヴィッセンは今週もCWでの追い切り。重い馬場でもしっかり動けているのは○。冴えない結果が続いていますが、今回あたり変わり身を見せてくれないかな?

NHKマイルCを予定しているナイトバナレット。出走できるかどうか微妙なところみたいですが、マイルに適性がありそうだった皐月賞1・2着馬が日本ダービーへ直行するのはラッキー。桜花賞馬もオークスへ向かうようですし。今週末に登録馬が分かるので、何とか滑り込んで欲しいです。

2017年4月15日 (土)

シルクなお馬さん(古馬1000万下・入厩組)

Photo_3 ディグニファイド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り
・次走予定:福島4月22日・花見山特別(川島J)

斉藤師「12日にCWコースで追い切りました。いつもなら馬場に入ると掛かり気味にスピードが乗っていくのですが、今回はいつにもなくゆったり入っていけましたね。この中間からメンコを着用していることが影響しているのか、落ち着いて調教が行えるようになっているのはいい傾向だと思います。その反面、いつも以上に負荷が掛からないことで、馬体重がなかなか絞れにくくなっているので、少し調教量を上げていかないといけませんね。4月22日の福島・花見山特別を前走に引き続き川島騎手で向かう予定で」(4/13近況)

助 手 12CW不 89.0- 72.7- 56.5- 40.9- 12.7 強目に追う レッドアルティスタ(古1000万)稍一杯の内に2.6秒先行0.2秒遅れ

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都4月29日・ダ1800m(浜中J)

石坂師「今週は長めから時計を出したかったので、12日にCWコースで追い切りましたが、馬なりでサッと行った程度にしては良い動きをしていました。太目感なく、シャープな体つきをしていますし、活気があって状態は良さそうです。再来週の競馬を予定しているので、この調子で調整していきたいと思います」(4/5近況)

助 手 12CW不 90.0- 74.3- 58.6- 44.0- 14.1 馬なり楽走 サンライズワールド(古1000万)楽走の外クビ先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今月の出走を予定しているディグニファイドとヴィッセンの2頭。ひとまず順調に調整はできていると思います。

未定だったディグニファイドの鞍上は引き続き川島Jに決定。結果は出ていませんが、癖を知っている騎手に乗ってもらうのは悪くありません。少し馬体の余裕はあるようですが、週2本時計を出していけば、福島への輸送と合わせて良い感じに仕上がるかと。落ち着きを同時に求めるなら、気分転換を兼ねてプール調教を取り入れても良いのかなと思います。

ヴィッセンは珍しくCWコースで併せ馬を消化。長めからやりたいという意向があったようですが、もう少し負荷を掛けて欲しかったなあというのが本音。ズブさを和らげる意味でも、この馬には稽古でピリッとさせた方が良いように思います。前走で大きく減らしてしまった馬体の回復が遅れているのかな?

2017年4月 7日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組)

Photo_3 ディグニファイド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り
・次走予定:福島4月22日・花見山特別(ダ1700m)

斉藤師「5日にCWコースで追い切りました。先週末に坂路で時計を出し、今週はコースで長めから行いましたが、必要以上にムキになることもなく、最後もこの馬なりにしっかり走ってくれました。短期放牧を挟んでいることで、落ち着きを保っていますし、雰囲気としては悪くないですね。このまま順調に仕上がれば4月22日の福島・花見山特別を本線と考えていますが、川島騎手の都合が付かないかもしれないので、その場合は違う乗り役を探そうと思います。ゲートに難がある馬ですから、出来るだけしっかり構えられる騎手の方がいいので、なるべく早めに決めたいと思います」(4/5近況)

助 手 2栗坂稍 55.9- 41.2- 27.6- 13.9 馬なり余力
助 手 5CW良 83.3- 67.5- 53.3- 39.7- 13.5 一杯に追う

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで5日に時計
・次走予定:4月16日の中山・ダ1200m(C.ルメールJ)

国枝師「5日に坂路コースで時計を出し、併走馬に先行し同入しています。終始馬なりでしたが、時計は出ていますし、いい動きでした。来週の競馬に向けて態勢が整いつつあります。右前・左トモの状態も許容範囲です。鞍上はルメール騎手に依頼しました」(4/6近況)

助 手 5南坂良 52.2- 37.7- 24.4- 12.2 馬なり余力 バーディーイーグル(古オープン)馬なりに0.4秒先行同入

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路で追い切り
・次走予定:京都4月29日・ダ1800m(浜中J)

石坂師「5日に坂路で追い切りました。14-14ぐらいで上がってくるように指示を出していましたが、その通りの時計で上がってきています。前走後は無理をせずに短期放牧に出して、放牧先で緩めないように乗り込んでもらっていましたが、太目感がなく、スマートな体つきで戻ってきていますから、これならすぐに態勢が整うと思います。このまま順調に仕上がるなら、4月29日の京都・ダ1800mに向かいたいと思うので、徐々にピッチを上げていきたいと思います。ジョッキーは浜中騎手にお願いしています」(4/5近況)

助 手 5栗坂良 56.0- 41.5- 27.5- 14.1 馬なり余力 ハリー(古500万)馬なりに0.1秒先行0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

川島Jとのコンビを優先するのかなと見ていたディグニファイドですが、福島戦を優先することに。関西の騎手にこだわらず、関東の騎手にも視野を広げて、次走のパートナーを見つけて欲しいです。個人的には未勝利戦を勝ったときのパートナー・勝浦Jとのコンビを見てみたいです。

ウォリアーズクロスは坂路オンリーの調整。尚且つビシビシと調教をやることはできませんが、5日の追い切りはなかなかの動き。追い切りを重ねて、だいぶ下地が整ってきたんでしょう。ウィークポイントの右前・左トモは小康状態。このまま反動なく更に良化を遂げて来週の復帰戦へ臨みたいです。ルメールJが乗ってくれるのも楽しみです。

ヴィッセンは5日の坂路で帰厩後の初時計をマーク。スッキリした馬体で戻ってきたようなので、仕上げには手間取らないでしょう。ただ、ここ3走が案外な着順で内容もよくありません。関西圏での競馬で巻き返して欲しいも…。

2017年4月 4日 (火)

31日に栗東・石坂厩舎へ戻っています。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:31日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

石坂師「31日の検疫で帰厩いたしました。放牧先では緩めずしっかり乗り込んでもらっていましたので、復帰戦に向けて仕上げに入っていきたいと思います。具体的な予定は決めていませんが、このクラスの条件は毎週番組があるので、追い切りの感触を確かめてから検討したいと思います。馬体重は495キロです」(3/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

膝の腫れでNFしがらきへ出たインペリオアスールと入れ替わるように、ヴィッセンは31日に帰厩。牧場では良い感じで攻めを積んでいたので、スムーズに追い切りへ移行できることでしょう。

復帰戦については現段階で未定ですが、石坂師のコメントから関西圏のダ1800mを使っていくことになりそうです。年齢を重ね、停滞している現状ですが、走ることへの前向きな気持ちを引き出すような調整・工夫を考えていって欲しいです。

2017年3月28日 (火)

シルクなお馬さん(石坂厩舎)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神4月1日・ダ1800m(中谷J)

助手「23日に坂路で追い切りました。14-14ぐらいのところでしたが、併走馬と同じぐらいの脚色でした。動き自体は悪くありませんが、ひと叩きした割にはもう一つピリッとしてこないですね。前走後、初めての追い切りとあって、その反動で左肩に筋肉痛の症状が窺えましたが、上がりの歩様はそこまで気になりませんから、時間が経てば治まってくるでしょう。状態が変わりなければ週末に時計を出して、来週の競馬に備えたいと思います」(3/23近況)

助 手 23栗坂重 58.0- 43.1- 28.4- 14.1 馬なり余力 トップノート(古1000万)馬なりに0.2秒先行クビ遅れ

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

騎乗スタッフ「先週からハロンペースを上げていますが、その後も順調に進めることが出来ていたので、今週から週に2回のペースでハロン15秒の調教を開始しています。調子が上向き、覇気もだいぶ戻ってきましたので、このまま登坂回数を重ねながら帰厩に備えたいと思います。馬体重は495キロです」(3/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末のレースを予定しているインペリオアスールですが、土・日に時計は出さず。コズミの解消を図っているようですが、週中のひと追いで態勢が整うかとなると…。また、こんな状態なので、レースでの変わり身を期待するのはちょっと酷かもしれません。

ヴィッセンは帰厩へ向けての調整を加速中。暖かい季節を迎えて状態は間違いなく上向いています。ただ、それが結果に結びつくかは別問題。年齢を重ねてズブさを増し、レースでのパフォーマンスが停滞しているので。

2017年3月22日 (水)

シルクなお馬さん(6歳上・ディープインパクト産駒)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「乗り出してからは順調そのもので、状態も変わりなく来ていたことから、この中間から坂路調教を取り入れました。現在はハロン17秒ぐらいのペースですが、乗った後も変わりなく来ていますし、このまま徐々にハロンペースを上げながら体を引き締めていきたいと思います。馬体重は512キロです」(3/17近況)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15~17秒

厩舎長「順調に乗り込めていたことから、この中間からハロンペースを上げ、17秒から速い日は15秒まで脚を伸ばしています。体もふっくらとし、良い頃の状態に戻っているので、このまま帰厩に向けて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は493キロです」(3/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは順調にメニューを強化中。坂路でも乗り出しています。どこを目標にしているかハッキリしませんが、内面強化に努めてもらえればと思います。

ヴィッセンは速い調教を織り交ぜながらの調整。状態は上がっていますが、レースへ使うには相応の間隔が必要となるので、もう少し待たされることになるでしょうか。それでも緩めることなく乗り込んでいって欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ