出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)シルクフォーチュン」の441件の投稿

2015年2月25日 (水)

26日に登録抹消へ。今後は北海道・ノーザンホースパークで乗馬になる予定。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R フェブラリーS(G1・ダ1600m) 15着(16番人気) 江田照J

いつものように前半は控え、道中はほぼ最後方を追走、残り800m付近から外を回って進出し、先行勢に並ぶようにして4コーナーを回ると、直線では先頭を窺う勢いでしたが、残り200m付近で脚色が鈍ってしまい、後方に敗れています。

江田照騎手「スローペースだったので早めに上がっていきましたが、ちょっと早過ぎたかもしれません。それでも直線に向いてからも手応えは良かったので、一瞬オッと思ったのですが、今まで1200~1400m中心に使っていたせいか、最後は止まってしまいました。今までの競馬を見たり聞いたりしていると、すごく引っ掛かるイメージがあったのですが、今日は普通に折り合いが付いていましたし、これなら1600mぐらいでももちそうだと思いました。ゲートも返し馬が終わってから練習していたので癖も分かり、競馬では問題なく出てくれました」

藤沢則調教師「心配していた折り合い面は大丈夫でしたし、直線では一旦先頭に立つ勢いだったのですが、さすがに最後は失速してしまいましたね。確かに動くのが早かったのでしょうけど、見せ場は作ってくれましたし、最近では一番良い内容だったと思います。9歳という年齢で本当に良く頑張ってくれました」

近走の内容や年齢面を考慮して今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、今後は北海道・ノーザンホースパークで乗馬となる予定です。(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン 26日に登録抹消へ
・調教内容:軽め調整

藤沢則師「本当に9歳まで良く頑張ってくれました。印象が残るレースが多かっただけに、引退するのは寂しい気持ちで一杯ですが、無事送り出せるのでノーザンホースパークで余生を過ごしてほしいですね。これまで応援ありがとうございました」(2/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

着順は冴えませんでしたが、レース内容はそれなりに見どころあったので、もう少し現役を続けてくれるかなと思ったのですが、フェブラリーSで勇退というのは予め決まっていたんだと思います。残念な思いはありますが、元気な姿で現役を終えることが出来るのは良いことだと思います。

シルクフォーチュンは私がシルクに入会して初世代の馬です。そして1口馬主デビュー&初勝利を飾ったのがまさしくこのシルクフォーチュン。デビュー戦は芝1200mで5着でしたが、5戦目のダ1800mをルメールJとのコンビで逃げ切り勝ち。初出走から半年、ようやく1勝出来てホッとしたのを今も憶えています。

その後、3歳春に福島戦を目指していた坂路追いでトモを骨折。ボルトを入れる手術を行って、1年1ヶ月の間、天栄でリハビリ生活を送ることに。通常は復帰することも難しい怪我だったと思うのですが、手術が上手く行っていたのが大きな転機だったかもしれませんね。

復帰戦は苦しいところに入ってしまい脚を余す形で6着に惜敗。その次のレースできっちり差し切り勝ちを収めた後、復帰3戦目となる1000万下で上がり34秒2という豪脚を披露して初めての追い込み勝ち。その後1000万下・特別→1600万下も快勝して一気のOPまで駆け上がってくれました。

蟻洞で少し休むことはありましたが、その後は大きな怪我なくここまで完走。プロキオンS・根岸S・カペラSとJRAのダ1400m以下の重賞をコンプリートして、フェブラリーSでは2着に奮闘。東京で行われた南部杯(3着)も強く印象に残っています。9歳まで息の長い活躍に大感謝ですが、シルクメビウスとシルクフォーチュンの両出資馬がG1の舞台で対決するシーンは見たかったです。

G1には手が届かずも重賞3勝は立派な数字ですが、それ以上に個性派として記憶に残る馬だったと出資者としても強く思います。今後は第二の馬生としてノーザンホースパークで乗馬になるとのこと。他の活躍馬と席を並べ、良い余生を送ってくれることを願っています。

2015年2月22日 (日)

残念な結果も、早めに捲る形で一瞬見せ場を作る。☆シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R フェブラリーS(G1・ダ1600m) 15着(16番人気) 江田照J

江田照騎手「スローペースだったので早めに上がっていきましたが、ちょっと早過ぎたかもしれません。それでも直線向いてからも手応えは良かったので、一瞬オッと思ったのですが、今まで1200~1400中心に使っていたせいか、最後は止まってしまいました」(シルクホースクラブ・フェイスブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年齢からのズブさでパドックで気合を見せなくなっていますが、この馬なりに毛ヅヤ良く、外めを周回。根岸Sから中2週のローテでしたが、上手にケアを施してレースへ臨むことが出来たと思います。

レースでは逃げると思っていたコーリンベリーがまさかの出遅れ。今年もSペースになるのかなと思っていましたが、大外枠からアドマイヤロイヤルが先手を主張するなど、前半の600mぐらいまではソコソコ流れました。ただ、そこから12.6-13.1というスローな流れに一変。そこをたまらず江田照Jは動いていくことに。結果的にちょっと無謀でしたが、直線を向いて坂を駆け上がってくる時にオッという見せ場を作ってくれました。

江田照Jは全くのテン乗りでしたが、上手にゲートを出して、折り合いにも気を付けて乗ってくれたと思います。途中でペースが緩まなければ、もう少し上位へ顔を覗かせたかもしれません。

根岸Sのレース内容だと、フェブラリーSで引退になっても仕方ないと思いましたが、今回の競馬が出来るなら、もう少し地方回りを続けて欲しいなあと。結果は残念ですが、フォーチュンらしい競馬・脚を見れたことに満足しました。

2015年2月21日 (土)

4年連続でフェブラリーS出走。苦戦は免れないも、フォーチュンらしい直線での伸びを一瞬でも見てみたい。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R フェブラリーS(G1・ダ1600m) 2枠3番 江田照J

藤沢則師「根岸Sから間隔は詰まっているものの、状態も変わりありませんし、歩様も特に気になりません。前走は折り合って追走していると思った矢先、急に掛かり気味になってしまい、そこで体力を使ってしまったのが敗因の一つだと思っています。今回はさらに1600mに距離が延びますし、乗り難しくなりますが、ベテランの江田照騎手なら上手く乗ってくれるのではないかと思っています。この馬らしさを出せていないレースが続いているので、なんとか頑張ってもらいたいですね」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回東京8日目(2月22日)
11R フェブラリーS(G1)
サラ ダ1600メートル 4歳上OP 指定 国際 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ローマンレジェンド 牡7 57 岩田康誠
1 2 コーリンベリー 牝4 55 松山弘平
2 3 シルクフォーチュン 牡9 57 江田照男
2 4 コパノリッキー 牡5 57 武豊
3 5 カゼノコ 牡4 57 浜中俊
3 6 ハッピースプリント 牡4 57 吉原寛人
4 7 グレープブランデー 牡7 57 北村宏司
4 8 レッドアルヴィス 牡4 57 勝浦正樹
5 9 サンビスタ 牝6 55 C.デムーロ
5 10 ベストウォーリア 牡5 57 戸崎圭太
6 11 ワイドバッハ 牡6 57 蛯名正義
6 12 サトノタイガー 牡7 57 三浦皇成
7 13 ワンダーアキュート 牡9 57 F.ベリー
7 14 インカンテーション 牡5 57 内田博幸
8 15 キョウワダッフィー 牡7 57 福永祐一
8 16 アドマイヤロイヤル 牡8 57 横山典弘

○藤沢則師 「中2週なのでサッとやった程度も、動きはいいよ。9歳にしては馬体の張りがあるし、毛ヅヤもいい。前走は3角から折り合いを欠いてしまい、持ち味を生かせなかった。マイル戦だけに道中でいかにリラックスして走れるかだね」(競馬ブック・土曜版より)

○藤沢則師 「内の奇数枠は心配だけど、出遅れたらポツンと最後方でもいいので、ジックリ乗って欲しい。その方が折り合いもつくだろうしね。最近の成績は案外も、展開不向きな競馬が続いているのも確か。衰えは感じないし、流れひとつだと思う」(競馬ブック・日曜版より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】(3)シルクフォーチュン 脚ためられれば

シルクフォーチュンは角馬場で調整。「9歳だが馬体に張りがあって毛ヅヤもいい。前走(根岸S16着)は流れが落ち着いたところで引っ掛かった。調教では落ち着いているし折り合って運べれば」と藤沢則師。枠順は3番。「内外はどちらでもいい。スムーズに脚をためられれば」と話した。(スポニチ・土曜より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】(3)シルクフォーチュン 我慢し末脚勝負

9歳シルクフォーチュンは輸送経験も豊富。落ち着いた脚取りで馬運車から降りてきた。「輸送は何のトラブルもなく、いつも通り。馬の状態はいい。前走(根岸S16着)よりもいいよ」と長(ながい)厩務員。

 「あとはこの馬の競馬をしてくれれば。直線まで何もしないで、いかに我慢できるか。腹をくくって末脚勝負すれば走れる」と力強く話した。(スポニチ・日曜より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 18日にCWコースで追い切り

藤沢則師「今朝、CWコースで最終追い切りを行いました。輸送が控えているので終い重点で行いましたが、変わらず動きも良かったですし、出来は維持していると思います。鞍上は江田照騎手に依頼をして、この馬の競馬に徹してもらいます。東京2月22日のフェブラリーS・ダ1600mに投票します」(2/18近況)

助 手 18CW稍 82.4- 65.4- 51.5- 38.7- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近走が冴えない9歳馬なので、この人気は仕方ないところ。距離が1ハロン延びるのも良くないですし、上積みを見込める要素は見当たりません。

前走は突如3角で引っ掛かってしまいましたが、昨年のフェブリーSでも、あの辺りで頭を上げて折り合いを欠いてしまったと思います。騎手の乗り方云々よりも、フォーチュン自体があの位置での変なトラウマがあるんじゃないかなと見ています。元々繊細でズル賢い馬ですし。ここを我慢して折り合いを保ってくれるかが最初のポイントでしょう。

枠は2枠3番に決定。ホントは偶数枠が欲しかったですが、3年前に2着と頑張った時と同じ枠番が当たっています。

今回の鞍上は江田照J。ベテランの手腕に期待ですが、全くのテン乗りになるだけに乗りこなすのは至難の業かと。レース前の返し馬はよく見ておきたいです。

今回も厳しい着順・内容だと、引退の文字が大きくクローズアップされることでしょう。衰えてきているのは間違いないところなので、着順は冴えなくても、フォーチュンらしい大外からの伸びを一瞬でも見せてもらいたいです。

2015年2月15日 (日)

フェブリーSへ向けてひとまず1週前追い切りを消化。★シルクフォーチュン

Photo シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:東京2月22日 フェブラリーステークス(G1)・ダ1600m
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 12日にCWコースで追い切り

藤沢則師「今朝、CWコースで追い切りを行いました。今回は間隔が詰まっているので、角馬場でじっくり長めに体をほぐしてから馬場に入りましたが、歩様も大丈夫ですし、引き続き状態は維持しています。乗り役はまだ決まっていませんが、何人かに声は掛けているので、来週の想定が出てから最終決定したいと思います」(2/12近況)

助 手 12CW良  13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体を解そうと電気針を使ったり、色々手を尽くしているようですが、9歳という年齢+冬場で柔らか味を求めるのは難しいでしょうね。走る気持ちは持っているのですが、馬体の衰えは隠せないのかなと思います。

来週のフェブラリーSは前走から中2週での競馬。1週前に時計は出せないかなと見ていましたが、CWで本当にラスト1ハロンをサラッと。悪くなっていることはありません。

結果が伴わなければ、次走のフェブラリーSがラスト走になってしまうかも。多くは望んでいませんが、道中折り合いを欠くことなく、この馬らしい追い込みスタイルを見せてもらいたいです。

2015年2月 9日 (月)

フェブラリーS出走へ向けて調整を進めることに。★シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整
・次走予定:東京2月22日 フェブラリーS(G1)・ダ1600m

藤沢則師「スタートしてすっと折り合いを付けて走らせてくれていたので、上手く乗ってくれそうだなと思ったのですが、急に何かがあったと思うぐらい、掛かり出してしまいましたね。流れが落ち着いてしまったこともありますが、あれだけ前半喧嘩してしまってはどうしようもないですね。レース後の歩様も今のところ変わりありませんし、このまま順調ならフェブラリーSに向かいたいと思っています」(2/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【フェブラリーS】登録馬

2月22日(日)、東京競馬場で行われる第32回フェブラリーステークス(GI、4歳上、ダート1600m)の登録馬は以下の通り。(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

【登録頭数:21頭】(フルゲート:16頭)
※以下、優先出走馬
エアハリファ
コパノリッキー

※以下、出走馬決定賞金順
ワンダーアキュート
ハッピースプリント
グレープブランデー
サンビスタ
ベストウォーリア
ローマンレジェンド
カゼノコ
インカンテーション
ワイドバッハ
シルクフォーチュン
サトノタイガー
キョウワダッフィー
レッドアルヴィス
コーリンベリー

アドマイヤロイヤル
アドマイヤサガス
ゴールスキー
キョウエイアシュラ
ベルゲンクライ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

結果の出ていた東京ダ1400mでも自滅する結果となってしまったシルクフォーチュン。9歳になってより硬さが目立つようになってきた現状を考えると多くは望めません。

個人的にはレースで大怪我をしてしまわない内に決断すべきとは思うのですが…。まあ、その辺は調教師・スタッフさんも考えているでしょうから、次のフェブラリーSが一区切りになってくるのでしょう。

2015年2月 1日 (日)

3角辺りで折り合いを欠き、脚を溜められぬまま直線を迎えては大敗も致し方なく…。★シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R 根岸S(G3・ダ1400m)16着(12番人気) ブノワJ

スタートでやや出遅れ、控えて道中は最後方を追走、3コーナー付近から掛かり気味に進出し、直線では外目から前を窺いましたが、思うような伸びが見られず、残り200m過ぎで脚色が鈍って最後方に敗れています。

ブノワ騎手「スタートはフワッとした感じで出せて、その感じのまま進められれば良かったのですが、3コーナー辺りから急にハミを噛んで折り合いを欠き、頭を上げてしまって抑えるのに苦労してしまい、パワーをロスしてしまいました。最後の直線に向いても折り合いを欠いた影響で脚が残っておらず、最後は無理をさせませんでした。テン乗りなので何とも言えませんが、返し馬で何度か躓いていましたし、普通の馬と比べて、年齢的に柔らか味が無くなってきているように感じます」

藤沢則調教師「返し馬から何度か躓いていたのもあって、いったん待避所に入って発走が近づいたタイミングでもう一回ダクをするなど、一生懸命ジョッキーは解してくれていました。スタートしてからしばらくはフワッと乗れていましたが、急にハミを噛んで後はコントロールができなかったですね。レース前からこれまでに乗ったことのあるジョッキーも交えて、『ハミに触らないように気をつけて乗って』と言っていたのですが、やはり噛んでしまいました。人の指示に従わない面が出るようになってきていますし、今回もとても褒められる内容ではなかったですが、可能ならフェブラリーSに行きたい気持ちもありますので、まずはレース後の歩様などを見たいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

○ブノワ騎手 「リラックスして、いい感じで走っていました。しかし、3コーナーすぎにかかってしまい、直線では伸びを欠きました」(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

返し馬の段階で上手に折り合えていなかったので嫌な予感はしていたのですが、3角あたりで行きたがる素振り。ゲートをソロっと出して上手に追走できていたと思うのですが、フォーチュンにスイッチが入ってしまいました。

よくよく考えれば、昨年のフェブラリーSも良く似た位置から折り合いを欠いたので、フォーチュン自身が何か感じるものがあるのかもしれません。

頭を上げながら外へ行く素振りでブノワJは制御するのがやっとの状況。4角では既に手応えがなく、手綱を軽く押す感じだったのでこの大敗は致し方ありません。

また、負け方は自滅という感じですが、9歳という年齢を考えると、これ以上の多くは望めませんね。パドックの様子も良い頃の気合乗りがなく、歩くのも遅かったです。

いつ厳しい判断がされても、おかしくない状況になってきました。寂しい思いはありますが、良い幕引きを考えてあげても良いのかなと思ってしまいました。

2015年1月31日 (土)

この馬なりに良いデキで臨めそうも既に9歳馬。無事に走り切ってくれるのが1番で…。★シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

日曜東京11R 根岸S(G3・ダ1400m) 8枠15番 ブノワJ

藤沢則師「前回のカペラSの取り消しは本当に残念でしたが、気持ちを切り替えて根岸Sに向かうことにしました。すぐに乗り出しを開始することが出来ましたし、追い切りも手加減することもなく、ここまでしっかり仕上げることが出来ました。ブノワ騎手には、2012年に藤岡康太騎手が乗った時の様な競馬をしてもらいたいと思うので、レース前に伝えておこうと思っています。年齢的な衰えは否めませんが、もうひと花咲かしてもらいたいですね」(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1回東京2日目(2月1日)
11R 根岸S(G3)
サラ ダ1400メートル 4歳上OP 指定 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロゴタイプ 牡5 58 C.デムーロ
1 2 キクノストーム 牡6 56 国分恭介
2 3 ジョーメテオ 牡9 56 吉原寛人
2 4 サトノタイガー 牡7 56 御神本訓史 
3 5 ポアゾンブラック 牡6 56 太宰啓介
3 6 エアハリファ 牡6 56 三浦皇成
4 7 ゴールスキー 牡8 57 F.ベリー
4 8 マルカフリート 牡9 56 田中勝春
5 9 キョウワダッフィー 牡7 56 福永祐一
5 10 グレープブランデー 牡7 58 北村宏司
6 11 キョウエイアシュラ 牡8 57 石橋脩
6 12 レーザーバレット 牡7 56 横山典弘
7 13 ワイドバッハ 牡6 57 武豊
7 14 アドマイヤロイヤル 牡8 56 内田博幸
8 15 シルクフォーチュン 牡9 56 G.ブノワ
8 16 サトノプリンシパル 牡5 56 川須栄彦

○片山助手 「競走除外明けになるが、休ませることなく順調に乗り込めている。折り合えれば、ラストは確実に脚を使える馬だし、未だ衰えた印象はない。ジワッと運んでラストの脚につなげる競馬ができれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 28日にCWコースで追い切り

藤沢則師「今朝、CWコースで追い切りました。先週テンからしっかり行っているので、今回は終い重点でさっとやっておきました。カペラステークスは取り消しになってしまいましたが、ここまで順調に調教を行えましたし、後は競馬まで無事に行ってほしいですね。東京2月1日の根岸Sをブノワ騎手で投票します」(1/28近況)

助 手 28CW重 82.2- 65.7- 51.4- 38.6- 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は歩様に違和感を感じた(左肩跛行)為に出走を取り止めましたが、コズミが目立ったぐらいで大事には至りませんでした。その為、ここへ向けての調整はこの馬なりにじっくり進めてくることは出来たのかなと思います。

先週、テンからビシッと行っているので、今週は輸送に備えてサラッと。脚捌きの硬い馬ですが、最終追いは気分良くスイスイという感じでゴツゴツした面はマシだったかなと。この馬とすれば良いデキでレースへ臨めそうなのは何よりです。

ただ、何と言っても9歳馬。若々しいところはありますが、末脚の爆発力は目に見えて威力は薄れています。また、1400mだとラスト1ハロンで脚色は同じになってしまうでしょう。それを補うなら、直線で大外へ回さずに馬群を捌いてくる形なんでしょうが、繊細な馬なので、ちょっとしたことで躊躇してしまう可能性が高いです。

往年の爆発力が焼き付いているファンの多い馬かと私も思いますが、自分の競馬に徹することが出来たとしても、5着ぐらいまでが精一杯じゃないかなと冷静に判断してしまいます。

まずは無事に競馬に参加して、無事に走り終えてくれることを願っています。

2015年1月24日 (土)

根岸S1週前追い切りを意欲的に消化。☆シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:東京2月1日 根岸ステークス(G3)・ダ1400m(ブノワJ)
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター 21日にCWコースで追い切り

藤沢則師「昨日、CWコースで追い切りを行いました。1週前なのでテンからびっしりやったこともあり、終いは13秒掛かってしまいましたが、脚が上がっていた訳ではないですし、全体の時計が80秒台だったことを考慮すれば悪くないと思います。来週は輸送もありますし、終い重点で競馬に備えようと思っています」(1/22近況)

助 手 21CW稍 81.0- 64.9- 51.4- 38.8- 13.4 叩き一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冬場でどれくらい硬さが出ている・残っているか心配ですが、来週の出走へ向けて、21日にCWコースでテンからビシッと行く意欲的な追い切りを消化。ラストは13秒台になってしまいましたが、これまでと変わりない調教内容なのでホッと一安心です。

あとは来週の出走へ向けて、追い切りのダメージを拭い去り、少しでも柔らかみが出てくるようにメンテナンスを。残り少ないであろう現役生活ですから、目先の1戦に精力を注いでもらいたいです。

2015年1月17日 (土)

次走の根岸SではブノワJとコンビ結成へ。☆シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター
・次走予定:東京2月1日 根岸ステークス(G3)・ダ1400m(ブノワJ)

藤沢則師「今朝、CWコースで行いました。馬場も悪かったので、馬なりで無理はさせていませんが、スムーズな走りを見せてくれましたし、取り消しの影響は今のところなさそうです。ただ、硬くなりやすい時期だけに、中間は気を付けて経過を見て進めて行きたいと思います。乗り役はブノワ騎手にお願いしました」(1/15近況)

助 手 15CW重 81.2- 65.2- 51.4- 38.7- 13.4 G前仕掛け

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

根岸Sへの出走を予定しているフォーチュンは予定通りCWでの追い切りを開始。テンが少し速くなってしまった印象ですが、大きくバテずに踏ん張っています。ひとまず問題のない動きなのかなと思います。

ただ、寒さが増して馬体を硬くしやすい時期なので、馬場に脚を取られて躓いたりとちょっとした行動にも気を配る必要はあるかと思います。勿論、加齢による衰えも。

良い状態でレースへ臨めるとは思っていないので、如何にマイナス様子を軽減してレースへ臨めるか。9歳になってしまいましたが、最善の策を講じて1戦1戦を大事に挑んでもらえればと思っています。

2015年1月 7日 (水)

根岸Sへ向けて、来週からCWで時計を出していく予定。★シルクフォーチュン

Photo_2 シルクフォーチュン(牡・藤沢則)父ゴールドアリュール 母シルクエスペランサ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場でハッキング、馬場でキャンター
・次走予定:東京2月1日 根岸ステークス(G3)・ダ1400m

藤沢則師「年末から急激に気温が低くなりましたが、硬さも見られませんし、歩様も変わりありません。出走取り消し後も、特に気になるところもありませんし、なんとか次走は巻き返しをしないといけないので、万全の状態で出走出来る様に努力したいと思います。来週から仕上げに入って行きます」(1/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

根岸Sへ向けての本格的な仕上げは来週からのようですが、最近の寒波はフォーチュンには辛いところ。今のところ硬さは見られないとのことですが、追い切りを行うと、コズミが目立ってくるものと思います。

もう9歳馬になってしまったので、多くは望んでいないのですが、気性は若いので、1戦でも長く現役を続けてもらえればと思っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Poetic Richesの17 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マイティースルーの17 マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ローブティサージュの17 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ