出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「競馬(1口馬主・シルク)」の6808件の投稿

2018年2月25日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間から坂路コースでハロン15秒の調教を開始しています。ペースを上げた後も、膝の状態は変わりなく落ち着いていますし、調教後の歩様も問題ありません。息づかいは走っているのを確認しても特に気にならないですし、内視鏡検査でも異常は見つからなかったので気にせず進めていきます。馬体はまだ余裕がありますので、今の調教メニューをしっかりこなして引き締めていきたいと思います。馬体重は522キロです」(2/23近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中京3月24日・大寒桜賞
・調教内容:周回コース・坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週末から坂路コースでハロン17秒の調教を開始していますが、動きは悪くありませんし、余裕すらあるので、今週末はハロン15秒まで脚を伸ばしてみようと思います。問題がなければ、来週から週に2~3回のペースで登坂し、帰厩に向けてピッチを上げていきたいと考えています。飼い葉食いが良く、体調面はすこぶる良いですし、馬体の張り・艶は言うことありません。帰厩する日もそう遠くないので、よりいい状態で送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は484キロです」(2/23近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回阪神開催
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路コースで調教を開始後も順調に進められていたことから、20日から坂路コースでハロン15秒の調教を開始しました。まだやり始めて間もないこともあって、動きはまだまだこれからと言った感じですが、本数を重ねていけばピリッとしたところが出てくるようになるでしょう。第2回阪神開催で復帰させると友道調教師から連絡をいただいていますので、ここからピッチを上げて帰厩に備えていきます。馬体重は490キロです」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイトは坂路での乗り込みを強化。膝は我慢が利いた状態ですし、息遣いも特に問題なし。ただ、動き自体はモッサリしているようなので、しっかり乗り込んで動ける下地を作らないといけません。

ドレークは坂路での普通キャンターを開始。余裕十分に対応できているようなので、ハロン15秒の調教へすぐさま移行できるでしょう。体調もかなり良いようなので、未勝利勝ちした舞台で2勝目を意欲的に狙っていって欲しいです。

ピボットポイントは淡々と乗り込んでいますが、良化スピードが今イチ。動きもモッサリしているので、アンナベルガイト同様に現状のメニューを1ヶ月ぐらい消化して、ピリッとしてこないとダメでしょう。素質は高いものがあるだけにまずは早い段階での1勝をお願いしたいです。

帰厩目前のトラブルでNHKマイルC以来の実戦。馬体は一回り成長し、追い切りで凄く動くようになっているも、まずは無事に走り終えて欲しい。★ナイトバナレット

Photo_3 ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

日曜小倉11R 関門橋S(芝1800m)3枠3番 中谷J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路で追い切り

担当助手「21日に坂路で追い切りました。中谷騎手に感触を確かめてもらったところ、『軽く促しただけでスッと動いてくれましたし、最後まで余力十分でした。目一杯追っていればもっと時計が出ていたと思いますし、仕上がりとしては申し分ありません。ゲートはおそらく速くないと思いますが、この距離ですし、焦らず前半はリズムよく追走して、勝負どころからスムーズに仕掛けていけるように上手く騎乗したいと思います』と言っていました。帰厩当初は馬体に余裕がありましたが、しっかり乗り込めたことで良い具合に引き締まっているので、いい状態でレースに臨むことが出来そうです。復帰まで時間が掛かってしまいましたが、力を付けたところをレースで見せてくれると思います」(2/22近況)

助 手 18栗坂良 58.3- 41.1- 26.5- 13.0 馬なり余力
助 手 20栗坂良 61.5- 44.4- 28.9- 14.1 馬なり余力
中 谷 21栗坂良 53.3- 37.9- 24.2- 12.0 馬なり余力 ハナズレジェンド(古1600万)強目を0.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回小倉6日目(02月25日)
11R 関門橋S
サラ 芝1800メートル 4歳上1600万下 混合 定量 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タニノアーバンシー 牝5 55 藤岡康太
2 2 メイショウフェイク 牡6 57 菱田裕二
3 3 ナイトバナレット 牡4 56 中谷雄太
4 4 クリノサンスーシ 牝5 55 柴山雄一
5 5 ジャズファンク 牡6 57 秋山真一郎
6 6 オブリゲーション 牡5 57 松若風馬
6 7 サンライズタイセイ 牡8 57 丸山元気
7 8 デンコウリキ 牡8 57 鮫島克駿
7 9 レトロロック 牡6 57 酒井学
8 10 ブランドベルグ せ6 57 藤岡佑介
8 11 プロフェット 牡5 57 北村友一

○安藤助手 「帰厩が延びたので当初は体に余裕がありましたが、追う毎に締まってきました。調教も凄く動くので、攻めの良さを生かせれば」(競馬ブック)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NHKマイルCで大敗後、NFしがらきで立て直し+乗り込みを課してきたナイトバナレット。暑い時季もコツコツと頑張ってくれ、ようやく9月30日の中山・秋風Sでの復帰が決まりました。そして検疫が取れれば帰厩というところまで来ていたのですが、まさかの左前脚の歩様に違和感が発生。幸い、骨折までは至らぬも、捻挫ということでNFしがらきで再調整する羽目になってしまいました。

当初は早目の復帰を目指すということでしたが、帰厩が叶ったのは1月末のこと。騎乗運動を開始してから歩様の違和感がぶり返すことはなかったですが、緩んでしまった馬体を作り直すのに時間が掛かってしまいました。

ただ、帰厩後のナイトバナレットの動きは目を見張るもの。前走から9ヶ月半空いてしまいましたが、コツコツ乗り込んで鍛えた期間があったので馬体は一回り成長している様子。ビシビシとはやられていませんが、坂路で好時計を連発しています。

気性面ではまだ幼いところが残るようですが、気性が勝ったタイプなので久々は苦にしない筈。古馬との力関係・小回りの芝1800m・故障明けと課題を残すので、まずは無事に走ってきてもらえればと思いますが、大駆けの可能性は秘めています。過度の期待は控えますが、どういうレースを見せてくれるか楽しみにはしています。

【動画更新】エレンボーゲン

↑↑↑

Photo エレンボーゲン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体の成長が課題のエレンボーゲンですが、走りはセンスの良さを感じさせます。馬場の外目を馬まかせで駆け上がっていますが、脚取りは最後までしっかり。軽い走りはブラックタイド産駒とすれば異質の存在かなと思います。

無事デビュー出来れば計算できる1頭だと思うので、心身の成長を促しながら大事に素質を磨いていって欲しいものです。

年齢+キャリアを重ねてズブい面が更に目立つことに。仕上がりは悪くないも、人気馬の凡走+展開が向いてくれないと出番はなくて…。★ヴィッセン

Photo ヴィッセン(牡・石坂)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

日曜阪神8R 4歳上1000万下(ダ1800m)1枠1番 C.ルメールJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路で追い切り

石坂師「21日に坂路で追い切りました。追い出しにかかると、最後は相手に突き放されてしまいましたが、追い切りではあまり動く方ではないので、時計はあまり気にしていません。活気があればレースでしっかり力を発揮してくれますし、輸送の短い阪神ならいい状態でレースに臨めると思います。展開に左右されやすいタイプではありますが、最後までしっかり脚を伸ばしてくれますし、ルメール騎手との初コンビで、この馬の良いところを上手く引き出してくれないかと期待しています」(2/22近況)

助 手 21栗坂良 53.8- 39.2- 25.8- 13.1 一杯に追う ヴィルデローゼ(古1000万)一杯に0.8秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神2日目(02月25日)
8R 4歳上1000万下
サラ ダ1800メートル 指定 混合 定量 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヴィッセン 牡7 57 C.ルメール
2 2 ウェーブキング 牡6 57 松山弘平
3 3 ニホンピロサンダー 牡6 57 柴田未崎
4 4 ワタシノロザリオ 牝4 54 幸英明
5 5 ドラゴンカップ 牡5 57 福永祐一
5 6 エンクエントロス 牡6 57 高倉稜
6 7 サンライズレーヴ 牡7 56 義英真
6 8 キクノルア 牡4 56 浜中俊
7 9 ニホンピロヘーゼル 牝5 55 和田竜二
7 10 デイズ 牡4 56 太宰啓介
8 11 ナムラヘラクレス 牡4 56 田中健
8 12 エルデュクラージュ せ4 55 荻野極

○古川助手 「年齢的に大きな変化は感じませんが、悪くない仕上がりです。自分のレースに徹して、うまく展開が向いてくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

元々、反応が良い馬ではなかったヴィッセンですが、年齢とキャリアを重ねることで競馬に慣れてしまった感じ。自分から走ろうという意思が薄くなり、ズブい面が更に増してきてしまっています。

緩いペースで流れた前走でも、道中ハミを取らず、追走に手一杯。勝負どころからようやく走る気を見せたのですが、直線でそれほど目立つ脚は繰り出せず。ジリジリ差を詰めるも、8着まででという結果でした。

レース後は一旦NFしがらきへリフレッシュ。それほど疲れてなかったと思うので、もう少し早めに復帰することは出来たと思うのですが、3ヶ月ほどレース間隔が空くことに。帰厩後はCWコースや坂路でビシビシやられていますが、併せ馬で遅れを取るケースが大半。状態はホント悪くないと思いますが、稽古の動きから強調できる点はありません。

今回のレースに関しても、序盤はズブさを覗かせて進まないと思います。最内枠を引き当てて、余計にそういう面を見せそうです。少頭数+鞍上は魅力ですが、人気馬の凡走+逃げ・先行馬が競り合って差し・追い込み馬の台頭という流れにならないと、掲示板以上は難しいと思います。

年が明けて7歳となったヴィッセン。良くも悪くも競馬に慣れてしまったので、レースでの新味が見られません。刺激を与える意味で芝の長い距離を使ってみることを考えて欲しいものです。ただ、変わり映えしない戦績から厳しいジャッジがいつ下されても不思議ではありません。

2018年2月24日 (土)

23日にNFしがらきへ到着。来週中の入厩を予定しています。☆ケイティーズソレル

Photo_3 ケイティーズソレル(牝・角田)父ハーツクライ 母ケイティーズベスト

・在厩場所:23日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ入場

厩舎長「今朝、無事こちらへ到着しています。角田調教師から、移動後も状態が変わりなければ、来週の検疫で入厩させたいと連絡をいただいていますので、今週いっぱいは長距離輸送の疲れをしっかり取って、いい状態で送り出せるように調整しておこうと思います」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近々北海道を脱出し、NFしがらきへの移動予定を前回の更新時に示唆されていたケイティーズソレルでしたが、NF天栄を経由して23日に無事NFしがらきへ到着しています。まずは直前のトラブルなく、栗東近郊まで辿り着いたことにホッとしています。

また、今後の予定として来週の検疫で早速栗東・角田厩舎へ移動することに。まずはゲート試験だけかもしれませんが、スムーズな手配に感謝です。

未知数の部分が多い1頭ですが、走ってきてくれると嬉しいです。

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・牧場&地方組)

Photo シルクドリーマー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回トレッドミルでハロン30秒のキャンター3分、残りの日はトレッドミルでダク10分

担当者「トレッドミルでダクを開始してからも脚元の状態は落ち着いていますので、この中間からキャンターをスタートしています。飼い葉も食べており体調面にも問題ありませんし、この調子でキャンターの頻度を増やしていければと考えています」(2/23近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月17日の中京・障害オープン
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調教を消化しており、引き続き好調を維持しています。そろそろ帰厩することになると思いますので、それに備えておきたいと思います。馬体重は550キロです」(2/16近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで5ハロンから15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「歩様はまずまず良化してきているので、この中間から周回コースで15-15の調教を開始しました。15-15を行った後も歩様の悪化は見られませんので、今後も状態を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は509キロです」(2/23近況)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回トレッドミル、残りの日は周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間も先週と同様の調整を行い、トレッドミルである程度の負荷をかけ、乗り運動は軽めにしています。左前脚の膝裏の張りは、若干良化が見られるものの、大きくは変わっていません。しっかり落ち着くまではこれぐらいの調教メニューでケアを続けていきたいと思います。馬体重は583キロです」(2/23近況)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:西脇トレセン
・調教内容:馬場でキャンター

長南師「月曜日の能検ではゲートから出して行きましたが、他の馬が控えてくれたためスムーズにハナへ行くことが出来ました。そのままの隊列で進み直線では少し頼りない印象もありましたが、まずまずの動きを見せてくれたと思います。時計的にもこれまでよりもだいぶ詰めてくれていますし、これならばそろそろ競馬に使ってみるのもいいと思いますので、具体的な番組を鞍上含めて検討していきたいと思います」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルクドリーマーはこの中間からトレッドミルでのキャンター調整を開始。体調は安定しているようですし、今後順調にペースアップしていけると思います。あとは患部が熱を持ったりしないように日々のケアは引き続き入念にお願いします。

リミットブレイクは引き続き順調な乗り込み。声が掛かれば直前に1本負荷を高めたものを乗るぐらいで十分でしょう。良い意味で馬体がフックラしているのも好感です。

ブロードアリュールはこの馬なりに歩様は良化。それを受け、周回コースでの15-15を開始。特に反動は見受けられないようですが、焦ることなくゆっくり負荷を高めていってもらえればと思います。

リゾネーターは先週から大きな進展はなし。トレッドミル中心に体を動かしていますが、膝裏の張りはまだ残っています。嫌な箇所なだけに不安をしっかり取り除いてから乗り運動を強化していって欲しいところ。また、軽めのメニューを続けているので仕方ないですが、馬体重はこれ以上大きく増やして欲しくありません。

インペリオアスールは能検(1200m)で1分17秒台をマーク。これが良いタイムかどうかは判別できませんが、移籍後、着実に進めてきたことでここまで辿り着けたと思います。そろそろデビューとなってくるでしょうから、1段と気を引き締めて調整を続けていってもらいたいです。

ダートのOP馬相手にどこまで通用するか未知数も、ダートだからといって戦法を変えず、揉まれない位置で追走して外目をノビノビ走ってきて欲しい。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

土曜阪神11R 仁川S(ダ2000m)3枠6番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで21日に時計 

手塚師「21日に南Wコースで追い切りを行いました。併走馬を追走し、直線は内に併せて同入しました。動きはいつも通りですし、状態もいい意味で平行線と思っていいでしょう。ダートの未勝利戦で圧勝しているとは言え、今回はオープンのダート巧者との対戦になるわけですから、この中でどれだけやれるかは走ってみないことにはわからないというのが正直なところです。オープン特別を3勝しているだけあって、ハンデも見込まれましたからね。でもまだ力の衰えは感じないですし、可能性に賭けたいと思います」(2/21近況)

助 手 18美坂良 60.0- 43.4- 27.9- 13.7 馬なり余力
助 手 21南W良 68.5- 53.5- 39.4- 13.4 直強目追う ウインヴォラーレ(古1000万)一杯の内を1.0秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月24日)
11R 仁川S
サラ ダ2000メートル 4歳上OP 指定 国際 ハンデ 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ナムラアラシ 牡5 56 福永祐一
1 2 サンライズソア 牡4 56 M.デムーロ
2 3 アスカノロマン 牡7 57 太宰啓介
2 4 スズカリバー 牡6 53 国分恭介
3 5 オールマンリバー 牡6 54 武豊
3 6 モンドインテロ 牡6 57 C.ルメール
4 7 マイネルオフィール 牡6 54 和田竜二
4 8 レッドソロモン 牡6 55 小牧太
5 9 アドマイヤロケット 牡6 54 岩田康誠
5 10 ストロングサウザー 牡7 56 幸英明
6 11 メイプルブラザー 牡4 53 松山弘平
6 12 ヒロブレイブ 牡5 54 四位洋文
7 13 ヨヨギマック 牡7 53 酒井学
7 14 サンマルデューク 牡9 55 岡田祥嗣
8 15 シャイニービーム 牡6 54 高倉稜
8 16 ロイヤルパンプ 牡6 53 川田将雅

○手塚師 「下級条件だけど、ダートは結果を出しているし、芝ではワンパンチ足りない現状。今回は目先を替えてダートへ。ただ、オープンでの芝の実績からハンデは少し見込まれただけに何とも言えないね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実績のある京都・芝2400mにモンドインテロを知り尽くしているC.ルメールJとのコンビ継続。初重賞制覇への御膳立てが整ったと思った前走。馬体は少し立派だったのかもしれませんが、寒い時季ということを踏まえれば許容範囲。まあ、勝ち切ることが出来なくても、相手関係から3着以内は外さないと見ていたのですが…。

しかし、実際のレースぶりはいつもよりも行きっぷりが悪く、道中の手応えも一息。それに加えて前有利のSペース。これでは上位進出を窺うこと自体が難しく…。レース後のコメントでは、傷んだ馬場に脚を取られ、2度ほどバランスを崩すことに。それにより下を気にするようになってしまったモンドインテロは自分からブレーキを掛ける形に。ジリジリとは脚を使っているのでしょうが、グッと力が入る場面は作れぬまま。ここまで見せ場なく敗れるとは想定外で、ショックは大きかったです。

レース後はNF天栄でリフレッシュ。重賞だとワンパンチ足りない競馬続きなので、目先を替える意味でのダート挑戦へ躊躇なく踏み切ってきました。芝よりダートの方が走るという可能性は低いかなと思いますが、まずは実際にやってみて、適性の有無(ダートのOPクラスで通用するかしないか)をハッキリ確認してみることは大賛成です。通用しないなら、これまで歩んできた道に舞い戻って、出直せば良い訳ですから。状態に関しては、一連のデキはキープ。力を出せる状態にあります。

また、ダートだからといってこれまでの戦法を変える必要はなし。離され過ぎない位置で追走し、3角手前から外目をじわっと進出する形で。砂を被ると良くないでしょうし、揉まれることを避けつつ、多少の距離損には目をつぶってノビノビ走らせてあげて欲しいです。スタミナとパワーに関しては、ここでも見劣らないと思います。

【動画更新】ジーナアイリス

↑↑↑

Photo ジーナアイリス

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の動画更新から動きはそう変わっていませんが、首を上手に使って前向きな走りが出来ているのは好感。いつもどおり馬場の外を駆け上がり、負荷を掛けています。

欲を言えば、ラストで少し苦しくなっているように見えるので、現状のメニューをコツコツこなしながら、他馬よりも弱さが残る内面を強化・改善していってもらいたいです。

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:3月17日の中京・ファルコンS(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで調教を継続しています。馬体重は少しずつ回復してきており、毛艶も良好です。状態は良い意味で平行線と言えるでしょう。来週中に帰厩する予定と聞いています。馬体重は455キロです」(2/23近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整を続けています。馬体は大きくは変わらないですが、少しずつ良化傾向にありますので、そろそろ帰厩の目途も立ってくると思います。具体的な予定も含め、加藤調教師と打ち合わせていきたいと思います。馬体重は483キロです」(2/23近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月8日の阪神・桜花賞(G1)
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も一日置きにハロン14秒ペースの坂路調教を継続しています。ここまで順調に調整され、全体的に馬体のボリュームが増してきたように思います。そろそろ調教の負荷をもう一段階上げていきたいと思います。馬体重は478キロです」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄で調整中の3頭ですが、それぞれ遠からず厩舎に戻ることになりそうです。

アンブロジオは来週中の帰厩が決定。乗り込みながらじわじわ調子を取り戻している様子。これなら特に不安なく、中京・ファルコンSへ向かうことが出来そう。ただ、例年のファルコンSよりもメンバーが揃いそうな雰囲気。アンブロジオにとって試金石の1戦になるでしょう。

ヴェルトゥアルはもう少し馬体がフックラしてきて欲しいところですが、しっかり乗り込んでいることで状態自体は良さそう。揉まれ弱さの解消は難しいでしょうが、短距離戦を小細工なしの逃げの競馬で活路を見い出して欲しいです。

アーモンドアイももっと馬体重が増えていいでしょうが、しっかり乗り込めていることで馬体の張りは出てきているのかなと思います。調整は帰厩を意識したものに変わってきているので、ここをしっかり乗り越えて、良い状態で厩舎へ戻ってきて欲しいものです。

2018年2月23日 (金)

21日に美浦・武市厩舎へ戻っています。☆グランドサッシュ

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

・在厩場所:21日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:3月10日の中山・サンシャインS(芝2500m)

武市師「21日に帰厩しました。前走後も大きな疲れはなく、放牧先ではすぐに坂路調教も開始していたようですので、目標のレースに向けてこちらでも継続して進めていきます」(2/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月10日の中山・サンシャインSへの出走へ向け、近々帰厩する予定だったグランドサッシュは21日に美浦へ。時計を出すのは週末になるのかなと思いますが、放牧を挟んだことで順調な回復は遂げていると思います。

年齢を重ね、瞬発力に衰えを感じなくはないですが、バテない強みでスタミナは豊富。準OPを勝ち上がる可能性は極めて低いでしょうが、堅実に掲示板入りできるように渋太い競馬を心掛けていってもらいたいです。そして1戦でも多くレースを使って欲しいです。

より以前の記事一覧