2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 中1週続きでのレース。良くなってきた感じが少なく、時計面での限界がチラリと。今回も苦戦濃厚ですが、前々でレースの流れに乗り、どこまで踏ん張りが利くかどうか…。厳しい競馬を経験させながらピリッとした面が戻ってきて欲しい。★ロードエース | トップページ | 気持ちの制御が叶えばスピードで悠々と押し切っても不思議ではないも、空回りしてしまうと落馬の可能性も。障害レース2戦目で慣れを見込むも、まずは無事に走り終えて欲しい。☆シングルアップ »

2020年1月 5日 (日)

トップハンデ+1ハロン長い1600mと目の前に高い壁が立ちはだかるも、枠番+デキは前走時から好転。改めてマイル適性を図りたい。直線で追い出しを待つぐらい余裕があれば1発あっても不思議ではない。☆ダイアトニック

201911_20200105045801

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜京都11R 京都金杯(G3・芝1600m)3枠6番 北村友J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:2日に坂路コースで追い切り

安田隆師「2日に坂路で追い切りました。昨年末にも時計を出しているので、併せて反応を確かめる程度に抑えました。動き・反応ともに良かったですし、仕上がりとしては言うことないですね。マイルCSの後は放牧に出して疲れを取ってもらいましたが、フレッシュになって戻ってきましたし、その後も順調に仕上げることが出来ました。前走は良い状態で臨むことが出来ましたが、大外枠で流れに乗れなかったとはいえ、スワンSも同じ条件だったことを考えると、1600mはギリギリなのかもしれません。それにトップハンデの57キロを背負うので、斤量が軽い馬との差がレースに行ってどれだけ影響するかがカギになりそうです。でも、力をつけてきているのは確かですから、年明け初戦から良い競馬を期待しています」(1/4近況)

助 手 31栗坂稍 55.8- 40.4- 26.1- 13.0 馬なり余力
北村友 2栗坂良 52.5- 37.8- 24.3- 12.0 馬なり余力 ノヴェッラ(古馬1勝)末強めを0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都1日目(01月05日)
11R 京都金杯(G3)
芝1600メートル 4歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エメラルファイト 牡4 56 石川裕紀人
1 2 マルターズアポジー 牡8 56 松若風馬
2 3 サウンドキアラ 牝5 53 松山弘平
2 4 オールフォーラヴ 牝5 54 和田竜二
3 5 メイケイダイハード 牡5 53 柴山雄一
3 6 ダイアトニック 牡5 57 北村友一
4 7 ボンセルヴィーソ 牡6 54 太宰啓介
4 8 ドーヴァー 牡7 56 福永祐一
5 9 ストロングタイタン 牡7 57 幸英明
5 10 マイネルフラップ 牡4 53 国分優作
6 11 ハッピーグリン 牡5 55 吉田隼人
6 12 タイムトリップ 牡6 54 岩田康誠
7 13 カテドラル 牡4 55 武豊
7 14 ブレステイキング 牡5 56 藤岡佑介
7 15 モズダディー 牡5 54 酒井学
8 16 エントシャイデン 牡5 54 坂井瑠星
8 17 メイショウショウブ 牝4 53 池添謙一
8 18 ソーグリッタリング 牡6 56 川田将雅

○安田隆師 「トップハンデでも57キロならこなせていいと思います。守備範囲ではあると思うけど、マイルでは結果が少し物足りない印象が。状態はいいので、この斤量でいい走りができれば自信になります」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【京都金杯】ダイアトニック好時計(サンスポより)

ダイアトニックは、坂路の併せ馬で4ハロン52秒5-12秒0。馬なりで好時計をマークしてノヴェッラ(1勝クラス)と併入し、最高の調教評価『S』となった。12月25日(同52秒0)に続き手綱を取った北村友騎手は「変わらずいい動きでした」と好感触だ。

京都で6戦5勝だが、5勝はすべて1400メートルで、前走のマイルCSでは10着。安田隆調教師は「1600メートルをクリアできれば、もっと強くなれると思う」と前向きにまとめた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニック内枠引いた今回は巻き返す(日刊スポーツより)

芝コースで最終調整。「状態は変わらない」と安田隆師。今回と同じ舞台だったマイルCSは10着に終わった。「最後は脚色が一緒になってしまった。マイルでは少し物足りなさを感じる。ただ外枠だったし展開も向かなかった。あらためて」と巻き返しを期待する。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のG1マイルCSでは1600mのスペシャリスト相手では分が悪いのは分かっていたも、G2を奪取した勢いと鞍上の手腕に期待したダイアトニックでしたが、8枠+Sペースからの瞬発力勝負が向かず10着と不発。道中内へ潜り込んで距離ロスを避け、直線だけ外目に持ち出しましたが、追われて伸びたのは一瞬だけ。最後は苦しくなって内へモタれていたようなので距離が長かったのかデキが本物ではなかったのか。状態自体は悪くなかったんでしょうが、スワンSから中2週での参戦ということで硬さが目立ち、疲れを溜め込んでいたんだと思います。

その後はNFしがらきでリフレッシュ。一生懸命走った疲れ・反動が出て、次走は暖かくなってからかなと勝手に想像していましたが、慎重に立ち上げていってペースアップ。順調に乗り込むことが出来、前走と同舞台の京都金杯を目指して12月半ばに帰厩してきました。また、帰厩後の追い切りですが、1週前にビシッとやって、昨年末は無理のない範囲で乗られ、最終追いは上がり重点。追走する形も悠々と同入とキレのある動きを披露。一息入っていますが、良い仕上がりでレースへ臨めるのは確かです。

ただ、この京都金杯はハンデ重賞。G2のスワンSを56キロで勝っているので、前走と同じ57キロは覚悟。そこからの上増しはなかったのは良かったですが、1ハロン長い距離でのトップハンデは酷といえば酷。でもやはり問題というか課題はデビュー戦以来勝っていないマイル戦に尽きるでしょう。

専門紙を見ると、この距離への対応力と斤量を考慮され、押さえ程度の評価ばかり。他に魅力を感じる馬が多いというのもあるでしょう。ただ、今回は3枠6番と内目の偶数枠と最高に良いところを引いたと思います。そしてリフレッシュされたことで前走より身のこなしに余裕はある筈。54キロとは言え、中山・ダービー卿CTで4着と実績はあるので、得意の京都で改めてマイル適性を図ってもらえればと思います。北村友Jへ手が戻るので、おそらく中団からやや後方で脚を溜める形になるでしょう。あとは1400mのように追い出しを待つことが出来るかどうか。爆発力はここまで随一の存在。実績も最上位ではありますが、マイル戦は迎え撃つ立場ではなくチャレンジしていく立場。まずは自分の力をしっかり出し切る走りをお願いします。

« 中1週続きでのレース。良くなってきた感じが少なく、時計面での限界がチラリと。今回も苦戦濃厚ですが、前々でレースの流れに乗り、どこまで踏ん張りが利くかどうか…。厳しい競馬を経験させながらピリッとした面が戻ってきて欲しい。★ロードエース | トップページ | 気持ちの制御が叶えばスピードで悠々と押し切っても不思議ではないも、空回りしてしまうと落馬の可能性も。障害レース2戦目で慣れを見込むも、まずは無事に走り終えて欲しい。☆シングルアップ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中1週続きでのレース。良くなってきた感じが少なく、時計面での限界がチラリと。今回も苦戦濃厚ですが、前々でレースの流れに乗り、どこまで踏ん張りが利くかどうか…。厳しい競馬を経験させながらピリッとした面が戻ってきて欲しい。★ロードエース | トップページ | 気持ちの制御が叶えばスピードで悠々と押し切っても不思議ではないも、空回りしてしまうと落馬の可能性も。障害レース2戦目で慣れを見込むも、まずは無事に走り終えて欲しい。☆シングルアップ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ