最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スタートで出脚が付かなかった時点で内ピッタリの追い込み策に転じて欲しかったも、前走の残像が焼き付いていて気合を付けてポジションを取りに行ったのが裏目。直線では早々に伸びあぐねて最後は力尽きてしまう。★ロードプレミアム | トップページ | 右トモの状態に不安を残すも、追い切りでは格上相手に見劣らない動きを披露。仕上がりは上々。余裕のある馬体でも、今回は能力で押し切って欲しい。☆ディランズソング »

2020年5月23日 (土)

派手な競馬で2連勝してここへ挑戦するも、同世代のトップレベルとは現状の力量差を痛感する結果に。ただ、ポテンシャルはそうヒケは取らない筈なので、シビアな競馬を経験した財産を今後にしっかり役立ててもらいたい。★シェダル

202005_20200521061701

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

日曜東京10R 青龍S(ダ1600m)8着(3番人気) C.ルメールJ

まずまずのスタートを切ると、道中は中団からレースを進めます。4コーナーから鞍上の手が動き始め、残り400m付近から仕掛けられますが、ジリジリとした脚色で伸びを欠き、中団で流れ込んでいます。

栗田調教師「初めての東京マイル戦でしたが、ルメールさん(C.ルメール騎手)の話だと芝スタートがあまり良くなかったようですね。大型馬なのでノッソリした感じであまりスピードに乗って行かず、少し押して行くと掛かり気味になってしまいました。それに、ワンペースなタイプですし、淀みない流れになり道中で息が入る場面がなかったため、最後は苦しくなってしまったようです。これまでは大味な競馬でも結果を残してくれましたが、さすがにオープンクラスになるとそれで通用するほど甘くはないですね。でも、相手関係がかなり揃っていた中で、大きく敗れてしまったわけではありませんし、決して悲観する内容ではなかったと思っています。暑い中でのレースでしたし、トレセンに戻ってからの状態をよく確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れたが、行きっぷりは良くて先団直後まで追い上げる。ただ、4角では包まれるような感じになり、結局、脚を使う場面もなかった。まだ粗削りな印象。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

栗田師「クラスが上がってメンバーも強敵でしたから、これまでのようなスムーズな競馬は出来ませんでしたね。それでも大きく離されている訳ではありませんから、これから力を付けていけばこのクラスでも戦える馬になるでしょう。レース後は全体的に疲れが見られますし、ひと息入れた方が良いでしょうから、近日中に牧場へお戻しさせていただきたいと思います」(5/20近況)

⇒⇒22日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(22日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦→1勝クラスと派手な勝ち方で連勝してきたシェダル。この中間はNF天栄で鍛えられ、更にレベルアップしている感じだったので期待は持っていたのですが、細かくレースを振り返っていくと走破時計は平凡。2戦共に身体能力の高さで押し切った感じだったので、結構強いメンツが揃ったここでは簡単には通用しないのも理解はしていました。

レース前から馬体重が増えているのは分かっていましたが、しっかり調教を積んでプラス8キロなら成長分と見て良い範囲。発汗が少し目立ったので、暑さはちょっと苦手なタイプかもしれませんが、仕上がりは問題なかったと思います。ただ、最終追いで3頭併せの真ん中に入れたのですが、シェダルとすればラストでモタモタする走り。これを見て、馬群で揉まれる競馬になると力を出し切れないかもと見ていました。

また、今回は1ハロン短縮で芝スタート。手先の軽い走りをして、スピードはある馬なので、この舞台は合っていると見ていましたが、実際はちょっと違っていた感じ。C.ルメールJのコメントだと芝の部分でのスピードの乗りが一息だった様子。そこで促していこうとすると、今度は引っ掛かりそうにも。逃げ一辺倒の競馬をしてきていたので、控える形の競馬になってシェダルに戸惑いはあったでしょうねえ。砂を被って嫌がる素振りはなかったですが、終始軽く促しながらの追走と余裕はなかったです。そして最後の直線ではギアを1段上がることが出来ずにジリジリとした伸び。外から交わされてパタッと止まってしまうことも覚悟したのですが、この馬なりに最後まで頑張っていたのは救いでした。

終わってみれば、同世代のダート・上級馬とは力量差が存在することを確認。ただ、これは経験値を積んで、荒削りな走りが洗練されてくれば、詰まっていくものだと思います。

レース後のシェダルですが、脚元等は大丈夫そうも、全体的に疲れを感じさせるとのこと。まだまだこれからの馬ですし、22日にNF天栄へ放牧に出ています。まずはしっかり疲れを除くことに専念してもらえればと思います。そして今回の放牧ではリフレッシュという感じではなく、少しレース間隔を空けてもらい、その間は甘やかすことなく、更なるレベルアップを目指してしっかり鍛え上げていって欲しいです。

今回は苦々しい結果に終わりましたが、強い相手に囲まれてシビアな競馬を経験できたことは今後への良い財産になったと思います。ですので、この経験を次走以降に役立てていかないと話しになりません。この敗戦をバネにゆくゆくはOPクラスで活躍できるような馬へと育ってもらいたいです。

« スタートで出脚が付かなかった時点で内ピッタリの追い込み策に転じて欲しかったも、前走の残像が焼き付いていて気合を付けてポジションを取りに行ったのが裏目。直線では早々に伸びあぐねて最後は力尽きてしまう。★ロードプレミアム | トップページ | 右トモの状態に不安を残すも、追い切りでは格上相手に見劣らない動きを披露。仕上がりは上々。余裕のある馬体でも、今回は能力で押し切って欲しい。☆ディランズソング »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シェダル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートで出脚が付かなかった時点で内ピッタリの追い込み策に転じて欲しかったも、前走の残像が焼き付いていて気合を付けてポジションを取りに行ったのが裏目。直線では早々に伸びあぐねて最後は力尽きてしまう。★ロードプレミアム | トップページ | 右トモの状態に不安を残すも、追い切りでは格上相手に見劣らない動きを披露。仕上がりは上々。余裕のある馬体でも、今回は能力で押し切って欲しい。☆ディランズソング »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ