出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳上・北海道組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組) »

2020年3月10日 (火)

全兄がG1へ王手をかけるのを見て、ポチッと。

Photo_20200309222001

Photo_6 フライングバレル(牝・安田隆)父ロードカナロア 母スピニングワイルドキャット

【本馬の特徴】

父ロードカナロアは2年連続でクラシックウィナーを送り、早々と生産界で揺るぎ無い地位を確立。稀代の名スプリンターの短距離路線における正統後継者は、高松宮記念、スプリンターズSで本命に推されたダノンスマッシュでしょう。その全妹の乗り味は兄に似ており、基本的には従順ながら適度にピリッとした性格も強調材料。誕生と共に常々大舞台を意識して来た真打ちが堂々の登場です。

【血統背景】

芝1200mの重賞を3勝しているダノンスマッシュの3歳下の全 妹です。ダノンスマッシュはレースセンスの高い馬で、1400mで 2勝、1600mでもNHKマイルCで0秒4差の7着など、大崩 れはしておらず、本馬も1200m限定のスプリンターということは ないでしょう。同じく父の産駒で母系にダンチヒを持つ馬には、京王杯2歳Sを勝ったファンタジストがいますが、同馬とはロベ ルトの血も共通しています。スピードだけでなく、スタミナ血脈 が入ることで、距離の融通性を増しているのでしょう。本馬は牝馬に出たので、気性次第では極端な脚質に出る可能性もあり ますが、ダノンスマッシュ同様の芝短距離タイプと思われます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2020.02.28
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)、トレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3000m。

○当地スタッフ 「順調そのもの。少し前にチェックされた安田調教師も、本馬の確かな成長に手応えを掴んで頂いている様子でした。牡馬顔負けのパワーが感じられる他、スピードの絶対値も高そう。このまま進みさえすれば、満点回答の走りを披露できるでしょう」

2020.02.14
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000~3000m(1ハロン25~27秒ペース)、トレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3000m。1月下旬測定の馬体重は483キロ。

○当地スタッフ 「トレーニングの負荷を高める準備が整いつつあり、来月から坂路へ入れればビュンビュン動いてくれるでしょう。全兄ダノンスマッシュに似たタイプで、先日の合同展示会でご覧頂いた皆さんに素材の良さを感じて頂けたはず。期待に応えたいです」

2020.01.30
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000~3000m(1ハロン25~27秒ペース)、トレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3000m。

○当地スタッフ 「牝馬らしいスイッチを持つとは言え、今のところは折り合いに苦労しそうな印象は無し。父譲りの軽快なスピード能力を秘めている感じです。ここまではどのシーンにおいても課題は浮かばないまま。速いところを交えるのが非常に楽しみでしょう」

2020.01.15
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000~3000m(1ハロン25~27秒ペース)、トレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3000m。12月下旬測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「筋肉、関節共に柔軟性に富んだしなやかなタイプで、跨った際の印象は良好。この先に坂路へ入れれば適度にピリッとした面が出て来るはずです。現状は極端な短距離戦のみに適性を示す馬とは異なるイメージ。お薦めの1頭には変わりありません

2019.12.13
三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000~3000m(1ハロン25~27秒ペース)、トレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3000m。11月下旬測定の馬体重は477キロ。

○当地スタッフ 「走りの質、背中の感触共にトップクラス。無駄な部分に力を使わない賢さも強調材料でしょう。オンとオフの切り替えが上手で、乗り役が合図を送ればキッチリ動くイメージ。全兄ダノンスマッシュを知り尽くす安田調教師の下で大成させたいです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

全兄ダノンスマッシュがオーシャンSを制した週にポンポンポンと出資馬が3連勝。これは良いタイミングだということでポチッと出資申し込みしたのがスピニングワイルドキャットの18ことフライングバレル。

ロードで募集されたこれまた全兄ロードシャムロックはシャープで格好いい馬体でしたが、こちらは胸が深くてボリュームある馬体。柔らかみはないも、力強い歩様を募集時のDVDでは見せてくれていました。顔立ちも品があります。そしてここまでの育成時のコメントを見ると、ベタな血統馬なのでジャッジは甘めだと思いますが、良いスピードを秘めてそう。更新された動画を見ると、先頭でも集中して走れていますし、自然と後との差が開いています。体の使い方が想像していたよりも良かったです。ですので、ここは奇をてらうことなく、牧場スタッフの声を素直に受け止めて出資することにしました。

坂路のリニューアル工事(屋根をつける)が完了し、これから本格的に乗り込んでいくことになりますが、胸の深い造りから心肺能力は高いと思うので、更に評価が上がってくれることを願っています。既に出資されている会員の方、宜しくお願いします。

« シルクなお馬さん(4歳上・北海道組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

フライングバレル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳上・北海道組) | トップページ | ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ