2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

出資馬一覧

最近のコメント

« 【動画更新】プチノワールの18 | トップページ | 【動画更新】シーイズトウショウの18&マチカネタマカズラの18 »

2020年1月26日 (日)

ハナへ行けなくても2番手で折り合って進む。ただ、勝負どころから早目に進出していくことが出来ず、直線はジリジリ後退。展開は向いていたと思うのですが…。年齢的な衰えはあるでしょうが、今回は重め残りが響いたかも。★ロードヴァンドール

202001_20200126050601

Photo_6 ロードヴァンドール(牡・昆)父ダイワメジャー 母ジャズキャット

1月19日(日)京都11R・日経新春杯(G2)・国際・芝2400mに太宰Jで出走。14頭立て9番人気で6枠9番からスローペースの道中を2、2、2、2番手と進み、直線では内を通って1秒1差の10着でした。馬場は良。タイム2分28秒0、上がり36秒3。馬体重は8キロ増加の508キロでした。

○太宰騎手 「ここ2戦と比べれば、返し馬の雰囲気が良好。レース自体も理想的な形で運べたでしょう。余力を残して最後の直線へ向いたものの、以前のようには速い脚を使えぬ感じに。バッタリとは止まっていないのですけどね。もう7歳なのを踏まえると・・・。これから上がり目を求めるのは、なかなか難しいのかも知れません」

○昆調教師 「適度に時計の掛かるコース状態なのに加え、展開も絶好で本来ならば勝ちパターン。ハンデ差が4キロあったとは言え、逃げていたのは条件馬ですからね。その相手を交わせぬどころか、こんなに下がってしまうとは・・・。追い切りでのパフォーマンスも含めて、年齢的に衰えて来た感は否めぬところ。次は東京のオープン特別あたりへ行くのが妥当かな・・・と思います」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月1日(土)東京・白富士S(L)・国際・芝2000mに予定しています。

○昆調教師 「1月22日(水)は歩行運動。見た目には特に変わらぬ様子で過ごしており、ひとまずは脚元等に関しても大丈夫です。騎乗再開後も大きな問題が認められなければ、来週の白富士S(L)へスタンバイする予定。ジョッキーの調整を進めておきます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハナへ行けないのは予想どおりでしたが、勝負どころから先頭に立って渋太さを発揮してくれるものと期待していたロードヴァンドールでしたが、逃げていたエーティーラッセンを交わしていくような場面は作れず、直線ではジリジリと後退してしまうことに。太宰Jのコメントでは状態は良さそうだったのですが、ピリッとした脚は使えずじまい。年齢から来る衰えは否めませんが、今回に関しては8キロ増での出走と重めが響いたように思います。

レース後のヴァンドールですが、特にクタッとした感じはなし。次走は阪神大賞典ぐらいを目標に進めて行くのかなと見ていたら、中1週のローテで来週の白富士Sへ向かうことに。一気に現実路線というか弱気になってしまったのは残念ですが、追い切りを重ねても変わってこないので、レースを使いつつ状態を上げて行こうという意図もあるのかもしれません。ただ、前々で立ち回って粘り込む競馬なので、実績を考慮して人気を集めることになっても信頼度は低いでしょう。マークが薄くなって激走がヴァンドールの好走パターンですし。

少し引退の2文字がチラつきますが、トモの緩さが残っていても1度ダートを試して欲しいですし、飛越のセンスがあるかどうかも探って欲しいところ。心臓は良いモノを持っているだけに芝の中長距離で通用しなくなっただけで見限るのは早計でしょうし。何とか浮上のキッカケとなるものを見つけて欲しいです。

« 【動画更新】プチノワールの18 | トップページ | 【動画更新】シーイズトウショウの18&マチカネタマカズラの18 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードヴァンドール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【動画更新】プチノワールの18 | トップページ | 【動画更新】シーイズトウショウの18&マチカネタマカズラの18 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ