出資馬一覧

カテゴリー「ラストインパクト」の337件の投稿

2017年10月12日 (木)

最後の直線はもう少し粘って欲しかったも、ハナへ行く競馬で低迷していた現状にようやく明るい光が差し込んでくれました。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

月曜京都11R 京都大賞典(G2・芝2400m)6着(10番人気) 浜中J

まずまずのスタートを決め、気合いをつけて促していくと、そのまま先頭に立って後続馬を従えます。4コーナーに差し掛かるところでは手応えよく、最後の直線ではそのまま粘り強く辛抱していたものの、残り1ハロンで力尽き6着でゴールしています。

浜中騎手「前走ではテンに置かれ気味になっていたようなので、今回はゲートを出てから意識的に出して行きましたが、厩舎サイドがこの中間入念に調整していたことで、行きっぷりがかなり良くなっていました。1コーナーから2コーナーにかけてハミを噛むところがありましたが、向正面ですぐ収まってくれました。ハナにこだわっていた訳ではありませんが、他に行く馬もいなかったですし、結果的にラストインパクト自身もストレスが掛からない競馬が出来たことで、勝負どころの手応えはかなり良かったです。最後の直線では一瞬『最後まで粘ってくれる』と期待しましたが、追い出しにかかるともう一つ伸び切れませんでした。手応えから考えるともっとやれるのではないかと思う歯痒さがあるぐらいで、最後まで力を振り絞っていない感じは窺えましたが、今回のレースが良いきっかけになって次走に活かしてくれればと思っています」

角居調教師「前走後はこの馬本来の行きっぷりを取り戻すために、意識的にハミを取らせながら調整してまいりましたが、結果は6着だったものの、次走に期待が持てる内容だったのではないかと思います。ハナに立ったのは想定外ではありましたが、2コーナーでハミを噛んでいたものの、向正面では折り合って気分良く自分のリズムで走ってくれました。最後の直線で追い出しにかかったところでフワッとしてしまいましたが、ズルズル下がることなく頑張ってくれたので、次はもっと良い競馬をしてくれそうですね。状態を確認して変わりないようであれば、次走はジャパンCを本線と考えています。少し時間があるので、短期放牧に出してこれまでの疲れを取ってもらう予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:東京11月26日・ジャパンカップ(G1)

担当助手「6着に敗れてしまいましたが、これまでのレース内容から考えると、ラストインパクトの良さが見られたレースだったと思います。パドックでの雰囲気はここ最近の中ではかなり気持ちを表に出して周回していましたし、見せ場は十分あると思っていましたが、正直ハナに立てるとは思っていなかったものの、交わされてもバッタリ止まらなかったのは収穫でした。今回の競馬が良いキッカケになってくれることを信じて、次のレースもいい状態で向かえるように調整をしたいですね。ジャパンカップまで少し期間があるので、近日中にNFしがらきへ放牧に出して、馬体のケアを行ってもらう予定です」(10/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前、『今回は意識的にゲートを出していってもらう』との担当者のコメントがあったので、逃げることも十分あり得るかなと見ていたラストインパクト。他に行く気を見せる馬がいなかったこともあり、先手を奪う形に。こういう形はほぼ初めてなので、ラストインパクトが戸惑わないか不安はありましたが、淡々とした逃げ。4角を回って直線を向いた時にはそれなりに手ごたえを残していたので、“粘れるかも!?”と少し力が入る場面も。

ただ、外から他馬に交わされてしまうと、自分からブレーキを掛ける感じ。内から抵抗して差し返すような場面を作ってくれたら尚良かったのですが、ずっと低迷していたことを踏まえると、6着は久々に頑張ってくれたとは思います。個人的にはハミを噛むところがあるのでブリンカーだと利きすぎるかもしれませんが、集中力・走る気を補う意味でそろそろチークピーシズの着用をお願いしたいです。

レース後のラストインパクトは特に異常は見当たらず。ただ、ようやく少し真面目に走ってくれた分、それなりの疲れはあるでしょう。近日中にNFしがらきへ移動の予定となっています。そして次走はジャパンCを目指す予定。強気なローテーションだと思いますが、今回の良い兆しを更に大きく確かなものにするような頑張りを見せて欲しいです。キタサンブラックの圧力に簡単に屈しないでもらいたいです。

2017年10月 9日 (月)

以前に勝ったことがある重賞競走も、追走に苦労し、レースに対する集中力が乏しい現状では厳しい結果しか想像できず。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

月曜京都11R 京都大賞典(G2・芝2400m)6枠10番 浜中J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り

担当助手「5日にCWコースで追い切りました。単走で行いましたが、折り合いを欠くところもなく、促していくとスッと反応してくれました。ただ、残り1ハロンでフッと気を抜くところがあったので、走るのを止めないように気合いをつけておきました。前走はいくら距離が足りなかったとはいえ、あそこまで追走にもたつく馬ではありません。この中間は意識的にハミを掛けて追走が楽になるように調整したつもりです。状態としては前走より良くなっているので、何とか良い頃の走りを見せてくれることを期待しています。浜中騎手には意識的にゲートを出して行ってもらおうと思います」(10/5近況)

助 手 1CW良 69.9- 52.9- 38.1- 12.8 馬なり余力 メイショウルンバ(障オープン)馬なりの内を0.5秒追走同入
助 手 3栗坂重 59.8- 44.0- 29.3- 14.7 馬なり余力
助 手 5CW良 64.6- 50.4- 38.5- 12.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都3日目(10月09日)
11R 京都大賞典(G2)
サラ 芝2400メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 プロレタリアト 牝6 54 杉原誠人
2 2 サウンズオブアース 牡6 56 横山典弘
2 3 シュヴァルグラン 牡5 57 M.デムーロ
3 4 スマートレイアー 牝7 54 武豊
3 5 ミッキーロケット 牡4 57 和田竜二
4 6 ヒットザターゲット 牡9 56 小牧太
4 7 フェイムゲーム せ7 57 C.ルメール
5 8 トーセンバジル 牡5 56 岩田康誠
5 9 アクションスター 牡7 56 松若風馬
6 10 ラストインパクト 牡7 56 浜中俊
6 11 バロンドゥフォール せ7 56 古川吉洋
7 12 カレンミロティック せ9 56 池添謙一
7 13 ハッピーモーメント 牡7 56 藤岡康太
8 14 レコンダイト 牡7 56 北村友一
8 15 マキシマムドパリ 牝5 54 藤岡佑介

○辻野助手 「前走はジョッキーが進んでいかなかったと。その点を踏まえて、この中間は自分からハミを取ってくれるような調教を課していますよ。流れに乗って運べれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冴えない近況から57.5キロのトップハンデは酷だなと思いつつ、追い切りの雰囲気+左回りの芝2000mで変わってくれないかと見ていた前走のラストインパクト。いざレースでは追走自体に四苦八苦。そこで脚を使ってしまい、最後の直線は見事なまでに失速してしまいました。正直、こんなレースぶりになるとは想像もしていなかったので、ショックの大きい敗戦でした。

年齢的な衰え等は受け止めていますが、走ることに気持ちが集中・向いていない状況。普段の調教から色々と工夫してくれていますが、追い切りでもフッと気を抜くような面を窺わせています。正直、工夫したことが効果を発揮できていません。

今回は以前に勝ったことがある京都大賞典。距離は幾分長いと思いますが、ゆったり流れる分、ラストインパクトには追走に余裕が出るかもしれません。また、今回は『意識的にゲートを出していってもらう』ということなので、相手の出方次第ではハナへ行く場面があるかも。ただ、仮にそういう形になったとして、早めに外からパスされる形になると、自分からレースを止めてしまいそうです。行っても控えても、なかなか良いイメージが沸きません。馬具を工夫して、ちょっと刺激を与えるしかないような…。

そろそろ厳しいジャッジが下されても仕方ありませんが、ほんの少しでも次走以降に繋がるモノを見せてくれることを願っています。

2017年9月29日 (金)

シルクなお馬さん(父ディープインパクト牡馬・入厩組)

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月9日 京都大賞典・G2(浜中J)

角居師「27日にCWコースで追い切りを行いました。1週前になりますので、長めからしっかりと負荷を掛ける形で行いましたが、折り合いを欠くことはありませんでしたし、直線での動きも良く、いい追い切りを消化することが出来たと思います。この中間も飼い葉をしっかりと食べて、体調面は変わらず良好ですし、このままいい状態で来週のレースに向かえるよう調整していきたいと思います」(9/28近況)

助 手 23栗坂稍 62.5- 45.0- 29.1- 13.9 馬なり余力
助 手 24栗坂良 54.0- 39.2- 25.6- 13.0 馬なり余力 モンアムール(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 26栗坂良 61.2- 44.5- 29.0- 14.5 馬なり余力
助 手 27CW良 81.6- 64.3- 50.0- 37.6- 12.3 馬なり余力 

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・愛宕特別、もしくは京都10月21日・ダ1800m

石坂師「先週こちらへ帰厩してきてからも疝痛の症状は窺えませんし、体調は安定しています。27日にはCWコースで時計を出しました。帰厩後1本目ということでそれほど強い追い切りではないものの、動きは悪くなかったと思います。今のところ10月15日の京都・愛宕特別を本線に調整していきたいと考えていますが、それ以降もダ1800mの番組は組まれていますので、状態や相手関係を考慮しながら最終的に判断させていただきたいと思います」(9/27近況)

助 手 27CW良 86.8- 72.1- 57.5- 43.6- 14.1 馬なり余力 ベストマイウェイ(新馬)馬なりの外同入

Photo ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・芝1800m(C.ルメールJ)

友道師「27日にCWコースで併せて追い切りを行いました。ピボットポイントが追走する形で行い、最後は少し遅れてしまいましたが、ゴールするまでしっかり走れていましたし、動きは悪くなかったと思いますよ。体調面は変わらず良好ですし、この調子を維持しながら目標のレースまで調整を進めていきたいと思います。来週の追い切りにはルメール騎手に跨ってもらう予定にしています」(9/28近況)

助 手 24CW良 75.0- 59.5- 43.7- 13.9 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりの外に0.5秒先行4F付同入
助 手 26栗坂良 62.5- 45.0- 29.1- 13.9 馬なり余力
助 手 27CW良 85.7- 70.4- 54.6- 39.4- 12.2 一杯に追う スーパーフェザー(新馬)強目の内を1.4秒追走アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは来週の京都大賞典へ向けて、丹念に時計を出して調整は順調。ただ、レースではピリッとしない現状なので強気にはなれず。レースでの集中力が薄れてきていると思うので、シャドーロール・チークピーシズなど馬具の工夫を試し、効果があれば、レースで着用するようにして欲しいです。

ヴィッセンは27日にCWで帰厩後の初時計。ひとまず体力づくりの一環という感じで最後は無理をせずに併入。体調は安定し、良さそうです。これから追い切りで負荷を高めていっても無難に対応してくれるものと見ています。

ピボットポイントはじわじわ攻めを強化中。27日は遅れてしまいましたが、大きく追走していますし、相手も最後少し気合を付けているので遅れを割り引く必要はないでしょう。来週はデビュー戦で手綱を取る予定のC.ルメールJが跨っての追い切りを予定。レース1週前追い切りにあたるので、ビシッと行くものと思います。その際、どこまで動けるのか。まだまだパンとしていない現状ですが、楽しみにしたいです。

2017年9月22日 (金)

京都大賞典の鞍上が浜中Jに決まりました。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路で追い切り
・次走予定:京都10月9日 京都大賞典・G2(浜中J)

担当助手「21日に坂路で追い切りました。相手のペースに合わせた程度でしたが、動きそのものは悪くありませんでした。ただ、以前と比べてガツンと来るところがなく、変に乗り易くなっているので、気合いを乗せる意味も含め、この中間から意識的にハミを掛けながら調整を行っています。前走は距離が少し足りないとはいえ、あそこまで追走で一杯になる馬ではないので、何とか次走までに良い頃の走りを引き出せるようにしたいと思います。ジョッキーは松山騎手にお願いしていたのですが、急遽東京で騎乗することになったために断りの連絡があったので、浜中騎手にお願いしました。浜中騎手は怪我で療養中ですが、1週前には競馬に復帰する予定とのことなので、問題ないと思います」(9/21近況)

助 手 15栗坂良 60.7- 42.9- 27.3- 13.5 馬なり余力
助 手 16栗坂良 62.7- 45.9- 29.8- 14.4 馬なり余力
助 手 20栗坂良 61.2- 45.1- 29.8- 14.4 馬なり余力
助 手 21栗坂良 54.5- 39.7- 25.7- 12.9 馬なり余力 モンアムール(新馬)馬なりを0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

松山Jが東京で騎乗することになり、新たなパートナーを探していたラストインパクトですが、ひとまず浜中Jに決定。ただ、調教中の怪我で先週の競馬を見合わせた経緯があるので、来週の復帰が叶うまでは確定とは言えません。

新潟記念をひと叩きしたラストインパクトの状態は変わらず安定していますが、動きはやや物足りない様子。年齢的な衰えと共に気持ちの面で後向きなんでしょう。スタッフの方は色々と考え、日々の調教から取り組んでくれていますが、この不調から抜け出すのは難しそう。次走の京都大賞典は1度勝っているレースですが、良くなりそうな兆しすら窺えないだけに…。

2017年9月14日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上・関西入厩組)

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:普通キャンター
・次走予定:京都10月9日・京都大賞典(G2)

担当助手「先週末から乗り出しを開始し、今週は普通キャンターで調整しています。特に歩様の硬さは見られませんし、体調そのものも前走と変わりありません。これから徐々にピッチを上げていくことになりますが、ひと叩きしたことでピリッとしたところが出てくるようになるでしょうし、距離が延びて競馬もし易くなると思うので、変わり身を見せられるように調整していきたいと思います。松山騎手にお願いしていたのですが、当日は東京で騎乗することになったようなので、違う乗り役を探しておこうと思います」(9/13近況)

助 手 13栗坂稍 61.7- 44.4- 29.2- 14.5 馬なり余力

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神9月24日・ダ1400m(川田J)

西村師「6日の追い切りではまだ本来の出来ではないなと思っていたのですが、今朝は迫力のある動きが見られましたよ。時計は馬場が少し重たかったために、そこまで目立つものではありませんでしたが、力強く登坂してくれましたし、1週前でこれだけ動いてくれれば言うことありません。馬体を見ても毛艶がピカピカで体調の良さが窺えるので、いい状態で来週の競馬に向かえそうです」(9/13近況)

助 手 10栗坂良 60.3- 43.3- 28.2- 13.6 馬なり余力
調教師 13栗坂稍 53.1- 38.0- 24.9- 12.7 馬なり余力 ベルラップ(古1600万)一杯に0.4秒先行0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは先週末から騎乗運動を再開。13日には坂路でサラッと時計をマークし、状態自体は変わらず来ています。ただ、前走時も調教の雰囲気は悪くなかったので、大きな上積み・変わり身が見込めるかとなると…。また、京都大賞典での騎乗を依頼していた松山Jに断られたとのこと。先約があったのかどうかは不明ですが、新たな騎手を早めに確保しておいて欲しいです。

良い頃と比較すると、追い切りでモタモタしていたソーディヴァイン。ただ、追い切りを重ねる毎に上昇し、13日の追い切りは素軽さを増し、馬場を考慮すれば悪くない動き。これなら来週ビシッとやれば、走れる態勢に持っていけるでしょう。また、毛ヅヤがピカピカということで内面も充実している様子は好印象です。

2017年9月 9日 (土)

シルクなお馬さん(父ディープインパクト・関西馬)

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:京都10月9日・京都大賞典(G2)(松山J)

角居師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、歩様も問題ありませんし、疲れはなさそうです。もう少し脚を溜めながら追走できていれば2000mでも対応できたのでしょうが、促しながらの追走でしたから、やはり距離はもう少しある方がラストインパクトにとっては競馬がし易いのかもしれません。それに久々の分もあったと思うので、次は変わり身を見せてくれるはずです。今週いっぱい状態を確認し、このまま変わりないようであれば10月9日の京都大賞典を目標に調整していきたいと思います。ジョッキーは松山騎手にお願いしています」(9/6近況)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「こちらに戻ってきた時は疝痛の症状はなく、普段と変わりない状態で落ち着いていました。その後も変わりなかったことから、今週から周回コースで軽めに乗り出しています。長距離輸送では馬体が減り易く、繊細な面は持っている馬なので、そのあたりが疝痛を引き起こしてしまった原因の一つかもしれませんね。乗り出した後も変わりないようなので、このまま徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は491キロです」(9/8近況)

Photo_3 タイムレスメロディ

・在厩場所:栗東トレセン/8日(金)に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。

高野師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、競馬の疲れはあるものの、普段と変わらず穏やかに過ごしています。このまま進めるよりは、節を空ける為に放牧に出して馬体のケアを行ってもらい、使えそうになったくらいに帰厩させたいと考えています。近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出す予定です」(9/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトはレースで力を出し尽くしていないのか、レースのダメージは少なそう。ひと叩きでガラッと変わってくることはないでしょうが、使ったことで内面は幾らかでも強化されてくるでしょう。ただ、脚を溜めることが出来ても、鳴尾記念の内容からスパッと切れる脚はもう使えにような…。

NFしがらきへ放牧に出されたヴィッセンは疝痛の症状を再発させることなく、落ち着いた状態。ストレスを感じるものがなくなったんでしょう。それを受け、周回コースでのキャンターを始めています。この感じなら順調にペースアップ出来るでしょう。

タイムレスメロディは8日にNFしがらきへ。1度使っただけなので、それほどダメージはない筈。ただ、優先権を逃してしまったので、節を稼がないといけません。500万下は条件が噛み合えば、勝てるチャンスはありそうですが、真っ向勝負では辛いです。やはりダートの可能性を探って欲しいです。

2017年9月 6日 (水)

仕上がりは良さそうだったも、追走に手一杯で脚が溜まらず。見せ場を作れぬまま16着惨敗に…。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜新潟11R 新潟記念(G3・芝2000m)16着(13番人気) 田辺J

ややゆっくりとしたスタートから道中はロスなく内側を追走します。直線でも内から脚を伸ばそうとしましたが、残り200mで止まってしまい16着でゴールしています。

田辺騎手「道中はあまり前から離されないように促しながら追走したのですが、結果的にあまり脚が溜まらなかったのかもしれませんね。それでも直線に向いたところでは手ごたえもありましたし、少しずつ外へ進路を取れればと思ったのですが、残り500mくらいから徐々に反応が怪しくなり始めて、最後の1ハロンは完全に脚が上がってしまいました。いい頃と比較しにくいのですが、体をノビノビ使って走れていない印象ですね」

角居調教師「一週前あたりから動きが軽快になり、最終追い切りも考えていた通りの調整が出来たので、いい仕上がりで復帰することが出来たと思いました。ただ、いざレースに向かうと促しながらの追走とあって、最後まで脚を溜めることが出来なかった為に末脚を活かすことが出来ませんでした。久しぶりのレースでまだ内面が出来ていなかったことと、距離も少し足りない印象でした。一度使ったことで次は変わって来ると思うので、トレセンに戻って状態を確認してから今後の予定を検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○田辺騎手 「ついていくので精一杯でした。あまり前に離されないように食らいついていったのですが、そこで脚を使った分なのか、最後はバタバタになってしまいました」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りでは良い感じに終い伸ばすことが出来ていましたし、良い感じでこのレースを迎えることが出来たと思っていたラストインパクト。ただ、レースではそれが嘘だったかなのように見せ場を作れぬまま16着惨敗。さすがに負け過ぎですし、追走に手一杯というのは何とも寂しい限りです。

距離が短いということはないですし、中身もそれなりに伴っていたと思うのですが…。走ることが嫌になったのかな? 集中力の維持も難しくなっているようなので、ブリンカーやチークピーシズなどの馬具の工夫がまず必要に思います。芝へ戻しましたが、相手関係等を踏まえると、再度ダートへ戻すことも有りかも。芝のスピード決着では辛くなってきています。

今後は厩舎に滞在して続戦の予定。1度使ったことで状態面の上積みは少なからずあるでしょうが、レースで変わってきそうな雰囲気はありません。おそらく次走は京都大賞典かと思いますが、苦戦は避けられそうにありません。

重賞3勝+ジャパンC(2着)・ドバイシーマクラシック(3着)と輝かしい実績を誇る馬なので、引き際についても慎重に考えていって欲しいです。

2017年9月 3日 (日)

年齢の衰えを感じる近走の内容・結果。追い切りの雰囲気は良くなっているも、このメンバー相手にトップハンデはやはり厳しくて…。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

日曜新潟11R 新潟記念(G3・芝2000m)7枠14番 田辺J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:30日にCWコースで追い切り

角居師「30日にCWコースで追い切りました。併せるとムキになって掛かるところがあるため、今回も単走で時計を出しましたが、ペースを上げても折り合いを欠くところがなく、とてもスムーズに入って行くことが出来ました。3コーナーあたりから徐々にペースを上げていき、最後の直線で手綱を緩めるとそこから加速して持ったままの手応えでゴール板を過ぎていきました。とても軽快な動きでしたし、これまでにないぐらいの動きを見せてくれました。騎乗した助手も『先週より動きが良くなった』とラストインパクトを褒めていましたから、良い仕上がりでレースに臨めそうです。年齢から大きな上積みはないかもしれませんが、この馬の持ち味を活かすことが出来ればまだまだ頑張ってくれると思いますので、良い競馬を期待したいですね」(8/30近況)

助 手 26栗坂良 63.6- 44.9- 29.0- 14.4 馬なり余力
助 手 27栗坂良 54.9- 39.3- 26.1- 13.1 馬なり余力
助 手 30CW良 86.0- 69.8- 53.7- 38.9- 11.8 馬なり伸る

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟12日目(09月03日)
11R 新潟記念(G3)
サラ 芝2000メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タツゴウゲキ 牡5 55 秋山真一郎
1 2 ルミナスウォリアー 牡6 57 石橋脩
2 3 シャドウウィザード せ7 51 木幡巧也
2 4 ロッカフラベイビー 牝5 52 内田博幸
3 5 ロイカバード 牡4 55 横山典弘
3 6 ハッピーモーメント 牡7 54 戸崎圭太
4 7 カフジプリンス 牡4 55 中谷雄太
4 8 フルーキー 牡7 57 北村宏司
5 9 スピリッツミノル 牡5 55 三浦皇成
5 10 ソールインパクト 牡5 53 大野拓弥
6 11 アストラエンブレム 牡4 56.5 M.デムーロ
6 12 マイネルフロスト 牡6 57 柴田大知
7 13 トーセンバジル 牡5 56 岩田康誠
7 14 ラストインパクト 牡7 57.5 田辺裕信
8 15 マイネルスフェーン 牡3 52 丸田恭介
8 16 トルークマクト 牡7 53 江田照男
8 17 ウインガナドル 牡3 52 津村明秀

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は走り慣れた芝へ戻しての1戦だったラストインパクト。これまでの実績を考えると、56キロでの出走は恵まれたものですし、手頃な10頭立てで相手もそれほど強豪が見当たらず。変わるなら今回かなと期待して臨みました。

ただ、最内枠でスタートが一息。二の脚も付かず、後方からの競馬を余儀なくされましたが、折り合い良く追走できていたと思います。あとは直線で追い出して伸びるだけだったのですが…。まあ、レース自体がSペースの瞬発力勝負。切れる脚は使えないだけに前との差はそれほど詰まることなく8着入線。中1週とレース間隔は詰まっていましたが、正直ガッカリなレースぶり。年齢的な衰えと言われればそうなんでしょう。

その後はNFしがらきへ放牧に。暑さは得意じゃない馬なので秋競馬まで待機するものと見ていましたが、暑さにクタッとすることなく順調に調整が進んでいたので新潟記念への参戦が決まりました。

帰厩後の追い切りは最初モタモタしていましたが、ひと追い毎に良化。最終追いは単走で全体時計はかなり遅かったですが、直線の走りは力みがなく、気分良さそうに脚を伸ばしていました。パッと見の雰囲気はちょっとこれまでと違う感じ。ここ数走とは状態が違うかもしれません。

まあ、それでもこのメンバー相手にトップハンデの57.5キロ。新潟外回りで瞬発力勝負を求められるだけに今回も厳しいのは確か。初めての騎乗となる田辺Jに託すしかありません。出たなりの位置で脚を溜めて、最後の直線でどこまで脚を伸ばせるか。ラストインパクトには最後まで集中力を切らさずに走り抜けてもらいたいです。

2017年8月26日 (土)

追い切りを重ねるごとにジワッと上昇しています。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日にCWコースで追い切り
・次走予定:新潟9月3日 新潟記念・G3(田辺J)

担当助手「23日にCWコースで追い切りました。併せると引っ掛かり易いことから、単走でしっかり負荷をかけて行いましたが、だいぶ動きがピリッとしてきましたね。先週の追い切りではまだ少し物足りなさを感じましたが、さすが重賞勝ち馬だけあって、本数を重ねていくにつれて気配が良くなってきましたよ」(8/23近況)

助 手 20栗坂良 55.9- 39.7- 25.2- 12.4 馬なり余力
助 手 22栗坂良 62.8- 44.9- 28.7- 14.4 馬なり余力
助 手 23CW良 83.4- 66.5- 51.3- 37.9- 12.4 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の新潟記念への出走を予定しているラストインパクトですが、淡々と追い切りを消化。先週はやや重苦しい動きでしたが、今週はだいぶ素軽さを増した印象。全盛期の動きは戻ってこなくても、状態は上がってきています。

あとはレース当日まで暑さ対策をしっかりしてもらえれば。まだまだ涼しくならないだけに、急な体調変化には気を配ってもらいたいです。

2017年8月20日 (日)

新潟記念へ向けての追い切りを開始。鞍上は田辺Jを予定しています。☆ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日にCWコースで追い切り
・次走予定:新潟9月3日・新潟記念(G3・田辺J)

担当助手「16日にCWコースで追い切り、今週から本格的に仕上げに入っています。動きはまだモッサリしたところがありますが、あと2週間しっかり時間を掛けることが出来るので、このままピッチを上げながら態勢を整えていこうと思います。暑さの影響も今のところ感じませんし、飼い葉食い等も特に問題なく良い状態を保っていますよ」(8/16近況)

助 手 12栗坂良 54.9- 39.7- 25.7- 12.7 馬なり余力
助 手 16CW不 65.7- 50.5- 38.1- 12.6 稍一杯追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10日に帰厩したラストインパクトは早速追い切りを開始。16日の追い切りではCWでビシッと。動きはやや重苦しいですが、これから本数を重ねて行けば、良くなってくれるでしょう。ただ、暑さへの対策は厩舎でも入念にお願いします。

また、未定だった鞍上は田辺Jに決まった模様。折り合いをつけて、しっかり馬を動かせる騎手なので、このコンビ結成は個人的に大歓迎です。

停滞している現状ですが、そこから抜け出せるちょっとした兆しでも次走で示してもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ