2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« 12日に栗東・森田厩舎へ帰厩しています。☆ロードベイリーフ | トップページ | 当初の予定を1週繰り上げるも動ける態勢にはある筈。2度目の芝1200mですが、キャリアを積んだ今なら新味を引き出して欲しい。道中で脚を溜め、直線でピリッとした末脚でひと押しを。最低限として掲示板(5着以内)は死守して欲しい。☆ロードイヒラニ »

2020年2月16日 (日)

追い切りではハツラツとした動き。1度使った上積みは見込めるので、小回りのダ1700mへ舞台を移してどう立ち回ることが出来るか。スピード任せの競馬をすると乱ペースに巻き込まれるかも。中団からの追走で勝負どころから外目を捲っていく競馬を見せて欲しい。☆ベルラガッツォ

2020011800_20200215110501

Photo_3 ベルラガッツォ(セ・中内田)父オルフェーヴル 母ベッラレイア

日曜小倉2R 3歳未勝利(ダ1700m)6枠7番 藤岡佑J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り

中内田師「12日にCWコースで追い切りました。藤岡佑介騎手に感触を確かめてもらったところ、『古馬オープンのサヴィ相手に最後まで食らいついてくれましたし、動きも引けを取らなかったですよ。それにゴールを過ぎた後は息がすぐ戻ったぐらいですから、まだ走り足りなかったのかもしれません。良い競馬が期待出来そうです』と言っていました。前走より動き・馬体ともにピリッとしてきましたし、上積みが期待出来そうです。前走は放牧明けでもありましたし、上位と離されてしまったのはその影響もあったと思います。スピードのあるところを見せてくれましたし、小回りコースならそのまま押し切ってくれると思っているので、良い結果を期待したいですね」(2/13近況)

助 手 7CW良 88.0- 71.1- 54.7- 39.6- 12.0 一杯に追う
藤岡佑 12CW良 83.1- 66.8- 52.2- 38.3- 11.8 G前気合付 サヴィ(古オープン)直強めの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回小倉10日目(02月16日)
2R 3歳未勝利
ダ1700メートル 指定 混合 馬齢 発走10:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リュウノチョッパー 牡3 56 丸田恭介
2 2 ロイヤルパープル 牡3 55 西村淳也
3 3 アーサードライブ 牡3 53 亀田温心
4 4 スイヨウビ 牝3 51 山田敬士
5 5 オメガドラゴン 牡3 56 吉田隼人
5 6 ブラックトマホーク 牡3 56 横山武史
6 7 ベルラガッツォ セ3 56 藤岡佑介
6 8 マスカテル 牡3 56 荻野極
7 9 メイショウオイワキ 牡3 54 斎藤新
7 10 タムロシャイン 牝3 52 団野大成
8 11 アイルビーメジャー 牡3 56 丹内祐次
8 12 グラスコックピット 牡3 56 松若風馬

○猿橋助手 「前走は右手前のまま。粘れなかったのはその分もあると思う。使って良くなっているし、小回りの1700mなら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦は競馬を全く理解しておらず大敗。気難しさは感じなかったのですが、早速去勢手術をして一新することになったベルラガッツォ。去勢手術をした後のレースということで前走の馬体重はマイナス10キロで臨むこととなりましたが、仕上がり自体は良好。デビュー戦は借りてきた猫状態でシーンとした周回でしたが、前走では良い意味でピリッとした面を覗かせ、活気は十分。この雰囲気なら走ってくれるんじゃないかなと見ていました。

レースでは最内枠ということで砂を被らせると心配ということもあり、ゲートで躓きながらもやや強引にハナへ。道中はマークされている感じはしていましたが、ペース自体は緩やか。4角を回ってくる時の手応えなら何とか凌ぎ切ってくれるかなと思ったのですが…。直線で追われたベルラガッツォは頭を上げてブレーキを掛ける感じはなかったのですが、スッと手前を替えられずにモタモタ。勝ち馬に前へ出られた後、何とか食らい付こうという姿勢は見せてくれましたが、残り100mぐらいで力が尽きてパタッと止まってしまいました。まあ、それでも3着という前走の結果はデビュー戦の走りを考えれば、大幅に前進することが出来て、未勝利突破にメドは立ててくれました。

その後は在厩調整を続け、中2週のローテでここへ。追い切りは2本行うことが出来ていますし、馬場の外目を通りながらラスト1ハロンの時計は上々。ひと叩きして中身がしっかりしてきた印象で上積みは感じさせます。今回、手綱を取る藤岡佑Jに追い切りで感触を掴んでもらったのも有難いです。また、前走の詰めの甘さを考えると、小回りのダ1700mへ舞台を移すのは歓迎の筈。ローカルの1戦とすれば少し相手は揃った感じはしますが、前走3着から更なる前進を期待したいですし求めたい1戦。勿論、勝つのがベストですが…。

ただ、前走で単純に逃げてしまったのが今回どう出るか。今回もハナへ拘ると乱ペースに巻き込まれ、直線ではバタバタというケースが考えられます。藤岡佑Jがどういう競馬を組み立ててくれるか期待と不安が入り混じっています。個人的な見解ですが、トモに甘さの残る馬なので序盤はじっくり進めて、トモの嵌りが良くなってから仕掛けた方が良いのかなと。前々で立ち回るよりも3角手前からスーッと捲っていくような競馬が合っているのかなと見ています。追い切りの動きをそのまま競馬に当て嵌めるなら、必然的にこういう競馬だと思うのですが。

« 12日に栗東・森田厩舎へ帰厩しています。☆ロードベイリーフ | トップページ | 当初の予定を1週繰り上げるも動ける態勢にはある筈。2度目の芝1200mですが、キャリアを積んだ今なら新味を引き出して欲しい。道中で脚を溜め、直線でピリッとした末脚でひと押しを。最低限として掲示板(5着以内)は死守して欲しい。☆ロードイヒラニ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ベルラガッツォ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12日に栗東・森田厩舎へ帰厩しています。☆ロードベイリーフ | トップページ | 当初の予定を1週繰り上げるも動ける態勢にはある筈。2度目の芝1200mですが、キャリアを積んだ今なら新味を引き出して欲しい。道中で脚を溜め、直線でピリッとした末脚でひと押しを。最低限として掲示板(5着以内)は死守して欲しい。☆ロードイヒラニ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ