最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 直線の長いコースへ替わり、脚の使いどころは正直難しいも、行きたがる面があるので1ハロンの距離短縮はプラス。スタートをしっかり決めて前々で立ち回り、持ち味の勝負根性を生かして、ゴール前の接戦を制して欲しい。☆シベール | トップページ | ここ2走は案外な結果が続いたも、今回は放牧に出してフレッシュな状態。仕上がり&動きは上々。デビュー戦のような走りが出来れば、ここでも見劣らない筈。ただ、今の京都の力の要る特殊な馬場は明らかに不向きそうで…。★ヴィースバーデン »

2020年2月 8日 (土)

シルクなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都2月15日・松籟S(坂井瑠J)

斉藤崇師「5日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線でソニックベガと併せましたが、やや遅れはしたものの、この馬なりに伸びていたのでレース一週前としてはしっかり負荷を掛けることが出来ました。前走後はそのまま短期放牧に出して馬体のケアを行ってもらいましたが、戻ってきた後も変わらず気配が良いですし、これなら昇級戦でもしっかり力を発揮してくれそうですよ。なお、ジョッキーは坂井瑠星騎手に依頼しています」(2/5近況)

助 手 5CW良 89.1- 71.9- 55.9- 40.5- 11.8 直強め余力 ソニックベガ(三未勝)直強めの外0.6秒先行アタマ遅れ

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月1日・阪急杯(G3)・北村友J

安田隆師「6日に坂路で追い切りました。馬なりで感触を確かめる程度に抑えましたが、動き・反応ともに良かったですし、歩様の硬さも感じられません。馬体にまだ余裕がありますが、乗り込んでいけば引き締まってくると思うので、このまま負荷を掛けて行きたいと思います。なお、ジョッキーは引き続き北村友Jに依頼しています」(2/6近況)

助 手 6栗坂良 55.8- 40.8- 26.3- 12.8 馬なり余力

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:CWコースでキャンター
・次走予定:小倉2月15日・ダ1700m、もしくは小倉2月16日・ダ1700m

中内田師「馬場が良ければ6日に時計を出そうと思っていましたが、雪が降っていたので、滑ってしまうといけないと思い、普通キャンターで調整し、週末に追い切る予定です。前走後も気持ちが逸れることもなく、馬の雰囲気がいいので、長距離輸送に備えて今の状態を維持しておきたいと思います」(2/6近況)

助 手 7CW良 88.0- 71.1- 54.7- 39.6- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定しているヴィッセン。使って間もないため、追い切りでは余力を残して追われていますが、動き自体は良好。1週間足らずでも放牧を挟んだことは良い方へ出ていると思います。また、次走の鞍上は坂井瑠Jに決定。ブリンカーを装着している馬ですが、乗り難しさはないので手替わりは問題ないでしょう。最近、我が厩舎に良い成績をもたらしてくれている騎手ですし、前走の競馬を昇級戦でも当てはめてもらえればと思います。

ダイアトニックは帰厩後初めての追い切りを消化。サラッと流した程度ですが、反応等は良く、歩様の硬さも感じないとのこと。一息入れた効果は感じられますし、この馬自身もじわじわ体質強化が図られているのかなと思います。また、次走の鞍上は引き続き北村友J。脚の使いどころを熟知してくれているので頼もしい限り。実績のある距離なので結果を求めたいですが、阪神・芝1400mは未経験。内回りになりますし、どう捌いてくることが出来るかが1つポイントでしょう。

ベルラガッツォは来週の小倉戦を予定。馬場を考慮して7日にCWコースで追われましたが、上がり重点ながらビシッと。久々+去勢明けの1戦を経て、じんわり上昇しているかなという印象です。デキが悪くなっているということは間違いなくありません。先行策が生きる小倉のダ1700mは悪くないでしょうが、逃げにこだわり過ぎると激流に巻き込まれて失速するシーンも。個人的には早めに砂を被らせ、好位~中団で脚を溜めてる形をモノにさせたいです。

« 直線の長いコースへ替わり、脚の使いどころは正直難しいも、行きたがる面があるので1ハロンの距離短縮はプラス。スタートをしっかり決めて前々で立ち回り、持ち味の勝負根性を生かして、ゴール前の接戦を制して欲しい。☆シベール | トップページ | ここ2走は案外な結果が続いたも、今回は放牧に出してフレッシュな状態。仕上がり&動きは上々。デビュー戦のような走りが出来れば、ここでも見劣らない筈。ただ、今の京都の力の要る特殊な馬場は明らかに不向きそうで…。★ヴィースバーデン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

ベルラガッツォ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ