最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 18日に帰厩。次走予定の阪神・忘れな草賞は松山Jとの新コンビで臨むことになりました。☆ヴィースバーデン »

2020年3月20日 (金)

右前球節の疲れで週中の追い切りを1本パスした為に太めが解消できずに出走。本番を見据えて大人しく競馬を終えるのかなと見ていたら、まさかまさかの大逃げ。最終障害でトモを落として大減速してしまいましたが、オジュウチョウサンのレコード勝ちを演出して見せ場はたっぷり。今回の競馬が次の本番で活きて欲しい。★ブライトクォーツ

202003_20200317204701

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜阪神8R 阪神スプリングJ(J-G2・障3900m)6着(5番人気) 西谷J

互角のスタートから、果敢に押っ付けながら先頭に立って後続馬を従えます。無難に障害を飛越しますが、最後の障害でバランスを崩し、何とか態勢を立て直して再び追い出されますが、盛り返すほどの脚は見られず、3ヶ月ぶりとなるレースは6着でゴールしています。

荒川調師「放牧明けと中間一頓挫あった分、プラス22キロと少し体に余裕がありましたが、本番を見据えての仕上げだったことを考えるとまずまずの状態で出走することが出来ました。レース後、西谷騎手は『勝つならこの形だと思い、先頭に立って強気のレースをしましたが、最後の飛越が良ければ勝つまではいかなかったものの、もう少しやれていたと思います。次は良くなってくるでしょう』と言っていました。最後の障害飛越以外は安定していましたし、ひと叩きしてピリッとしてくるでしょうから、次はもっと良い競馬をしてくれるでしょう。脚元に疲れが出た経緯がありますから、トレセンに戻ってしっかりケアしておきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押して積極策。今までにない形で最終障害まで見せ場があった。最後の最後で着地後にトモを落として失速したが、太めを叩き、適条件での本番で変わり身がありそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:中山4月18日・中山グランドジャンプ(J-G1)

荒川師「トレセンに戻って脚元など状態を確認しましたが、大きなダメージはなく、体調も問題ありませんでした。休み明けと中間に頓挫があった分、やや余裕残しの仕上げとなりましたが、それであれだけの競馬をしてくれたのですから、次走は上積みが期待できると思います。このまま問題なければ、4月18日の中山グランドジャンプに向けて調整していきたいと思います」(3/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これがG1レースと言っても不思議ない好メンバーが揃った今回の阪神スプリングジャンプでしたが、終わってみれば11ヶ月ぶりの障害レースもなんのその、オジュウチョウサンの絶対王者ぶりが際立つ1戦。まさに役者が違うといったレースでした。

それに対して我が出資馬のブライトクォーツ。右前球節の疲れで週中の追い切りを1本パスしたため、太めが残っていると言われていましたが、その後は加減することなくCWでビシッとやれていたので、レース当日には帳尻を合わせてくれるかなと見ていましたが、当日発表された馬体重は前走からプラス22キロ。この数字には充実分も含まれますが、やはり馬体は立派だなあというのが率直な感想。ここは叩き台で仕方ないなあと見ていました。

ですので、レースでは無理することなく中団から進めてマイペースの競馬で終えるというイメージでしたが、いざゲートが開いてみると、西谷Jは押して押して前へ。それだけでもちょっとビックリしたのですが、まさかハナまで行き切るとは。そして道中は2番手のトラストをも少し離した逃げでペースを緩まさず。西谷Jは驚異的なスタミナを存分に生かす競馬へと持ち込みました。道中の飛越に関しては概ねスムーズ。障害が残り2つぐらいから後続がドッと迫ってきましたが、最後の直線入り口までは先頭をキープ。4頭の叩き合いで最終障害を迎えましたが、飛び終えた後にトモを落とすアクシデント。落馬は回避できましたが、大きなミスとなって6着という結果に繋がってしまいました。ここがスムーズなら4着はキープ出来ていたと思います。

レース後のブライトクォーツですが、最終障害でのミスで右前球節等にダメージがないか心配でしたが、今のところは問題なさそう。ただ、時間が経って疲れが出ることもあるので、球節のケアは入念に行っていってもらいたいです。

掲示板を外したのは正直残念ですが、本番を見据えつつ、勝ちにいく強気な競馬を見せてくれたことは驚きましたが、嬉しくもありました。余裕のある造りでもオジュウチョウサン以外とはそこまで差はなかったですし、距離が延びる本番はブライトクォーツには優位な舞台。順当に前進が見込めると思うので、次走は抜かりのない調整で万全の仕上げで臨んでもらえればと思います。そして今回以上の積極策でオジュウチョウサンを少しでも苦しめてもらいたいです。

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 18日に帰厩。次走予定の阪神・忘れな草賞は松山Jとの新コンビで臨むことになりました。☆ヴィースバーデン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 18日に帰厩。次走予定の阪神・忘れな草賞は松山Jとの新コンビで臨むことになりました。☆ヴィースバーデン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ