2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードエストレーラ」の128件の投稿

2013年1月 2日 (水)

昨年、JRAを抹消となった出資馬

<シルク>

Photo_4 シルクヴェリタス

4戦0勝。体質が弱くデビューは6月になってから。同世代のシルク馬では1番最後の入厩だったと思います。おっとりした気性+太め残りでデビュー戦は見どころなく敗退。その後は1戦ごとに良化を辿るも、スーパー未勝利を使うことが出来ずに中央最終戦は芝500万下の格上挑戦。一瞬伸びてくるところもあり、見せ場は十分でした。この内容から再ファンドされるかと思っていたのですが、他の馬主に売却され名古屋競馬へ移籍。名古屋競馬では4連勝を達成。昨日は名古屋地区の重賞に格上挑戦して敗れるも、5着と健闘しています。

Photo_4 シルクベルジュール

5戦0勝。2歳時はなかなかパンとせずに、入厩してからも時間をかけてデビュー。坂路ではシルクで勝ち上がったラングレー、アポロン以上の時計・動きをしていましたが、気の悪さをレースで露呈。また、1800mの距離を3度使ったも、距離が長かった模様。最後はトモも万全ではなかったようで、状態とレース選択が噛み合いませんでした。最後はヴェリタス同様にスーパー未勝利戦を除外され続け、格上挑戦することに。14着と見せ場なく終わる。その後は岩手競馬に移籍。ハナへ行く競馬が合っているのか4連勝中。ただ、再ファンドを視野に入れての移籍でしたが、それに関しては音沙汰なく…。

Photo_4 オレンジブルーム

7戦0勝(3歳時4戦0勝)。2歳時から気性面の激しさを見せていましたが、それが改善されることなく、最後はより激しくなっていました。馴致が遅れていた時点で気性の悪さを危惧していたのですが、仕方ありません。個人的にはダートの中距離を早くから狙っていれば、もう少し頑張れたように思います。中央抹消後は佐賀競馬に移籍。5戦3勝2着2回と頑張っています。

Photo_4 シルクレグルス

8戦1勝(4歳時4戦0勝)。2戦目で勝ち上がった馬なので、先々まで期待した1頭だったのですが、外から交わされるとレースをやめ、後方から行っても使える脚はジリジリと…。課題が改善されませんでした。その後、障害入りを視野に入れるも、気難しさから障害を飛ぼうとせずに断念。地方交流戦にも視野を広げるが、腰を捻って放牧へ。その怪我が思いのほか重症で、登録抹消となりました。

<ロード>

Photo_2 ロードエストレーラ

17戦0勝(3歳時13戦0勝)。現在は園田で2勝を挙げて、JRAに復帰していますが、私は再ファンドには応じていません。コツコツと頑張って稼いでくれた1頭でしたが、未勝利を勝つことが出来ませんでした。厩舎も勝てる相手を探ってくれましたが、厩舎の都合で北海道へ行ったのが台無しで、ダート1000では良さが出ませんでした。

現在は美浦・新開厩舎へ転厩。序盤はじっくり脚を溜めて、最後に賭ける戦法なら通用しても不思議ないかと思います。

Photo_2 ロードヴェッケン

3戦0勝。移動直前で頓挫した影響で入厩が遅れました。それでも血統背景&馬っぷりから期待したのですが、外へ逃げたり、内へモタれたりと気難しい面が露呈。レース慣れを期待したのですが、悪い方へ進んで行きました。特に最後の1戦は追走もままならずにタイムオーバーでの敗戦でした。JRA登録抹消後は兵庫競馬へ。残念ながら地方でも1勝が遠いです。

Photo_2 ロードレグルス

4戦0勝。昨年の最終週のレース後に故障。診断の結果、競走能力喪失となりました。初めてのダート戦で期待したのですが…。レース前、皮膚病の発症などデキ落ちを心配する中での出走だったのが悔やまれます。

2012年9月29日 (土)

JRA競走馬登録抹消。地方に転出して再登録を目指すことに。★ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

レース後も特に異常は認められません。3歳未勝利戦への出走が不可能な状況を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間、ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○浅見調教助手 「脚元は大丈夫そう。外見的にも特に変わった様子は見受けられません。惜しい競馬を続けながら、勝利を挙げられなかったのは残念。でも、ここまで中央で走れれば地方で2勝の条件をクリア出来るのでは・・・。9月26日(水)に退厩しています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利を勝ち上がることが出来なかったロードエストレーラ。26日にJRA競走馬登録を抹消。今後は地方(未定)に転出して、再登録を目指すことになりました。

デビューから大きな怪我なく頑張ってくれましたが、もう少し成長を促しながら、大事にレースを使って欲しかったです。ただ、好馬体の持ち主でも血統から来る才能は大きいということも再認識することに。時計面での限界をどうしても打ち破ることが出来ませんでした。

地方で2勝以上した後の再ファンドに応じるかについての回答は、私は応じないとして投函しました。次の募集前に少し頭数を減らしたいということと、ここまで酷使されてきたことを考えて上昇度を考えての判断です。他厩舎で復帰が確実なら一考の余地はあったのですが、この厩舎はちょっとツラいところです。出資はしていませんが、牧場で高く素質を評価されていたロードクルセイダーの無茶追いでの頓挫を見ると…。その後の厩舎コメントもちょっと他人事みたいですし。

元出資馬となりますが、今後も動向に注目し、陰ながら応援していきたいです。

2012年9月24日 (月)

ラストチャンスに賭けるも、勝ち負け争いには加われず。無念の4着。★ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

9月22日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダート1200mに岩田Jで出走。16頭立て9番人気で2枠3番からハイペースの道中を13、13、14番手と進み、直線では最内を通って0秒5差の4着でした。馬場は良。タイム1分12秒8、上がり37秒0。馬体重は8kg減少の482kgでした。

○岩田騎手 「枠順も踏まえコース内側をロス無く回ろうと考えていました。ただ、勝負処で前方の馬がフラフラと。4コーナーから思い切って外へ持ち出せば良かったかも知れません。結果を残せずに残念。でも、素質を秘めるのは確かです。500万クラスで再登録しても相応に戦えるのでは・・・」

○浅見調教助手 「頑張っているものの、どうしてもワンパンチ足りぬ現状。こればかりは仕方ありませんね。規定により、もう3歳未勝利への出走は不可能に。厩舎へ戻ったら所定の手続きを経て、近日中に登録抹消の予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利勝ちへのラストチャンスに臨んだロードエストレーラ。勝ち切れないレースが続いても、北海道戦ではソコソコ人気を集めていましたが、今回は相手が揃ったということもあってか、9番人気での出走となりました。さすがにここまで人気を落としたのはビックリしました。

馬体重は前走と比べてマイナス8キロでの出走。ほぼ理想的な馬体で雰囲気は上々でした。前走を叩いた上積みは感じました。

レースはゲートを五分に出るも、急がせずに追走。差しに構えて形での競馬になりました。道中は後方から数えた方が早い位置取りでしたが、前後に2着馬がいたので悪くない判断だったと思います。ただ、誤算は4角で待たされる形に。直線は開いたところを選びながら押し上げましたが、3着馬に迫ったところがゴールでした。外へ回した2着馬が好勝負になったので、距離ロス覚悟での騎乗でも良かったかもしれません。まあ、このあたりは結果論ではあります。勝ち時計の1分12秒3もエストレーラには不向きな時計勝負になりました。

17戦して13回掲示板に載りました。コツコツ賞金も稼いでくれました。ただ、勝ち切るまでのワンパンチが足りませんでした。1200mもしくは1400mでじっくり末脚に賭ける騎乗が定着していれば、チャンスはあったと思うのですが…。また、もう少し適性を考えて、試してもらいたかったです。今後は再ファンドになるのかは分かりませんが、個人的にはここでひと区切りにしようと思っています。

2012年9月23日 (日)

土曜日の出資馬結果<簡略版>

Photo_6 ロードエストレーラ

9月22日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダート1200mに岩田Jで出走。4着でした。

Photo_6 ロードエアフォース

9月22日(土)阪神7R・3歳上500万下・混合・芝1400mに内田博Jで出走。5着でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラブの更新がなかったので、簡単に結果を振り返っておきたいと思います。

エストレーラは馬体が絞れて良い状態で出走できていたと思います。急がせずに追走していましたが、4角で待たされたのはちょっと痛かったです。それでもしっかり脚を伸ばして3着馬とはハナ差の4着。今日は時計も速かったです。この距離で差す競馬をモノにしていれば、1つは勝てた筈です。

エアフォースはプラス14キロでの出走。さほど太め感はなかったと思います。ハナへ行く構えを見せるも、他馬が速かったです。結果は5着と頑張りましたが、今日も上がり3ハロン35秒2。この距離だとこれぐらいが限界かと思います。

2012年9月21日 (金)

ラストチャンスに賭けるも、かなりのメンバーが揃った厳しい1戦に。★ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

9月22日(土)阪神・3歳未勝利・ダート1200mに岩田Jで出走しています。9月20日(木)稍重の栗東・坂路コースで1本目に60.8-44.0-28.9-14.0 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は11時00分です。

○浅見調教助手 「9月17日(月)に坂路で51秒台を記録しています。これが実質的な最終追い切り。あとは微調整でOKでしょう。栗東へ戻ってからも無事に来られたのが何より。1200mに距離が延びるのはプラスに働くはずですよ。上手く脚を溜められれば・・・」

≪調教時計≫
12.09.20 助手 栗東坂稍1回 60.8 44.0 28.9 14.0 馬なり余力

4回阪神6日目(9月22日)
3R 3歳未勝利
サラ ダート1200メートル 指定、馬齢 発走11:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シゲルミカン 牝3 54.0 国分恭介
1 2 ニホンピロナンシー 牝3 51.0 水口優也
2 3 ロードエストレーラ 牡3 56.0 岩田康誠
2 4 ウインオーラム 牡3 56.0 福永祐一
3 5 パレディウム 牡3 56.0 高倉稜
3 6 ヒラボクダッシュ 牡3 56.0 幸英明
4 7 ビコーミハイル 牡3 56.0 芹沢純一 
4 8 ウェルトレインド セ3 56.0 松山弘平 
5 9 キクノラフィカ 牡3 56.0 小牧太
5 10 マコトアルカディア 牝3 54.0 内田博幸
6 11 サトノラミア 牝3 54.0 浜中俊
6 12 ミスズフルマーク 牝3 54.0 国分優作
7 13 テストマッチ 牡3 56.0 川田将雅
7 14 ワンダーカサドール 牡3 56.0 川須栄彦
8 15 ジュエルトウショウ 牝3 54.0 池添謙一
8 16 ワキノネクサス 牝3 54.0 酒井学

○浅見助手 「1000メートルで大分、気合をつけてきたから、1200で普通の競馬ができれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストチャンスに賭けるロードエストレーラ。17日に坂路で51秒8(馬なり)をマークして、実質の追い切りを済まし、20日は息を整える程度の仕上げ。前走は馬体良化が窺えましたが、やはり少し重たかったと思います。マイナス6キロぐらいでの出走が理想でしょうか。

今回は岩田Jを確保して陣営の意気込みを感じます。ただ、メンバーが出揃って、専門紙の印を見ると、ちょっと圏外の扱いに…。札幌が短縮され、ブロック制の導入。関西のスーパー未勝利はどのレースもハイレベルの1戦となっています。前走で権利を獲得していた馬がこのレースにも大挙出走しています。時計面で限界のある馬だけに、1分12秒台での決着だと分が悪いかな…。

枠は内めの良いところに入ったと思います。ゲートを決めて、内々で脚を溜めることが出きれば。リズムを重視して、前半は行き過ぎないようにお願いしたいです。あとは、岩田Jの豪腕に託すのみです。低評価を覆す走りで有終の美を飾ってもらいたいです。

2012年9月12日 (水)

岩田Jとのコンビで来週のスーパー未勝利へ。☆ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月22日(土)阪神・3歳未勝利・ダート1200mに岩田騎手で予定しています。

○浅見調教助手 「順調。騎乗トレーニング再開後も気に掛かる部分は無いですね。9月12日(水)は普通キャンター。身体はデキているだけに、週末と来週に時計を出せば態勢が整うでしょう。3歳未勝利に使えるのは次がラスト。岩田騎手に鞍上を頼んでいます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定しているエストレーラ。前走のレース後の記事で、岩田Jとのコンビで最後の1戦に賭けて欲しいと書きましたが、その願いが通じた?ようで、正式に決まりました。結果はどうであれ、ベストを尽くしてくれるのは有り難いです。

レースまで2本時計を出すとのこと。前走は少し余裕のある馬体だったので、悔いの残らぬよう、ビシッと仕上げてもらいたいです。

2012年9月 8日 (土)

阪神ダ1200mで最後の勝負を賭けます。☆ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

レース後も特に異常は認められません。9月6日(木)に栗東トレセンへ移動して馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月22日(土)阪神・3歳未勝利・ダート1200mに予定しています。

○浅見調教助手 「レース後も特に変わらぬ様子。9月5日(水)に札幌競馬場を離れ、明日6日(木)に栗東トレセンへ到着の予定です。ダート1200m戦が組まれるのは3週目まで。ここを目指そうと思います。十分に回復を図り、その上で再び跨り始める方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道戦で勝ち上がることが出来ず、残すはスーパー未勝利1戦となったロードエストレーラ。レース後も特に問題ない様子で6日に栗東へ戻っているようです。

また、早速に次走が決定。中2週のローテで現状ベストだと思える阪神・ダート1200mを目標にすることになりました。スタート地点がダート+直線で巻き返しが利くというのは、エストレーラにはプラスの筈です。

前走が少し余裕のある馬体だったので、調整はスムーズに行くかと思います。結果を残さないと最後の1戦になるので、万全の仕上げをお願いしたいです。

2012年9月 2日 (日)

ケイアイファームで立て直すも、今日は競馬モードにあらず。スーパー未勝利への権利確保で十分。☆ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

9月2日(日)札幌4R・3歳未勝利・混合・ダート1000mに三浦Jで出走。12頭立て3番人気で7枠10番から平均ペースの道中を5、5、3番手と進み、直線では中央を通って0秒7差の3着でした。馬場は良。タイム1分00秒1、上がり36秒0。馬体重は16kg増加の490kgでした。

○浅見調教助手「プラス16キロと数字は大きく増えていたものの、休養前は使い詰めで馬体が萎んだ状態。決して重い印象は受けず、これぐらいの身体つきでOKだと思います。具合は良かっただけに、勝つなら今回かな・・・と。ただ、やはり1000mは微妙に短いかも知れません。でも、少しでも脚が溜まれば最後まで伸びそうな雰囲気。5着以内に入って更にワンチャンスを得られ、距離延長の阪神開催でラスト1戦に賭けましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○三浦騎手 「ひと息入れて凄く馬が良くなっていました。もう1ハロンあった方が手綱を抱えて行ける分理想ですが、忙しい中で最後はしっかり脚を使っているし、よく頑張っていますよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好発を切るが道中は追っ付け通し。バテずに脚を伸ばすが、この距離は少し忙しい。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走6着後、ケイアイファームで立て直されたエストレーラ。10日での競馬で今回臨みましたが、稽古はビシビシはやっていませんでした。

その結果が、プラス16キロでの出走。疲れは取り除くことは出来ていたようですが、さすがに立派な造り。いつもはテンポ良く歩く馬ですが、今日は歩きが遅く、少しボケている感じを受けました。

レースは五分にゲートを出るも、追っ付け追っ付けでの追走。先行した馬たちとの行きっぷりの悪さは歴然でした。そして今日も、4角時点で勝ち負けに持っていけないのは確定的に。函館からのダート1000mは4回共に、ほぼ同じ展開・結果になりました。道中は追っ付けすぎていたので、最後止まってしまわないか心配しましたが、何とか3着に粘ってくれました。

競馬ブックのレース後のコメントでは、さすがに三浦Jも観念して、距離が忙しいと…。合わなのは函館1戦目で明確だったと思います。

まあ、今日のところは、スーパー未勝利への出走権を確保できただけで十分です。逆にこの手緩い仕上げで権利を逃していたらと思うと、ちょっとゾッとします。次は本州に戻って、ダート1200mでの出走となるでしょう。最後は岩田Jに依頼して、勝負を賭けてもらいたいです。

2012年9月 1日 (土)

この条件で勝ち負けは厳しいも、5着以内なら…。☆ロードエストレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

9月2日(日)札幌4R・3歳未勝利・混合・ダート1000mに三浦Jで出走します。追い切りの短評は「動きスムーズ」でした。発走は11時20分です。

2回札幌6日目(9月2日)
4R 3歳未勝利
ダート1000メートル 混合、指定、馬齢
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ハクユウリリー 牝3 54.0 藤岡佑介
2 2 ニホンピロナンシー 牝3 51.0 横山和生
3 3 ヒヤマサンデー 牡3 56.0 柴田大知
4 4 アデヤカ 牝3 54.0 古川吉洋
5 5 サフィラ 牝3 51.0 菱田裕二
5 6 ユーコーフラッシュ 牡3 56.0 五十嵐冬樹
6 7 アートオブパナシェ 牝3 54.0 川島信二
6 8 シャングリラ 牝3 54.0 荻野琢真
7 9 サイファーバトル 牡3 56.0 丸田恭介
7 10 ロードエストレーラ 牡3 56.0 三浦皇成
8 11 ウォーターカーリー 牝3 54.0 黛弘人
8 12 セレブレートサマー 牝3 51.0 菅原隆一

○浅見助手 「前走時は使い詰めの疲れがあったみたい。中間は放牧でリフレッシュ。未勝利では本来、地力上位の馬なので巻き返しを」(大スポより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューから16戦目となるエストレーラ。タフに良く頑張ってくれていますが、もう少しレースを狙って使って欲しかったのが本音です。“行け行けドンドン”で使い、メンバーが落ちるレースを巡り続けるも勝てず、最後は適性を感じないダート1000mに辿り着いてしまいました。

使える脚に限りがあるので、ゲートを出たなりで最後に賭ける戦法がエストレーラには合っている筈です。しかしながら、この距離では序盤に置かれることに。挽回しようとして押し上げると、きっちり最後の脚にその影響が出てしまいます。また、単純にこの条件で勝ち負けできる時計への対応が難しいのだと思います。陣営もこの条件は厳しいという認識はあるでしょうが、北海道に連れてきた手前もあって、他の条件へ使いにくいのでしょうね。

前走後は権利を逃した為、ケイアイファームへ放牧。かなり疲れが蓄積していた為、疲れが抜けるのに時間が掛かりました。レースを使うにあたり、乗り込み量は足りないかと。それでいて、追い切りも軽めなのは気掛かりです。精神面でリフレッシュされていても、馬体がどこまで付いて来てくれるか…。正直、このレースで勝ちを望むのは酷かと思います。それでも掲示板を確保するくらいは可能な筈。阪神のダート1200なら条件的に前進が見込めるだけに、スーパー未勝利への切符を掴んだもらいたいです。

2012年8月30日 (木)

4度目のダート1000m。序盤を如何にスムーズに走り切るかが大事に。☆ロードエスレーラ

Photo ロードエストレーラ(牡・浅見)父ジョウテンブレーヴ 母アカイリュウセイ

9月2日(日)札幌・3歳未勝利・混合・ダート1000mに三浦Jで出走します。8月29日(水)良の札幌・ダートコースで4ハロン57.9-42.3-12.7 8分所を馬なりに乗っています。短評は「動きスムーズ」でした。

○浅見調教助手 「8月29日(水)は終いを伸ばす感じで。帰厩後は順調に乗り込め、これでゴーサインを出せると思います。函館で使っていた頃と比べれば、だいぶ疲れは取り除けた印象。ただ、それが結果に繋がるかは競馬へ行ってみないと分かりませんね」

≪調教時計≫
12.08.29 助手 札幌ダ良 57.9 42.3 12.7(8) 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ギリギリまでケイアイファームで立て直されてきたエストレーラ。戻って10日での競馬になりますが、軽めながら3本時計を出してきました。完調とまではいかないも、精神的にはリフレッシュできているかなと思います。

あとは、距離適性のなさを感じるダート1000mでの出走。ハリアーのようにスッと先行できれば良いのですが、ゲートをボコッと出て、行き脚がつかないレースを繰り返しています。精神的にリフレッシュされ、この点でどこまで改善されてくるか…。これに尽きるかなと見ています。

正直、勝ち負けを期待するのは酷かもしれませんが、次のスーパー未勝利に繋げる意味で、掲示板確保を何とか成し遂げてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ