出資馬一覧

カテゴリー「(引退)ロードクラヴィウス」の149件の投稿

2014年12月30日 (火)

今年の引退馬・ロード編

厳密に言えば、ロードカナロアも今年の引退ですが、それはちょっと除外して、ズラッと計8頭の引退馬が出てしまいました。

Photo_6 ロードオブザリング

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

ロードの入会時に出資した1頭。それだけに思い入れの強い馬だったので引退は残念でしたが、OP・重賞で厳しい結果が続いていたので致し方なかったと思います。OPまで出世してくれてありがとうと改めて言いたいです。

Photo_6 ロードランパート

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年5月に美浦・高柳厩舎へ転厩しましたが、それまでは栗東・池江寿厩舎に所属。良い脚は一瞬しか使えない+背腰の弱さと弱点があり、成績は上がりませんでしたが、この有力厩舎でも数は使ってくれていました。ただ、適距離がハッキリしないまま現役を終えてしまったのがちょっと残念。

Photo_6 ロードエアフォース

⇒⇒近走の成績を踏まえて引退することに。

今年初戦となった寿S7着後に左前脚がモヤモヤと。打撲という診断で乗り出したのは速かったのですが、患部の腫れはなかなか引かず。結局、再度スローダウンしてケアを優先。それでも夏前には態勢が整っていたのですが、何故か声が掛かれずに8月末の帰厩へズレ込むことに…。

ようやく9月28日のムーンライトHで復帰することが出来たのですが、このレースと大原Sの凡走であっけなく引退になってしまいました。

準OPではなかなか自分の形に持ち込めないでいましたが、テンが緩みやすい長距離ならそのチャンスがあるかなと思っていたので、引退前に芝2400m以上を1度試して欲しかったです。

Photo_6 ロードシュプリーム

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦を12着と凡走し、お手上げ状態でしたが、刺激を与える意味で障害練習に着手。そのまま障害馬としてデビューすることになりました。自分から止める面があったので、障害でも厳しいかなと当初見ていましたが、非凡なセンスを発揮。3戦目で障害初勝利を飾ってくれました。ちなみにその時の2着がのちに中山大障害の覇者となるレッドキングダムです。

OP入り後も即2着に頑張ってくれ、新天地での活躍に更に期待が高まったのですが、障害5戦目の清秋ジャンプSで12着に敗れ、その後の放牧で左前脚屈腱部に張りが判明。帰厩して詳しい検査を受けた結果、屈腱炎という診断が下りました。

競走馬として浮き沈みは激しかったですが、2勝馬ながら記憶に残る馬となりました。

Photo_6 ロードクラヴィウス

⇒⇒左前脚に屈腱炎を発症。そのまま引退することに。

今年初戦の瀬戸特別を12着と大敗し、500万下に降級してから出直しかなと思っていたら、次走の1000万下の平場戦11着後に左前脚に屈腱炎を発症。

セールで高額で取引、デビュー勝ちなど期待の高かった馬でしたが、時計面で限界がある+メリハリの利く走りができないという弱点を克服できませんでした。

Photo_6 アンビータブル

⇒⇒再度の右前脚球節の剥離骨折。そのまま引退することに。

昨年9月に右前脚球節の剥離骨折を発症して全治3ヶ月という診断を受けていたのに、良化スローで倍の6ヶ月を経過。ようやく坂路で調教をできる段階まで戻ってきてくれたのですが、坂路入りした途端に再度の剥離骨折。人災とも言える何ともお粗末な終幕となってしまいました。

現在はケイアイファームで繁殖生活をスタート。来春オルフェーヴルの仔が産まれる予定です。

Photo_6 ロードスパーク

⇒⇒スーパー未勝利への優先権を確保できず、JRAの登録を抹消することに。

募集DVDでは良く見えたのですが、実際の姿はちょっと違っていましたし、気性面の難しさが最後までネックに。この弱点はこの母の仔にはつきものですね。結局、1度も掲示板に乗ることができずにスーパー未勝利前に登録抹消となってしまいました。

Photo_6 ロードブルースカイ

⇒⇒調教後に左前脚の骨折が判明。その程度が大きく、競走能力喪失の診断。

動きの良化が見られないということで、昨年末外厩へ出されて立て直しを図ったのですが、体質の弱さはほとんど改善されず。ある程度乗り込むと、どこかしらに痛いところが出ていました。4月10日に帰厩が叶ったのですが、次の日の調教後に左前脚の骨折が判明。その程度は大きく競走能力喪失の診断が下るほどでした。

牧場自体はコンスタントに乗られていたコメントでしたが、実際は違っていたんでしょうね。ロード馬には時々こういう馬がいます。また、浅見厩舎とは真逆で千田厩舎へ入る馬は体質の弱い馬が多いように思います。

2014年5月15日 (木)

レース後、左前脚の屈腱炎が判明。損傷の度合いが大きく、登録を抹消することになりました。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

レース後の左前脚に腫れ、熱感が認められます。エコー検査を受けたところ屈腱炎で全治9ヶ月以上の診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○安田調教助手 「馬体重が増えたのは良い傾向。今回はキツい競馬を強いられたものの、この経験が必ずや後々に生きると思っていました。あと数週間も経てば500万クラスに降級。近郊の牧場で待機させる予定でした。ところが、レース後に左前脚がモヤモヤと。検査の結果、屈腱炎との診断で・・・。損傷の度合いが大きく、復帰を目指すのは難しそう。本当に申し訳ありません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500万下に下がってからの奮起を期待していたのですが、レース後に左前脚がモヤモヤと。検査の結果、屈腱炎と判明。脚元が弱いイメージはなかったので、急な知らせとなってしまい、残念でなりません。

セールで高額で取引され、安田隆厩舎ということで出資したクラヴィウス。デビュー戦でドコフクカゼに先着し、2歳ラストの樅の木賞でクリソライトとの競り落とすなど2歳時に2勝してくれた馬は私の出資馬ではクラヴィウスが唯一の存在です。

ただ、3歳になってから、成績が尻すぼみに。ソエに悩まされたのもありますが、OPのタイトな流れで揉まれ込んだことで弱気な面が出てきてしまったのが痛かったです。また、時計への対応にも課題があり、2歳時に負かした馬が出世していく中でもどかしい日々を感じていました。

結果論として、久々のレースの中京で大敗した時点で1000万下でのレースを諦め、500万下への降級に備えても良かったのですが、1度使っただけで放牧は申し訳ないという思いで、厩舎での滞在→続戦だったでしょうから、致し方ないかなと思っています。

今後について現段階では分かりませんが、乗馬に転じて、良い余生を過ごせることを願っています。

2014年5月12日 (月)

レースが延び延びになった影響でパドックでイレ込む。500万下に下がって出直し。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

5月11日(日)京都12R・4歳上1000万下・混合・ダート1400mに北村友Jで出走。16頭立て10番人気で1枠1番からハイペースの道中を9、9、10番手と進み、直線では外を通って2秒4差の11着でした。馬場は良。タイム1分27秒9、上がり39秒3。馬体重は14キロ増加の476キロでした。

○北村友騎手 「枠順を生かしてロスの少ない競馬を・・・との指示でした。ゲート裏では馬自身もスイッチが入った状態。さほど労せずに中団のポジションへ取り付けました。ただ、砂を被ったら頭を上げて嫌がる格好。諦めぬように促し続けたものの、最後まで気持ちが戻り切らぬままで・・・。1400mの距離は大丈夫そう。厳しい状況下でも我慢して集中力を保てるか・・・がポイントかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

14キロ増での出走となりましたが、以前減っていた分が戻った感じで、太目感はなかったと思います。ただ、レースが延び延びになってしまっていたので、パドックでのイレ込みが目立ちました。普段は大人しい馬なので、かなり負担になっていたんでしょうね。

この状態ではさすがにレースへ行っても力を出し切れません。パサパサの馬場はこの馬向きではあったのですが…。1400mの流れにはスムーズに対応するも、勝負どころから押し上げが利かず、直線でギアを上げることもなかったです。ハミに頼って走る癖が影響しているのでしょうが、自分から止めてしまっている面もあるようです。

収穫の少ないレースでしたが、2度目の1400mで今回もスムーズに追走はできていました。脚が溜まらないのかもしれませんが、更に1ハロン短縮の1200mでも大丈夫そうに思いました。

今後は放牧に出して、降級戦に向けて立て直すことになるでしょう。クラスが下がって、奮起して欲しいですが、近走の内容ではちょっと自信を持てません。

2014年5月11日 (日)

この距離は魅力も、除外続きで良い出来での出走は望めず。今回も厳しい競馬を覚悟して…。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

5月11日(日)京都12R・4歳上1000万下・混合・ダート1400mに北村友Jで出走します。追い切りの短評は「幾分上向くも」でした。発走は16時10分です。

3回京都6日目(5月11日)
12R 4歳上1000万下
サラ ダート1400メートル 混合 指定 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロードクラヴィウス 牡4 57.0 北村友一
1 2 メイショウアルザス 牡5 54.0 城戸義政 
2 3 オソレイユ 牡5 57.0 藤岡康太 
2 4 メイショウフォロー 牡5 57.0 武幸四郎 
3 5 ウエスタンムサシ 牡5 54.0 義英真
3 6 タガノナパヴァレー セ5 56.0 中井裕二
4 7 メイショウマルマル 牡4 57.0 松山弘平
4 8 コリンブレッセ 牡5 57.0 幸英明
5 9 ゴールドブラザー 牡4 54.0 岩崎翼
5 10 フィオリア 牡6 57.0 太宰啓介
6 11 サンライズネオ 牡4 57.0 尾島徹
6 12 ライブリシーラ 牡7 57.0 中谷雄太
7 13 スズカジョンブル 牡5 57.0 酒井学
7 14 タッチシタイ 牡4 57.0 秋山真一郎
8 15 オールブラックス 牡5 57.0 小牧太
8 16 メモリーパーミット 牡7 57.0 荻野琢

○安田隆師 「現状走りに緩急をつけられない面があるので、こくらいの距離のペースの方がいいのでは」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

瀬戸特別で14着に終わった後、結局中5週の間隔を要して、今週の出走となったロードクラヴィウス。陣営もよくここまで待ってくれたと思いますし、クラヴィウスも稽古疲れに耐えてきたと思います。

ただ、1000万下では現状苦しいのは明白。1400mという適距離でも、出番はないかと正直思います。除外続きでデキが下降線でもあるので…。ハミを頼って走るところが、勝負どころから加速できない理由です。

今回使えば放牧に出るのは既定路線なので、勝負を度外視した極端な競馬を試して欲しいです。後方で溜める形で直線だけに賭ける競馬を。これは3歳OPで惨敗していた時に示唆されていた陣営の戦法の1つなので、こういう競馬を教えていってもらいたいです。

今の感じだと、降級してからも苦しい競馬が続くかもしれませんが、色々な策を講じて、打開していけるように取り組んでもらえればと思います。

2014年5月 8日 (木)

先週自重したことで、何とか適距離に使えそう。日曜京都・ダ1400mへの出走を予定。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

5月11日(日)京都・4歳上1000万下・混合・ダート1400mに予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位10番目、同順位4頭で出走可能です。なお、騎手は未定です。5月7日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に54.8-40.0-25.7-12.7 末強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

○安田調教助手 「5月7日(水)も坂路コースで。渋った馬場でもラストを12秒台で上がっており、デキは維持しているでしょう。今週はゲートインが叶いそう。ただ、事前にジョッキーを押さえるのが難しい状況でしたからね。上手くピックアップ出来れば・・・」

≪調教時計≫
14.05.07 助手 栗東坂稍1回 54.8 40.0 25.7 12.7 末強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週、距離の長い1900mに使うことも視野に入れていましたが、1週待ったことで何とか適距離に使うことができそう。まずは一安心です。

除外続きの中、時計を出し続けていたので、良いデキでレースへ臨むことを期待するのは酷ですが、大幅な下降線は感じません。あとはイライラした面を上手にケアして微調整を施してもらいたいです。

まあ現状、1000万下では頭打ちなので、降級後に繋がる競馬を意識して走ってきて欲しいです。

2014年5月 3日 (土)

守備範囲の距離にはなかなか使えず。3鞍予定されている来週に賭けることに。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

2014.05.01
体調、条件、出走状況等を踏まえた上で今週の出走を回避しました。目標を切り替えて5月10日(土)東京・4歳上1000万下・ダート1300mもしくは5月11日(日)東京・日吉特別・混合・ダート1600mもしくは5月11日(日)京都・4歳上1000万下・混合・ダート1400mに予定しています。

2014.04.30
当初のプランを変更して5月3日(土)京都・4歳上1000万下・混合・ダート1900mに予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位8番目、同順位3頭で出走可能です。体調、条件、出走状況等を踏まえて回避する可能性もあります。なお、騎手は未定です。4月30日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に55.9-39.9-25.7-13.1 一杯に追っています。短評は「ひと叩きも良化無」でした。

○安田調教助手 「馬自身が徐々にイライラと。稽古だけ積み重ねてレースに使えない状況ですからね。京都の1900m戦だと出走枠に入れそう。ただ、さすがに距離が長いので・・・。投票直前まで様子を窺い、精神面の我慢が利く感じならば次週まで待ちたい気持ち」

≪調教時計≫
14.04.30 助手 栗東坂不1回 55.9 39.9 25.7 13.1 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

適距離ではなかなか順番が回ってこないクラヴィウス。それでも出走に備えての稽古を積まないといけないので、クラヴィウスの精神面は一杯一杯になってきている様子。

京都のダ1900mなら枠に入れるとのことだったので、ここで手を打つかなと見ていましたが、守備範囲のレースが3つ予定されている来週に賭けることになりました。何とか1つでも使えれば良いのですが…。もし、3鞍ともダメだったら、レースを使わずして放牧でも仕方ないかなと思います。

2014年4月26日 (土)

除外濃厚で出馬投票を見送り。思うように使える状況でないので調子自体も難しく…。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

2014.04.24
体調、条件、出走状況等を踏まえた上で今週の出走を回避しました。4月23日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.2-39.8-25.1-12.6 馬なりに乗っています。短評は「ひと叩きも良化無」でした。目標を切り替えて5月4日(日)東京・4歳上1000万下・混合・ダート1400mもしくは5月4日(日)新潟・中ノ岳特別・混合・ダート1800mに予定しています。

2014.04.23
4月27日(日)東京・4歳上1000万下・混合・ダート1600mに予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位20番目、同順位6頭で除外対象です。体調、条件、出走状況等を踏まえて目標を切り替える可能性もあります。なお、騎手は未定です。4月23日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.2-39.8-25.1-12.6 馬なりに乗っています。短評は「ひと叩きも良化無」でした。

○安田調教助手「今週の出走も視野に入れて4月23日(水)に追い切っています。及第点の動き。体調面に何ら問題は無く、脚元も落ち着いた状態ですよ。いつでもゴーサインを出せそう。ただ、ここも除外が濃厚で・・・。もう少し選択肢を広げた方が良いのかも」

≪調教時計≫
14.04.23 助手 栗東坂良1回 55.2 39.8 25.1 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1000万下では荷が重い現状ですが、もう1戦しようと色々模索してくれているのは有難いです。

ただ、クラス再編成の時期が迫っているので、500万下へ下がるのを待った方が無難かと思います。レースで使えるメドが立っていない中での調整は難しいでしょうし、1000万下で厳しいという事実があります。来週も使えないようなら、そういう判断をする時期かもしれません。

2014年4月19日 (土)

福島の特別戦への登録を行うも、レース間隔が今しばらく必要そうで…。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

4月16日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.9-44.7-28.9-13.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○安田調教助手 「福島の特別レースに登録を行なったものの、頭数が非常に多くてゲートインは難しそう。想定表を見る限りだと、阪神の1400m戦も厳しいでしょう。そんな情勢だけに4月16日(水)はサッと。出走枠に入るには今しばらく時間が必要では・・・」

≪調教時計≫
14.04.16 助手 栗東坂良1回 60.9 44.7 28.9 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

福島の特別戦に登録があったので、今週使うことができるのかなと思ったのですが、やはり出走枠に入るのは厳しかったです。まあ、このことは想定段階で分かっていたので、無駄な負荷は避けることが出来ました。

あと1~2週ほど状況を確かめて、適距離への出走が難しいようなら、一足先に降級へ備える意味で放牧に出して欲しいです。1000万下では好走を望むのはちょっと厳しい状況ですから。

2014年4月12日 (土)

ロードなお馬さん(4歳馬)

Photo_6 ロードクラヴィウス

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○安田調教助手 「休み明けの前走を使った後もコンディションは安定。ただ、出走間隔との兼ね合いが問題だけに・・・。なかなか具体的に目標を定めるのは難しいですね。4月9日(水)は普通キャンター。一応、週末より再び時計を出し始めようと考えています」

Photo_6 ロードシュプリーム

千葉・北総ファーム在厩。ウォーキングマシン45分、ダートコース・ダク1500m→キャンター6000m(1ハロン25~27秒ペース)、障害練習。

○当地スタッフ 「打撲を負った右前脚球節はスッキリ。以前と変わらぬ勢いでハードルを跳んでおり、全く問題無いと思います。最新の値が514キロと微減。外見的には冬毛が幾らか目立つ印象で、調子が上向くのはもう少し暖かさを増してからかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラヴィウスはレース後のダメージは問題なさそう。想定を見ながら、使える番組を探すことになるでしょうが、距離が幾分長いダ1800mになってくるでしょう。次走も厳しい結果が待っているでしょうが、もう1回使ってクラス再編成による降級に備えてもらいたいです。

シュプリームは打撲による腫れは順調に治まった様子。ただ、障害練習を繰り返して、今度は疲れとしてぶり返してこなければ良いのですが…。また、障害練習を続けていますが、冬毛が残っているようで、状態がなかなか上がってきていないのも心配です。

2014年4月 4日 (金)

時計の速い決着になって、最後はバタバタ。1000万下では苦しい現状。★ロードクラヴィウス

Photo_3 ロードクラヴィウス(牡・安田隆)父アドマイヤムーン 母ダイワデリカシー

3月30日(日)中京12R・瀬戸特別・混合・ダート1800mに大野Jで出走。16頭立て16番人気で7枠14番からハイペースの道中を8、8、7、7番手と進み、直線では中央を通って3秒1差の14着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は不良。タイム1分54秒2、上がり41秒1。馬体重は2キロ減少の462キロでした。

〇安田調教師 「道中は良いリズムで運べるものの、勝負処でペースが速まるとギアが上がらぬ感じで付いて行けず・・・とジョッキーは感想を述べていました。距離を短縮するのは一案ながら、その場合は追走で手一杯に。なかなか難しいですね。ゆっくりしたスタートだったのに加え、今日は降雨の影響で時計の速い馬場コンディション。パサパサの乾いたコースの方がベターでしょう。厩舎へ戻ってから今後のプランを考える方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

〇安田調教助手 「ハミに頼り気味で、前へ進んで行かぬ感じ。稽古と同じような走りでした。厩舎で調整を続ける予定ながら、どのぐらいの間隔が次走までに必要か・・・。次週から再び3場開催。毎週の動向を確認しつつ、ゲートインの機会を探ろうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中京のダ1800mに回ったクラヴィウスですが、勝負どころから厳しくなってしまい、最後は失速の14着。時計が掛かった方が良い馬ですし、この距離も幾分長いのでしょう。

当初は阪神ダ1400mに照準を合わせていましたが、同厩舎のマラネロ・スマートレパードが同レースに出ていたので回されたんでしょうが、どうせなら3頭出しでお願いしたかったです。

また、ギアが上がって行かないのは、距離だけでなく、自分から止めてしまっている分もあるのかなと思います。この内容だと、500万下に降級となっても、厳しいかもしれません。

今後はひとまず厩舎へ置いて、使っていけそうな番組を探していくとのこと。ただ、出走枠に入れたとしても、適距離のダ1400mは難しいでしょうから、次走も1800mの番組になりそう。

苦しい競馬が続きますが、ハミに頼った走法を何とか良い方へ向けて行ってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ