2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ヴィッセン」の381件の投稿

2020年3月27日 (金)

シルクなお馬さん(中山・湾岸S出走予定馬)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日にCWコースで追い切り
・次走予定:中山4月4日・湾岸S(坂井瑠J)

斉藤崇師「24日の普通キャンターが自然と速くなってしまいましたが、それだけ状態が良いということだと思います。25日にクロノジェネシスと併せて時計を出しましたが、最後まで楽な手応えでしたし、この馬なりにしっかり動いていましたよ。調教後はやや脚元に浮腫みが見られますが、これは以前からあるものですし、その日のうちに治まるので、気にしなくて良いと思います。レース1週前としてはしっかり動けていますし、今の状態を維持しながら来週のレースに備えて行きたいと思います」(3/25近況)

助 手 24栗坂良 57.7- 42.7- 27.8- 13.6 馬なり余力
助 手 25CW良 82.2- 66.7- 51.7- 38.5- 12.2 馬なり余力 クロノジェネシス(古オープン)末強めの外先行0.2秒遅れ

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで時計
・次走予定:4月4日の中山・湾岸S(津村J)

武市師「19日に予定通り坂路コースで軽く追い切ったのですが、硬さがなくて良い走りでしたし、とても落ち着きがありました。その後も問題なく進められたことから、今週は25日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。ハッキング時から良い雰囲気で、実際に速めのところを行っても、非常に良いキャンターをしてくれています。暖かくなってきたことで引き続き硬さは見られず、来週の湾岸Sにこのまま良い状態で向かいたいですね。なお、鞍上は津村騎手に依頼しています」(3/25近況)

調教師 22美坂良 56.7- 41.6- 27.5- 13.7 馬なり余力
調教師 25美坂良 52.8- 38.1- 24.7- 12.4 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の中山・湾岸Sへ出走を予定している2頭の近況をまとめて。

ヴィッセンは24日のキャンター調教も時計になるぐらい元気一杯。そして25日は来週の大阪杯への出走を予定しているクロノジェネシスとの併せ馬。映像を確認しましたが、かなり大きく先行する形になりましたが、馬場の大外を馬なりでサラッと。遅れる形になりましたが、これは気にする必要はありません。状態に関しては引き続き高いレベルで安定していると言えるでしょう。

帰厩後の初時計が良かったグランドサッシュは引き続き良好な動きを披露。暖かくなってきたことで硬さがマシになってきたんでしょう。25日の坂路では強めの脚色で負荷を掛けることが出来ているのは好感です。鞍上は引き続き津村Jを予定しています。状態の良さを生かして、右回りの芝2200mでも頑張ってもらいたいです。また、同世代のヴィッセンにライバル心を持って欲しいです。

2020年3月22日 (日)

次走の鞍上は引き続き坂井瑠Jが跨ってくれることになりました。☆ヴィッセン

202002_20200322042601

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日にCWコースで追い切り
・次走予定:中山4月4日・湾岸S(坂井瑠J)

斉藤崇師「18日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線でクロノジェネシスと併せましたが、最後まで楽な手応えで良い動きをしていましたよ。道中はやや力みが見られましたが、それ以上はムキになることもなく抑えが利いていました。前回よりも硬さがなく、良い状態を維持しているので、再来週のレースに向けて負荷を掛けて行きたいと思います。なお、ジョッキーは引き続き坂井瑠星騎手に依頼しています」(3/19近況)

助 手 15栗坂良 57.1- 42.3- 28.3- 14.4 馬なり余力
助 手 17栗坂稍 61.4- 44.7- 29.4- 14.7 馬なり余力
助 手 18CW良 83.8- 67.3- 52.2- 38.3- 12.2 馬なり余力 クロノジェネシス(古オープン)馬なりの外0.9秒先行0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

14日に帰厩したヴィッセンは早速3本時計をマーク。その中で18日は大阪杯を予定している厩舎の看板馬クロノジェネシスとの併せ馬を敢行。大きく先行してことで最後まで交させませんでしたが、ラスト12秒2でまとめているように軽快な動き。少し力みが感じられるのは前向きさがあると考えたいです。本数を更に重ねていけば、良い意味でのガス抜きが出来るでしょうし。

未定だった鞍上ですが、引き続き坂井瑠Jが跨ってくれることに。当日、中山では重賞が組まれているので矢作厩舎から連れていく馬がいるのでしょう。前走はテン乗りながら上手にヴィッセンの力を引き出してくれたので、競馬場は変わりますが、次走でも存分にヴィッセンの渋太さを引き出してもらえればと思います。そしてヴィッセンには関東圏に輸送してもカイバを食べてくれるようにお願いしたいです。

2020年3月15日 (日)

14日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ヴィッセン

202003_20200311042701

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき/14日に栗東トレセンへ帰厩予定
・次走予定:中山4月4日・湾岸S
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「引き続き良い状態を維持しており、元気よく坂路を駆け上がっています。この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、馬体の張り・艶は良いですし、活気があって動きもいいですよ。14日の検疫でトレセンに帰厩することが決まりましたが、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は523キロです」(3/13近況)

⇒⇒14日に栗東トレセンへ帰厩しています。(14日・最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走で中山・湾岸Sへ出走することが決まったヴィッセンはレースから逆算する形で14日に栗東へ。昇級戦の京都・松籟S2着後も順調に乗り込みを重ねることが出来ていたので、9歳ながら肌艶の良さ・馬体の張りは上々。長い間、良い状態をキープしてくれています。

ただ、長距離輸送をするとカイバを食べなくなってしまうヴィッセン。その為、最近は京都か阪神しか走っていません。年齢を重ねても、どうも輸送下手は改善の見込みがなさそう。一応、輸送で減ることを見越し、いつもより10キロほど太めで厩舎には戻しているようですが、レース当日どういう精神状態になっているのかなあ…。

2020年3月 9日 (月)

引き続き、活気ある動きを見せていることから、次走が来月4日の中山・湾岸Sに決まりました。☆ヴィッセン

202001_20200309114001

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中山4月4日・湾岸S
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、変わりなく進められていますし、元気も良いですよ。良い意味で体調も変化がなく、好調期間が長いですね。次走の予定について斉藤崇師と相談したところ、4月4日の中山・湾岸Sを目標にトレセンへ帰厩する方向で話し合っています。馬体重は520キロです」(3/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンはこの中間もハロン15秒の調教を悠々とこなして元気一杯。昇級戦で2着に激走した疲れ・反動は皆無と言えるほど。9歳になりましたがまさかの充実期です。

ただ、長距離輸送をするとカイバを食べないという繊細さを持っているので、レースは関西圏限定になってくるのは承知していましたが、斎藤崇師と次走の相談をした結果、来月4日の中山・湾岸Sへ向かうことに。中山・芝2200mは外回りになるので、京都や阪神の芝2400mに近いイメージで乗れるかもしれませんね。あとは9歳になっても長距離輸送という弱点が応えてしまうのかどうかだけ。この問題をクリアできれば、もっとレース選択の余地が出てくるのですが…。

2020年3月 3日 (火)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「角馬場で時間を取るようにしてから、だいぶ左にモタれる癖が解消されてきましたし、左トモの疲れも今では気になりません。この中間も坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、この調子ならペースアップしても問題ないでしょうから、徐々に負荷を掛けて行きたいと考えています。馬体重は511キロです」(2/28近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「こちらに戻ってきた後も良い状態をキープしていましたので、先週末から調教を開始しています。乗り出した後も変わりないですし、週半ばから坂路で15-15までペースを上げみましたが、良い手応えで登坂してくれました。具体的な番組が決まるまでこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は518キロです」(2/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左トモの疲れが抜けてきたことで、ナイトバナレットは左にモタれる癖も解消してきた様子。引き続き普通キャンターでの乗り込みに止めていますが、そろそろペースアップ出来そう。早くダートを試して欲しいですし、1日でも早い帰厩をお願いします。

昇級戦でいきなり2着と頑張ってくれたヴィッセンですが、レース後の疲れもさほどなく、調教を再開後は順調にペースアップ。既にハロン15秒のところを乗られているので、20日の阪神・尼崎S(ハンデ・芝2200m)へ向かうのかな? それとも定量戦となりますが、来月19日の阪神・御堂筋Sへ備えるのか。まあ、近々どちらへ向かうのかハッキリするかと思いますが、個人的には前者へ間に合わせて欲しいです。

2020年2月20日 (木)

昇級戦ではさすがに厳しいと見ていたも、前走の快勝劇を再現するかのレース運び。残り200mで抜け出した時には押し切れるかなと一瞬思うも、最後は勝ち馬の地力に捻じ伏せられて2着。タフな馬場はホント上手。☆ヴィッセン

2020022

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都10R 松籟S(芝2400m)2着(8番人気) 坂井瑠J

今回もブリンカーを着用しています。互角のスタートから二の脚を活かして好位2番手を追走。3~4コーナーで先頭に並び掛け、最後の直線で先頭に立つとそのまま粘り込みを図りますが、ゴール直前で差し切られ、昇級戦は惜しくも2着に敗れています。

坂井瑠星騎手「前走のようなレースをしようと心掛けていましたが、無理せず2番手に取り付けられましたし、勝負どころでは良い手応えで上がっていくことが出来ました。手応えから仕掛けをもうワンテンポ遅らせることも考えましたが、待ってもジリジリとしか伸びないと思い、強気の競馬をしました。結果的にゴール手前で脚が上がってしまいましたが、この馬の能力はうまく引き出せたのかなと思います。今の京都の馬場が合っているのかもしれませんが、昇級戦としては良く頑張ってくれたと思います」

斉藤崇史調教師「昇級戦でもありましたので、そこまで強気なことは言えませんでしたが、メンバーが揃っていた中で自分の競馬が出来ましたし、見せ場は作れたかなと思います。ハンデも有利に働いたと思うので、別定戦になった時にどうなるか半信半疑なところがありますが、このクラスでも条件が嵌ればやれることが分かりました。短期放牧を挟んだとはいえ、前走から強行軍でもありましたので、トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取る為に放牧へ出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

2番手から。4角を回り込んで先頭へ立った後、残り1ハロンでは2馬身ほどのリードがあった。ラストでトーセンカンビーナの強襲に屈したが、早めスパートの形で好走。適度に時計を要す今開催の京都芝が合う。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:19日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく、体調も問題ありませんでしたが、予定通り放牧に出しました。次走の予定につきましては、牧場で馬の状態を確認しながら考えて行きたいと思います」(2/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

A.シュタルケJの完璧なレース運びで久々の勝利を得たヴィッセン。再度同舞台だったので、淡い期待はありましたが、相手関係に目を遣ると前走からの強化は明らかだったので昇級の壁が待っているのかなと考えていました。

隣りのトーセンカンビーナがゲート内で煩く、それに釣られて出遅れないか心配でしたが、ポンとゲートを出るとスッと2番手をキープ。先手を奪うと思われたエーティーラッセンに微妙にプレッシャーを掛けつつ、ヴィッセンは気分良く追走できていたと思います。その後は特に目立った動きはなく、3角の坂の下りからジワッと先頭へ並び掛けていき、4角を回って直線へ向いたところで早くも先頭へ。ここまでは前走の走りを見事にコピー出来ていたと思います。

先頭へ躍り出たヴィッセンは後続を待たずに早めスパート。残り200mぐらいで後続を少し突き放した時は『やったか…』と思いました。ただ、残り100mぐらいからがゴールが長くて…。さすがに脚が上がっていましたが、懸命な粘り込み。タフな馬場だったのでそれでも押し切れるかなと思ったのですが、勝ったトーセンカンビーナはこういう馬場もさほど苦にすることなく、最後は地力の差・決め手の差で捻じ伏せられてしまいました。

それでも昇級戦に臆することなく、自分の競馬に徹することが出来たヴィッセンは立派の一言。テン乗りだった坂井瑠Jはヴィッセンの特徴をしっかり把握して乗ってくれたと思いますし、久々の勝利をもたらした前走の走りが良い手本となってくれました。

レース後のヴィッセンですが、馬体のチェックを済ました後、19日にNFしがらきへ放牧に出ています。まずはタフな馬場で激走した疲れを取り除くことに全力を注いでもらえればと思います。

9歳にしてOP入りという偉業まであと僅かでしたが、個人的にはOPや重賞ではさすがに辛いと思うので、まだまだ息長く活躍してもらいたいという観点ではこの2着はベストだったかなと思います。ベストはハンデ戦でしょうが、関西圏の芝2400mに照準を合わせ続け、定量戦でも頑張ってもらいたいです。

2020年2月15日 (土)

完璧な立ち回りを見せた前走と同舞台。昇級の壁にぶち当たるかもしれませんが、失速を恐れずに前走の競馬ぶりを再現することに徹して欲しい。雨の影響が残り、時計の掛かる馬場になってくれれば好都合。★ヴィッセン

202001_20200215040301

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都10R 松籟S(芝2400m)7枠10番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り

斉藤崇師「12日にCWコースで追い切りました。大成(団野大成騎手)に感触を確かめてもらったところ、『良い頃の走りと比較すると、ややフォームが小さく感じましたが、追い出しに掛かると良いフットワークで、自らハミを取って進んで行ってくれました。体のバランスも良く、ハミに頼ることもなかったので、状態は良いなと感じました』と言っていました。大きな上積みはないですが、この馬なりに良い状態を保っているので、後は昇級戦でどれだけ力が通用するかですね。前走はこれまでの中で一番と言っていいぐらいのレースでしたから、坂井瑠星騎手には同じような競馬をオーダーしようと思っています」(2/12近況)

団 野 12CW良 84.8- 68.1- 52.9- 38.5- 12.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回京都5日目(02月15日)
10R 松籟S
芝2400メートル 4歳上3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 スズカルパン 牡11 52 岩田望来
2 2 スヴァルナ 牡5 56 A.シュタルケ
3 3 ミスマンマミーア 牝5 53 池添謙一
4 4 バラックパリンカ 牡4 55 和田竜二
5 5 ヘリファルテ 牡6 56 松山弘平
5 6 エーティーラッセン 牡6 55 四位洋文
6 7 アドマイヤアゼリ 牡6 54 北村友一
6 8 マスターコード 牡6 56 幸英明
7 9 トーセンカンビーナ 牡4 55 藤岡康太
7 10 ヴィッセン 牡9 54 坂井瑠星
8 11 タイセイモナーク 牡4 54 川田将雅
8 12 エクセレントミスズ 牡7 52 国分恭介

○斉藤崇師 「前走はジョッキーがうまく乗って、いい勝ち方をしてくれました。体調はいい意味で安定。あとは3勝クラスでどうかでしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の京都・睦月賞で4年4ヶ月ぶりの勝利を挙げたヴィッセン。9歳という年齢を考えるとホント頭の下がる思いですが、好発から2番手追走→4角先頭で押し切るといったレースぶりは着差以上に強かったですし、この内容なら「昇級しても…」と淡い期待も持たせてくれました。

前走後はその足でNFしがらきへ放牧。そしてレースからちょうど1週間後には帰厩と慌ただしく動きましたが、すぐに時計を出すことが出来たように状態は悪くなさそう。ただ、良い頃と比べると、寒さや目に見えない疲れからかフォームが少し小さくなっている様子。追い切り後のケア等でどこまで前走時のデキに近づくことが出来ているか…。

また、先週の京都の芝は速い時計が出るように戻っていました。今週も同じ傾向なら辛いところですが、週中の雨でそれは回避できそう。時計の掛かる芝(良・稍重)はヴィッセン向きの馬場といって支障はない筈。前走で完璧に乗ってくれたA.シュタルケJは先約があって乗りませんが、個人的に最近相性の良い坂井瑠Jが乗ってくれるのは楽しみです。レースとすれば、前走を完コピするように積極的な立ち回りで後続に切れる脚を使わせないこと。格上の日経新春杯(G2)で渋太く粘り込んだエーティーラッセンを絶好の目標として、ヴィッセンと坂井瑠Jには失速を恐れずに立ち向かって欲しいです。あとは最後の直線でどこまで辛抱できるかどうか。

1つクラスが上がっただけですが、実績の差は感じるので、昇級の壁に泣く結果に終わるかもしれませんが、結果は現状の実力だと素直に受け入れ、次走以降で巻き返せるように前向きに考えていくしかないと考えてはいます。まあ、何はともあれ昇級してもビビることはないので、自分の競馬に徹してもらうのみです。出来れば、5着までに踏み止まってくれれば。

2020年2月 8日 (土)

シルクなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都2月15日・松籟S(坂井瑠J)

斉藤崇師「5日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線でソニックベガと併せましたが、やや遅れはしたものの、この馬なりに伸びていたのでレース一週前としてはしっかり負荷を掛けることが出来ました。前走後はそのまま短期放牧に出して馬体のケアを行ってもらいましたが、戻ってきた後も変わらず気配が良いですし、これなら昇級戦でもしっかり力を発揮してくれそうですよ。なお、ジョッキーは坂井瑠星騎手に依頼しています」(2/5近況)

助 手 5CW良 89.1- 71.9- 55.9- 40.5- 11.8 直強め余力 ソニックベガ(三未勝)直強めの外0.6秒先行アタマ遅れ

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月1日・阪急杯(G3)・北村友J

安田隆師「6日に坂路で追い切りました。馬なりで感触を確かめる程度に抑えましたが、動き・反応ともに良かったですし、歩様の硬さも感じられません。馬体にまだ余裕がありますが、乗り込んでいけば引き締まってくると思うので、このまま負荷を掛けて行きたいと思います。なお、ジョッキーは引き続き北村友Jに依頼しています」(2/6近況)

助 手 6栗坂良 55.8- 40.8- 26.3- 12.8 馬なり余力

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:CWコースでキャンター
・次走予定:小倉2月15日・ダ1700m、もしくは小倉2月16日・ダ1700m

中内田師「馬場が良ければ6日に時計を出そうと思っていましたが、雪が降っていたので、滑ってしまうといけないと思い、普通キャンターで調整し、週末に追い切る予定です。前走後も気持ちが逸れることもなく、馬の雰囲気がいいので、長距離輸送に備えて今の状態を維持しておきたいと思います」(2/6近況)

助 手 7CW良 88.0- 71.1- 54.7- 39.6- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定しているヴィッセン。使って間もないため、追い切りでは余力を残して追われていますが、動き自体は良好。1週間足らずでも放牧を挟んだことは良い方へ出ていると思います。また、次走の鞍上は坂井瑠Jに決定。ブリンカーを装着している馬ですが、乗り難しさはないので手替わりは問題ないでしょう。最近、我が厩舎に良い成績をもたらしてくれている騎手ですし、前走の競馬を昇級戦でも当てはめてもらえればと思います。

ダイアトニックは帰厩後初めての追い切りを消化。サラッと流した程度ですが、反応等は良く、歩様の硬さも感じないとのこと。一息入れた効果は感じられますし、この馬自身もじわじわ体質強化が図られているのかなと思います。また、次走の鞍上は引き続き北村友J。脚の使いどころを熟知してくれているので頼もしい限り。実績のある距離なので結果を求めたいですが、阪神・芝1400mは未経験。内回りになりますし、どう捌いてくることが出来るかが1つポイントでしょう。

ベルラガッツォは来週の小倉戦を予定。馬場を考慮して7日にCWコースで追われましたが、上がり重点ながらビシッと。久々+去勢明けの1戦を経て、じんわり上昇しているかなという印象です。デキが悪くなっているということは間違いなくありません。先行策が生きる小倉のダ1700mは悪くないでしょうが、逃げにこだわり過ぎると激流に巻き込まれて失速するシーンも。個人的には早めに砂を被らせ、好位~中団で脚を溜めてる形をモノにさせたいです。

2020年2月 4日 (火)

1日に早速帰厩。次走は15日の京都・松籟Sを予定しています。☆ヴィッセン

202001_20200204043901

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき/2月1日に栗東トレセンへ帰厩予定
・次走予定:京都2月15日・松籟S
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「レース後はそのままこちらへ戻ってきましたが、状態を確認したところ、目立った疲れはなく、それ以外にも気になるところはありませんでした。斉藤崇師から問題なければ2月15日の京都・松籟Sを目標に緩めず乗り込んでおくように指示が出ているので、週半ばから坂路で乗り出しています。2月1日の検疫でトレセンへ戻ることになりましたが、硬さはなく、元気も良いので、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は505キロです」(1/31近況)

⇒⇒1日に栗東トレセンへ帰厩しています。(1日・最新情報より)

助 手 2CW良 72.2- 56.4- 42.3- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

京都の睦月賞を勝った後、厩舎へ戻らず、そのままNFしがらきへ放牧に出ていたヴィッセン。31日の最新情報でトレセンへ帰厩予定と出た時は、故障でも見つかったのかなとドキッとしたのですが、その後の近況報告では想定外の帰厩の知らせ。レースを勝った時点ですぐ放牧に出ていたのは、次走を見越してのものだったようです。

早速、2日に時計をマークして元気いっぱいのヴィッセン。昇級戦となりますが、快勝した前走と同条件(ハンデ・芝2400m)。斤量もおそらく同じ54キロでの出走となるのかなと思います。さすがに連勝は欲張り過ぎだと思いますが、前走のリプレイのように走ってくれれば、見せ場は作れる筈。まだまだ年齢を感じさせない若さを保つだけに、いずれは3勝クラスも突破して欲しいです。

2020年1月31日 (金)

馬場を味方に気分良く先行できれば大崩れはないと見ていたも、好発から2番手をキープして4角手前で早くも先頭へ。直線でも手応え通りに脚を伸ばしての快勝。鞍上の完璧な騎乗ぶりにもビックリ。☆ヴィッセン

202001_20200131062401

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都9R 睦月賞(芝2400m)優勝(5番人気) A.シュタルケJ

今回もブリンカーを着用。大外10番枠から互角のスタートを決めると、内の動向を見ながら2番手に取り付けます。3~4コーナーで手応え良く先頭に並び掛け、最後の直線で抜け出すと、最後まで後続馬を寄せ付けることなく先頭でゴールし、約4年4ヶ月振りとなる嬉しい勝利を挙げています。

A.シュタルケ騎手「斉藤崇師から揉まれると良くないと聞いていましたし、長く良い脚を使う馬だと追い切りで感じたので、前で気分よく競馬をしようと考えていました。その通りスッと2番手に取り付けて道中はとてもリラックスして走っていましたし、4コーナー手前で先頭に並び掛けた時は抜群の手応えでしたので、これなら勝ち負けできると自信がありました。最後の直線も思っていた通り、長く良い脚を使って伸びてくれましたし、とても良い競馬でしたね。後で9歳馬と聞いてびっくりしましたが、全く年齢を感じさせない体付きですし、元気いっぱいでしたよ」

斉藤崇史調教師「おめでとうございました。決め手勝負になると分が悪いので、ジョッキーにはなるべく前でレースを運んでほしいとオーダーしていましたが、完璧と言っていいぐらい理想の競馬をしてくれましたね。今年で9歳を迎え、大きな上積みこそないものの、パドックでの周回を見ていても若さを感じましたし、馬体の張り・艶も良かったので展開さえ向けば良い競馬が出来ると期待していました。最初から最後まで安心して見ることが出来るレースでしたし、転厩してからここまで時間は掛かってしまいましたが、一つ勝ち上がらせることが出来てホッとしています。レースを終えた後はそのままノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら相談させていただきたいと思います」(レース結果)

⇒⇒25日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(27日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ブリンカー。大外枠から行きっぷり良く2番手へ。逃げ馬から1馬身ほどのところでスムーズに立ち回る。4角手前で馬なりのまま自然と先頭。そのまましっかり伸びて押し切った。4年4ヶ月ぶりの勝利を挙げる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これから伸びていく人気の4歳馬相手だと分が悪いかなと見ていた一方で、積極的な立ち回りが出来れば大崩れすることはないのかなと見ていたヴィッセン。まさかまさかで勝ち切ってくれるとはビックリ仰天。駆け引きなしに乗れる分、A.シュタルケJの腕力が生きてくれればと思っていましたが、2番手追走から4角手前で早くも先頭へ。そのまま押し切りを図るという完璧な騎乗をしてくれたことにもビックリ。

少頭数の大外枠+縦長の展開というのも大いに味方してくれ、その中で気分良く先行出来たのが何より。3角過ぎからの坂の下りで馬の行く気に任せ進出すると、結果的にそこで後続に脚を使わせてくれました。4角での痺れる手応えを見て、勝ったかなと思いましたが、直線で1頭になった際にソラを使わないかだけが心配に。実際、少しフワフワした走りに見えましたが、鞍上が鞭を入れて修正すると真面目に。最後は2着馬が良い勢いで差を詰めてきましたが、交される心配まではなかったです。

レース後のヴィッセンはトレセンへ戻ることなく、競馬場から直接NFしがらきへ放牧に。一生懸命走ってくれたので相応の疲れ・ダメージはあるかと思いますが、まずはしっかりリフレッシュして昇級戦に備えてもらえればと思います。

今回の勝利は4年4ヶ月ぶりとのこと。前回、どういう内容で勝ったのかすぐに思い出せないほどですが、9歳にしての勝利は立派の一言。条件+展開もカチッと嵌ってくれましたし。ただ、これから3勝クラスで走るとなると、簡単には行かないでしょうし、引き続きハンデ戦を選びながらの出走で少しでも上位を目指していくことになるでしょう。多くを望んだらいけないと思うので、目先の1戦1戦を大事に使ってもらい、1戦でも多く現役生活を送ってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ