出資馬一覧

最近のコメント

« 7日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆クァンタムリープ | トップページ | 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン »

2020年4月 9日 (木)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「この1週間もメニューは据え置きに。良くも悪くもコンディションは平行線ですね。もう少し調教を進めた場合、どのような変化が生じるか・・・。そこで対応するのも一案でしょう。千田先生は定期的に来場。意見を交えながら取り組みます」

Photo_6 ロードダヴィンチ

三石・ケイアイファーム在厩。休養。4月3日(金)に千葉・ケイアイファームより移動しました。

○当地スタッフ 「4月3日(金)に到着。4日(土)に再検査を行ないました。こちらの獣医師も、楽観できぬ状態・・・との見解。あまり芳しくない感じですね。アイシング等でケアしつつ、ひとまずは馬房内で安静に。経過を見ながら対応を検討しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの踏み込みが一息と指摘されていたイヒラニですが、この中間はペースアップすることなく、トモの具合を確かめながらの乗り込み。これぐらいゆったりのペースだとさほど気にならないようですが、普通キャンターぐらいまで高めた際にどういう感触になるのか。状況によってはショックウェーブ治療など適切な処置を行う必要が出てくるかと思います。

ダヴィンチは3日に千葉から移動してきました。その際に再検査を行ったようですが、時間の経過と共に症状は悪化していた様子。大型馬ですし、最悪のケースは現役復帰に暗雲かも。とにかく今は静養に努め、入念なケアで患部の回復を促していってもらえればと思います。

« 7日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆クァンタムリープ | トップページ | 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆クァンタムリープ | トップページ | 充実期を迎えても、やはり長距離輸送は全くダメ。予め大きく造っているのにマイナス12キロ。レースは好発から主導権を奪う形。引き離し気味の逃げは悪くなかったと思うも、既に体力を消費してしまっているので最後は完全に脚が上がって9着まで沈む。★ヴィッセン »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ