最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン | トップページ | プラス18キロで気持ちの面でピリッとしなかった印象が強いも、結果だけ見るとダートは良くないことに。いつも通りに競馬を進めるも、直線で目立つ脚が使えぬまま、ジリジリと後退して16着に敗れる。ここまで大敗するとは予想外。★ロードクエスト »

2020年4月 9日 (木)

思いのほかレースの流れに乗って競馬が出来ましたが、道中で少し力むようなところがあって最後の直線では馬群から抜け出してくるようなピリッとした脚は使えず。何とか食らい付こうともがいてくれましたが14着に終わる。★グランドサッシュ

202004_20200409065001

Photo グランドサッシュ(牡・武市)父ハーツクライ 母レイサッシュ

土曜中山10R 湾岸S(芝2200m)14着(17番人気) 津村J

まずまずのスタートから、内へ潜り込みつつ中団辺りで競馬を進めます。3コーナー辺りから盛んに鞍上の手が動きますが、直線では目立った脚は使えずに後方でゴールしています。

武市調教師「牧場から戻ってきた時の雰囲気が良かったですし、普段の調教からも硬さが無くて具合の良さを感じていました。ただ、状態が良すぎたのか、いつものレース時より気持ちが入り過ぎていて、前半に少しハミを噛んでいましたね。騎乗していただいた津村騎手も『前走よりも状態が良かったのですが、それが裏目に出てやや行きたがっていました。ただ、いつものような右回りで見せるモタれは無かったです。今日は前半に力んだ分、終いの脚が続かなかったものの、年齢的な衰えは感じませんでしたし、メンバーや条件次第ではもっとやれると思います』と話していました。この後については、トレセンで馬体を確認した上で短期放牧を挟ませていただき、牧場でも問題が無ければ第2回東京開催へ向かいたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:7日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

武市師「レース後はトレセンに戻って馬体を確認しましたが、歩様等に異常は無いものの、走ったなりの疲れはありました。ですから無理をさせず、7日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。ただ、大きな問題ではありませんから、牧場での回復次第では短期でお戻しさせていただき、第2回東京開催での出走を視野に入れたいと考えています」(4/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

53キロのハンデを生かして少しでも上位を目指して欲しかったグランドサッシュ。9歳になって現状頭打ち状態ということで単勝万馬券の最下位人気での出走となりました。

前回、この条件を走った時は終始最後方で直線でも差を詰めてくることが出来ずに大敗を喫していますが、今回はまずまずのスタートから少し促していくと中団の位置で追走。少し力んでハミを噛むところがあったようですが、レースの流れに乗れていたのはビックリ。3角あたりでのペースアップにも対応できていましたが、そこから更に1段ペースアップすると鞍上の手が激しく動くことに。何とか食らい付こうという姿勢は感じたのですが、手応えはだんだんなくなっていく感じ。最後の直線は馬群の中から抜け出す力はなく、もがき続けながら14着へのと沈んでしまいました。この結果は妥当と言えばそうなのですが…。

レース後のグランドサッシュは馬体をひとまず確認して7日にNF天栄へ放牧済。次の東京開催での出走を視野に入れているので、1日でも早く牧場へ戻したかったのかなと思います。おそらく視野に入れているのは来月10日の東京・緑風S。順調に回復を果たして今月末には帰厩してもらわないと。次走もハンデ戦なので更に1キロ減の52キロで出走できれば嬉しいのですが…。まあ、1番合っている舞台なので、今回の上向き加減だった状態をキープして出走へこぎ着けて欲しいところ。そして再浮上を感じさせる結果を残して欲しい。次走後は左回りの長丁場は当分ないですし、近走のような低迷した結果に終われば、進退に繋がってくる可能性は相当高いと見ています。

« 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン | トップページ | プラス18キロで気持ちの面でピリッとしなかった印象が強いも、結果だけ見るとダートは良くないことに。いつも通りに競馬を進めるも、直線で目立つ脚が使えぬまま、ジリジリと後退して16着に敗れる。ここまで大敗するとは予想外。★ロードクエスト »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)グランドサッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン | トップページ | プラス18キロで気持ちの面でピリッとしなかった印象が強いも、結果だけ見るとダートは良くないことに。いつも通りに競馬を進めるも、直線で目立つ脚が使えぬまま、ジリジリと後退して16着に敗れる。ここまで大敗するとは予想外。★ロードクエスト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ