最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 道中は馬群の中で悠然と構え、直線を向いて満を持して追い出すも、勝ち馬の抜け出す脚が速過ぎて、馬体を併せにいった際に既に前に出られていたのが誤算。内から懸命に差し返そうとするも、最後の最後で力尽きて2着。悔しい敗戦になったも、ここまでやれたのは収穫。☆サリオス | トップページ | 順調に調教が進んでいることから、次走は来月17日のヴィクトリアマイルに決定。来週中の帰厩を予定。☆アーモンドアイ »

2020年4月26日 (日)

【近況】【画像&動画更新】ヒーズオールザット

202004_20200425173501

Photo ヒーズオールザット(牡・藤原英)父ブラックタイド 母シーイズトウショウ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「18日にこちらへ無事到着しており、その後も大きな疲れは見られなかったので、週半ばからコースで乗り出しています。環境の変化に戸惑ったり、気難しいところは見せていないので、このまま入厩に向けて進めて行きたいと思います。馬体重は516キロです」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

18日にNFしがらきへ到着したヒーズオールザットですが、輸送熱に見舞われることなく順調に回復。早速、軽く乗り出していますが、今のところ、新しい環境に戸惑ったりはしていない様子。ただ、気性面で一癖隠している感じがするので、一気に色々教え込まないようにしてもらえればと思います。

更新された調教動画では馬の気持ちに任せての登坂。ハミを掛け直すところはありましたが、ほぼ真っすぐ駆け上がり、手応えに余裕があるのが頼もしい限り。身体能力の高さはこの馬の1つ武器になってくれるでしょう。

この時期の藤原英厩舎はひとまず順番に2歳馬を入れていって、面談という感じで感触を確かめていっているので、そう遠からず1度入厩することになるでしょう。ですので、いつ声が掛かっても良いように無理のない範囲で乗り込み、状態を整えておいてもらえればと思います。

« 道中は馬群の中で悠然と構え、直線を向いて満を持して追い出すも、勝ち馬の抜け出す脚が速過ぎて、馬体を併せにいった際に既に前に出られていたのが誤算。内から懸命に差し返そうとするも、最後の最後で力尽きて2着。悔しい敗戦になったも、ここまでやれたのは収穫。☆サリオス | トップページ | 順調に調教が進んでいることから、次走は来月17日のヴィクトリアマイルに決定。来週中の帰厩を予定。☆アーモンドアイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヒーズオールザット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道中は馬群の中で悠然と構え、直線を向いて満を持して追い出すも、勝ち馬の抜け出す脚が速過ぎて、馬体を併せにいった際に既に前に出られていたのが誤算。内から懸命に差し返そうとするも、最後の最後で力尽きて2着。悔しい敗戦になったも、ここまでやれたのは収穫。☆サリオス | トップページ | 順調に調教が進んでいることから、次走は来月17日のヴィクトリアマイルに決定。来週中の帰厩を予定。☆アーモンドアイ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ