最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】【ロード】出走情報(5月17日) | トップページ | 昨年末からの悪い流れは気にはなりますが、帰国後の調整は頗る順調ですし、追い切りはこの馬本来のもの。道中は折り合いに気をつけてもらい、スムーズな形で最後の直線を向いてくれれば。牝馬同士で55キロで出走できるのは何とも優位。好結果を期待したい。☆アーモンドアイ »

2020年5月17日 (日)

ここでも通用する力は秘めていますし、この舞台は合っていそう。ただ、単調な競馬で連勝してきているので一気の相手強化で経験値のなさが仇になるかも。自滅するような負け方だけは避けて欲しい。☆シェダル

202003_20200513052701

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

日曜東京10R 青龍S(ダ1600m)6枠10番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計

栗田師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せの2番手を追走して、直線では各馬の間から脚を伸ばすと、同入で終えています。先週もお伝えしましたが、体の緩さが無くなって、動きはとても良いですね。シャープな体つきの分、最後までキレのある走りを見せてくれています。前走の中山・ダ1800mではかなり速いペースの中でもしっかり勝つことが出来ましたし、あの内容であれば距離短縮に関しては問題ないでしょう。ただ、今回はクラスが上がってメンバーはかなり強力ですので、この相手にどれくらいやれるか試金石の一戦になりそうです」(5/13近況)

助 手 10美坂良 56.8- 42.2- 27.4- 13.8 馬なり余力
助 手 13南W良 67.3- 52.6- 38.7- 13.1 一杯に追う ロンドンテソーロ(古馬3勝)馬なりの外0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京8日目(05月17日)
10R 青竜S
ダ1600メートル 3歳OP 指定 国際 別定 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フォーテ 牡3 56 福永祐一
2 2 アフィラトゥーラ 牡3 56 北村宏司
2 3 ダノンファスト 牡3 56 横山典弘
3 4 コパシーナ せ3 56 三浦皇成
3 5 ペールエール 牡3 56 武豊
4 6 プロヴィデンス 牡3 56 江田照男
4 7 ムーランアンディゴ 牡3 56 大野拓弥
5 8 ヘイセイメジャー 牡3 56 池添謙一
5 9 フルデプスリーダー 牡3 56 M.デムーロ
6 10 シェダル 牡3 56 C.ルメール
6 11 タガノビューティー 牡3 56 和田竜二
7 12 イモータルスモーク 牡3 56 田辺裕信
7 13 デュードヴァン 牡3 56 川田将雅
8 14 ショウナンナデシコ 牝3 54 石橋脩
8 15 アウトウッズ 牡3 56 松山弘平

○栗田師 「逃げにこだわらなくても、ためる競馬もできると思う。緩い馬なので、コーナー4つの中山よりもワンターンの東京の方がいいはず。馬は更に良くなっているので、今回が試金石になると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬戦→1勝クラスと連勝してOPのここへ臨むシェダル。この2戦は身体能力の高さを生かして後続の追撃を許さなかったですが、レースぶりは逃げて押し切るという単調なもの。特に前走は強引にハナを奪いに行って、自らHペースを演出。4角手前で鞭が入った時はヒヤッとして残り200mからは長かったです。まあ、普通なら止まるところですが、そこを凌ぎ切ったのは素質の高さを証明することとなりました。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。強引な競馬をしたことで疲れ・反動を心配しましたが、それは回避。順調に回復が進んだ後は甘やかすことなく、結構ハードに鍛え上げてきました。着実に馬は良くなってきていると思います。そして先月25日に帰厩。帰厩後の動きは変わらず良好ですし、ビシッとやれているのも好感です。馬体重が増えていても、ほぼほぼ成長分だと思います。力を出せる状態にはあります。

ただ、ここはOP特別で地方からの転入馬以外は2勝している馬ばかり。また、移動制限で関西馬の遠征はないと勘違いしていましたが、芝でもダートでも確実に追い込んでくるタガノビューティーを始め、関西馬も手強そう。関東馬ではデュードヴァン・ダノンファストは持ち時計が優秀です。素質はそうヒケを取らないと思いますが、スピードの違いだけで勝ってきたシェダルとは経験値の差が大きいです。相手関係が一グンと一気に強化されたハードルは高いかもしれません。また、先行したい馬も多いので、その激流に飲み込まれないことを願うばかりです。

レースプランはC.ルメールJにお任せですが、先々を見据えると逃げ・先行したい馬を先に行かせて、それらを見る形で折り合って欲しいところ。多分ムキになって走りそうなので、そこは鞍上がうまく宥めてもらえればと。父ゴールドアリュールながら手先は軽いので、脚抜きの良いダートは意外と合うと見ています。今後を占い意味でホント試金石の1戦だと思いますが、仮に負けたとしても、自滅して止まるような敗戦はまず避けて欲しいところ。好位から中団で進めて末脚を伸ばすも届かないなど今後に繋がる内容でお願いしたいです。ここで良い勝負が出来れば、先々が更に楽しみなものになるのは間違いないだけに。

« 【シルク】【ロード】出走情報(5月17日) | トップページ | 昨年末からの悪い流れは気にはなりますが、帰国後の調整は頗る順調ですし、追い切りはこの馬本来のもの。道中は折り合いに気をつけてもらい、スムーズな形で最後の直線を向いてくれれば。牝馬同士で55キロで出走できるのは何とも優位。好結果を期待したい。☆アーモンドアイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シェダル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】【ロード】出走情報(5月17日) | トップページ | 昨年末からの悪い流れは気にはなりますが、帰国後の調整は頗る順調ですし、追い切りはこの馬本来のもの。道中は折り合いに気をつけてもらい、スムーズな形で最後の直線を向いてくれれば。牝馬同士で55キロで出走できるのは何とも優位。好結果を期待したい。☆アーモンドアイ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ