出資馬一覧

カテゴリー「ヴィッセン」の270件の投稿

2017年12月 9日 (土)

シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組)

Photo ディグニファイド

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「この中間も周回コースでじっくり乗り込んでいます。体調面に関しては問題ありませんし、予定している2月の小倉開催までまだ時間がありますので、もう暫く今の調教メニューで鍛えていきたいと思います。馬体重は561キロです」(12/8近況)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長トレッドミルで運動を行っていましたが、脚元の状態は落ち着いていることから、この中間からキャンターに移行しています。軽めではありますが、脚元に反動が出ることもなく、順調に運動できていますので、このまま徐々にペースを上げて行けるように進めていきたいですね。馬体重は582キロです」(12/8近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路でハロン15秒

厩舎長「坂坂路でハロン17秒の調教を行ってきましたが、脚元の状態も変わりなく進めることが出来たことから、今週からハロン15秒の調教を開始しました。来週から週に3回登坂させる予定なので、あとは乗り込みながら緩んだ馬体を引き締めていきたいと思います。馬体重は504キロです」(12/8近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「先週一杯は軽めに調整していましたが、状態は変わりなかったことから、今週から周回コースと坂路コースでハロン17秒の調教を開始しています。具体的な予定は決まっていませんが、馬房の都合が付き次第、帰厩することになると思うので、来週あたりからハロンペースを上げていきたいと考えています。馬体重は491キロです」(12/8近況)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「こちらに移動後はウォーキングマシンで軽めの運動を行っていますが、背腰に疲れがありますし、気持ちの面もまだ少し張っています。今後の方針が決まるまでは無理しない程度に運動しながら、馬体のケアを行いたいと思います。馬体重は511キロです」(12/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ディグニファイドは2月の小倉を予定しているので、現状は坂路入りを控えて、周回コースで乗り込み中。まずは土台をしっかり築き上げると共に落ち着きを取り戻してもらえればと思います。

ソーディヴァインはトレッドミルでキャンターまでペースアップ。特に変わりなく来ています。まだまだ慎重に行く必要はありますが、騎乗運動再開まで進めてもらいたいです。

ナイトバナレットは坂路でハロン15秒の乗り込みへ。ペースアップしても良い意味で変わりないので、来週からは週3本に強化するとのこと。帰厩へ向け、緩んだ馬体をシャイプアップしていって欲しいです。

ヴィッセンは周回コースでの乗り込みと坂路で普通キャンターを消化中。次走はまだハッキリしていませんが、状態は良さそうです。また、NFしがらきでの滞在はそう長くならないようなので、年明け早々に出走できるように態勢を整えてもらいたいです。

ラストインパクトはレース後まもないということで、背腰にまだダメージが残っています。また、テンションもやや高め。今しばらくは軽めの調整にとどめ、リフレッシュと馬体のケアを進めてもらえればと思います。

2017年11月30日 (木)

緩い流れでもハミを取らず、追走に一苦労。最後はジリジリ伸びてはいますが、前が止まらない流れではここまでが精一杯。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都8R 3歳1000万下(ダ・1900m)8着(7番人気) 浜中J

まずまずのスタートを切りますが、行き脚が付かず最後方からの競馬になります。3コーナーあたりからロスなくインを突き、ジワジワ脚を伸ばしていきますが、最後の直線では同じ脚色になってしまったために8着に敗れています。

浜中騎手「少しでも置かれないようにゲートから気合いをつけて促して行きましたが、ハミを全く取らなかったために、後方からの競馬になってしまいました。3コーナーあたりで自分からハミを取ってくれたので、そこからは上手く内をついて上がって行けましたが、最後は同じ脚色になってしまいました。返し馬ではハミを取っていい感じで走ってくれるのに、競馬になるとどこで力を使えばいいのか分かっているような感じですね。今回は前が団子状態になっていたので、外を捲って行くのを諦めて内をつきましたが、伸びる時は外からビュンといい脚を使ってくれるだけに、馬込みを気にしてしまったところがあって伸び切れなかったのかもしれません」

石坂調教師「ここ最近の調教では、自分からハミを取って前向きさが見られていたので、もう少し追走が楽になるのではないかと思っていましたが、いざレースに行くといつも通りのヴィッセンでしたね。流れが速くなったあたりでスッと上がって行けたので、そのまま差を詰めることが出来ると思いましたが、前もなかなか止まってくれませんでした。年齢的なズブさが出てきているのかもしれませんが、馬自身がどこで力を使えば良いのか分かっているような感じなので、同じような競馬をして展開が嵌るのを待つしかありません。優先出走権が獲れればそのまま在厩させるつもりでしたが、これまでのように節を空けるために短期放牧に出して次走に備えようと思います。トレセンに戻り、状態を確認したうえでNFしがらきへ放牧に出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:28日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

石坂師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、レースの疲れは窺えるものの、それ以外は特に問題ありません。28日にNFしがらきへ放牧に出させていただきましたが、馬体のケアを行ってもらい、そのまま帰厩に向けて調整してもらうように伝えています」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前で競馬をしたい馬は結構いたと思うのですが、レースは雁行状態で進み、ペースはさほど上がりませんでした。それにも関わらず、ゲートを出て後方に待機したヴィッセンはハミを取らずについていくのに一苦労。元々ズブい馬ですが、年齢&レース数を重ねて、レースへの真面目さが欠けていっているのでしょう。

3角あたりでようやくハミを取ってくれたことでポジションを上げていくことは出来ましたが、前へ行っていた馬たちは余力を残しての追走。これでは前が止まりませんので、ヴィッセンには不向きなレースとなり、やや消化不良になってしまいました。また、神経質で気持ちの強い馬ではないので、浜中Jのコメント通り、直線で馬群を縫って抜け出そうとしたのもプラスには出ませんでした。

レース後のヴィッセンですが、相応の疲れは見られるようですが、全力を出し切っているとは言えないのでそれほど尾を引くダメージではない筈。28日に一足先にNFしがらきへ放牧に出ています。

次走についてはNFしがらきでの状態・動きを窺いながら決まるでしょうが、長距離輸送がダメな馬なので、1・2月の京都での出走となるでしょう。次走ではブリンカー・チークピーシズなど前向きさを促す馬具の着用をひとまずお願いしときたいです。

2017年11月26日 (日)

短期放牧を挟んで状態は良好。馬券に絡む走りは難しそうも、手の内に入れている浜中Jとのコンビで少しでも上の着順を目指して欲しい。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都8R 3歳1000万下(ダ・1900m)6枠10番 浜中J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日に坂路で追い切り

石坂正師「22日に坂路で追い切りました。先週CWコースで長めにしっかり時計を出したこともあって、馬体はだいぶスッキリした体つきになってきました。馬体重は今週初めの計測で480キロ台を維持していましたので、前走と変わりない数字で出走できると思います。京都競馬場なら輸送時間が短いことで、余計なストレスが掛からないと思うので、いい状態でレースに臨めるでしょう。距離は少しでも長い方がゆったり追走できるとこで、自分のリズムで競馬が出来ると思いますし、浜中騎手もこの馬の脚の使いどころを分かってくれているでしょうから、今回も頑張ってくれるはずです」(11/22近況)

浜 中 22栗坂良 52.4- 38.4- 25.8- 13.3 強目に追う オクラホマ(古500万)強目に0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回京都8日目(11月26日)
8R 3歳上1000万下
サラ ダ1900メートル 特指 定量 発走13:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ピントゥリッキオ 牝4 55 大野拓弥
2 2 ホーリーブレイズ 牡3 55 A.シュタルケ
2 3 キングラディウス 牡4 57 吉田隼人
3 4 ダンサクドゥーロ 牡3 55 北村友一
3 5 スズカロング 牡3 55 吉原寛人
4 6 テイエムグッドマン 牡3 55 幸英明
4 7 ディライトフル せ6 57 和田竜二
5 8 ビスカリア 牝5 55 松山弘平
5 9 コスモバーダン 牡5 57 三浦皇成
6 10 ヴィッセン 牡6 57 浜中俊
6 11 デアリングアイデア 牡3 55 古川吉洋
7 12 ゼンノワスレガタミ 牡3 55 A.アッゼニ
7 13 オイルタウン 牡5 57 水口優也
8 14 サンライズウィズ 牡4 56 荻野極
8 15 キングズアフェアー せ5 57 川田将雅

○石坂師 「勝ち負けには至らなかったが、前走はよく差してきている。状態は変わりないし、今回もしっかり脚を使ってくれると思うよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

雨天により、脚抜きの良い馬場での1戦となった前走のヴィッセン。時計面で限界がある馬なので、厳しい結果を覚悟したのですが、Hペースが大いに味方して最後までジリジリ脚を伸ばして4着と頑張ってくれました。

その後は中1週のローテで再度京都・ダ1800mを目指すも、ここは除外に。浜中Jが乗れなかったので、これは却って良かったと思います。節を稼ぐ為の短期放牧を挟み、ここへと駒を進めてきました。追い切り本数は少ないですが、内容の濃い調教をこなして出走態勢は整っていると思います。

今回は100m延長となるダ1900m戦。この条件は前有利でヴィッセンにはプラスとは言えませんが、そこはヴィッセンを手の内に入れている浜中J。最後まで渋太い末脚をを引き出してくれるでしょうが、上位を窺うには展開の助けが欠かせません。

冷静に考えると、勝ち負けに加わるのは難しいと思うので、前走ぐらいを目標に自分の競馬に徹して、力をしっかり出し切ってもらいたいです。

2017年11月17日 (金)

シルクなお馬さん(父ディープインパクト牡馬・来週出走予定馬)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都11月26日・ダ1900m(浜中J)

石坂師「15日にCWコースで追い切りました。短期放牧明けとあって、追い出してからの反応がもう一つではありましたが、週末と来週に時計を出すことが出来るので、十分態勢は整うと思います。活気があって体調は良いので、いい状態で来週の競馬に向かえそうです。ジョッキーは浜中騎手にお願いしています」(11/15近況)

助 手 15CW稍 84.4- 68.7- 54.2- 39.9- 12.5 強目に追う ブンゴ(新馬)一杯の外0.5秒先着

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:15日にCWコースで追い切り
・次走予定:東京11月26日・ジャパンC(G1)

担当助手「15日にCWコースで追い切りました。前半はなるべく力まないようにリズムよくスピードを上げて行きましたが、前後に追い切っている馬がいてもそれにつられることなく折り合って走ってくれました。最後の直線で追い出しにかかると、いつもなら残り1ハロンあたりでフッと気を抜くところを見せていたものの、今回は最後まで集中してゴール板を駆け抜けていきました。馬の雰囲気としては前走より良くなってきていますし、1週前としてはとても理想通りに仕上がっています。ジョッキーはまだ確定していませんが、空いている中で少しでも良いジョッキーに乗ってもらいたいと考えているので、もう少しあたってみようと思います」(11/16近況)

助 手 12CW良 - - - - - 馬なり余力 ヴァナヘイム(古1600万)馬なりの内同入
助 手 15CW稍 65.8- 50.9- 37.9- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8日に栗東へ戻ってきたヴィッセンは15日にCWで初時計をマーク。強調できる時計ではありませんが、しっかり負荷を掛けて先着できているのは○。このひと追いでグッと変わってくるでしょう。体調は良さそうです。未定だった次走の鞍上が浜中Jに決定。ヴィッセンと1番手が合う騎手だと思うので、前走以上の結果を目指してもらいたいです。

ジャパンCへの出走を予定しているラストインパクトは15日にCWで1週前追い切りを敢行。不調時の力みやフワッとした面を見せないのは好感。前走逃げて、最後まで渋太く頑張った効果が感じられます。厳しい結果になるでしょうが、国内外の強豪相手に積極的な立ち回りを見せて欲しいです。

2017年11月11日 (土)

8日に帰厩。予定通り26日の京都・ダ1900mへ。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:8日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:京都11月26日・ダ1900m

石坂師「8日に栗東トレセンへ帰厩致しました。1週間の短期放牧ではありましたが、緩めずに乗り込んでもらっていましたので、予定通り11月26日の京都ダ1900mを目標に仕上げに入って行きたいと思います」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

節を稼ぐ為、NFしがらきへ出ていたヴィッセンですが、8日に帰厩。当初の予定どおり、京都最終週のダ1900mへ向かうことになりそうです。

早速、時計を出し始めるかなと見ていましたが、今週は自重。来週の週中からしっかり負荷を掛けていくことになりそうです。あとは鞍上が誰になるのか。ズブくて追わせる馬なので、適任者をしっかり確保してもらいたいです。

2017年11月 2日 (木)

少し間隔を空ける為、1日にNFしがらきへ放牧に出ています。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:1日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・次走予定:京都11月26日・ダ1900m

石坂師「先週除外になってしまって申し訳ありませんでした。来週の京都にダ1800mの番組がありますが、節が足りるか微妙なところですし、除外でズルズル延びてしまうのだけは避けたいので、1週間ほど短期放牧に出して11月26日の京都・ダ1900mに向かうことにしました。この中間もいい状態を保っていましたので、放牧先では緩めないように乗り込んで帰厩に備えてもらいます。1日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の競馬を除外になったヴィッセン。来週、京都で適鞍がありますが、こちらも出走できるかどうか微妙な状況とのこと。精神的に強い馬ではありませんし、除外続きで状態を落とすなら、先に短期で放牧に出そうということに。ナイスな判断だと思います。今月末の26日の京都・ダ1900mへの出走を視野に1日にNFしがらきへ放牧に出ています。

短い期間ではありますが、適切なメンテナンスを施して、栗東へ戻ってきてもらいたいです。

2017年10月27日 (金)

土曜12Rに出馬投票するも、非抽選で除外になってしまいました。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に坂路で追い切り
・次走予定:京都10月28日・ダ1800m(松若J)

石坂師「前走後は少し硬さが窺えたので、数日間状態を見ながら進めてまいりましたが、思いのほか回復が早く、予定通り時計を出すことが出来ました。25日の追い切りでは、この馬なりに良い動きをしてくれたので、これなら出走させても問題ないと判断し、10月28日の京都・ダ1800mに松若騎手で投票する予定です。前走はかなり時計が速い馬場になってしまった為に、追走で一杯になってしまいましたが、前が引っ張る展開になったことで、終いの脚を活かすことが出来ました。出来れば少しでも時計が掛かる馬場で前が引っ張る形が理想なので、少しでも良い馬場でレース当日を迎えたいですね」(10/25近況)

助 手 25栗坂重 54.2- 39.3- 25.9- 13.3 一杯に追う マリアバローズ(新馬)一杯に0.3秒先行クビ先着

⇒⇒10/28(土)京都12Rに出馬投票しましたが、非抽選で除外となっています。(26日・出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中1週のローテで土曜京都12Rへの出走を予定していたヴィッセンですが、残念ながら非抽選で除外になってしまいました。

ただ、冷静に見れば、この除外は大歓迎。病み上がりの1戦から中1週という強行軍でしたし、週末はまた雨が予想されます。そして今回は松若Jとのコンビだったので、出走となれば、無駄な1戦となった可能性が高かったでしょう。

良い流れで来ていると思うので、来週以降の競馬で力を発揮できるように状態を整えてもらえればと思います。

2017年10月18日 (水)

疝痛からの病み上がりの1戦。展開が大いに向いたも、脚抜きの良い馬場を上がり最速の脚で4着まで押し上げる大奮闘。☆ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都10R 愛宕特別(ダ1800m)4着(12番人気) 浜中俊J

まずまずのスタートを決めますが、行き脚が付かず15番手を追走、そのままの位置で直線に差し掛かり、懸命に追い出しにかかると、上がり最速の脚で上位馬に迫りましたが、捕らえ切るところまでいかず、4着でゴールしています。

浜中騎手「テンについて行けないのは分かっているので、無理せず後方からじっくり追走しました。流れが速いのは分かっていたので、この馬の末脚を信じて最後の直線に賭けましたが、とてもいい脚を使って伸びてくれました。展開が嵌ったのは確かですが、状態が良ければこれだけいい脚を使ってくれるのですから、今後も自分の競馬に徹すればチャンスが出てくるはずです。今回は重馬場でも走ってくれましたが、この馬の持ち味を活かすのであれば、やはりパサパサで時計が掛かる馬場の方が競馬はしやすいかもしれませんね」

石坂調教師「疝痛の影響でひと息入りましたが、その影響は全く感じませんでしたね。普段から大人しい馬で、競馬では周りの馬を気にするところがあるように思えたので、今回はメンコを着用してレースに臨みました。それが良かったのかどうか分かりませんが、ここ最近の中ではかなり良いレース内容だったと思います。展開に左右される脚質ではありますが、状態さえ良ければまだまだ頑張ってくれると思いますので、トレセンで馬の様子を確認して変わりないようであれば、続戦させたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:京都10月28日・ダ1800m

石坂師「トレセンで状態を確認したところ、レースの疲れから若干硬さが窺えますね。2~3日馬の様子を見て、そのまま進めていけそうなら、10月28日の京都・ダ1800mに向かうつもりですが、回復が遅ければ間隔を空けることも考えています」(10/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

疝痛を発症し、一時、危ういこともあったヴィッセン。そこからV字回復してこのレースへ間に合いましたが、展開が大いに向いたとは言え、脚抜きの良い馬場で4着。これは大健闘ですし、頭の下がる思いです。レース前から白旗を上げていたことをお詫びしたいです。

また、今回手綱を取ってくれた浜中Jとも手が合う様子。ヴィッセンのレースをよく覚えてくれていますし、大胆に乗ってくれています。今年は落馬負傷があって成績は上がっていませんが、今後も都合の付く限り、最優先で乗ってもらいたいです。

病み上がりで激走してくれたので、反動を心配しましたが、多少硬さが残る程度。時間の解消と共に回復してくれるでしょう。ひとまずは中1週のローテで28日の京都・ダ1800mを予定しています。

今回好走したからといって次走も期待できるというタイプではありませんが、今後も自分のリズムを守り、末脚を信じて最後の直線勝負に徹してもらいたいです。あとは展開が味方してくれるかどうかに尽きます。

2017年10月15日 (日)

疝痛で当初より復帰が延びるも、今は状態に関しては不安なし。ただ、脚抜きの良い馬場での時計勝負では明らかに分が悪くて…。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜京都10R 愛宕特別(ダ1800m)4枠7番 浜中俊J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り

石坂師「前回、疝痛の為にひと息入った経緯があるので、体調には気を付けて進めてきましたが、ここまで何事もなく順調に調整することが出来ました。12日にCWコースで併せて追い切りましたが、最後は遅れたものの、時計が掛かる重い馬場でも脚色が鈍ることなく最後までしっかり脚を伸ばしてくれました。先週より動きが良くなっており、ハンデも54キロと前走から3キロ減るのは有利になるでしょうし、3走前のような競馬が出来れば十分チャンスがあるはずです。前半はおそらくテンについて行けないと思いますが、浜中騎手なら焦らず上手く立ち回ってくれるでしょう。心配な点は、週末の天候が悪くなりそうなので、時計が速くなると厳しいですね。少しでも時計が掛かる馬場で競馬をしたいところです」(10/12近況)

助 手 9CW稍 67.4- 53.5- 40.6- 13.8 馬なり余力 ベストマイウェイ(新馬)馬なりの外クビ先着
助 手 12CW良 85.3- 69.3- 53.6- 39.6- 12.4 一杯に追う ムーヴザワールド(古500万)馬なりの外0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都5日目(10月15日)
10R 愛宕特別
サラ ダ1800メートル 3歳上1000万下 指定 混合 ハンデ 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヒラボクテイオー 牡5 53 松山弘平
1 2 クリノフウジン 牡3 54 田辺裕信
2 3 ガンコ 牡4 56 福永祐一
2 4 タマモアタック 牡5 54 M.デムーロ
3 5 オイルタウン 牡5 54 水口優也
3 6 テイエムグッドマン 牡3 53 幸英明
4 7 ヴィッセン 牡6 54 浜中俊
4 8 メイショウブーケ 牝6 51 国分優作
5 9 タガノグルナ 牡3 54 菱田裕二
5 10 アンデスクイーン 牝3 52 松若風馬
6 11 ヒロブレイブ 牡4 57 鮫島良太
6 12 ラバピエス 牡3 53 和田竜二
7 13 ニホンピロヘーゼル 牝4 54 大野拓弥
7 14 ニホンピロサンダー 牡5 53 柴田未崎
8 15 キーグラウンド 牡3 53 岩田康誠
8 16 ケルティックソード 牡4 56 C.ルメール

石坂師 「輸送の短い近場の京都を目標に調整。脚力はあるが、展開が少し向いて欲しいね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連闘で中京・インディアTへの出走を狙うも、除外になったヴィッセンは一足早く夏休み。余力のある内に少し楽をさせたので、夏場もコツコツ乗り続けて良い感じで8月中旬に帰厩。9月の阪神戦へ向けて調整を進めていました。

しかしながら、8月24日に疝痛を発症。かなり苦しい状況に陥り、診療所に入院することに。早めに適切な処置を受けたので大事には至りませんでしたが、再度NFしがらきへ。命にかかわる恐れがあったので、立て直すのにかなり時間を要するものと見ていました。

ただ、トレセンのストレスから解消されたことが良かったのか、NFしがらきへ移動後はまさにV字回復で乗り込みを着実に強化。退院して1ヶ月も経たない内に栗東へ戻ることが出来ました。

帰厩後の調整はこれまでの坂路中心の仕上げとは違い、CWコースでの追い切りばかり。この変化の意図は分かりませんが、入院して落ちた体力を回復させる意味合いもあるのかな? ここ2週はムーヴザワールドとの併せ馬で遅れを取っていますが、この馬なりにはしっかり駆けてくれています。状態に関しては、もう心配要らないでしょう。

あとはヴィッセン向きの展開・時計の掛かる決着になれば浮上の余地はありますが、雨模様で脚抜きの良い馬場でのレースが濃厚。この馬なりに一生懸命走ってくれたとしても、勝ち負けの争いまでは難しいでしょう。まあ、今回は病み上がりですし、結果は二の次でじっくり構えて末脚を生かす自分の競馬スタイルに徹してもらえればと思います。そしてその中で少しでも見せ場を作ってくれることを願っています。

2017年10月 7日 (土)

シルクなお馬さん(4歳上関西馬・来週出走予定)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・愛宕特別(浜中J)

石坂師「4日にCWコースで追い切りました。最後は少し遅れてしまいましたが、最後まで手応えは悪くなかったですし、相手に引けを取らない動きだったと思います。前回は疝痛の為に放牧に出しましたが、すぐに乗り出せたことで馬体は緩まなかったのが良かったですね。帰厩後も順調に調整することが出来ていますし、追い切りの動きを見る限り、来週には態勢が整うと思うので、10月15日の京都・愛宕特別に出走させる予定です。ジョッキーは浜中騎手にお願いしています」(10/4近況)

助 手 4CW稍 82.8- 66.8- 52.3- 39.0- 12.7 一杯に追う ムーヴザワールド(古500万)末強目の外0.1秒遅れ

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日に坂路で追い切り
・次走予定:京都10月14日・ダ1400m(川田J)

西村師「4日に坂路で追い切りました。朝一番の比較的馬場がいい時間帯でしたから、脚を取られることなく最後まで良い動きでした。先週一杯疲れを取るメニューで進めていましたが、脚の浮腫みも治まっていますし、体調は安定しています。今度は相性が良い川田騎手と再びコンビを組むので、いい結果を出せるように来週の競馬に備えたいと思います」(10/4近況)

調教師 4栗坂稍 55.6- 39.7- 25.2- 12.3 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは来週の愛宕特別に浜中Jとのコンビで出走することが決定。3走前に3着と頑張った時の鞍上ですし、大駆けを期待したいです。中間の調整はCWオンリーですが、ビシビシやれているのは好感。ヴィッセンとすれば良く動いていると思います。

ソーディヴァインは前走後の初時計をマーク。終い重点ながらこの馬らしい動き・時計でしょう。変わらず順調に来ています。今度は前走で負かされた主戦の川田Jが騎乗。フワッとする面は油断できませんが、ひと叩きした来週のレースは押し切って欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ