最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 力の要る馬場は合いそうで期待していたも、痛恨の出遅れ。流れも向くことなく最後はじわじわ差を詰めただけ。走ることに対して前向きになって欲しいも…。★シグナライズ | トップページ | 結果的に出遅れが痛恨になってしまうも、馬群で揉まれても我慢が利いたし、直線では渋太く脚を繰り出して3着へ押し上げたことは高評価。ただ、弱さを残している現状でもあるので、欲張ることなく当面は大事に使っていって欲しい。☆ポレンティア »

2020年1月23日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上関東馬・牧場組)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も引き続き、ウォーキングマシンでの運動で様子を見ていました。大きく体重が増えることはありませんし、体調面に変化も無くて良好な状態をキープ出来ていますね。少しずつ運動量を増やしていっても問題ないでしょう。馬体重は505キロです」(1/10近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も調教内容に変わりはありません。時期的な硬さはありますが、こちらに戻ってきた時よりも歩様は良化してきており、運動時間も徐々に増やせていることは良い傾向ですね。あとは一気に体重が増えてきましたので、その点に気を付けて進めていきます。馬体重は515キロです」(1/17近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「この中間はエコー検査を行いました。患部の状態は良化しているようで、触診で確認しても熱感は徐々に引いてきています。また、少しずつ精神面が安定している点も好感が持てますね。今後も無理しない程度に曳き運動を行いながら、回復を図っていきます。馬体重は515キロです」(1/10近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「この中間はエコー検査を行いました。患部の状態は良化しているようで、触診で確認しても熱感は徐々に引いてきています。また、少しずつ精神面が安定している点も好感が持てますね。今後も無理しない程度に曳き運動を行いながら、回復を図っていきます。馬体重は515キロです」(1/17近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「この中間も調教メニューに変化はありません。運動時間も増やしていませんし、脚元の状態も良い意味で変化は無いですね。ただ、少しずつ精神的に煩い面を見せてきていますので、その点は気を付けて進めていきます。馬体重は504キロです」(1/10近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「この中間は左前球節のレントゲン検査を行いました。獣医によると『患部の状態は以前より回復していますので、少しずつ負荷を掛けていっても良さそう』とのことです。ですから、この後も順調に進められれば、今月中には次のメニューに移れるでしょう。馬体重は504キロです」(1/17近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られなかったので、今週から周回コースで乗り出しを開始しています。前走は去勢明けで久々の競馬でしたし、次で挽回できるように努めていきたいですね。毛艶は良好で体調面は良さそうですし、徐々に負荷を強めていきたいと思います。馬体重は455キロです」(1/10近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も体調面に問題はなかったため、今週半ばから坂路コースでの運動を開始しています。この調子で坂路中心の調教へ移行し、馬体を緩めないように乗り進めていければと思います。馬体重は460キロです」(1/17近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター 

担当者「この中間はリフレッシュのため、トレッドミルでのキャンターにペースを落としています。この休みで目に見えない疲れがしっかり取れたと思いますし、再度乗り運動を開始しても、徐々に負荷を掛けていけそうです。あとは体重を何とか減らして、なるべく脚元への負担を軽減したいと思います。馬体重は581キロです」(1/10近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から再び坂路主体の調教を行っています。休みを与えたことで、元気いっぱいに登坂してくれていますが、多少行きたがるような面はあります。それでも終いまで脚色は良いので、それだけ余裕があるということでしょう。馬体重は578キロです」(1/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは引き続きウォーキングマシンでの運動のみですが、時間は徐々に延ばしているとのこと。歩様も良化傾向ということなので、慎重を期しながら進めていってもらえればと思います。

屈腱炎の症状がなかなか良化してこなかったパラダイスリーフ。最悪このまま引退というのもチラつきましたが、ここに来て良化の兆しが窺え、少し安心しています。ただ、復帰への道のりは長いですし険しいものなので、引き続きじっくり取り組んでいってもらえればと思います。

骨折療養中のブロードアリュールはトレッドミルでの常歩を継続中。この中間、獣医師のチェックを受けたようですが、骨折箇所は落ち着いてきている様子。2月には1歩前へ進めることが出来るようですが、軽めの運動が続くのでストレスを溜め込み、馬房で暴れたりしないように日々注意してもらいたいです。

去勢が少し裏目に出た感のあるアンブロジオ。音に敏感になった面は改善できないのかもしれませんが、ホルモンバランスが整ってくるまでは根気よく接していく必要はあります。また、3勝クラスまで出世してくれましたが、これまでと同じスタンスでは通用しません。ダートを試したり、障害への転向なども選択肢に加えてもらいたいです。

ジーナアイリスはリフレッシュを挟んで、コースを周回コースから坂路へ切り替え。着実にステップアップが叶っているのは嬉しいです。ただ、寒い時季で余計に馬体重が絞り辛い状況。焦って急激な負荷を掛けてしまうと反動が怖いです。さじ加減は難しいですが、トレッドミルを上手に併用していくのが良いのかなと思います。

« 力の要る馬場は合いそうで期待していたも、痛恨の出遅れ。流れも向くことなく最後はじわじわ差を詰めただけ。走ることに対して前向きになって欲しいも…。★シグナライズ | トップページ | 結果的に出遅れが痛恨になってしまうも、馬群で揉まれても我慢が利いたし、直線では渋太く脚を繰り出して3着へ押し上げたことは高評価。ただ、弱さを残している現状でもあるので、欲張ることなく当面は大事に使っていって欲しい。☆ポレンティア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

モンドインテロ」カテゴリの記事

ブロードアリュール」カテゴリの記事

アンブロジオ」カテゴリの記事

パラダイスリーフ」カテゴリの記事

ジーナアイリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 力の要る馬場は合いそうで期待していたも、痛恨の出遅れ。流れも向くことなく最後はじわじわ差を詰めただけ。走ることに対して前向きになって欲しいも…。★シグナライズ | トップページ | 結果的に出遅れが痛恨になってしまうも、馬群で揉まれても我慢が利いたし、直線では渋太く脚を繰り出して3着へ押し上げたことは高評価。ただ、弱さを残している現状でもあるので、欲張ることなく当面は大事に使っていって欲しい。☆ポレンティア »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ