出資馬一覧

カテゴリー「シルクドリーマー」の469件の投稿

2018年10月17日 (水)

翌日に帰厩を控えた中、右前と左トモを跛行するアクシデントが発生。★シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「12日の午後に馬体チェックのため馬房から出したところ、右前と左トモが跛行していました。脚元をチェックしたところ、両前脚に腫れが確認されたので、近日中に詳しく検査を行う予定です。この中間も順調に乗り込まれ、13日に帰厩する予定になっていたのですが誠に残念です。申し訳ありません。馬体重は493キロです」(10/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月4日の東京・アルゼンチン共和国杯出走へ向け、11日の最新情報で13日に帰厩することが示されたシルクドリーマー。ハンデ戦で距離が魅力な1戦なので出走を楽しみにしていたのですが、前日の更新でまさかのアクシデントが判明することに…。

馬房で暴れたor調教によるものなのかはハッキリしませんが、右前と左トモが跛行していることが判明。腫れも確認されていることから軽症ということはなさそう。まだまだ若々しいとはいえ現在9歳馬。半年以上の休養を余儀なくされるとなると、進退が危ぶまれます。牧場組の定期更新(金曜日)までに何か動きがあるのかなあ…。

2018年10月11日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月4日の東京・アルゼンチン共和国杯(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで進めています。坂路コースでの動きは変わらず前向きで良好ですね。黒岩調教師からはアルゼンチン共和国杯での出走を検討していると言われていますので、帰厩の声が掛かるまではこの調子でしっかりと乗り込んでいきたいと思います。馬体重は496キロです」(10/5近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も歩様は悪化することなく乗り込めています。順調に進められてはいるものの、もう少し乗り込みを重ねた方が良い状態で送り出せると思いますので、尾関調教師と相談し、予定を5回東京開催に少し延ばすことになりました。馬体重は511キロです」(10/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクドリーマーは引き続き意欲的な調整を継続。それにしっかり対応できているのは何よりです。次走はひとまず来月4日の東京・アルゼンチン共和国杯を予定。賞金的に使えるかどうかは微妙ですが、軽量+この距離は魅力なので何とか出走へこぎ着けて欲しいです。

ブロードアリュールは今開催の最終週を一旦視野に入れていましたが、まだまだ良化が見込めることから次の東京開催まで我慢することに。レースを使うと反動が出そうなだけに、少しでも良い状態・仕上げで出走できるように取り組んでいってもらえればと思います。

2018年10月 2日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第3回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進められています。馬体はまだ少し太いかなという感じがしますが、動き自体は前向きで良好ですよ。このまま帰厩に向けて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は543キロです」(9/28近況)

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も脚元を含めて問題はありませんので、週2回はハロン13秒まで脚を伸ばし、また登坂回数を週4回に増やしています。全体的な調教の負荷を強めていますが、馬は元気そのものですし年齢的なものは感じさせませんね。馬体重は491キロです」(9/28近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も先週と同様のメニューで調整を行っています。引き続き歩様もこの馬なりに維持できていますし、帰厩の声が掛かるまでは今の状態をキープしていきたいですね。トレセンでの状態を見て最終的には判断していただくことになると思いますが、東京4週目のダ1300mあたりが有力になってくるでしょう。馬体重は501キロです」(9/28近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き同様のメニューで進めています。いい意味で動きに変わりはありませんし、飼い葉も食べていて体調面も良好です。今の状態をキープしながら、帰厩に向けて乗り進めていければと思います。馬体重は486キロです」(9/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リミットブレイクは脚元の問題なく坂路での乗り込みを継続。馬体は少し立派なようですが、その分、厩舎へ戻ってからの調教・追い切りはスムーズに移行できると思います。前向きさが出てきて、状態は確実にアップ中。あとはオーバーワークにならないように注意してもらえればと思います。

シルクドリーマーは週4日坂路入り。9歳馬とは思えないタフさです。ただ、いつもと違って馬体重はおおよそ490キロ。少し細いように思うのでハードワークを課しつつ、しっかり食わし込んで欲しいです。

ブロードアリュールは淡々と同じメニューを消化中。歩様に硬さがある馬で反動が出てしまうのが怖いので、丹念に乗り込みつつ状態を整えていくしかありません。それでも仕上げはかなり進んでいるので、帰厩の声が掛かるまで無理のない範囲で進めてもらいたいです。

ヴェルトゥアルは攻めの調教を課しても、クタッとすることなく対応できているのは○。春頃のヴェルトゥアルと比べると、体力は間違いなく付いてきているでしょう。もうそろそろ帰厩モードへ切り替えていって欲しいところ。結果が伴わなければ、気持ちの問題が大きいのでしょう。

2018年9月28日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第3回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様の調教メニューをこなしています。歩様はいい意味で変わりありませんし、順調に進められていますよ。尾関調教師からは来週か再来週には帰厩させる予定だと聞いていますから、いつ声が掛かっても対応できるように努めていきたいと思います。馬体重は546キロです」(9/21近況)

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「18日にこちらへ移動してきましたが、特に問題はなさそうですね。脚元も落ち着いていますし、馬も元気な様子ですので、早速坂路での調教をスタートしています。この調子で状態に合わせて進めていきたいと思います」(9/21近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:東京開催
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から更に負荷を強めて、週3回周回コースでの乗り込みを進めています。ペースを上げつつも、歩様はいい意味で変わりはありませんし、今の感じであれば10月の東京開催での出走も検討していくことが出来そうです馬体重は503キロです」(9/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リミットブレイクは歩様に違和感が出ることなく、変わらず順調。近々帰厩する予定なので、この調子を維持して声が掛かるのを待ってもらえればと思います。

シルクドリーマーは18日にNF天栄へ到着。無駄なことをしない馬なので到着後の様子は何ら変わらず。早速坂路での調教をスタートしています。じわじわ状態を上げ、次走以降の予定を組み立てていってもらえればと思います。

ブロードアリュールは周回コースで丹念に乗り込み中。じわじわ負荷を高めても、歩様の硬さは許容範囲で安定しています。復帰戦は決まっていませんが、状態が上がってきている現状なのでそろそろ絞られてくるかと思います。良いタイミング・状態で厩舎へ戻ってきて欲しいです。

2018年9月18日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・北海道組)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回ウォーキングマシン

担当者「この中間も引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。患部の熱感は依然として残っているので、次のステップになかなか進めません。体調そのものは良好ですので、引き続き患部のケアをしっかり行っていきます」(9/14近況)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整 

担当者「この中間はややペースを落とした調教メニューです。決して状態が悪いわけではなく、疲労を蓄積しないために坂路の登坂回数を減らしています。馬体重は510キロとさほど前回計測時と変わりません。今後も適度にリフレッシュさせ、肉体的にも精神的にもダメージの無い状況で調教を行いたいですね」(9/14近況)

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路調教をメインに進めています。この中間はフォームを意識した調教を行いたかったのでペースを落としました。普段から悪さをすることもないですし、扱い易いですね。今後も実戦に向けた調教を行っています」(9/14近況)

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:北海道・NF空港/18日福島県・NF天栄へ移動予定
・調教内容:週1回トレッドミルでハロン30秒のキャンター5分、残りの日はウォーキングマシン

担当者「こちらに帰場後も脚元等を含めて状態には問題はありません。ゆっくりと休ませていることでレースの疲れはある程度取れてきました。ダメージも少なく、9歳馬とは思えないほどタフな馬ですね。馬体も回復傾向ですので、18日に天栄に移動する予定になりました。移動日まで状態の向上に努めてまいります」(9/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼーヴィントは引き続きウォーキングマシンのみの運動で進展なし。まずは患部の熱感が和らがないと次のステップへは行けません。長期戦は免れないので焦ることなく地道に行くしかありません。

ヴィッセンは状態こそ悪くないのでしょうが、良化度がもう一つ。また、定期的にリフレッシュを挟むということで前向きさを引き出したいのかなと思います。まずは状態を上げ、NFしがらきへ1日でも早い移動を願うばかりです。

ブライトクォーツは引き続き順調。この中間はフォームを意識した調教ということで、これは良い取り組みだと思います。あとはメリハリのある調教でギアチェンジ・瞬発力を意識付けして欲しいです。

シルクドリーマーは回復を優先していますが、9歳馬とは思えないリカバーの速さ。元々、無駄なことをしない性格なのもプラスに働いているのでしょう。それでいて牝馬好きな馬ですし。今後は18日にNF天栄へ移動し、秋競馬へ向けて調整を進めていくことになります。

2018年9月 6日 (木)

タフな流れで最後は我慢比べ。勝負どころでモタモタしてしまうも、そこで脚を温存する形にもなり、最後の直線は大外から渋太く脚を伸ばして5着。良く頑張っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

日曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)5着(6番人気) 勝浦J

互角のスタートから道中はやや縦長の展開の中団を追走します。他の馬が動き始めた時も我慢してポジションをいったん下げましたが、直線で外に持ち出すとジリジリと前との差をつめて掲示板を確保する5着でゴールしています。

勝浦騎手「内枠でしたし調教師の指示通り少しだけ出してポジションを取りに行きましたが、特に力むことはなかったですし体の前と後ろのつながりも悪くなかったですね。2周目に入った時に外に出せるタイミングがあって、そこで動いても良かったのですが、手ごたえがあまり良くなかったので動きませんでした。終いに体力を残した分、最後までバテずに走ってくれましたが、一瞬動こうかと思った時に外から進出して行ったのが勝ち馬だっただけに、判断の難しいレースでした」

黒岩調教師「前走よりも仕上がりには自信を持てましたし、パドックでの雰囲気も良かったですね。ただでさえ消耗する距離ですし、さらに馬場もタフなので前半はゆっくり進めてもらいました。最後はこの馬が伸びたというよりも他の馬がバテて完全に脚が上がる展開の中で、ドリーマーは最後までヘコたれることなく力を示してくれました。最後の最後にハナ差交わしてくれて5着に入ってくれたのは、本当によく頑張ってくれたと思います。この後は一旦NF空港へ移動させて、向こうでの状態を見ながら次走を考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:4日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧

黒岩師「レース後は念のためにレントゲンを撮ってみましたが、脚元に問題はありませんでした。あまり間隔を空けずに使ってきましたし、レースの疲れを取るためにノーザンファーム空港へ放牧に出させていただきました。まずは馬体を回復してもらい、状態を見てノーザンファーム天栄へ移動させていただく予定になっています」(9/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の札幌日経OPよりメンバーが強化されていた丹頂S。ハンデ戦ということでその前走から3キロ減で臨める有利さはあったも、それを成績に繋げるのはなかなか難しいのかなと思っていました。仕上がりに関しては、短期放牧を挟んでも上手に調整出来ていたようです。

スタートを五分に出てシルクドリーマーですが、促してポジションを取りに行くようなことはせず、出たなりの位置で追走。道中、少し頭を上げるシーンはありましたが、馬群の中でひとまず問題なく進めることは出来ていたと思います。

ただ、レース自体が特殊な感じに。最初の1ハロンこそ13秒台でしたが、その後は12秒台のラップを刻んだ消耗戦に。そこに開催最終日でタフさを増した馬場がプラスされて。最後の方は我慢比べというようなレースになっていました。

ドリーマーは道中内々でロスなく立ち回っていましたが、ペースアップの際に内でモタモタ。どこかのタイミングで外へ切り替えることが出来ていればまた違ったんでしょうが、後続が切れ目なく押し上げて行ったので自然とポジションを下げてしまうことに。その後、ようやく外へ持ち出せたのですが、4角を回ってくる時は大外の位置取りとロスが大きかったかなと思います。

まあ、それでも最後の直線は外からジリジリを脚を伸ばしたドリーマー。本来、軽い芝の方が合っている馬ですが、我慢比べの中でこの馬らしい渋太さを発揮。軽ハンデの3頭が抜け出していましたが、ブレスジャーニーとアルターとの接戦の中で5着に踏み止まってくれました。ちょっと勿体なさもありますが、タフさを要求される中で9歳馬。ホント頑張ってくれています。

レース後のドリーマーは疲れを取り除く為に4日にNF空港へ放牧。放牧前に念の為、レントゲン検査をしたようですが、脚元等に異常は見当たらなかったようです。今後の予定は回復次第ですが、個人的には状態をしっかり整え、11月4日のアルゼンチン共和国杯へ間に合って欲しいと願っています。年齢的に善戦以上は難しくなってきていますが、今回のように掲示板入りを目標に1戦でも長く現役を続けてもらいたいです。

2018年9月 2日 (日)

4着の前走より相手関係は強化されるも、今回はハンデ戦。最内枠と前走から3キロ減を生かして今回も最後まで食らい付いて欲しい。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

日曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)1枠1番 勝浦J

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:札幌ダートコースで29日に時計

黒岩師「29日に札幌ダートコースで追い切りを行いました。併走馬をリードする形から直線は外に併せましたが、相手が2歳未勝利だったこともあり、最後は余裕を持って先着しました。札幌の気候が合っているのか、前回同様に滞在中は順調に調整できており、普段から元気よく過ごしています。前走時の調整過程は、順調に状態を上げることができたものの、前々走が不本意な負け方だったために手探りの部分がありました。今回は前走からの回復が思ったよりも早かったので、ここまで予定通りに調教を消化してきましたし、前走以上の状態でレースに臨めると思います。前走では前半に少し行きたがるなど、修正部分もありましたから、更なる上積みが期待できると思います」(8/30近況)

助 手 26札ダ重 55.7- 40.6- 13.5 馬なり余力
助 手 29札ダ良 68.3- 53.0- 38.6- 12.7 馬なり余力 フライクーゲル(二未勝)末強目の外0.4秒先行0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌6日目(09月02日)
11R 丹頂S
サラ 芝2600メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シルクドリーマー 牡9 53 勝浦正樹
2 2 グランアルマダ せ6 53 小崎綾也
3 3 トミケンスラーヴァ 牡8 54 秋山真一郎
3 4 ハートレー せ5 56 C.ルメール
4 5 ブライトバローズ 牡6 54 四位洋文
4 6 ブレスジャーニー 牡4 56 岩田康誠
5 7 トウシンモンステラ 牡8 52 国分恭介
5 8 ヴォージュ 牡5 56 藤岡康太
6 9 アルター せ6 54 吉田隼人
6 10 サンマルデューク 牡9 53 古川吉洋
7 11 ルミナスウォリアー 牡7 57 柴山雄一
7 12 ハッピーユニバンス 牝6 51 横山武史
8 13 コルコバード 牝5 53 丸山元気
8 14 リッジマン 牡5 52 松岡正海

○味戸助手 「七夕賞でテンに出していった影響で、距離を延ばした前走はハミを噛んで力んで走っていました。短期放牧を挟んで順調に調整。続けて同じ条件に使う分、今回はもう少し走れていいと思います」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2角でジャンプしてトモを落とすトラブルがあった前々走のシルクドリーマー。何故、こういうことが起きたかハッキリしない手探りのままレースに臨むことになった前走でしたが、道中3番手から正攻法の競馬を展開。道中、ロス少なく立ち回ってくれましたが、序盤に少し行きたがったのが最後に詰めの甘さに繋がっての4着。3着馬とはハナ差の接戦でちょっと勿体なかったですが、9歳ながらホント頑張ってくれています。

レース後は前々走のアクシデントの影響等を考慮し、NF空港へ放牧に。秋競馬に備える予定でしたが、芝の長丁場はそう多く組まれていないので状態に問題ないなら積極的に使おうということに。暑い時季が得意ということもあるでしょうが、シルクドリーマーは元気一杯ですぐ札幌へ戻ってきてくれました。

帰厩後の調整・追い切りに関して、時計こそ目立ちませんが活気ある動きを披露。年齢的に上積みは見込めませんが、状態の良さは太鼓判を押せるぐらいです。

ただ、前走の札幌日経OPよりもメンバーは強力。重賞を勝った馬も数頭いますし、コルコバードのようにこれから伸び行く素材も。正直楽ではありませんが、前走より3キロ軽くなる利点を生かしてどこまで食らい付くことが出来るかどうか。良馬場でやれるのは○です。

さすがに勝ち切るとなると難しいと思いますが、最内枠の利点を生かし、道中内々で息を潜めて走ってきて欲しいところ。そうすれば最後の直線で進路が広がるので、今回はそこでもうひと伸びしてくれることを願っています。

2018年8月24日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日にCWコースで追い切り
・調教内容:小倉9月1日・ダ1700m、もしくは小倉9月2日・ダ1700m

渡辺師「23日にCWコースで追い切りました。自ら跨って感触を確かめてみましたが、本数を重ねていくにつれて息づかいが良くなって前向きさも見られるようになりました。もう1本追い切りを消化すれば更に良くなってきそうなので、1週延ばして正解でしたね。来週の想定を見てどちらに向かうか検討したいと思います」(8/23近況)

助 手 19栗坂良 59.7- 41.6- 26.3- 12.4 末一杯追う
調教師 23CW稍 84.2- 67.0- 52.6- 39.5- 12.9 追って一杯

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:札幌ダートコースで22日に時計
・次走予定:9月2日の札幌・丹頂S(勝浦J)

黒岩師「19日に札幌競馬場へ帰厩させていただき、21日に軽めに運動を行いましたが特に問題はなかったので、22日にダートコースで追い切りを行いました。単走で行いましたが、『最後まで馬なりのまま楽な感じで走れていて、動きには特に変わった感じはなくドリーマーなりに良かったです』と、現地に滞在している助手からは報告を受けています。脚元を含めて状態に問題はありませんから、この調子で来週のレースに向けて進めていきたいと思います。鞍上は勝浦正樹騎手に依頼しています」(8/23近況)

助 手 22札ダ重 67.6- 51.9- 37.9- 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の小倉・ダ1700mへ向けて調整を進めているインペリオアスール。1週前追い切りとなる23日の追い切りは調教師自ら騎乗してもらい、感触を掴んでもらっています。時計的には正直地味ですが、ビシッと追えたことは○。このひと追いでグッと良くなってくるでしょうし、来週もビシッと追ってレースへ臨んでもらいたいです。

短期放牧明けも前走を使ってまもないシルクドリーマー。22日の追い切りはサラッと感触を確かめる程度で済ましていますが、特に気になる点はなさそう。年齢的に上積みはないでしょうが、変わりなく来ているのが何よりです。また、次走の鞍上は勝浦Jに決定。初コンビとなりますが、今は変な癖もないので苦労することはないでしょう。スムーズな競馬で前走以上の結果を目指して欲しいです。

2018年8月21日 (火)

19日に札幌競馬場(黒岩厩舎)へ帰厩しています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

・在厩場所:北海道・NF空港/19日に札幌競馬場へ帰厩予定
・次走予定:9月2日の札幌・丹頂S
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

黒岩師「先日NF空港で状態を確認してきました。2戦走った割には思ったほどのダメージは見られませんし、ここを逃がすと選択肢が少なくなってしまいますから、札幌最終週の丹頂Sに向かいたいと思います。19日に札幌競馬場へ帰厩させていただく予定です」(8/17近況)

⇒⇒19日(日)に札幌競馬場へ帰厩しています。(20日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF空港で札幌日経OPの疲れを癒していたシルクドリーマー。前々走の七夕賞でああいうアクシデントがあったので秋競馬に備える方針でしたが、芝の長距離戦が少ないこと、ダメージも見られないということで一転出走する方向へ。その後も順調に来ていることから19日に札幌競馬場へ移動しています。

牧場時は軽めの調整に終始してきましたが、2度使ってきていることもあり、仕上げには時間は要しないでしょう。状態を整えるイメージであと3本の追い切りをこなし、良い雰囲気を維持してレース当日を迎えてもらえればと思います。

2018年8月10日 (金)

アクシデントがあった前走の影響少なく、前目の位置でレースの流れに乗る。最後の直線で懸命に粘り込みを図るも、最後は力尽きての4着。良く頑張っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)4着(7番人気) 丸山J

大外枠からスタートするとジワッと前を窺い、3番手で流れに乗ります。逃げた勝ち馬をマークする形で最後のコーナーを回り、直線懸命に追われると、前には引き離され後続にも迫られますが、何とか4着に粘り込んでいます。

丸山騎手「前回スタートからポジションを取るため出していったことが影響したか、1週目のスタンド前までは少しハミを噛んでいました。それでも3角過ぎまでは手応えがよかったので、『これなら勝ち負けできる』と思ったのですが、前半噛んだ分、最後は少し甘くなってしまいました。でも9歳という年齢でよく頑張っていると思いますよ。滞在競馬も合っているのか、凄く具合がいいと感じました」

黒岩調教師「札幌の気候が合うのか、こちらに来てからは元気一杯で具合の良さを感じていました。前走の敗因が掴みきれなかったので、手探りの状態でしたが、その中でも段階を踏んで、状態を上げることが出来ました。前回は2000mだったのでポジションを取るために前半から急かしたことで、馬が戸惑ってしまったのかもしれないと考え、『今回はゆっくり進めてジワッと追い上げよう』と丸山騎手と話していたのですが、前回出していったことで、今回はかなり行きっぷりが良かったですね。馬自身が『焦らなくてもいい』ということを理解するまで少し時間を要しましたが、逃げ馬が勝つ展開だったことを考えると結果的にポジションは悪くなかったと思います。最後のコーナーで勝ち馬に並びかけるところまで行かなかったところは力の差を感じましたが、それでも最後までバタッと止まることなく4着に粘り切ったのですから評価できると思います。馬体や普段の雰囲気からは全く年齢を感じさせないのですが、競馬の後の回復に少し時間がかかるようになっているのは事実です。札幌の最終週に同条件のレースがありますが、ここまで続けて2戦していますし、特に長距離戦は消耗が激しいですから、ここは無理せず一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大外枠でもスッと好位につけてスムーズに立ち回り、最後までバテることなく粘る。昨年2着のレースで、きっちりと変わり身を見せた。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:7日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧

黒岩師「競馬の後も馬体に異常はなく、7日にノーザンファーム空港へ放牧に出しました。牧場スタッフと打ち合わせたところ、長距離路線は選択肢が限られてきますし、札幌最終週の丹頂Sは時間的にまだ余裕があるので、そこも視野に入れて状態を見ていこうということになりました。回復が早いようであれば、すぐに帰厩の準備を整えますが、あくまでも馬の状態次第で、無理をさせるつもりはありません」(8/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の七夕賞でジャンプしてトモを落とした走りになってしまうアクシデントがあったシルクドリーマー。その後の様子をじっくり窺い、昨年2着しているこのレースへと駒を進めてきましたが、不可解な出来事があった後の1戦だけに今回は無事に走り終えてくれれば満足でした。9歳馬ですし、前回のようなことが起きれば、引退に繋がってしまう訳ですから。

スタートはそれほど早くなかったですが、前走である程度出していったことが響いて、序盤はハミを噛むところがあって行きたがる素振り。何とか丸山Jがなだめてくれるも、予定よりも前目の位置でレースの流れに乗ることになりました。

道中は淡々と流れ、後方から捲ってくるような馬はなし。逃げたグランアルマダが下がっていき、3角過ぎからは結果的に勝つことになるヴォージュと併走。早目に交わしたかったのでしょうが、手応えに差があり、付いていくのに精一杯。最後の直線を向くと、スッと突き放されてしまいました。

それでもシルクドリーマーはパタッと止まることなく、渋太さを発揮。懸命に2着死守を図りますが、アドマイヤエイカン・カラビナに差し込まれて最後は4着へと下がってしまいました。序盤、ハミを噛んでしまったのが、最後の最後で堪えた感じです。

レース後のドリーマーですが、馬体に異常は見受けられないも、使ったなりの疲れが見受けられることもあり、7日にNF空港へ放牧済。札幌最終週の丹頂Sを視野に入れていますが、使うかどうかは今後の回復次第です。

9歳になって回復に時間を要すようになったみたいですが、レースではまだまだ元気のあるところを見せてくれているシルクドリーマー。来年で10歳を迎えますが、まずは10歳での出走を目指して1戦1戦を大事に使っていってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ