2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(3歳牝馬・1勝馬) | トップページ | 18日に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。☆トルネードフラッグ »

2020年2月20日 (木)

昇級戦ではさすがに厳しいと見ていたも、前走の快勝劇を再現するかのレース運び。残り200mで抜け出した時には押し切れるかなと一瞬思うも、最後は勝ち馬の地力に捻じ伏せられて2着。タフな馬場はホント上手。☆ヴィッセン

2020022

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都10R 松籟S(芝2400m)2着(8番人気) 坂井瑠J

今回もブリンカーを着用しています。互角のスタートから二の脚を活かして好位2番手を追走。3~4コーナーで先頭に並び掛け、最後の直線で先頭に立つとそのまま粘り込みを図りますが、ゴール直前で差し切られ、昇級戦は惜しくも2着に敗れています。

坂井瑠星騎手「前走のようなレースをしようと心掛けていましたが、無理せず2番手に取り付けられましたし、勝負どころでは良い手応えで上がっていくことが出来ました。手応えから仕掛けをもうワンテンポ遅らせることも考えましたが、待ってもジリジリとしか伸びないと思い、強気の競馬をしました。結果的にゴール手前で脚が上がってしまいましたが、この馬の能力はうまく引き出せたのかなと思います。今の京都の馬場が合っているのかもしれませんが、昇級戦としては良く頑張ってくれたと思います」

斉藤崇史調教師「昇級戦でもありましたので、そこまで強気なことは言えませんでしたが、メンバーが揃っていた中で自分の競馬が出来ましたし、見せ場は作れたかなと思います。ハンデも有利に働いたと思うので、別定戦になった時にどうなるか半信半疑なところがありますが、このクラスでも条件が嵌ればやれることが分かりました。短期放牧を挟んだとはいえ、前走から強行軍でもありましたので、トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取る為に放牧へ出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

2番手から。4角を回り込んで先頭へ立った後、残り1ハロンでは2馬身ほどのリードがあった。ラストでトーセンカンビーナの強襲に屈したが、早めスパートの形で好走。適度に時計を要す今開催の京都芝が合う。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:19日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

斉藤崇師「トレセンに戻って状態を確認したところ、大きなダメージはなく、体調も問題ありませんでしたが、予定通り放牧に出しました。次走の予定につきましては、牧場で馬の状態を確認しながら考えて行きたいと思います」(2/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

A.シュタルケJの完璧なレース運びで久々の勝利を得たヴィッセン。再度同舞台だったので、淡い期待はありましたが、相手関係に目を遣ると前走からの強化は明らかだったので昇級の壁が待っているのかなと考えていました。

隣りのトーセンカンビーナがゲート内で煩く、それに釣られて出遅れないか心配でしたが、ポンとゲートを出るとスッと2番手をキープ。先手を奪うと思われたエーティーラッセンに微妙にプレッシャーを掛けつつ、ヴィッセンは気分良く追走できていたと思います。その後は特に目立った動きはなく、3角の坂の下りからジワッと先頭へ並び掛けていき、4角を回って直線へ向いたところで早くも先頭へ。ここまでは前走の走りを見事にコピー出来ていたと思います。

先頭へ躍り出たヴィッセンは後続を待たずに早めスパート。残り200mぐらいで後続を少し突き放した時は『やったか…』と思いました。ただ、残り100mぐらいからがゴールが長くて…。さすがに脚が上がっていましたが、懸命な粘り込み。タフな馬場だったのでそれでも押し切れるかなと思ったのですが、勝ったトーセンカンビーナはこういう馬場もさほど苦にすることなく、最後は地力の差・決め手の差で捻じ伏せられてしまいました。

それでも昇級戦に臆することなく、自分の競馬に徹することが出来たヴィッセンは立派の一言。テン乗りだった坂井瑠Jはヴィッセンの特徴をしっかり把握して乗ってくれたと思いますし、久々の勝利をもたらした前走の走りが良い手本となってくれました。

レース後のヴィッセンですが、馬体のチェックを済ました後、19日にNFしがらきへ放牧に出ています。まずはタフな馬場で激走した疲れを取り除くことに全力を注いでもらえればと思います。

9歳にしてOP入りという偉業まであと僅かでしたが、個人的にはOPや重賞ではさすがに辛いと思うので、まだまだ息長く活躍してもらいたいという観点ではこの2着はベストだったかなと思います。ベストはハンデ戦でしょうが、関西圏の芝2400mに照準を合わせ続け、定量戦でも頑張ってもらいたいです。

« ロードなお馬さん(3歳牝馬・1勝馬) | トップページ | 18日に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。☆トルネードフラッグ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(3歳牝馬・1勝馬) | トップページ | 18日に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。☆トルネードフラッグ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ