最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(北海道組) | トップページ | 右トモを気にする素振りが続くので、2日にNF空港へ移動しています。★リアンティサージュ »

2020年2月 4日 (火)

1日に早速帰厩。次走は15日の京都・松籟Sを予定しています。☆ヴィッセン

202001_20200204043901

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき/2月1日に栗東トレセンへ帰厩予定
・次走予定:京都2月15日・松籟S
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「レース後はそのままこちらへ戻ってきましたが、状態を確認したところ、目立った疲れはなく、それ以外にも気になるところはありませんでした。斉藤崇師から問題なければ2月15日の京都・松籟Sを目標に緩めず乗り込んでおくように指示が出ているので、週半ばから坂路で乗り出しています。2月1日の検疫でトレセンへ戻ることになりましたが、硬さはなく、元気も良いので、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は505キロです」(1/31近況)

⇒⇒1日に栗東トレセンへ帰厩しています。(1日・最新情報より)

助 手 2CW良 72.2- 56.4- 42.3- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

京都の睦月賞を勝った後、厩舎へ戻らず、そのままNFしがらきへ放牧に出ていたヴィッセン。31日の最新情報でトレセンへ帰厩予定と出た時は、故障でも見つかったのかなとドキッとしたのですが、その後の近況報告では想定外の帰厩の知らせ。レースを勝った時点ですぐ放牧に出ていたのは、次走を見越してのものだったようです。

早速、2日に時計をマークして元気いっぱいのヴィッセン。昇級戦となりますが、快勝した前走と同条件(ハンデ・芝2400m)。斤量もおそらく同じ54キロでの出走となるのかなと思います。さすがに連勝は欲張り過ぎだと思いますが、前走のリプレイのように走ってくれれば、見せ場は作れる筈。まだまだ年齢を感じさせない若さを保つだけに、いずれは3勝クラスも突破して欲しいです。

« シルクなお馬さん(北海道組) | トップページ | 右トモを気にする素振りが続くので、2日にNF空港へ移動しています。★リアンティサージュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ