2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(2/22・23) | トップページ | 20日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

2020年2月22日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に南Wコースで時計
・次走予定:3月1日の中京・豊明S(菊沢J)

菊沢師「19日に南Wコースで追い切りを行いました。自厩舎の2頭を終始前に見ながら進めていく予定だったのですが、途中で外から押し上げて行く形になってしまいましたね。それでも直線でのフットワークは軽快でしたし、馬体の張り・艶は前走時よりも良く見え、状態は上向いているように思います。前回もそうでしたが、特に全休日明けなんかは周りを気にして結構チャカチャカするところを見せていますから、よく注意して調整していきます。来週のレースには追い切りを手伝ってもらった一樹(菊沢一樹騎手)で挑ませていただきたいと思います

菊沢一樹騎手「19日の追い切りに乗せていただきました。単走で前2頭を見ながら進める予定だったのが、スピードの違いで途中で外から追い抜いて行く形になったものの、前進気勢はありながらも折り合いは付いていました。リズム良く走ることが出来ていましたし、直線の脚取りもしっかりとしていて良かったです。変に1400mや1600mのレースで道中我慢させて末脚勝負の競馬をさせるよりも、1200mでリズム良く走らせ直線で脚を伸ばす形の方が合いそうだなと感じました」(2/13近況)

助 手 16南W良 70.8- 54.4- 39.9- 12.8 馬なり余力
菊 沢 19南W良 67.8- 52.8- 39.2- 12.4 馬なり余力

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日にCWコースで追い切り 
・次走予定:阪神3月14日・阪神スプリングジャンプ(J・G2)

荒川師「先週末に熊沢重文騎手に障害練習を行ってもらいましたが、飛越は安定していますし、レースまでそこまで詰めて練習をしなくても大丈夫でしょう。20日にCWコースで追い切りましたが、6ハロン80秒を楽に切ってくるのですから、相変わらずいい体力の持ち主ですね。まだ馬体に余裕がありますが、これだけ動けば問題ないですし、レースまでまだ少し時間があるので、乗り込みながら体を引き締めていきたいと思います」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 57.9- 42.6- 28.2- 14.2 馬なり余力
助 手 18栗坂良 63.0- 45.5- 29.5- 14.4 馬なり余力
熊 沢 20CW良 95.2- 79.3- 64.8- 51.2- 38.8- 12.7 馬なり余力

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月1日・阪急杯(G3)・北村友J

安田隆師「20日に坂路で追い切りました。前の馬を見ながらラスト1ハロンしっかり負荷を掛けてもらいましたが、全体の時計が50秒4で、ラスト1ハロン11秒7ですから、レース1週前としてはいい負荷を掛けることが出来ました。ジョッキーもいい手応えを掴んでくれたようですから、順調に仕上がってきています。阪急杯の結果次第では高松宮記念も視野に入れているので、まずは来週の競馬で良い結果を出せるように調整していきたいと思います」

北村友一騎手「それなりに負荷を掛けるよう指示が出ていましたので、ラスト1ハロンしっかり時計を出しました。前回の京都金杯の時よりも状態がかなり上向いていますし、跨っていてワクワクするほど、とても動きが良かったですよ。阪急杯の後は高松宮記念に向かうと聞いていますので、来週の競馬はそれを踏まえたレースをしたいと考えています。これまで1600mの距離に対応できるようにじっくり追走していましたが、今度は1200mの流れに乗っていけるようにしないといけません。厩舎サイドもスプリント戦に対応できるように調整してくれているので、まずは来週の競馬ではその次に繋がるような競馬をしたいと考えています」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 59.7- 42.5- 27.6- 13.7 馬なり余力
北村友 20栗坂良 50.4- 36.4- 23.6- 11.7 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定しているアンブロジオは実戦で手綱を取ることになった菊沢Jを背に1週前追い切りを消化。活気ある動きを見せてくれていますし、順調な仕上がりだと思います。1200mは初めてとなりますが、小細工なしにレースの流れに乗せていって、最後どのくらいの脚を使えるか。いきなり良い結果は難しいと思うので、低迷続きに少し明るい光が差すようなレースになってくれれば嬉しいのですが…。

ブライトクォーツはマイペース調整。レースまでまだ3週間ほどあるので、徐々にピッチを上げていけば良いと思いますが、20日の追い切りは長目から時計をマーク。6ハロンの時計は80秒を切っていますし、体力のあるところを見せてくれています。今年初戦からオジュウチョウサン・シングンマイケルと対決し、今年だけでも何戦か戦うことになるでしょう。高い壁ではありますが、臆することなくぶつかっていってもらえればと思います。そして両馬に隙が出てくれれば。

来週の阪急杯を予定しているダイアトニック。1週前追い切りのあたる20日は坂路で強めに。今の坂路は時計の出やすい状態ですが、最後の切れは上々。良い感じで仕上がってきていると思います。ただ、坂路オンリーの追い切りというのはちょっと気にはなります。また、阪急杯の後は高松宮記念を考えてくれている様子。鞍上も北村友Jでしょう。次走で1200mを予定しているので、これまでより流れに乗せて行く競馬になるでしょうが、そこでしっかり伸び切れるかどうか。結果よりも内容を求めたいです。

« 今週の出走馬(2/22・23) | トップページ | 20日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

アンブロジオ」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(2/22・23) | トップページ | 20日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ