最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】グレイシャーパーク&バラキエル | トップページ | 次走へ向けて順調に追い切りを重ねていたも、ここに来て右前球節の疲れを確認。軽めの運動のみで回復を促しています。★ブライトクォーツ »

2020年2月29日 (土)

何も出来ずに終わったデビュー戦からそれほど時間は経っていないですし、追い切りの動きもガラッと変わってきた感じはなし。今回も苦戦は避けられませんが、ワンペースな走りなのでダートは合いそう。結果は二の次で今回、まずはレースにしっかり参加して欲しい。★ロードセッション

201905_20200228075201

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

2月29日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダ1800mに和田Jで出走します。2月26日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に54.2-39.9-26.5-13.5 強目に追っています。追い切りの短評は「反応鈍い」でした。発走は10時55分です。

○高橋調教師 「荒れ気味の喉は、吸入治療でケア。中間に体温の上昇が認められたものの、こちらに関しても一過性でしたからね。2月26日(水)も無事に追い切りを済ませ、予定通りに今週の競馬へ向かう方針。ダート替わりで少しでも良い面が出れば・・・」

≪調教時計≫
20.02.26 助手 栗東坂稍1回 54.2 39.9 26.5 13.5 強目に追う

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月29日)
3R 3歳未勝利
ダ1800メートル 指定 馬齢 発走10:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タマモイチバンボシ 牡3 53 亀田温心
2 2 ハンメルフェスト 牡3 56 四位洋文
3 3 ロードセッション 牡3 56 和田竜二
4 4 レトロフューチャー せ3 56 藤井勘一郎
5 5 タガノビーザライト 牡3 56 松山弘平
6 6 エルファルコン 牡3 56 幸英明
7 7 トゥルブレンシア 牡3 56 古川吉洋
7 8 ブルベアカイリ 牡3 56 国分優作
8 9 ムーンレース 牡3 56 坂井瑠星
8 10 ミトノベルーガー 牡3 56 松若風馬

○高橋忠師 「前走後は短期放牧へ。成長が遅くて緩さが残っている。ダートに替えて」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー前、坂路での追い切りは平凡だったも、下(CWコースや芝)で時計を出すと、マズマズの時計をマークしていたロードセッション。ですので、芝の実戦へ行って良いタイプだと密かに期待して臨んだデビュー戦だったのですが、スタートが一息で。緩い流れなのに追走に余裕なし。ただ、もう少し促していけば違った走り・結果になったのかなと思うのですが、追い切りで跨り、緩すぎるのを懸念した武豊Jは無理をさせず。その結果、終始後方のままでデビュー戦を終えることになってしまいました。

その後は栗東近郊の宇治田原優駿STで立て直し。本当はもっと時間を掛け、造り直すぐらいの意気込みが欲しかったのですが、早めにダート適性を確認するためにデビュー戦からたった1ヶ月半での2戦目となりました。

栗東へ帰厩後の動きを見ると、正直良化度は感じ取れないですし、今度は息遣いに違和感を覚えるように。走行時の息遣いを確認したところ、喉なりの診断は下りませんでしたが、喉が荒れ気味とのこと。吸引治療でケアを行っていますが、実戦へ行っての不安は拭えません。若い頃、セッションと同様に喉が荒れ気味だったロードダヴィンチはのちに喉の手術を行っていますし。また、この中間、すぐ下がったようですが、幾らか体温の上昇も確認。緩さだけでなく全体的な弱さを感じてしまいます。

それ故、今回も苦戦は避けられないと思いますが、バテずに脚を使える点ではダート替わりは良さそうですし、手前の替え方に関しては進歩が窺えます。砂を被った際の心配はありますが、10頭と手頃な頭数で競馬が出来るのはプラスでしょう。あとは和田Jが道中で甘やかさず、レースにしっかり参加させて欲しいです。その結果、最後止まってしまっても、体力不足が敗因と割り切って、力を付けてきてくれることを待ちましょう。

« 【動画更新】グレイシャーパーク&バラキエル | トップページ | 次走へ向けて順調に追い切りを重ねていたも、ここに来て右前球節の疲れを確認。軽めの運動のみで回復を促しています。★ブライトクォーツ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードセッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】グレイシャーパーク&バラキエル | トップページ | 次走へ向けて順調に追い切りを重ねていたも、ここに来て右前球節の疲れを確認。軽めの運動のみで回復を促しています。★ブライトクォーツ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ