最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「シルクドリーマー」の460件の投稿

2018年8月10日 (金)

アクシデントがあった前走の影響少なく、前目の位置でレースの流れに乗る。最後の直線で懸命に粘り込みを図るも、最後は力尽きての4着。良く頑張っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)4着(7番人気) 丸山J

大外枠からスタートするとジワッと前を窺い、3番手で流れに乗ります。逃げた勝ち馬をマークする形で最後のコーナーを回り、直線懸命に追われると、前には引き離され後続にも迫られますが、何とか4着に粘り込んでいます。

丸山騎手「前回スタートからポジションを取るため出していったことが影響したか、1週目のスタンド前までは少しハミを噛んでいました。それでも3角過ぎまでは手応えがよかったので、『これなら勝ち負けできる』と思ったのですが、前半噛んだ分、最後は少し甘くなってしまいました。でも9歳という年齢でよく頑張っていると思いますよ。滞在競馬も合っているのか、凄く具合がいいと感じました」

黒岩調教師「札幌の気候が合うのか、こちらに来てからは元気一杯で具合の良さを感じていました。前走の敗因が掴みきれなかったので、手探りの状態でしたが、その中でも段階を踏んで、状態を上げることが出来ました。前回は2000mだったのでポジションを取るために前半から急かしたことで、馬が戸惑ってしまったのかもしれないと考え、『今回はゆっくり進めてジワッと追い上げよう』と丸山騎手と話していたのですが、前回出していったことで、今回はかなり行きっぷりが良かったですね。馬自身が『焦らなくてもいい』ということを理解するまで少し時間を要しましたが、逃げ馬が勝つ展開だったことを考えると結果的にポジションは悪くなかったと思います。最後のコーナーで勝ち馬に並びかけるところまで行かなかったところは力の差を感じましたが、それでも最後までバタッと止まることなく4着に粘り切ったのですから評価できると思います。馬体や普段の雰囲気からは全く年齢を感じさせないのですが、競馬の後の回復に少し時間がかかるようになっているのは事実です。札幌の最終週に同条件のレースがありますが、ここまで続けて2戦していますし、特に長距離戦は消耗が激しいですから、ここは無理せず一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大外枠でもスッと好位につけてスムーズに立ち回り、最後までバテることなく粘る。昨年2着のレースで、きっちりと変わり身を見せた。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:7日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧

黒岩師「競馬の後も馬体に異常はなく、7日にノーザンファーム空港へ放牧に出しました。牧場スタッフと打ち合わせたところ、長距離路線は選択肢が限られてきますし、札幌最終週の丹頂Sは時間的にまだ余裕があるので、そこも視野に入れて状態を見ていこうということになりました。回復が早いようであれば、すぐに帰厩の準備を整えますが、あくまでも馬の状態次第で、無理をさせるつもりはありません」(8/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の七夕賞でジャンプしてトモを落とした走りになってしまうアクシデントがあったシルクドリーマー。その後の様子をじっくり窺い、昨年2着しているこのレースへと駒を進めてきましたが、不可解な出来事があった後の1戦だけに今回は無事に走り終えてくれれば満足でした。9歳馬ですし、前回のようなことが起きれば、引退に繋がってしまう訳ですから。

スタートはそれほど早くなかったですが、前走である程度出していったことが響いて、序盤はハミを噛むところがあって行きたがる素振り。何とか丸山Jがなだめてくれるも、予定よりも前目の位置でレースの流れに乗ることになりました。

道中は淡々と流れ、後方から捲ってくるような馬はなし。逃げたグランアルマダが下がっていき、3角過ぎからは結果的に勝つことになるヴォージュと併走。早目に交わしたかったのでしょうが、手応えに差があり、付いていくのに精一杯。最後の直線を向くと、スッと突き放されてしまいました。

それでもシルクドリーマーはパタッと止まることなく、渋太さを発揮。懸命に2着死守を図りますが、アドマイヤエイカン・カラビナに差し込まれて最後は4着へと下がってしまいました。序盤、ハミを噛んでしまったのが、最後の最後で堪えた感じです。

レース後のドリーマーですが、馬体に異常は見受けられないも、使ったなりの疲れが見受けられることもあり、7日にNF空港へ放牧済。札幌最終週の丹頂Sを視野に入れていますが、使うかどうかは今後の回復次第です。

9歳になって回復に時間を要すようになったみたいですが、レースではまだまだ元気のあるところを見せてくれているシルクドリーマー。来年で10歳を迎えますが、まずは10歳での出走を目指して1戦1戦を大事に使っていってもらいたいです。

2018年8月 4日 (土)

ここへ向けての調整は違和感なく進められてきたも、前走でジャンプしてしまうハプニングがあった後だけに今回は無事に回ってきて欲しい。★シルクドリーマー

201807_5

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)8枠14番 丸山J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:札幌芝コースで1日に時計

黒岩師「先週無事に札幌競馬場へ到着しており、週末にはダートコースでサラッと時計を出しました。1日には芝コースで併せて追い切り行い、道中はドリーマーが先行し、直線は外に併せて最後は同入しています。新馬と併せたということもあり、終始相手のペースに合わせる感じでしたが、最後まで余力十分な動きを見せてくれました。丸山騎手に騎乗してもらったところ、少し息遣いが気になったようですが、どちらかと言うとそれほどスカッとした感じのタイプではないことを伝えると、『動きは良かったですし、それであれば問題ないと思います』といい感触を掴んでくれたようでした。徐々に強度を上げつつここまで調教してきましたが、何か不安な点が出ることもなく、この馬なりに出走態勢を整えることが出来たと思います。前走が前走だっただけに、まだ完全には不安が払拭されたわけではありませんが、昨年2着した舞台で条件は合いますし楽しみにしています」(8/2近況)

丸 山 1札芝良 68.5- 52.5- 37.6- 12.4 馬なり余力 フライクーゲル(新馬)一杯の外0.7秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回札幌3日目(08月04日)
11R 札幌日経オープン
サラ 芝2600メートル 3歳上OP 指定 国際 別定 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カラビナ 牡5 56 藤岡佑介
2 2 マコトガラハッド せ5 56 菱田裕二
3 3 アドマイヤエイカン 牡5 56 横山典弘
3 4 アルター せ6 56 柴山雄一
4 5 シホウ 牡7 56 吉田隼人
4 6 モンドインテロ 牡6 58 池添謙一
5 7 エリモジパング 牡8 56 黛弘人
5 8 マサハヤダイヤ 牡5 56 荻野琢真
6 9 デルマサリーチャン 牝7 54 勝浦正樹
6 10 ヴォージュ 牡5 56 藤岡康太
7 11 グランアルマダ せ6 56 小崎綾也
7 12 トウシンモンステラ 牡8 56 古川吉洋
8 13 ブライトバローズ 牡6 56 J.モレイラ
8 14 シルクドリーマー 牡9 56 丸山元気

○黒岩師 「前走は2角でジャンプしてリズムを崩し、最後は鞍上も無理をしていませんでした。状態に問題はなく、ここを目標に調整は順調。足元もスッキリとしています。昨年2着と好相性のレース。改めて期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のリプレイを見ても、ジャンプしたところをハッキリ確認できなかったですが、向正面に入るとズルズル後退してしまったシルクドリーマー。故障を覚悟する下がり方でしたが、トモの嵌りが悪くなって走りを乱し、石川Jは無理することを避けてくれました。結果としてこの判断が大きな故障を防いでくれたのかなと思います。

その後は在厩して歩様・フットワークの乱れをチェック。慎重を期して進めてきましたが、特に悪いところは窺えず。追い切りを重ねても大丈夫だったので、昨年2着に頑張ってくれた札幌日経OPへの参戦へと踏み出しました。

先週末に札幌競馬場入りしたシルクドリーマーは1日に丸山Jを背に最終追いを敢行。2歳馬に胸を貸す感じでサラッと追われましたが、ここでもスムーズな走りを見せてくれています。あとはレースへ行って前走のようなことをしなければ、9歳馬になった現状でも巻き返しが利くと思います。

ただ、ハプニングがあった後の1戦なので、過度の期待は控え、今回は無事に走ってきてくれれば良しとしたいです。1戦でも長く現役を続けてもらいたいですから。

2018年7月31日 (火)

札幌競馬場へ移動済。丸山Jとのコンビで週末の札幌日経OPへの出走を予定しています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで25日に時計
・次走予定:8月4日の札幌・札幌日経OP(丸山J)

黒岩師「先週末にも坂路コースで時計を出しましたが、特に問題は見られないので、25日には南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドリーマーが先導し、直線で外に併せると最後はしっかりと先着しています。併せた相手は新馬だったので先着は当然と言えば当然ですが、乗り手が合図を出すとスッと反応できていましたし動きも良かったですよ。ここまで段階を踏んで少しずつ負荷を強めていますが、今のところ馬体面に問題は見られないので、このまま競馬に向けて進めていきたいと思います。今週中に札幌競馬場へ移動させて、来週の札幌日経OPへ向かいたいと思います。鞍上は丸山元気騎手に依頼しています」(7/26近況)

助 手 22南坂良 55.6- 40.8- 27.0- 13.2 馬なり余力
助 手 25南W良 67.6- 51.6- 38.2- 13.5 G前仕掛け フライクーゲル(新馬)一杯の外0.6秒先行0.4秒先着
助 手 29札ダ良 58.7- 42.4- 14.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

正式に今週末の札幌日経OPへの出走が決まったシルクドリーマー。前走であんなことがあったので、慎重に負荷を高めてきましたが、動き等を見る限りは問題なさそうです。札幌へ移動後もすぐに時計を出すことが出来ています。

また、次走の鞍上は丸山J。最近前々で競馬をすることが多いドリーマーですが、序盤は中団ぐらいでゆったり構えて、2週目の3角手前から動いて行く形を個人的には希望します。急かし過ぎると、トモを落としたりする可能性が出てくるように思います。

2018年7月22日 (日)

シルクなお馬さん(関東馬・厩舎調整組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで11日に時計
・次走予定:8月4日の札幌・札幌日経OP(池添J)

手塚師「18日に南Wコースでムスコローソと併せて追い切りを行いました。道中はモンドインテロが追走していき、直線は内に入れて脚を伸ばしに掛かりましたが、最後まで差を詰めることが出来ませんでした。ただ相手は動くタイプなのに加えてジョッキーが乗っていましたので、遅れそのものは気にしなくていいでしょう。それに外目を回って66秒台前半とタイム的にも良かったと思いますので、モンドインテロ単独で見ればいい動きだったと言っていいと思いますよ。来週に札幌競馬場へ移動する予定となっています」(7/19近況)

助 手 15南坂良 57.7- 41.8- 27.3- 13.7 馬なり余力
助 手 18南W良 66.3- 51.4- 37.5- 13.1 馬なり余力 ムスコローソ(古1000万)馬なりの内0.4秒追走0.4秒遅れ

Photo_3 シルクドリーマー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで18日に時計

黒岩師「その後も坂路コースに入れつつ軽めのところで運動を行っていますが、ここまでのところ特に問題になるようなところは見られません。18日には坂路コースで終いサッと流す感じで時計を出しましたが、動きに問題はありませんでしたし、上がりの歩様にも異常は見られませんでした。まだ安心は出来ない状況ですし、さらに負荷を強めていった時にどうなるかですが、今後もよく状態を見つつ徐々に時計を詰めていければと思っています」(7/19近況)

助 手 18南坂良 56.0- 41.1- 27.1- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは札幌日経OP・3連覇へ向け、ひとまず順調。18日の追い切りで遅れたのは相手が動き過ぎただけ。この馬の時計は悪くありません。今後の予定は来週札幌競馬場へ移動し、レースに備えることになっています。

シルクドリーマーは前走後の初時計を18日の坂路でマーク。ひとまず終いを伸ばす程度で感触を確かめた内容ですが、歩様等に乱れはありません。次走に関しては、札幌日経OPという声が上がっているようですが、不安をしっかり解消してから出走へのGOサインを出してもらいたいです。

2018年7月13日 (金)

スッと外目の4番手につけることが出来たのは良かったも、向正面に入ってすぐにトモを落とした走りに。ズルズル後退してしまい最後は無理することなく入線しています。★シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

日曜福島11R 七夕賞(G3・芝2000m)11着(10番人気) 石川J

五分のスタートを切ると、促しながら位置を取りに行き、好位の外目4番手で2コーナーを通過していきます。向正面に入って早々に鞍上の手が動き始めると、その後は先団に離される一方で、最後は大きく離された最後方で入線しています。

石川騎手「スタートから行き脚も付いて、途中まではリズム良く運ぶことが出来ました。ただ向正面に入ってすぐにジャンプするような場面があり、そこから押しても進んで行かなくなってしまいました。いつもとは違い、トモを落とすような走り方だったので、最後は無理させませんでした」

黒岩調教師「好位に付けることができ、いい感じに追走しているように見えたのですが、向正面に入るあたりで急にジャンプするようなところ見せた後から、付いて行けなくなってしまいましたね。パトロールビデオを見ても、ジャンプした後からトモが嵌ってこない感じでしたし、中身の問題というよりはジャンプしたことが何かしら走りに影響してしまったのだと思います。申し訳ありません。上がりの歩様には特に異常は見られませんでしたが、厩舎に戻った後もよく状態を確認させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。軽く促してジワッと先行。いい形に収まったように見えたが、2角を回ったあたりで早々と減速。あとは後退する一方。何かアクシデントがあった様子。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

黒岩師「美浦トレセンに戻ってからもチェックを行いましたが、現在のところ歩様に問題はなく、馬体にも大きなダメージは確認できません。ただ競馬でああいう止まり方をしてしまったのですから、悪いところを見逃さないよう、これから騎乗運動も行いながら、しばらくは経過観察を続けていきたいと思います」(7/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折明けで気持ち馬体に余裕はあったと思いますが、ここを目標に及第点の仕上がりで臨めたシルクドリーマー。9歳馬ということで軽視されていましたが、53キロと暑い天候を味方にアッと言わせることを密かに期待していたのですが、レースは全く想像にもしない展開に…。

芝2000mの流れでもスッと好位を確保し、折り合い十分に進めていたシルクドリーマーですが、向正面に入ったところで不自然な動き。騎手&調教師によると、ジャンプするようなところがあって、その結果、トモを落とすような走りに。そこからは促しても、ズルズルと下がってしまうことに。途中で止めても良かったのかもしれませんが、石川Jは無理せずにゆっくりと回ってきてくれました。何故、こういうことが起こってしまったのかが全くの謎。何かの気配に驚いて、走りのバランスを欠いたのかな?

レース後のドリーマーですが、目に見えるダメージはなし。歩様に関しても、違和感はない様子。ただ、これで不安はなしと断言できませんから、楽をさせて時間の経過を見守る必要があります。そして改めて獣医師の診断を受けてもらえればと思います。

既に9歳ということで多くを望んじゃいけませんが、年齢を感じさせない若々しさも維持しています。次にこういうことが起きると厳しいジャッジが下されると思うので、今回のことが2度と起こらないように色んなことに注意・気を配りながら立て直しを図ってもらいたいです。

2018年7月 8日 (日)

9歳になってもまだまだ元気一杯。骨折明けも仕上がりは良いと思いますし、暑い時季を得意にする馬。ハンデ差を生かして上位を窺って欲しい。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

日曜福島11R 七夕賞(G3・芝2000m)8枠12番 石川J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで4日に時計

黒岩師「4日に南Wコースで時計を出しました。先週は併せてしっかり行っていますし、福島までの輸送もありますので単走で調整しました。終い少し強めに追って脚を伸ばしましたが、最後までしっかりとした脚取りで動けていて、いい追い切りを消化することが出来たと思います。上がりの息遣いにも問題はなく、いい状態でレースに向かうことが出来そうです。ハンデも53キロと想定内に収まってくれましたし、メンバー的にもとび抜けた相手は見当たりませんから、立ち回り一つで十分に楽しみはあると思っています」(7/6近況)

助 手 1南坂良 55.0- 40.4- 26.2- 12.8 馬なり余力
助 手 4南W良 67.0- 51.5- 38.3- 13.4 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島4日目(07月08日)
11R 七夕賞(G3)
サラ 芝2000メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 プラチナムバレット 牡4 57 岩崎翼
2 2 キンショーユキヒメ 牝5 54 北村宏司
3 3 マイネルフロスト 牡7 57 柴田大知
4 4 メドウラーク 牡7 54 丸田恭介
5 5 マイネルサージュ 牡6 55 津村明秀
5 6 サーブルオール 牡5 55 戸崎圭太
6 7 ワンブレスアウェイ 牝5 53 石橋脩
6 8 パワーポケット 牡6 50 江田照男
7 9 バーディーイーグル 牡8 53 柴田善臣
7 10 レイホーロマンス 牝5 51 内田博幸
8 11 マイネルミラノ 牡8 57 田辺裕信
8 12 シルクドリーマー 牡9 53 石川裕紀人

○黒岩師 「6月7日にNF天栄から帰厩。乗り込みは順調。球節のクリーニング手術で脚元もスッキリしていて、体調はフレッシュ。ズブさも気になりません。1角までの距離が長い福島の2000メートルで、渋ったッ場になりそうなのも歓迎。高齢の休み明けでも今年のメンバーなら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末のステイヤーズS後に再度左前第一指骨の剥離骨折が判明したシルクドリーマー。これまでタフに頑張ってきてくれましたが、さすがに年齢的なもので弱くなっている部分もあるんだろうなあと思います。

骨片除去手術後は立て直す為に放牧へ。一旦北海道へ移動して段階を踏んできました。その間の調整自体は頗る順調。9歳になってしまいましたが、それを感じさせない若々しさはまだまだ残っています。NF天栄へ移動後も負荷をしっかり掛けることが出来ています。

そしてレース1ヶ月前の先月7日に帰厩。戻って来たときは幾らか重かったようですが、ひと追い毎に良化。汗の掻きやすい夏は得意ですし、良い状態でここへ臨めると思います。

相手関係に目をやると、これから伸びていきそうな馬もいますが、手頃な頭数+ハンデ戦。53キロで出走できるのは正直ラッキー。もう少し長い距離で実績を残していますが、正攻法の競馬をするならこれぐらいの距離が合っていると個人的には思っています。また、意外と速い時計に対応できる馬なので、馬場は出来れば乾いて欲しいところ。枠は距離ロスを避けられる内枠が欲しかったですが、これは仕方ありません。あとは牝馬が3頭出走しているので、それらを気にし過ぎなければ良いのですが。

レースへ行っての意外性があるのがドリーマー。9歳なのでこの人気は仕方ないのかもしれませんが、タフな流れも合っていると思うので上位を窺うチャンスは秘めていると思います。淡い期待を持ってドリーマーの重賞挑戦を見守りたいです。

2018年7月 1日 (日)

シルクなお馬さん(関東馬・厩舎調整組)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで27日に時計
・次走予定:7月8日の福島・七夕賞(G3)・石川J

黒岩師「27日に石川騎手が騎乗して、南Wコースで時計を出しました。3頭縦列の最後方から追走し、直線は最内に併せて先着しました。最後までしっかり動いていましたし、状態は上がってきました。石川騎手も『とても乗りやすく、終いもしっかりと反応していました。9歳馬とは思えないほど、活気がありますね』と話していました。来週の競馬に向けて態勢は整ってきていますよ。今回は距離が2000mに短縮されますが、スタートから1コーナーまでの距離が長いので、ある程度ポジションを取れると思いますし、例年一線級のメンバーは出てこないのでチャンスは十分にあると思っています」(6/28近況)

助 手 24南坂稍 55.5- 40.7- 26.8- 13.3 馬なり余力
石川裕 27南W良 67.5- 52.1- 38.1- 13.1 強目に追う ブラックドーン(障未勝)馬なりの内1.6秒追走0.4秒先着
助 手 29南坂良 56.5- 41.6- 27.2- 13.6 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで27日に時計

鹿戸師「22日にゲート試験に合格しました。相変わらず少し頭を上げていましたが、問題ないレベルでした。27日には南Wコースで時計を出してみました。3頭縦列の最後方から、直線内に併せましたが、一番外の古馬には遅れたものの、真ん中の同じ2歳新馬には楽に先着しました。ただ、まだスッと動けないですし、このまま進めたとしても少し時間がかかりそうですので、一度放牧に出して乗り込んでもらう方がいいでしょう。今週末にもう一本時計を出してみて、来週中にノーザンファーム天栄へ放牧に出す予定です」(6/28近況)

助 手 27南W良 69.2- 54.8- 41.0- 13.2 馬なり余力 ストームリッパー(新馬)強目の内を0.8秒追走4F併0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクドリーマーは来週の七夕賞を予定。1週前追い切りに石川Jが跨ってくれましたが、時計以上に活気ある動きに好印象です。夏場が合っている馬ですし、9歳馬ながらまだまだ若々しいです。正攻法の競馬をするなら芝2000mが1番合っていると思いますし、骨折明けでも楽しみにしています。

エレンボーゲンはWコースで初時計をマーク。追い出しての反応・身のこなしに物足りなさがあるようですが、時計自体は悪くありません。育成時の調教動画どおり、実戦でも良い走りを見せてくれそうです。素質は確認できました。今後はもう1本時計を出して、NF天栄で成長を促す予定。馬体を大きくして戻ってこれるようにお願いします。

2018年6月22日 (金)

シルクなお馬さん(6歳上牡馬・入厩組)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで20日に時計
・次走予定:7月8日の福島・七夕賞(G3)・石川J

黒岩師「20日に南Wコースで時計を出しました。併走馬を追走する形から、直線はしっかり追われると内から抜け出し先着しました。年齢的なズブさはあるものの、太目感は解消されてきました。久々になりますが、順調に仕上がってきています。七夕賞の鞍上は石川裕紀人騎手に依頼しました」(6/21近況)

助 手 15南坂稍 58.8- 43.5- 29.0- 14.2 馬なり余力
助 手 17南坂稍 55.5- 41.3- 27.2- 13.4 馬なり余力
助 手 20南W稍 69.0- 53.4- 39.7- 13.3 一杯に追う ブラックドーン(障未勝)一杯の内0.6秒追走0.4秒先着

Photo ディグニファイド

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:福島7月8日・天の川賞
・調教内容:角馬場でハッキング、軽めのキャンター

斉藤崇師「19日に坂路で普通キャンターを行う予定でしたが、引っ掛かってしまって自然と時計が出てしまいました。普段はだいぶ抑えが利く様になっていたので、大丈夫だと思っていましたが、速いところを行う日以外は角馬場でじっくり時間を掛けて長めの距離を乗るようにしたいと思います。7月8日の福島・天の川賞を予定していますが、前走騎乗してもらった中谷騎手が負傷中なので、怖がらずに乗ってくれそうなガッツのある騎手を探したいと思います」(6/21近況)

助 手 19栗坂良 55.6- 41.0- 27.5- 13.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

再来週の福島での出走を予定している2頭の近況をまとめて。

シルクドリーマーは坂路とWコースを併用して追い切りを消化。順調に来ているのは間違いなく、馬体が絞れてきたことで素軽さが出てきています。また、未定だった鞍上は石川Jに決定。昨年のメトロポリタンSと目黒記念で上手にドリーマーを導いてくれましたし、楽しみなコンビ再結成です。

あとはハンデ戦なので、どのくらいの斤量で出走できるか。年齢も考慮してもらって53キロで出走が叶えば、ちょっと面白そうです。

ディグニファイドは元気が有り余っているとも言えますが、油断すると引っ掛かってしまう様子。栗東の段階でこの感じなので、気持ちが昂るレースに行くとイレ込み・ゲート難・暴走が頭を過ります。色々対策を講じてくれていますが、学習能力が足りなくて…。乗ってくれる騎手も他馬以上に緊張感を持って乗らないと危険です。

2018年6月16日 (土)

シルクなお馬さん(3歳上関東馬・入厩組)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで13日に時計
・次走予定:6月24日の阪神・宝塚記念(G1)・池添J

木村哲師「13日に南Wコースで単走で時計を出しました。向こう正面から入り、1周キャンターで回ってから、6ハロン過ぎから徐々にペースを上げていきました。前走後初めて長めから時計を出しましたが、終始楽な手応えで気持ち良く走っていました。前走の疲れは取れましたし、状態は徐々に上がってきていますので、この調子ならば来週までにはある程度の状態に持っていけると思います。来週の宝塚記念に向け更なる状態アップに努めていきます」(6/14近況)

助 手 10南坂良 57.6- 42.2- 27.4- 13.3 馬なり余力
助 手 13南W稍 68.8- 53.9- 39.2- 12.8 馬なり余力

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで13日に時計
・次走予定:7月8日の福島・七夕賞(G3)

黒岩師「輸送による疲れも見られなかったので、帰厩の翌日には脚慣らし程度に坂路コースをサッと駆け上がったところ、感触は悪くありませんでした。そこで10日にも坂路コースで時計を出し、13日には南Wコースで長めから本格的に時計を出しました。併走馬をリードする形から直線は外に併せて、余力十分に同入しました。久々なので、やや重い感じはしますが、レースまでまだ時間があるので、引き続き調整を行い態勢を整えていきたいと思います」(6/14近況)

助 手 10南坂良 55.7- 41.3- 27.1- 13.4 馬なり余力
助 手 13南W稍 67.9- 52.5- 39.3- 13.0 馬なり余力 マーガレットスカイ(古500万)馬なりの外0.5秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週、宝塚記念に挑戦するゼーヴィントは13日に1週前追い切りを消化。1周キャンターで回ってきて、6ハロン標すぎから時計を出すという意欲的なモノ。骨折による後遺症が尾を引いているところはあるようですが、映像を見る限り、動きは軽快。1度使った上積みは見込めますし、これだけの負荷を掛けることが出来るのが何よりです。相手は強豪揃いですが、良い状態で臨めそうなので秘かに楽しみにしています。

シルクドリーマーは来月8日の福島・七夕賞へ向けて追い切りを強化。息遣い・動きは重さが残るようですが、追い切りを重ねていけばそれは解消されてくると思います。9歳馬ですが、衰えを感じさせず元気一杯。現役生活は終盤を迎えていますが、重賞でも通用する姿を見たいものです。

2018年6月 9日 (土)

7日に美浦・黒岩厩舎へ戻っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

・在厩場所:7日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:7月8日の福島・七夕賞(G3)

黒岩師「7日にこちらへ帰厩させていただきました。まずは輸送による疲れがないか等、よく状態をチェックさせていただきたいと思います。久々のこちらでの調整になりますし、予定している七夕賞までまだ時間はありますから、じっくりと立ち上げていきたいと思います」(6/7近況)

助 手 8南坂良 58.0- 42.7- 28.1- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末のステイヤーズSのレース後、2度目の第一指骨の剥離骨折が判明したシルクドリーマー。NF空港へ移動し、1から立て直されましたが、その回復過程は順調そのもの。NF天栄へ移動後も順調に乗り込まれて、7日に無事美浦へと戻ってくることが出来ました。

ただ、同じ箇所を連続して骨折しているので、引き続き入念なケア・注意は必要です。9歳という年齢を踏まえ、再々度骨折するようなことになると現役続行に即赤信号が灯るかもしれません。

レースまであと1ヶ月。調整の期間はあるので、逆算しながらきっちり馬体を整えてもらえればと思います。暑い時季は得意ですし、まだまだやれるところを見せて欲しいものです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ