最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ここ2走は案外な結果が続いたも、今回は放牧に出してフレッシュな状態。仕上がり&動きは上々。デビュー戦のような走りが出来れば、ここでも見劣らない筈。ただ、今の京都の力の要る特殊な馬場は明らかに不向きそうで…。★ヴィースバーデン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・栗東近郊組) »

2020年2月 9日 (日)

幾らかメンバーに恵まれた感じはするも、距離短縮を味方に最後まで頑張り通して4着に食い込む。これぐらいの距離なら喉も大きな問題はなさそうでホッと一安心。☆クァンタムリープ

2020021400

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)4着(7番人気) 木幡育J

シャドーロール着用。五分のスタートから、行き脚ついてスッと2番手を取ります。直線に入ってからも懸命に粘りこみを図ると、2着馬とコンマ3秒差の4着で終えています。

木幡育也騎手「スタートを決めて、無理せず馬なりで好位を取ることが出来ました。ルメール騎手のドロスを目標に進めて、良い形で直線に入ったのですが、外からのプレッシャーを終始受けていた分、最後は捕まってしまいました。また、調教時と同様に息遣いは気になりませんでしたが、自分からハミを取ってくれないところがありますので、チークピーシズなど馬具を何か着けても良いのかもしれません。距離に関してはこれくらいか、もう少し短くても良いと思いますよ」

鹿戸調教師「早めに人気馬を交わそうとして、勝ちに行く競馬をしましたし、交わされてからももうひと伸び見せてくれましたから、内容は良かったですね。育也(木幡育也騎手)によると喉も全く問題無かったと言っておりましたから、これくらいの距離であれば息遣いが苦しくならないようで安心しました。後はもう少し集中力が増せば、反応も良化すると思いますので、次走は馬具を工夫することを検討しています。トレセンに戻っての状態次第にはなりますが、優先出走権を獲れましたので続戦させたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好仕上がり。スピードタイプで、距離短縮でも楽に先行態勢に入れたし、粘りも上々。ダートもきちんとこなした。今後の進路は決まったよう。(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:2月23日の東京・ダ1400m(木幡育J)

鹿戸師「レース後はトレセンに戻って馬体を確認しましたが、それほどダメージは無いですね。明日から乗り運動を再開する予定で、その後の状態次第にはなるものの、優先出走権を獲れたことから続戦する方向で考えています。来週に前走と同条件はありますが、喉の事もありますから中2週空けさせていただきたいと思います。鞍上は前走で良い競馬をしてくれましたので、引き続き木幡育也騎手にお願いしています」(2/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りでは息遣いに気になるところは見せなかったクァンタムリープ。追い切り以上に喉に負担の掛かるレースで喉の不安がどう転ぶか心配でしたが、人気馬を目標に道中は進め、直線を向いてからは早めに前を捕まえに行く勝ちに行く競馬をクァンタムリープと木幡育Jは選択。直線で追われるとジリジリ脚を使って奮闘。ただ、クァンタムリープが早めに前を捉えにいこうとした為、展開は差し・追い込み馬有利に。クァンタムリープが一旦先頭へ躍り出ようかとしたその瞬間には差してきたダイチヴィットの脚が違っていました。

交されたことで集中力が切れるかなと見ていましたが、クァンタムリープは最後まで粘り強さを発揮して4着と健闘。走破時計は地味でメンバーに恵まれた感は強いですが、前走の最下位負けからジワッと巻き返してくれました。心配された喉の具合ですが、距離短縮によって幾らかでも負担はマシだった様子。鞍上からは気にならなかったとコメントを頂きました。その一方で周りを気にしたり、集中力維持に課題を残す現状。次走ではチークピーシズ等の馬具の工夫を検討中みたいですが、レースで着用することで好影響をもたらせて欲しいです。

レース後のクァンタムリープですが、しっかり走り切ったことで相応の疲れはあるでしょうが、どこかが痛くなったような不安は生じていません。今後も在厩調整を続けて中2週のローテで再度ダ1400mを視野に。ひと叩きした上積みはさほど望めないでしょうし、デキの維持が1つポイントになってくるでしょうが、この条件2度目で前進を見込みたいところ。ただ、本当は1200mが1番合っているように思います。

まあ、今回に関しては、喉に大きな不安が生じることなく、メドの立つ走りが出来たことが嬉しかったですし、ホッとしました。

« ここ2走は案外な結果が続いたも、今回は放牧に出してフレッシュな状態。仕上がり&動きは上々。デビュー戦のような走りが出来れば、ここでも見劣らない筈。ただ、今の京都の力の要る特殊な馬場は明らかに不向きそうで…。★ヴィースバーデン | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・栗東近郊組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クァンタムリープ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ