2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

出資馬一覧

カテゴリー「競馬(1口馬主・シルク)」の6070件の投稿

2017年5月23日 (火)

シルクなお馬さん(関西馬・牧場組)

Photo ディグニファイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「15日に無事にこちらへ到着しており、大きな疲れも見られませんでした。全治6ヵ月の診断ですが、症状としてはそれほど重いものではないですし、ウォーキングマシンで軽めの運動を行っています。このまま軽めのメニューで様子を見ながら、社台クリニックの都合が付き次第、手術を行う予定になっています」(5/19近況)

Photo タイムレスメロディ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「現在は坂路でハロン17秒の調教を行っていますが、だいぶ体力が付いてきたことで、余裕をもって登坂してくれるようになりました。もう少し今のペースで時間を掛けていけば、さらに良くなってくるでしょうから、タイミングを見計らってハロンペースを徐々に上げていきたいと思います。馬体重は460キロです」(5/19近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めに調整していましたが、今週から周回コースでハッキング程度の運動を開始しています。疲れはまだ残っていますが、あまり楽をさせると余計に緩んでしまいますから、適度に乗り込みを継続しながらリフレッシュさせようと思います。馬体重は490キロです」(5/19近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン 

担当者「引き続き、ウォーキングマシンでの運動を行っています。マシンを始めてからも脚元の状態に大きな変化はありませんし、未勝利戦がある内に復帰させる方向で進めていく方針ですが、場所が場所なだけに、今後も慎重に経過を観察しながら調整していく必要がありますね」(5/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ディグニファイドはNF天栄を経由して北海道・NF空港に到着。体温の上昇もなく、輸送による負担は相応のものに止められたと思います。今後は都合が付き次第、手術を行う予定。まずは手術に備えて、体力をしっかり戻しておいて欲しいです。

タイムレスメロディは普通キャンターを乗り込み中。じっくり乗り込んで成長を促すのなら、もっと早い段階でこのような取り組みをして欲しかったなあというのが本音です。まあ、この効果が次走以降で出てくれれば良いのですが…。

ナイトバナレットは緩まない程度に乗り込み中。連戦の疲れは時間の経過と共に解消してくれるでしょう。今後の予定は分かりませんが、賞金はあるので同世代の重賞・ラジオNIKKEI賞を個人的には目指して欲しいです。小回りなら芝1800mも対応出来るでしょうし。

インペリオアスールは手術の可能性を残しつつ、ウォーキングマシンのみの調整で経過を観察中。コメントを見る限り、地方からの出戻りを目指す可能性が高そう。それなら早めに手術をして、今後への影響を最小限に止めてもらいたいです。

17日に栗東・橋口厩舎へ戻っています。☆マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

・在厩場所:17日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:阪神6月10日・芝1200m

橋口師「17日の検疫で帰厩いたしました。放牧先ではピッチを上げて乗り込んでもらっていましたので、明日から調教を開始し、6月10日の阪神・芝1200mを目標に仕上げていきたいと思います」(5/17近況)

助 手 21栗坂良 55.9- 40.8- 26.5- 13.1 馬なり余力 クィーンズロード(三未勝)馬なりに0.1秒先行0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきで節を稼いでいたマンボビートですが、17日に帰厩。早速週末から時計を出し始めています。

成長度は何とも言えませんが、状態自体は良さそう。色々条件を試して、行きついた先が芝の短距離戦。前走の行きっぷりなら距離短縮は悪くないでしょう。あとは実戦でどういうパフォーマンスを見せてくれるか…。1勝まで厳しい道のりですが、何とか可能性を示して欲しいです。

2017年5月21日 (日)

内田Jが跨って、目黒記念1週前追い切りを消化。☆モンドインテロ

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで17日に時計
・次走予定:5月28日の東京・目黒記念・G2(内田博J)

手塚師「17日に内田騎手が騎乗し南Wコースで3頭併せで時計を出しました。先頭セダブリランテス、2番手マイネルスフェーンを追走し、直線は最内に入れる形で行いました。前にいた他厩舎の馬たちが気になって、思ったほどはしっかり追えなかったようですが、時計はいいですし、動きに関しては申し分ありません。ここまで順調に来ています」(5/18近況)

内田博 17南W良 82.7- 66.5- 51.8- 38.4- 12.9 馬なり余力 セダブリランテス(三500万)馬なりの内を1.3秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の目黒記念へ出走予定のモンドインテロ。17日は帰厩後の初時計となりますが、内田Jが跨って、長目から追われています。

内容は半弟セダブリランテスに煽られて、褒められた動きではないですが、しっかり追われた効果はある筈。この週末と来週の追い切りでしっかり中身を整えてもらえればと思います。

前走でG1の舞台を経験したことで、1つレベルが上がっていて欲しいです。

2017年5月20日 (土)

鼻出血明けで慎重に立て直して臨む1戦。状態はかなり良さそうなので、終いの脚に賭ける競馬で上位を窺って欲しい。★ラストインパクト

Photo_3 ラストインパクト(牡・角居)父ディープインパクト 母スペリオルパール

土曜京都11R 平安S(G3・ダ1900m)7枠13番 四位J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り

角居師「17日に四位洋文騎手に跨ってもらって、CWコースで追い切りました。向正面から出して単走で感触を確かめてもらいましたが、馬なりでスッと加速してとても軽快な動きでした。スタンドで見ていてもスピード感抜群でしたし、四位騎手も『砂を被ってどうかだけど、動きに関してはさすが重賞を勝ち上がっているだけありますね。活気があって言うことありません』と好感触を得てくれたようなので、いい形でレースに臨めそうです。前走は初めてのダートとあって、勝負どころから少し戸惑った走りをしていましたが、一度使ったことでその点はスムーズに対応してくれると思います。一瞬はグッと伸びてきそうな雰囲気があったぐらいですから、今回は良い競馬をしてくれると思います」(5/18近況)

助 手 14栗坂重 54.3- 39.3- 26.0- 13.2 末一杯追う
四 位 17CW良 69.6- 53.5- 38.7- 12.0 馬なり余力
助 手 19栗坂良 60.7- 43.9- 28.5- 14.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都9日目(05月20日)
11R 平安S(G3)
サラ ダ1900メートル 4歳上OP 指定 国際 別定 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マイネルバイカ 牡8 56 岩田康誠
1 2 タガノエスプレッソ 牡5 56 北村友一
2 3 コパノチャーリー 牡5 56 松若風馬
2 4 クリソライト 牡7 58 武豊
3 5 ピオネロ 牡6 56 石橋脩
3 6 クリノスターオー 牡7 56 幸英明
4 7 アスカノロマン 牡6 57 和田竜二
4 8 リーゼントロック 牡6 56 中谷雄太
5 9 グレイトパール 牡4 56 川田将雅
5 10 ロワジャルダン 牡6 56 浜中俊
6 11 ロンドンタウン 牡4 57 松山弘平
6 12 マイネルクロップ 牡7 56 岡部誠
7 13 ラストインパクト 牡7 57 四位洋文
7 14 ドリームキラリ 牡5 56 黛弘人
8 15 グレンツェント 牡4 58 C.ルメール
8 16 ケイティブレイブ 牡4 58 福永祐一

○辻野助手「落ち着きがあって、調教では折り合い面に進境。リフレッシュ効果を感じますよ。ダートは2走目ですし、何とかキッカケを」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めてのダート参戦となった前走の東海S。最後の直線で伸びあぐねることになりましたが、4角を回ってくる時は見せ場十分だったラストインパクト。伸びを欠いたのはレース後に判明した鼻出血の影響は少なからずあったと思います。結果は9着でも、それなりに内容のある走りを見せてくれました。

レース後は鼻出血のケア・治療の為にじっくり立て直し。再発は避けねばならないので、慎重を期して進めてきました。まあ、それでも脚元には何ら不安はなかったので、軌道に乗ってからはトントン拍子。緩んでいた馬体は丹念に乗り込むことで引き締まってきました。そして厩舎に戻ってからも大きな不安なく、復帰戦を迎えることが出来ました。久々でも、仕上がり・状態はかなり良いと思います。

あとはダート2戦目でどこまで前進できるか。ただ、相手の顔ぶれを見ると、力差のない多彩なメンバー。ダートでの実績は見劣るだけに上位へ食い込むのは容易ではありません。

京都のダ1900mは逃げ・先行馬有利ですが、ここは逃げたい馬・揉まれたくない馬が揃い、平均ペース以上に流れそうな組み合わせ。良馬場でやれれば、上がりの掛かるタフな競馬になるでしょう。そうなれば差し・追い込み馬に有利な展開。ラストインパクトは序盤折り合いに専念することになるでしょうから、位置取りは中団より後方の位置。砂を被ってどうかの不安はありますが、道中は距離ロスなく回ってきて欲しいです。そして3角過ぎから徐々に外へ持ち出して、直線勝負へ。ここ数走は正攻法の競馬で、最後甘くなっているので、まずは最後までしっかり脚を繰り出す競馬を見せて欲しいです。

年齢的にこれ以上の上積みは見込めないでしょうが、地力は秘めているので、ダートの走りに慣れてくれれば、いずれ通用しても。我が厩舎の功労馬ですが、まだまだ一線級で頑張ってもらいたいです。

もっと距離が合った方が良さが生きると思うも、好走した前走と同条件。バテずにジリジリ脚を伸ばす長所を生かし切って欲しい。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜京都5R 3歳未勝利(芝2000m)4枠8番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日に坂路で追い切り

荒川師「17日に坂路で追い切りました。中1週での出走となりますが、ひと叩きしたことで、だいぶピリッとした動きになってきました。ただ、気持ちの方が少し入ってきているので、そのあたりが実戦に行ってどう出るかですね。精神的な面がもう少し落ち着いてほしいところですが、前走はなかなか味のあるレースをしてくれたので、今回も同じような競馬が出来れば、前進が期待できると思います」(5/18近況)

助 手 17栗坂良 56.7- 40.6- 26.5- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都9日目(05月20日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 混合 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オーシャンセブン 牡3 56 川田将雅
1 2 ペイバック 牡3 54 城戸義政
2 3 グランドホール 牝3 54 和田竜二
2 4 ナムラボンド 牡3 53 三津谷隼人
3 5 ロングアイガー 牡3 56 小林徹弥
3 6 メイショウアッパレ 牡3 55 義英真
4 7 トーマス 牡3 56 国分優作
4 8 ブライトクォーツ 牡3 56 松山弘平
5 9 ハギノエスカーダ 牝3 54 岩田康誠
5 10 ポエティック 牝3 54 古川吉洋
6 11 エイシンユリーカ 牡3 56 幸英明
6 12 タガノラガッツォ 牡3 56 石橋脩
7 13 ブブールチャチャ 牝3 52 荻野極
7 14 レンジャックマン 牡3 56 中谷雄太
8 15 ボムクレイジ 牡3 56 C.ルメール
8 16 アバルラータ 牝3 54 小牧太

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての芝の実戦で5着とこれまでで1番の結果を残してくれたブライトクォーツ。芝の適性よりも距離が延びたことが良い方へ出た印象。スパッと切れる脚はありませんが、追ってからバテずにジリジリと脚を使ってくれます。この長所を生かしていってくれれば、勝てなくても安定した走りは見込めるかと思います。

前走から中1週での今回。1度使っての上積みはそれほどないでしょうが、一連のデキはキープ。ホントはもっと距離が欲しいところですが、好走した同条件なら悪くはありません。

相手関係を見渡すと、人気を集める血統馬3・4頭が地力上位な印象。そこにどこまで食い込むことが出来るかでしょう。枠は真ん中の良いところを引き当てたので、前走よりも前目のポジションで流れに乗って、より渋太さを生かして欲しいです。開催が進み、時計が掛かる馬場も悪くありません。あとは2度目の騎乗となる松山Jの手腕に期待です。

勿論、前走以上の結果を残して欲しいですが、次走への優先権を得られる5着以内をまずは目標に力を出し切って欲しいです。

シルクなお馬さん(2歳馬)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「さすが血統馬らしく、日に日に見映えの良い馬体になってきましたね。引き続き成長を促しながらじっくり乗り込んでいる段階ですが、ここまで不安な点はなく、順調そのものです。これからハロンペースを少しずつ上げながら、負荷をかけて行くことになりますが、それに対応できる体つきになってきましたし、こちらの思惑通り、順調に成長してくれていますよ。馬体重は469キロ」(5/15近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、週1~2回周回コースでハロン30秒のキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「飼い葉食いの状況を見ながら馬体重に気を付けていますが、数字上は減ることがないですし、毎日元気に調教を行えています。まだハロン16秒だと後半に少し動きが鈍くなることがあるので、最後までしっかり動けるようにしていきたいですね。気性面では煩いところを見せることはありませんし、非常に扱いやすいです。筋肉が引き締まってきた印象がありますし、このまましっかり乗り込んでいきたいと思います。馬体重は479キロです」(5/15近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで17-17、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「16日にこちらへ入場してきましたが、熱発もなく体調面に問題はありませんでした。17日は軽めの調整で輸送の疲れを取り、18日には坂路コースに入れてハロン17秒ペースの調教を行いましたが、最後までバテることなく登坂していましたので、体力はそれなりに備わっているようです。検疫が取れ次第、入厩すると聞いていますので、それまで状態維持に努めていきます」(5/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月の遅生まれのピボットポイント・ドレークはまだ速いところをビシビシやっていませんが、順調に乗り込むことが出来ているのは○。馬体重がじわじわ増えているのも好感です。今はペースアップに耐えうる体力・下地を整えることが重要。仕上がりの早い同僚に惑わされず、自分のペースを守りつつ、前進していって欲しいです。

アーモンドアイは16日に無事NF天栄へ。新しい環境になりましたが、特に戸惑うことなく、早速坂路入りできているのは2歳馬として頼もしい限り。検疫が取れ次第、入厩ということなので、来週にも入厩の知らせが届きそうです。それまでは無理のない範囲で進めてもらえればと思います。

16日に美浦・黒岩厩舎へ戻っています。☆シルクドリーマー

Photo シルクドリーマー(牡・黒岩)父タニノギムレット 母ドリームキセキ

・在厩場所:16日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:北角馬場で軽めの調整
・次走予定:5月28日の東京・目黒記念(石川J)

黒岩師「色々情報を集めたところ、目黒記念にぎりぎり入る可能性があるようなので、16日に帰厩させ出走するつもりで進めていきたいと思います。鞍上は前走に続き、石川騎手にお願いしています」(5/17近況)

助 手 18南W良 58.6- 42.6- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出走が叶うかどうか現段階でハッキリしないシルクドリーマーですが、出走を目指して16日に帰厩。レースには10日競馬で臨むことになりますが、18日にサラッと時計をマーク。前走からレース間隔は空いていませんが、良い状態をキープできていると思います。

出走できれば、目黒記念はハンデ戦ですし、まさかまさかの激走があるかもしれません。まずは何とかその舞台に立てることを今から願うばかりです。

2017年5月19日 (金)

周回コースで軽めのキャンターを開始しています。☆ダイアトニック

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「ロンギ場での乗り運動も順調に終えて5月に入ってから周回コースで軽めのキャンターを開始しました。最初は1500mから初めて徐々に距離を延ばして、今は2500m乗っています。ここまでじっくり時間をかけてきましたので、脚元や体調は良好な状態ですし、飼い葉食いも問題ありません。まだ軽めのキャンターですが見た目にも筋肉がついてきていますし、人間の指示もしっかりと聞いてくれます。他の馬と比べると遅れているのは間違いないですが、扱いやすい馬ですし乗っていて柔らかみのある動きをする馬ですから、期待はとても大きいですよ。馬体重は467キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当初の予定より少し遅れてしまいましたが、ダイアトニックは騎乗馴致を終え、周回コースでの乗り運動を開始。ようやく競走馬として1歩踏み出すことが出来ました。じっくり進めてきたこともあって、距離を着実に伸ばしていっても、脚元等に反動・疲れは見られません。

既に入厩し、まもなくデビューする同期がいます。大きな出遅れとなってしまいましたが、これは取り返すことが出来ないので、回りに左右されず、淡々とマイペース調整を続けていってもらえればと思います。そしてゆくゆくは成績で追いつけ・追い越せるように秘めたる素質を磨いていって欲しいです。

6月の函館開催で入厩の予定。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、残りの日は角馬場でフラットワーク

担当者「この中間も坂路主体で調教を行っていますが、順調に力を付けていますし、素軽く前向きな勝負根性から芝で活躍してくれそうですね。調教も休まず順調にこなしており、入厩に向けてしっかり力を付けていると思います。テンションが上がり易いところがあるので、そこには気を付けて落ち着かせながらトレーニングを行っています。6月の函館開催で入厩させる予定と聞いていますので、調子を崩さないように、しっかり調教を行っていきたいと思います」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

精神面の幼さが残るアンブロジオですが、調教は順調に消化。スラッとした体型ですし、やはり芝の実戦へ行って良いタイプでしょう。あとは父を彷彿させるような末脚を繰り出せるようなら楽しみが増します。

今後の具体的な予定として、函館開催中に函館競馬場へ入厩する模様。まずはゲート試験合格を目指すことに。その後はアンブロジオの状態・体力次第で方向性が示されるでしょう。半兄みたいに芝1400mぐらいが合いそうなイメージです。

初めての長距離輸送を無事クリア。今回も強い競馬はしていますが、あと1歩及ばずの3着。レース後に脚元に疲れが出てしまったのは心配で…。★ソーディヴァイン

Photo_3 ソーディヴァイン(牝・西村)父キンシャサノキセキ 母ソーアラート

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)3着(1番人気) 川田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路で追い切り

好スタートを切るも無理せず、道中は好位の3番手を追走、そのままの態勢で直線に向き追い出されますが、なかなか前との差が詰まらず、最後は外から脚を伸ばしてきた2着馬にも差され、3着でゴールしています。

川田騎手「それほど緩い流れではなかったですし、2番手の馬も結構行きたがっていたので、前を見ながらレースを進めました。道中はスムーズに運べましたし、良い雰囲気で直線に向けたのですが、最後は勝った馬に思った以上に粘られてしまいましたね。また返し馬の時から、今日はいつもよりも少し前捌きが硬い印象を持ちました。もしかするとその分、掴まえ切れなかったところがあったのかもしれません。それでも昇級してからも遜色ない競馬を見せてくれていますし、良い状態を保ってレースに向かえれば、いずれはこのクラスでもチャンスはあると思いますよ」

西村調教師「東京競馬場までの輸送も上手くいきましたし、あとはゲートさえ五分に出てくれれば勝負になると思っていました。好位で上手く脚を溜めながらレースができましたし、最後も手応えは良く見えたので、先行馬を交わしてくれると思っていましたが、このクラスになるとなかなか前が止まらないですね。早い段階で交わしにかかると、ソラを使う馬なので、川田騎手もその点には気を付けて慎重に追い出したのかもしれませんが、準オープンになると早めに仕掛けて行くぐらいの方が丁度良いのかもしれません。体調面がまだ本調子ではないように感じていただけに、それを考えれば良く頑張ってくれたと思います。長距離輸送の後ですし、この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:17日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
・調教内容:軽め調整

西村師「トレセンに戻って状態を確認したところ、レースの反動から右前の球節付近に疲れが見られました。レントゲン検査では骨に異常はありませんでしたが、靭帯の炎症が窺えるようなので、さすがに無理させるわけにはいきませんから、放牧に出してケアしてもらおうと思います。この中間、トモに甘いところがあった経緯がありましたから、その反動で前脚に負担が掛かってしまったのかもしれません。準オープンでもすぐ勝ち負けしてくれる馬ですから、この休養期間にしっかり立て直していい状態で復帰できるようにしたいと思います。17日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての関東圏への長距離輸送、ダート地点でのスタートを心配しましたが、それらの課題を難なくこなしてくれたソーディヴァイン。状態は良い頃と比べると一息だったかと思いますが、レースでは好位の外を手応え十分に追走。最後の直線は交わせそうな勢いでしたが、勝ったシュテルングランツの渋太さが1歩上。また、初めてのダートの実戦で適性の高さを示したリスペクトアースに交わされてしまい今回も3着に。勝ち切れなかったのは残念ですが、強い競馬はしていると思います。

ただ、レース後のソーディヴァインですが、脚抜きの良い馬場で激走した反動が見られます。球節・靭帯に腫れ・熱感がある様子。詳しい症状は分かりませんが、年内に復帰できれば良い方なのかもしれません。

まあ、怪我は付き物なので仕方ありませんが、患部だけでなく、馬体全体のメンテナンスをこの機会にお願いしたいです。もう一つ馬体に芯が入ってくれば、上のクラスを目指せる馬です。少し長引くかもしれない休養期間を有意義なものにして欲しいです。

より以前の記事一覧