最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)シルクアポロン」の185件の投稿

2013年12月30日 (月)

今年の引退馬を振り返ります。

<シルク馬>

Photo_4 シルクメビウス

⇒⇒復帰のメドが立たず、ホッカイドウ競馬に転出。

今年の1月中旬に帰厩していたのですが、左前に疲れ+急性胃腸炎で栗東トレセン診療所に入院。再度、宇治田原優駿ステーブルで立て直すことに。結局は良化が見込めないということで、決断が下されてしまいました。現役最後のレースは2011年の東海S(3着)。温泉療法などで翌年のアンタレスS出走目前まで立て直しが図られましたが、レース当週に脚部不安を再発症。振り返ると、この故障が痛かったです。

それでも、初OP挑戦→初勝利、初重賞挑戦→初制覇とメビウスの活躍がなければ、それ以降の活躍馬に巡り会うことはなかったと思います。

Photo_4 シルクレイノルズ

⇒⇒帰厩直後に左前屈腱炎を発症していることが判明。中山競馬場で誘導馬に。

潜在能力はかなりのモノを秘めていた1頭ですが、脚元を含めて体質の弱さがネックに。晩年は坂路でしか調教ができなくなっていました。持病の球節の不安と骨折で昨年末から休養に入っていましたが、何とか態勢が整って春の福島を目標に帰厩した途端の出来事でした。攻め駆けする馬だったので、ダートを1度も使わずに引退したのは非常に悔しいです。

現在は中山競馬場で誘導馬の仲間入りを果たしています。まだ大レースに出てくることはないようですが、馬場入りを先導する雄姿を楽しみにしています。

Photo スターリーワンダー

⇒⇒右後脚副管骨骨折(全治9か月)が判明。そのまま登録抹消。

緩さが目立つ馬体と幼い気性が目立った1頭。顔の良くない馬=気性面で難しさを抱えていることを改めて思い知らされました。レースぶりは速い脚に欠ける内容で、1勝を挙げるのは正直難しかったですが、最後のレースとなった未勝利(7着)は前々で渋太さを見せていました。少しずつ良くなっていたので、もう少しレースを見たかったです。

Photo シルクアポロン

⇒⇒歩様を悪くして立て直しに相応の時間が必要。これまでの競走ぶりを考慮して、登録抹消。地方競馬へ転出。

第2回産地馬体検査を受ける云々で一気に売れ出して満口まで行った同馬。その後、検疫で直接入厩を目指すことに変更になるも、右前の骨溜で延期。その後、暮れに初入厩を果たすも、約1週間後に再放牧…。結局デビューとなったのは、3月暮れの未勝利戦でした。

福島で初勝利を挙げてくれましたが、歩様を悪くしたり、暑さが強くなかったりで、万全な状態+万全な仕上げで臨めたレースはあったのかなという感じです。一時、積極的な逃げで2勝目に近づきましたが、外から交わされると止めてしまう気性、喉の不安も発覚する始末。ダ1200m以下を使わずして、現役を終えることになったのはちょっと勿体なかったです。

Photo キープアットベイ

⇒⇒帰厩直後に右前脚浅屈腱炎を発症していることが判明。そのまま登録抹消。

一口馬主になって、初めての外国産馬への出資となったのが同馬。着地検疫を無事終えて8月に入厩。坂路で良い動きを見せ、横山典Jとのコンビでデビュー。相手関係は楽だったとはいえ、圧倒的人気に応えてのデビュー勝ちでした。完成度の早さが特徴の外国産馬ですが、同馬は緩さが残り、まだまだ伸びシロを残していたと思います。

ただ、デビュー後に脚をボコッと腫らしたり、牧場で裏筋がちょっとモヤモヤしたりと怪しい雰囲気はありました。そういう状態で芝を試すのは気掛かりだったのですが…。ダートの短距離馬として、準OPくらいまで出世できた馬かなと思っています。

<ロード馬>

Photo_6 レディアルバローザ

⇒⇒3連覇の懸かった中山牝馬Sの追い切り後にザ石が判明。同レースを回避して、そのまま引退。ケイアイファームで繁殖牝馬に。

池江パパ厩舎所属だけで出資したのが同馬。デビュー戦前は動きも地味だったので、これだけ出世するとは思ってもみませんでしたが、スパルタ調教に耐えて、頑張ってくれました。池江パパが勇退後は笹田厩舎。その転厩初戦、阪神で行われた中山牝馬Sに格上挑戦。この時の末脚が現役時のベストパフォーマンスだったと思います。そして勢いに乗って、ヴィクトリアマイルSへ挑戦。稀代の名牝の2頭を相手に僅差の3着に踏ん張る大健闘を見せてくれました。

ただ、この後の夏の過ごし方が拙かったのが後々まで響きました。中山牝馬Sは連覇してくれましたが、これは馬場と展開が味方しただけ。良い頃の柔らか味が薄れて、レースでは馬場を気にして力を出し切れないケースが大半。個人的にはどこかのタイミングで、ダートへ矛先を向けて欲しかったです。牝馬の地方交流重賞なら、チャンスは合ったんじゃないかなと思っています。

初年度はディープインパクトを種付け。無事受胎しているようです。父ディープインパクトの半妹キャトルフィーユも頑張っていますし、良い仔が生まれてきて欲しいです。

Photo_6 ロードハリアー

⇒⇒函館・立待岬特別出走(8着)後に、右前脚の深管、球節に不安発症。立て直しに相応の時間が必要ということで、そのまま登録抹消。

昨年末に障害に転向して、今年は6着→5着という結果。初めて掲示板を確保したので、障害馬としての今後を期待したのですが、厩舎の主戦障害騎手がフランスに遠征することもあり、障害に見切りをつけることに。障害練習でのパワーアップに期待した平地転向戦は以前と変わり映えしない内容。時計が速くなると、きっちり限界がありました。そして、最後のレースとなった函館戦はケイアイファームから競馬場へ移動して10日での競馬。レースでは後方からそれなりの伸びを見せるも8着まで。レース後に脚部不安が判明して、あっさり引退へとなりました。

現役生活で3勝挙げてくれましたが、すべてハナ差の勝利。血統的には芝の中距離で頑張ってくれそうな配合でしたが、関節が硬くて柔らか味が足りなかったのかなと思います。また、触れられずに引退となりましたが、喉なりを抱えていたようです。

Photo_6 スターコレクション

⇒喉の手術からの回復が思わしくなく、協議の結果、登録を抹消。ケイアイファームで繁殖牝馬に。

昨年末に喉の手術を行ったのですが、軽度と言われながらも、喉の炎症が残り、体調自体も安定しませんでした。約2ヶ月間、栗東トレセン診療所で入院生活を送っていましたが、立て直すのは困難ということになって、第2ステージの繁殖生活へと移っています。

デビュー時から厩舎でも高く評価されてきた馬でしたが、なかなか体質がパンとせずに低迷が続きましたが、クラス再編成ギリギリに500万下を快勝。ひと夏越して、再度500万下を連勝。昇級戦の衣笠特別も2着に健闘と、当日はこれからの活躍を夢見たものでした。良い決め手を持っていましたし、OP級の能力は備えていたのは確かです。

無事繁殖入りできたのが何よりで、現在はキングズベストを受胎中です。青毛で格好良い馬でもあったので、子供もその遺伝子を受けついで欲しいです。来年はロードカナロアを付けて欲しいですが、藤原英ブランドでエイシンフラッシュも有りかも知れません。

2013年12月18日 (水)

歩様を硬くして再調整が必要に。近走の成績を踏まえて登録を抹消することになりました。★シルクアポロン

Photo_3 シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整

池添師「先週は除外だったので今週に切り替えて進めていたのですが、週末になって歩様が硬くなりました。獣医に診てもらったところ、骨や筋に異状はなく、疲れが溜まっているだけとのことですが、今週の出走は取りやめて、立て直した方が良いのではないかと進言を受けました。休み明けを使った反動が今になって出たということだと思いますが、1度使っただけでこういう状態になってしまうようだと、考えなければいけませんね。レースでもここ最近は自分からやめてしまって、力を出し切れていないですし、肉体面も精神面も良い頃の状態に戻すには、少し時間が掛かるかもしれません」

これを受け、今後について検討した結果、短期間に状態面や成績の向上を見込むのは難しいという結論に至り、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られる予定です。(12/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の競馬を除外になりましたが、稽古で良い時計をマークしていたアポロン。週をあけて、このような展開になるとは全く予想にもしていませんでした。

前走の反動か強い追い切りの反動かは定かではないですが、疲れから歩様を硬くしてしまったとのこと。函館で連闘後の立ち直りの遅さからずっと引きずっていたことなんでしょう。

タイキシャトル産駒で賢そうなイメージで出資した同馬。母父サクラバクシンオーということもあり良いスピードは秘めていたと思います。ただ、大型馬で速い脚が使えない、外から交わされると走るのを止めてしまう、喉に問題を抱えているなど大成しきれずじまい…。骨溜や深管など脚元の不安に見舞われることも多かったです。

あとは、予め予想できたとはいえ、厩舎の行き当たりバッタリな使い方は大いに悩ましかったです。課題克服にも言えることですが、厩舎の工夫・意欲が他厩舎と比べると明らかに不足していたと思います。まあ、厩舎運営の難しさも絡んでくる問題なんでしょうが…。

今後はまだハッキリしていませんが、地方競馬での再出発になろうかと思います。地方の深いダートは悪くないでしょうから、次の馬生を少しでも良いものにしてあげてもらいたいです。1200mを試すことなく、引退(登録抹消)はホント残念です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

17日(火)に抹消の手続きが取られています。なお今後は地方競馬で競走を続ける予定です。(18日・最新情報より)

2013年12月13日 (金)

土曜中京7Rに出馬投票するも、除外になってしまいました。★シルクアポロン

Photo_3 シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター 11日にCWコースで追い切り

助手「関東馬がかなり多くて、中1週では厳しいかもしれませんね。追い切りもしっかりこなして出走態勢は整っていますので、どこか使える所に登録するかもしれません」(12/11近況)

助 手 11CW良 81.4- 66.2- 51.7- 38.0- 12.3 一杯に追う

⇒⇒土曜日の中京7R・ダ1200m(若手騎手)に出馬投票しましたが、非当選で除外となった為、来週に回る方向です。(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中1週+権利なしでは、予想どおり最終週のローカル開催では入る枠がなかったですね。

来週は2場開催ですが、3日間開催。番組を見ると、ダ1200mが2鞍・ダ1400mが2鞍あります。ブロック制ですし、4鞍の内のどこかに使えるでしょう。個人的にはダ1200mのどちらかに使って欲しいなあと思っています。

今週はCWコースでビシッと追われています。時計も優秀ですし、叩いた上積みは見込めそう。前走大きく減っていましたが、次走は更に絞れて出てきてもらいたいです。

2013年12月 7日 (土)

シルクなお馬さん(池添厩舎)

Photo_4 シルクアーネスト

・在厩場所:滋賀県・グリーンファーム甲南
・調教内容:坂路でキャンター3本

牧場スタッフ「順調に乗り込みをこなしていたので、今日坂路で16秒ぐらいの所をやってみました。調教後も、脚元は熱もなく変わりないですし、このまま徐々にペースアップして帰厩に備えて行くことになると思います」(12/6近況)

Photo_4 シルクアポロン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター
・次走予定:中京3週目予定

池添師「勝負所までいい感じで走っていたけど、最後は久々の分止まってしまいましたね。ひと叩きすれば、息の入りも良くなってくると思うので、次走は上積みあると思います。来週の中京を使う予定ですが、最終週なので使えるかどうかですね」(12/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーネストはピッチを上げて調整中です。そのペースに対応できているようです。ただ、しっかり脚元の状態を確認して、入念なケアを怠らないようにお願いしたいです。

アポロンはひと叩きの効果で状態面の上積みはあると思いますが、久々の分止まったのではなく、自分から止めてしまっているのが本当のところでしょう。予定は来週の中京とのことですが、ダ1400は1鞍なので、おそらく使えないと思います。ただ、この厩舎なので、出走枠に入れる番組に使ってくるかもしれません。

2013年12月 3日 (火)

外から交わされると脆い面は相変わらずで…。★シルクアポロン

Photo シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

中京9R 500万下(ダ1400m) 9着(7番人気) 伴J

ゲートの出は今一つだったものの、気合いを付けて先行し道中は2番手を追走、そのまま直線に向かい、残り400m過ぎから追い出しましたが逃げ馬を捉えられず、200m付近で後続に交わされて中団まで後退しています。

伴騎手「函館の時もそうでしたが普段からカリカリした馬で、ゲートが開いたら勢い良く飛び出していきました。先生からは行けたら行って良いし、行く馬がいれば控えても良いと言われていましたが、内から主張してきたので、その馬を見ながら運びました。前回もそうでしたが、決して引っ掛かっていたわけではなく、手応え良く行っていたのに、直線半ばでフワッとなって脚がなくなってしまいました。無理してでも行けば良かったのかもしれませんね。前回と同じような競馬をしてしまいました。函館の時は太いと言っていたので、マイナス12キロでしたがちょうど良い体だったと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ2走、チークピーシズを外してのレースでしたが、今回の結果・コメントから、相変わらず外から交わされるとパッタリ止まってしまうようです。前走は直線でそれなりに頑張っているように見えましたが、実際はちょっと違っていたみたいで…。外から被せられることを嫌って、思い切った逃げしか活路は見い出せないように思います。

マイナス12キロでの出走となりましたが、これまでが重め残りでずっと競馬を使ってきていたので、これは問題ないでしょう。むしろ、まだ絞れても良いくらいだと思います。

池添調教師のコメントがないので、今後は分かりませんが、中1週でもう1回中京を目指すことになるでしょうか。状態に問題なく今週使える番組があれば、連闘へ踏み切る可能性もゼロではないでしょう。週中の更新を待ちたいと思います。

2013年11月30日 (土)

ズルズルと復帰が延びてようやく出走へ。使いつつ状態が上がってきてくれれば…。★シルクアポロン

Photo シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

中京9R 500万下(ダ1400m) 5枠10番 伴J

調教助手「追い切りでは遅れたものの、馬場が重い中、終い12秒台で上がって来ているのですから、思ったより動きましたね。まだいくらか体に余裕はありますが、仕上がりは上々なので、初戦から力を出せると思います」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

池添師「想定を見ても、阪神よりは中京の方がメンバーも楽だと思うので、中京1日のダ1400mを伴騎手で使うことにしました。1400mの番組ではそれなりにいい競馬をしていたので、休み明けでも頑張ってくれると思います」(11/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4回中京2日目(12月1日)
9R 3歳上500万下
サラ ダート1400メートル 混合 定量 発走14:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アンカジャポニカ 牝3 54.0 黛弘人
1 2 ブランドハーバー 牡4 57.0 西田雄一郎
2 3 ナムラケンシロウ 牡3 56.0 水口優也
2 4 プレミアムゴールド 牡4 55.0 杉原誠人 
3 5 サイレンスバード 牡3 56.0 丹内祐次
3 6 スノーモンキー 牡3 56.0 丸山元気 
4 7 ドリームジェダイ 牡4 57.0 勝浦正樹
4 8 アプローチミー 牡6 57.0 岩部純二
5 9 サトノアビリティ 牡3 56.0 M・バルザローナ
5 10 シルクアポロン 牡4 54.0 伴啓太
6 11 キクノメテオ 牡3 56.0 川島信二
6 12 グランラファル 牡4 57.0 荻野琢真
7 13 ラヴァンドゥー 牝4 52.0 岩崎翼
7 14 シゲルアボカド 牡4 57.0 吉田隼人
8 15 ワンダージョイア 牡4 57.0 小坂忠士 
8 16 ムニン 牝4 53.0 藤懸貴志

○池添師 「心身ともにリフレッシュ。攻めだけ走れば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の函館を連闘で使ったシルクアポロン。10着→6着と結果は振るいませんでしたが、前走は好位からの競馬で、直線はそれなりに伸びていました。揉まれ弱いを持っていたので、ちょっとビックリの走りでした。

その後は秋の阪神開催での復帰を目指してきたのですが、連闘で使った反動+夏の暑さも応えていたようで、なかなか体調は上がってきませんでした。京都→福島と目標はズレ込んでいって、この日になりました。良くなり切れていない中、グリーンウッドへ移動しましたが、この判断が遅れていたら、年明け以降の復帰になったかもしれません。

帰厩後はしっかり本数を積んでいるとは言えませんが、追い切りの時計はマズマズです。フェイスブックで更新された画像を見る限り、それほど太目が残っているようには思えません。しかしながら、中身に関しては、使いつつ上向いてくれればという感じでしょう。喉に難点がありますし、息が持つのかな?

1400mの距離、3キロ減の騎手起用は魅力なのですが、まだまだアテに出来ないのが本音です。レース後の状態が問題なければ、連闘を考えているかもしれません。

久々の今回は過度の期待は捨てて、どんな状態(覇気・馬体重の増減など)で出走し、どんな競馬・結果となるかを見守りたいです。

2013年11月28日 (木)

予定を1週早めて今週の競馬で復帰します。★シルクアポロン

Photo シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター 27日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神12月1日か中京1日のダ1400m(伴J)か(池添J)

池添師「今日の追い切りの動きも悪くなかったし、ほぼ仕上がって来ているので、大型馬だし、脚元のことを考えると少しでも早めに使って行く方が負担も軽く済むと思うので、今週使うことにしました。今日の想定を見てどちらを使うか検討します」(11/27近況)

助 手 24栗坂良 59.8- 43.5- 27.7- 12.7 稍一杯追う
助 手 27栗坂稍 54.3- 39.8- 25.4- 12.6 一杯に追う アサカファルコン(新馬)強目を0.7秒先行0.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中京2週目での復帰を予定していましたが、その予定を繰り上げて今週の競馬に使うことになったシルクアポロン。まあ、この厩舎なら十分考えられたことではありますが…。

水曜日の追い切りは2歳新馬に遅れていますが、12.8-12.6と加速できているので、相手が走りすぎたということでしょう。悪くない内容だと思います。ただ、全体的に帰厩後は上がり重点の追い切り。大型馬ですし、使いつつ良くなってくれればというところです。

復帰戦は中京と阪神の両睨み。土曜日に使うなら、金鯱賞で中京に乗りに来る池添Jになる模様です。いきなりは動けないと思うので、逃げではなく好位から競馬が出来るかを再度試してみて欲しいです。

2013年11月23日 (土)

シルクなお馬さん(池添厩舎)

Photo シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:逍遥馬道から坂路でキャンター 20日に坂路で追い切り
・次走予定:中京12月7日か8日のダ1400m(伴J)

池添師「今日は坂路で併せてびっしりやってみましたが、相手はここまで追い切り本数をこなしている馬だし、追い出してからは離されてしまいましたが、初めてにしてはまずまず動けた方だと思います。再来週の予定なので、後2本はしっかり追い切りをこなせるので、今日の感じならいい仕上がりで復帰できると思いますよ」(11/20近況)

助 手 19栗坂良 60.0- 44.5- 29.3- 14.8 馬なり余力
助 手 20栗坂良 53.1- 38.8- 25.5- 12.6 強目に追う アサカファルコン(新馬)一杯を0.3秒先行0.4秒遅れ
助 手 22栗坂良 63.4- 46.8- 30.3- 14.4 馬なり余力

Photo_4 シルクアーネスト(牡・池添)父グラスワンダー 母ティアドロップス

・在厩場所:滋賀県・グリーンファーム甲南
・調教内容:坂路でキャンター2本

牧場スタッフ「引き続き坂路で20秒ぐらいのキャンターを2本乗り込んでいますが、脚元の状態も変わりないので、もう少しこのままのペースで進めて行こうと思います。ペースを上げてからは、脚元の状態も逆にいい方に向いてきているので、このまま順調に行ってもらいたいですね」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アポロンは帰厩後、水曜日に初めてビシッと追われました。牧場でピッチが上がってこない状況が続いていたので反動を心配しましたが、金曜日に時計になるところを乗っているので大丈夫そうです。また、追い日以外にも大きめを乗ることは馬体に余裕を残しながら使っていたアポロンには効果的だと思います。

アーネストは手控え気味の調整が続いていますが、状態は良い意味で変わりありません。今後も獣医の診断に基づいて、メニューを少しずつ強化してもらえればと思います。暖かい季節になってからの復帰で十分でしょう。

2013年11月14日 (木)

本日、栗東・池添厩舎へ戻りました。★シルクアポロン

Photo シルクアポロン(牡・池添)父タイキシャトル 母ロイヤルオーキッド

・在厩場所:栗東トレセン 13日に帰厩予定
・調教内容:逍遥馬道から坂路か馬場でキャンター
・次走予定:中京2週目・ダ1400m(伴J)

池添師「昨日の検疫で帰厩させ、今日から乗り出しを開始しています。これからの仕上がり次第になりますが、順調なら中京2週目のダ1400mを予定して進めて行こうと思います。乗り役は減量の伴騎手に依頼しようと思います」(11/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の段階で速いところをやっておらず、これからという感じだったのに、1週間後に帰厩してしまったアポロン。レースに使ってくれるのは有難いですが、本調子に戻っていない中で急仕上げで進めると、レースを使った後の反動は避けられません。もう少し状態が上がってくるのを待つべきなのですが…。

まあ、この厩舎のことなので、復帰戦は稽古代わりということでしょうか。1回使って、連闘or中1週で次々走を目指すことになっていくのかなと予想します。

2013年11月10日 (日)

シルクなお馬さん(池添厩舎)

Photo_4 シルクアーネスト

・在厩場所:滋賀県・グリーンファーム甲南
・調教内容:坂路でキャンター2本

牧場スタッフ「キャンターを始めた後も、変わりなく来ていたので、獣医の許可を得て、今週から坂路2本に増やしました。ペース自体は24秒ぐらいだと思いますが、今日の段階でも、脚元の状態は変わらないので、このまま負荷を少しずつかけながら進めて行きたいと思います」(11/8近況)

Photo シルクアポロン

・在厩場所:京都府・宇治田原優駿ステーブル
・調教内容:周回コース3000m、坂路で乗り込み

牧場スタッフ「徐々に疲れも取れ、調教内容に関しては普通のメニューまでこなせるようになりました。まだ坂路では20秒から18秒あたりですが、このまま順調に行けば、近い内には15-15もこなせるようになると思いますよ」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーネストは坂路2本キャンターでの調整。少しずつ前進してくれていますが、まだハロン24秒くらいということなので、復帰は春先になってくるのかなと見ています。

アポロンは秋の阪神で復帰を視野に入れていたのに、今では年内の復帰すら微妙なラインです。今月末には15-15をしっかりこなしている段階に辿り着いてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ