最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 幾らかメンバーに恵まれた感じはするも、距離短縮を味方に最後まで頑張り通して4着に食い込む。これぐらいの距離なら喉も大きな問題はなさそうでホッと一安心。☆クァンタムリープ | トップページ | 2勝クラスで苦戦が続くも、今回はJRAでの初勝利を決めた小回りのダ1700m戦。立て直してデキは良好+絶好枠とここ数走では1番条件が整っているので、そろそろこのクラスにメドの立つ走りを見せて欲しい。★インペリオアスール »

2020年2月 9日 (日)

ロードなお馬さん(3歳・栗東近郊組)

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「ここに来て坂路調教もスタート。まだペース自体は非常に緩やかですけどね。トモに幾らかパワーが足りぬ印象。その部分の強化も念頭に進めて行ければ・・・と思っています。藤岡先生は定期的に来場。意見を交わしながら取り組みましょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ「現在の馬体重が505キロ。乗り進めながら徐々にボリューム回復も図れているでしょう。しっかりとアイシングを行ない、ひとまずは脚元も落ち着いた状態。コンディションは安定しており、週2回の割合で速いペースを・・・と考えています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体に関しては順調に回復が見られるフェローズ。現在は普通キャンターで脚慣らしをしていますが、まもなく負荷を高めてみる様子。緩やかな乗り込みでは良化度は遅いと思うので、甘やかすことなく、体力アップを目指していってもらいたいです。

ベイリーフは淡々と与えられたメニューを消化中。本数を重ねることでじんわり上向いています。森田師は定期的に視察に来ているようですが、牧場スタッフとの連携を密にして良い状態で帰厩できる段取りをお願いします。

« 幾らかメンバーに恵まれた感じはするも、距離短縮を味方に最後まで頑張り通して4着に食い込む。これぐらいの距離なら喉も大きな問題はなさそうでホッと一安心。☆クァンタムリープ | トップページ | 2勝クラスで苦戦が続くも、今回はJRAでの初勝利を決めた小回りのダ1700m戦。立て直してデキは良好+絶好枠とここ数走では1番条件が整っているので、そろそろこのクラスにメドの立つ走りを見せて欲しい。★インペリオアスール »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードベイリーフ」カテゴリの記事

ロードフェローズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ