出資馬一覧

最近のコメント

« 結果は二の次で短距離での差し・追い込み競馬を習得中。手応えを残して直線を迎えることは出来ているも、追ってからの伸びが一息。レースでの集中力維持のために馬具を工夫していかないと厳しそう。時計の掛かる馬場は合っていそう。★ロードイヒラニ | トップページ | 14日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ヴィッセン »

2020年3月15日 (日)

1度実戦を経験してガラッと動けるように。脚抜きの良い馬場+昇級戦と条件は楽ではありませんが、この馬のポテンシャルの高さと鞍上の手腕にで対抗して欲しい。デビュー戦からの連勝を決めて、ダービーTRへ向かうことが出来ることを願っています。☆ヴァンタブラック

2020011800_20200312054301

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

日曜中京10R 沈丁花賞(ダ1800m)5枠6番 C.ルメールJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日にCWコースで追い切り

須貝師「11日にCWコースで追い切りました。ルメール騎手に感触を確かめてもらったところ、『前走よりとても良くなっていますね。最初は脚が速くないのでダートの方が良いと思っていましたが、今なら芝でもやれそうなぐらい素軽さが出てきました。力を付けていますね』と言っていました。ジョッキーが乗っていたとはいえ、時計は優秀だと思いますし、デビュー前はCWコースで時計が出なかったのが、今では水準以上の時計で走ってくれるのですから、それだけ逞しくなったということなのでしょう。上積みを考えると十分期待できる仕上がりなので、最後まで諦めずにしっかり追ってもらいたいと思います」(3/12近況)

助 手 8栗坂稍 60.5- 44.3- 29.2- 14.6 馬なり余力
ルメール 11CW不 81.7- 65.5- 50.7- 37.2- 12.4 一杯に追う シャイニングデイズ(古馬1勝)一杯の内0.6秒追走0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京6日目(03月15日)
10R 沈丁花賞
ダ1800メートル 3歳1勝クラス 指定 混合 馬齢 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヒロイックテイル 牡3 56 岩崎翼
2 2 マカオンブラン 牡3 56 松若風馬
3 3 タイセイポリシー 牡3 56 内田博幸
4 4 エイシンガネーシャ 牡3 56 岩田望来
5 5 ラブスピール 牝3 54 亀田温心
5 6 ヴァンタブラック 牡3 56 C.ルメール
6 7 ミティル 牝3 54 川田将雅
6 8 サンライズシェリー 牡3 56 中谷雄太
7 9 ペオース 牡3 56 藤岡康太
7 10 ポーラーサマー 牡3 56 田辺裕信
8 11 コラルノクターン 牡3 56 福永祐一
8 12 クォリティタイム 牝3 54 吉田隼人

○須貝師 「初戦のあとに放牧に出し、勝ってきてから攻めで動くように。上積みが見込めるから昇級でも」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

抽優馬ということで期待の大きいヴァンタブラック。2歳4月には栗東にやってきて夏競馬でのデビューを予定していましたが、基礎体力が不足気味で大型馬らしい緩さの残る馬体。追い切りではピリッとせずにデビューを2度ほど先延ばしにしてきました。そしてようやくデビューが叶ったのが今年の1月。脚元の怪我がなかったのにここまで時間が掛かったのはビックリでしたし、脚が遅いということでダートでデビュー戦を迎えることとなりました。

そのデビュー戦も余裕のある馬体+前向きさに欠けてモタモタした追走。レースを見ていて不安が募りましたが、勝負どころから外々を進出していくと、4角を回ってくる時は前を射程圏に。エンジンの掛かりは遅かったですが、直線では一完歩ずつ前との差を詰めていって最後はまとめて差し切り。先行馬向きの流れを捻じ伏せた内容からポテンシャルの高さはよーく分かりました。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。短期間で戻す予定だったので緩めることなくコツコツと乗り込み。良い雰囲気のまま栗東へ戻ってくると、デビュー前よりも1段・2段と追い切りの時計・内容は良化。ズブさが抜けてきて反応自体も良くなったのでしょう。また、坂路は元々動いてはいたも、身のこなしが良くなったことでCWコースでも水準以上の時計を楽に出せるように。11日の追い切りは馬場の内目を通ってはいますが、追走して先着と動いています。1度使ってここまでガラッと変わってくる馬は珍しいですし、ホント短期間で力を付けたというか目覚めたんでしょう。

デビュー戦の内容から直線の長い中京コースは合いそうですが、昨日の雨で脚抜きの良い馬場での1戦に。中団以降での追走で末脚に賭ける競馬になってくると思うので、前が止まらず、時計の速い決着となると不発に終わる可能性も。今回は1勝クラスへの昇級戦でもありますし、相手関係を見ても楽な競馬にはならないでしょう。あとはヴァンタブラックのポテンシャルの高さとC.ルメールJの手腕でどこまでやれるか。それに尽きると思います。最後は確実に伸びてきてくれるかなと思うも、デビュー戦のようにゴール前で抜けることが出来るかどうか。

最低限の目標として1勝クラスにメドの立つ走りは見せて欲しいと思っていますが、デビュー戦からの連勝を決め、ダービーTRへ挑戦できることを胸の内で切に願っています。

« 結果は二の次で短距離での差し・追い込み競馬を習得中。手応えを残して直線を迎えることは出来ているも、追ってからの伸びが一息。レースでの集中力維持のために馬具を工夫していかないと厳しそう。時計の掛かる馬場は合っていそう。★ロードイヒラニ | トップページ | 14日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ヴィッセン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴァンタブラック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結果は二の次で短距離での差し・追い込み競馬を習得中。手応えを残して直線を迎えることは出来ているも、追ってからの伸びが一息。レースでの集中力維持のために馬具を工夫していかないと厳しそう。時計の掛かる馬場は合っていそう。★ロードイヒラニ | トップページ | 14日に栗東・斉藤崇厩舎へ帰厩しています。☆ヴィッセン »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ