最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 追い切りで感触を掴んでもらってのデビュー戦となりましたが、緩さが目立つ現状では無理できないと強く思わせてしまったかも。終始、後方のままで競馬を終えてしまう。乗り味は良い馬なので全体的に逞しさが出てくれば走ってきてくれると思うも、良化スピードが遅そうなのが…。★ロードセッション | トップページ | 今回も厳しい結果を覚悟の上での1戦でしたが、一か八かで最後の直線で最内を突いたのが正解。じわじわ脚を繰り出して最後は3着に届いたかなと思ったが4着。恵まれた部分はかなり大きかったですが、久々に見どころのあるレースが出来た。☆ロードプレミアム »

2020年1月22日 (水)

シルクなお馬さん(中内田厩舎)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:東京2月2日・ダ1400m

中内田師「10日にCWコースで追い切った反動から、前捌きが硬くなって筋肉痛の症状が見られました。その後は徐々に回復し、15日に坂路で軽く1本登坂して状態を確認しましたが、歩様の硬さは気になりませんでした。このまま進めていこうと思いますが、さすがに来週の競馬となると少し追い足りないことから、もう1週延ばして2月2日の東京・ダ1400mに向かう方向で考えています。同じ繰り返しにならないように、馬の状態を見ながら徐々に負荷を掛けていこうと思います」(1/16近況)

助 手 17栗P良 58.6- 42.9- 13.1 馬なり余力
助 手 19栗P良 45.1- 13.9 馬なり余力

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日にCWコースで追い切り

中内田師「16日にCWコースで追い切りました。追走し、最後の直線で併せていきましたが、最後まで楽な手応えでしたし、動きは先週より良くなっていますよ。順調に仕上がってきていますし、このまま問題なければ来週の京都か小倉で出走させたいと考えています。初戦は芝を試させていただきましたが、調教の走りからダートでも対応してくれそうですし、相手関係を考えるとむしろそちらの方が手薄だと思います。来週の追い切りの動きと、想定を見てどの番組に出馬投票するか検討させていただきます」(1/16近況)

助 手 13CW良 82.5- 66.2- 52.0- 38.4- 11.9 馬なり余力 マテンロウディーバ(三歳1勝)末強めの外同入
助 手 16CW良 83.8- 67.7- 52.5- 38.3- 12.6 馬なり余力 ゼンノワスレガタミ(古馬3勝)強めの内0.6秒追走クビ遅れ
助 手 19CW良 87.9- 71.4- 55.4- 39.5- 11.7 馬なり余力 カペラ(新馬)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ボンディマンシュは放牧を挟みつつ丈夫さを増してきてくれているなあと見ていたのですが、10日の追い切り後に筋肉痛の症状を確認。その後、回復に努めていたようですが、予定していた今週末のレースは急仕上げということで見送り、来月2日の東京・ダ1400mへ向かいたいとのこと。一頓挫あった後の追い切りはPコースでサッとしかやれていないのは不安ですが、今後の追い切りで帳尻合わせが出来るかどうか。動きが良くなってこなければ、放牧に出して立て直しを図ってもらいたいです。

ベルラガッツォは番組こそ未決定も、京都or小倉のダート戦での出走を視野に。追い切りの動きはひと追い毎に良くなっていますが、デビュー戦ではレースに参加できずに敗れているのが…。1度実戦を経験したこと+去勢効果でガラッと変わってくることは可能かなあ。馬格はあるのでダート自体は問題ないと思います。血統馬なので悪くても未勝利突破にメドの立つ走りは見せて欲しいです。

« 追い切りで感触を掴んでもらってのデビュー戦となりましたが、緩さが目立つ現状では無理できないと強く思わせてしまったかも。終始、後方のままで競馬を終えてしまう。乗り味は良い馬なので全体的に逞しさが出てくれば走ってきてくれると思うも、良化スピードが遅そうなのが…。★ロードセッション | トップページ | 今回も厳しい結果を覚悟の上での1戦でしたが、一か八かで最後の直線で最内を突いたのが正解。じわじわ脚を繰り出して最後は3着に届いたかなと思ったが4着。恵まれた部分はかなり大きかったですが、久々に見どころのあるレースが出来た。☆ロードプレミアム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

ベルラガッツォ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 追い切りで感触を掴んでもらってのデビュー戦となりましたが、緩さが目立つ現状では無理できないと強く思わせてしまったかも。終始、後方のままで競馬を終えてしまう。乗り味は良い馬なので全体的に逞しさが出てくれば走ってきてくれると思うも、良化スピードが遅そうなのが…。★ロードセッション | トップページ | 今回も厳しい結果を覚悟の上での1戦でしたが、一か八かで最後の直線で最内を突いたのが正解。じわじわ脚を繰り出して最後は3着に届いたかなと思ったが4着。恵まれた部分はかなり大きかったですが、久々に見どころのあるレースが出来た。☆ロードプレミアム »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ