出資馬一覧

カテゴリー「(引退)ロードガルーダ」の326件の投稿

2016年4月28日 (木)

芝1200mで巻き返しを期待するも、喉の状態が限界を超えていた様子。残念ながら登録抹消へ。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

4月23日(土)京都11R・彦根S・混合・芝1200mに岩田Jで出走。18頭立て14番人気で2枠4番から平均ペースの道中を12、12、13番手と進み、直線では中央を通って0秒7差の15着でした。馬場は良。タイム1分08秒7、上がり33秒6。馬体重は4キロ減少の510キロでした。

○岩田騎手「追走で脚を使わされ、溜めが利かぬ状態。芝のスピード競馬よりは、ダート戦の方が多少は誤魔化しが利くと思います。ただ、どうも気持ちが抜けているのか・・・。嫌々ながらに走っている感じです。最後の直線では喉の不具合も目立って・・・。これ以上を求めるのは酷なのかも知れません」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。ここ最近の競走成績等を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○池江調教師 「だいぶ喉の異音が酷かった模様。年齢も重ねているだけに、見通しは厳しいと言わざるを得ないのかも知れません。協議の結果、登録を抹消する方針に。所定の手続きを経て、近日中に厩舎を離れる予定です。喘鳴症に悩まされながら、長らく本当に頑張ってくれました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の芝で巻き返しを期待したのですが、追い切りでの平凡な動きからも、手術した喉は限界を超えていた様子。レース後の岩田Jのコメントから『引退』を通告されることは覚悟していましたが、水曜日の更新で正式に引退⇒登録抹消に。まあ、これ以上走らさせるのは酷ですし、致し方ないところ。ここまで良く頑張ってくれました。

この世代はロードアクレイム・ロードハリケーンのディープインパクト産駒2頭の出資が叶い、ロードガルーダへの出資は躊躇っていましたが、シルクメビウスのJCダート2着が背中を押して出資することに。ロードカナロアの半弟ですが、父アグネスタキオンに魅力を感じていました。

その後の半兄の活躍によって、期待値がドンドン上がっていったロードガルーダ。骨折でデビューは遅れてしまいましたが、デビュー時から非凡な才能を発揮。4戦目の福島芝1200mで最後方から直線だけで差し切ったレースは強く印象に残っています。

そしてデビューから約1年で準OPまで駆け上がり、昇級戦でいきなり連対。ここまでは前途洋々だったのですが…。道悪に泣かされたり、球節の不安を抱えたりと順調に行かない時期を経験。ただ、この辺りから詰めの甘いレースが目立っていたので、この時期から喉の不具合が出ていたのだと思います。また、半兄の活躍からガルーダも早くからスプリント戦に専念して欲しかったのですが、厩舎の意地か芝1400m~マイルを狙い続けたのも痛かったです。最終的に喉の手術を行いましたが、時期を逸していたので劇的な効果には至らず…。

喉に異常がなく、ほんの少し体質がしっかりしていれば、OPでバリバリ活躍出来た素材。改めて振り返ると、無念・残念な思いが強い1頭です。また、競走馬として運にも恵まれなかったなあと思います。

2016年4月23日 (土)

攻め駆けする馬なのに今週の追い切りが案外。芝1200mへの条件替わりは魅力も…。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

4月23日(土)京都11R・彦根S・混合・芝1200mに岩田Jで出走します。4月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-40.7-26.2-13.0 一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手に0秒2先行して0秒6遅れ。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は15時35分です。

○池江調教師 「4月20日(水)も坂路で。最後に軽く気合いを付けています。馬場が重かったのに加え、喉も万全とは言えぬ状態。そのあたりが時計を要した原因でしょう。実戦で使うのは久々ながら、勝ち鞍は全て芝のレース。少しでも良い面が出れば・・・」

≪調教時計≫
16.04.20 助手 栗東坂良1回 55.5 40.7 26.2 13.0 一杯に追う カフェブリッツ(3歳未勝利)末強目に0秒2先行0秒6遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3回京都1日目(4月23日)
11R 彦根S
サラ 芝1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エフェクト 牝4 55 国分優作
1 2 サンシカゴ 牡5 57 秋山真一郎
2 3 モンマックス 牡6 57 太宰啓介
2 4 ロードガルーダ 牡7 57 岩田康誠
3 5 オウノミチ 牡5 57 岩崎翼
3 6 コウエイタケル 牡5 57 和田竜二
4 7 ヴィクタープライム 牡4 57 松田大作
4 8 アドマイヤイナズマ 牡6 57 国分恭介
5 9 スナッチマインド 牝5 55 川田将雅
5 10 シゲルチャグチャグ 牝4 55 酒井学
6 11 プレイズエターナル 牡6 57 武豊
6 12 アルティマブラッド 牝4 55 四位洋文
7 13 アットウィル 牡6 57 古川吉洋
7 14 ペイシャモンシェリ 牡5 57 田中健
7 15 ホスト 牡5 57 池添謙一 
8 16 トーセンラーク 牝4 55 小崎綾也
8 17 フィドゥーシア 牝4 55 小牧太
8 18 アドマイヤナイト 牝4 55 福永祐一

○池江寿師 「切れる脚がないのでダートに使ってきたけど、もともと芝で勝ち上がってきた馬。ただ、馬場の影響があったにせよ、追い切りがあまりにも動かなかったのがね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は手応え良く直線を向くも、イチかバチかのイン強襲で失敗したロードガルーダ。進路を見出すことが出来ずに12着に敗れる消化不良の1戦となりました。

その後はここを目標に厩舎で調整。決め手に欠けるのでここ最近はダートを使われてきましたが、今回は久々の芝。綺麗な馬場もガルーダにはプラスでしょう。そして鞍上には久々に岩田J。大駆けの要素を含んだ1戦だと思います。

ただ、追い切りの動きが案外。喉に不安を抱えていても、追い切りは水準以上のモノを常に見せて来ただけに余計に心配です。吸引治療などケアを続けているでしょうが、手術をした喉はだんだん悪化しているのかな?

7歳という年齢と喉の症状を踏まえると、そう先は長くないと思うロードガルーダ。1戦でも長く現役を続けて欲しいので、半兄が活躍した条件(芝1200m)でまだまだ可能性を残すところを見せてもらいたいです。

2016年4月15日 (金)

ロードなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_3 ロードガルーダ

4月13日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.3-39.0-24.9-12.3 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒5先行して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。4月23日(土)京都・彦根S・混合・芝1200mに岩田騎手で予定しています。

○池江調教師 「4月13日(水)は上がり重点で追い切っています。動きは申し分なし。今朝は時計の掛かる馬場状態だったものの、最後まで堅実な脚取りでしたよ。ただ、息遣いは相変わらずで・・・。それ以外のコンディションは至って良好と言えるでしょう」

≪調教時計≫
16.04.13 助手 栗東坂良1回 54.3 39.0 24.9 12.3 一杯に追う プロフェット(3歳オープン)一杯に0秒5先行0秒2遅れ

Photo_3 ロードプレミアム

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月1日(日)新潟・3歳未勝利・若手騎手限定・芝1800mに予定しています。

○池江調教師 「4月13日(水)は坂路1本を普通キャンターで。前走のダメージは殆んど払拭できたと思います。週末から少しずつペースを速める予定。新潟開幕週に合わせて行きましょう。若手騎手限定戦。関西の中で勢いあるジョッキーを乗せたいですね」

Photo_3 ロードセレリティ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月23日(土)京都・3歳未勝利・混合・ダ1400mに岩田騎手で予定しています。

○橋田調教師 「4月13日(水)は普通キャンター。左前脚は落ち着いています。ただ、ちょっと背腰が疲れ気味。整体やマッサージ等でケアしつつ進めて行きましょう。次週へ向けて調整を続ける方針ながら、回復次第では予定を先延ばしするかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ガルーダは息遣いの荒さは相変わらずですが、状態に関しては問題なし。出来るだけ喉の負担を軽減できるように吸引治療等に時間を充ててもらえればと思います。

プレミアムは今週末から時計を出す模様。まずは1勝ということで若手騎手限定戦に次走を絞りました。ここなら相手関係にも恵まれるでしょう。開幕週+軽い芝の新潟は合うでしょうし、今回こそ確勝を期してもらいたいです。

セレリティは来週のレースを予定していますが、まだ時計を出せていないようにお疲れ気味。ここで無理をする必要はありませんし、状態の回復を最優先にお願いします。また、相手関係を考えると、京都だけでなく新潟にも目を向けてもらいたいです。

2016年4月11日 (月)

ロードなお馬さん(池江厩舎)

Photo_3 ロードガルーダ

4月6日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.6-44.3-29.0-15.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月23日(土)京都・彦根S・混合・芝1200mに岩田騎手で予定しています。

○池江調教師 「4月6日(水)は15-15の内容。やはり喉が幾らか気に掛かる・・・と乗り手は話していました。ただ、そのあたりは仕方ない部分。上手くケアしながら進めて行きたいですね。岩田騎手が乗れそう。当初のプラン通り、再来週を目指しましょう」

≪調教時計≫
16.04.06 助手 栗東坂良1回 60.6 44.3 29.0 15.2 馬なり余力

Photo_3 ロードプレミアム

栗東トレセンで軽目の乗り運動を消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、5月1日(日)新潟・3歳未勝利・若手騎手限定・芝1800mもしくは5月7日(土)新潟・3歳未勝利・芝1800mに予定しています。

○池江調教師 「4月6日(水)も角馬場へ。ハッキングで4周ほど回って来ました。だいぶ疲れは取り除けた感じ。この様子ならば明日7日(木)からは坂路入りを再開できるでしょう。ジョッキーは調整中ながら、候補に挙げた2レースへ向けて進める方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ガルーダの喉に関しては上手に付き合っていくしかありません。吸引など出来る限りのケアを継続してもらえればと思います。また、次走は久々の芝+半兄の主戦が騎乗。少しでも浮上の兆しを見せてもらいたいです。

プレミアムはずっと厩舎に置いてくれる厚遇を受けています。それだけに次で1つ決めてもらわねば。積極的に手薄なところを狙ってもらえればと思います。とにかく1つ勝っておかないと。

2016年4月 4日 (月)

シルク&ロードなお馬さん(7歳馬)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:阪神4月9日・心斎橋S(松若J)
・調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 31日に坂路で追い切り  

音無師「今朝、坂路で追い切りました。追い切りを消化する毎に集中力も増してきましたし、動きも素軽くなっています。次はひと叩きした上積みも見込めるでしょうし、展開ひとつでチャンスが出てくると思います。鞍上は松若騎手に依頼しています 」(3/31近況)

助 手 31栗坂良 52.9- 39.1- 25.5- 12.8 馬なり余力 デルマオギン(三500万)馬なりにアタマ遅れ

Photo_3 ロードガルーダ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月23日(土)京都・彦根S・混合・芝1200mに予定しています。

○池江調教師 「3月30日(水)は坂路1本を緩やかなペースで。前走後も大きなダメージは窺えず、再びレースへ向かえそうです。今度は久々に芝へ行こうかな・・・と。ジョッキーに関しては調整中ながら、京都の開幕週に組まれた1200m戦を予定しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドリーマーの今週末の心斎橋Sに特別登録済み。鞍上が松若Jに戻ったのはちょっと残念ですが、まあ、癖を知り尽くしているのでそれを実戦へ生かしてもらいたいです。暖かくなってきて、馬自身は着実に良くなっていると思います。

ロードガルーダは久々に芝のレースへ。一時期悩まされた脚元はスッキリ。喉さえ問題なければ、もっと出世できたんですけどねえ。前走はスムーズさを欠いたので、次走ではまずは能力を出し切る走りを見せて欲しいです。

2016年3月26日 (土)

ダート地点からのスタートで二の脚が一息。直線は思い切って内を突くも、進路が詰まって追えずじまい。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

3月19日(土)阪神10R・なにわS・混合・ダ1200mに菱田Jで出走。12頭立て11番人気で2枠2番から平均ペースの道中を10、10、10番手と進み、直線では最内を通って1秒0差の12着でした。馬場は重。タイム1分11秒1、上がり35秒9。馬体重は6キロ増加の514キロでした。

○池江調教師 「コース状態を考え、他陣営も積極的に前々へ。直線でスムーズさを欠いたのも含め、今日はアンラッキーでしたね。最近は調子が良いのに加え、全力を出し切れていないだけにダメージは少ないはず。続戦で行けるのでは・・・と思います」

○菱田騎手 「2番枠を生かして好位からのレースを・・・との指示。ただ、他馬が速くて思うようなポジションへ付けられませんでした。でも、道中は非常にリズムの良い走り。直線を向いた時点でも十分な手応えが残っていました。外を回して余計に脚を使うよりは・・・と考えて、最後は一か八か最内へ。結果的に進路が詰まり追えなかったものの、バラけていれば5着ぐらいまでは来られたでしょう。上手く乗れずに申し訳ない気持ち。今日のような形で運んでも問題なさそうですし、スピード競馬にも対応が可能では・・・」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

湿った馬場、曇りの天候で喉に優しい状態で出走できるから期待したのですが、結果は直線追えず、そして前でゴチャつくところもあって最下位に。

ダート地点でのスタートは初めてということで、スタートの良いガルーダにすれば二の脚が一息。予定と違い後方からの競馬となりましたが、砂を被っても嫌がる素振りはなかったので、良い感じに追走は出来ていたと思います。ただ、レースの流れ自体は緩く、雁行状態で各馬追走していたので、あの状態で内を突くのは…。一か八かでしょうが、明らかに詰まってしまう可能性の方が遥かに高いですから。2着に来たスマートアバロンはこのクラスは地力上位の馬ですが、ガルーダより後方で追走していた馬。外から差すような力は衰えていても、無難な方を選択して欲しかったです。

まあ、今回はレースで力を出し切れていない分、レース後の疲れは少ない筈。喉を含めて適切なケアを施して、次走で大きく巻き返せるようにお願いします。

2016年3月19日 (土)

1度使った上積みは見込めるも、息遣いの悪さが目立ってきている様子。掲示板までが精一杯という感じがして…。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

3月19日(土)阪神10R・なにわS・混合・ダ1200mに菱田Jで出走します。3月16日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に53.9-39.7-25.0-11.9 一杯に追っています。追い切りの短評は「あまり変わり身無」でした。発走は15時10分です。

○池江調教師 「3月16日(水)はビシッと。最後の1ハロンが11秒9とキレたように、一叩きした分の上積みは見込めるでしょう。今朝は息苦しい面も無し。ただ、半マイルの坂路調教ですからね。何処まで競馬で我慢が利くか・・・。展開も重要だと思います」

≪調教時計≫
16.03.16 助手 栗東坂稍1回 53.9 39.7 25.0 11.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回阪神7日目(3月19日)
10R なにわS
サラ ダ1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンライズネガノ 牡6 57 鮫島克駿
2 2 ロードガルーダ 牡7 57 菱田裕二
3 3 スマートアヴァロン 牡4 57 C.ルメール
4 4 ウィッシュハピネス 牝4 55 戸崎圭太
5 5 センターピース 牡4 57 福永祐一
5 6 メイショウワダイコ 牡4 57 酒井学
6 7 サンライズネオ 牡6 57 和田竜二
6 8 オビーディエント 牡7 57 内田博幸
7 9 メイショウツレヅレ 牝7 55 M.デムーロ
7 10 ワディ 牝5 55 川田将雅
8 11 ゴーインググレート 牡6 57 池添謙一
8 12 ガンジー 牡5 57 武幸四郎

○池江寿師 「ノドの疾患さえなければ、とっくにオープンまで行っている馬だが、前走でも苦しくなって頭を上げていた。坂路では11秒台。デキはいいが、展開待ちの面がある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は初めてのダ1200m戦でしたが、レースの流れに戸惑うことなく対応。直線でも内から一瞬伸びてくるところはありました。ただ、坂を上ってくる頃に息遣いが苦しくなってしまい…。適性は十分感じる競馬は出来ましたが、どうしても詰めが甘くなってしまいます。

今回は久々を叩いての1戦。坂路でラスト1ハロンで11秒台をマークするなど状態に関しては問題なく、使った上積みも見込めるでしょう。それでいて追い切りの短評が「あまり変わり身無」なのは、実際のところは息遣いに疑問符が付くからでしょう。

今回のレースでも、前走のように見せ場を作る可能性は高いでしょうが、勝ち負け・馬券に絡む走りまで到達できるかとなると…。締まった馬場+湿気のある気候は味方してくれそうですが、掲示板に載るかどうかといったところ迄でしょう。ホント能力はOPでもやれるモノを十分備えている馬なんですが…。

2016年3月13日 (日)

ロードなお馬さん(池江厩舎)

Photo_3 ロードガルーダ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月19日(土)阪神・なにわS・混合・ダ1200mに菱田騎手で予定しています。

○兼武調教助手 「前回は休み明け。馬体重はプラスを示すかと思っていました。しかしながら増減無し。中山への輸送で減った分も含まれるでしょう。3月9日(水)は普通キャンター。中間も吸入等でケアしており、喉の状態は平行線を保てている印象です」

Photo_3 ロードプレミアム

3月9日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.7-39.8-25.1-12.3 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒7先行して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。3月19日(土)阪神・3歳未勝利・混合・芝2400mにM.デムーロ騎手で予定しています。

○兼武調教助手「3月9日(水)は坂路で。軽く気合いを付けています。及第点を与えられそう。馬体、脚元に関しても気に掛かる点は浮かびません。調教での様子や今までのレースを見ても、行きたがるような面は全く無し。距離は延びても大丈夫でしょう」

≪調教時計≫
16.03.09 助手 栗東坂良1回 54.7 39.8 25.1 12.3 一杯に追う サトノマルス(3歳500万)馬なりに0秒7先行0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ガルーダは前走から中2週で来週の出走へ。週中に時計を出して欲しかったですが、週末と来週の2本の追い切りでレースへ臨む様子。除外になることを踏まえての調整なのかな? 喉の状態は好転することはないでしょうが、適切な処置を施して少しでも負担を軽減させて欲しいです。

プレミアムは未勝利では地力上位。鞍上にM.デムーロJを迎えますし今度こそ。阪神コース+距離延長を対応できれば、結果は付いてくると思います。ただ、本質的にマイルから1800mぐらいが合うタイプでしょう。

2016年3月 3日 (木)

初めてのダ1200mにもスムーズに対応。ただ、喉に問題があるので、最後はどうしても失速してしまう。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

2月28日(日)中山10R・ブラッドストーンS・混合・ダ1200mにC.ルメールJで出走。13頭立て4番人気で4枠4番からハイペースの道中を3、4、5番手と進み、直線では中央を通って0秒4差の6着でした。馬場は良。タイム1分12秒0、上がり36秒7。馬体重は増減無しの508キロでした。

○ルメール騎手 「追い切りの際にも感じた通り、喉の調子があまり良くないですね。ラスト100mで頭を上げて苦しがってしまいました。それでも、途中まではとてもスムーズに運べ、全体的には悪くないレースだったと思います」

○池江調教師 「久々のスプリント戦でもしっかりと流れに乗れました。喉の不具合でブレーキが掛かったとは言え、もう一歩の内容でしたからね。その他に不安らしい不安の無い丈夫な馬。今後はダート、芝両睨みで1200mと言う条件をできるだけ選び、どこかで展開が嵌るのを待ちましょう」

※レース映像はこちら

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位につけてロスもなかったが、直線でギアが上がらなかった。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月19日(土)阪神・なにわS・混合・ダ1200mに予定しています。

○池江調教師 「栗東トレセンへ戻ってからも特には変わらぬ様子。脚元等も大丈夫そうですね。このまま厩舎で調整を続ける予定。番組表を確認すると、中2週で再びダ1200m戦が組まれています。除外も念頭に入れ、ここから特別登録を行ないましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダ1200mは初めての出走でしたが、芝スタートでサッと行き脚がつくなど行きっぷりは上々。内の良いポジションを確保してレースは出来ました。そして直線は前が一瞬狭くなって、躊躇する感じはありましたが、進路が出来たところからはそこを割ってくるようにひと伸び。残り100mくらいでは3着に粘れるかと思ったのですが、そこから息が苦しくなって失速してしまいました。

ガルーダ自身は一生懸命駆けているのですが、この持病は何とも厄介。手術をしてこの状況なので、手術前に失速を繰り返していたのは仕方ないところだったんだなと思い起こします。喉の問題がなければ、OPでもやれるくらいの素材なんですがねぇ…。

レース後の状態ですが、脚元等に異常なし。レース後のコメント通り、1200mの距離にこだわって使っていくことになる模様。今後もラストで失速する競馬が続くでしょうが、勝つチャンスがあるとすれば、レース中は雨で、脚抜きの良いダートで競馬が出来た時になってくるのかなあ。何とか条件・展開が嵌る日が来て欲しいです。

2016年2月28日 (日)

7歳にして中山初参戦。喉に不安は残るも1ハロン短縮でどこまで辛抱できるか…。★ロードガルーダ

Photo_3 ロードガルーダ(牡・池江寿)父アグネスタキオン 母レディブラッサム

2月28日(日)中山・ブラッドストーンS・混合・ダ1200mにC.ルメールJで出走します。2月24日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.3-40.0-25.3-12.2 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手を0秒7追走して0秒6先着。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は15時10分です。

○池江調教師 「残念ながら先週は除外馬2頭に含まれる格好。でも、どうやら予定が延びた影響は無さそうですね。上手くルメール騎手を確保できたのも何より。ただ、やはり喉が幾らか気に掛かる・・・と2月24日(水)の稽古に跨って感想を述べていました」

≪調教時計≫
16.02.24 ルメー 栗東坂良1回 54.3 40.0 25.3 12.2 馬なり余力 サトノシンゲキ(3歳未勝利)一杯を0秒7追走0秒6先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2回中山2日目(2月28日)
10R ブラッドストーンS
サラ ダ1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アンリヴィールド 牝7 55 石橋脩
2 2 イーグルカザン 牡8 57 吉田豊
3 3 グラスエトワール 牝4 55 木幡初広
4 4 ロードガルーダ 牡7 57 C.ルメール
4 5 ゲマインシャフト 牡6 57 柴田大知
5 6 インディーズゲーム 牡8 57 田中勝春
5 7 ドリームドルチェ 牡4 57 柴山雄一
6 8 ヴァイサーリッター 牡5 57 戸崎圭太
6 9 モルジアナ 牝4 55 横山典弘
7 10 ヨウライフク 牡4 57 大野拓弥
7 11 フクノドリーム 牝5 55 松岡正海
8 12 ワイドエクセレント 牡6 57 勝浦正樹
8 13 サルバドールハクイ 牡6 57 石川裕紀人

○池江寿師 「前回が悪くない内容。脚捌きが良くなって時計勝負になっても問題ないが、年齢的にスピードが鈍っているので、1200mにどう対応するか。そこが課題になるね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術から復帰した昨年末。コンスタントに4戦消化してくれたロードガルーダでしたが、結果を見ると、あとひと押しが利かない現状。喉は手術をして一時期より良くなっているのは確かですが、息遣いは万全ではありません。これからも良化することはないので、幾らかでも負担を軽減させる努力をしてレースへ向かうしかありません。

また、詰めの甘さが残る現状を踏まえて、今回から距離を1ハロン短縮してダ1200mへ。レースの流れに戸惑う可能性はありますが、元々先行力はありますし、何と言ってもスプリント王の半弟。悪い筈がないでしょう。そして初参戦となる中山ですが、京都や阪神と違い、ダ1200mは芝スタート。Hペースになりやすいですが、芝もこなせるロードガルーダにはマイナスよりもプラスに出てくれるでしょう。

状態に関しては、追い切り時計を見る限り、仕上がり良好。先週の競馬を予定するも除外になった影響はなさそう。また、鞍上にルメールJを都合良く確保できたことも○でしょう。

楽しみな材料を持って、レースへ臨めるのは確か。ただ、あとのことはレースへ行ってみないと分かりません。能力を秘めるも、怯みやすい性格でもありますから。中山の急坂を何とか踏ん張ってもらいたいです。

7歳になって1戦1戦が勝負になってくるロードガルーダ。スピード能力とかで衰えは出てきているでしょうが、最善を尽くしてレースへ挑んでもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ