2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スタートは若干怪しかったも、鞍上の手腕で上手にリカバー。身のこなしが良くて回転の利いたフットワークにはちょっとビックリ。終始手応え良く進めて、直線で気合を付けると1段ギアが上がって後続を突き放していく。2着馬に2秒の差をつける大差勝ち。☆シェダル | トップページ | 今週の出走馬(1/25・26) »

2020年1月23日 (木)

距離を延ばしてハナへ行きたかったも、勝ち馬の出脚と主張には抵抗できず。道中はリズム重視で進めることが出来たも、勝負どころからジリジリと引き離されることに。今回もパタッと止まることはなかったも、さすがにこの距離は長過ぎたようで4着に終わる。★ロードダヴィンチ

2020012400

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

1月18日(土)中山6R・4歳上1勝クラス・ダ2400mに木幡巧Jで出走。7頭立て3番人気で3枠3番からスローペースの道中を3、3、3、3番手と進み、直線では内を通って2秒5差の4着でした。馬場は稍重。タイム2分39秒3、上がり40秒6。馬体重は6キロ増加の530キロでした。

○木幡巧騎手 「逃げる指示を受けていたものの、外の馬が速かった今日は断念。好位でリズムを大事に乗りました。ペースが上がった時に付いて行くのがやっとで、ギアが思うように変わらない感じ。結果や脚質的には無理矢理にでもハナを奪うべきだったのかも知れません。また、踏ん張り切れずに3着に残れなかった部分からは、もう少し距離を詰めた方が良さそう。この条件も何とかこなせる印象ながら、東京のダート2100m等が合いそうです」

○新開調教師 「勝ち馬のスタートが速く、こちらが主張しても絶対に譲らない構え。序盤にオーバーペースで競ってしまうと自滅を招くだけに、打ち合わせと異なる位置だったのは仕方が無いでしょう。今日は小倉へ臨場しており、新たなプランについては美浦へ戻ってから考えたいところ。長い距離を続けて走っている点も踏まえ、十分に反動を確かめたいです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押して先手を主張したが、勝ち馬との出脚の違いで控える形に。うまく流れには乗れていたが、勝負どころから置かれて流れ込んだ程度だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は1月24日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して春以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○新開調教師 「脚元等にダメージは窺えませんが、一生懸命に走るタイプ。相応の疲労感と全体的な硬さが認められます。この先もチャンスが続く馬。今回は距離よりも坂がキツかったようにも映るだけに、休養を挟んでローカルの平坦コースも考えて行きたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハナへ行った方が良さそうということで、距離を延ばしてここへ使ってきたロードダヴィンチ。木幡巧Jは調教師の指示どおりにハナを奪いに行きましたが、残念ながら勝ち馬の方が速かったですし、ハナは譲らないという気合を感じる程。ダヴィンチ&木幡巧Jはもう少し抵抗しても良かったのかもしれませんが、リズム重視に切り替えるのは妥当な判断だと思います。

道中の行きっぷり・走りはそれなりに余裕を持って対応出来ていたと思いますが、勝負どころからジワッとペースが上がると、ジリジリ置かれる形に。鞍上の叱咤激励に応えて1つギアを上げて欲しかったのですが、そういう余裕もなく、上位2頭との差は見る見る広がるばかり。3着争いではこの馬なりに頑張ってはいましたが、最後の急坂で持ちこたえることが出来ずに4着へ下がってしまいました。やはりこの距離は長過ぎたと思いますが、今回もパタッと止まらなかったことは評価できるでしょう。

レース後のダヴィンチですが、脚元等に異常は見受けられないも、スタミナ比べの1戦を走り切った相応の疲れ、それによる硬さが窺えるとのこと。優先権は確保しましたが、大きく落ち込む前に一息入れることに。元々、使い込んで良い馬ではありませんから、賢明な判断でしょう。今後もダ1800mよりは長目の距離(1900m~2100m)を選んでいくことになるでしょうが、喉の具合が良くなった今、改めて芝の中距離を試すことも視野に入れて欲しいなあと思います。

« スタートは若干怪しかったも、鞍上の手腕で上手にリカバー。身のこなしが良くて回転の利いたフットワークにはちょっとビックリ。終始手応え良く進めて、直線で気合を付けると1段ギアが上がって後続を突き放していく。2着馬に2秒の差をつける大差勝ち。☆シェダル | トップページ | 今週の出走馬(1/25・26) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートは若干怪しかったも、鞍上の手腕で上手にリカバー。身のこなしが良くて回転の利いたフットワークにはちょっとビックリ。終始手応え良く進めて、直線で気合を付けると1段ギアが上がって後続を突き放していく。2着馬に2秒の差をつける大差勝ち。☆シェダル | トップページ | 今週の出走馬(1/25・26) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ