最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 前走から中5週のレース間隔を在厩で調整。コツコツ乗り込んできているも、追い切りは3本のみでどれも控え目な内容。レースでエネルギーを爆発出来るように調整方法を変えてきたことが結果にどう結び付くのか注目。★シベール | トップページ | 1勝クラスでも相手なりに走ってくれるタイプかと思っていたが、現状はクラス慣れが必要な感じ。1400mぐらいでスピードを生かした方が良さそうに思うも、新味を期待して1800mへ。前走のように淀みない流れを気分良く追走し過ぎないように乗ってきて欲しい。★ロードベイリーフ »

2020年5月23日 (土)

前走の失敗を繰り返さないようにトレセンでゲート練習・確認を行ってレースへ臨むも、競馬に行くと変なプレッシャーを感じているようで駐立を我慢出来ずにゲートに突進。今回もまさかの出遅れ。道中でポジションを巻き返しに行くも、ペースアップしたところで苦しくなって自分から止めてしまい、最下位に終わる。★ピボットポイント

202002_20200513054301

Photo ピボットポイント(牡・松下)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

日曜新潟12R 中ノ岳特別(ダ1800m)15着(15番人気) 中谷J

今回もブリンカーを着用しています。タイミングが合わず立ち遅れ気味にゲートを出ると、無理せずそのまま後方で流れに乗ります。向正面を過ぎたあたりから押し上げて行こうとしますが、最後の直線では伸び切れず、後方のまま流れ込んでいます。

松下調教師「長距離輸送を考慮して調整しましたが、思いのほか馬体重は減らなかったですね。ゲート内ではギリギリまで大人しくしていましたが、最後の最後で突進してしまい、体勢を整えている時に扉が開いてしまった為に後方からのレースとなってしまいました。中谷騎手は『前回より落ち着いていましたし、ギリギリまで我慢していたのですが、扉が開く直前に前へ突進してしまい、体勢を立て直したところで扉が開いてしまいました。ペースが緩くなったところからジワジワ押し上げて行きましたが、ペースが速くなるとついて行けなくなって最後は止まってしまいました』と言っていました。結果を出している時は、前々でレースを運んで渋太さを発揮しているだけに、今回のように後ろからの競馬になると厳しいですね。トレセンで練習している時は特に問題ないだけに、実戦でいかに落ち着いてゲートを出るかがカギになってくると思います。この後はトレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで、そのまま続戦させるかどうするか判断したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動と

松下師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく、体調も変わりありませんでした。3月の競馬の時よりはゲート内で我慢していましたが、扉が開く直前で突進してしまいましたから、引き続きトレセンでゲート練習を入念に行いたいと思います。今週の想定を見るとそこまで間隔を空けずに出走させることが出来そうなので、このまま在厩させて次走に備えて行きたいと考えています」(5/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、スタートで大失敗しているピボットポイント。その為、放牧に出る前・厩舎後にゲート練習を行って、今回のレースに備えてきました。トレセンでは真面目に対応してくれていたので、前走の失敗はたまたま気分を損ねただけのものだと思っていたのですが…。

前走から今回へ向かうにあたり、歩様の硬さがなかなか解消されず、出走態勢が整うのに時間を要してしまいましたが、帰厩後の動きはマズマズ。立て直されたことで精神的に楽になり、ダート3戦目で巻き返してくれるかなと見ていました。

注目のスタートですが、最初は我慢が利いていたようですが、段々チャカチャカと煩い面を覗かし、中谷Jは懸命に落ち着かせようとしてくれました。ただ、あと数秒のところでゲートに突進してしまい、態勢を整えようとしたところでゲートが開いてしまいました。前走に引き続いてまさかの大出遅れ。トレセンでは大丈夫なのですが、10数頭の馬が一緒に走る競馬だと変なプレッシャーを感じているのでしょうねえ。これを繰り返されたら、ホントお手上げです。

道中で中谷Jはポジションを押し上げていきましたが、3角から4角にかけてカーブのキツい新潟のダートコースで外々を回らされると辛いところ。そしてレースは最後の直線を迎える前にペースアップして我慢比べにもなりますが、その時点でいち早く諦めているのがピボットポイントです。直線では目立った脚を繰り出せず、ジリジリと後退。前走はブービーでしたが、今回はまさかの最下位に終わってしまいました。

レース後のピボットポイントは、相応の疲れはあるでしょうが、勝負どころから自分で止めている分、活気も十分。また、想定を見るとそこまで待つことなくレースへ使えそうということから在厩で調整していくことになりました。ゲートに関しては駐立を確認するだけでなく、1度ゲート内で縛り付けて観念させた方が効果的だと思うのですが…。甘い確認作業になってしまうと、次走で高い確率で出遅れることでしょう。

前走と今回で同じような敗因で大敗という結果に終わったピボットポイント。これを3戦連続で繰り返すとさすがに進退問題に繋がってくるでしょうねえ。次走は崖っぷちの1戦になりますが、このまま変わってこないのか意地を見せてくれるか。後者であることを期待したです。

« 前走から中5週のレース間隔を在厩で調整。コツコツ乗り込んできているも、追い切りは3本のみでどれも控え目な内容。レースでエネルギーを爆発出来るように調整方法を変えてきたことが結果にどう結び付くのか注目。★シベール | トップページ | 1勝クラスでも相手なりに走ってくれるタイプかと思っていたが、現状はクラス慣れが必要な感じ。1400mぐらいでスピードを生かした方が良さそうに思うも、新味を期待して1800mへ。前走のように淀みない流れを気分良く追走し過ぎないように乗ってきて欲しい。★ロードベイリーフ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ピボットポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前走から中5週のレース間隔を在厩で調整。コツコツ乗り込んできているも、追い切りは3本のみでどれも控え目な内容。レースでエネルギーを爆発出来るように調整方法を変えてきたことが結果にどう結び付くのか注目。★シベール | トップページ | 1勝クラスでも相手なりに走ってくれるタイプかと思っていたが、現状はクラス慣れが必要な感じ。1400mぐらいでスピードを生かした方が良さそうに思うも、新味を期待して1800mへ。前走のように淀みない流れを気分良く追走し過ぎないように乗ってきて欲しい。★ロードベイリーフ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ