出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 立て直した効果で雰囲気は良かったも、このメンバー相手に押し切るとは正直ビックリ。後続を待たずに早めに仕掛けていった鞍上の好騎乗が光る。☆ロードベイリーフ »

2020年3月12日 (木)

終わってみればここでは力が違ったという完勝劇でしたが、強引な競馬ぶりで負担も大きかったのが気掛かり。まだまだ良化の余地が大きいですし、精神面で追い詰めないように丁寧に乗ってきてほしい。☆ルコントブルー

2020031800

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

日曜中山1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)優勝(2番人気) L.ヒューイットソンJ

大外枠。スタートしてやや促す形から、行き脚ついてハナを奪います。道中も先頭をキープして直線へ向くと、最後まで脚色が衰えることなく待望の初勝利を挙げています。

勢司師「大外枠からハナに行く形にはなりましたが、その分スムーズな競馬が出来ましたし、この馬にとっては楽なペースで走れました。それに最後はまた突き放す勝ちっぷりでしたので、先々も楽しみですね。乗っていただいたヒューイットソン騎手からも『ゲート入りは特に気になりませんでしたし、スタートしてからもリズム良く運べて、難しい癖は無かったですね。また、距離はもっと延びても良いと思います』と褒めていただけました。この仔のこれからの課題はゲート入りを含めて、どんどんレースに対して前向きさを損ねる雰囲気があることです。これまでもそうですが、精神的に追いつめたりしない方が良いタイプだと思いますので、今後もその点を踏まえて育てていきたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大外枠から自然体でハナヘ。4角の手応えも十分だったが、ラスト100mでやっと手前変換。巨体でモサッとしているし、まだまだ良化の余地を残すが、牝馬同士なら素質だけで圧倒。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

勢司師「デビュー戦は惜しくも敗れてしまいましたが、2戦目で見事勝ちきってくれましたね。スタートから道中の運びまで、ヒューイットソン騎手が上手くエスコートしてくれました。レース後は全体的に疲れが見られますし、今後の事を考えるとこのまま続戦させずに、心身共にリフレッシュした方が良さそうですので、いったん牧場へお戻しさせていただきます」(3/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、順調に追い切りを重ね、動きもひと追い毎に良化。1番人気を集めていたジェロボームとの前走時の時計の比較から、力を出し切れば勝ち負けへ持ち込めると思っていたルコントブルー。あとは砂を被ったり、不利を受けたりして気持ちを損なわなければと見ていました。

パドックに登場したルコントブルーは無観客も良い方へ働いたのか、落ち着いた周回。ただ、1度使って馬体は引き締まってくると思っていたのでプラス4キロでの出走はちょっと意外。また、大外枠だったので、ゲートは最後入りかと思っていたら奇数枠と同じ扱い。ソコソコ自信はあったのですが、レースが近づくにつれて不安が増していきました。

懸念したスタートはほぼ五分には出ましたが、小脚が利かないので少し鈍い反応でしたが、鞍上のL.ヒューイットソンJが気合をつけていくとグンと反応。ちょうど目の前に当面のライバル・ジェロボームがいたのでそれを見る形で進めていくのかなと見ていたら、1角を回るところで内の2頭を一気に交わしていった時は正直ちょっと無茶するなあと思いました。そして、向正面へ入る時にはハナを奪い切ったルコントブルーですが、その後もさほどペースを落とすこくなく逃げ、レースは消耗戦へ。4角を回ってくる時の反応はもう1つでしたが、後続馬は鞍上の手が動いていたのでほぼ勝負あり。直線で追われてフラフラする若さを覗かせましたが、残り100mあたりで手前を替えるともうひと伸びをして2着馬以降を更に突き放しての5馬身差。ここでは力が違ったという1戦でした。

レース後のルコントブルーですが、どこか痛いということはなさそうも、しっかり走り切ったことによる疲れが窺えるとのこと。ここは無理せずに一旦NF天栄へ放牧に出ることとなりました。次走に関してはまずは回復を図り、その後、乗り出してからの状態・仕上がりに応じて、番組を絞っていってもらえればと思います。焦って使う必要はありません。

勝負どころでの反応や俊敏さに課題が残り、まだまだ良くなる余地を残すルコントブルー。その一方で気持ちが悪い方へ行くと走ることが嫌になってしまう恐れが高いです。今回のレースでも道中の強引さや直線で抜け出しているのにモタれるのを立て直すのに過度に鞭が入っていました。目先の勝利も大事ですが、今はレースでの負担を抑え、放牧を挟みながら大事に使っていくことが最重要事項。起用する鞍上にその旨をしっかり伝えておいてもらいたいです。

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 立て直した効果で雰囲気は良かったも、このメンバー相手に押し切るとは正直ビックリ。後続を待たずに早めに仕掛けていった鞍上の好騎乗が光る。☆ロードベイリーフ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ルコントブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組) | トップページ | 立て直した効果で雰囲気は良かったも、このメンバー相手に押し切るとは正直ビックリ。後続を待たずに早めに仕掛けていった鞍上の好騎乗が光る。☆ロードベイリーフ »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ