最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(牝馬・牧場組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳馬) »

2020年3月27日 (金)

地方交流戦で前進を見込んでいましたが、まさかまさかの11着。繊細な牝馬の悪い面(輸送による馬体減+周りを気にする)が出てしまった感じ。★オーサムゲイル

202001nf_20200327072201

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

3/26園田6R 摩耶山特別(ダ1400m)11着(6番人気)田中学

ブリンカーを着用しています。まずまずのスタートを切りますが、流れに乗り切れず中団やや後方7~8番手を追走します。3コーナーを過ぎたあたりで押し上げて行こうとしますが前が詰まり、最後の直線もジリジリとしか伸びず11着でゴールしています。

高柳大師「状態としてはこの馬なりに良くなっていると思っていましたが、飼い葉を食べている割には実にならず、それに園田までの輸送で馬体重が減ってしまいました。レースではスタートはそこまで遅くなかったものの、流れに乗り切れなかったことと、内の馬場が軽いことから、ジョッキーの判断でロスなく立ち回ったようですが、結果的に早く外に出していれば勝負どころで前が壁になることもなく、もう少しスムーズに仕掛けて行けたと田中学騎手が言っていました。それに周りの馬を気にして怯むところも見せていたようですし、最後の直線で馬群がばらけてやっと力を出したようですから、結果的に脚を余す形になってしまいました。この馬なりに良くなってきていますが、もう少し成長を促す必要がありますし、馬体重も減ってしまいましたから、この後は一旦牧場へ戻して立て直してもらってから、次走の予定を考えて行きたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

あとから調べると予定通り23日も時計を出して、ここへ臨んできたオーサムゲイル。陣営のやる気は感じるのですが、結果的にそれが裏目に出たのか、馬体重は7キロ減の407キロでの出走に。小さい馬だけにマイナス7キロでも痛いところです。

映像を見ると、レースは中団追走で向正面まではさほど悪くなかったと思いますが、ペースアップした3角からの反応は一息。外枠なら動いていけたかもしれませんが、最内枠だったのでモタモタと。ブリンカーを装着していても、周りの気配で怯むような面も覗かせていたようです。馬群がバラけた最後はちょこっと伸びたようですが、結果は12頭中11着。地方交流戦でここまで負けていては正直どうしようもありません。

今後についてはまずは馬体の回復が先決。近日中にNFしがらきへ放牧に出ることになるでしょう。また、硬さがあるとはいえ、非力さも目立つ現状からダートでは辛そう。変わり身は期待できないでしょうが、次走では芝を試して欲しいです。その為にはしっかり節を稼ぎ、その間に心身の成長を促してもらえればと思います。何とか食べたものが実になってくれるように熟考してもらいたいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

⇒⇒27日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(27日・最新情報より)

« ロードなお馬さん(牝馬・牧場組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

オーサムゲイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(牝馬・牧場組) | トップページ | ロードなお馬さん(7歳馬) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ