最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(明け2歳・関東牡馬) | トップページ | 時間を掛けて乗り込んできたので仕上がりは上々。ただ、片手前で走ってしまう面が解消できず、デビュー戦から期待できるとは行かない現状で…。背中の良さなど将来性は秘めるので、デビュー戦の今回はまずは無事に走り終えて欲しい。★ロードセッション »

2020年1月12日 (日)

年末年始で2度の除外を経て3度目の正直で出走へ。仕上がりは悪くないも、微妙な調整の狂いと関西へ遠征してのデビューがどう響くか。体質面でもパンとしていない現状も、外国産馬らしいパワフルかつスピードのある走りでデビュー戦から好結果を期待。☆ディランズソング

Photo_2

Photo_3 ディランズソング(牡・萩原)父Summer Front 母Poetic Riches

日曜京都4R メイクデビュー京都 3歳新馬(ダ1200m)7枠13番 C.ルメールJ

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:8日に南Wコースで時計

萩原師「8日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はディランズソングが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。雨で重くなっていたウッドチップでも、最後までしっかりとしたフットワークで駆けてくれました。今週の出走を頭に入れて調整してきたので走れる態勢にはあると思いますが、元々ある右トモの弱さに気になる面が正直あります。トモにボリュームがある馬には往々にしてそういったところが見られますし、ディランズソングは背中も長めなので余計に疲れが溜まりやすい部分があり、右トモの具合がレースでどこまで影響するかでしょう。そうは言っても、ルメール騎手を確保することが出来ましたし、ポテンシャルはある馬だと思いますから、良い走りを見せて欲しいですね」(1/8近況)

助 手 8南W重 67.9- 53.2- 39.3- 12.7 馬なり余力 ミッキーマンドリン(古馬1勝)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都4日目(01月12日)
4R メイクデビュー京都 3歳新馬
ダ1200メートル 指定 混合 馬齢 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンアントニオ せ3 56 松田大作
1 2 モズアスカ 牡3 56 藤井勘一郎
2 3 ジグ 牝3 54 幸英明
2 4 クリノホノオ 牡3 56 岩崎翼
3 5 フィールドグリン 牝3 51 亀田温心
3 6 ブラッククリスマス 牡3 56 四位洋文
4 7 サウンドヒーロー 牡3 56 松若風馬
4 8 メイショウキンカク 牡3 56 竹之下智昭
5 9 リュウグウハヤブサ 牡3 55 西村淳也
5 10 エイシンシャンツェ 牡3 55 川又賢治
6 11 ルーサー せ3 54 斎藤新
6 12 レッドシンシア 牝3 54 酒井学
7 13 ディランズソング 牡3 56 C.ルメール
7 14 メイショウポルポ 牡3 56 国分優作
8 15 トレヴィト 牡3 56 鮫島克駿
8 16 ファルサルス 牡3 56 北村友一

○萩原師 「2回の除外で延びたが、動きからは問題なさそう。大型馬でも仕上がりはいいので、あとは輸送をクリアできれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回の追加募集で出資したポエティクリッチーズの17ことディランズソング。全体的に肉付きが良く、特にトモの大きさ・迫力は魅力。将来性には少し疑問を感じつつも、ダートの短距離で2・3つは勝てる素材かなと見ていました。

輸入検疫を経て育成を開始した当初のディランズソングは馬体を持て余し気味で体力面での途上差を露呈。削蹄によって歩様を硬くすることも。ちょっと時間が掛かるタイプかなと見ていたら、追い打ちをかけるように7月末に左飛節に腫れが判明。一旦楽をさせ、ウォーキングマシンやトレッドミルを上手に活用しながら立て直すことを余儀なくされました。ただ、幸いだったのが、その後は症状を再発することなく、コツコツと乗り込みを強化することが出来、11月2日に初入厩。1週間ほどの滞在でゲート試験に合格。その後はNF天栄へ移動し、デビューへ向けての乗り込み・仕上げに着手してきました。

夏場に一頓挫あった為、乗り込み不足+緩さが残る馬体からデビューへ向けてのGOサインが出るには年が明けてからかなと見ていたら、調教へ行くと思いのほかしっかり対応でき、動きも悪くないことから11月末には再入厩。デビューへ向けて、調教・追い切りを重ねてきました。実際、早くから追い切りでは余裕のある動きを披露。トモの左右差があって右トモに弱さを抱えていますが、そういう中でもエンジンは良いモノを持っています。

ただ、昨年内のデビューを目指していたところ除外を食らい、年明け早々のレースも連続して除外。ある程度想定して仕上げを行ってきましたが、目に見えない疲れ・ストレスはある筈。3度目の正直で今週のデビューとなりましたが、京都まで遠征しての出走となりました。力を出し切れば勝ち負けできるレベルにあると思いますが、臨戦過程の不利がどこまで響くか。まあ、これについてはレースへ行ってみないと何とも。

体質面でもパンとしていないも、外国産馬らしいパワフルかつスピードのある走りを見せて欲しいところ。まずは無事に走り終えて欲しいですが、鞍上の手腕にも期待して好発進できることを願っています。

« シルクなお馬さん(明け2歳・関東牡馬) | トップページ | 時間を掛けて乗り込んできたので仕上がりは上々。ただ、片手前で走ってしまう面が解消できず、デビュー戦から期待できるとは行かない現状で…。背中の良さなど将来性は秘めるので、デビュー戦の今回はまずは無事に走り終えて欲しい。★ロードセッション »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ディランズソング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(明け2歳・関東牡馬) | トップページ | 時間を掛けて乗り込んできたので仕上がりは上々。ただ、片手前で走ってしまう面が解消できず、デビュー戦から期待できるとは行かない現状で…。背中の良さなど将来性は秘めるので、デビュー戦の今回はまずは無事に走り終えて欲しい。★ロードセッション »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ