2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ヴィッセン」の350件の投稿

2019年8月22日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神9月29日・兵庫特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「負荷を掛けた後も疲れを見せることもなく、良い状態を維持していますよ。引き続き坂路でハロン14秒のペースで乗り込んでいますが、動きがしっかりしてきましたし、力強さも出てきました。9月29日の阪神・兵庫特別を目標に、トレセンへ戻すことが決まりましたので、今の状態を維持しながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は518キロです」(8/16近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15からラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。ペースを上げても息が乱れることもなく、最後まで力強く走っていますよ。飼い葉食いは変わりないですし、良い状態を維持しています。馬体重は493キロです」(8/16近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週末に暑さの影響から疲れが見られましたので、数日間は軽めの運動に控えました。16日から跨って状態を確認しましたが、ひと息入ったことで元気が戻ってきました。どこかでリフレッシュ期間を設けるつもりでしたので、丁度良い時期に気分転換させることが出来ました。飼い葉食いなど問題ないですし、徐々に乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は526キロです」(8/16近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週は軽めの調教メニューに切り替え、馬体のケアを行っていましたが、歩様の硬さは徐々に解れてきたことから、今週からトレッドミルで運動を開始しています。調教後も歩様が悪くなったり、脚元に疲れが出ることもありませんので、状態を見ながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は521キロです」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回阪神での復帰が決まっていたヴィッセンの次走はやはり来月29日の兵庫特別に決定。引き続き暑さが応えることなく、コツコツ乗り込むことが出来ているのは○。帰厩の声が掛かるまでこの調子を維持していってもらえればと思います。

復帰戦は決まっていないも4回阪神での出走へ向け、インヘリットデールも着実に上昇中。夏場にレースを使うのは少ないですが、寒い時季よりは暑い方がやはり合っていそう。2勝クラスで勝てる力は十分あるのですが、詰めの甘さが悩ましいところです。

ダイアトニックは暑さの影響で少しクタッとした姿を見せましたが、素早い処置+余裕を持たせたことで大きな落ち込みには至らず。むしろ良いリフレッシュ期間になったようです。今後も暑さ対策は必要でしょうが、負荷を高めていきながら状態を上げていってもらえればと思います。

歩様の硬さを懸念し、小倉戦をパスして再調整中のインペリオアスール。先週のウォーキングマシンのみの運動から今週はトレッドミルでの運動へステップアップ。ひとまず悪い兆候(歩様が硬くなったり・脚元に疲れが出たり)はありません。これからも段階を踏んでいく必要はありますが、軌道に乗っていって欲しいです。

2019年8月15日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「この中間も坂路で14-14のペースで登坂していますが、元気いっぱいに調教に取り組めており、ヴィッセンなりに状態は良いですよ。斉藤崇師と相談し、第4回阪神開催を目標にトレセンに戻す方向で話し合っています。馬体重は518キロです」(8/9近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

騎乗スタッフ「坂路で乗り出した後も特に問題なく進められており、今後は徐々にペースを上げていこうと考えています。暑さの影響もなさそうですし、良い状態を保っていますので、このままの雰囲気で進めていきたいですね。馬体重は527キロです」(8/9近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「この中間も坂路で乗り込んでいましたが、歩様の硬さは少しずつ解れてきていました。ただ、9月1日の小倉・西日本スポーツ杯に向けて進めるとなると少し急ピッチになることから、渡辺師と相談した結果、予定を白紙に戻し、馬の状態を最優先に進めていくこととなりました。ですから一旦ペースを落とし、今週はウォーキングマシンでこれまでの疲れを取ることにしました。馬体重は520キロです」(8/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑さに弱いヴィッセンですが、今年は調整法が合っているのか元気いっぱい。また、次走について打ち合わせが行われたようで、4回阪神での出走へ。ということは前回述べたように来月29日の阪神・兵庫特別へ向かうことになるでしょう。逆算しながら状態を更に上げていってもらえればと思います。

ダイアトニックは引き続きマイペース調整。スポーツ紙の情報では10月26日の京都・スワンSを次走に予定しているようです。G2戦でハードルは上がりますが、現状、この舞台は最適ですから、OPを勝った勢い+充電効果で臆することなく勝利を掴み取りに行って欲しいです。

インペリオアスールは9月1日の小倉・西日本スポーツ杯を目指す予定でしたが、良化途上の状態では日程的に間に合わないという判断から予定は一旦白紙に。少しずつでも良い方へ向かっているのは確かなので、焦ることなく、良い頃の状態を取り戻してから改めて次走を検討してもらえればと思います。

2019年8月 7日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「坂路で15-15を行っていましたが、順調に進められていましたので、この中間からハロン14秒までペースを上げて負荷を掛けています。暑さの影響を受けることもなく、状態を維持しており、この馬なりに動きは良いですよ。秋の番組が発表されたことですし、次走の予定について斉藤調教師と相談したいと思います。馬体重は511キロです」(8/2近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められています。この中間は坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、落ち着きを保ちながら調教に取り組めています。暑さが段々と増してきているので、コンディションには気を付けながら進めていますが、運動後は飼い葉をよく食べていますし、良い状態を保っているので、この調子で今後のペースアップに備えていきたいと思います。馬体重は526キロです」(8/2近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン15秒
・次走予定:小倉9月1日・西日本スポーツ杯

厩舎長「歩様の硬さがまだ残っていますが、徐々に回復してきましたので、この中間から坂路で乗り出しています。もう少し様子を見ながら進めていきたいと思いますが、このまま順調に進めて行けるようであれば、9月1日の小倉・西日本スポーツ杯を目標にトレセンへ戻す方向で渡辺調教師と話し合っています。馬体重は518キロです」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑い夏の出走を避け、NFしがらきで乗り込みを進めているヴィッセン。クタッとすることなくこの馬なりに好調をキープ出来ているのは頼もしい限り。そろそろ次走について斉藤崇師と打ち合わせを行うようですが、サラッと秋の番組を見たところ、来月29日の阪神・兵庫特別(ハンデ戦)へ向かうことが濃厚かなと思います。

坂路中心に調教メニューを切り替えたダイアトニック。まだ普通キャンター程度で控え目な調整ですが、適度な落ち着きを保ち、暑さが応えている様子は今のところなし。ひとまず良い感じで来ていると判断して良いでしょう。

昇級戦の前走では思っていた以上に動けなかったインペリオアスール。しっかり乗り込んで中身は出来ていたと思ったのですが、展開も厳しかったのが余計に応えたのかな? ただ、歩様に硬さが残っているように暑い時季が良いとは言えないのかもしれません。それでもこの中間から坂路入りを開始。ひとまず来月1日の小倉・西日本スポーツ杯へ向けて調整を進めていくことが決まっています。

2019年7月24日 (水)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、自分のリズムでしっかり走っていますし、元気よく調教に取り組んでいますよ。コンディションも変わらず維持出来ているので、この調子で秋に向けて乗り込んでいきたいと思います。馬体重は505キロです」(7/19近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も問題なく進められていましたので、この中間はより負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。現在は坂路で15-15から、ラスト1ハロンは14秒まで脚を伸ばすようにしています。開始して間もない為に、動きはこれからと言ったところですが、本数を重ねていけばピリッとしてくるでしょう。馬体重は503キロです」(7/19近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「レースのダメージがまだ残っているようで、歩様が少しゴトゴトしています。首から肩にかけて張りが見られるので、おそらくその影響かもしれません。暫くは治療を施しながら軽めの運動に控えたいと思います。馬体重は503キロです」(7/19近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後も疲れを見せることはありませんし、この中間も元気に調教に取り組んでいますよ。以前、骨折した箇所も熱を持つことはありませんし、それ以外も気になるところはありません。帰厩の予定が決まるまで引き続き負荷を掛けて鍛えていきたいと思います。馬体重は507キロです」(7/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンはむし暑さに弱いタイプだと思いますが、今のところはクタッとした面を見せずに乗り込むことが出来ています。ただ、これからも元気な姿を維持できるかとなると正直怪しいので、体調面で不安を感じたら早目に余裕を持たせて欲しいです。

ナイトバナレットは負荷を高めて乗り込み中。攻め駆けするタイプですし、これぐらいなら難なく対応してくれます。あとは本数を重ねていって心身共にシャープさを増していってくれればと思います。こちらは暑さを苦にしないと思うので、夏の新潟で1戦はして欲しいです。

レースを終えてNFしがらきへと移ってきたインペリオアスール。思っていた以上に疲れが出ているのは想定外。ひとまずは軽めの調整に終始し、入念なケアで1日でも早く馬体の疲れを解消できるように努めてもらえればと思います。小回りのダ1700mがベストなので、夏の小倉でレースを行いたいところですが、現状ではちょっと厳しそうです。

ブライトクォーツのタフさにはホント頭が下がる思い。どの季節でも変わりない姿を見せてくれます。そろそろ帰厩の予定が組まれると思うので、この好調さを維持していってもらえればと思います。あとは1つ勝てたことを大いに自信にして欲しいです。

2019年7月16日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「こちらに移動後も特に疲れを見せることはなく、体調も問題ありませんでしたので、先週末から調教を開始しています。また、乗り出した後も変わりありませんでしたので、週半ばから坂路で15-15までペースを上げています。夏場は充電期間に充て、秋競馬を目標に置いているとのことですから、焦らずじっくり進めていきたいと思います。馬体重は504キロです」(7/12近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン17秒のキャンター2本

厩舎長「先週までトレッドミルでの運動に控えて、左前肢の状態が落ち着くのを待っていましたが、獣医師から乗り出しても良いと許可をもらいましたので、この中間から坂路で乗り出しています。ハロン17秒ぐらいのペースで2本乗っていますが、運動後も脚元の状態は変わりありません。もう少し今のペースで乗り込んで、それでも変わりないようであれば、徐々にペースを上げていきたいと考えています。馬体重は500キロです」(7/12近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「夏場は充電期間に充て、秋の競馬を目標にしているとのことですので、この中間も周回コースでじっくり長めの距離を乗り込んでいます。心身ともに良い状態を保っていますし、何の不安もなく進めることが出来ていますよ。いつ負荷を掛けても大丈夫なように引き続き乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は521キロです」(7/12近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も先週と同じ調教メニューで乗り込んでいますが、疲れを見せることもなく、元気いっぱいに調教に取り組んでいますよ。運動後は飼い葉を良く食べていることもあって、乗り込んでいても馬体重が増えているぐらいです。帰厩の声が掛かるまで、この調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は507キロです」(7/12近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後も問題なく進められていましたので、この中間はより負荷を掛けた調教を行っています。現在は坂路でハロン15秒からラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。脚元の状態は気にならないですし、運動後もスッキリしているので、このまま帰厩に向けて進めて行っても問題ないでしょう。良い状態を保っていますが、これから更に蒸し暑くなってくるので、体調維持には気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は506キロです」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後のダメージは思ったほどではなかったヴィッセンは順調に調教メニューを強化中。今のところは元気一杯ですが、暑さに強い馬ではないので、速いところを乗り進めていくとどこかでクタッとしそう。活気の有無についてはよくよく注意してもらい、秋の阪神開催で復帰できるように努めてもらえればと思います。

ナイトバナレットは獣医師の許可を得て、馬場での乗り込みを開始。現在は普通キャンターのところを乗っていますが、反動が出ることなく脚元は落ち着いています。おそらく今後も大丈夫だと思いますが、もうしばらくは土台を築く意味でペースを上げずに乗り込んでもらいたいところ。あとは食欲が旺盛なので、速いところを開始するまではセーブ気味でお願いしたいです。

ダイアトニックは周回コースで長目のキャンターを継続中。京都の芝1400mとの相性が良いだけにスワンSあたりから秋は始動するのかな? また、じっくり進めていくことで体質強化・気性の成長が伴ってきて欲しいです。

ピボットポイントは次の小倉開催での出走が決まっているので、意欲的に調教を消化中。クタッとすることなく馬体重が増えているのは好印象。大事に使ってきたことで馬体面の成長・強化がここにきて感じられるのですが、不真面目な性格が足を引っ張っています。何とも勿体ないです。

ブライトクォーツは暑さに強いイメージはありませんが、持ち前のタフさを発揮して淡々と乗り込み中。具体的な予定はこれからでしょうが、夏競馬中に1度使うことにはなりそう。OPに上がると経験を積んでいく必要はあるでしょうが、飛越が1戦ごとに上達しているのは頼もしい限り。スタミナもしっかり備えたタイプですから。今後、どこまで出世できるか密かに楽しみにしています。

2019年7月 5日 (金)

前走同様に4角を回ってくる時の雰囲気・手応えは良かったも、今回は後続の押し上げも早く、結果的に展開が少し厳しかったかも。定量戦で斤量が4キロ増えたのも粘りを欠いた要因。それでもここ2走のような走りを続けていれば、どこかでチャンスが巡ってくる筈。★ヴィッセン

2019062

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜中京9R 木曽川特別(芝2200m)6枠7番 中谷J

ブリンカーを着用しています。まずまずのスタートから好位2番手でレースを運びます。4コーナー手前で先頭に並び掛け、最後の直線で抜け出しを図りますが、残り200mで力尽き6着に敗れています。

中谷騎手「この馬の持ち味を活かす為に強気の競馬をしましたが、緩い馬場を気にすることもなく、いいリズムで走らせることが出来ました。4コーナーに差し掛かるあたりでは抜群の手応えでしたので、これなら良い競馬が期待できると思ったのですが、いざ追い出すともう一つ伸び切れず、最後は脚が上がってしまいましたね。前走から斤量が4キロ増えたことが最後の伸びに影響してしまったのかもしれません」

斉藤崇調教師「ジョッキーには消極的なレースだけはしないように伝えていましたが、その通り強気の競馬をしてくれたと思います。いい手応えで最後の直線に差し掛かかりましたが、最後は57キロの斤量が堪えた感じでしたね。この馬の持ち味を活かすのであれば、ハンデ戦の方が最後の粘りも違ってきますから、次走はそれを踏まえて番組を検討していこうと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取る為に放牧へ出そうと思っています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出ムチを入れたが、譲って2番手から。向正面から徐々に前との差を詰め、4角で交わして先頭へ。ただ、前走のような粘りはなく、5着に3馬身離されて入線。定量戦で4キロ増。展開も少し厳しかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:3日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認したところ、背腰にやや疲れが見られただけで、目立ったダメージはありませんでしたが、予定通り一旦牧場へ戻させていただきました。今後の予定といたしましては、夏場は休養に充て秋競馬で復帰させたいと考えています。それまではじっくり牧場で英気を養ってもらいたいと思います」(7/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当日、ライブでパドック・レースを見れていないので、どういう雰囲気でレースへ臨めたかは分かりませんが、調整過程を見る限りは中2週のローテでも力を出せる状態にあったと思うヴィッセン。雨模様で馬場が渋ったのは好材料だったと思います。

五分のスタートを切ったヴィッセンは少し気合を付けて前目のポジションを窺い、内のブラックジェイドがハナへ行く意思を示したので2番手へ。これは事前の作戦通りだったと思います。道中は淡々と流れる中、ヴィッセンは手応え良く追走。勝負どころでもズブさを見せることなく、4角を回ってくる時にはまだまだ余力があるように見えました。

そして最後の直線、満を持して追い出されましたが、前走のように一旦引き離すような場面は作れず。前回は前3頭が飛ばす特殊な展開でしたが、今回は全体的に淀みなく流れ、他馬も馬場状態を考慮して前のめりの展開。道中の雰囲気は良かったヴィッセンでしたが、展開が厳しくなったと思います。あとはやはり前走から斤量が4キロ増だったのが、結果の違いに影響があったのは間違いありません。

まあ、それでも強気な競馬で見せ場を作ったヴィッセン。出来れば5着までに入って欲しかったですが、今後もハンデ戦や相手関係に恵まれた時には前走のような結果は得られず筈。フロックではないことは今回の走りが証明してくれたと思います。

レース後のヴィッセンですが、背腰に疲れが残り、相応の疲れはあるようですが、クタッとしている感じはなし。ただ、この時季の蒸し暑さは得意ではありませんし、一旦NFしがらきでリフレッシュされることに。既に3日に移動しています。個人的には夏の北海道シリーズの芝2600mを転戦して欲しかったですが、秋競馬での復帰を目指すとのこと。阪神コースと相性が良いので9月から始動できるようにリフレッシュが叶った後は、緩めすぎることなくコツコツ乗り込みを進めていってもらえればと思います。

2019年6月30日 (日)

中間の調整はひとまず順調。連続して好走する可能性は低そうも、前走の走りがこの馬の持ち味を最大限に引き出す良い手本に。後続を待たない早目スパートで持久力勝負に持ち込んで欲しい。馬場が渋るのは勿論大歓迎。☆ヴィッセン

201906_20190624181601

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜中京9R 木曽川特別(芝2200m)6枠7番 中谷J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日にCWコースで追い切り

斉藤崇師「26日にCWコースで追い切りました。先週しっかり時計を出しているので、終い重点で反応を確かめる程度に行ってもらいました。中谷騎手も感触は良かったと言っていましたし、ヴィッセンなりに良い状態をキープしていると思います。前走のように展開が嵌ればチャンスがあると思いますし、今回も自分のリズムで気分よく先行できれば良いですね。道悪馬場は実績がありますし、他の馬が苦にする分有利になると思うので、前走以上のレースを期待したいですね」(6/27近況)

助 手 23栗坂良 56.9- 42.0- 27.5- 13.8 馬なり余力
中 谷 26CW良 86.5- 70.2- 55.1- 40.8- 12.0 末強目追う
助 手 28栗P良 74.9- 58.6- 43.0- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京2日目(06月30日)
9R 木曽川特別
芝2200メートル 3歳上2勝クラス 特指 混合 定量 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エイシンレーザー 牡4 57 幸英明
2 2 ブラックジェイド 牡5 57 太宰啓介
3 3 フィールインラヴ 牡4 57 鮫島克駿
4 4 サブライムカイザー 牡7 57 和田竜二
5 5 ショパン 牡6 57 松若風馬
5 6 アルファライズ 牝3 51 斎藤新
6 7 ヴィッセン 牡8 57 中谷雄太
6 8 スヴァルナ 牡4 57 川田将雅
7 9 デアリングアイデア 牡5 57 藤井勘一郎
7 10 ミトノグラス 牡6 57 藤懸貴志
8 11 ミスマンマミーア 牝4 55 福永祐一
8 12 タイセイモナーク 牡3 53 西村淳也

○斉藤崇師 「前走は軽ハンデもあったが、積極的な競馬でよく頑張った。持久力勝負の方が持ち味が生きる。今回は定量戦だが、変わらず体調はいいし、時計の勝負がかかる決着なら」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここまで息長く現役生活を続けてきているヴィッセンですが、良いところなく終わった前々走を見ていると8歳という年齢を踏まえて、そろそろ潮時かなとも思ったのですが、阪神で行われた前走は縦長の特殊な流れ+53キロの軽量によるアドバンテージが大きかったとは思いますが、4角で先頭に並びかける強気の騎乗で直線入り口で後続を待たずに早目スパート。残り200m地点では3馬身ほど差をつけていたので粘り込めるかなと思ったのですが、さすがに最後は脚色一杯になってガクンと失速。サトノガーネットに捉えられてしまいましたが2着と大健闘の走り。ヴィッセンの持ち味を引き出すには、まさにこういう競馬というのを荻野極Jが見せてくれました。

前走後は在厩調整を続けて中2週のローテでここへ。暑さに強い馬ではないのでジメジメした気候が足を引っ張る可能性はありますが、追い切りや調整過程を見る限りは大丈夫そう。今回も引き続き荻野極Jに乗って欲しかったですが、現在は北海道に滞在して頑張っているので、今回は中谷Jとのコンビに。同コンビで臨んだ昨年末の尾張特別(今回と同舞台)では7着に敗れるも、逃げの手に出て勝ち馬とはコンマ3秒差。見せ場は十分に作ってくれました。中谷Jも前走の走りは確認しているでしょうから、直線の長い中京コースで仕掛けどころは難しいでしょうが、後続を待つことなく早目スパートでヴィッセンの持久力を存分に引き出して欲しいです。

速い脚を使えないので馬場が渋るのはヴィッセンには大歓迎。不良馬場で2着に来ている実績がそれを証明しています。今回は斤量増になってどこまでやれるかですが、57キロ自体は背負い慣れていますし、応えるということはありません。

ヴィッセンの性格上、連続して好走できる可能性は低いかもしれませんが、前走の走りを良い手本として、失速を恐れずに大胆に今回も乗ってきて欲しいです。

2019年6月22日 (土)

シルクなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日にEコースで時計
・次走予定:中京6月30日・木曽川特別(中谷J)

斉藤崇師「19日に坂路を1本登坂した後に、ゲートから時計を出しました。先週はレースの疲れを取る為に軽めの調整で体調を整えましたが、ヴィッセンなりに元気があって良い状態を保っていますよ。昨年末に同条件に出走した時は、着差ほど負けていなかったですし、自分の形に持ち込めば良い競馬が期待できると思うので、次走もこのままの状態で向かえるように調整していきたいと思います。ジョッキーは中谷騎手に依頼しています」(6/20近況)

助 手 19栗E良 14.1- 15.3 ゲートなり
助 手 21栗坂良 58.0- 43.2- 28.2- 13.8 馬なり余力

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第3回中京開催
・調教内容:19日に坂路コースで時計

高野師「19日に坂路で15-15ぐらいの時計を出しました。馬の雰囲気としては前走後も変わりなく気配は良いですし、コンディションも良好です。馬体を見ると芝でもやれそうかなと思わせますが、普段の調教で自ら跨って感触を確かめると、フットワークはやはりダート馬らしい走りっぷりでした。見合った筋肉が身に付けば、より力強さが増してくるでしょうし、そのあたりはもう少し成長を促して行く必要がありますね。具体的な番組はまだ決めていませんが、来週か再来週の中京で出走させたいと考えています」(6/20近況)

助 手 19栗坂良 60.4- 43.7- 28.9- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは引き続き荻野極Jに乗って欲しかったですが、この夏は北海道で頑張るようなので仕方ありません。中谷Jは昨年末の中京で見せ場たっぷりの競馬をしてくれたので、今回もそれに近いイメージで乗ってくれればと思います。ただ、ジメジメした気候に強くない馬なので、レース当日まで良い雰囲気を保てるかどうかが1つ鍵でしょうか。追い切りはサラッとやる程度で十分かなと思います。

クレッセントムーンは繋ぎが立っている馬ではないので芝でもやれそうな感じはするも、フットワークはダート向きとのこと。馬体がガッチリしてくると距離適性は短い方へシフトしていくのかなと思います。デビュー戦の凡走はソエを気にしていたのが大きいので、今なら左回りも問題ない筈。前走で持ち時計を詰めましたし、次走でも間違いなく好勝負だと思いますが、期待はその次の小倉・ダ1700mかなと個人的には見ています。

2019年6月13日 (木)

条件替わりとハンデは魅力があったも、このメンバー相手では今回も苦戦することを覚悟。特殊な流れになったアドバンテージは大きかったも、積極的な立ち回りで直線を向くと後続を待つことなく早目にスパート。残り200mあたりでは押し切り態勢だったも、最後に力尽きて惜しい2着。☆ヴィッセン

201906_13

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神9R 三田特別(芝2400m)2着(11番人気) 荻野極J

今回もブリンカーを着用しています。まずまずのスタートから3番手に取り付け、後ろを大きく突き放す展開となります。前半1000mを60.8秒で通過し、3コーナーを過ぎたあたりで先頭に並び掛け、直線で抜け出してそのまま粘り込みを図りますが、ゴール手前で差し切られ、惜しくも2着に敗れています。

荻野極騎手「少しペースが速いかなと思っていましたが、消極的なレースだけはしたくなかったので、前2頭を見る形でレースを運びました。普通なら早々に止まってもおかしくない流れでしたが、渋太く頑張ってくれていたので、これなら後続馬を凌いでくれると期待しました。ただ、坂を上がったところでバッタリ止まってしまいましたね。でも、厳しい流れでも2着に踏ん張ってくれましたし、この馬の持久力を存分に活かすことが出来たと思います」

斉藤崇調教師「さすがにペースが速いなと思って見ていましたが、あの展開でも良く2着に粘ってくれましたね。この馬の持ち味を活かすには、これしかないという競馬をしてくれましたし、前走のように控えて持ち味を活かせないまま終わるのだけは嫌だっただけに、荻野騎手の積極策を褒めたいですね。8歳馬でも若々しく、力を出し切ればこれだけの競馬をしてくれますし、今後も良い状態でレースに向かえるように努めていきたいと思います。今後の予定につきましては、トレセンに戻って状態を確認したうえで検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

3番手から。4角では先頭へ並びかけ、早目スパートで自分のレースができたことが大きい。残り1ハロンでは3馬身ほどのリードがあった。ラストサトノガーネットに交わされたが、持久力勝負で持ち味は出している。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:中京6月30日・木曽川特別

斉藤崇師「トレセンで状態を確認しましたが、目立った疲れもなく、体調は変わりありません。このまま続戦しても問題なさそうなので、今週いっぱいは軽めの運動でコンディションを整えたいと思います。乗り出して特に問題なければ、6月30日の中京・木曽川特別に向かいたいと考えています」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レコード決着となった前走の京都・芝2200mから阪神・芝2400mへの条件替わりはプラス。追い切りはそれほど良くは見えませんでしたが、1キロ減の53キロも魅力的。ただ、抜けた存在はいないも、粒の揃ったメンバー構成だったので、8歳を迎えて上積みは見込めないヴィッセンにとっては今回も厳しい結果に終わることを覚悟。結果は二の次で、積極的な立ち回りで見せ場を作れれば良い方かなと見ていました。

スタートはそれほど速くなかったも、1角までじわじわ促しながら外目の3番手をキープ。ヴィッセンにとって都合が良かったのは積極的に引っ張ってくれる馬が他にいたこと。3頭で後続を少し引き離す形になりましたが、そこでは必要以上に追い詰めることはしなかったも、ペースを落とさせないように突くことが出来ました。そして3角過ぎに逃げていた馬が脱落すると、今度はヴィッセンとシャイニーゲイルの2頭で変わらぬ感じでリード。4角での手応えはヴィッセンに分があったので『オッ』と力が入りました。

そして直線では後続が迫ってくる前に早目スパート。シャイニーゲイルを競り落とすと、残り200mあたりではそのまま押し切りそうな雰囲気。ただ、最後の急坂はさすがに応えたようで見た目にも一杯に。勝ち馬にはアッサリ交わされてしまいましたが、2着は最後まで死守してくれました。条件替わりがピタッと嵌ったとはいえ、ヴィッセンは強い競馬を見せてくれました。荻野極Jとも手が合うのでしょう。

レース後のヴィッセンですが、激走による疲れ・反動を危惧しましたが、クタッとすることなく元気一杯。もう少し様子を見てからの決定となるようですが、状態面に変わりがなければ、30日の中京・木曽川特別(芝2200m)を予定しています。定量戦となりますが、引き続き積極的に立ち回ってもらえればと思います。また、出来れば荻野極Jに乗って欲しいですが、夏場は北海道へ行っているのかな?

今回も良いところがなければ年齢的にも嫌な感じでしたが、引退の2文字を遠ざける走りを見せてくれたヴィッセン。また、今回のような競馬が1番マッチしていることが証明できたと思うので、騎手が替わったとしてもやることは1つです。他馬の動向に左右されることなく、1歩早目の仕掛け・スパートでどこまで粘り通せるかだけ。優れている持久力を存分に生かしていってもらえればと思います。今回はホント良く頑張ってくれました。

2019年6月 9日 (日)

レコード決着となった前走とは違い、今回は力を出せる条件は整う。ただ、それだけで好走が期待できるかとなると…。結果は二の次で積極的な立ち回りで見せ場はしっかり作って欲しい。★ヴィッセン

201904_36

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神9R 三田特別(芝2400m)4枠6番 荻野極J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り

斉藤崇師「5日にCWコースで追い切りました。荻野騎手に感触を確かめてもらいましたが、想定した時計より少し速くなってしまったものの、併せた相手は3歳オープン馬でもありましたし、最後までしっかり負荷が掛かった良い追い切りが行えました。8歳になっても若々しく、更に元気の良さが見られるようになっているので、それだけ状態が良い証拠だと思います。前走は時計が速くなり、ヴィッセンにとってはかなりきつい流れになってしまいました。前々走の淡路特別では入れ替わりの激しい展開でも4着に来てくれたように展開次第ではチャンスがあると思うので、スムーズな競馬を心掛けてもらいたいですね」(6/5近況)

助 手 2栗坂良 55.7- 40.6- 26.3- 13.2 馬なり余力
荻野極 5CW良 82.3- 67.2- 52.9- 39.1- 12.2 一杯に追う ノーヴァレンダ(古オープン)一杯の外2.4秒先行0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9R 三田特別
サラ 芝2400メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走14:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ケンシュナウザー 牡5 53 古川吉洋
2 2 サトノガーネット 牝4 54 坂井瑠星
3 3 エイシンクリック 牡5 55 岩田康誠
3 4 ウインルチル 牝4 51 西村淳也
4 5 ミラクルブラッド 牝4 52 北村友一
4 6 ヴィッセン 牡8 53 荻野極
5 7 フォーラウェイ 牡6 55 酒井学
5 8 アロマドゥルセ 牝5 54 川田将雅
6 9 レイエスプランドル 牡4 55 藤岡康太
6 10 ヒルノアトラーニ 牡5 53 太宰啓介
7 11 ミスマンマミーア 牝4 53 四位洋文
7 12 タイセイモナーク 牡3 52 和田竜二 
8 13 シャイニーゲール 牡5 55 菱田裕二
8 14 エイシンレーザー 牡4 54 石橋脩

○斉藤崇師 「前走はレコード決着だったからね。時計勝負になると厳しい。先週の競馬を見ると適度に時計が掛かっているようだし、ハンデが1キロ軽くなるのもいい。舞台を替えて前進があれば」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

走る前から分かっていましたが、高速決着では分が悪すぎるヴィッセン。実際、前走は芝2200mのレコード決着になり、ヴィッセン自身は大した見せ場を作れぬまま、直線でジリジリ後退。頑張ってはくれたと思いますが、これが現実です。

その前走から一息入れて臨むヴィッセン。リフレッシュは叶ったと思いますが、追い切りの動きは可もなく不可もなく。それなりにスタミナはあるので、前走からの距離延長はプラスですし、時計の掛かる阪神へのコース替わりも○。ハンデ戦が1キロ減って53キロというのは確かに魅力。ただ願わくば、昨日までの雨でもっと馬場がタフさを増して欲しかったところ。ヴィッセンにとっては雨が少なすぎました。

相手関係に目をやると、特別戦ということで粒の揃ったメンバー構成。それらにしっかり力を出し切られるとヴィッセンの出番はないのかなと…。まあ、結果は後から付いてくるものなので、ヴィッセンには前々で積極的に運んでもらい、Sペースからの瞬発力勝負を回避して持久力勝負に持ち込んで欲しいところ。

8歳という年齢から、停滞が続くようなら引退の文字が出てきてしまうので、走れる条件が揃った今回は見せ場をしっかり作り、まだまだやれるという姿をアピールしてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ