出資馬一覧

最近のコメント

« 芝スタートで勢いがつくのに少し苦労するも、その後は楽な手応えで追走。直線を向いて何とか手前を替えて伸びる姿勢を見せた時は力が入ったのですが、最後の急坂で力尽く。今回の走破時計は1分11秒1。どうしても1分10秒台の壁を越えられず…。6着に敗れる。★ロードエース | トップページ | 今週の出走馬(4/10・11) »

2020年4月10日 (金)

石橋脩Jを背にWコースで意欲的な追い切りを消化。3歳になって走りに無駄がなくなってきた印象。ここまでビシッとやったのは初めてなので、その後の良化ぶりに期待したい。☆サリオス

202003_20200410063301

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に南Wコースで時計
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)

堀師「先週の2週前追い切りを消化後もしっかりとケアを行っているため、右トモの状態を含めて大きな疲れはありません。先週末にも坂路コースでサッと時計を出しましたが、息の戻りも良好で、心肺機能については問題なく整ってきています。ただ、本当に良い頃と比べると先週の南Wコースでの追い切り時の反応や、先週末の坂路コースでの動きの勢いに物足りない印象がありますから、そこを補うことを一つのコンセプトに9日の追い切りを行いました。今週も併せ馬で行い、直線では強めに追って最後は先着する形で終えていますが、先週よりも時計・内容ともにさらに一歩負荷の掛かった調教メニューを消化しています。馬体重は最新の計測でまだ558キロありますが、この追い切りでよりフィットしてくると思いますし、ここまでの順調さを維持しながら来週の本番まで調整を進めていければと思います」(4/2近況)

助 手 5美坂良 57.2- 41.6- 26.7- 13.5 馬なり余力
石橋脩 9南W良 66.1- 51.0- 37.7- 11.8 直一杯追う フォルコメン(古馬3勝)馬なりの内1.2秒追走0.3秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【皐月賞1週前追い】サリオス迫力満点先着!低重心で一気に抜け出しラスト11秒8(スポニチより)

美浦が誇る重戦車。サリオスがうなりを上げて駆け抜けた。Wコースの向正面。前を行くフォルコメン(4歳3勝クラス)とは8馬身近くあった。4コーナーで内から接近し、鞍上・石橋(レースはレーン)がゴーサインを送るとグンと加速。5F66秒1~1F11秒8(いっぱい)。低重心で一気に抜け出し1馬身半先着した。

森助手は「先週までと比べて一段階負荷を強め、直線はシャープに伸ばした。抜け出して気を抜く面を出さないかの確認もしたが、そういった面も見せず、1週前としてはいい仕上がり」と合格点だ。

昨年6月の東京新馬戦から無敵の3連勝。2着との着差も2馬身、1馬身1/4、前走・朝日杯FSが2馬身半差と完勝続き。その後はノーザンファームしがらきでリフレッシュした。同助手は「(3月7日の)帰厩当初と比べても落ち着きが出ている。強く調教するとトモ(後肢)に疲れが出やすいので中間はケアをしながら調整。馬体も含め、高いレベルで安定している」と評価している。

全3勝はマイル。2000メートルも中山も初めてと克服すべき課題はあるが、全てを打破し得るスケールがある。既に来日済みのオーストラリアの名手レーンと新馬以来のコンビ再結成予定。「(中山芝2000メートルについて)マイルでしっかり競馬ができているし、ポジションを取れるので初コースも対応できると思う。操縦性が高いので距離延長も問題ありません」と同助手は前向きに結んだ。同じく無傷3連勝のコントレイルとの注目の東西横綱対決。歴史に残る皐月賞となることは間違いない。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3月7日にNFしがらきから帰厩し、ぶっつけのローテで皐月賞へ向かうこととなったサリオス。徐々に負荷を高めてきていますが、皐月賞1週前追切となる9日はWコースで併せ馬でビシッと。

上がり重点で時計はビックリするようなものではありませんが、直線を向くまでは首を上手に使ってリズミカルに走り、直線へ向くと瞬時に手前を交換。追われてからは少し沈むような感じでパワフルな脚捌き。2歳時と比べると、走りの無駄が少なくなってきたなあというのが調教動画を見ての率直な感想です。

また、ゴール板を過ぎてからも少し伸ばしていたので、この意欲的な追い切りでグッと上向いてきてくれるでしょう。おそらく週末は時計を出さないと思うので、馬体のメンテナンスを施して、来週の最終追いに備えてもらえればと思います。

ただ、客観的に見ると、前走から400mの距離延長は不安ですし、前走で負かした馬たちがその後パッとしていないので相手に恵まれた感も。サリオスにはクラシック第1弾・皐月賞がいきなり試金石の1戦となりますが、3歳になって更にドシッとした安定感を感じますし、迫力は2歳離れしたものがあります。勝負根性のあるタイプだとも思うので、雄大な馬体を生かした競り合いに持ち込んで欲しいです。

« 芝スタートで勢いがつくのに少し苦労するも、その後は楽な手応えで追走。直線を向いて何とか手前を替えて伸びる姿勢を見せた時は力が入ったのですが、最後の急坂で力尽く。今回の走破時計は1分11秒1。どうしても1分10秒台の壁を越えられず…。6着に敗れる。★ロードエース | トップページ | 今週の出走馬(4/10・11) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芝スタートで勢いがつくのに少し苦労するも、その後は楽な手応えで追走。直線を向いて何とか手前を替えて伸びる姿勢を見せた時は力が入ったのですが、最後の急坂で力尽く。今回の走破時計は1分11秒1。どうしても1分10秒台の壁を越えられず…。6着に敗れる。★ロードエース | トップページ | 今週の出走馬(4/10・11) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ