最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードハリケーン」の298件の投稿

2016年2月 9日 (火)

左前脚の屈腱炎が判明。JRAの登録を抹消することになってしまいました。★ロードハリケーン

Photo_3 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

2016.02.04
エコー検査を受けたところ屈腱炎で全治9ヶ月以上の診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○池江調教師 「先週末から左前脚球節の腫れが随分と目立つように。ずっと悩まされていた箇所ですね。これまでは腱自体の損傷は見つからなかったものの、2月4日(木)の検査で深屈腱に炎症を確認。これ以上に進めて行くのは人馬共に危険を伴うと思います。復帰へ向けて取り組んでいただけに残念。申し訳ありません」

2016.02.03
ここに来て左前脚球節に腫れが認められます。現在は栗東トレセンで一切の運動を控えて休養に専念。2月4日(木)にエコー検査を受ける予定です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の日曜日に時計を出していなかったので、嫌な予感がしていたのですが、水曜日に左前脚の腫れを確認。まあ、この時点で引退の文字が頭を過ぎりましたが、検査の結果、屈腱炎をj発症していることが判明。残念ながら、JRAの登録を抹消することになってしまいました。今後は乗馬として第二の馬生を送ることになりました。

募集時は全兄ダノンバラードの活躍も相成って、かなりの人気を集めた同馬。抽選を掻い潜って出資することが出来た時は大変喜んだものでしたが、期待が高い分、育成時のモタモタ、トモが弱くてゲート試験に大苦労など悩ましいことが多かったです。そして、晩年は脚部不安との戦い。PRP治療という言葉も初めて聞きました。

また、ハリケーンの思い出としては、川合助手がレースへの手続きを忘れてしまい、その週の出走を見合わせるという珍事もありました。

もっともっと大舞台へと進んで欲しかった1頭でしたが、実際のところはそう簡単に行かないということを沢山学ばしてもらいました。この経験を今後に生かしていきたいです。

2016年1月30日 (土)

22日にようやく栗東・池江寿厩舎へ戻っています。☆ロードハリケーン

Photo_3 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

2016.01.28
1月28日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に55.6-40.2-26.2-13.1 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月20日(土)小倉・和布刈特別・混合・ダ1700mに予定しています。

○池江調教師 「1月28日(木)は坂路で気合いを付けました。まだ息遣いが物足りぬ感じ。そのあたりはブランクの影響でしょう。今朝の様子だと更に3本ぐらいは追い切りが必要。小倉2週目に組まれたダ1700mを基本線に仕上げを進めて行く予定です」

≪調教時計≫
16.01.28 助手 栗東坂良1回 55.6 40.2 26.2 13.1 一杯に追う

2016.01.26
1月22日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

〇当地スタッフ 「移動の連絡が届き、先週末に栗東へ。ある程度のデキには達しており、いつ声が掛かってもOK・・・と言える状態でしたからね。ちょっと時間を要したものの、まずは無事に送り出せて一安心。あとは厩舎スタッフに任せれば大丈夫でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月の小倉戦での復帰を示唆されていたハリケーンでしたが、先週の22日にようやく栗東・池江厩舎へ戻ることが出来ました。

早速、坂路で時計を出し始めているようにひとまず問題なく進められているのは何よりですが、肝心の動きはピリッとせず物足りません。年齢+脚部不安による休養で良化が遅いのは致し方ないでしょうが…。正直、過度の期待を寄せるのは酷でしょうね。

2016年1月21日 (木)

ロードなお馬さん(7歳・池江厩舎)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

〇池江調教師 「定期的に牧場へ赴いて具合を確認しています。2月中旬から始まる小倉あたりで復帰を果たせれば・・・と。そこからスケジュールを逆算して帰厩させる予定です。いずれにせよ遠からず。1、2週ぐらいの間には移動の段取りが組めるでしょう」

Photo_3 ロードガルーダ

滋賀・吉澤ステーブルWEST在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)。

〇当地スタッフ 「段々と煩い面が出始めるように。少しずつ元気を取り戻して来た印象です。そんな様子を踏まえ、ここに来て騎乗トレーニングをスタート。まずは角馬場で感触を確かめ、現在は周回コースへも連れ出しています。徐々に前進を図れたら・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハリケーンはようやく池江師が復帰戦の見通しを宣言。2月の小倉を目指すことになりました。あとは無事に移動が完了することを願うだけなので、牧場での調整は無理のない範囲に止めておいて欲しいです。

ガルーダは日にちの経過と共に回復。騎乗運動を開始していますが、今月一杯はゆったり過ごしてもらえればと思います。

2016年1月17日 (日)

ロードなお馬さん(7歳・池江厩舎)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「年末年始もハロン15秒ペースまで。緩めぬように心掛けつつも、オーバーワークも避けないと・・・。そのあたりを踏まえての調整です。移動の際に改めて左前脚球節の水を抜き、その上で送り出すのがベターかな・・・と獣医師は話しています」

Photo_3 ロードガルーダ

滋賀・吉澤ステーブルWEST在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「どうも毛艶が今一つ。寒い時期なのも一因ながら、やはり連戦の疲れでしょうね。到着後はウォーキングマシン。ひとまずは余裕を持たせようと思います。内面からケアするのがベター。跨り始めるのは元気を取り戻してから・・・の予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハリケーンはなかなか移動の知らせが届かず。体力は備わっているだけに無理をして自ら予定を狂わすことがこれ以上ないようにお願いします。

ガルーダは見た目から疲労を感じる様子。寒い時期も良くないイメージですから、焦ることなく体力の回復を待ってもらえればと思います。また、喉のケアについても、色々考えていってもらいたいです。

2016年1月 5日 (火)

明けて7歳に。今度こそ良きタイミングでの帰厩を願っています。★ロードハリケーン

Photo_3 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○池江調教師 「脚元を気遣いつつの調整に加え、仕上げの途中で一時的に疲れが出たり・・・。12月中には厩舎へ戻すプランを描いていたものの、当初の見込みよりも幾らかズレ込んでいます。年明けの様子を確認した上で、改めてスケジュールを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スムーズに帰厩することが出来ていれば、左前脚球節に水が溜まるアクシデントに会うことはなかったですが、年齢と現クラスでの実績のなさから後回しにされるのは致し方ないところ。幸い大きな落ち込みまでには至らなかったので、厩舎でやれる体力は整っているかと思います。

明けて7歳になってしまったハリケーンに残されたレースは正直1~2戦。そこで結果が出なければ、先は閉ざされるものと覚悟も出来ています。牧場・厩舎との連絡を密にしてタイミングを逸しないように今度はお願いします。

2015年12月27日 (日)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週と同じメニュー。通常のレーザーや冷却等に加え、消炎剤も使って脚元をケアしています。視察に訪れた池江調教師には改めて現状を報告。もう少しウチで調整を続けるか、トレセンへ入れて仕上げるか・・・。そこは先生の判断でしょう」

Photo_3 ロードフェリーチェ

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン30分、ダートコース・ダク2000m→キャンター3600m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「走りたい気持ちが先行している印象ながら、コントロールは利くだけに大丈夫ですよ。先週末も上がりをサッと。これでガス抜きが出来るのでは・・・と思います。馬体重も460キロを超えるぐらいに。いつ声が掛かっても対応は可能でしょう」

Photo_6 ルアンジュ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。飼い葉もキッチリ食べており、体調面に関しても何ら不安を覚えぬ印象です。今週でトレセンの検疫業務は終了・・・との話。年明けから少しずつ調教レベルを高め、帰厩に備えるのがベターかも知れません」

Photo_3 ロードセレリティ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×2本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「登坂回数を2本に。まだまだペース自体は控え目ですけどね。運動量を増やした後も、脚元は良い意味で変わらぬ様子。数字は530キロ近くに達しているものの、無駄肉が付いた感じも受けません。この調子で少しずつ前進を果たせれば・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハリケーンは球節に水が溜まるアクシデントで脚元のケアを続けながらの調整。今のところ悪くはなっていませんが、不安が拭い去るまでは次のステップへは移行できなさそう。

フェリーチェは前向きさは悪いことではありませんが、鞍上と呼吸を合わせて走れるようになってもらいたいです。年明けには帰厩することになるでしょうが、乗りやすさを求めて、色々と手を尽くしてもらいたいです。

ルアンジュもこの馬なりに順調。ただ、どこで復帰させるといったプランが決まっていない様子。ズルズルと帰厩が遅れてしまうことに繋がらなければ良いのですが…。

セレリティはペースアップは出来ていませんが、登坂回数を2本に。運動量が増えても、脚元の我慢が利いているのは何より。ただ、油断は出来ませんので、1つ1つ階段を上っていってもらいたいです。

2015年12月18日 (金)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ピッチを上げて来ていただけに、相応の負担が掛かった様子。左前脚球節に水が溜まり、これを抜く処置を行ないました。以後は一旦ペースを落とし、15-15までを週1回の割合に。移動プランに関しては池江先生と改めて相談・・・でしょう」

Photo_3 ロードフェリーチェ

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン30分、ダートコース・ダク2000m→キャンター3600m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「元気一杯。馬房で暴れて左前脚に小さな傷を負ったものの、調教は休まずに行なえており心配には及びませんよ。終い重点で15-15の稽古を課すように。前向きな気性で仕上がりの早いタイプだけに、この内容を続ければ十分かも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

さすがにそろそろ戻れるかなと見ていたハリケーンですが、左前脚球節に水が溜まるアクシデント発生。少しペースを落として楽をさせることに。大きな頓挫には至りませんでしたが、これで年内の帰厩はなくなってしまいました。

フェリーチェも馬房で暴れるトラブルがあったようですが、打撲で傷をつくった程度で済んだ様子。今後の予定には大した狂いはないでしょうが、自由気ままにさせず、人の言うことを聞けるような工夫を調教に取り入れてもらいたいです。

2015年12月11日 (金)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは上向き。本数を重ねるに連れて着実に上昇カーブを描けており、脚元が落ち着いているのも何よりだと思います。そろそろ帰厩の連絡が届くはず。ある程度のデキには達しただけに、いつ声が掛かっても大丈夫です」

Photo_3 ロードフェリーチェ

滋賀・信楽牧場在厩。ウォーキングマシン30分、ダートコース・ダク2000m→キャンター3600m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週末、馬の行く気に任せる形で終いをスッと伸ばしています。決して無理していないものの、恐らくハロン17、16秒ぐらいは出ていたはず。良い動きを見せており、その後も反動は見られません。特に気に掛かる部分は無し。順調でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暮れの中京での復帰を想像していたハリケーンでしたが、なかなか帰厩の声は届かず。来週の週中までに帰厩して10日競馬で阪神or中山の最終週へ向かうのかな?

フェリーチェは元気一杯。それ自体は喜ばしいですが、乗り難しい面が緩和・解消されてこないと、結果は同じで。ポテンシャルを秘める馬ですが、ホント学習能力に欠けるのが…。

2015年12月 5日 (土)

ロードなお馬さん(池江厩舎・牧場組)

Photo_3 ロードハリケーン

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに速いペースも交えて乗り込めています。しっかり動けており、息遣いに関してもOK。身体つき等からも、段々と態勢が整いつつある印象です。ひとまずは同様のパターンを繰り返し、移動の直前に最終的な仕上げを施す予定」

Photo_3 ロードプレミアム

滋賀・吉澤ステーブルWEST在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター2000m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毛艶が良化し、馬自身も元気に。心身共にコンディションは上向きと言えそうです。そんな様子を踏まえ11月28日(土)に15-15を実施。ブランクが生じただけに悠々と・・・とは行かぬものの、本数を重ねるに連れて上昇カーブを描けるはず」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハリケーンはそろそろ帰厩の声が掛かる予定。状態に関しては速い調教を問題なくこなし、厩舎ですぐに追い切りを掛けることができる状態にあると思います。良い状態をキープしている間に次のステップ(入厩)へ行きたいです。

ゲート練習・試験の後遺症でクタッとしていたプレミアムでしたが、時間の経過と共にようやく上昇。だいぶ元気を取り戻し、状態は上がってきました。このまま速い調教をコンスタントに積み重ねることが出来れば、年内の再入厩は叶いそう。

2015年11月27日 (金)

予定が少し延びて12月に入ってから帰厩プランが示されることに。★ロードハリケーン

Photo_3 ロードハリケーン(牡・池江寿)父ディープインパクト 母レディバラード

滋賀・UPHILL在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場で並脚10分+ダク10分、ダートコース・キャンター1000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、14-14ぐらいまでペースを上げて行くように。動きは悪くないと思いますよ。元々、あまり太らぬタイプ。馬体に大きな緩みも感じられませんね。先日、池江調教師が来場。12月に入ってから具体的な帰厩プランが示される見込みです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

『11月中には戻したい』という意向でしたが、有力馬を多数抱える厩舎ゆえ上昇度に乏しいハリケーンは後回しに。年内に1走は考えてくれていると思いますが、月が変わってスッと帰厩できる保証はありません。

牧場では更に調教のペースを上げて鍛錬中。動き・状態は問題ありませんが、オーバーワークによる疲れ・反動には十二分に気を付けてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ