2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードヴェッケン」の88件の投稿

2013年1月 2日 (水)

昨年、JRAを抹消となった出資馬

<シルク>

Photo_4 シルクヴェリタス

4戦0勝。体質が弱くデビューは6月になってから。同世代のシルク馬では1番最後の入厩だったと思います。おっとりした気性+太め残りでデビュー戦は見どころなく敗退。その後は1戦ごとに良化を辿るも、スーパー未勝利を使うことが出来ずに中央最終戦は芝500万下の格上挑戦。一瞬伸びてくるところもあり、見せ場は十分でした。この内容から再ファンドされるかと思っていたのですが、他の馬主に売却され名古屋競馬へ移籍。名古屋競馬では4連勝を達成。昨日は名古屋地区の重賞に格上挑戦して敗れるも、5着と健闘しています。

Photo_4 シルクベルジュール

5戦0勝。2歳時はなかなかパンとせずに、入厩してからも時間をかけてデビュー。坂路ではシルクで勝ち上がったラングレー、アポロン以上の時計・動きをしていましたが、気の悪さをレースで露呈。また、1800mの距離を3度使ったも、距離が長かった模様。最後はトモも万全ではなかったようで、状態とレース選択が噛み合いませんでした。最後はヴェリタス同様にスーパー未勝利戦を除外され続け、格上挑戦することに。14着と見せ場なく終わる。その後は岩手競馬に移籍。ハナへ行く競馬が合っているのか4連勝中。ただ、再ファンドを視野に入れての移籍でしたが、それに関しては音沙汰なく…。

Photo_4 オレンジブルーム

7戦0勝(3歳時4戦0勝)。2歳時から気性面の激しさを見せていましたが、それが改善されることなく、最後はより激しくなっていました。馴致が遅れていた時点で気性の悪さを危惧していたのですが、仕方ありません。個人的にはダートの中距離を早くから狙っていれば、もう少し頑張れたように思います。中央抹消後は佐賀競馬に移籍。5戦3勝2着2回と頑張っています。

Photo_4 シルクレグルス

8戦1勝(4歳時4戦0勝)。2戦目で勝ち上がった馬なので、先々まで期待した1頭だったのですが、外から交わされるとレースをやめ、後方から行っても使える脚はジリジリと…。課題が改善されませんでした。その後、障害入りを視野に入れるも、気難しさから障害を飛ぼうとせずに断念。地方交流戦にも視野を広げるが、腰を捻って放牧へ。その怪我が思いのほか重症で、登録抹消となりました。

<ロード>

Photo_2 ロードエストレーラ

17戦0勝(3歳時13戦0勝)。現在は園田で2勝を挙げて、JRAに復帰していますが、私は再ファンドには応じていません。コツコツと頑張って稼いでくれた1頭でしたが、未勝利を勝つことが出来ませんでした。厩舎も勝てる相手を探ってくれましたが、厩舎の都合で北海道へ行ったのが台無しで、ダート1000では良さが出ませんでした。

現在は美浦・新開厩舎へ転厩。序盤はじっくり脚を溜めて、最後に賭ける戦法なら通用しても不思議ないかと思います。

Photo_2 ロードヴェッケン

3戦0勝。移動直前で頓挫した影響で入厩が遅れました。それでも血統背景&馬っぷりから期待したのですが、外へ逃げたり、内へモタれたりと気難しい面が露呈。レース慣れを期待したのですが、悪い方へ進んで行きました。特に最後の1戦は追走もままならずにタイムオーバーでの敗戦でした。JRA登録抹消後は兵庫競馬へ。残念ながら地方でも1勝が遠いです。

Photo_2 ロードレグルス

4戦0勝。昨年の最終週のレース後に故障。診断の結果、競走能力喪失となりました。初めてのダート戦で期待したのですが…。レース前、皮膚病の発症などデキ落ちを心配する中での出走だったのが悔やまれます。

2012年6月20日 (水)

前走タイムオーバーの走りを受けて、登録抹消することに…。★ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

レース後も特に異常は認められません。ここ最近の競走成績等を踏まえて今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間、ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○千田調教師 「あまりにも負け過ぎ。何処か故障したのかな・・・とも考えました。ただ、歩様に少し硬さが感じられる程度。大きな問題が無いだけに、見通しは厳しいと言わざるを得ないでしょう。所定の手続きを経て、明日6月21日(木)には厩舎を離れる予定。思うような結果を残せずに申し訳ございません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

月曜日の段階でもう1戦できるかなあと思っていたのですが、特に故障なくあの内容だったので、ロードらしくスパッと切られてしまいました。

1戦目は若さが目立った内容でしたが、2戦目はレース前から稽古での遅れが続いていました。明らかに状態は下がっていました。馬体が戻ってこないのも、デビュー時に取り消した熱発の影響か気性面の難しさが影響したものだと思います。

世代最初の入厩を予定していたところでの頓挫。ここでの躓きが競走生活でリズムを欠く大きな要因になってしまいました。結局はヴェッケンの姉たちと同じように弱さと難しさをしっかり受け継いでいたとも言えます。

馬っぷりが良かっただけに残念ですが、目に見えない部分での難しさを痛感する1頭になってしまいました。

2012年6月16日 (土)

勝負どころからギアが上がらず、タイムオーバー負けの大敗。★ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

6月16日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダート1800mに浜中Jで出走。16頭立て11番人気で4枠8番から平均ペースの道中を11、13、15、16番手と進み、直線では最内を通って6秒0差の16着でした。馬場は不良。タイム1分57秒7、上がり41秒9。馬体重は4kg減少の474kgでした。なお、タイムオーバーの制裁を受けたため7月16日(月)まで平地競走への出走が認められません。

○浜中騎手 「前走時は外へ逃げていた・・・との話。真ん中の枠だったのも踏まえ、今回は馬群に入れて運ぼうと思っていました。走り自体はスムーズ。他馬を気に掛けるような素振りも無かったですよ。ただ、勝負処を迎えてペースが上がると付いて行けぬ感じに。まだ体力不足なのかも知れません。良化を遂げるまでには今しばらく時間が掛かりそう」

○千田調教師 「何とかマイナス4kgまで戻せたものの、飼い葉を食べても身に付かぬ現状。そのような過程も早々に息切れを起こした原因なのでは・・・。大きく遅れての入線でタイムオーバーの制裁を受ける形に。少なくとも1ヶ月は出走が認められません。仮に待ったとしても劇的な変化が望めるかどうか・・・。難しい判断ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックでは幼い面を覗かせていたヴェッケン。馬体はやはり減らしての出走となりました。稽古から遅れが目立っていましたが、今回はスタートも五分に出て、馬の間に入れても、特に嫌がるような素振りはなかったです。結構、走れているかなと思いましたが、向正面で後方2番手の位置から押し上げることが出来ず…。一瞬、故障をしたのかな?と思うくらい離されていきました。

そして、15着馬からも2秒近く離されての大敗を喫しました。この内容なら見切りの早いロードだけにアウトかもしれません。外へ外へ逃げる素振りが目立ったデビュー戦よりも遥かにパフォーマンスを落としています。

馬体がなかなか戻ってこないのは、気性面からなんでしょうね。走る気力も乏しくなってしまったのか…。もう少しやれていい馬だと思いますが、父シンボリクリスエス産駒は難しいです。

2012年6月15日 (金)

デビュー前より稽古で動けなくなっているのが心配。レース慣れも必要で…。★ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

6月16日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダート1800mに浜中Jで出走します。追い切りの短評は「遅れが続いて」でした。発走は11時00分です。

3回阪神5日目(6月16日)
3R 3歳未勝利
サラ ダート1800メートル 指定、馬齢 発走11:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オースミファイア 牡3 56.0 田村太雅
1 2 タツグレート 牡3 56.0 佐藤哲三
2 3 リアライズバリメタ 牡3 56.0 武豊
2 4 クリノビーム セ3 56.0 中村将之 
3 5 ロゼッタストーン 牡3 56.0 ウィリアムズ
3 6 トキノベストマッチ 牡3 56.0 川田将雅  
4 7 エーシンハッブル 牡3 56.0 小牧太
4 8 ロードヴェッケン 牡3 56.0 浜中俊
5 9 エリモルビーノ 牡3 56.0 国分優作
5 10 ダヴィード 牡3 56.0 和田竜二
6 11 テイエムベンケイ 牡3 53.0 中井裕二
6 12 サザンネスト 牡3 56.0 幸英明
7 13 エクストラトーン 牡3 56.0 渡辺薫彦
7 14 メモリーシリング 牡3 56.0 北村友一
8 15 ソードブレイカー 牡3 56.0 福永祐一
8 16 ワンダージョイア 牡3 56.0 国分恭介

○千田師 「実戦でモタれたり外へ逃げたりする。稽古で工夫しているし、まっすぐ走れば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦はパドックで鳴いたり、レースは外々へ逃げる面を見せて、レースにならなかったヴェッケン。その後、ソエの治療で放牧に出されましたが、熱発取り消し後すぐに使った反動からか、なかなか馬体がフックラしてきませんでした。その傾向は今も残っています。

この点は父シンボリクリスエス産駒特有の難しさがやはり影響しているのでしょうか。戻ってからの追い切りでも、時計が地味で、併走馬に遅れるシーンが続いています。どうも前向きさに欠けるようです。デビュー前の方が動いていたと思います。

デビュー戦の内容と現状から、2戦目での一変はやはり難しいと思います。浜中Jには結果云々よりも、レースで気を抜くところがないようにビシッと教え込んでもらいたいです。何とか次に繋がるようなモノを今回のレースで見せてくれれば…。

2012年6月13日 (水)

浜中Jとのコンビで土曜阪神ダート1800に出走予定。☆ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

6月16日(土)阪神・3歳未勝利・ダート1800mに浜中Jで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では優先順位5番目、同順位3頭で出走可能です。6月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで2本目に56.8-41.5-26.8-13.1 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に1秒0先行して0秒5遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。

○千田調教師 「6月13日(水)は坂路で終い重点。動きが急激に変わった感じは受けぬものの、もう中身はデキていると思います。ただ、どうも外見的に寂しく映る印象。もう少しボリュームが備わって欲しいのですけどね。そのあたりも如何に影響を及ぼすか・・・」

≪調教時計≫
12.06.13 助手 栗東坂稍2回 56.8 41.5 26.8 13.1 一杯に追う スマートアスター(3歳未勝利)一杯に1秒0先行0秒5遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土日にダート1800の番組がありますが、ヤマニンカヴァリエと使い分けされることになって、ヴェッケンは土曜日に回ったようです。鞍上は両番組とも浜中Jを押さえてくれていたのは有り難いです。

ただ、肝心の動きがもう一息。坂路を1周乗った後での追い切りを考慮しても、デビュー前の方が動いていた印象です。フックラしてこないことも含めて、気性的なものが影響していると思います。前向きさも足りない印象を受けます。

デビュー戦は外へ逃げる仕草を見せて、レースになりませんでした。今回は掲示板確保を目標にレースに臨んでもらいたいです。2戦目で行きっぷりは変わってくるのかなあ…。

2012年6月 8日 (金)

ロードなお馬さん(入厩馬・今週出走なし)

Photo ロードアクレイム(牡・藤原英)父ディープインパクト 母レディパステル

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月1日(日)福島・ラジオNIKKEI賞(G3)・国際・芝1800mに予定しています。

○荻野調教助手 「復調の兆し。6月6日(水)は普通キャンターで終えたものの、今週末にはペースを速めて行けるのでは・・・。まだ時間は十分に残されており、スケジュールを逆算しつつ進めればOK。ジョッキーは調整中ながら、出走の方向で考えていますよ」

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

6月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン87.8-70.2-54.4-40.2-13.2 6分所を追って一杯になっています。併せ馬では馬なりの相手の外を1秒3先行して0秒1遅れ。短評は「ズブさ見せる」でした。6月16日(土)阪神・3歳未勝利・ダート1800mもしくは6月17日(日)阪神・3歳未勝利・ダート1800mに予定しています。

○千田調教師 「6月6日(水)はウッドで。ずっと外へ逃げていたデビュー戦の内容等を踏まえ、今朝は3頭併せの真ん中へ入れて様子を確認しました。特に気に掛かる部分は無かった・・・と言うのが乗り手の感想。やはり初めての競馬で驚いただけなのかも・・・」

≪調教時計≫
12.06.06 見習 栗CW良 87.8 70.2 54.4 40.2 13.2(6) 追って一杯 スマートアスター(3歳未勝利)馬なりの外1秒3先行0秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後さすがに回復が遅れていたアクレイムですが、3日に坂路で15-15のところを乗り、状態は徐々に良い方へ向かっている様子。このあたりのケアはさすがです。これから芯が入っていく馬だと思いますが、重賞で力試しとなりますが、良い結果を残して、秋以降へ繋げて行ってもらいたいです。

ヴェッケンは今週の出走も視野に入っていたと思いますが、来週へ回ることになりました。稽古は3頭併せの真ん中に入れての調教。日曜日も叩き一杯やられていますし、水曜日の追い切りはズブさを見せていたとのこと。少し前向きさに欠けるのかなあと思います。まだまだ幼さが抜け切れないんでしょうね。来週まで2本、時計を出せますし、少しでもピリッとしてきてくれることを願っています。

2012年5月31日 (木)

具体的なレースは未定も、阪神開催で復帰予定。☆ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

2012.05.30
5月30日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に55.9-40.7-26.9-13.8 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒5先行して0秒3遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。3回阪神を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「もう少しフックラさせて戻すのが理想。ただ、あまり時間が残されていませんからね。北海道に入っており5月30日(水)の動き等を直接には未確認。でも、無事に追い切りを終えた・・・との報告が届いています。次週からスタンバイを掛けるかも」

≪調教時計≫
12.05.30 助手 栗東坂良2回 55.9 40.7 26.9 13.8 一杯に追う ヤマニンカヴァリエ(3歳未勝利)馬なりに0秒5先行0秒3遅れ

2012.05.29

5月25日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「検疫のキャンセル分が回って来た様子。先週末に栗東トレセンへ向かっています。直前までキッチリと稽古を消化しており、スムーズに追い切りへシフト出来るはず。あとは厩舎スタッフに任せればOKでしょう。ぜひとも頑張って欲しいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の金曜日に栗東に戻ってきたヴェッケン。早速、日曜日と水曜日に時計を出しています。ただ、もうひとつ動きがピリッとしていません。まあ、昨日は1本坂路を上った後での追い切りではありますが…。

育成時、シンボリクリスエス産駒でも素直そうに思いましたが、若さが残るのもあるでしょうが、ちょっと難しい面が表面に出てきました。デビュー戦の走りを見ると、レース慣れが必要ですし、残された時間から厳しいのは事実です。それでも見栄えのする馬体の持ち主。ワンペースな面がありながらも、勝てる力はある筈。何とかレースで力が発揮できるように調教を進めてもらいたいです。

2012年5月28日 (月)

25日に帰厩。早速、坂路で時計をマーク。☆ロードヴェッケン

Photo ロードヴェッケン(牡・千田)父シンボリクリスエス 母レディアドバンス

5月25日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。5月27日(日)良の栗東・坂路コースで1本目に60.6-44.6-29.1-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。

≪調教時計≫
12.05.27 助手 栗東坂良1回 60.6 44.6 29.1 14.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両前のソエで放牧に出されていたヴェッケン。固まるのに時間を要した一方で、熱発後にすぐにレースを使った疲れからか、馬体の回復にも手間取りました。ここに来て、乗り込みは進んでいたので、帰厩を示唆されていましたが、25日に無事に戻ってきたようです。そして、日曜日には早速、時計になるところを乗っています。

時間も限られてくるので、このままピッチを上げていくことになるでしょう。何とか脚元が落ち着いた状態を保ってくれることを願っています。

2012年5月24日 (木)

シルク&ロードなお馬さん(3歳・栗東近郊組)

Photo_4 シルクキングリー

京都府・宇治田原優駿ステーブルで調整中です。ウォーキングマシンの運動40分行った後、本馬場でダク1,200m、キャンター2,400mの調教を付けられています。牧場担当者は「だいぶリフレッシュしてきましたので、通常の調教に戻しています。この後も変わり無いようでしたら、坂路にも入れて進めます」と話しています。(5/21近況)

Photo_4 オレンジブルーム

滋賀県・信楽牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動30分行った後、本馬場でダク800mとキャンター1,600mの調教を付けられています。牧場長は「馬体を戻す目的で、軽めのところが中心です。前後の運動を長くして、運動量を確保しています」と話しています。(5/21近況)

Photo ロードヴェッケン

滋賀・栗東ホース具楽部在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター500m×4~5本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「定期的に強目のトレーニングを実施。もうソエに関しては大丈夫でしょう。先日、千田先生が来場。実際に跨って感触を確かめて行かれましたよ。検疫馬房が取れ次第、帰厩の段取りが組まれる見込み。早ければ今週中にも移動するのでは・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東近郊で調整中の3頭の近況をまとめて。

キングリーは中1週で東京の重賞を使ったこともあり、疲れを見せていましたが、だいぶ立ち直ってきている様子です。これから徐々にペースアップできるでしょう。春は1勝のみにとどまりましたが、今後は適距離を使われていけば、2勝目は近いですし、ポンポンと勝ち星を積み重ねて行けるかと思います。

オレンジブルームは繊細な牝馬らしく馬体重の増減が激しいです。もっと食べたものが実になってくれば、噛み合ってくるとは思うのですが、残された時間から厳しいでしょう。

ヴェッケンは帰厩するかなあと見ていましたが、今日時点では、まだ戻っていないようです。2歳馬が入ってきていますし、検疫馬房も取りにくくなっているのかもしれません。厩舎に戻れば、すぐに使えるメドが立つように、良い状態をキープしてもらいたいです。

2012年5月15日 (火)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 アンビータブル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「一夏を越せば全体的に逞しさが備わるはず。安田調教師と意見を交えた結果、北海道で休養させる方針が決まっています。連闘で使った後の長距離輸送。無事に到着を果たしたものの、当面は余裕を持たせた生活でリラックスを図る予定です」

Photo_6 ロードハリケーン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。調教レベルを高めてからもソエが落ち着いているのは何よりですね。先週末、池江先生が視察に。状態は確認して頂けたと思います。近日中に移動の段取りが組まれそう。いつ声が掛かっても大丈夫でしょう」

Photo_6 ロードヴェッケン

滋賀・栗東ホース具楽部在厩。ウォーキングマシン40分、ダートコース・ダク2000m、ウッドチップ坂路コース・キャンター500m×4~5本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「入念に乗り込みながらも疲れた素振りは無し。脚元も落ち着いた状態を保っています。だいぶ全体のボリュームを増した感じ。具合は上向きと言えそうですね。あと1、2週間ぐらいで厩舎へ・・・との話。現在のリズムを保つのが大切でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンビータブルは無事にケイアイファームに戻っています。心身の成長なくして、活躍は見込めませんので、リセットして1から立て直してもらえればと思います。

ハリケーンはいよいよ帰厩が近づいてきました。このコメントだと早ければ明日にでも移動かもしれません。まあ、遅くてもランパートと入れ替えでしょう。この休養期間で特に馬体面でどれだけしっかりしてきたのかが気になるところです。

ヴェッケンはだいぶ馬体もフックラ戻ってきたようです。こちらも調子が上がってきました。デビュー戦の感じだと、慣れが必要なので、早めに出走態勢を整えて行ってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ