2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ドキッとする飛越はあったも、障害2戦目で落ち着いてレースへ臨むことが出来たのが1番の勝因。センスを感じさせる馬なので、レース経験を積んでいくことで、飛越の安定+スタミナ強化が伴ってくれば楽しみ十分。☆シングルアップ | トップページ | 徐々に力を付けて血統も、帰厩後は丹念に時計を出し、併せ馬では食らい付く根性を披露。まだまだ幼さは残りますが、距離延長+外回りへの舞台変更はプラスの筈。最後の直線で追い比べに持ち込みたい。☆ハーツクリスタル »

2020年1月11日 (土)

まだまだ心身の幼さを目立つのでレベルの高い関西圏の未勝利だと分が悪そうも、デビュー戦でチラッと覗かせた良い脚を最後の直線まで温存出来れば。直線平坦の京都コースは合っている筈。未勝利突破にメドの立つ走りを見せて欲しい。★ロードフェローズ

2019122000

Photo_6 ロードフェローズ(牡・藤岡)父エイシンフラッシュ 母ティアーモ

1月11日(土)京都5R・3歳未勝利・混合・芝2200mに秋山Jで出走します。1月8日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで5ハロン65.1-49.4-36.8-11.8 8分所を一杯に追っています。併せ馬では強目の相手の外を1秒1先行して首遅れ。追い切りの短評は「追い比べで見劣り」でした。発走は12時30分です。

○藤岡調教師 「馬場コンディションを考慮して1月8日(水)はポリトラックコースへ。しっかり駆けていましたよ。身体の前後が上手く連動するように。一度レースを使って確実に良化を遂げているでしょう。距離が延びるのはOK。前進を期待・・・ですね」

≪調教時計≫
20.01.08 助手 栗東P良 65.1 49.4 36.8 11.8 一杯に追う ホワイトロッジ(3歳新馬)強目の外1秒1先行首遅れ

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都3日目(01月11日)
5R 3歳未勝利
芝2200メートル 指定 混合 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ハーツクリスタル 牡3 56 S.フォーリー
1 2 ジュビラーテ 牡3 56 和田竜二
2 3 ナリタアレス 牡3 56 太宰啓介
2 4 サングレデクリスト 牡3 56 大野拓弥
3 5 ウインベイランダー 牡3 56 松山弘平
3 6 ヴァシリアス 牡3 56 C.ルメール
4 7 トレゾア 牡3 56 吉田隼人
4 8 ユウゲン 牡3 56 池添謙一
5 9 ストリクトコード 牝3 54 藤岡佑介
5 10 ロードフェローズ 牡3 56 秋山真一郎
6 11 アドマイヤメジャー 牡3 56 藤岡康太
6 12 クリノキングボス 牡3 56 川島信二
7 13 エピキュール 牡3 56 岩田康誠
7 14 ヒートオンビート 牡3 56 福永祐一
8 15 メラーキ 牡3 56 川田将雅
8 16 ウインセレナード 牝3 54 菱田裕二

※緑字は他クラブ出資馬

○影山助手 「動いていって終いも脚を使っていたし、内容は悪くなかった。距離は問題なく、使った分、行きっぷりも良くなる筈」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー前の追い切りではこの母系らしく頭の高い走法が目立っていたロードフェローズでしたが、中山でのデビュー戦ではそこまで目立たず。スタートが一息で道中の行きっぷりは良くなかったですが、3角過ぎから仕掛けていくと外目をスッと動いて行った走りは上々。4角を回ってくる時も勢いはあったので、直線での頑張りに期待を持ったのですが、そこから幼さを覗かせてモタモタ。真面目に走っていれば2着は合ったかもしれませんが、伸び切れずに5着に終わってしまいました。追い切りは地味でしたが、軽い走りをするので実戦の芝へ行って良いタイプです。

その後は在厩調整で年を越し、芝の中距離戦を求めてここへ。中間の調整では相変わらず平凡な追い切り時計ですが、坂路とPコースでビシッとやれているのは○。最終追いは同期の新馬に見劣ってしまいましたが、先行して相手が追い付いてくるのを待ち、反応の違いで遅れただけ。フェローズなりに食らい付いていました。

今回、距離が1ハロン延びますが、掛かっていく馬ではないのでこなしてくれる筈。ゲートの音に反応する為、ゲートは遅いでしょうが、1度レースを経験したことで追走は幾分でも楽になる筈。あとはデビュー戦で見せた良い脚を最後の直線まで温存出来れば。今の京都は幾らかパワーを要する馬場ですが、直線平坦は好材料でしょう。

ただ、デビュー戦が関東圏だっただけに、レベルの高い関西の芝中距離戦の未勝利に入ると幼さが目立つ現状では分が悪いかも。実際、トラックマンの印は回っていません。秋山Jには道中で急かすことなく、最後の脚に賭ける競馬をしてもらえればと思います。そしてその中でキラッと光るモノを見せ、未勝利突破へのメドの立つ走りを期待。自滅して早々に失速するような敗戦だけは避けて欲しいです。

« ドキッとする飛越はあったも、障害2戦目で落ち着いてレースへ臨むことが出来たのが1番の勝因。センスを感じさせる馬なので、レース経験を積んでいくことで、飛越の安定+スタミナ強化が伴ってくれば楽しみ十分。☆シングルアップ | トップページ | 徐々に力を付けて血統も、帰厩後は丹念に時計を出し、併せ馬では食らい付く根性を披露。まだまだ幼さは残りますが、距離延長+外回りへの舞台変更はプラスの筈。最後の直線で追い比べに持ち込みたい。☆ハーツクリスタル »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドキッとする飛越はあったも、障害2戦目で落ち着いてレースへ臨むことが出来たのが1番の勝因。センスを感じさせる馬なので、レース経験を積んでいくことで、飛越の安定+スタミナ強化が伴ってくれば楽しみ十分。☆シングルアップ | トップページ | 徐々に力を付けて血統も、帰厩後は丹念に時計を出し、併せ馬では食らい付く根性を披露。まだまだ幼さは残りますが、距離延長+外回りへの舞台変更はプラスの筈。最後の直線で追い比べに持ち込みたい。☆ハーツクリスタル »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ