2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 除外の権利を狙って出馬投票したところ出走枠に入ってしまう。気管の炎症やフケの兆候でデビュー予定も延びていましたが、昨年10月半ばに帰厩してから追い切りは十二分に消化。斤量差を生かしてどこまでやれるか。★トルネードフラッグ | トップページ | 前走は控える競馬で勿体ない競馬に。積極策で粘り込むのが身上なので、まずは自分の競馬スタイルに徹した競馬を。時計の掛かる馬場は歓迎材料。前走6着から巻き返して欲しい。☆ヴィッセン »

2020年1月25日 (土)

4月の初入厩からかなり時間を要してのデビュー戦。追い切りを重ねてだいぶ動けるように。前向きさが足りないので砂を被ると心配も、パワフルな走りで早め先頭からの押し切りを期待。デビュー戦からしっかり結果を出して欲しい。☆ヴァンタブラック

Photo_20200124063601

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

土曜京都6R メイクデビュー京都 3歳新馬(ダ1800m)4枠8番 C.ルメールJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで追い切り

担当助手「22日にCWコースで追い切りました。坂路だとそれなりに動いていましたが、周回コースだとまったく動けなかったので、ここまで時間を掛けて鍛えましたが、その甲斐あって今週は最後までしっかり動いてくれましたね。自分から進んで行くほどの前向きさはありませんが、ダートならスピード不足を補えると思いますし、芝よりメンバーも手薄になりますから、チャンスは十分あると思います。初めてのレースだけに、砂を極端に被ると嫌がってしまう恐れがあるので、なるべく揉まれないポジションでレースが出来ると良いですね。これまでの兄姉と比べるとタイプはまた違いますが、能力は秘めていると思うので、初戦から良い競馬を期待したいですね」(1/23近況)

助 手 18栗坂稍 60.6- 44.4- 29.1- 14.8 馬なり余力
畑 端 22CW良 84.2- 67.5- 52.4- 38.1- 11.9 一杯に追う レッドミダス(三未勝)一杯の内を0.4秒先行3F付0.8秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都8日目(01月25日)
6R メイクデビュー京都 3歳新馬
ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トルネードフラッグ 牝3 52 岩田望来
1 2 アスワンサンセット 牝3 54 福永祐一
2 3 マテラジニアス 牡3 56 川須栄彦
2 4 カズモンタルチーノ 牡3 56 松山弘平
3 5 ブルベアエーカー 牡3 56 A.シュタルケ
3 6 アンジュブーケ 牝3 54 小崎綾也
4 7 セルファース 牡3 56 藤井勘一郎
4 8 ヴァンタブラック 牡3 56 C.ルメール
5 9 メイショウガロンヌ 牡3 53 三津谷隼人
5 10 タンカノキミ 牝3 54 国分恭介
6 11 タガノトランキーロ 牡3 56 岡田祥嗣
6 12 メイショウソウモウ 牡3 56 太宰啓介
7 13 ジュアン 牡3 56 高倉稜
7 14 キーンウィット 牡3 56 国分優作
8 15 アンセッドヴァウ 牡3 56 岩田康誠
8 16 メートルソヴァール 牡3 56 松若風馬

※緑字は他クラブ出資馬

○須貝師 「追う毎に上向いてきた。走法からダートはこなせそう。まずはこの条件から」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この世代から始まったシルクの抽優馬制度。その最初の年に指名して縁が叶ったのがプチノワールの17ことヴァンタブラック。募集カタログ&DVDを見ていて、1番最初に目に留まったのがこの馬。青鹿毛の毛色が余計に洗練されたイメージを与えたと思いますが、他馬にはない雰囲気の良さ。ピリッとした面を持っていた兄姉とちょっと違い、堂々とした立ち振る舞い。それでいてバランスの取れた好馬体と"大物感"に惹かれての出資となりました。

北海道での育成は早いグループで属して順調に乗り込みを消化。4月12日に初入厩を果たすと約2週間ほどでゲート試験に合格。楽しみが増すばかりでしたが、基礎体力不足でNFしがらきへ放牧に出た頃から雲行きは若干怪しくなって…。7月の中京開催でのデビューを視野に帰厩を果たすも、追い切りを行ったところ、追ってからが案外で背腰の甘さを露呈。再度NFしがらきへ放牧に出されると夏の間は丹念に乗り込みを消化。10月の京都開催でのデビュー予定がようやく決まり、牧場での仕上げに取り掛かると程なく疲れが表面化することに。再度デビュー予定を白紙に戻し、立て直す羽目になってしまいました。

その後は何とか頓挫なく丁寧な乗り込みを課し、12月13日に再入厩。初入厩してから約8ヶ月の時間が過ぎてしまいました。帰厩後の追い切りでは坂路でそれなりの時計は出るようになりましたが、自分から走ろうとする気持ちはまだまだ。前向きさを引き出すように併せ馬を多く取り入れてきました。そしてCWコースだと体力不足を露呈していましたが、乗り込みを重ねる毎に徐々に対応できるように。冬場で馬体は絞りづらいようですが、中身は詰まってきていると思います。

ただ、期待馬なので芝ではなくダートからの始動というのは正直寂しいところ。芝で追い切ったところ動けなかったですし、担当助手さんがサラッと言ってるようにスピード不足なんでしょう。まあ、馬体が洗練されてきて1本芯が入って来てくれると変わってきてくれるものと信じたいところです。あとは頼りになるC.ルメールJの手腕に期待。スパッと切れることはないので、早目にアクセルを吹かして行って4角先頭ぐらいから押し切りを狙うイメージで良いのかなと個人的には思います。前向きさが足りないので、出来る限り砂を被らない位置取りで。ここまで時間が掛かってしまいましたが、期待馬なので好発進となるように切に願っています。

« 除外の権利を狙って出馬投票したところ出走枠に入ってしまう。気管の炎症やフケの兆候でデビュー予定も延びていましたが、昨年10月半ばに帰厩してから追い切りは十二分に消化。斤量差を生かしてどこまでやれるか。★トルネードフラッグ | トップページ | 前走は控える競馬で勿体ない競馬に。積極策で粘り込むのが身上なので、まずは自分の競馬スタイルに徹した競馬を。時計の掛かる馬場は歓迎材料。前走6着から巻き返して欲しい。☆ヴィッセン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴァンタブラック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 除外の権利を狙って出馬投票したところ出走枠に入ってしまう。気管の炎症やフケの兆候でデビュー予定も延びていましたが、昨年10月半ばに帰厩してから追い切りは十二分に消化。斤量差を生かしてどこまでやれるか。★トルネードフラッグ | トップページ | 前走は控える競馬で勿体ない競馬に。積極策で粘り込むのが身上なので、まずは自分の競馬スタイルに徹した競馬を。時計の掛かる馬場は歓迎材料。前走6着から巻き返して欲しい。☆ヴィッセン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ